Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

印刷クオリティーを向上させるフラットトップドット=LUXについて

988 views

Published on

マクダーミッド社のLUX製版プロセスは、従来製版では得ることの出来なかった印刷成果物を提供します。 LUXとは、マクダーミッド社独自が開発した革新的な製版プロセスであり、フレキソ印刷において印刷品質の向上、印刷品質の均一性(安定化)が得られると同時に、より効率的な印刷とヤレ率の低減を実現します。LUX製版プロセスは従来のデジタル製版工程に加えてマクダーミッドが提供するLUX専用ラミネータ機材とメンブレン(特殊フィルム)を使用します。

このLUXプロセスにより製版されるフレキソ版は、デジタル版上のマスク(ブラックレイヤー)網点とほぼ1:1の再現が可能で酸素阻害防止効果により理想的なドット形状(フラットトップドット)が得られます。同時にデジタル版への出力につきまとうバンプカーブ設定作業も簡単になります。

LUXプロセスは、マクダーミッド社から提供される従来のデジタル版を使ったシンプルな工程であり、レーザ出力機を選ばず、現在の製版機材装置を変更することなくそのまま使用でき、全体効率も落とすことないプロセスです。現在のデジタル製版にラミネータ工程を追加するだけです。もし、従来のデジタル品質の製版をされたい場合はLUXラミネータを使用しなければ従来通りのデジタル版品質が得られます。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

印刷クオリティーを向上させるフラットトップドット=LUXについて

  1. 1. 印刷クオリティーを向上させる フラットトップドット 1 日本マクダーミッド株式会社 代表取締役社長 ジュリアン ベイショア September 12th, 2014
  2. 2. 2 マクダーミッドについて 会社概要 会社名 日本マクダーミッド株式会社 設 立  1986年4月1日 資本金 5,000万円 人 員 役員 6名 従業員 68名 所在地 日本マクダーミッド株式会社 本社       〒213-0012       神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP C-7F Tel: 044-820-1180 Fax: 044-812-4485 e-mail: Japan.Sales@macdermid.com. URL: www.macd.co.jp 【中国現地法人】       MacDermid (Shenzhen) Trading Co., Ltd       中華人民共和国広東深セン市南山区       蛇口南海大道花様年美年広場 1棟6層 6077-6078室       Tel: +86-755-2160-2034 Fax: +86-755-2160-2074 e-mail: Japan.Sales.China@macdermid.com
  3. 3. 3 ビジネスライン プリンティング・ソリューションズ   -プリンティング関連化学品                及びシス テム- - Sheet Products  ■ MGC/Digital MGC 段ボール印刷用  ■ MAX/Digital MAX 柔包材等印刷用  ■ MVP/Digital MVP プレプリント、紙器 用 - Liquid Product  ■ LTL 段ボール印刷用低高度液状樹脂 - System  ■ LUX Process 酸素阻害システム              デジタル版対応
  4. 4. 4 デジタル製版における酸素の影響 UV UV UV O2 O2 O2 O2 O2 O2 O2 O2
  5. 5. 5 デジタル製版における酸素阻害 UV UV UV O2 O2
  6. 6. 6 酸素阻害を行うことによるメリット デジタル版における酸素の影響と酸素阻害 酸素阻害を行うことによるメ リット ・安定したドット形状 ・印刷圧力の低減 ・インク絡みの低減 ※150線1% 酸素阻害
  7. 7. 7 酸素阻害を行うことよるメリット 安定したドッ ト形状 デジタル版デジタル版+酸素阻害
  8. 8. 8 酸素阻害を行うことによるメリット 安定したド ット形状     ドット形状が安定しているためロング印刷でもドットゲイン し難い
  9. 9. 9 酸素阻害を行うことによるメリット 安定したド ット形状 通常デジタル版でのドットゲ イン ドットサイズが大きく変化 デジタル版+酸素阻害 ドットサイズは大きくは変わらない 印版側ドットサイズ 印版側ドットサイズ 印刷側ドットサイズ 印刷側ドットサイズ
  10. 10. 10 酸素阻害を行うことによるメリット 印刷圧力の 安定化 何故、印刷圧力を安定的にできるのか? デジタル版 → 酸素の影響で面積の小さい最少小ドット等はベタ部分と比べ低くなる。 デジタル版+酸素阻害→ 酸素阻害により最小ドット等の高さはベタ部分と同等になる。 デジタル版デジタル版+酸素阻害 ※150線1% 印圧低減(キスタッチ)することにより、段目痕の軽減となる。
  11. 11. 11 酸素阻害を行うことによるメリット 印刷圧力の 段目痕の軽減について デジタル版 デジタル版   +  酸素阻害 低減
  12. 12. 12 酸素阻害を行うことによるメリット インク絡み の低減 何故、印刷圧力を安定的にできるのか? ドット間の形状がシャープに仕上がる。 (実際の例) 印刷m数に関わらず、印刷中の洗浄回数を減らすことができた。 デジタル版 デジタル版+酸素阻害
  13. 13. 13 MacDermid LUX® Technology Flat-top Dot Innovation and Optimization
  14. 14. 14 LUX ラミネーション
  15. 15. 15 LUX Lamination による効果 品質生産性 信頼と実績 柔軟性
  16. 16. 16 品質 品質の向上
  17. 17. LUXはどうして印刷品質を 向上させることができるの か? LUXはどうして印刷品質を 向上させることができるの か? 17 • 高諧調性 品質の向上
  18. 18. 品質の向上:高諧調性 Standard Digital 0.6% 7.4% LUX Digital 1.2% 4.6% Standard Digital 1.0% 8.8% LUX Digital 2.0% 7.0% 1 2 3 4 Plate Dot Prints より小さい印刷 ドット: •広い印刷色域 •シャープなドット表 現 18 18
  19. 19. 19 生産性の向上 生産性
  20. 20. LUXのどのような点が印刷 に生産性を持たせるのか? LUXのどのような点が印刷 に生産性を持たせるのか? 20 生産性の向上 • ベタ部分とハイライト部分の高さが一定となる • 印圧の低減が可能
  21. 21. 2211 生産性の向上:ベタ部分とハイライト部分の高さが LUXを使用して作られた版材が持っている性能: • 高いドット形成 (ベタ部 と ハイライト部が同じレベルである。) • 特徴的なフラットトップドットの外形 LUXユーザーはこの2つの特徴の結果として以下を報告しています : • 印刷条件出しが早い • 印刷再現領域が広がった 安定して一貫した印刷表現 Standard Digital 一定
  22. 22. 22 生産性の向上: 印圧の低減 諧調率30-60%での 改善状況 ・ ドットゲインが少ない ・ ロングラン印刷が可能 Standard Digital + LUX Standard Digital
  23. 23. 23 柔軟性 柔軟性
  24. 24. 2244 柔軟性: LUXシステムは既存システムに導入し易 い 一般的デジタル製版工程 Existing process LUX process Standard Digital Plate LUXラミネーションを使用した製版工程 Remove Membrane
  25. 25. 25 信頼と実績 信頼と実績
  26. 26. 26 信頼と実績 200 Worldwide Installations

×