Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

FastAccounting 採用資料

AIで経理のDXを実現する、ファーストアカウンティング株式会社の採用ピッチです。
人とAIが協力することで、生産性高く働きがいのある世界を実現したいと考えています。
事業拡大のため、各ポジション積極採用中です!
オフィシャルサイト:
https://www.fastaccounting.jp/

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

FastAccounting 採用資料

  1. 1. FAST ACCOUNTING株式会社 会社説明 2021年 1月18日 更新 FAST ACCOUNTING Inc. All Rights Reserved Copyright@ 2021
  2. 2. FAST ACCOUNTING Inc., All Rights Reserved Copyright@ 2020 2 はじめに 当資料は、ご興味をお持ちいただいた⽅へ 当社のことを知っていただくことを⽬的に作成したものです。 当社の許可なく転送や転載はご遠慮ください。
  3. 3. TOP MESSAGE 代表メッセージ 1974年⽣、ソフトバンク株式会社を経て、 アカマイ・テクノロジーズ⽇本法⼈⽴ち 上げに参画。営業本部⻑に就任し、2008 年度営業成績は世界No.1の実績を残す。 AIで会計書類の⾃動データ化と⾃動仕訳が 可能となれば、⼈⼿不⾜の解消に貢献す ると共に、重要業務にリソースを割くこ とができると考え、ファーストアカウン ティングを設⽴。 AIの⼒で⼈々の幸せに貢献 現代は情報⾰命の時代。AIをより積極的に利⽤していくことで、私達の ⽣活はより豊かに変化していきます。⽇本の労働⼈⼝は急激に減少し、 多くの企業が採⽤難を肌で感じています。⽇本政府の掲げる「働き⽅改 ⾰」が不可⽋な状況です。我々はこの改⾰の対策の⼀つの軸である労 働⽣産性向上を推進することが⼀つのミッションと考えています。 AIの⼒で⼈々を繰り返しの単純作業から開放することで、本当に⼈でな ければできないことに集中できる、⾃由で有意義な時間を過ごせる社会 の実現に向け全⼒を尽くしています。我々は会計ソフト⾃体を作りません が、すべての企業に関係する会計という分野をAIの⼒で強⼒に進化させ ることにより、企業活動の⾼速化と⼈々の幸せに貢献します。 代表取締役社⻑ 森 啓太郎
  4. 4. 目次 会社概要 1 2 3 4 5 6 事業について 働く環境について ビジョンについて ※組織やサービスの詳細情報は面談でお伝えしています!
  5. 5. 会社概要
  6. 6. 称 号 ファーストアカウンティング株式会社 設 ⽴ 2016年6⽉ 住 所 〒105-0013 東京都港区浜松町1-6-15 VORT浜松町I 3階 代表者 代表取締役社⻑ 森 啓太郎 役 員 取締役CFO 津村 陽介 取締役COO ⼩嶋 勇志 取締役CTO 葛 鴻鵬 社外取締役 菅野 健⼀(リスクモンスター株式会社 取締役founder) 監査役 川崎 悦道 監査役 安本 隆晴(安本公認会計⼠事務所所⻑) 監査役 ⼤濱 正裕(レイズコンサルティング法律事務所 代表弁護⼠) 従業員数 94名(役員含む) 主要業務 AIによる会計⽀援業務
  7. 7. 事業について
  8. 8. 「Robota」「Remota」はファーストアカウンティング株式会社による経理業務の効率化サービスです。 独⾃のAI-OCR技術で紙証憑をデジタル化し、 経理の負担を軽減し、企業の⽣産性向上を⽀援いたします。
  9. 9. なぜ経理の業務⽀援が必要なの?
  10. 10. ⽇本には ⽇本の上場企業の数は3,755社 (2021年1⽉6⽇時点 出典元:株式会社⽇本取引所グループ) 売上⾼1000億円以上の会社は1,509社 企業の数だけ経理部⾨は存在する さらに経理業務には全従業員が関わる
  11. 11. ⽇本企業の経理業務の状態は
  12. 12. 紙⽂化が根強く ⼊⼒作業や確認作業に 多くの時間が 使われている
