Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

センサーxIo tx機械学習が実現する導線分析のビジネス貢献

573 views

Published on

2018/2/8に実施した「業務効率や顧客体験を高める!IoT/AIのビジネス活用術セミナー 」の資料です。

スプリームシステム株式会社 小林 直人氏

Published in: Technology
  • Be the first to comment

センサーxIo tx機械学習が実現する導線分析のビジネス貢献

  1. 1. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. This presentation is for informational purposes only. Supreme System Consulting makes no warranties, express or implied, in this summary. センサー×IoT×機械学習が実現する、 動線分析のビジネス貢献 2018年2月8日 スプリームシステム株式会社 ~生産性向上、安全管理、 One to Oneプロモーションなどでの活用例~
  2. 2. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 2 会社概要 会社名 所在地 設立 事業 資本金 スプリームシステム株式会社 〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-60-3 グレイスロータリービル7F 2000年4月17日 ■ 独立系ソフトウェアメーカー ■ DBマーケティング事業 150.75百万円(2017年7月現在) 社員数 49名(2017年4月現在)
  3. 3. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 3 アジェンダ 課題(工場/店舗/施設) 動線とは 動線利用方法 活用例(工場/店舗/施設) 事例 Moptarについて
  4. 4. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 4 課題(工場) 工程ごとの作業時間を 自動的に計測したい 作業員配置、作業順序、 製品配置、などの課題を 知りたい 安全を確保したいミス発生や作業時間超過 の要因を知りたい ミスを予防したい 作業員配置、作業順序、 製品配置、などを最適化したい 作業員、製品、部品の 動線を把握したい
  5. 5. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 5 課題(店舗) 顧客の動きに合わせた 店舗レイアウト・POP・ 売り場にしたい 従業員の売場配置・ 接客を効率化したい ついで買いを 発生させたい レジ待ち、入店後売場 直行直帰などの課題 を知りたい 店舗の安全を 確保したい ネット販売と 連携したい 最適化された マーケティング店舗を 作りたい
  6. 6. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 6 課題(施設) 施設全体、通路、 各テナントごとの通行者数、 入店者数を知りたい 曜日・時間帯ごとの 通行者数から 今後の通行者数・客数 を予測したい 人間の異常な 動きを検知し リアルタイムに 通知したい 顧客へのサービスを 拡大したい 通行者数・客数データを テナントへ販売したい テナントの待ち行列 の人数や待ち時間を 顧客へ通知したい
  7. 7. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 7 動線とは
  8. 8. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 8 動線とは なぜ動線が必要なのか?
  9. 9. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 9 動線とは 人間の位置をプロットして ヒートマップで表示したりするだけでなく、 同一人間の位置を短い間隔で線としてつなぐことで、 個々人についての情報が得られ、 個々人に応じたアクションを実現します。
  10. 10. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 10 動線とは 人数カウント 人流ヒートマップ 130 人 80 人 45 人
  11. 11. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 11 動線とは ビーコン カメラ 2Dセンサ 3Dセンサ 3Dステレオ カメラ
  12. 12. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 12 動線とは 詳細 センサー カメラ ビーコン プライバシー 侵害しない ○ 個人を特定しない ✖ 匿名加工情報 にすれば可 △ スマホの場合はグレー 限定端末の場合はOK 位置計測誤差が 小さい ○ ○ × 動線追跡 ○ × 測距ができないため △ 混雑時の 動線取り違え ○ あまりない × 頻発 ◎ 工事コスト △ ○ ◎
  13. 13. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 13 動線利用方法 取得した動線を利用する
  14. 14. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 14 動線利用方法 後から課題解決につながる分析を行う リアルタイムに行動を検知する 1 2
