Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

VDI最前線!ワークスタイルの未来像を探る ~いつでも、どこでも、どんなデバイスでも~

2,841 views

Published on

【2012年11月29日(木)開催 デスクトップ仮想化が導くワークライフバランスの実現セミナーにて講演】
スマートフォンやタブレットなどの端末の多様化に伴い、企業の従業員が自分の好きな端末を業務に活用しようという「BYOD(Bring Your Own Device)」の流れも加速しつつあり、デスクトップ仮想化(VDI)ソリューションとの連携により、新たなワークスタイルが生まれつつあります。これらの変革は、企業のクライアント環境投資コストの削減に留まらず、従業員のモチベーションを上げ生産性を向上させることで、企業競争力の源泉となることが期待されています。
本セッションでは、企業のクライアント・コンピューティング環境における市場動向を解説するとともに、BYOD実装における課題を整理、当社の提供するワークスタイル変革ソリューションを披露します。

Published in: Travel
  • Be the first to comment

VDI最前線!ワークスタイルの未来像を探る ~いつでも、どこでも、どんなデバイスでも~

  1. 1. 2012年年11⽉月29⽇日 ⽇日商エレクトロニクス(株) 榎本  瑞樹mzenomoto@nissho-‐‑‒ele.co.jp       
  2. 2. •  名  前:榎本  瑞樹(えのもと  みずき)•  ⽣生まれ:1974年年6⽉月20⽇日(38才)•  趣  味:アウトドア系スポーツ•  念念願かなって・・・ –  1997年年  ⽇日商エレクトロニクス⼊入社、営業、マーケティングに従事 –  2008年年  Nissho  Electronics  (USA)  ボストン・オフィス –  2009年年  Nissho  Electronics  (USA)  サンタクララ・オフィス –  2011年年  VDI・クラウド関連ビジネスの営業 –  2012年年  VDI・クラウド関連ビジネスのマーケティング Mizuki  Enomoto mizumizu72
  3. 3. 20 タスクワーク% 80 ナレッジワーク % Work Life
  4. 4. Life LifeWork Work/ Life
  5. 5. Work/Life Life Work/Life
  6. 6.              企業におけるスマートデバイスの利利⽤用状況 (2012.9) 45% 42% 40% 34% 35% 30% 25% 23% 20% 18% 15% 15% ラ イズITエンタープ 10% 7% 5% 0% 2010年年 2011年年 2012年年 スマートフォン タブレット Source:  モバイルコンピューティング推進コンソーシアム  2012.9.
  7. 7. 私物端末の業務利利⽤用の実態 42% ほぼ毎⽇日 33% 34% 仕事では使 わない 46% 16% 6%2% 週に2-‐‑‒3⽇日 9%12345+ 週に1⽇日以下 12%WorldwideSurveyofCorporateEmployees February2011,CitrixSystems Source:  ⽇日経BP  2012.9.
  8. 8. 企業側のメリット 従業員側のメリット• デバイスや回線の経費 • 個⼈人の裁量量で、好みの 削減 機種を選択• デバイスの資産管理理か • ⼿手慣れた操作で、⽣生産 らの解放 性の向上• 最新デバイスによる節 • 隙間時間、移動時間を 電効果 有効活⽤用• 資産償却税の軽減 • 2台持ちからの解放
  9. 9. 盗難や紛失による情報漏漏洩 ウイルスや不不正アプリの脆弱性対策ネットワーク接続環境の整備 モバイル対応アプリの整備 ライセンス管理理の問題
  10. 10. 会社⽀支給 承認を得て利利⽤用 ⾮非公式に利利⽤用 利利⽤用なし BYODポリシー策定状況 タブレット 7% 7% 71% わからな い 3% 許可して 禁⽌止して いる いる 26%スマートフォン 12% 20% 50% 38% ルール 携帯電話 10% 13% 42% がない 33% ノートPC 11% 9% 14% Source:  ITR    2012.9.
  11. 11. IT部⾨門の管理理範囲とセキュリティリスク 端末の所有者 会社 個⼈人 不不適正アプリ利利⽤用 社内 IT部⾨門の管理理範囲 マルウェア感染 (業務)利利 内部情報漏漏洩⽤用場所 データ持ち出し ソーシャルメディア 社外 (私⽤用) 不不正利利⽤用 不不正な情報取得 盗難・盗聴
  12. 12. 取り扱うデータの重要性                 業務アプリ利利⽤用 利利⽤用形態 社内システム メール/カレ 業務アプリ利利⽤用 (ネイティブ     セキュリティ対策 ⾮非接続 ンダーのみ (Web型) アプリ型)セキ A)  なりすましによる不不正対策 ✓ ✓ ✓ ✓リ B)  紛失・盗難時のロック/ワイプ ✓ ✓ ✓ ✓テ C)  マルウェア対策 1 ✓ ✓ ✓対 D)  スパムメール対策 ✓ ✓ ✓策 2の E)  端末のネットワーク認証 ✓ ✓レ F)  VPN接続への対応 ✓ ✓ベル G)  Webフィルタ/フィッシング対策 ✓ 3 ✓ H)  アプリケーションの不不正利利⽤用防⽌止 ✓
