Agileな世界での学び
株式会社ソニックガーデン
もとつね さえき
最初に
むっちゃ緊張しています
• 初基調講演
• 初45分というロング講演
自己紹介
• もとつね さえき(元恒 冴基)
• 島根県出雲市出身
• 神奈川県川崎市在住
• 1993年7月12日生まれ(20歳)
• 株式会社ソニックガーデン
• ファーエンドテクノロジー株式会社(2010/11 2012/12)
• 山陰...
アジェンダ
• SonicGardenに入るまで
• SonicGardenの仕事を通した学び
に入るまで
ファーエンドテクノロジー株式会社
アジャイルサムライ読書会
倉貫さんとの出会い
連絡から入社まで
に入った理由
• 自分の技術力を磨きたかった
• Agileなんだか楽しそうだった
• 自由な社風に興味があった
• たまたま運が巡ってきた
のイメージ
・技術者集団 (ちょっと怪しい)
・めっちゃAgileやってる
・納品のない受託開発 ←
・Pivotal Tracker
・なんか外資系っぽくてかっこいい
Agile [ ædʒəl ]
(動きが)機敏な
僕の考えていたAgile
• ドキュメント作らない
• お客さんと対立しないような対策
• TDD
• イテレーションを回して開発
• カンバン、コードレビュー
でも実はAgileとは
おおよそ関係ない
仕事①
納品のない受託開発
「⽉月額定額」で⾦金金額の⾒見見積りはありません  
出来る範囲での「開発と運⽤用」がずっと続きます  
弁護⼠士や税理理⼠士のような「顧問」のようでもあり、  
まるで「優秀な社員」がいるようなものでもあります  
ただし「派遣」は⾏行行わず...
お客さんとのMTGに参加
雑談
前のイテレーションの成果を
見せる(ショーケース)
次のイテレーションで
開発するものを確認
開発
heroku_backup_taskを外部呼び出しに変更する
 ■ HBTのコードリーディング
  requireしてるlibを調べる
   ・heroku
     現在はheroku-api(http://rubydoc.info/g...
3つの違和感
お客さんと何事もなく
MTGしていた
やらない提案を
エンジニアが出す
一切Agileという言葉
が出ない
大きな勘違いを
していた
アジャイルソフトウェア
開発宣言
アジャイルソフトウェア開発宣言
!
私たちは、ソフトウェア開発の実践
あるいは実践を手助けをする活動を通じて、
よりよい開発方法を見つけだそうとしている。
この活動を通して、私たちは以下の価値に至った。
!
プロセスやツールよりも個人と対話を、...
お客さんと何事もなく
MTGしていた
価値観こそがアジャイルの本質なのでお客さんは
難しいAgile進め方やその他を覚えなくても価値観
に反していないかを考えるだけでよかった
やらない提案を
エンジニアが
ウォーターフォール型の開発の場合は使うかどうかわからない機
能もとりあえず盛り込んでしまうことがある。その方が開発会社
としては売上が上がるしお客さんとしてもなんとなく欲しい機
能を作ってもらえるから。ただし、アジ...
一切Agileという言葉
が出ない
学び
• Agileとは価値観
• ツールはあくまでも価値観に基づいて選ばれたもの
• ツールを使うことを目的にしてはいけない
一旦休憩…
仕事②
SonicGarden Study
株式会社SonicGarden が開催する、WEB上のIT勉強会です。
Ustreamで配信するため、参加者の所在地は一切関係ありま
せん。
世界中、どこからでも参加することができます。
SonicGardenのノウハウを公開!!
というのは実は表向き
の目的で実は…
真の目的
• もとつねの教育
• SonicGardenのプレゼンス向上
次のアクションが明確に
出せるようになった
もとつね知りたい SonicGardenらしさ
DevOps
Twilio
Devise
Agile
Pjax
CoffeeScript
KPTで改善
• Keep
• 良かったこと、継続して続けること
• Problem
• 問題点
• Try
• Kに出ている項目をもっと効率よくするにはどうしたらいいか
• Pの改善策
• もとつねが放送機材のオペレーションで話が聞けない
• 放送機材のオペレーションを他人に任せる
• 講師の話をまともに聞くことができ、相 を入れるこ
とができるようになったので視聴者も見やすい形に
• 講師の負担が大きかった
• 2人体制で負...
学び
• 2つ以上の目的を持つことができれば判断に困った
ときに大いに役立つ
• 目的を共有した上でKPTを行うことで
仕事③
新規事業
きっかけ
• 東京でベンチャー企業の人たちと交流して自分も
やってみたくなった
• 昔からやってみたい事業があったのでそれをプラ
イベートでやってみたくなった
• そのことを話したら会社でやってみないかという
提案
仕事を全部剥がされた
約1ヶ月家に閉じこもった
セルフマネジメント
学び
• 自分を律するのマジ難しい
• 新規事業の進め方なんて分からなかったんや!
• 乞うご期待。
まとめ
【お知らせ】ソニックガーデンの本が出ました!
一括請負、人月、デスマーチ…
すべての問題を解決する
納品のない受託開発
著者:倉貫義人
出版:日本実業出版社
Agileな世界での学び
Agileな世界での学び
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Agileな世界での学び

