SlideShare a Scribd company logo
1 of 30
Download to read offline
への招待
沼
Hiro
@mofumofu_dance#AdaptiveCards #JPPUGSummer20
今日のまとめ
ユーザー に Adaptive な Card 形式の メッセージ
とは・・・
ユーザーにAdaptive ??
Adaptive Cards
CSSやHTMLなどを前提とせずプラットフォーム・サービスに最適化されるカード交換フォーマット
レイアウトとデータのJSONから
各種デバイス・サービスに最適化された
状態で情報を提供
いま Microsoft Teams がアツい!
Adaptive Cards は Teams でも表示可能
さらに アクションもできる!
しかも Power Automate で簡単に投稿できる
Teams ユーザーに最適な形式
ユーザー に 最適化 した メッセージを送ろう!
を使って
はじめに
1.Adaptive Cards って?
2.何がメリットなの?
3.Power Platformでは何ができるの?
Adaptive Cardsって?
JSONで書かれるマルチチャンネルに対応のカード交換フォーマット
最近いろんなところで使う試みが
ローコード/Proコードともに今後も利用範囲が広がる予感
SPFxを利用してSharePointページで
Microsoft Searchの結果カスタマイズ
Graph Explorerにも
何がメリット?
Actionable Message であること! (ほかのメッセージ形式では不可)
✓ CSSやHTMLの前提なしにカードのデザインが可能
✓ “Templating” (カードレイアウトとデータの分離) で再利用性高い
✓ Power Platformで標準的にサポートされている
➢ 自分の普段使っている場所でアクションが可能
(cf. LINEのアカウントとしてプロモーションしたりクーポン送るのと同じ)
メリットしかない!!
Power Platformでは何ができる?
標準のアクションの範囲では
• Power Automate → Teams チャンネル/チャットへのカード送信
• Power Automate → Outlookへのカードを含むメール送信
• Power Apps から (以下同上)
このほか、Power Virtual Agentsでのカード送信もIdeasに上がっています
少しコードを書くと
• Power Appsでのカードレイアウトプレビュー
• 自前のTemplating API
などなど幅が広がります
Step by Step のデモ
1. Adaptive Cards Designer を使ってみよう
2. Power Automate から Teams にAdaptive Cards を送信
3. Adaptive Cards からのデータを SharePointに保存
4. 他のサービスのデータを Adaptive Cards で表示する
1. Adaptive Cards Designer を使ってみよう
https://adaptivecards.io/designer/
まずはどんなものが作れるのかイメージが大事!
Adaptive Cards はウェブ上でカードのデザイン & JSONの生成ができるデザイナーが用意されている
ドラッグ&ドロップと値の設定だけで作成可能
Adaptive Cards Designer を使ってみよう
https://github.com/mofumofu-
dance/PowerApps365/blob/master/Samples/Zaitaku/健康状況報告フローのカス
タマイズ.pdf
詳しい使い方は
2. Power Automate から Teams に
Adaptive Cards を送信
Power Automate では Adaptive Cards を Teams に送信するアクションが用意されている
単純なカードの送信は、デザイナーから JSON をコピー&ペースト
投稿は Flow bot として行われる
デザイナー画面 実際のメッセージ
2. Power Automate から Teams に
Adaptive Cards を送信
投稿先は Teams のチャンネル または ユーザー (Flow bot とのチャット) を選択可能
これらのカードでは Submit以外 のアクションを利用できる (指定のURLを開く、カードの表示・非表示くらい)
ユーザーのレスポンス/入力が必要なら Submit アクションが必要
Teams チャンネル 宛先指定のチャット
3. Adaptive Cards からのデータを SharePointに保存
の、前に
Power Automate の試験的機能を有効にしましょう!
3. Adaptive Cards からのデータを SharePointに保存
Adaptive Cards の特徴は ユーザーがアクション可能 なメッセージであること
ユーザーのアクション (文字入力や選択、チェック) の結果は Power Automate のフロー内で取得できる
取得した結果は何らかのデータソースにそのまま保存
→ Adaptive Cards を利用した簡易サーベイ
有給申請等の承認
等に利用可能
3. Adaptive Cards からのデータを SharePointに保存
Teams のチャンネルに投稿したカードは、一度誰かに回答されるとおわり (フローが流れるので)
➢ 複数のユーザーに回答を促したい場合には ユーザー宛にカードを送信する必要がある
※(もしくは1つ Per Userプランがあれば) Power Appsからカードを送信すると複数回データ取得できる
注意点
4.他のサービスのデータを Adaptive Cards で表示する
毎回固定のメッセージを送るケースはそんなにない
何らかのデータを利用して Adaptive Cards で送るのが効果的
例えば、RSSで取得したブログ記事の概要 や タスクの状況、 チケットシステムの新規チケット通知 などなど
データはRSSと記事のスクレイピング データはSharePointリスト
4.他のサービスのデータを Adaptive Cards で表示する
1つのデータからカードを作るなら、カード送信&待ち受けのアクションでタイムアウトをさせるテクニックが有効
(Templatingが使えるので)
ただし現状ではString型しかサポートしていないようなので、配列を相手にする場合には別の方法を使う
4.他のサービスのデータを Adaptive Cards で表示する
応答を待機だけど即タイムアウトさせる
後ろに「終了」アクションを入れて実行条件を変更
4.他のサービスのデータを Adaptive Cards で表示する
配列型のデータを Adaptive Cards で表示するために加工するには・・・
『選択アクション』 が超大事
このアクションで、データソースから得られた配列を、Adaptive Cardsのレイアウトに現れる配列に変換できる
詳しくは https://mofumofupower.hatenablog.com/entry/2020/05/15/003312
繰り返し構造の変換
Conclusion & Remarks
✓ Teams に対してアクション可能なメッセージを送れる唯一のフォーマット
✓ Power Automate を利用すればローコードにAdaptive Cards を
Teams / Outlook で利用できる
✓ デザイナーでいろんなレイアウトを作ってみて蓄積するとよい
✓ 今後も利用シーンが増えてくるはずなので要チェック!
学習リソース
◆ 公式Docs & ブログ
https://docs.microsoft.com/en-us/adaptive-cards/
https://adaptivecards.io/blog/
◆ コミュニティ
https://aka.ms/logicflowjp-fb
◆ わたし
https://mofumofupower.hatenablog.com/
あとはTwitter上にいる詳しい方々をフォローするのが近道です
Appendix
これからの発展
Power AutomateのTeamsコネクターのアクションに「メッセージの選択時」が追加されそう。
これにAdaptive Cardsが利用される
ACMSがいまPoCフェーズ。Adaptive Cardsのテンプレートを企業内で管理できるようにな
る。また、Templating APIも内包している
https://aka.ms/ACMSstage
ちょっと応用
Power AppsからTeamsへAdaptive Cardsを直接投稿できる
メリット: 「送信」のアクションが複数回発火するので、サーベイを全員に個別に送らなくてもよい
ただいHTTPアクションを利用するのでライセンス注意
https://powerusers.microsoft.com/t5/Community-App-Samples/Posting-Adaptive-Card-to-Teams-User-
from-Power-Apps/td-p/571127
Azure FunctionsでSDKを利用すると、自前のTemplating APIをつくることができる
ほんの数行書くくらい。データと構造の分離ができてとてもよい
https://mofumofupower.hatenablog.com/entry/2020/06/23/235008