  15. 15. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 15 動線利用方法 -後から課題解決につながる分析を行う KPI ヒートマップ動線マップ 自動分類ツリー 豊富な分析機能 クロス集計
  16. 16. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 16 動線利用方法 -後から課題解決につながる分析を行う 入店率 売場立寄り率 購入率 などに 影響を与える因子 を見える化 重要KPI 接客成功率 ・・・・・・・・ 機械学習で予測モデルを作成し、影響を与えるKPIをランキング 顧客動線 店舗レイアウト 従業員接客 サイネージ ・・・・・・・・ 因子 店舗レイアウトや店員接客シナリオを作成
  17. 17. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 17 動線利用方法 後から課題解決につながる分析を行う リアルタイムに行動を検知する 1 2
  18. 18. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 18 動線利用方法 ーリアルタイム行動を検知する 行動定義 人数 割合 人数 割合 人数 割合 人数 割合 人数 割合 人数 割合 メンズスーツ 13 2 15% 5 38% 6 46% 13 2 15% 5 38% 6 46% メンズシャツ 10 3 30% 3 30% 4 40% 10 3 30% 3 30% 4 40% メンズ小物 13 6 46% 5 38% 2 15% 13 6 46% 5 38% 2 15% メンズフォーマル 9 2 22% 3 33% 4 44% 9 2 22% 3 33% 4 44% レディーススーツ 11 4 36% 2 18% 5 45% 11 4 36% 2 18% 5 45% 立寄り 滞留 1F 2F フロア 売場 現在の状況 当日総計 客数 素通り 立寄り 滞留 客数 素通り リアルタイムモニタ
  19. 19. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 19 動線利用方法 ▶
  20. 20. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 20 活用例
  21. 21. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 21 活用例(工場) 工場 店舗 施設
  22. 22. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 22 活用例(工場) 1 作業者・製品・部品 の動線取得 ・カラーコードやQRコードで 製品・部品を認識 2 作業工程判定 ・製品・部品と作業員の距離 (接近・離脱)、時間、遷移、 組み合わせより作業工程判定 3 作業工程の ボトルネック検出 ・製品・部品・作業者間の距離・ 動線分析 4 作業工程の効率化 ・ミスや作業時間が影響を受ける 製品、部品、作業者、その他情 報を分析・検出し改善 5 ヒヤリハット検知 ・ミスや事故のヒヤリハットを リアルタイムに判定して通知
  23. 23. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 23 活用例(工場)-作業者・モノの動線取得 機械 機械 作業者動線可視化 ・作業者ごとに動線軌跡、エリア遷移 ・ヒートマップ、入出流量表示 定量化 ・ライン(設備・機械)/エリア/作業者ごとに以下のKPIを取得 進入/退出時刻、滞在時間、動線距離、平均速度、停止回 数/時間、通路のUターン率、順方向/逆方向比率 ・振る舞い(素通り・立ち寄り・滞留)別のエリア遷移 モノの動線を可視化 ・カラーコードやQRコードで認識
  24. 24. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 24 活用例(工場)-作業工程判定 機械 機械 カメラ付き 3Dセンサー ・作業開始、作業終了 ・各作業工程の時間算出 ・製品/部品の動線 ・作業者と製品の距離 ・製品別の作業者ごと担当時間、設備稼働率 ・作業者の作業区分比率 ・機械学習によるボトルネック検出、作業ミス要因検出 モノ(仕掛品・備品など)と 作業員の動線認識し 作業工程判定 ・モノと作業員の距離(接近・離脱)、接近時間、遷移、 組み合わせ
  25. 25. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 25 活用例(工場)-作業工程のボトルネック検出・効率化 休憩 作業範囲 補充 作業台 棚 棚 棚 生産効率改善方法の発見 ・機械学習 ・最適化 D1 CB1 A3A1 A2 B2 D2 時間|距離 プロセス1 1:32 0.5 1:38 9.5 1:40 0.5 1:51 0.5 1:53 0.5 プロセス2 5:40 4.2 5:32 4.1 5:38 4.2 6:12 4.4 5:53 4.3 プロセス3 4:08 5.3 4:13 5.7 4:34 6.1 5:01 6.7 5:11 7.1 ・・・・・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 合計 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 基準 Aさん(熟練)Bさん(中堅)Cさん(新人)Dさん(新人)時間|距離 プロセス1 1:32 0.5 1:38 9.5 1:40 0.5 1:51 0.5 1:53 0.5 プロセス2 5:40 4.2 5:32 4.1 5:38 4.2 6:12 4.4 5:53 4.3 プロセス3 4:08 5.3 4:13 5.7 4:34 6.1 5:01 6.7 5:11 7.1 ・・・・・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 