Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Spatial Computingの未来に思いを馳せて

502 views

Published on

Mercari GDC 2019 報告会にて発表した内容を掲載.
詳細はこちら https://mercaridev.connpass.com/event/123663/

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Spatial Computingの未来に思いを馳せて

  1. 1. 1 Spatial Computingの未来に思いを馳せて
  2. 2. 2 Mercari, Inc. R4D XR Research Engineer 大学院ではコンピュータビジョンを専 攻し,2019年4月に正式ジョイン. 電脳コイルが好き 松下 日昇 @ ARヒノボル
  3. 3. 3 Spatial Computing とは Agenda スピーカーが目指す理想の世界 コンピュータとのインタラクション まとめ 02 03 04 01
  4. 4. 4 Spatial Computing とは? ● 実世界の構造を理解できる ● 実世界の意味を理解できる ● リアルとヴァーチャルの 物体を同一に扱える ● etc. 出典: https://www.magicleap.com/news/op-ed/spatial-computing-an-overview-for-our-techie-friends
  5. 5. 5 Spatial Computingの発展 ● Tango(2014) ● HoloLens (2016) ● ARKit (2017) ● ARCore (2017) ● MagicLeap (2018) ● 6D.ai (2018) ● Placenote (2018) 6d.aiデモ
  6. 6. 6 HyperRealityは未来の姿?
  7. 7. 7 面白いけど,違うよね? Critical Design is more about exposing problems, examining the way that we live today extrapolating on our current trajectories and trying to understand the consequences that they can have on the future on everyday life.
  8. 8. 8 スピーカーが目指す理想の世界
  9. 9. 9 Timoni West from Unity Technologies 必要最低限の 「あったらいいな」 と思えるくらいの 気の利いた表示
  10. 10. 10 John Hanke, Niantic CEO 過度な情報はいらない. 必要な情報を察して, 現実世界と正しく関連した 表示があればいい. *意訳が大分入ってます
  11. 11. 11 目指すのは... 必要十分で 察しの良い 便利な世界
  12. 12. 12 コンピュータとのインタラクション
  13. 13. 13 Mental Models and Systems for Spatial Computing インプットの 設計方法 モダリティ の種類 Modality Loop Graph Visual Auditory Physical By Timoni West
  14. 14. 14 ● 熟練の動作を要する場合 ● 視界に入れずに入力したい 場合 ● 形による直感的な意図の伝達 ● テキストによるストーリーの 伝達 各種モダリティの適正 ● 手や目が不自由な場合 ● 短い指示 ● 全方位の確認
  15. 15. 15 画像をはめた説明のときに使用してください。 Modality Loop Modality Loop
  16. 16. 16 Modality cycle の話 Modality Loop~ゲームコントローラの入力例~
  17. 17. 17 Controlling the Future: The Power of Input Devices in the VR/AR Generation AffordableNatural Portable By Gary Yamamoto Invisible
  18. 18. 18 Spatial Computingにおいては... 世界の全てが入力可能である
  19. 19. 19 入力の設計にも もっと注目すべき だからこそ
  20. 20. 20 GDC19での入力デバイス~StretchSense~
  21. 21. 21 まとめ
  22. 22. 22 Spatial Computingが実現する未来は 自由度が極大 開発者次第で 良くも悪くもなる
  23. 23. 23
  24. 24. 24
  25. 25. 25 時間余ったらAR系展示の話

×