More Related Content

What's hot

B07_業務の自動化を多角的に実現する Power Automate の世界 [Microsoft Japan Digital Days]
B07_業務の自動化を多角的に実現する Power Automate の世界 [Microsoft Japan Digital Days]B07_業務の自動化を多角的に実現する Power Automate の世界 [Microsoft Japan Digital Days]
B07_業務の自動化を多角的に実現する Power Automate の世界 [Microsoft Japan Digital Days]日本マイクロソフト株式会社
 
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチYoshiki Hayama
 
Flutter移行の苦労と、乗り越えた先に得られたもの
Flutter移行の苦労と、乗り越えた先に得られたものFlutter移行の苦労と、乗り越えた先に得られたもの
Flutter移行の苦労と、乗り越えた先に得られたものRecruit Lifestyle Co., Ltd.
 
ユーザーストーリーの分割
ユーザーストーリーの分割ユーザーストーリーの分割
ユーザーストーリーの分割Arata Fujimura
 
チャットコミュニケーションの問題と心理的安全性の課題 #EOF2019
チャットコミュニケーションの問題と心理的安全性の課題 #EOF2019チャットコミュニケーションの問題と心理的安全性の課題 #EOF2019
チャットコミュニケーションの問題と心理的安全性の課題 #EOF2019Tokoroten Nakayama
 
強力なグラフィック機能を備えた組版処理システムTwightの開発
強力なグラフィック機能を備えた組版処理システムTwightの開発強力なグラフィック機能を備えた組版処理システムTwightの開発
強力なグラフィック機能を備えた組版処理システムTwightの開発WadaYuto
 
ログの書き方がチームの生産性を爆上げする話
ログの書き方がチームの生産性を爆上げする話ログの書き方がチームの生産性を爆上げする話
ログの書き方がチームの生産性を爆上げする話Tsuyoshi Ushio
 
