Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
統一理論はできるのか?  京都大学 基礎物理学研究所     野尻 美保子
1)力の統一と素粒子実験 4つの力とはなんだろうか2)ストリングの統一理論   重力の理解をめざして3)ストリング理論は検証可能か
重力と電磁力• 重力と電磁力          物質は引き合うもっとも身近な力。                 光は遠くまで • 「重力子」と「光子」の   伝わっていく。  やり取りから生まれる。  遠くまで届く力。 • 遠くまで届く力がな...
力の強さ           1/(距離)2• 重力:力の強さは質量mに比例           m1 m2    F = GN            r2• 電磁力:力の強さは電荷Q に比例           2 Q1 Q2    F = ...
「弱い力」と「強い力」• 太陽の寿命を決める「弱い    弱い力力」 • 陽子2つ→重水素+陽電子  +ニュートリノ(弱い力、  反応は1010年に一回)• 太陽の出す熱に関わる「強い力」 • 重水素+陽子→ヘリウム3  →。。。(強い力。早い...
現在の素粒子像• 強い力 「グルーオン」交換                p=(uud), n= (udd)• 弱い力: W粒子 Z粒子交換 (重さは陽子の80倍)• 電磁相互作用: 光の交換  • ゲージ相互作用 • 重力を除く3つの力を伝...
物質によって力の感じかたは違う                SU(3) SU(2) U(1)Y U(1)EM陽子     (u,d)L    ✓     ✓     1/6 2/3,-1/3中性子     uR       ✓        ...
弱い力が「弱い」のは?• 素粒子は力を伝える粒子を吐き出して、他の粒子と「相互作用」しようとする。• W粒子は重いので、放出するにはエネルギーがあわない。     ΔxΔp= /2  (不確定性)「量子力学」の不確定性ために放出されW粒子は、ほ...
対称性とその破れ•   真空中には、特定のゲージ      SU(2)xU(1)   U(1)Q    場の組み合わせしか通さな    い、「偏光板」が存在す    る。    • 光は偏光板を通る    • W粒子は通れない。• 短い距離にい...
短い距離での力の姿は?• さらに短い距離にいった時に、素粒子の間に働く力はどうみえるだろうか。• 「大統一理論」 とても短い距離で、3つの力を含む「より基本的な力」が現れる?          • クオークや電子という違う性質の粒子を基本的な力...
大統一理論   • 三つの力は一つの力なら、      うまくいってない     力の強さは、大統一するス    ケールで同じになるはず。   • LEP 実験(1989∼)で    ゲージ結合の精密測定
ゲージ相互作用と重力• 大統一のおこるスケールは高い。• 重力はエネルギーに結合する力で、結合は決して小さいわけではない。1019GeV の衝突では、重力も無視できないだろう。                         重力:ゲージ相互作...
発散の問題• 光や重力が粒子間を飛び交うと、その間に多数の粒子が誘起される(真空の分極)• 真空の分極は「発散」を引き起こす。重力の発散は、短い距離で強さが激増するので、たちが悪い。• 解決するには「超対称性」が必要
超対称性は素粒子倍増理論• スピンが1/2違う粒子対の間の対称性• 粒子のおこす発散は、超対称粒子のおこす発散と相 殺。発散の問題は楽になる。発見      クオーク               スカラークオーク                ...
超対称模型の成功               • 超対称粒子が1TeV程                度の質量をもっている                と、3つの力の強さは                本当に同じになる。         ...
統一理論とは• 重力の強さが他のちからと同じになるのが、もっと高いスケール。• 「重力を含む統一理論」はできるのだろうか。
超対称粒子は発見されている?                  • 標準模型の粒子で                   は暗黒物質は説明                   できない。暗黒物質は銀河の形成を説明するのに絶対必要。超対称粒子の中...
LHC実験が拓く物理円周27Kmの巨大リングビームエネルギー7TeV(今の7倍)エネルギーが高い=より短い距離の力が見えてくる!!場所:スイス、フランス
トンネルの中には陽子加速器が配置される
• 実験は2007年開始(?)予定。
陽子の衝突によってでてきた粒子は、測定器で多数の電荷をもつ粒子に代わり、エネルギーが測定され る。どんな衝突がおこったかを再構成できる。
コライダー実験は宇宙初期を       再現している。1 粒子をぶつけると超対称粒 子が生まれる。(宇宙の初 めにおこったように)2 超対称粒子はかならず超対 称粒子に崩壊する。一番軽 い超対称粒子(暗黒物質) は安定。3 暗黒物質は電荷がない...
