Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ディープラーニングと人工知能 今週の事例 Top 5 (2017 年 10 月 20 日)

853 views

Published on

ディープラーニングは、人工知能 (AI) 分野の中でも最も急激な成長を遂げています。 イノベーションを加速させるディープラーニングと AI について、今週の事例 Top 5 をまとめました。

1. ガートナー、2018 年の戦略的テクノロジ トレンドのトップ 10 を発表
2. Oracle、クラウド インフラストラクチャ製品群に GPU アクセラレーテッド コンピューティングを投入
3. GPU を利用するチームがノーベル化学賞とノーベル物理学賞を受賞
4. MIT、ディープラーニングを活用して ICU での意思決定を支援
5. ポートフォリオ管理企業、AI を活用して「アルファ」を追い求める

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

ディープラーニングと人工知能 今週の事例 Top 5 (2017 年 10 月 20 日)

  1. 1. 毎週、新しいコンピューティング モデルにおける知見を共有 ディープラーニング Top 5
  2. 2. ディープラーニングは、 人工知能 (AI) 分野の中でも 最も急激な成長を遂げている
  3. 3. AI テクノロジの進化に伴い、 ディープラーニングを導入して ビジネスを加速させる企業が増えている
  4. 4. TOP 5 1. ガートナー、2018 年の戦略的テクノロジ トレンドのトップ 10 を発表 2. Oracle、クラウド インフラストラクチャ製品群に GPU アクセラレーテッド コンピューティングを投入 3. GPU を利用するチームがノーベル化学賞とノーベル物理学賞を受賞 4. MIT、ディープラーニングを活用して ICU での意思決定を支援 5. ポートフォリオ管理企業、AI を活用して「アルファ」を追い求める
  5. 5. ガートナー、2018 年の戦略的テクノロジ トレンドのトップ 10 を発表 ガートナーは、今週開催されたイベント「Gartner Symposium 2017」にて、 注目の戦略的テクノロジのトレンドと予測を発表しました。 「上位 3 つの戦略的テクノロジを見ると、今後 5 年間にわたって AI と機械学習が、ほぼあらゆるものに浸透していくこと、そして テクノロジ プロバイダーにとって主要な競争分野となることが 読み取れます。 • AI の基礎: 学習し、適応し、自律的に行動できるシステムの 構築が進む • インテリジェントなアプリと分析: ほぼあらゆるアプリケーションや サービスが一定レベルの AI を搭載するようになる • インテリジェントなモノ: 固定的なプログラミング モデルの実行 以上のことを実行し、AI を活用し、より自然に周囲の環境や 人とやり取りする物理的なモノが進化する」 1 出典: https://www.gartner.com/newsroom/id/3812063 (英語) 記事を読む (英語)
  6. 6. ORACLE、クラウド インフラストラクチャ製品群に GPU アクセラレーテッド コンピューティングを投入 Oracle は、今週開催されたイベント「Oracle OpenWorld」にて、 同社のパブリック クラウドで NVIDIA の P100 GPU インスタンスの 提供を開始したことを発表しました。近いうちに、より高性能な V100 GPU も追加される予定です。 「Oracle では初めて GPU アクセラレーションをサービスとして 提供することになります。その背景には、業界全体が、 人工知能や機械学習に最適化されたクラウド ハードウェア へのアクセスを提供するようにシフトしているという現状が あります。 新たに提供されるインスタンス「X7」は、ゲノミクス解析や 物理シミュレーションなどの従来の HPC アプリケーションにも 利用できますが、Oracle はこれらの GPU アクセラレーテッド サーバーの大きなビジネス チャンスは AI 分野にこそあると 考えています」 2 出典: https://www.top500.org/news/oracle-jumpstarts-gpu-computing-cloud-business/ (英語) 記事を読む (英語)
  7. 7. GPU を利用するチームがノーベル化学賞とノーベル物理学賞を受賞 ご支援していた研究者がノーベル賞を受賞されるような機会は、 滅多にあるものではありません。ところが GPU コンピューティングの 分野では、今週のうちになんと 2 回も、そのチャンスが巡ってきたのです。 「火曜、国際的な化学研究チームのジャック・ドゥボシェ氏、 ヨアヒム・フランク氏、リチャード・ヘンダーソン氏が、クライオ電子 顕微鏡開発の功績で化学賞を受賞しました。この顕微鏡では、 細胞の内部活動を促進するタンパク質の構造を詳細に観察する ことができます。 月曜には、3 人の米国人物理学者、レイナー・ワイス氏、 バリー・バリッシュ氏、キップ・ソーン氏が、科学分野の中で最も 栄誉ある賞を受賞しました。アインシュタインが 1 世紀も前に 予測していた現象である重力波の観測に成功した功績が 認められ、今回の受賞に至りました」 3 出典: https://blogs.nvidia.com/blog/2017/10/04/nobel-physics-chemistry-gpu/ (英語) 記事を読む (英語)
  8. 8. MIT、ディープラーニングを活用して ICU での意思決定を支援 ハリニ・スレシュ氏は、謎の多い唐辛子アレルギーを 目の当たりにしなければ、集中治療室での患者の治療を 改善する方法を見つけることはなかったでしょう。 「ICU は高度な治療が求められ、ときにはリスクも 伴うような厳しい現場であり、医師がそれぞれの 患者に対応する時間は非常に限られています。 医師は多くのデータ ソースやさまざまな種類の データを扱っていますが、使用するコンピューティング ツールしだいで、その状況を大幅に改善できます」 4 出典: https://blogs.nvidia.com/blog/2017/10/02/the-ai-will-icu-now-deep-learning-helps-guide-decisions-in-intensive-care/ (英語) 記事を読む (英語)
  9. 9. ポートフォリオ管理企業、AI を活用して「アルファ」を追い求める 市場を制するのは、だれもが知っているように、大変なことです。 ポートフォリオを管理するプロフェッショナルの大半は、手数料を 差し引いたうえで資産運用を行うわけではありません。積極的 にポートフォリオ管理を実施する企業は、常に勝利への重圧に さらされており、その手段として AI が活用されるケースが増えて います。 「かつてヘッジ ファンドは、小売店の駐車場にスタッフを送り、 止められている車の数を数えていたものです。台数が多いほど 売上も上げているだろうという単純な考えからでした。 しかし、今はディープラーニングの時代です。人工衛星や ドローンから大量のデータを取得して、ほぼリアルタイムに 車両や船舶の位置を正確に把握できます」 5 出典: https://blogs.nvidia.com/blog/2017/10/03/quant-investing-with-ai/ (英語) 記事を読む (英語)
  10. 10. NVIDIA が GTC CHINA で AI イノベーションのトップ 5 を発表 GTC CHINA のハイライト (英語) 「NVIDIA が目指すのは、世界中のあらゆる研究者が人類のために AI を 有効活用できるようにご支援することです。当社は、新たなる人工知能の時代、 自律型マシンの時代に投資するべく、その根幹となる柱を打ち立てました」 – NVIDIA CEO、ジェンスン・フアン

×