合計 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 基準 Aさん(熟練)Bさん(中堅)Cさん(新人)Dさん(新人)時間|距離 プロセス1 1:32 0.5 1:38 9.5 1:40 0.5 1:51 0.5 1:53 0.5 プロセス2 5:40 4.2 5:32 4.1 5:38 4.2 6:12 4.4 5:53 4.3 プロセス3 4:08 5.3 4:13 5.7 4:34 6.1 5:01 6.7 5:11 7.1 ・・・・・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 合計 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 基準 Aさん(熟練)Bさん(中堅)Cさん(新人)Dさん(新人) <プロセス3の詳細> <セルでの動線情報> 0:46 0.6 0:43 0.6 0:45 0.6 0:53 0.6 0:52 0.6 0:13 0.6 0:12 0.6 0:13 0.6 0:14 0.6 0:15 0.6 0:38 0.8 0:45 1.2 0:51 1.4 1:17 2.1 1:22 2.3 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 1.エリアA1進入 2.エリアA2進入 3.棚Aに手を出す ・・・・・・・ 合計 基準 Aさん(熟練)Bさん(中堅)Cさん(新人)Dさん(新人)時間|距離 0:46 0.6 0:43 0.6 0:45 0.6 0:53 0.6 0:52 0.6 0:13 0.6 0:12 0.6 0:13 0.6 0:14 0.6 0:15 0.6 0:38 0.8 0:45 1.2 0:51 1.4 1:17 2.1 1:22 2.3 ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ 2.エリアA2進入 3.棚Aに手を出す ・・・・・・・ 合計 基準 Aさん(熟練)Bさん(中堅)Cさん(新人)Dさん(新人) 1.エリアA1進入 時間|距離 製品・部品・作業者 配置の改善 ・製品・部品・作業者間の距離・動線分析 ・ミスや作業時間が影響を受ける製品、部品、 作業者、その他情報を分析・検出し改善
  26. 26. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 26 活用例(工場)-ヒヤリハット検知 管理区域 プレス機 高温/低温エリア 管理区域 時間制約検知 ・高温(炉)や低温(冷凍庫)など 滞在時間に制約がある環境での作業 時間を計測、滞在限界時間が迫って いる/時間超過が起きているなどを検知 巻き込み事故防止 ・点検中などで人が作業している間、 誤って機械を作動させないように、 人の存在を通知 接近検知 ・危険なエリアへの接近、接近しそう な動きを検知してアラートを発動 複数人作業 ・危険を伴うなど、複数人で作業 することが規定されている作業に 対して、規定された人数で作業を 行っているか?
  27. 27. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 27 活用例(店舗) 工場 店舗 施設
  28. 28. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 28 活用例(店舗) 2 店舗レイアウト改善 4 行動検知(レジ待 ちカウント・接客必要 性通知・防犯) 1 店舗・売場・通路・ 商品棚・店員・顧客 分析 5 サイネージ連携 3 商品棚前行動 6 One to One プロモーション
  29. 29. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 29 活用例(店舗)-店内レイアウト改善 マス広告効果 インストアー広告効果 α β1 β2 β3 γ 入店者数 (A) 通路通行 者数 (B) 売場通行 者数 (C1) 売場立寄 者数 (C2) 手に取った 人数 (C3) 購入者数 (D) 入店率 通路 通行率 売場 通行率 売場 立寄り率 商品を手 に取る率 購入率 店舗入口 混雑 通路 案内板 POP 売場装飾 品揃え 価格 店舗入口 立寄者数 店内の転換状況を数値化
  30. 30. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 30 活用例(店舗)-店内レイアウト改善(商品に手を伸ばす動作) どの棚の商品に手を伸ばしたか? 商品に手を伸ばす動作をカウント。 3Dセンサの場合、売場通行者数、立寄り者数、立寄り率、各商品棚に手を伸ばした 回数を分析
  31. 31. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 31 活用例(店舗)-行動検知(レジ待ちカウント・接客必要性通知・防犯) 怪しい人がいます! 現在地はここです! 買おうか悩んで いるようです AとBを見ていました 何か探しているようです お声がけください レジ待ち発生中 リアルタイムに特定行動を判定、適切な先に通知
  32. 32. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 32 活用例(店舗)-サイネージ連携 • 売場立寄りや商品棚前の行動から、顧客ごとに商品 への興味関心度を取得して、相関性の高いレコメンド 商品を広告します。 • 通行の少ない売り場や、立寄り率が少ない売場への 回遊を促すレコメンドを店内の複数のサイネージで自 動的に行うこともできます。 • また、サイネージへの立ち寄り率、立寄り顧客数、レコ メンド商品売場への直行率、その商品の購入率などサ イネージの広告効果分析を行うことができます。 デジタルサイネージでのOne to One広告 ベルギー産 チョコレート