2)ストリングの統一理論 重力の理解をめざして
重力とストリング理論• 重力を含まない理論:発散の問題は超対称性で解決。• 重力の発散の問題:超対称性+ストリング(ひも)理論• 粒子はひもの振動として表される。高い振動モードは張力に比例した重さをもつ。張力が大きいとひもの構造は見えない。
ストリングの相互作用• 重力とゲージ相互作用は一つのひもの運動として記述される。ストリングは重力とゲージ理論の統一理論
空間9次元の理論• 我々の日常 3次元空間+時間• ストリング理論は        3+6次元の空間を予言• 余分な空間は球面のように小さく 丸まっている。(コンパクト化)• あるいは、 • 平坦な空間のはじが同一視さ  れている • 空間が2...
6次元空間はどこへ?• 空間が小さければ、低いエネルギー(長い波長)でその構造は見えない。• 高次元空間の大きさが R なら、その構造をみるには、エネルギーE>h/R の衝突が必要
高次元空間の粒子の量子力学                  空間3次元                                  空間4次元              2    2        2        2        2...
空間の大きさ・粒子の質量• 空間の大きさの逆数に比例した新しい粒子が存在する。(KK粒子)• 空間の形は粒子のスペクトラム(質量のパターン)で表現される。• 粒子の衝突エネルギーがとても大きければKK粒子が生まれて、空間の形がわかるだろう
ストリング理論• ストリング理論はいろいろあって、軽い粒子になにが出るかも違っている。ヘテロテッィクストリング、タイプI,タイプIIA, タイプIIB,........• いくつかのストリング理論の中で、標準模型はヘテロ型のコンパクト化で作られ...
ストリングの統一理論• Witten は10次元空間の   M(Mother) 理論のもとにす べてのストリング理論に関係 がついていることを明らかに た。• M理論のもとで、違う形をし た空間、異なる結合をもつ理 論が驚くべき等価性をもって ...
ストリングをコンパクト化された      空間においてみよう。• コンパクト化された空間にはストリングが巻き付く。空間が小さいほどストリングは短く、張力を稼がないので、 「巻き付きモード」は軽い。
巻きつきもいれた粒子スペクトラムコンパクト化のサイズが大きい空間と小さい空間は ストリングの運動からみると同じである。            性          対      )         双 lity       T       a ...
ぐにゃぐにゃ物差しで                  えらい 空間を表現する         すんませんそんなに巻き付いたら   はかれないよ!• 空間を計るには、それに依存する         物理量が必要。• すべての物理量が、Rと1/R...
重力か、空間か• われわれの認識する空間は単なる幾何学的な構造ではない。その性質は粒子と、その相互作用によって表現される。• 空間の形は「計量」で表されているが、「計量」そのものは、「重力子」の期待値である。ストリングは空間を作り、その波は粒子...
S duality• 開いたストリングのあるい理論では、ストリングがはりつくことができるDブレインという高次元の「板」がある。• 板の質量は結合定数が大きいほど小さい。• 結合の大きいストリング理論では、軽いDブレインが一番「軽い粒子」となる。...
• 多くの双対性が発見されてストリング理論は一つになった。• しかし、10次元空間の理論の正体はまだわかっていない。
3)ストリング理論 は検証可能か。
•   1019GeV のエネルギースケールで重力の量    子論は困難に直面し、ストリング理論が必要    になる。• ストリングのパラメーターは一つだけ。重力    のスケールをだすためには、基本的なスケー    ルは 1019GeV程度。...
M理論の新しい可能性(HW模型)• 強結合へテロ型の10次元空間のうち6次元はコンパクト化。• 残りの空間は2枚の3次元の境界面に挟まれた4次元空間。Rの大きさは大きくても良い。• ゲージ場、物質は境界面に住む。(われわれは、面の上に住んでいる...
この変な空間でわれわれの感じる                重力定数は。。。 • 4次元目の空間の中では力線は3次元の空間を感じるだ  ろう からF=1/r3 • 長距離では4次元目の空間の効果がみえないので、重力  の力線は2次元球面を薄ま...
もし高次元空間の重力定数  が大きければLHCでは• 高次元空間が大きいから、重力のKKモードが見えるかもしれない。(高次元空間の検証)• ストリングはぶよぶよなので、ストリングの高次モードが粒子衝突で簡単に見える。(ストリングの検証)• 重力...
