ソフトウェアの権利とOSS,CC

4,006 views

Published on

ソフトウェアビジネスで権利がどのように扱われてきたか著作権、契約、工業所有権、ライセンスについて歴史を振り返り、オープンソースソフトウェアやクリエイティブ・コモンズライセンスが目指す方向性を解説

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,006
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
12
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ソフトウェアの権利とOSS,CC

  1. 1. ソフトウェアの権利とOSS,Creative Commons<br />株式会社ケイエルエス研究所<br />紀 信邦<br />(@Nikoriks)<br />2011年4月22日@LBI講演会<br />http://www.lbi.gr.jp/modules/eguide/event.php?eid=36<br />
  2. 2. 本日の話の構成<br />ソフトウェア受託の契約について<br />自社開発製品のライセンスについて<br />OSSライセンスについて<br />Creative Commonsについて<br />1<br />
  3. 3. 問題提起<br />顧問先がソフトウェアの開発受託の契約を見て欲しいと<br />LAMP<br />自社ライブラリあり<br />ソース納品<br />自社ライブラリの部分を契約上分離<br />では,ソースを客先で保守しなければならないときどうする?<br /><ul><li>ソース渡しているから大丈夫でしょう?</li></ul>自社ライブラリ部分の著作権は弊社で保有と書いてあるが<br /><ul><li>え?</li></ul>2<br />
  4. 4. 続き<br />自社ライブラリの部分を契約条文上分離<br />改変権を渡さないと著作権法上先方が書き換えられないさらに,書き換えた後のライブラリは再配布可能?<br /><ul><li>面倒だから著作権を共有と書くことにします!</li></ul>共有著作にすると,共有者全員の同意がないと書き換えられなくなるよ<br /><ul><li>.....</li></ul>ということで,知識がないと変な契約をしてしまっているかも知れません<br />3<br />
  5. 5. ソフトウェアの契約<br />情報サービス産業協会 ソフトウェア開発委託基本モデル契約書<br />http://www.jisa.or.jp/legal/download/contract_model2008.pdf<br />セミナー資料として配布及び使用することは禁止いたします<br />経済産業省 情報システム・モデル取引・契約書<br />http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/keiyaku/model_keiyakusyo.pdf<br />こっちだ.え?200頁<br />「共通に利用することが可能であるプログラムに関する権利及びベンダが従前から保有していたプログラムに関する権利は、ベンダに留保されるものとする」ことに留意と書いてあるが...<br />4<br />
  6. 6. ソフトウェアの契約(続き)<br />情報処理推進機構 アジャイル型開発モデル契約書(2011/4/7)<br />http://sec.ipa.go.jp/reports/20110407.html<br />請負型契約書案に,著作権処理の3類型<br />【A案 ベンダ帰属案】<br />【B案 ユーザ帰属案】<br />【C案 共有案】<br />IPA GJ! だが<br />5<br />
  7. 7. ソフトウェアの契約(続き)<br />下請け型のモデル契約書は見つかった<br />OSSを改変する必要があった場合について書いてないし<br />例えばGPLの場合,発注側が公開するのか,受注側がするのか,コスト負担は?<br />そもそも今時の開発は運用後逐次改良型が多いね<br />納品・検収モデルとは摺りあわない->IPA版参照<br />モデル契約書には特許などの知財権の処理はきちんと書いてあるようだ<br />IPAの著作権処理3類型はかなりきちんと書いてあり,特に共有型の条文は使える.他の類型も少し補充すればOK<br />6<br />
  8. 8. 考慮すべきことは<br />契約交渉上の著作権の帰属問題<br />受注者が{すでに持っていた,新たに開発した}プログラムの著作権法上のどの権利を渡すのか,留保するのか<br />可能なかぎりすべての権利を渡すという,下請け型をベースに考えられているものが多い<br />保守の要件<br />7<br />
  9. 9. 開発成果物の権利/義務<br />発注者の専有とする場合<br />受注者のプログラムを含む場合,<br />OSSを含む場合<br />OSSにする場合<br />開発業者は,開発成果の権利をなるべく手元に残そう<br />エンドユーザはソースコードの全部の権利など求めていない<br />旧態の悪い商習慣に嵌っている人は早く脱出を<br />自社製の再利用可能なソフトウェアを持つことで,その後の契約が有利に交渉できるようになる<br />8<br />
  10. 10. 保守の要件<br />OSS部分の瑕疵担保は<br /><ul><li>「OSSだから受注者は責任持ちません」という変な業者がまだ存在する</li></ul>近年はOSSの仕組みが理解されてきているので,適切な保守契約条件を提示することができる<br />OSSに限らず,保守条件の交渉はきちんと<br />9<br />
  11. 11. 本日の話の構成<br />ソフトウェア受託の契約について<br />自社開発製品のライセンスについて<br />OSSライセンスについて<br />Creative Commonsについて<br />10<br />
  12. 12. 自社開発製品のライセンス<br />自社開発製品のライセンスについて<br />そもそも,その製品の何を外にだすのですか?<br />結構答えてくれない質問です->ユーザが「使用する」権利の範囲について  実は考えたことがない<br />OSSですか<br />はい<br />->ではどのライセンス?なぜ?<br />専有型ですか<br />専有を確保するための方策は?<br />->ソース秘匿,まぁ良いでしょう.外注とはどんな契約に<br />11<br />
  13. 13. 権利を主張する方法<br />契約による<br />権利を与える相手と契約する<br />契約に違反したら->最終的には訴訟<br />ライセンスによる<br />ライセンスに合意する人に権利を与える<br />ライセンスに違反したら->最終的には訴訟<br />コードによる<br />難読化<br />DRMなど<br />12<br />
