マルチプラットフォーム開発導入 Tomoya KUBO 2010/08/29
自己紹介 <ul><li>名前:久保 知弥
所属: </li><ul><li>ふつうのサラリーマン
学生間コンテンツネットワーク副理事長 </li></ul><li>Twitter: @_ktomoya
はてなID: ktomoya
普段やってること </li><ul><li>Linuxのコンパイル
Gentoo LinuxやGentoo / MacOSX(予定)な普通の生活
Dvorak配列 </li></ul></ul>
マルチプラットフォーム開発とは <ul><li>様々なOS(オペレーティングシステム)に対応したソフトウェアの開発を行うことです。
OSには、 </li><ul><li>Linux : ごく一部の人 が使っている
Mac: 一部の人 が使っている
Windows: ほとんどの人が使っている
他 </li></ul><li>などがあります。 </li></ul>
デモ1
デモ2
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

マルチプラットフォーム開発導入

1,440 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

マルチプラットフォーム開発導入

  1. 1. マルチプラットフォーム開発導入 Tomoya KUBO 2010/08/29
  2. 2. 自己紹介 <ul><li>名前:久保 知弥
  3. 3. 所属: </li><ul><li>ふつうのサラリーマン
  4. 4. 学生間コンテンツネットワーク副理事長 </li></ul><li>Twitter: @_ktomoya
  5. 5. はてなID: ktomoya
  6. 6. 普段やってること </li><ul><li>Linuxのコンパイル
  7. 7. Gentoo LinuxやGentoo / MacOSX(予定)な普通の生活
  8. 8. Dvorak配列 </li></ul></ul>
  9. 9. マルチプラットフォーム開発とは <ul><li>様々なOS(オペレーティングシステム)に対応したソフトウェアの開発を行うことです。
  10. 10. OSには、 </li><ul><li>Linux : ごく一部の人 が使っている
  11. 11. Mac: 一部の人 が使っている
  12. 12. Windows: ほとんどの人が使っている
  13. 13. 他 </li></ul><li>などがあります。 </li></ul>
  14. 14. デモ1
  15. 15. デモ2
  16. 16. なにがうれしいの? PC 使ってるほぼ 100% の人が使える ソフトウェアになりますよ!!
  17. 17. なにをしたのか? <ul><li>Irrlicht というグラフィックライブラリを使って、 Mac と Linux で 同じソフトウェア を動作させました </li></ul>
  18. 18. でも、難しいんでしょう? <ul>えぇ、まぁ w </ul>
  19. 19. 勉強しないといけない知識はいろいろ <ul><li>対応したいOSの使い方
  20. 20. 対応したいOSの開発環境の構築
  21. 21. 文字コード
  22. 22. 設計指向
  23. 23. プログラミング言語
  24. 24. 各プラットフォームの糞っぷりに苦しむ?? </li></ul>
  25. 25. とは言っても <ul><li>最近は、 マルチプラットフォームに対応したライブラリ と
  26. 26. ある程度知識 があれば、開発できますよ!!! </li></ul>
  27. 27. 附則:構造のイメージ図
  28. 28. 附則:ライブラリの紹介 <ul><li>グラフィックライブラリ: Irrlicht </li><ul><li>URL:http://irrlicht.sourceforge.net/ </li></ul><li>サウンドライブラリ:IrrKlang </li><ul><li>URL:http://www.ambiera.com/irrklang/ </li></ul><li>GUIツールキット: QT </li><ul><li>URL:http://www.sra.co.jp/qt/
  29. 29. 他にもいろいろあります!! </li></ul></ul>
  30. 30. まとめ ソフトウェア開発をしてみて、 知識をいろいろつけたら、 マルチプラットフォーム のことも思い出してください
  31. 31. まとめ PC 使ってるほぼ 100% の人が使える ソフトウェアになりますよ!!
  32. 32. Thank you!!! つづきは、 Web で と、懇親会で

×