M理論での力の統一• 超対称模型では大統一のスケールで重力とゲージ相互作用の大きさに開きがあった。ゲージ結合の統一を犠牲にしない限り、• 低いスケールで、高次元空間    ストリングスケールは高い。がみえてくれば、重力の結合定数は       ...
ストリング理論はなにか予言できる          だろうか?• ゲージ相互作用の強さ(電荷eとか)、空間の大きさ(Rとか)は高次元重力の値の関数で、M理論を解けば、その値ごとにエネルギーが決まる。エネルギーの低いところが安定。        ...
• ストリングの真空をまじめに調べていくと、実はその        String Theory Landscape    数は無限にあって、その間に優劣をつけることは難し    いことがわかってきた。•                     ...
Landscape 問題• ストリング理論の真空は実質的に無限個ある。• 宇宙は一つの真空から、違う真空へと遷移しながら発展していくと考えられる。• 大半の真空は人間とは無関係である。宇宙の大半は生まれるとたちまち消滅したり、星や知的生命体が明...
• 実験で素粒子の性質を決めても, ストリング理論に対する手がかりにならないかもしれない。                 たすけてー• 統一理論は、できるのだろうか?
量子重力理論の発散の問題を解決するには超対称性とストリング理論が必要。ストリングの統一理論(M理論)は空間の構造についても大きな示唆をあたえてくれる。しかし、現状で、素粒子を支配する力の起源を説明するにいたっていない。
実験は素粒子の性質を精密に計ってきた。超対称性が自然界にあれば、LHCで超対称粒子を発見することは可能だろう。暗黒物質を発見することもできるかもしれない。(中畑)しかし、ストリング理論の理解に直接寄与することできるだろうか?
実験と理論は、同じ素粒子を扱っているが、2つの知識は融合されない    かもしれない。
我々が理解しているところは、きっとほんの一部。思いがけない展開が、これからも理論と実験にみいだ      されることを期待したい。
Kagaku
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Kagaku

6,072 views

Published on

物理学会の科学セミナー 2005年の講演スライド

  • Be the first to comment

Kagaku

  1. 1. 統一理論はできるのか? 京都大学 基礎物理学研究所 野尻 美保子
  2. 2. 1)力の統一と素粒子実験 4つの力とはなんだろうか2)ストリングの統一理論   重力の理解をめざして3)ストリング理論は検証可能か
  3. 3. 重力と電磁力• 重力と電磁力       物質は引き合うもっとも身近な力。 光は遠くまで • 「重力子」と「光子」の 伝わっていく。 やり取りから生まれる。 遠くまで届く力。 • 遠くまで届く力がなけれ ば、われわれはお互いの 存在を知ることはない。
  4. 4. 力の強さ 1/(距離)2• 重力:力の強さは質量mに比例 m1 m2 F = GN r2• 電磁力:力の強さは電荷Q に比例 2 Q1 Q2 F = e r2水素原子をつくる陽子と電子の間に はたらく力でみると 重力:電磁力= 10-40:1
  5. 5. 「弱い力」と「強い力」• 太陽の寿命を決める「弱い 弱い力力」 • 陽子2つ→重水素+陽電子 +ニュートリノ(弱い力、 反応は1010年に一回)• 太陽の出す熱に関わる「強い力」 • 重水素+陽子→ヘリウム3 →。。。(強い力。早い反 応(3秒)と高い熱の発 強い力 生)