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるなテスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるなKentaro Matsui
 
なぜ、いま リレーショナルモデルなのか(理論から学ぶデータベース実践入門読書会スペシャル)
なぜ、いま リレーショナルモデルなのか(理論から学ぶデータベース実践入門読書会スペシャル)なぜ、いま リレーショナルモデルなのか(理論から学ぶデータベース実践入門読書会スペシャル)
なぜ、いま リレーショナルモデルなのか(理論から学ぶデータベース実践入門読書会スペシャル)Mikiya Okuno
 
Azure API Management 俺的マニュアル
Azure API Management 俺的マニュアルAzure API Management 俺的マニュアル
Azure API Management 俺的マニュアル貴志 上坂
 
IDaaS を正しく活用するための認証基盤設計 ~Azure Active Directory の構成パターン詳細~
IDaaS を正しく活用するための認証基盤設計 ~Azure Active Directory の構成パターン詳細~IDaaS を正しく活用するための認証基盤設計 ~Azure Active Directory の構成パターン詳細~
IDaaS を正しく活用するための認証基盤設計 ~Azure Active Directory の構成パターン詳細~Trainocate Japan, Ltd.
 
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込むYoshiki Hayama
 
これからはじめる Power Platform
これからはじめる Power Platformこれからはじめる Power Platform
これからはじめる Power PlatformRie Okuda
 
Microsoft License の基本
Microsoft License  の基本Microsoft License  の基本
Microsoft License の基本祥子 松山
 
他社製品と比較した際のAuth0のいいところ
他社製品と比較した際のAuth0のいいところ他社製品と比較した際のAuth0のいいところ
他社製品と比較した際のAuth0のいいところSatoshi Takayanagi
 
Power Appsのギャラリーを使いこなそう
Power Appsのギャラリーを使いこなそうPower Appsのギャラリーを使いこなそう
Power Appsのギャラリーを使いこなそうkorune ☆
 
C#でもメタプログラミングがしたい!!
C#でもメタプログラミングがしたい!!C#でもメタプログラミングがしたい!!
C#でもメタプログラミングがしたい!!TATSUYA HAYAMIZU
 

What's hot (20)

B07_業務の自動化を多角的に実現する Power Automate の世界 [Microsoft Japan Digital Days]
B07_業務の自動化を多角的に実現する Power Automate の世界 [Microsoft Japan Digital Days]B07_業務の自動化を多角的に実現する Power Automate の世界 [Microsoft Japan Digital Days]
B07_業務の自動化を多角的に実現する Power Automate の世界 [Microsoft Japan Digital Days]
 
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
 
Flutter移行の苦労と、乗り越えた先に得られたもの
Flutter移行の苦労と、乗り越えた先に得られたものFlutter移行の苦労と、乗り越えた先に得られたもの
Flutter移行の苦労と、乗り越えた先に得られたもの
 
Infrastructure as Code (IaC) 談義 2022
Infrastructure as Code (IaC) 談義 2022Infrastructure as Code (IaC) 談義 2022
Infrastructure as Code (IaC) 談義 2022
 
分散トレーシング技術について(Open tracingやjaeger)
分散トレーシング技術について(Open tracingやjaeger)分散トレーシング技術について(Open tracingやjaeger)
分散トレーシング技術について(Open tracingやjaeger)
 
ユーザーストーリーの分割
ユーザーストーリーの分割ユーザーストーリーの分割
ユーザーストーリーの分割
 
チャットコミュニケーションの問題と心理的安全性の課題 #EOF2019
チャットコミュニケーションの問題と心理的安全性の課題 #EOF2019チャットコミュニケーションの問題と心理的安全性の課題 #EOF2019
チャットコミュニケーションの問題と心理的安全性の課題 #EOF2019
 
強力なグラフィック機能を備えた組版処理システムTwightの開発
強力なグラフィック機能を備えた組版処理システムTwightの開発強力なグラフィック機能を備えた組版処理システムTwightの開発
強力なグラフィック機能を備えた組版処理システムTwightの開発
 
ログの書き方がチームの生産性を爆上げする話
ログの書き方がチームの生産性を爆上げする話ログの書き方がチームの生産性を爆上げする話
ログの書き方がチームの生産性を爆上げする話
 
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるなテスト文字列に「うんこ」と入れるな
テスト文字列に「うんこ」と入れるな
 
