Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

マイコンと機械学習を使って行動認識システムを作ろう

コンピュータやセンサの小型化が進み、生活の中へと多くのシステムが導入され、人々を支えています。システムでは、センサから人々の行動に関するデータが取得され、コンピュータがそのデータを分析しています。本実習では、マイコン(M5Stack)とセンサ(加速度、ジャイロなど)を用いて、「センシング→行動認識」の流れを体験してもらいます。どのような行動をどのような手法(機械学習など)により認識するかについてアイデアを出すところから始めていただき、実装するまでをチャレンジしていただきます。オンライン参加の場合、マイコンとして、M5Stack Grayを郵送しますので適宜オンラインで質問などを受け付けながら進めていく予定です。M5Stack Grayはセミナー終了後に大学へと返送いただきます。

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

マイコンと機械学習を使って行動認識システムを作ろう

  1. 1. 1 マイコンと機械学習を使って 行動認識システムを作ろう  流れ: – マイコンでセンサデータ取得→PCにデータ送信→PCで機械学習・行動認識  マイコン: – M5Stack Gray • 加速度,ジャイロ,磁気の9軸センサ • 320 x 240 カラーTFT LCD • Wi-Fi / Bluetooth通信  機械学習: – 決定木, Random Tree, SVM, k-NNなどなど  自由な発想に期待しています! マイコンを使ってセンサからデータを得て, 機械学習によって分析を行い, センサを身につけた人の行動を認識します. 認識結果を用いたアクチュエーションも 自由にアイデアを出してください! 0 10 20 30 歩行 0 50 100 走行

×