Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

マルチモーダル情報による自動ソーシャルスキルトレーナの開発

12,952 views

Published on

SST普及協会第20回学術集会 ベストプレゼンテーション賞受賞

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

マルチモーダル情報による自動ソーシャルスキルトレーナの開発

  1. 1. 2015@Hiroki Tanaka, AHC-Lab, IS, NAIST 田中 宏季、サクリアニ サクティ、グラム ニュービッグ、根來 秀樹、 岩坂 英巳、中村 哲 奈良先端科学技術大学院大学・知能コミュニケーション研究室 奈良教育大学・特別支援教育研究センター /14 SST普及協会 第20回 学術集会2015-11 マルチモーダル情報による 自動ソーシャルスキルトレーナの開発 1
  2. 2. /14 2015@Hiroki Tanaka, AHC-Lab, IS, NAIST マルチモーダル情報による自動ソーシャルスキルトレーナの開発 社会的コミュニケーションの困難と一方で、高いコンピュータの スキル [Schuller et al., 2014] 感情認識のトレーニング [Golan et al., 2006] 面接のトレーニング [Hoque, 2013] 本研究では、人間が行うソーシャルスキルトレーニングの枠組み (基本訓練モデル:ステップ方式)を参考 コンピュータを用いたSST 2感情認識トレーニング 面接トレーニング
  3. 3. /14 2015@Hiroki Tanaka, AHC-Lab, IS, NAIST マルチモーダル情報による自動ソーシャルスキルトレーナの開発 いつでも、どこでも使える自動SST 得意なコンピュータのスキルを利用 SSTの基本訓練モデルを参考 3 自動ソーシャルスキルトレーナ[Tanaka, et al., 2015]
  4. 4. /14 2015@Hiroki Tanaka, AHC-Lab, IS, NAIST マルチモーダル情報による自動ソーシャルスキルトレーナの開発 課題の設定:話を伝えるスキル、他のス キルの土台 [Liberman et al., 1990] モデリング:上手な見本の動画視聴 ロールプレイ:アバターに「最近あった 楽しかった出来事」を1分間で伝える& 発話中の音声言語情報の抽出 フィードバック:抽出した特徴から視覚 的に提示、励ますコメントを生成 宿題:他人に話を伝える 4 自動SSTと基本訓練モデルの関係 [Bellack, A. S. 2004]
  5. 5. /14 2015@Hiroki Tanaka, AHC-Lab, IS, NAIST マルチモーダル情報による自動ソーシャルスキルトレーナの開発 5 自動SSTの紹介動画
  6. 6. /14 2015@Hiroki Tanaka, AHC-Lab, IS, NAIST マルチモーダル情報による自動ソーシャルスキルトレーナの開発 6 システムを使用 (n=9) 本を読む (n=9) モデリングのみ (n=10) 自動SSTのトレーニング効果 [Tanaka, et al., 2015]
  7. 7. /14 2015@Hiroki Tanaka, AHC-Lab, IS, NAIST マルチモーダル情報による自動ソーシャルスキルトレーナの開発 これまでの自動SSTでは音声および言語情報のみ利用 人間のSSTでは、トレーナは視覚情報も含めてフィードバック [Liberman et al., 1990] 自動SSTに、画像情報のフィードバックを拡張 本発表の貢献 7
  8. 8. /14 2015@Hiroki Tanaka, AHC-Lab, IS, NAIST マルチモーダル情報による自動ソーシャルスキルトレーナの開発 課題の設定:話を伝えるスキル、他のス キルの土台 モデリング:上手な見本の動画視聴 ロールプレイ:アバターに「最近あった 楽しかった出来事」を1分間で伝える& 発話中の画像情報の抽出 フィードバック:抽出した特徴から視覚 的に提示、励ますコメントを生成 宿題:他人に話を伝える 8 拡張点
  9. 9. /14 2015@Hiroki Tanaka, AHC-Lab, IS, NAIST マルチモーダル情報による自動ソーシャルスキルトレーナの開発 9 ロールプレイ
  10. 10. /14 2015@Hiroki Tanaka, AHC-Lab, IS, NAIST マルチモーダル情報による自動ソーシャルスキルトレーナの開発 10 ロールプレイ後にフィードバックを提示 統計的に予測 したスコア 正のコメント 修正のコメント モデルとの比較 ユーザの動画 フィードバック
  11. 11. /14 2015@Hiroki Tanaka, AHC-Lab, IS, NAIST マルチモーダル情報による自動ソーシャルスキルトレーナの開発 11 目的 画像情報を伴った自動SSTにより話を伝えるスキルは向上するか 方法 18名の大学院生 2グループに分割 音声フィードバックのみ・画像を追加 50分のシステム使用 事前と事後で親しい人に話を伝える SSTトレーナ*が事前・事後の動画視聴 話を伝えるスキルについて7段階評価(1: 低、7: 高) 奈良先端科学技術大学院大学の倫理委員会の承認を受け実施 対象者には研究目的、方法、結果発表について文書で説明し、同意 実験的評価 *放課後等児童デイ事業所A
  12. 12. /14 2015@Hiroki Tanaka, AHC-Lab, IS, NAIST マルチモーダル情報による自動ソーシャルスキルトレーナの開発 12 音声のみフィードバックと画像情報を含めたフィードバックで 有意差 (p < .05) トレーニングの効果
  13. 13. /14 2015@Hiroki Tanaka, AHC-Lab, IS, NAIST マルチモーダル情報による自動ソーシャルスキルトレーナの開発 13 自動SSTを人間のSSTに近づけるため、画像情報を含めて拡張 実験により、トレーニングの有効性を確認 今後の予定 評価に有効な特徴の分析 各ステップの見直しと修正 人間のSSTトレーナの言動をシステムに反映 Webサービスとしてどこでも使えるように提供 まとめ
  14. 14. /14 2015@Hiroki Tanaka, AHC-Lab, IS, NAIST マルチモーダル情報による自動ソーシャルスキルトレーナの開発 デモンストレーション 14

×