Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20110712中国ecセミナー

4,674 views

Published on

Published in: Business, Technology
  • Be the first to comment

20110712中国ecセミナー

  1. 1. 中国EC: 中国 :概況2010年の中国オンラインショッピング市場の総取引高は4610億元で、国内社会消費品小売総額の3.2%にあたる。2010年における国内オンラインショップサイト訪問者数は第一季が3.65億人、第四季は4.3億人を記録した。とりわけB2C分野では第四季に3.01億人を記録、1年前と比べ1億人増という成長を遂げ、C2C分野の成長率を上回る結果を残した。オンラインショップサイトの訪問者数が増加を続けている原因としては、購入の利便性はもとより、オンラインショップの豊富な商品情報がすでにオンラインオフライン問わず消費者が購入を考える際の重要な情報源となっているということがある。またC2CサイトとB2Cサイトを比較してみると、C2Cサイトの訪問者数のほうが多く、また約7割のユーザーが両方のサイトを訪問している。 2011.4 iReserch調べ 2011.4 iReserch調べ
  2. 2. 中国EC: 中国 :概況2010年における国内オンラインショッピングユーザーの規模は1.48億人にのぼった。これは国内インターネットユーザー全体に対して32.9%の割合を占める。 またオンラインショッピングユーザー数は、2012年に2億人を突破、2014年にインターネットユーザー全体に対し50%前後を占めるようになると予想される。この判断は、オンラインショッピング市場の誠実さ、支払い環境の改善、80年代生まれのユーザーが徐々に消費者のメインとなりつつあること、等に基づいている。 2010年における中国のオンラインショッピングユーザーのうち、5割以上が19‐30歳の学生もしくはホワイトカラーだった。また30‐40歳のユーザーは22.5%で、2009年の20.8%を上回り、中年層の増加が見て取れる。その原因としては、まずもともとのユーザーの年齢が上がったこと、そして中年層が若者の動きの影響を受けて興味を示し始めたことが挙げられる。 2011.4 iReserch調べ 2011.4 iReserch調べ
  3. 3. 中国EC: 中国 :概況◆2011年第1四半期インターネットショッピング市場規模は前期比5.5%増 2011年第1四半期インターネットショッピング市場規模は前期比5.5%増 年第 インターネットショッピング市場規模 5.5%インターネットショッピング市場規模は1700億元で、成長速度は上昇傾向にある。インターネットショッピング市場C2C分野は安定しており、B2C分野では淘宝商城がリードしている。 2011.4 iReserch調べ 2011.4 iReserch調べ
  4. 4. 中国EC: 中国 :概況 年第1 年第 四半期モバイルインターネット モバイルインターネット発展状況◆2011年第1四半期モバイルインターネット発展状況・2011年第1四半期のモバイルインターネット市場規模は64.4億元で、前年比43.4%増、前期比23.0%増だった。・2011年第1四半期のモバイルインターネット市場は基本的に安定しており、モバイルチャージサービス市場は各社の 料金支払いシステムの整理により全体的に回復した。・モバイルEコマース、モバイル広告分野でも好調がみられた。・モバイル対応店舗、位置検索サービス等新サービスの登場により、モバイルインターネット業界全体は上向きの傾向。◆2011年第1四半期、モバイルインターネット市場は安定した成長 年第1 年第 四半期、モバイルインターネット市場 安定した 市場は した成長・2011年第1四半期のモバイルインターネット市場規模は64.4億元に達し、前年比43.4%増、前期比23.0%増で、市場は安定した成長をみせた。またチャージサービス業務がモバイルインターネット業界全体の55.6%を占めた。 2011.4 iReserch調べ 2011.4 iReserch調べ
  5. 5. 中国EC: 中国 :概況メモ:中国EC ここ最近の傾向・垂直化が進んできた今まではタオバオに代表される、いわゆる何でも売っている商店街での買い物がメジャーだったが、ここ2年でEC分野も専門店化してきた。例えば、女性服専門モール、宝石専門モール、食品専門モールなど。・利用者の年齢上昇2003年以降、ネットショッピングを覚えた世代がすでに30代(80後)に近付いていることと、中年層が若者の動きの影響を受け興味を示し始めたことが原因。・顧客単価の上昇2007年化粧品・アパレル120元2011年化粧品・アパレル250元・日本ブランドが多数ECへ進出年内200店から300店舗開店予定(タオバオモール)家電(ソニー、パナソニック、キャノン、ニコン・・)アパレル(主に原宿系など比較的単価の安いブランドを中心に)、化粧品、日用品、雑貨など多数