  13. 13. ユーザの使い勝⼿手への配慮情報漏漏洩対策しないで紛失・盗難 ・対応デバイスや機能制限して良良いの?・紛失の事実が把握できず、対応が後⼿手に回る? プライバシーの侵害 ・⼤大切切な写真をリモートワイプで、   消してしまって良良いの?
  14. 14. これまでのITシステム アプリ IT部⾨門 データ 巨⼤大システム すべてのシステムの中⼼心 デバイス、 個別最適 アプリ、データ、デバイス アプリに固定 依存関係⼤大 を管理理 デバイス   IT部⾨門が標準化 リース、償却期間 陳腐化早い ユーザ ユーザ 従業員 ユーザ ユーザ ITシステム利利⽤用を 許可された⼈人々
  15. 15. これからの 新しいIT部⾨門ITシステム ITガバナンスとサービスデリバリ アプリ データ オンデマンド サービス、 従業員・ユーザ オンデマンド アプリや ITシステムの中⼼心 個々の業務ベース デバイスに⾮非依存 デバイス   シナリオに応じて選択 (タスク、場所、好み、操作性)
  16. 16. プロファイル データ アプリ OSハードウェア
  17. 17. SaaSアプリ 企業のアプリ、BYOスマートフォン データ 会社⽀支給のPC モバイルアプリBYOタブレット データ
  18. 18. •  ID管理理、アクセス権限管理理の⼀一元化•  アプリ/データ毎のロックとワイプ•  モバイルアプリへのポリシー適⽤用 プライベート ビジネス モバイルコンテナ ネイティブ ネイティブ モバイル モバイル アプリ アプリ データ iOS/  Androidカーネル
  19. 19. 全てのアプリケーションとデータを⼀一括管理理(Windowsのみならず、ネイティブ・モバイル・アプリも)
  20. 20. ⼊入社IT管理理者Active  Directoryにユーザーを追加⾃自動的に営業のロールを付加ロールに基づき標準的なアプリケーションにIDをプロビジョニング
  21. 21. ⼊入社 ユーザーReceiverにログイン標準で使えるアプリケーションが表⽰示されているセルフサービスで個別のアプリもサブスクライブ可能クラウドストレージも利利⽤用可能
  22. 22. 外出先でどのデバイスを利利⽤用しても⾃自分のアプリとデータにアクセス可能SmartAccessでコンテクストに対応するポリシー制御
  23. 23. ポリシー制御 認可が必要 モバイルデバイスアクセスローカルストレージへアクセス オフラインアクセス ドキュメント共有制限 印刷許可 データの編集
  24. 24. 社員の属性変更更アカウント停⽌止アプリケーションのアカウントとデータアクセス停⽌止外部のSaaSアプリケーションへのアクセスも停⽌止
  25. 25. コンシュマーライゼーション、BYODの波は⽌止められない• 早期なポリシー策定で、なし崩し的BYODを避ける• テクノロジー選択の主導権は、IT部⾨門からユーザーへ現実的にBYODを実現するには、デスクトップ仮想化が前提• IT資産を端末に残さず、マルチOS上でWindowsアプリを稼働• ネイティブ・モバイルアプリ含めた⼀一元管理理でBeyond  the  VDIデスクトップ仮想化で、ワークスタイルの未来像を実現• いつでも、どこでも、どんなデバイスでも働ける環境で、⽣生産性向上、経営ス ピードを早めることで企業競争⼒力力の向上• ワークライフ・インテグレーションで、輝かしい⼈人⽣生を⼿手に⼊入れる
  26. 26. 社員の満⾜足度度向上 仕事環境を⾃自由に選択・効率率率化経営判断をスピードアップ 災害・パンデミック・停電対策
  27. 27. デスクトップ仮想化からネットワーク仮想化まで、仮想化テクノロジーを追求し、  “機動⼒力力あるモバイル・ワークスタイル”  と“持続可能なクラウド・イネーブリング”ソリューションを  提供することで、“お客様の価値向上”に貢献する。さらには、⽇日本の経済復復興、国際競争⼒力力の向上に寄与する。
  28. 28. ワークスタイル変⾰革 •  デスクトップ仮想化ソリューション •  モバイルワークスタイル・ソリューション •  リモートアクセス、ワイヤレス・ソリューションクラウド・イネーブリング •  プライベートクラウド・ソリューション •  IaaS、DCコアネットワーク・ソリューション •  運⽤用管理理・監視ソリューション事業継続・災害対策 •  BC/DRソリューション •  データプロテクション・ソリューション •  Software  Defined  Datacenter・ソリューション
  29. 29. “業界標準”+”⾰革新的テクノロジー“をパッケージした           事前検証済みマルチベンダー・プラットフォームNissho-‐‑‒Blocks公式フェイスブック・ページwww.Facebook/NisshoBlocks

×