Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

スクラムを導入してみて一回挫折したけど再起させた話

1,025 views

Published on

Web現場Meetup〜GMOペパボ×ピクスタ〜エンジニアによる技術・組織改善の裏側で発表させていただいた資料です。
ピクスタ株式会社の開発チームは開発フローとしてスクラムを導入しています。
2015年からスクラムを導入し始めたのですが、挫折を経験し、振り返りを行い、再起させました。
この資料では、再起までの道のりについて説明します。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

スクラムを導入してみて一回挫折したけど再起させた話

  1. 1. スクラムを導入してみて 一回挫折したけど 再起させた話 ピクスタ株式会社 星直史 16545027 Photo by Fast&Slow
  2. 2. 自己紹介 星直史 @NaoshiHoshi ピクスタ株式会社 開発部 マネージャー Rails歴6年 AWS歴6年
  3. 3. 今日話すこと ● 背景 ● 導入したら何が起こったか ● 挫折の原因と再起までの道のり ● 再起させたあとの話
  4. 4. 今日話すこと ● 背景 ● 導入したら何が起こったか ● 挫折の原因と再起までの道のり ● 再起させたあとの話
  5. 5. ● 開発フローなんてものは存在しない(!) ○ カウボーイコーディングスタイル ● 進む属人化 ○ トラックナンバー1(!) ■ XXさんしか知らない仕様と実装 ● リリース直前までわからない納期 背景(~2015)
  6. 6. ブチョー 背景(~2015) (アカン) とりあえずスクラムやるやで! 適当にスクラムガイドよんどけばえ えやろ! オレが仕様書だ! ボクくん
  7. 7. スクラムは軽量であり 理解は容易ですが、 習得は困難です。via スクラムガイド 背景(~2015)
  8. 8. 今日話すこと ● 背景 ● 導入したら何が起こったか ● 挫折の原因と再起までの道のり ● 再起させたあとの話
  9. 9. ● スクラムでは、この場合はどうするんですか? ○ わかりません(白目) ● ぷらんにんぐぽーかー? ○ うるせー!数字だすんや! ● 使ったことないけどJIRAにしよ!かっこいいし! ● 600件(!)存在したユーザーストーリーを全てプランニングや!! ○ 付箋を書くことが仕事となったエンジニア 何が起こったか
  10. 10. ● スクラムでは、この場合はどうするんですか? ○ わかりません(白目) ● ぷらんにんぐぽーかー? ○ うるせー!数字だすんや! ● 使ったことないけどJIRAにしよ!かっこいいし! ● 600件(!)存在したユーザーストーリーを全てプランニングや!! ○ 付箋を書くことが仕事となったエンジニア 何が起こったか 付箋を書き続けること1ヶ月(!)
  11. 11. 何が起こったか スクラム一旦やめます 「」 ブチョー ボクくん
  12. 12. ● ブチョーはスクラムで何を解決したかったのか ● なぜうまくできなかったのか ● 何をすればうまくいったのか ● それをやるのは誰か 何が起こったか
  13. 13. ● ブチョーはスクラムで何を解決したかったのか ● なぜうまくできなかったのか ● 何をすればうまくいったのか ● それをやるのは誰か 何が起こったか チームを変革するのはオレだ!
  14. 14. 今日話すこと ● 背景 ● 導入したら何が起こったか ● 挫折の原因と再起までの道のり ● 再起させたあとの話
  15. 15. ● スクラム導入者の経験、知識が浅すぎる ● スクラム導入者の問題感や当事者意識の欠落 ● スクラムの概要すらメンバーが理解していない ● ツール(JIRA)を銀の弾丸だと思ってしまった。 ○ ツールの学習コストが高すぎる。 ● 600件ものユーザーストーリーを全てを律儀にプランニングしようと した 挫折の原因と対策
