Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

第75回デジタルアーカイブサロンでの発表内容

1,893 views

Published on

2017年4月14日に行われた第75回デジタルアーカイブサロンで発表した内容に加筆修正を行いました。

第75回デジタルアーカイブサロンでの発表内容

  1. 1. 第75回デジタルアーカイブサロン アニメーション制作資料の保存と活用 山川道子 株式会社プロダクション・アイジー yamakawa@production-ig.co.jp 2017年4月14日(金) 1
  2. 2. アニメーション制作資料の保存と活用 1. 自己紹介 2. アニメーション アーカイブが取り扱う中間成果物とは? 3. 保管されるマテリアルの種類 4. 利活用の理想的なサイクル 5. 求められているアーカイブ施設とは 6. 日本で動き出しているアーカイブのプロジェクト 7. 【アーカイブ】がもたらす混乱 8. まとめ 2
  3. 3. 1.自己紹介:山川道子 株式会社 プロダクション・アイジー アーカイブ グループ リーダー 2001年 制作進行として入社 TV「パラッパラッパー」「バンパイヤン・キッズ」を担当 2002年 新設立された広報へ異動 I.G15周年本作成とイベントを行う 2003年 ハリウッド映画「キル・ビル」のアニメーション部分の広報担当 2004年 映画「イノセンス」、TV「お伽草子」広報担当 2005年 広報の人員増加に伴い、アーカイブ担当となる 2011年 広報部の解散により、アーカイブ専任となる この年から2015年まで、文化庁デジタルアーカイブ事業に関わる 2016年 アーカイブグループが設置され、リーダーとなる 同年8月より日本動画協会データベース・アーカイブ委員会へ出席 2017年 文化庁「メディア芸樹連携促進事業」連携・協力の推進に関する調査 研究などに参加 3
  4. 4. 2.アニメーション アーカイブが取り扱うモノとは? 【中間成果物】 アニメーションを作る際に発生する資料や素材のことを総称して『中間成果物』と呼ん でいます。同じ意味で、『中間制作物』や『中間素材』と呼ぶ方もいます。 具体例:企画書、脚本、絵コンテ、設定、カット袋(レイアウト・原画・動画・タイム シート・3D用素材etc)、カラーモデル、3Dモデル、3Dシーン、色指定・仕上げ、背景 、撮影、編集、音響、アフレコ台本、納品前映像、ロケハン資料、版権画、セル画 【その他保管物】 制作現場ではないところで発生するものも必要に応じて保管しています。 具体例:広報・宣伝関係資料、納品映像 一般的に保管対象と思われているものを赤太文字にしてみると 全体のごく一部であることがわかる 4
  5. 5. 2.アニメーション アーカイブが取り扱うモノとは? 【中間成果物内の「版権」に対する補足】 アニメ業界の版権という言葉には二つの意味があります ・作品の権利で収益を上げること ※製作会社の捉え方 主に版権ビジネスとはこちらのこと 映像ソフトは配信を行う グッズ販売 アニメを実写化、漫画化、ゲーム化などをする ・映像制作とは別に新たにイラストを描き起こすこと ※制作会社の捉え方 「版権発注があった」などとスタッフ間で使います 雑誌の表紙や映像ソフトのパッケージ用のイラストを描くこと グッズのパッケージ用のイラストを描くこと 版権ビジネスとは多くの制作現場やアニメーターには縁遠いものになっている 5
  6. 6. 2.アニメーション アーカイブが取り扱うモノとは? 公式サイトや書籍などで 「アーカイブ」と言えばこっち I.Gアーカイブでは、 作品群情報の過度な収集は止めました I.Gアーカイブは資料の収集と整理を重視 整理に必要な作品情報は収集する 6
  7. 7. 2.アニメーション アーカイブが取り扱うモノとは? 小風秀雅「近代の企業記録」(国文学研究資料『アーカイブズの科学』下巻、柏書房2003年 80頁)より作成 弊社では一般に企業アーカイブズの主な範囲とされる「経営資料」類は総務部、法務部等が独自に保管 していま す。I.G アーカイブが現在扱う資料(アーカイブに移管される対象となっている資料)は「アニメ 制作資料」で主に 「業務資料」の一部にあたります。これらは、アニメ作品の企画から中間成果物を経て、 マスターテープ納品ま で、一連の業務過程で発生する資料です。 「アニメーション・アーカイブの 機能と実践 」10頁より 7
  8. 8. 3.保管されるマテリアルの種類 ・紙類(紙と画材) ・セル画 (アセテートフィルム) ・デジタルデータ記録メディア (磁気、光学) ・フィギュア (鉄、プラスチック) ・フィルム など、複数のマテリアルで届く 担当者は、すべてに対して ある程度の知識が求められる カット袋と倉庫に入るカット袋の入った箱 30分作品の平均は5箱 HDD(I.Gでは400TB保管中)と映像用磁気テープ 作画参考のフィギュアと倉庫で映像フィルム 8
  9. 9. 3.保管されるマテリアルの種類 ↑TV局/映画会社などが作成したもの 例:プレスシート、劇場パンフ ↑制作会社で使用 ↑制作会社不要の本 例)原作本 例:アニメ原作の漫画/小説 ↑制作会社の協力が必要な本 ↑映像ソフト ↑音楽ソフト 例:CD、Blu-ray AUDIO例:VHS/DVD/Blu-ray例:ムック本 例:ムック本 9
