Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

APEX Workshop III 日本語版

150 views

Published on

Oracle APEXの初心者向けワークショップ日本語版。
ビッグマック指数を扱うアプリケーション作成。

Published in: Software
  • DOWNLOAD TH1S BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK Here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB EBOOK Here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK Here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download EPUB EBOOK Here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download doc EBOOK Here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Be the first to like this

APEX Workshop III 日本語版

  1. 1. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | APEX Workshop III ビッグマック指数を使ったハンズオン 2019年5月 (英語オリジナル版) 2019年8月 (日本語環境版)
  2. 2. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | リモート・データに基づいたアプリケーション の作成 2
  3. 3. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ1 – クリックSQLの呼び出し • 「SQLワークショップ」から、「ユーティリティ」、「クイックSQL」を呼び出す。 3
  4. 4. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ2 – クイックSQLによるスキーマ定義の入力 • エディタに以下の省略記法による スキーマ定義を入力する。 4 big_mac_index country_name iso currency_code local_price num dollar_exchange_rate num gdp_dollar num entry_date
  5. 5. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ3 – 生成されるSQLの調整 • 「設定」をクリックし、設定ダイアログを開く。 • 「主キー」に「12c Identity データ型」を選択する。 • 「変更の保存」をクリックする。 5
  6. 6. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ4 – 生成されたSQLをスクリプトとして保存 • 「SQLスクリプトを保存」をクリックする。 • 「スクリプト名」として「big mac index」 を入力する。 • 「スクリプトを保存」をクリックする。 6
  7. 7. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ5 – SQLスクリプトの実行 • 「レビューおよび実行」をクリックする。 7 • 「実行」をクリックする。 • 「即時実行」をクリックする。 • SQLの実行が成功しているこ とを確認する。
  8. 8. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ6 – ビッグマック指数を読み込むSQL • 以下のSQLによって https://raw.githubusercontent.com/TheEconomist/big-mac- data/master/source-data/big-mac-source-data.csv のビッグマック指数を ローカル表に読み込む。 8 insert into big_mac_index(country_name, iso, currency_code, local_price, dollar_exchange_rate, gdp_dollar, entry_date) select col001, col002, col003, col004, col005, col006, to_date(col007,'YYYY-MM-DD') from table( apex_data_parser.parse( p_content => apex_web_service.make_rest_request_b( 'https://raw.githubusercontent.com/TheEconomist/big-mac-data/master/source-data/big-mac-source-data.csv', 'GET'), p_file_name => 'big-mac-source-data.csv', p_skip_rows => 1 ) );
  9. 9. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ7 – ローカル表へのリモート・データの投入 • 「SQLワークショップ」をクリックし、「SQLコマンド」をクリックする。 9 • 実行するSQLをコピペする。 • 「実行」をクリックする。 • インサートされた行数を確 認する。
  10. 10. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ8 – 新規アプリケーションの作成 • 「アプリケーション・ビルダー」をクリックし、「作成」をクリックする。 10 • 「新規アプリケーション」 をクリックする。
  11. 11. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ9 – アプリケーションの命名とページの追加 • 「名前」に「グローバル経済」と入力する。 • 「ページの追加」をクリックする。 11
  12. 12. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ10 – レポートとフォームの追加 • 「レポート」をクリックする。 • 「ページ名」に「ビッグマック指数」と入力す る。 • 「表またはビュー」を選択する。(デフォルト) • 「対話モード・レポート」を選択する。( デ フォルト) • 「表またはビュー」として、 「BIG_MAC_INDEX」表を選択する。 • 「フォームを含める」をチェックする。 • 「ページの追加」をクリックする。 12
  13. 13. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ11 – 機能の追加 • 「機能」のとなりにある、「すべてをチェック」をクリックする。 13
  14. 14. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ12 – アプリケーションの作成 • 「アプリケーションの作成」をクリックする。 14
  15. 15. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ13 – アプリケーションの実行 • 「アプリケーションの実行」をクリックする。 15