1,173 views

Published on

Agile Japan 2014 島根サテライトの基調講演でお話させていただいた際のスライドです。

2 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total views
1,173
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
708
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
2
Likes
5
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Agileな世界での学び

  1. 1. Agileな世界での学び 株式会社ソニックガーデン もとつね さえき
  2. 2. 最初に
  3. 3. むっちゃ緊張しています • 初基調講演 • 初45分というロング講演
  4. 4. 自己紹介 • もとつね さえき(元恒 冴基) • 島根県出雲市出身 • 神奈川県川崎市在住 • 1993年7月12日生まれ(20歳) • 株式会社ソニックガーデン • ファーエンドテクノロジー株式会社(2010/11 2012/12) • 山陰コンピュータ部(2011/11 2014/03)
  5. 5. アジェンダ • SonicGardenに入るまで • SonicGardenの仕事を通した学び
  6. 6. に入るまで
  7. 7. ファーエンドテクノロジー株式会社
  8. 8. アジャイルサムライ読書会
  9. 9. 倉貫さんとの出会い
  10. 10. 連絡から入社まで
  11. 11. に入った理由 • 自分の技術力を磨きたかった • Agileなんだか楽しそうだった • 自由な社風に興味があった • たまたま運が巡ってきた
  12. 12. のイメージ ・技術者集団 (ちょっと怪しい) ・めっちゃAgileやってる ・納品のない受託開発 ← ・Pivotal Tracker ・なんか外資系っぽくてかっこいい
  13. 13. Agile [ ædʒəl ] (動きが)機敏な
  14. 14. 僕の考えていたAgile • ドキュメント作らない • お客さんと対立しないような対策 • TDD • イテレーションを回して開発 • カンバン、コードレビュー
  15. 15. でも実はAgileとは おおよそ関係ない
  16. 16. 仕事① 納品のない受託開発
  17. 17. 「⽉月額定額」で⾦金金額の⾒見見積りはありません   出来る範囲での「開発と運⽤用」がずっと続きます   弁護⼠士や税理理⼠士のような「顧問」のようでもあり、   まるで「優秀な社員」がいるようなものでもあります   ただし「派遣」は⾏行行わずリモートで働きます   働く時間ではなく「成果」で契約します 「⽉月額定額」+「成果契約」=「納品のない受託開発」
  18. 18. お客さんとのMTGに参加
  19. 19. 雑談
  20. 20. 前のイテレーションの成果を 見せる(ショーケース)
  21. 21. 次のイテレーションで 開発するものを確認
  22. 22. 開発 heroku_backup_taskを外部呼び出しに変更する  ■ HBTのコードリーディング   requireしてるlibを調べる    ・heroku      現在はheroku-api(http://rubydoc.info/gems/heroku-api/0.3.8/frames)があるのでそっちの使用       herokuに同梱されているpgbackupsを使うのでheroku-apiは使わない もしPGBACKUPS_URLが実行のタイミングで変わるようであればheroku-apiを使う      PGBACKUPS_URL          ・fog      複数のクラウドサービスに対応したapi lib    ・open-uri      ネット上のコンテンツをfileのように扱える
  23. 23. 3つの違和感
  24. 24. お客さんと何事もなく MTGしていた
