Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

スクラムマスターはじめのいっぽ

12,660 views

Published on

  • Be the first to comment

スクラムマスターはじめのいっぽ

  1. 1. スクラムマスター はじめのいっぽ SCSK株式会社 竹葉 美沙
  2. 2. 目次 • 参加経緯 • enPiT BizApp • 振り返ってみて 2
  3. 3. はじめまして • 竹葉 美沙 • SCSK株式会社 技術開発部 先端技術課 • 産業技術大学院大学でスクラム開発を勉 強 3
  4. 4. 目次 • 参加経緯 • enPiT BizApp • 振り返ってみて 4
  5. 5. 参加前の1年前 5
  6. 6. 6 1月 2014年 6月4月 暗黒スクラム開発(仮)
  7. 7. 暗黒スクラム開発 • スクラム開発?なモチベーションでスタート • うまくいかないことは口先でごまかす • 終わったー!ていうか、終わりにしよう。はい。 7
  8. 8. すべてはここから始まった… 8
  9. 9. 9 Regional Scrum Gathering Tokyo 2014
  10. 10. RSGT 2014 • 私たちと同じように開発してる人たちがいる • 「終わらないところは力づくで」やって成功? • 報告:私たちはうまくいっているらしいです 10
  11. 11. 11 1月 2014年 6月4月 組織編成&チーム解散 QCon Tokyo 2014 Regional Scrum Gathering Tokyo 2014 暗黒スクラム開発(仮)
  12. 12. 11 1月 2014年 6月4月 組織編成&チーム解散 QCon Tokyo 2014 Regional Scrum Gathering Tokyo 2014 学生募集中! スクラムによるWebアプリケーション開発コース! 暗黒スクラム開発(仮)
  13. 13. こんな宣伝に惹かれた • プロジェクト実践を通してチームで学ぶ教育手法! • 普段の仕事を離れて仕事ではできない失敗が堂々と できる! • 社会人のみなさん、今ふたたび学校で学んでみませ んか? • まさかの受講無料! 12
  14. 14. 天の導きだ! • スクラム開発を実践できる! • 同じように悩んでいる人たちに出会える! • リーダー経験ができる! • 大学に通える! 13
  15. 15. 14 1月 2014年 6月4月 QCon Tokyo 2014 Regional Scrum Gathering Tokyo 2014 enPiT 授業開始組織編成&チーム解散暗黒スクラム開発(仮)
  16. 16. 目次 • 参加経緯 • enPiT BizApp - 概要 - 学習スケジュール - 分散PBL • 振り返ってみて 15
  17. 17. enPiTとは • 情報人材育成プログラム • クラウドコンピューティング、セキュリティ、組込 みシステム、ビジネスアプリケーションの4つの分 野がある • 大学と産業界による全国的なネットワークを形成し、 実践的な情報教育の普及・推進を図る 16
  18. 18. 目次 • 参加経緯 • enPiT BizApp - 概要 - 学習スケジュール - 分散PBL • 振り返ってみて 17
  19. 19. 学習スケジュール 18 Agile 2014 Orlando
  20. 20. 19 仕事 8:30 12:00 演習 13:00 18:00 座学 18:30 21:40 家 23:00
  21. 21. 20
  22. 22. 目次 • 参加経緯 • enPiT BizApp - 概要 - 学習スケジュール - 分散PBL • 振り返ってみて 21
  23. 23. 11
  24. 24. 12 Ruby On Rails! HTML/JS/CSS! スクラムマスター!
  25. 25. スプリント 24 月 火 水 金木 土 日土
  26. 26. スプリント 25 月 火 水 金木 土 日土 計画し 毎日確認しながら 作って できたものを レビューして やり方を レビューする
  27. 27. スプリント 26 月 火 水 金木 土 日土 計画し 毎日確認しながら 作って できたものを レビューして やり方を レビューする
  28. 28. スプリント 27 月 火 水 金木 土 日土 計画し 毎日確認しながら 作って できたものを レビューして やり方を レビューする 1.5h 4コマ 3人 11週 = 198人時
  29. 29. チームの方針 • スクラム開発、守破離の守! ‒ スクラムのイベントやルールに忠実に! ‒ タイムボックス厳守! • 実装したいものを実装する! – Ruby On Rails! – HTML/CSS/JavaScript! 28
