Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ぼくがd.schoolで学んだこと

316 views

Published on

Stanfordのd.schoolの授業(From Play To Innovation @2017 Spring)を受講。その体験、やったこと、学んだことをまとめました。

  • Be the first to comment

ぼくがd.schoolで学んだこと

  1. 1. ぼくがd.schoolで学んだこと 12/30/2017
  2. 2. Agenda • d.schoolとは • What is Design Thinking • From Play to Innovation • Exercises • Projects • 学んだこと 2017 Spring Semesterのd.school Class 「From Play to Innovation」を受講。 やったこと、学んだことをまとめます。
  3. 3. d.schoolとは ■Hasso Plattner Institute of Design at Stanford = d.school ・Stanford大学 ・設立:2005年(2004?) ・Founder:David Kelley他 ・Design Thinkingの中心的存在 ・Non-degreeプログラム ・Fall, Winter, Springで各10程度のCore, Boost Classと、 土日等で開催される単位のないPop-up Classで構成される ・StanfordのID Numberを持っていれば誰でも応募できるがCompetitive ※日本で有名になったのは、2012あたりか ※私見 (デザイン思考家が知っておくべき39のメソッドが翻訳された頃) David Kelley TED Talk by David Kelley https://www.ted.com/talks/david_kelley_how_to_build_your_creative_confidenc e?language=ja https://www.ted.com/talks/david_kelley_on_human_centered_design
  4. 4. d.schoolはこんなところ 2FのBay StudioにはPrototypingのToolがたくさん揃っている 入り口にはd.schoolの車 飾られている メッセージ
  5. 5. d.schoolはこんなところ Pitch Night Winter Classにはこんな授業があるよ! と講師たちが1分間プレゼンテーション Spring Class Previewでは おいしいドーナツ Night Launch Design ThinkingでStartupをAccelerateする ”Launch Pad”というClassのLaunch Event
  6. 6. What is Design Thinking? ■Design Thinking(デザイン思考)とは Empathy Define Ideate Prototype Test 一般的にココから入りがち 発想において本当に大事なのは「Empathy = 共感」 → 観察やインタビューを通して本質の問題点を定義してから、アイデアを出す 本当に新規の場合 何について考えるか? のFramingも大事 「共感からくる問題解決」を見出す手法 簡単で本質をついたプロトタイピングが重要
  7. 7. From Play to Innovation ■コース概要 ・「デザイン思考+遊びゴコロ」をテーマに、 “Play”がもたらす可能性について プロジェクトを通して学んで行く。 ・Wait Listが50人以上いるほどCompetitive ・Corporate Partnerが入り、実践的な経験ができる ・2017 Spring Class (from April to June) ・Tue, Thu 13:30 〜 14:50 https://www.youtube.com/watch?v=Ddi-FclODYI Brilliant Meets Ridiculous by Brendan Boyle Play is More Than just Fun by Stuart Brown https://www.ted.com/talks/stuart_brown_says_play_is_more_than_fu n_it_s_vital/transcript?source=google_plusone&language=ja ◇関連動画
  8. 8. From Play to Innovation ■Teaching Team Brendan Boyle IDEO Toy Lab Founder デザイン思考の本家IDEOでおもちゃを作っている Main Instructorとして授業を統括 PlayとInnovationについて数多くの講演を行っている Elysa Fenenbock Designer at Google (元IDEO, 元d.school出身) 主にエクササイズ周りを担当 John Cassidy 絵本のKlutz Founder 主にCreative Mindをレクチャー Stuart Brown Natural Institute for Play Founder 心理学的な部分のレクチャー Stuart Thompson Professor of Biology 心理学的な部分のレクチャー
  9. 9. From Play to Innovation ■受講生・授業の様子 ・Multi disciplinary Computer Science Mechanical Engineering Electrical Engineering Product Design Business Education etc ・Multi Generation BS MS PhD Graduated ・Multi Nationality USA Canada China Europe South America Japan etc Business(MBA, MSX) の比率多い Chinese多い d.school内のStudioで、輪になって講義 10代 20代 30代 40代