  33. 33. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 33 活用例(店舗)-One to Oneプロモーション 店外でも顧客へのOne to Oneアプローチ ワンピ 手に取る 店内(動線取得) スマホアプリで クーポン配布し て誘導 電子マネーで ワンピ購入 個人認識可能なシーン Recommend 購入履歴、Web履歴だけではなく、 店内の興味情報から Aさんに、ネクタイをレコメンド 数日後 ネクタイを レコメンド Aさんの 興味関心度 を更新 メンズシャツ 立寄り ネクタイ 手に取る
  34. 34. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 34 活用例(施設) 工場 店舗 施設
  35. 35. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 35 活用例(施設) 1 施設・通路・テナン ト・顧客分析 2 異常検知 3 デジタルサイネージで 施設案内 4 特定行動者の 現在地検索
  36. 36. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 36 活用例(施設)-異常検知 認 証 端 末 認証エリア 正常入室 ・認証エリアに立寄ってから入室 異常入室 ・認証エリアに立寄らずに共連れ入室 正常退室 ・退室は認証エリアを通らないが、 正常と判断 「動線」だからできる異常検知(入退室管理) 例:オフィス
  37. 37. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 37 活用例(施設)-混雑把握・利用状況案内 現在の混雑状況に応じたコンテンツを表示 例:ショッピングモール サイネージ 効果検証 ・サイネージ表示後に目的地まで 誘導できたかどうか効果検証 フードコートはこちら おすすめ! 1Fフードコート空き状況 現在は座席に 余裕があります 状況に応じた表示 ・サイネージ前の人の動線履歴からコンテ ンツを表示 ・現在のフードコートやトイレの込み具合 など
  38. 38. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 38 活用例(イベント)-イベントの接客とOne to Oneプロモーション 顧客の興味に応じた接客アプローチ 入店通知 ・スタッフにお客様が来店したこと を通知 例:展示会場、ショールーム 接客支援 ・お客様の立ち寄りから、現在興味を持ったと思 われる商品情報の通知 ・接客タイミングの通知 帰宅後 定量マーケティングデータ ・立ち寄り者少数だが、購入率高い ・立ち寄り者多いが、購入率低い ・A商品からの回遊者が多い
  39. 39. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 39 活用例(施設)-現在地検索 特定行動人物の現在地を動線をさかのぼる 例:空港・駅 動線ID IN時刻 OUT時刻 エリア255 tr46783 10:24:10 10:24:40 エリア255 tr46731 10:21:10 10:22:35 動線ID IN時刻 OUT時刻 エリア255 tr46783 10:24:10 10:24:40 エリア255 tr46731 10:21:10 10:22:35 忘れもの・危険物 現在地を表示
  40. 40. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 40 さまざまな業種で展開中
  41. 41. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 41 小売店 製造工場 医療・介護 サービス イベント 展示 物流 施設・ビル アミューズメント 様々な業種で展開中
  42. 42. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 42 動線分析Moptar
  43. 43. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 43 Moptarについて
  44. 44. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 44 Moptarについて 月額 一括 クラウド オンプレ ライセンス 費用 システム環境 ユーザー用途に応じて選択できるラインナップ イベント時に 短期間 使いたい まずは1店舗 試してみたい Azure
  45. 45. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. 45 2018年春リリース予定 デバイスに依存しない動線分析ソリューション として開発し続けています 動線取得デバイス への順次対応 リアルタイム通知 ・危険情報 ・無資格者作業警告 ・作業員不足警告 ・・・ ・各顧客の商品への 興味 ・入店 ・○○駅通過 ・・・ リアルタイム に通知 より広範囲をカバー 魚眼レンズ 屋外利用のための 3D Lidar
  46. 46. © 2018 Supreme System Co., Ltd. All rights reserved. This presentation is for informational purposes only. Supreme System Consulting makes no warranties, express or implied, in this summary. www.supreme-system.com sp-event@supreme-system.com T:03-5956-3426 F:03-5956-3427 Thank you for your attention.

×