Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Host Card Emulation

2,111 views

Published on

Presentation (in Japanese) by Koichi Tagawa, NFC Forum Chairman, at the 5th NFC Forum Japan Task Force Meeting.

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Host Card Emulation

  1. 1. Host Card Emulation が創り出す新たな可能性 Chairman, NFC Forum 田川晃一 NFC Forumジャパンミーティング, 2014/07/18
  2. 2. 2 主なアップデート
  3. 3. 主なアップデート  認定プログラム: – RFアナログ向けのテストラボを3つ承認 – 2015/01より、認定プログラムはRFアナログを含むようになる  技術規格: – IATAのバーコード搭乗券向けのNDEF Wrapper開発に着手 – EMV CoとのRFアナログのギャップ分析に向けて、 実務レベルの調整を開始  アナウンス: – BT SIGと開発者向けのガイドラインをアップデート、 Bluetooth Smart Technology(BTLE)への拡張 3
  4. 4. リエゾンの深まり 4 携帯端末の NFC規格で協力 ペアリングの互換性強化で協力 • アプリケーションドキュメントの改訂 • BT:共同Plugfestの開催 • WFA:認定への取り込み NFC Reference Guide for Air Travel • 搭乗券の規格化作業開始 • エアライン各社にてトライアル試行中 NFCとISO/IEC14443の ギャップ分析で協力
  5. 5. メンバ企業 2014/07 SPONSOR MEMBERS PRINCIPAL MEMBERS 5
  6. 6. メンバ企業 2014/07 ASSOCIATE MEMBERS 6
  7. 7. メンバ企業 2014/07 IMPLEMENTER MEMBERS NON-PROFIT MEMBERS 7
  8. 8. 8 HCEはNFCの3つ目の鍵 *HCE: Host Card Emulation
  9. 9. 世界各地で始まっているHCE導入 9
  10. 10. HCE in Action: BBVA Wallet • スペイン第2位の銀行 • 20万人の顧客 • Visa仕様に基づいたHCE • アメリカ・メキシコ・チリにて今年の後半に導入予定 10
  11. 11. HCE in Action: PrePay Solutions • 欧州でのプリペイドサービス業界1位 • プリペイドユーザ向けモバイルペイメントにて、 Proxamaとのパートナーシップを発表 • HCEを用いたモバイルペイメントにポイントなどの マーケティング機能を付加 • 金融・小売り・ブランドなどにサービス提供 11
  12. 12. HCE in Action: Sberbank • ロシア最大の銀行で、欧州第3位の規模 • 1億人に顧客あり • モバイルペイメントのパイロットをモスクワにて導入中 • 今年後半よりHCEを導入予定 12
  13. 13. HCE in Action: DCR Strategies • カナダを本拠地とする、 ポイント・プリペイドのサービスプロバイダ • 約30のグローバルな地域にてオペレーション中 • 2014/4にTruCash NFC Mobile Walletを立上げ • モバイルペイメントおよびギフト • 複数のポイントカードを統合可能 13
  14. 14. HCE in Action: CUA • CUAはオーストラリア最大の信用金庫 • 40万人以上の顧客・60の支店・3,400のATMを保有 • アジア・太平洋地域における、 HCEによるモバイルペイメント立上げの最初の銀行 • CuscalのHCE Android Appを活用、Visa payWaveをサポート • HCEの採用はセキュリティおよびコスト効率より • Cuscalによると、8-10のプロジェクトが来月ロールアウトする予定 14
  15. 15. HCEの何が画期的なのか? 1. オープン化 – エコシステムの単純化を実現 – カードエミュレーション(CE)機能を公開したこと – これにより、誰でもAndroidアプリを開発することが可能になった *従来は決済アプリなどを考慮してCEのAPIは非公開だった。 2. グローバル化 – スケーラビリティによる規模の経済を追及していること – 同一の製品モデルで全世界をカバーすることが可能に、地域依存なし 3. セキュリティの自由度向上 – セキュリティの強度を複数の組合せで提供可能になったこと – エミュレートされたカードの常時オンライン接続を有効活用して、 トークン(サーバ)・TEEでも、セキュアアプリが実現可能に – 決済業界がサポートを表明済み 15
  16. 16. HCEはNFCの3つ目の鍵 16
  17. 17. NFC Forumにとっても 新たなチャレンジであるHCE  3/20にNFC Forum Statement Regarding Host Card Emulationを発表 – NFCを広げる新技術として歓迎する基本姿勢を表明  現在のNFC Forumの技術規格は、 RWモード・P2Pモードを主な対象としている  Card Emulation(CE)モードは、 決済や交通乗車券などセキュリティロジックが 一体になったケースが多かったため、規格化が困難だった  HCEは実装方法の進歩であり、業界の要請でもあり、 NFC全体の互換性のためにも、NFC Forumによる CEモード(NFCタグ含む)への取組みが必要だろう 17
  18. 18. 18 東京総会
  19. 19. 10月に東京総会を開催します。 19 場所:ホテル日航東京(お台場) 日程:2014/10/6~10 • 2年ぶりに日本で総会を実施 • Plugfest(接続検証テスト)を9/29の週に開催予定 • アプリケーションコンテストの授賞式を企画中
  20. 20. 東京総会に向けた、 SNSでの発信を始めました。 専用Blog http://nfc-forumjapantf2014.blogspot.jp/2014/07/nfcmobile.html Facebook https://www.facebook.com/NFCForumJTF2014 Twitter @NFCForumJTF2014 ぜひ、各ページの確認、並びに「いいね!」・シェア・RTの程、 どうぞよろしくお願い致します。 20
  21. 21. NFC Forumに参加しませんか? 21 • 我々は、2012年11月よりNFC Forumに参加(Associate)、翌年には、その資 格をPrincipalにupgradeし、現在幾つかのWG/TFで活動しています。 • 参加当初は、どのように活動すべきかわからず、ForumのWebsiteで活動の概要を何 とか知ろうと努めましたが、内容が全て英語ということもあり、中々理解が深まりませんで した。しかし、幸いにも2013年1月にJapanミーティングのキックオフミーティングが開催さ れ、そこで初めてメンバー企業の方々とお会いして、情報のチャネルが広がりました。その 後、WGやTFの活動にも積極的に参加するようになり、今年3月からはメンバーミーティ ングにも参加しています。 • 初めて参加したメンバーミーティングでは、100名以上の参加者に圧倒されましたが、 (WGやTFで)名前だけしか知らない海外のメンバーにも会い、彼らとのその後のコミュ ニケーションが円滑になる、と言う効果が有りました。ただ、張り切って参加したメンバー ミーティングですが、セッションがパラレルに開催されており、情報収集は期待通りには行 きませんでした。 • それを補う意味でも、Japanミーティングは有効で大変助かっています。今年10月は、 東京でメンバーミーティングが開催されます。我々のホームで開催される会議なので、こ の機会を有効に活用することをお勧めします。 ラピスセミコンダクタ 林さまより

×