  10. 10. Class Schedule Week Exercises Design Projects 1 Introduction, Play definition, Ideation by connection/question, Interview to get insights 2 Play x Science, Think opposite 3 Biological Empathy/ Sync, Creative Exercise Play personality, Interview to get insights 4 Ideation by connection, brain storming Think opposite, Skit Challenge 5 Play x Science, Prototyping by communication hut 6 Think opposite 7 Interview to get insights Play x Science, Observe by multi point of view 8 Visit IDEO Guest Speaker “Designing Wonder” by Andrew Evans 9 Relativity between play and memory Playful titles, Designing new princess 10 DP1: Motivation DP2: Meditation Collaborate with Weight Watchers DP3: Play meets Arts Collaborate with Palo Alto Art Center Insight Presentation Kick off Kick off Insight Presentation Final Presentation Kick off Insight Presentation Final Presentation
  11. 11. Exercises ■Insight Interview 4 〜 5人グループ ・外に出て行って複数人にインタビューをしてInsightを得て発表 ・テーマ Habit, Relax, Play experience (それぞれDesign Projectに関連していた) ◇Point ・つかみ重要 : 君の靴いいね!と言って話しかける → Playfulに親しみやすくInterviewできる! ・Emotional な部分を引き出せるように Observation ・紙粘土を用意 ・あなたが今見えている静止物を粘土で作成 ・隣の席の人が作ろうとしていたものを想定して補完 ・元に戻って、修正 ・2つ隣の席の人の作成物を、自分らしく変更 ⇒ 上記プロセスを通して、みなの視点の違いを認識する ⇒ Observeするときは違った視点を意識する + 複数人で見ることで視点が増える 6 〜 7人グループ
  12. 12. Exercises ■Ideation Connection ・家のInteresting Stuff ・スーパーやドラッグストアのInteresting Stuff つなぎ合わせて面白いもの作って! Question えんぴつについて20個の質問を考えて ⇒ 様々なPoint of Viewを養う 2人ペア 2人ペア Connection お互いの好きな映画を言い合う → それを組み合わせて新しい映画を作る(Title & Story) Brain Storming 4 〜 5人グループ 3分で25個のアイデアを出して、最もRidiculousなアイデアを発表 ⇒ 短い時間で数多く出すことで、 ・ゲーム性 ・アイデアの幅が拡がる 2人ペア Stanford Stadium でやるイベントは?
  13. 13. Exercises ■Ideation Think Opposite 何かの要素を”FLIP”してみることで 新しいことが生まれる!! ① Flip & Make a new story from a popular story e.g. Romeo & Juliet Storyの要素 ・ ・ ・ ・ 1つ or 複数の 要素をFLIPする ことで新しい話 に変える Good Artist borrow the great stuff Great Artist steal the great stuff ② 写真で一言 Step1: 写真からわかる事実を説明(no bias) A man and a woman are sitting on couches. There is a set of clothes that are floating next to the woman. Step2:想像できるシチュエーションを考える(様々な視点で) The man and the woman are happily married. They are talking about a mysterious invisible man. Step3:Boringな一言を考える “I don’t know who this invisible guy is. I’ve never seen him before.” Step4:1つ or 複数の要素をFLIPしてみる “He is a guy I met down at the x-ray lab.”
  14. 14. Exercises ■Prototyping Communication Hut コミュニケーションを促進させるような帽子を作ろう! ・数分でIdeation ・紙、モール等を使ってQuick Prototype ・Presentation 文化や趣味、 今の気持ち等を表現 Skit-Challenge どうやって伝えるか!もPrototypingの一つ → 寸劇は効果的! ・一般的なプロダクトに新しい機能を追加 ・必要ならば機能部分をQuick Prototype ・寸劇形式で2分でプレゼン