  6. 6. 現在の素粒子像• 強い力 「グルーオン」交換                p=(uud), n= (udd)• 弱い力: W粒子 Z粒子交換 (重さは陽子の80倍)• 電磁相互作用: 光の交換  • ゲージ相互作用 • 重力を除く3つの力を伝える粒子は、それぞれある群の微 少変換に対応している。強い力は「SU(3)」、電磁力と弱 い力は「SU(2) とU(1)」 • 電磁力と弱い力は「SU(2)」と「U(1)」という2つの力が 混ざったもの。                          電荷の強さ SU(3):SU(2):U(1)=1/8: 1/30: 1/60
  7. 7. 物質によって力の感じかたは違う SU(3) SU(2) U(1)Y U(1)EM陽子 (u,d)L ✓ ✓ 1/6 2/3,-1/3中性子 uR ✓ 2/3 2/3 dR ✓ -1/3 -1/3 (ν,e)L ✓ -1/2 0,-1 eR -1 -1 • 粒子はゲージ群の作用で互いに移り変わる。 • 「内部スピン。」 • 電荷の値が複雑、3世代
  8. 8. 弱い力が「弱い」のは?• 素粒子は力を伝える粒子を吐き出して、他の粒子と「相互作用」しようとする。• W粒子は重いので、放出するにはエネルギーがあわない。 ΔxΔp= /2 (不確定性)「量子力学」の不確定性ために放出されW粒子は、ほんの少しの距離( /m W )だけ存在することができる。近くにきた粒子とは力のやりとり ができる。
  9. 9. 対称性とその破れ• 真空中には、特定のゲージ SU(2)xU(1) U(1)Q 場の組み合わせしか通さな い、「偏光板」が存在す る。 • 光は偏光板を通る • W粒子は通れない。• 短い距離にいくと新しい力 が見えてくる。E= ν:波長が 短い=エネルギーが高い。
  10. 10. 短い距離での力の姿は?• さらに短い距離にいった時に、素粒子の間に働く力はどうみえるだろうか。• 「大統一理論」 とても短い距離で、3つの力を含む「より基本的な力」が現れる?          • クオークや電子という違う性質の粒子を基本的な力の内部スピンの違いとしてとして表すことができる。
  11. 11. 大統一理論 • 三つの力は一つの力なら、 うまくいってない 力の強さは、大統一するス ケールで同じになるはず。 • LEP 実験(1989∼)で ゲージ結合の精密測定
  12. 12. ゲージ相互作用と重力• 大統一のおこるスケールは高い。• 重力はエネルギーに結合する力で、結合は決して小さいわけではない。1019GeV の衝突では、重力も無視できないだろう。 重力:ゲージ相互作用 m1 m2 GN E 1 E 2 GN 2 → 10 : 1 r r2• 「重力も含む統一」を目指すべき。
  13. 13. 発散の問題• 光や重力が粒子間を飛び交うと、その間に多数の粒子が誘起される(真空の分極)• 真空の分極は「発散」を引き起こす。重力の発散は、短い距離で強さが激増するので、たちが悪い。• 解決するには「超対称性」が必要
  14. 14. 超対称性は素粒子倍増理論• スピンが1/2違う粒子対の間の対称性• 粒子のおこす発散は、超対称粒子のおこす発散と相 殺。発散の問題は楽になる。発見 クオーク  スカラークオーク ⇄ u,d,c..(スピン1/2) ˜ ˜˜ u, d, c, .... ゲージ粒子 ⇄ ゲージーノ 見 γ,W,Z(スピン1) ˜ ˜ ˜ 発 γ , Z, W , .... ヒッグス粒子 H(スピン0) ⇄ ˜ ˜ 未 ヒグシーノ H1 , H2 , ....
  15. 15. 超対称模型の成功 • 超対称粒子が1TeV程 度の質量をもっている と、3つの力の強さは 本当に同じになる。 (重力相互作用とは統 一しない。)理論的に魅力的なものを取り入れて、力の統 一がうまくいくようになった!
