Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

スマホやAIカメラでARアプリを作ってみよう

ポケモンGOやSNOWのようにカメラで現実環境を認識して映像を加工したり合成したりするARアプリを作りましょう。スマホの場合はGoogleのARCoreという開発ツールを用いて、また、AIカメラの場合はM5StickVというAIカメラを用いて、ノートパソコンで開発を行います(★オンラインを希望される場合でも、必要な機材は貸し出しますのでご安心ください★)。1日目は基本的な開発手順について学び、サンプルプログラムの動作を確認したり、アイデア出しを行います。2日目は自身の興味やスキルに合わせて、インストラクタと相談しながら深層学習を用いた物体認識や顔認識、ジェスチャ入力などにチャレンジしたり、自由にシステムを改良していきます。3日目はシステムを完成させて、インストラクタや研究室メンバーの前でプレゼンをします。部屋にバーチャルの花瓶や家具を置いてみたり、顔の年齢を変えてみたり、認識した物体を音声で知らせてみたり、いろんなアプリを考えてみてください。

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

スマホやAIカメラでARアプリを作ってみよう

  1. 1. スマホやAIカメラで ARアプリを作ってみよう  ハードウェア(貸し出し): – Google Pixel 3a, M5StickV (iPhoneをお持ちの方はiPhoneでも可能)  ソフトウェア: – ゲームエンジン (Unity),AR用開発キット (ARCore, Vuforia Engine, ARKit), 画像処理 (OpenCV),機械学習 (Python + GPU + α) …(なんでもアリ!)  (ハードウェア) × (ソフトウェア) × (あなたのアイデア) = あたらしいAR体験! 【過去のテーマ例】 – マーカの位置に合わせたAR表示の変形 – ARシューティングゲーム

×