  15. 15. Exercises ■Play Personality ・8つのPlay Personalityがある ・自分の過去の経験から 自分はどんなPersonalityなのか考える ・Play Personalityから強み、弱みが見える ・実際のWorkでは、チーム内でシェアし、 チーム全体のPlay PersonalityをPrototypeで表現。
  16. 16. Exercises ■Others Make a new “Princess” Design Thinkingのスキルを持ったPrincessを考える ・どんな名前? ・どんなスキル? ・どんなSide Kick? Creativity Exercise CreativeでPlayfulな体験をする。 例: The 'broom egg whap' trick https://www.youtube.com/watch?v=21gdeatkSeA
  17. 17. Projects ・1週間のクイックプロジェクト ・テーマ:避けがち、先延ばしにしがちなことをモチベートできている人のInsightを探る → 我々のチームは”Workout”を設定 ・やること ・Workout Lover 5人以上にインタビュー ・Insightを探るデザインプロセスの中に”Play”の要素を入れ、 それを90秒の動画にまとめる(右下) ・Insight Presentation (5分) ⇒ インタビューをPlayfulにすることで インタビューを受ける人をリラックスさせ、 Emotionalな部分を引き出しやすい印象。 ■Design Project1 https://www.youtube.com/watch?v=EuW0jsvhyCM&t=1s 作った動画
  18. 18. Projects ・コーポレートパートナー 「Weight Watchers」 (ダイエットの会社) ・お客様の中にはストレスを抱えている人が多い →PlayfulなBody-Mind Connectionの方法で、 より研ぎ澄まされたMindfulな状態にしたい ・やること ・Insight (2 weeks) チームで5人以上にインタビューしてInsightを得る ・Solution (2 weeks) 得られたInsightからそのソリューションを考える プレゼンもPlayfulに!が基本 (寸劇やデモを使って) ■Design Project2 ⇒ “マインドフルネス”という、日本語でも難しいテーマを 苦手な英語で扱うのはかなり難しかった。 ⇒ GameやDrawingなど、”Play”を意識したソリューションとプレゼンテーション。
  19. 19. Projects ・コーポレートパートナー 「Palo Alto Art Center」 ・ArtとPlayは近いようで遠く、中には如何にPlayから離れるかを美としている人もいる → Playは本来Creativityを冗長し、Artの助けにすらなり得るはずである! 9月にPlayをテーマにしたArt展示を開催予定。 → その展示に向けた空間、サービスを考える ・やること ・今回はObservation。 ・実際のArt Centerや他のMuseum系に訪れ、 観察することでInsightを得る。 特にPrototypeまで実施することで Design Thinkingの後半部分も実践する 実際に訪問し、観察してインサイトを得た ■Design Project3 ・Insight (2 weeks) ・Solution (2 weeks) ⇒ テーマがClassとすごくマッチしていて良かった。 みながPrototypeを作成、デザインプロセスをPlayfulに体験できるプロジェクトとなった。
  20. 20. Projects ■Design Project3 Final Presentation 作成したプロトタイプ みんながメッセージをつけれらる木のプロトタイプ ケンケンパで入場 我々のチーム Immersive & Interactive みんなが描いた絵がそのままアートに
  21. 21. IDEO見学 ・開放的なオフィス ・いつでもブレストができる会議室 ・ガチなプロトタイピング施設(Tech shop レベル) IDEO IDEO Toy Lab Toy LabがデザインしたToy ・同様にDavid Kelleyが創設したデザインファームIDEO ・appleのマウスをデザインしたことでも有名 ・講師のBrendanの案内で社内潜入 ・写真撮影NG
  22. 22. 学んだこと ・”PLAY”がもたらす効果 Ridiculous → 常識から外れている → 新しく、Innovativeになり得る Relax → EmotionalなInsightを引き出しやすい → アイデアを出しやすい Laugh → 思いっきり笑う → アイデアをより一層発散できる Fun → 人を惹きつける、記憶に残る “PLAY”はデザインプロセスの 各所でWorkする Empathy Define Ideate Prototype Test Ridiculous Relax Laugh Relax Fun
  23. 23. 学んだこと ・Insightやっぱり重要 頭ではわかっていても、実際にやってみると実感できる。 Insightが浅いと、その後のアイデア、ソリューションも浅く、ありきたりになってしまう。 ただ、ここを身につけるには訓練が必要。 ・短時間で大きなOutput アメリカの文化的なこと。 ・みな他の授業等あって忙しかったのもあったと思うが、短時間の会議で決断が早い。 ・細かいことにはこだわらずに実行する ・ダメそうならすぐに諦めて別の方向に進む ・Ideationのポイント ・180度ひっくり返す ・つなげる ・視点を変える ⇒ Diverseなチームはやはり必要 ・環境の大切さ かしこまった会社、会議室の雰囲気では、何も生まれる気がしない。 すぐに書ける、すぐに作れる、立って向き合って話し合える、フットワーク軽く動ける。
  24. 24. That’s it! 最終日(DP3 Final Presentation)には“PLAY”のCAP贈呈、食事ありのパーティ仕様!

×