  13. 13. 経理の抱える課題 テレワークへのハードル 社外からの請求書や納付書、 など、会計で使う証憑が紙 の書類が多く、コロナ禍に おいて苦労されている経理 の⽅が多い デジタル化が進みにくい 取引先も⾃社のERPや販 売管理システムがあるの でデジタル化ソリュー ションは普及は世界的に も2割⽌まり。 ERPとは、Enterprise Resources Planning の略であり、 企業経営の基本となる資源要素 (ヒト・モノ・カネ・情報)を 適切に分配し有効活⽤する計画 =考え⽅を意味します。現在で は、「基幹系情報システム まさかの⼆重払い コロナ渦のリモートワー クの影響で、4社に1社が 同じ⽉に、同⼀取引先に2 重払を経験。(CFO協会 調査) 戦略経理が求められる コロナ世界⼤恐慌に備え て、経理財務部⾨の業務 効率化とコスト削減を⾏ い筋⾁質の組織へ変⾰が 必須。
  14. 14. 経理でデジタルトランスフォーメーションが 進むとどうなるの?
  15. 15. 煩雑で単純な作業が減り、 価値創出に繋がる業務に集中。 働く⼈の⽣産性と働きがい向上 に繋がります! A
  16. 16. 経理業務デジタル化のメリット ペーパーレス化でコスト削減&効率向上 Merit1 経理業務はまだ紙が多く、⼈の⼿作業に頼っています。 紙から電⼦データへ シフトすることで、領収書などの原本を 送る際に必要な運搬コスト、書類の保管コストなども削減で きます。 AIと⼈が協⼒し、お互いが得意なことに集中できる Merit2 AIやRPAを活⽤することで、定型業務をAIに任せ、⾃動化させる ことができます。経理部⾨だけでなく全社的に⽣産性が向上し、 各部⾨で専⾨性の⾼い⼈材が企業の戦略的な業務に時間を使える ようになります。
  17. 17. 経理業務デジタル化のメリット 働き⽅改⾰への柔軟対応が可能に Merit3 コロナ感染症の拡⼤により、働く場所時間などの柔軟性と共 に⽣産性向上が求められています。定型業務を圧縮し、紙を 使わずにテレワークも問題なく対応できます。 ※インボイス制度(適格請求書等保存⽅式)導⼊後も安⼼ Merit4 2023年10⽉からはインボイス制度(適格請求書等保存⽅式)が 導⼊されます。より経理業務が複雑になることが予想されま すが、帳票を電⼦化し、AIやRPAで業務効率化の仕組みをつ くっておけば業務負荷増⼤を抑えることができます。 ※課税事業者(消費税を納める義務のある事業者)が発行するインボイス(「適格請求 書」)に記載された消費税額のみを仕入税額控除の対象とすることができるという制度
  18. 18. 経理部門における既存の業務プロセスを細分 化して、制度、速度、品質などAIが得意とする タスクをピックアップ。 ピックアップしたタスクをAIで代替し、 業務改善効果を確認しつつ、ブラッシュアップ して本格的に導入していきます。 どのようにAIを活⽤するか? AI×Accountingの可能性
  19. 19. AI×Accountingの可能性 Before After 経理が膨⼤な労⼒を割いているERPへの⼊⼒作業、確認・承認作業を⾃動化する ことで、戦略経理や経営報告資料に注⼒できる環境を創出します。
  20. 20. ビジョンについて
  21. 21. コーポレートスローガン 経理、その先へ
  22. 22. AIで業務効率化とテレワーク実現を加速します。 経理はもちろん企業で働く全ての⼈にとっての働きがいに貢献します。 経理に関わる⼈・企業に貢献する AIで定型業務を圧縮し、戦略経理へのシフトを加速させます。 経理のもつ⼒を最⼤限に活かせる環境をつくり、事業成⻑に貢献します。 経理の可能性を最⼤化させる わたしたちのビジョン
  23. 23. ユーザーにとっての FAST ACCOUNTING 社会にとっての FAST ACCOUNTING 単純で煩雑な業務を削減 戦略的な経理の実現に貢献 AIと共に働く世界を実現 ⼈々の働きがいに貢献 わたしたちのビジョン
  24. 24. 働く環境について
  25. 25. 基本情報 ・固定時間制 (定時 9時30分〜18時30分) ・⼟⽇祝⽇休み(夏休み3⽇間 年末年始休暇) ・⼊社⽇に5⽇間の有給付与(初年度10⽇) ・交通費⽀給あり/テレワーク可能(詳細はご相談ください) ・各種社会保険完備
