Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

性別依存重回帰混合正規分布モデルに基づく差分スペクトル補正による歌声の知覚年齢制御法

1,207 views

Published on

歌手の声質を自在に操る技術として統計的手法に基づく歌声声質変換に関する研究をしています. 本研究発表では,主観的声質表現語である知覚年齢に着目し,より自然性の高い知覚年齢に基づく声質制御法を提案しました.

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

性別依存重回帰混合正規分布モデルに基づく差分スペクトル補正による歌声の知覚年齢制御法

  1. 1. 2014年 9月 日本音響学会 秋季研究発表会 音声B 3-7-4 性別依存重回帰混合正規分布モデルに基づく 差分スペクトル補正による 歌声の知覚年齢制御法 ☆小林 和弘,戸田 智基, 中野 倫靖*, 後藤 真孝* , Graham Neubig,Sakriani Sakti,中村 哲 2014©kazuhiro-k AHC-Lab, IS, NAIST 奈良先端大, *産総研
  2. 2. 魅力的に歌うためには DAISY BELL 韻律に対するスキル声質に対するスキル 音程を合わせる抑揚をつける声質を変える リズムを合わせる etc. 声質は歌手の身体的制約により制限 HARRY DACRE 真似て歌う Sept. 5, 2014 2014©kazuhiro-k AHC-Lab, IS, NAIST /13 2 より魅力的に歌いたい 歌手の身体的制約を超えた歌唱表現の実現 etc. 魅力的に歌うために必要なスキル
  3. 3. 身体的制約を超えた歌唱支援 統計的手法に基づく歌声声質変換 任意の入力歌手から任意の目標歌手への個人性変換 歌手の個人性を保持した知覚年齢に基づく声質制御 [Kobayashi et al., 2014] 過去現在未来 声質制御声質制御 低高 知覚年齢 Sept. 5, 2014 2014©kazuhiro-k AHC-Lab, IS, NAIST /13 3 [Doi et al., 2013] 様々な年代の歌手から知覚年齢変動成分を推定し特定歌手に適用 発表内容 知覚年齢制御範囲の拡大 変換歌声の自然性の向上
  4. 4. ౉ജ⹤⠪䈱ㆬᛯ 修正重回帰混合正規分布モデル(MR-GMM)に基づく ․ቯ౉ജ⹤⠪GMM ㆬᛯ䈘䉏䈢⹤⠪䈱䊌䊤䊧䊦䊂䊷䉺䉕↪䈇䈩GMM䉕ቇ⠌ 個人性を保持した知覚年齢制御 ੐೨෼㍳౉ജ⹤⠪ ㆡᔕ䊂䊷䉺 Ȝ(1) ⇣ c P ㆡᔕY (i) GMM䈱ቇ⠌ • ㆬᛯ䈘䉏䈢⹤⠪䈱䊌䊤䊧䊦䊂䊷䉺䉕↪䈇䈩GMM修正MR-GMM t ,Y (o) t |

×