  16. 16. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ14 – 新規アプリケーションにサインイン • 「ユーザー名」、「パスワード」を入力して、「サインイン」をクリックする。 – ユーザー名、パスワードはワークスペースへのサインイン時に使用したもの。 16
  17. 17. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ15 – アプリケーションの実行 • ウィザードによるアプリケーションの作成が完了した。 17
  18. 18. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | レポートの機能拡張 18
  19. 19. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ1 – レポートの実行と編集 • メニューの「ビッグマック指数」をクリックし、レポート・ページを開く。 • 開発者ツール・バーの「ページの編集 2」をクリックする。 19
  20. 20. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ2 – レポート・リージョンの選択 • 「Big Mac Indexes」リージョン をクリックする。 • 左ペインのレンダリング・ツ リーと真ん中のレイアウト・ ビューのBig Mac Indexesが選 択される。 • 右ペインのプロパティ・エディ タにBig Mac Indexesリージョン の内容が反映される。 20
  21. 21. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ3 – レポートのソースをSQL問合せに変更 • プロパティ・エディタのソース・セクションに含まれる タイプを「表/ビュー」から、「SQL問合せ」に変更する。 • 選択済みの表名から、その表の全件を問い合わせるSELECT文に変更され る。 21
  22. 22. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ4 – SELECT文に計算した値を追加 • 「SQL問合せ」の属性で、ENTRY_DATEの後ろに”,”カンマ)を追加し、次の項 目として、以下を挿入する。 22 case when local_price = 0 then null else 50*dollar_exchange_rate/local_price end big_macs_per_50 • をクリックして、「コード・エ ディタ」を開く。 • SQLを編集する。 • をクリックして、「検証」を行う。 • 「OK」をクリックする。
  23. 23. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ5 – レポート・カラムの表示 • 左ペインのBig Mac Indexesリージョンにある「列」をクリックする。 • 開いた列リストから、「BIG_MACS_PER_50」をクリックする。 23
  24. 24. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ6 – 列の表示形式の調整 • 右ペインのプロパティ・エディタに含まれる外観セクションの、「書式マス ク」の右にある アイコンをクリックする。 • 「5,234.10」をクリックする。 • 「保存」をクリックする。 24
  25. 25. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ7 – レポートの実行 • アイコンをクリックし、更新したレポートを実行する。 25 Big Macs Per 50が 追加されている。
  26. 26. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | チャートの追加 26
  27. 27. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ1 – アプリケーションの編集 • 開発者ツール・バーの「アプリケーション nnnnn」をクリックする。 27
  28. 28. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ2 – チャートの作成を開始 • 「ページの作成」をクリックする。 • ページ・タイプは「コンポーネント」 (デフォルト) • 「チャート」をクリックする。 • 「面付き折れ線」をクリックする。 28
  29. 29. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ3 – ページおよびリージョン属性の指定 • 「ページ名」に「チャート」を入力 する。 • 「ページ・モード」は「標準」(デ フォルト) • 「ブレッドクラム」に 「Breadcrumb」を選択する。 • 「親エントリ」は「親エントリなし」 (デフォルト) • 「エントリ名」は「チャート」(デフォ ルト) • 「次」をクリックする。 29
  30. 30. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ4 – ナビゲーション・エントリの指定 • 「ナビゲーションのプリファレンス」 として「新規ナビゲーション・メ ニュー・エントリの作成」をクリック する。 • 「新規ナビゲーション・メニュー・エ ントリ」は「チャート」(デフォルト) • 「親ナビゲーション・メニュー・エン トリ」は「- 親が選択されていませ ん - 」(デフォルト) • 「次」をクリックする。 30
  31. 31. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ5 – ソースとなるSQLの入力 • 「位置」は「ローカル・データベース」を選択する。(デフォルト) • 「ソース・タイプ」として「SQL問合せ」を選択する。(デフォルト) • 「SQL問合せ」として、次のSQLを入力する。 • 「次」をクリックする。 31 select local_price, entry_date from big_mac_index where iso = 'JPN' order by entry_date
  32. 32. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ6 – 列のマッピングを指定 • 向きは「垂直」(デフォルト) • ラベル列は「ENTRY_DATE」を 選択する。 • 値列は「LOCAL_PRICE」を選択 する。 • 「作成」をクリックする。 32
  33. 33. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ7 – チャートの実行 • をクリックして、作成したチャートを実行する。 33
  34. 34. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | チャートの改善 34
  35. 35. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ1 – チャート・リージョンの編集 • 開発者ツール・バーの「クイック編集」をクリックする。 • 「チャート」と名前付けされたリージョン上にポインタを移動し、クリックする。 35 スパナは別の機 能を呼び出すので、 ここ以外をクリック この辺りをクリック する。
  36. 36. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ2 – シリーズの名前を設定 • 左ペイン「シリーズ1」をクリックする。 • 右ペインの「名前」を「現地価格」と入力する。 36