  25. 25. やらない提案を エンジニアが出す
  26. 26. 一切Agileという言葉 が出ない
  27. 27. 大きな勘違いを していた
  28. 28. アジャイルソフトウェア 開発宣言
  29. 29. アジャイルソフトウェア開発宣言 ! 私たちは、ソフトウェア開発の実践 あるいは実践を手助けをする活動を通じて、 よりよい開発方法を見つけだそうとしている。 この活動を通して、私たちは以下の価値に至った。 ! プロセスやツールよりも個人と対話を、 包括的なドキュメントよりも動くソフトウェアを、 契約交渉よりも顧客との協調を、 計画に従うことよりも変化への対応を、 ! 価値とする。すなわち、左記のことがらに価値があることを 認めながらも、私たちは右記のことがらにより価値をおく。
  30. 30. お客さんと何事もなく MTGしていた 価値観こそがアジャイルの本質なのでお客さんは 難しいAgile進め方やその他を覚えなくても価値観 に反していないかを考えるだけでよかった
  31. 31. やらない提案を エンジニアが ウォーターフォール型の開発の場合は使うかどうかわからない機 能もとりあえず盛り込んでしまうことがある。その方が開発会社 としては売上が上がるしお客さんとしてもなんとなく欲しい機 能を作ってもらえるから。ただし、アジャイルの場合は動くソフ トウェアがすべての評価なので不要と思う機能よりもMVPから 実装していかないとお客さんのソフトウェアの価値が上がって いかない。
  32. 32. 一切Agileという言葉 が出ない
  33. 33. 学び • Agileとは価値観 • ツールはあくまでも価値観に基づいて選ばれたもの • ツールを使うことを目的にしてはいけない
  34. 34. 一旦休憩…
  35. 35. 仕事② SonicGarden Study
  36. 36. 株式会社SonicGarden が開催する、WEB上のIT勉強会です。 Ustreamで配信するため、参加者の所在地は一切関係ありま せん。 世界中、どこからでも参加することができます。 SonicGardenのノウハウを公開!!
  37. 37. というのは実は表向き の目的で実は…
  38. 38. 真の目的 • もとつねの教育 • SonicGardenのプレゼンス向上
  39. 39. 次のアクションが明確に 出せるようになった もとつね知りたい SonicGardenらしさ DevOps Twilio Devise Agile Pjax CoffeeScript
  40. 40. KPTで改善 • Keep • 良かったこと、継続して続けること • Problem • 問題点 • Try • Kに出ている項目をもっと効率よくするにはどうしたらいいか • Pの改善策
  41. 41. • もとつねが放送機材のオペレーションで話が聞けない • 放送機材のオペレーションを他人に任せる • 講師の話をまともに聞くことができ、相 を入れるこ とができるようになったので視聴者も見やすい形に • 講師の負担が大きかった • 2人体制で負担軽減へ KPT(例)
  42. 42. 学び • 2つ以上の目的を持つことができれば判断に困った ときに大いに役立つ • 目的を共有した上でKPTを行うことで
  43. 43. 仕事③ 新規事業
  44. 44. きっかけ • 東京でベンチャー企業の人たちと交流して自分も やってみたくなった • 昔からやってみたい事業があったのでそれをプラ イベートでやってみたくなった • そのことを話したら会社でやってみないかという 提案
  45. 45. 仕事を全部剥がされた
  46. 46. 約1ヶ月家に閉じこもった
  47. 47. セルフマネジメント
  48. 48. 学び • 自分を律するのマジ難しい • 新規事業の進め方なんて分からなかったんや! • 乞うご期待。
  49. 49. まとめ
  50. 50. 【お知らせ】ソニックガーデンの本が出ました! 一括請負、人月、デスマーチ… すべての問題を解決する 納品のない受託開発 著者:倉貫義人 出版:日本実業出版社

×