  30. 30. できたプロダクトは? 29
  31. 31. 30 17
  32. 32. Sprint#1 31
  33. 33. Sprint#3 32
  34. 34. Sprint#9 33
  35. 35. それなりのものができた 34
  36. 36. もちろん紆余曲折あり 35
  37. 37. 目次 • 参加経緯 • enPiT BizApp - 概要 - 学習スケジュール - 分散PBL • 振り返ってみて - スクラムマスターとして - 教科書通りやってみて 36
  38. 38. 目次 • 参加経緯 • enPiT BizApp - 概要 - 学習スケジュール - 分散PBL • 振り返ってみて - スクラムマスターとして - 教科書通りやってみて 37
  39. 39. スクラムマスターとしての 喜怒哀楽 38
  40. 40. まさに山あり谷あり 39 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 開発の調子 モチベー 楽
  41. 41. 楽 • 伸びしろですねぇ 40
  42. 42. 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 開発の調子 モチベー まさに山あり谷あり 41 哀 楽
  43. 43. 哀 • スプリント失敗… • 終わるようにサポートできなかった… • チームの士気下げてしまった… 42
  44. 44. 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 開発の調子 モチベー まさに山あり谷あり 43 喜 哀 楽
  45. 45. 喜 • スプリント成功! • できることが増えていく! 44
  46. 46. 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 開発の調子 モチベー まさに山あり谷あり 45 喜 哀 楽 怒
  47. 47. 怒 • 貴様ー!それ言っただろうがー! • 貴様ー!それやっただろうがー! • 貴様ー!なぜわかってくれぬー! 47
  48. 48. で、スクラムマスター どうだった? 48
  49. 49. スクラムマスター 新星誕生! 49
  50. 50. いや、全っ然向いていない 50
  51. 51. 51 12
  52. 52. 52 40
  53. 53. リーダー的なもののタイプ • 指導者 • 管理者 • 支援者 • 伝道者 • 意思決定者 53
  54. 54. リーダー的なもののタイプ • 指導者 • 管理者 わたしわたし! • 支援者 • 伝道者 • 意思決定者 わたしわたし! 54
  55. 55. リーダー的なもののタイプ • 指導者 • 管理者 わたしわたし! • 支援者 ゴトウさん • 伝道者 • 意思決定者 わたしわたし! 55
  56. 56. リーダー的なもののタイプ • 指導者 コーチ陣? • 管理者 わたしわたし! • 支援者 ゴトウさん • 伝道者 不在 • 意思決定者 わたしわたし! 56 開発に徹す
  57. 57. 目次 • 参加経緯 • enPiT BizApp - 概要 - 学習スケジュール - 分散PBL • 振り返ってみて - スクラムマスターとして - 教科書通りやってみて 57
  58. 58. 良かったこと • 自分たちの実力に向き合えた • 「できません」て言えるようになった • 失敗の悲しみが倍増した • 成功の喜びが倍増した 58
  59. 59. やっぱり難しかったこと • ずっとモチベーションを保つこと • 自分の非を認めること 59
  60. 60. まとめ • 守破離の守ができた • 会社でできない挑戦ができた • 知ることとやることは本当に全然違うと知った • 慣れ、恐ろしや… 60
  61. 61. ご清聴 ありがとうございました 61
  62. 62. Appendix 62
  63. 63. Slide Share • 「真面目なスクラムチームがふざけたアプリに全力投球」 • 「他人が3人集まってHerokuでアプリを公開した話」 63
  64. 64. 参考 •『SCRUM BOOTCAMP THE BOOK』 2013 西村直人、永瀬美穂、吉羽龍太郎著 •アジャイル開発手法特論講義資料 2014 永瀬美穂 •2014 Qcon LT資料 http://www.slideshare.net/MihoNagase/enpit-bizappaiitqcontokyo2014 • 2014 永瀬美穂 64
  65. 65. 参考 • 2014年度スクラムによるWebアプリケーション開発 コースのリポジトリ! https://github.com/aiit-enpit/2014s 65

×