なぜ、いま リレーショナルモデルなのか(理論から学ぶデータベース実践入門読書会スペシャル)
なぜ、いま リレーショナルモデルなのか(理論から学ぶデータベース実践入門読書会スペシャル)なぜ、いま リレーショナルモデルなのか(理論から学ぶデータベース実践入門読書会スペシャル)
なぜ、いま リレーショナルモデルなのか(理論から学ぶデータベース実践入門読書会スペシャル)
 
Azure API Management 俺的マニュアル
Azure API Management 俺的マニュアルAzure API Management 俺的マニュアル
Azure API Management 俺的マニュアル
 
IDaaS を正しく活用するための認証基盤設計 ~Azure Active Directory の構成パターン詳細~
IDaaS を正しく活用するための認証基盤設計 ~Azure Active Directory の構成パターン詳細~IDaaS を正しく活用するための認証基盤設計 ~Azure Active Directory の構成パターン詳細~
IDaaS を正しく活用するための認証基盤設計 ~Azure Active Directory の構成パターン詳細~
 
Amazon SageMaker で始める機械学習
Amazon SageMaker で始める機械学習Amazon SageMaker で始める機械学習
Amazon SageMaker で始める機械学習
 
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
 
これからはじめる Power Platform
これからはじめる Power Platformこれからはじめる Power Platform
これからはじめる Power Platform
 
Microsoft License の基本
Microsoft License  の基本Microsoft License  の基本
Microsoft License の基本
 
他社製品と比較した際のAuth0のいいところ
他社製品と比較した際のAuth0のいいところ他社製品と比較した際のAuth0のいいところ
他社製品と比較した際のAuth0のいいところ
 
Power Appsのギャラリーを使いこなそう
Power Appsのギャラリーを使いこなそうPower Appsのギャラリーを使いこなそう
Power Appsのギャラリーを使いこなそう
 
C#でもメタプログラミングがしたい!!
C#でもメタプログラミングがしたい!!C#でもメタプログラミングがしたい!!
C#でもメタプログラミングがしたい!!
 

More from Nagao Hiroaki

Power Appsで Excel関数を利用する3つの方法
Power Appsで Excel関数を利用する3つの方法Power Appsで Excel関数を利用する3つの方法
Power Appsで Excel関数を利用する3つの方法Nagao Hiroaki
 
LogicFlow-ja online #3 登壇資料
LogicFlow-ja online #3 登壇資料LogicFlow-ja online #3 登壇資料
LogicFlow-ja online #3 登壇資料Nagao Hiroaki
 
Power Apps + Power Automate = Baby monitor
Power Apps + Power Automate = Baby monitorPower Apps + Power Automate = Baby monitor
Power Apps + Power Automate = Baby monitorNagao Hiroaki
 
Power platform Day Winter 19 -PowerApps
Power platform Day Winter 19 -PowerAppsPower platform Day Winter 19 -PowerApps
Power platform Day Winter 19 -PowerAppsNagao Hiroaki
 
PowerApps JSONの使い道
PowerApps JSONの使い道PowerApps JSONの使い道
PowerApps JSONの使い道Nagao Hiroaki
 
Components in powerapps
Components in powerappsComponents in powerapps
Components in powerappsNagao Hiroaki
 

More from Nagao Hiroaki (7)

Component勉強会
Component勉強会Component勉強会
Component勉強会
 
Power Appsで Excel関数を利用する3つの方法
Power Appsで Excel関数を利用する3つの方法Power Appsで Excel関数を利用する3つの方法
Power Appsで Excel関数を利用する3つの方法
 
LogicFlow-ja online #3 登壇資料
LogicFlow-ja online #3 登壇資料LogicFlow-ja online #3 登壇資料
LogicFlow-ja online #3 登壇資料
 
Power Apps + Power Automate = Baby monitor
Power Apps + Power Automate = Baby monitorPower Apps + Power Automate = Baby monitor
Power Apps + Power Automate = Baby monitor
 
Power platform Day Winter 19 -PowerApps
Power platform Day Winter 19 -PowerAppsPower platform Day Winter 19 -PowerApps
Power platform Day Winter 19 -PowerApps
 
PowerApps JSONの使い道
PowerApps JSONの使い道PowerApps JSONの使い道
PowerApps JSONの使い道
 
Components in powerapps
Components in powerappsComponents in powerapps
Components in powerapps
 

Recently uploaded

情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイントonozaty
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用KLab Inc. / Tech
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperleger Tokyo Meetup
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdkokinagano2
 
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfTakayuki Nakayama
 
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルLoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルCRI Japan, Inc.
 
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルCRI Japan, Inc.
 

Recently uploaded (8)

情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
 
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
 
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルLoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
 
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
 

Adaptive Cardsへの招待