  14. 14. ライセンスによる権利の保護<br /><ul><li>ライセンスに違反したら->最終的には訴訟と書きました.
  15. 15. ライセンス方式ですから,相手方の文書はありません.ではどういう方法で?
  16. 16. 訴訟の前に行うべき手順は必要∵訴訟はコストが大きい
  17. 17. 訴訟はどうやって勝つことができるのでしょうか?</li></ul>法律による(著作権法,特許法)<br />親告罪->刑事事件,民事訴訟<br />13<br />
  18. 18. サービスによる事業<br />ソフトウェアの事業環境はどんどん変わってきている<br />LBI創設の時から主張したとおりに事業環境は変化<br />ソフトウェアを書くことで収益を得る会社のうち,大きく伸びてきたのは,インターネット上のサービス<br />サービス提供の場合は,コードを公開しないことによりプログラム資産を守ることができる<br />ただし,他人のソフトウェアのライセンスには注意<br />14<br />
  19. 19. 本日の話の構成<br />ソフトウェア受託の契約について<br />自社開発製品のライセンスについて<br />OSSライセンスについて<br />Creative Commonsについて<br />15<br />
  20. 20. さて,OSSライセンスについて<br />主なライセンス<br />GPL V2, LGPL V2<br />GPL V3, LGPL V3, Affero GPL<br />Apache, <br />修正BSD,MIT<br />これらの違いがどれくらいわかりますか?<br />ライセンスの種類が多すぎるという問題(OSI認定70種近く)<br />ライセンスの記述が難しすぎるという問題(解説本すらない)<br />これらのライセンスを持つソフトたちと自社の専有型製品と合わせて提供する場合に,注意するべきことは?<br />16<br />
  21. 21. そんなときWikipedia<br />GNU Affero General Public License<br />作者フリーソフトウェア財団<br />バージョン 3<br />著作権者 Free Software Foundation, Inc.<br />リリース日 2007年11月19日<br />DFSGコンパチブル Yes<br />フリーソフトウェア Yes<br />OSIの承認 Yes<br />GPLコンパチブル Yes (GPLv3 とリンク可能)<br />コピーレフト Yes<br />他のライセンスのコードとのリンク No (GNU GPLv3 のみ Yes)<br />17<br />
  22. 22. Mobile Apps Violating OSS Licenses<br />http://www.techeye.net/software/android-app-writers-ignore-open-sauce-licensing March 9, 2011 の記事から引用<br />71 percent of Apple iOS and Google Android apps are not in compliance. OpenLogic scanned 635 apps, including both free and paid on the Apple App store and Google Android Marketplace. Of those 635 scanned apps, 52 apps include Apache licensed code while 16 included GPL/LGPL licensed code.<br />主にライセンス表示の欠落<br />18<br />
  23. 23. ライセンスの比較(専有ソフトから見て)<br />19<br />
  24. 24. GPL から見たCompatibility<br /><ul><li>GPL V2 Incompatible
  25. 25. Academic Free
  26. 26. Apache
  27. 27. AGPL
  28. 28. Mozilla
  29. 29. Open Software
  30. 30. ......</li></ul>GPL V3 Compatible<br />GPL V3<br />Apache !GPL V3はApacheのものを取り込める.逆はダメという解釈<br />GPL V3 Incompatible<br />GPL V2<br />Academic Free<br />Open Software<br />20<br />
  31. 31. 本日の話の構成<br />ソフトウェア受託の契約について<br />自社開発製品のライセンスについて<br />OSSライセンスについて<br />Creative Commonsについて<br />21<br />
  32. 32. さて,Creatrive Commons<br />デザイン会社に外注したら,CCマークの画像を使うと言ってきました.さてこれは何でしょう?<br />いわゆるフリー素材と違うの?<br />22<br />
  33. 33. Creative Commons<br />23<br />
  34. 34. ライセンス・ボタンを6種類から選び,ライセンスをリンクする.<br />ライセンス条項は各国の法律に適合するように調整されている.<br />【例】Wikipedia はGFDLからCC-BY-SAに変更された<br />CCライセンスの主張<br />24<br />
  35. 35. CCとOSS<br />CCをプログラムに適用することは<br />可能だが,望ましくない他に適切なライセンスがあるから<br />CCもOSSも同じ目標<br />知財権に関する時代遅れの足枷から逃れる<br />著作権の処理に必要なコストがいらない租界を作っている<br />ただし,租界を守るためのコストは必要<br />25<br />
  36. 36. NPO としての Creative Commons<br />ローレンス・レッシグ氏が2001年にサンフランシスコで設立<br />合理的な著作権利用の拡大を目指す<br />"Some rights reserved"<br />26<br />
  37. 37. このドキュメントのライセンス<br />表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-NC-ND 2.1)<br />表示 — あなたは原著作者のクレジットを表示しなければなりません。<br />非営利 — あなたはこの作品を営利目的で利用してはなりません。<br />改変禁止 — あなたはこの作品を改変、変形または加工してはなりません。<br />http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/<br />27<br />

×