  16. 16. 統一理論とは• 重力の強さが他のちからと同じになるのが、もっと高いスケール。• 「重力を含む統一理論」はできるのだろうか。
  17. 17. 超対称粒子は発見されている? • 標準模型の粒子で は暗黒物質は説明 できない。暗黒物質は銀河の形成を説明するのに絶対必要。超対称粒子の中に安定なものがあれば、暗黒物質になりうる。(傍証)
  18. 18. LHC実験が拓く物理円周27Kmの巨大リングビームエネルギー7TeV(今の7倍)エネルギーが高い=より短い距離の力が見えてくる!!場所:スイス、フランス
  19. 19. トンネルの中には陽子加速器が配置される
  20. 20. • 実験は2007年開始(?)予定。
  21. 21. 陽子の衝突によってでてきた粒子は、測定器で多数の電荷をもつ粒子に代わり、エネルギーが測定され る。どんな衝突がおこったかを再構成できる。
  22. 22. コライダー実験は宇宙初期を 再現している。1 粒子をぶつけると超対称粒 子が生まれる。(宇宙の初 めにおこったように)2 超対称粒子はかならず超対 称粒子に崩壊する。一番軽 い超対称粒子(暗黒物質) は安定。3 暗黒物質は電荷がないの で、測定されない。見かけ の運動量が保存しないのが 超対称粒子発生の証拠。 見えない運動量
  23. 23. 2)ストリングの統一理論 重力の理解をめざして
  24. 24. 重力とストリング理論• 重力を含まない理論:発散の問題は超対称性で解決。• 重力の発散の問題:超対称性+ストリング(ひも)理論• 粒子はひもの振動として表される。高い振動モードは張力に比例した重さをもつ。張力が大きいとひもの構造は見えない。
  25. 25. ストリングの相互作用• 重力とゲージ相互作用は一つのひもの運動として記述される。ストリングは重力とゲージ理論の統一理論
  26. 26. 空間9次元の理論• 我々の日常 3次元空間+時間• ストリング理論は        3+6次元の空間を予言• 余分な空間は球面のように小さく 丸まっている。(コンパクト化)• あるいは、 • 平坦な空間のはじが同一視さ れている • 空間が2つに折り返されてい る。
  27. 27. 6次元空間はどこへ?• 空間が小さければ、低いエネルギー(長い波長)でその構造は見えない。• 高次元空間の大きさが R なら、その構造をみるには、エネルギーE>h/R の衝突が必要
  28. 28. 高次元空間の粒子の量子力学 空間3次元 空間4次元 2 2 2 2 2エネルギー・運動量 E = px + py + pz +m E 2 = p2 + p2 + p2 + (p2 + m2 ) x y z EX 波動関数 exp i(px x + py y + pz z) ψ(x, y, z) exp(ipEX X)• 高次元空間の境界条件 ψ(x, y, z, X) = ψ(x, y, z, X + R)• 無限個の質量がn/Rの粒子(KKモード=カルツァクライン モード)が空間の構造を表現する。 2 2πnpEX = 2πn/R m2 (4) = m2 (5) + R
  29. 29. 空間の大きさ・粒子の質量• 空間の大きさの逆数に比例した新しい粒子が存在する。(KK粒子)• 空間の形は粒子のスペクトラム(質量のパターン)で表現される。• 粒子の衝突エネルギーがとても大きければKK粒子が生まれて、空間の形がわかるだろう
  30. 30. ストリング理論• ストリング理論はいろいろあって、軽い粒子になにが出るかも違っている。ヘテロテッィクストリング、タイプI,タイプIIA, タイプIIB,........• いくつかのストリング理論の中で、標準模型はヘテロ型のコンパクト化で作られると思われていた。(他の理論はなに?)• もっとも次元の高い超対称重力理論は空間10次元だが、ストリング理論は9次元だった。(不満)
  31. 31. ストリングの統一理論• Witten は10次元空間の   M(Mother) 理論のもとにす べてのストリング理論に関係 がついていることを明らかに た。• M理論のもとで、違う形をし た空間、異なる結合をもつ理 論が驚くべき等価性をもって いる。
  32. 32. ストリングをコンパクト化された 空間においてみよう。• コンパクト化された空間にはストリングが巻き付く。空間が小さいほどストリングは短く、張力を稼がないので、 「巻き付きモード」は軽い。
  33. 33. 巻きつきもいれた粒子スペクトラムコンパクト化のサイズが大きい空間と小さい空間は ストリングの運動からみると同じである。 性 対 ) 双 lity T a d u (T
  34. 34. ぐにゃぐにゃ物差しで えらい 空間を表現する すんませんそんなに巻き付いたら  はかれないよ!• 空間を計るには、それに依存する         物理量が必要。• すべての物理量が、Rと1/Rで           同じなら、大きい空間と小さい空間は区別できな い。
  35. 35. 重力か、空間か• われわれの認識する空間は単なる幾何学的な構造ではない。その性質は粒子と、その相互作用によって表現される。• 空間の形は「計量」で表されているが、「計量」そのものは、「重力子」の期待値である。ストリングは空間を作り、その波は粒子として空間を伝わっている。• 空間とは?重力とは?