  26. 26. 働きやすさ支援 テレワークと併⽤しながら勤務OKです。 SlackやTandem、Zoomを使って スムーズなコミュニケーションを実現しています 必要備品 書籍 購⼊サポート 業務に必要な備品や書籍は経費精算OKです PCスペック 選択OK MacBook Proを基本貸与(PCスペック選択OK) デユアルディスプレイなどもOKです リモート活⽤で ワーク&ライフ両⽴ あらゆることに 柔軟対応します 柔軟かつスピード感を持って対応しています 家庭の都合による出勤時間の調整など 勤務について気になることはご相談ください
  27. 27. クレド(大切にしている価値観) コーポレートスローガンと共に当社が⼤切にしているのがクレドです。 良いサービスを早く提供するため、失敗を恐れず⾼い⽬標に対してチームで挑戦し続けます。 成功するまで何度も挑戦しPDCAを回すことで、より多くの⼈の幸せに貢献していきます。
  28. 28. ・社員数 34名 ・平均年齢 37.4歳 ・⼥性⽐率 20% ・エンジニア⽐率 46.7% 職場環境 ※2021年1⽉時点(役員+正社員) マネジメント経験者も多い、大人ベンチャーです!
  29. 29. どんな人が働いているの? 営業部 メンバー 中村めい 2019年入社。社風に共感し、人材広 告営業からIT業界へ転身。現在は トップセールスとして大手クライアント 企業を担当。 エンタープライズ営業部 部長 宮越一貴 2020年6月入社。20年以上の大手 企業向けERP営業経験の中で感じた 課題を解決すべく、ジョイン。現在は ダイレクトセールス部門を率いる。 プロダクト開発部 部長 松田顕 共同創業者。AI×会計のビジネス に可能性を感じ、代表と共に創業。 現在は精鋭揃いのプロダクト開発メ ンバーのマネジメントを担当。
  30. 30. どんな人が働いているの? 2019年入社 営業部 中村めい 前職は⼤⼿の⼈材会社で広告営業をしていました。以前 は⾏動量と熱意で成果を出してきましたが、現職で営業 スタイルは⼤きく変わりました。 お客様の業務プロセスをヒアリングし、効率化のため に解決すべき課題が何かを把握します。そのうえで、当 社のソリューションをどのようにプロセスに組み込んで いただけば良いのかを論理的に考え、仕様も含めて提案 していきます。 お客様の成功に貢献するためには、時としてお客様ご ⾃⾝も気づかない課題へ、⼀歩踏み込むことも必要です。 そうした場⾯でも⾃信をもって提案できるのは、どんな 難題も諦めずに⼀緒に解決してくれる仲間のおかげです。 ⼤変なことも多いですが、成⻑を実感する毎⽇ですね。 営業として仲間と共にお客様と向き合い成⻑する
  31. 31. どんな人が働いているの? 共同創業者 プロダクト開発部 部長 松田顕 2016年に代表の森と出会い、AIを使った事業構想と森が もつ世界レベルの営業⼒に惹かれ、当社を共同創業しま した。 現在はプロダクト開発部のマネジメントを担当してい ますが、基本的にはメンバーの⾃主性を尊重しています。 開発チームの雰囲気はプロスポーツチームのようで、経 理を変えるという共通のゴールに向かって、各メンバー が得意分野を持ちながら、お互い切磋琢磨して技術⼒を 磨いています。 技術⼒もコミュニケーション⼒も優れたメンバーたち が揃っていますので、『ハイレベルな仲間と切磋琢磨し たい』『⾃分の技術⼒を試したい』という熱意のある⽅、 ぜひとも⾯談でお話しましょう! プロスポーツチームのように⾼めあえる開発組織
  32. 32. どんな人が働いているの? 2020年6月入社 エンタープライズ営業部 部長 宮越一貴 前職では⼤⼿ERPベンダーで、エンタープライズ向け ERPの営業を23年間担当してきました。その中で、⼤⼿ 企業の経理や⼈事、IT部⾨の⽅々が”コンピュータの都合 に合わせてデータを⼊⼒しなければならない”のは不合理 だなと感じていました。 当社にはAIを使ってその不合理を解決する技術があり ますので、⾃信をもってお客様にソリューションのご提 案ができています。良いサービスでお客様に喜んでいた だけるのは、営業として働く醍醐味だと思いますね。 ⾼い⽬標を追うチームですが、楽しく仕事をすること も⼤切にしています。営業部⻑として、当社で働く⼈が 仕事を楽しみ成果を出し続ける状態をつくり、いずれは 『A Iといえばファーストアカウンティング』と認知され ることを⽬標にしています。 ⾃信のもてるサービスでAI領域のNo.1を⽬指す
  33. 33. ここまでお読みいただき、ありがとうございました! セミナーやカジュアル面談にて、当社のことを更に詳しくお伝えします。 お会いできるのを楽しみにしています。

×