Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Tips and tricks for Azure IoT system development

29 views

Published on

Developing Azure Edge devices requires not only knowledge of devices and protocols, but also the various SDKs and tools that Azure provides. In this session, I will introduce small techniques such as IoT-Edge, IoT-SDK, and VS Code that make it easy to develop IoT Edge-side systems based on Raspberry Pi-based Azure IoT EnOceran gateway development examples.

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Tips and tricks for Azure IoT system development

  1. 1. 2020年2月7日 株式会社デバイスドライバーズ 日高亜友 IoT ALGYAN 勉強会
  2. 2. IoT ALGYAN 運営委員 受託等100個ぐらい 受託等100個ぐらい ブートローダー+ドライバー開発=OS移植 ファームウェア開発を含む 多数
  3. 3. 本セッションは 12月5日・6日 東京 1月23日・24日 大阪 開催 Microsoft Ignite The Tour の内容を一部改変して お伝えします
  4. 4. 本セッションの位置 づけ Azure IoT 2019年11月第1週1538 sessions
  5. 5. Microsoft Azure IoT 対応 EnOcean Gateway 開発時の 10個のヒント ハードウェア ソフトウェア EnOcean は太陽電池等で動作する 省エネ 中距離 IoT 無線通信方式 EnOcean IoT センサーの例 約70種市販 中
  6. 6. ゲートウェイ構成機 材 PC or Raspberry Pi USB dongle or RPi Hat
  7. 7. DPRIDE (受信) Linux (Raspbian) Gateway Server Custom OPC UA Server Open62541 Bridge File Simulated Device Azure IoT-Edge V1 Control File EEP File ETK SKKYNET ETK Simulated Device Azure IoT-Edge V2 データ数値をファイル 内に記して受け渡し - 容易な排他制御 - 容易なコンテナ対応 [ Container ] Controler GUI node.js
  8. 8. ヒントとコツ
  9. 9. Hint-1 ハードウェア は Raspberry Pi で十分 がデファクト Raspberry Pi • IoT に特別なハードウェアは原則不要 新規開発(調達)時には注意! 5年前
  10. 10. Hint-2 IoT 無線通信方式 • EnOcean Chip Microsoft Munich H.Q.
  11. 11. Hint-3 デバイス – Azure 間の接続 • 方法3:Azure IoT Edge V1 • Azure IoT Edge V1 Simulated Device Sample
  12. 12. Hint-4 データ(テレメトリー) をどう Broker に 渡す? 複数 Broker と受け渡し • 方法4:テキストファイル渡し
  13. 13. Hint-5 クロス・プログラム開発 • 方法2: VS Code + SSH FS
  14. 14. Hint-6 データのモニター • Device Explorer (Windows用) 簡単、使い易い
  15. 15. 課題 Device ID のメンテナンス
  16. 16. Hint-7 Device ID のメンテナンス(素晴らしい もの)• IoTHub-Explorer に変わるものを作りました http://www.devdrv.co.jp/hidaka/node/68 https://github.com/ahidaka/azure-iot-sdk-c https://github.com/ahidaka/azure-iot-sdk-c/tree/ registrymanager_sample/iothub_service_client/ samples/iothub_registrymanager_sample
  17. 17. Hint-8 スクリプトは sh + awk + sed を検討 せよ sh + awk + sed + 独自のテキスト編集Cプログラム で十分 • さらにHint! awk は JSON 編集加工がライブラリ不要で結構簡 単! https://github.com/ahidaka/EnOceanGateways/tree/master/AzureIoTSupport
  18. 18. Hint-9 GUI Web サーバーは どれを選ぶか? Node.js を選択 –取りあえず直ぐ使える、簡単! • 参考:これから検討なら .NET Core 3.x + ASP.NET + Blazor もあるかも… • デバッグし難い! • パッケージ管理とアップデートが面倒!
  19. 19. Hint-10 Headless Linux Gateway のアドレスを 探す• linux-igd (Linux uPnP Gateway Service) 緊急ログイン用に利用可能 ネットワーク
  20. 20. “IoT は 枯れている技術の組み合わせ で”
  21. 21. ありがとうございました。

×