  16. 16. ● スクラム導入者の経験、知識が浅すぎる ● スクラム導入者の問題感や当事者意識の欠落 ● スクラムの概要すらメンバーが理解していない ● ツール(JIRA)を銀の弾丸だと思ってしまった。 ○ ツールの学習コストが高すぎる。 ● 600件ものユーザーストーリーを全てを律儀にプランニングしようと した 挫折の原因と対策
  17. 17. 挫折の原因と対策
  18. 18. ● スクラム導入者の経験、知識が浅すぎる ● スクラム導入者の問題感や当事者意識の欠落 ● スクラムの概要すらメンバーが理解していない ● ツール(JIRA)を銀の弾丸だと思ってしまった。 ○ ツールの学習コストが高すぎる。 ● 600件ものユーザーストーリーを全てを律儀にプランニングしようと した 挫折の原因と対策
  19. 19. 挫折の原因と対策
  20. 20. ナレッジのなさ スクラムの知識がなさすぎるの問題 だと指摘 段取りの悪さ 進め方がgdgdだったので、しっかり 方向性を決めて進めましょうと指摘
  21. 21. 権限は委譲されるべ き 要は、自分が巻き取って活動するの で、そのスピードを阻害しないでくだ さいと伝えた
  22. 22. ● スクラム導入者の経験、知識が浅すぎる ● スクラム導入者の問題感や当事者意識の欠落 ● スクラムの概要すらメンバーが理解していない ● ツール(JIRA)を銀の弾丸だと思ってしまった。 ○ ツールの学習コストが高すぎる。 ● 600件ものユーザーストーリーを全てを律儀にプランニングしようと した 挫折の原因と対策
  23. 23. 挫折の原因と対策
  24. 24. 挫折の原因と対策
  25. 25. 挫折の原因と対策
  26. 26. ● スクラム導入者の経験、知識が浅すぎる ● スクラム導入者の問題感や当事者意識の欠落 ● スクラムの概要すらメンバーが理解していない ● ツール(JIRA)を銀の弾丸だと思ってしまった。 ○ ツールの学習コストが高すぎる。 ● 600件ものユーザーストーリーを全てを律儀にプランニングしようと した 挫折の原因と対策
  27. 27. 挫折の原因と対策
  28. 28. ● スクラム導入者の経験、知識が浅すぎる ● スクラム導入者の問題感や当事者意識の欠落 ● スクラムの概要すらメンバーが理解していない ● ツール(JIRA)を銀の弾丸だと思ってしまった。 ○ ツールの学習コストが高すぎる。 ● 600件ものユーザーストーリーを全てを律儀にプランニングしようと した 挫折の原因と対策
  29. 29. 挫折の原因と対策
  30. 30. 今日話すこと ● 背景 ● 導入したら何が起こったか ● 挫折の原因と再起までの道のり ● 再起させたあとの話
  31. 31. 再起させたあとの話 Try ● スクラムマスターの学習 ● スクラムマスターの意識改革 ● メンバーの教育 ● 運用フローの構築 ● 継続的なリファインメント ○ POの教育 Keep Problem ● 開発フローが存在しない ● 属人化 ● いつリリースされるか不明
  32. 32. 再起させたあとの話 Try ● スクラムマスターの学習 ● スクラムマスターの意識改革 ● メンバーの教育 ● 運用フローの構築 ● 継続的なリファインメント ○ POの教育 Keep ● 属人化の排除 ● チームの状況の把握 ○ 進捗/問題の可視化 ● 継続的な改善 ● スムーズになった開発フロー ● PJの始まりに必ずプランニング ● PJの終わりに必ずKPT Problem ● 開発フローが存在しない ● 属人化 ● いつリリースされるか不明
  33. 33. ● スクラム導入者の知識、意識、準備 ○ 理路整然と質問に答えられること ○ オーナーシップを持って自ら能動的に取り組む ● 組織への浸透 ○ 問題意識と解決策の共有 ○ 初期の学習への投資 ○ 継続的な学習への投資 まとめ
  34. 34. ● スクラム導入者の知識、意識、準備 ○ 理路整然と質問に答えられること ○ オーナーシップを持って自ら能動的に取り組む ● 組織への浸透 ○ 問題意識と解決策の共有 ○ 初期の学習への投資 ○ 継続的な学習への投資 まとめ 自分が変わると組織も変わる
  35. 35. インターネットで フラットな世界をつくる We're hiring! 7336449 Photo by Sunny studio

×