  37. 37. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ3 – ラベルの非表示 • ラベル・プロパティの、「表示」を「いいえ」にする。 37 スクロールして 表示させる
  38. 38. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ4 – チャート属性の調整 • 左ペインの「チャート」に含まれる、「属性」をクリックする。 • 右ペインの「設定」より、「時間軸タイプ」として「混合頻度」を選択する。 38
  39. 39. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ5 – チャート属性の調整 • プロパティ・エディタより「凡例」を選んで、「表示」を「はい」にする。 • をクリックして、チャートを実行する。 39
  40. 40. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ6 – チャート・リージョンの再編集 • 開発者ツール・バーより「クイック編集」をクリックし、チャートの編集を再 度呼び出す。 40
  41. 41. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ7 – シリーズの複製 • 左ペインのチャートのシリーズ、「現地価格」をクリックする。 • 「現地価格」上で右クリックを行い、「重複」を選択する。 41
  42. 42. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ8 – 新規シリーズの調整 • プロパティ・エディタにて、新規シリーズの「名前」を「為替レート」と 入力する。 42
  43. 43. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ9 – ソースとなるSQLの入力 • 「SQL問合せ」を、次のSQLに変更する。 43 select dollar_exchange_rate, entry_date from big_mac_index where iso = 'JPN' order by entry_date
  44. 44. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ10 – ページの完成 • 列のマッピングに含まれる「値」を「DOLLAR_EXCHANGE_RATE」に変更する。 • をクリックし、実行する。 44
  45. 45. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 国を選択するLOVの追加 45
  46. 46. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ1 – チャート・ページの編集 • 開発者ツール・バーの「ページの編集4」をクリックする。 46
  47. 47. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ2 – 選択リストの作成 • コンポーネント・ギャラリーの、「アイテム」を選択する。 • スクロールさせて、「選択リスト」を見つける。 47 コンポーネント・ギャラリー
  48. 48. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ3 – 選択リストのドラッグ&ドロップ • コンポーネント・ギャラリーの「選択リスト」を、チャート・リージョンの「アイ テム」の位置へ、ドラッグ&ドロップする。 48 ブレッドクラムではなく、 チャート・リージョンに 作成されているここと を再確認!
  49. 49. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ4 – 選択リストのプロパティ設定 • 選択リストに以下のプロパティを設定する。 – 「名前」に「P4_COUNTRY」を入力 – 「ラベル」に「国」を入力 – LOVのタイプに「SQL問合せ」を選択 – SQL問合せに以下を入力 49 select distinct country_name d, iso r from big_mac_index order by 1 – NULL表示値に「- 国を選択 - 」を入力
  50. 50. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ5 – 動的アクションの作成 • 左ペインにあるP4_COUNTRY上で右クリックする。 • メニューから「動的アクションの作成」を選択する。 50
  51. 51. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ6 – 動的アクションの調整 • 左ペインの動的アクション(変更前は「新規」)をクリックする。 • 「名前」を「国の切り替え」に変更する。 51
  52. 52. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ7 – 動的アクションの調整 • True条件の下にある、「表 示」(変更前)を選択する。 • プロパティ・エディタで以下 の属性を変更する。 – 「アクション」を「リフレッシュ」 – 「選択タイプ」を「リージョン」 – 「リージョン」を「チャート」 52
  53. 53. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ8 – シリーズのSQL問合せの変更 • 左ペインから、シリーズの「現地価格」を選択する。 • 「SQL問合せ」の iso = 'JPN' を iso = :P4_COUNTRY へ変更する。 • 「為替レート」のSQL問合せにも同じ変更を行う。 53 為替レート select dollar_exchange_rate, entry_date from big_mac_index where iso = :P4_COUNTRY order by entry_date 現地価格 select local_price, entry_date from big_mac_index where iso = :P4_COUNTRY order by entry_date
  54. 54. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ9 – 送信するページ・アイテムの指定 • 左ペインの「チャート」リージョンをクリックする。 • ソースの「送信するページ・アイテム」として、「P4_COUNTRY」を選択する。 • をクリックし、実行する。 54
  55. 55. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | ステップ10 – 国を切り替えてチャートの表示を確認 55
  56. 56. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 役に立つリンク集 56
  57. 57. Copyright © 2019, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 役に立つリンク集 • APEX Collateral apex.oracle.com • APEX Shortcuts apex.oracle.com/shortcuts • Community apex.oracle.com/community • External Site + Slack apex.world 57

×