  6. 6. 中国EC: 中国 :決済メモ:中国EC 決済・全体で見ると、アリペイ(支付宝)、銀聯カードのエスクロー決済が中心。・アパレルでは、着払いが主流になりつつある。 2011.4 iReserch調べ 2011.4 iReserch調べ
  7. 7. 中国EC:国内物流(倉庫。配送) 中国 :国内物流(倉庫。配送)メモ:中国EC 国内物流(個別配送)・民間の宅配業者、郵便で中国全土ほぼすべてをカバーしている。・上海⇔北京(約1,500km)2-3日で十分届く・10元~20元と非常に安価・基本的には購入者負担(送料無料キャンペーンが効く)・毎日決まった時間に、倉庫まで引き取りにきてくれて、個別配送してくれるサービスが一般的中国EC 国内物流(倉庫)・検品、検数・倉庫管理・ピックアップ、アソート中国全土にEC専用倉庫が出来つつある。アリババ主導で、保税区内の倉庫にもEC倉庫が出来始めた。(上海)
  8. 8. 中国EC: 中国 :日→中貿易メモ:中国EC 日→中国貿易・商品価格に加え、別途税金、諸経費が必要 陸上輸送費(日本国内) 海上輸送費、通関費、関税、増値税、輸入消費税、 陸上輸送費(中国国内) 一般的な関税率:例:アパレル10%~15% インボイス価格×関税率=関税 増値税率:17% インボイス価格×関税率×増値税率=増値税・中国での商品販売価格インボイス価格の約1.5倍から2倍以上に設定する必要あり
  9. 9. 中国EC: 中国 :許認可メモ:中国EC 許認可・取り扱い会社の許可 ECをするのは、小売(中国語:零售)の許可(営業範囲)が必要。 国際貿易するのであれば、国際貿易の許可 食品を扱う:食品流通許可、酒類を扱う: など、細かく規定があるので、会社の営業範囲に注意すること。・取り扱い商品の許可 アパレル:GB検査 食品、化粧品:衛生許可 家電:・自社サイトでECを展開する場合 経営性ICP証 ネット販売は付加価値のある電信業務ではなく、経営性を持たないためICP の届出だけでよく、 外商独資企業であっても行うことができるとの見解 非経営性の届け出だけでOKという見解もある。(曖昧)
  10. 10. 中国EC: 中国 :運営平日と休日で購買行動に平日と休日で購買行動に違い購買行動を時間別に比較してみると、おおむね平均的であり、一般のインターネット閲覧の場合と相違は見られない。これはオンラインショッピングがすでにネットユーザーの生活の主要な一部となっていることを示している。また、下図の時間帯比較の平日と休日の違いからは、週末の日中は購買行動が少なく、夜間に増加することが分かる。 2011.4 iReserch調べ 2011.4 iReserch調べ
  11. 11. 中国EC: 中国 :運営メモ:中国EC 運営・ページの作成、更新 ページの作成と中国風キャッチコピー ページ更新頻度 写真を多用する 権威を主張 例:日系アパレルの場合 月間50型の新作商品×商品撮影、商品採寸、商品説明分の作成→ページ掲載・カスタマーサービス(チャット対応) 年中無休ほぼ24時間体制でリアルタムチャット対応 チャットでの質問は、到着時間の確認と値引き交渉
  12. 12. 中国EC: 中国 :プロモーションメモ:中国EC プロモーション大前提として、ウェブ以外での知名度もアップさせないとなかなか売れない。※検索する人の6割がブランド名検索するため。・タオバオ内部のプロモーション・バナー広告・PPC広告・イベント参加型・外部プロモーション・BBS書き込み、 ツイッター、ブログ口コミ(BUZZ広告)・テレビ通販の利用 ※審査あり、売上の40%+番組制作費・団体購入サイトの利用 2011.4 iReserch調べ
  13. 13. 中国EC: 中国 :プロモーションターゲットが接触しやすいエリアにターゲットが接触しやすいエリアに様々な手法を使って、アプローチし、効果的なイメージ しやすいエリア 手法を って、アプローチし 効果的な構築と認知拡大を める。構築と認知拡大を進める。 ブロガーの発信力、情報の閲覧性、同一ターゲットへの刷り込み 影響力を活用!! ユーザー参加型の相互 コミュニケーション 継続的なファンの獲得 人気ブロガーからのブランドイ メージ発信 情報の信頼性を獲得
  14. 14. 中国EC: 中国 :運営 新浪の認証を代行し、公式Vマーク を取得します。取得する事により、 ユーザーに安心感を与えます。定期的にイベントの情報や製 ブランドのキーワード設計や適切なタグの品、ブランドの関連の情報を 設定をしユーザーが見つけやすい動線を発表します。 確保します例えば:屋外、キャンプ、テント、また、ファンの関心度を維持し リュックサックなど。ていきます。継続的に

×