  36. 36. S duality• 開いたストリングのあるい理論では、ストリングがはりつくことができるDブレインという高次元の「板」がある。• 板の質量は結合定数が大きいほど小さい。• 結合の大きいストリング理論では、軽いDブレインが一番「軽い粒子」となる。T duality の巻き付きモードのように、軽いDブレインが理論を支配する。このDブレインはあたかも、「10次元目の空間」のKKモードのように振る舞う。• 強く相互作用する9次元空間のストリング理論=     コンパクト化された10次元空間の理論
  37. 37. • 多くの双対性が発見されてストリング理論は一つになった。• しかし、10次元空間の理論の正体はまだわかっていない。
  38. 38. 3)ストリング理論 は検証可能か。
  39. 39. • 1019GeV のエネルギースケールで重力の量 子論は困難に直面し、ストリング理論が必要 になる。• ストリングのパラメーターは一つだけ。重力 のスケールをだすためには、基本的なスケー ルは 1019GeV程度。6次元空間の大きさ もそのくらい?• そんな重たい粒子はとうてい実験にかからな い!
  40. 40. M理論の新しい可能性(HW模型)• 強結合へテロ型の10次元空間のうち6次元はコンパクト化。• 残りの空間は2枚の3次元の境界面に挟まれた4次元空間。Rの大きさは大きくても良い。• ゲージ場、物質は境界面に住む。(われわれは、面の上に住んでいる!)• 重力は4次元空間も伝搬できる。
  41. 41. この変な空間でわれわれの感じる 重力定数は。。。 • 4次元目の空間の中では力線は3次元の空間を感じるだ ろう からF=1/r3 • 長距離では4次元目の空間の効果がみえないので、重力 の力線は2次元球面を薄まっていく。 F=1/r2 •高次元の重力定数は案外大きいかもしれない (4) (5) GN = GN /R
  42. 42. もし高次元空間の重力定数 が大きければLHCでは• 高次元空間が大きいから、重力のKKモードが見えるかもしれない。(高次元空間の検証)• ストリングはぶよぶよなので、ストリングの高次モードが粒子衝突で簡単に見える。(ストリングの検証)• 重力が強いのでブラックホールができる。(ホーキング輻射の研究
  43. 43. M理論での力の統一• 超対称模型では大統一のスケールで重力とゲージ相互作用の大きさに開きがあった。ゲージ結合の統一を犠牲にしない限り、• 低いスケールで、高次元空間 ストリングスケールは高い。がみえてくれば、重力の結合定数は           GN E 2空間3次元:        空間4次元: GN E 3 4次元目の空間が大統一スケールより一桁下なら、 ゲージ相互作用と重力相互作用の同じスケールでの統一。
  44. 44. ストリング理論はなにか予言できる だろうか?• ゲージ相互作用の強さ(電荷eとか)、空間の大きさ(Rとか)は高次元重力の値の関数で、M理論を解けば、その値ごとにエネルギーが決まる。エネルギーの低いところが安定。 我々は今、エネルギーの極小値(真空) のどこかにいる。どこにいるかで、 素粒子の性質は違う
  45. 45. • ストリングの真空をまじめに調べていくと、実はその String Theory Landscape 数は無限にあって、その間に優劣をつけることは難し いことがわかってきた。• 100 1000 Perhaps 10 - 10 different minima Lerche, Lust, Schellekens 1987 Bousso, Polchinski; Susskind; Douglas, Denef,…
  46. 46. Landscape 問題• ストリング理論の真空は実質的に無限個ある。• 宇宙は一つの真空から、違う真空へと遷移しながら発展していくと考えられる。• 大半の真空は人間とは無関係である。宇宙の大半は生まれるとたちまち消滅したり、星や知的生命体が明らかに存在できないようなものばかりのようだ。• われわれの存在は偶然?• 「知的生命がある」という条件を加えたときに、ストリング理論は何かを予言するだろうか。
  47. 47. • 実験で素粒子の性質を決めても, ストリング理論に対する手がかりにならないかもしれない。 たすけてー• 統一理論は、できるのだろうか?
  48. 48. 量子重力理論の発散の問題を解決するには超対称性とストリング理論が必要。ストリングの統一理論(M理論)は空間の構造についても大きな示唆をあたえてくれる。しかし、現状で、素粒子を支配する力の起源を説明するにいたっていない。
  49. 49. 実験は素粒子の性質を精密に計ってきた。超対称性が自然界にあれば、LHCで超対称粒子を発見することは可能だろう。暗黒物質を発見することもできるかもしれない。(中畑)しかし、ストリング理論の理解に直接寄与することできるだろうか?
  50. 50. 実験と理論は、同じ素粒子を扱っているが、2つの知識は融合されない かもしれない。
  51. 51. 我々が理解しているところは、きっとほんの一部。思いがけない展開が、これからも理論と実験にみいだ されることを期待したい。

×