  10. 10. 4.利活用の理想的なサイクル 各セクションから回収し、必要な人へ渡せるサイクルが重要 【例】資料を集め保管をし、展示を行い、 それで発生した物を残し活用する 10
  11. 11. I.Gアーカイブ利用状況 1ヶ月平均20件100点、多い時は250点以上 8割がデータ資料、映像テープと紙資料が残りの半々程度 例:制作現場よりカット袋の取り出し依頼 ・続編での使用 国内ライセンスより映像テープの取り出し依頼 ・ネット配信、他局への販売、映像ソフトの再販 商品企画より展示会用の原画選定と取り出し依頼 ・展示に合わせた絵のみの使用 雑誌・書籍の為の素材選定と提供 ・編集、ライターの意を汲んだ絵の使用 4.利活用の理想的なサイクル 11 「攻殻機動隊パーフェクトブック」 画像の提供、テキストの監修など 「攻殻機動隊DVD BOOK」 映像の提供、原画の提供など
  12. 12. I.Gアーカイブ利用状況 展示会一部抜粋 2014年4月 「宇宙戦艦ヤマト2199原画展」 2014年8月 「攻殻機動隊 原画展」※原画集出版 2015年11月 「ハイキュー原画展」 2016年1月 「サイコパス 原画展」※原画集出版 2016年7月 「ジョーカー・ゲーム原画展」※原画集、設定集出版 2017年2月 「西尾鉄也こんなにいっぱい描きました展」※原画集出版 2017年3月 「人狼JIN-ROH 原画展」※iPad用ソフト作成 全国巡回する際に追加展示の依頼を受ける 会場で発売できるように書籍を作ることも多い 展示会場での物販の売り上げが次の利活用の機会を作る 12 4.利活用の理想的なサイクル
  13. 13. 5.求められているアーカイブ施設とは 作り手である制作会社ではなく、 利用者との間に立てる 別の組織である必要がある。 長期保管という今すぐ売り上げが無いものに 出資できる理念と構造を持つ必要がある。 アニメアーカイブに関する組織はまだ無い 中間の組織 ↓ 13 「資料を集め保管をし 、展示を行い、 それで発生した物を残 し活用する」 このサイクルを維持で きる組織とは?
  14. 14. 6.日本で動き出しているアーカイブのプロジェクト 知的財産戦略本部が各省庁へ知的財産の積極的な活用を指示し、 それに応える形でアーカイブ関連や活用の事業が発生しているように読み取れる 14 複数の省庁で行われているアーカイブと利活用の一例
  15. 15. 知的財産推進計画 概要より DB事業はあるが、 物や画像データの アーカイブズは まだ存在しない 15 6.日本で動き出しているアーカイブのプロジェクト
  16. 16. 知的財産推進計画 概要より 現在は アニメ分野の 束ね役が不在 16 6.日本で動き出しているアーカイブのプロジェクト
  17. 17. 知的財産推進計画 概要より クールジャパンで儲かっている という誤解を受けます。 海外輸出の窓口の開拓とサポー トを国が行う事業であり、 制作会社やアーカイブ活動の予 算が増えるわけではない。 17 6.日本で動き出しているアーカイブのプロジェクト
  18. 18. https://mediaarts-db.bunka.go.jp 2010年から2015年までの メディア芸術デジタルアーカイブ事業において作成 I.Gは日本動画協会の元でアニメ分野に参加 現在は凸版印刷 株式会社と株式会社 寿限無が更新 18 6.日本で動き出しているアーカイブのプロジェクト 使い勝手に難があるものの、 DB作りの過程で出た問題点が、 今後のバージョンアップに 役立てられると期待したい。
  19. 19. 【現物保管をしている施設】 ・杉並アニメーションミュージアム http://sam.or.jp ※保管場所は少なく、収蔵されているフィルムは酢酸臭あり ・米澤嘉博記念図書館 http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/ ※森川嘉一郎先生が購入したコレクションあり ※業界関係者から収集した資料も多い ※東京マンガ図書館の先行施設として開館された http://www.meiji.ac.jp/manga/index.html ・東映アニメーション ギャラリー http://www.toei-anim.co.jp/tag/03.html ※大泉スタジオ建て替えのため2014年より休館中 ・東京国立近代美術館フィルムセンター http://www.momat.go.jp/fc/ ※映像作品となているフィルムを収集している ※所蔵リストは非公開 ※寄贈し、有料上映の収益を保管費として渡すことが収蔵の条件 中間成果物のアーカイブズではなく、 コレクションや展示物できるもの、 2000年には主流となっていた 磁気テープやボーンデジタル作品の 収集保管場所は存在していない。 つまり、アーカイブ活動はあるが、 アーカイブズ施設は無いと言える。 19 6.日本で動き出しているアーカイブのプロジェクト
  20. 20. MANGAナショナル・センター構想 「MANGA」とは、マンガ、アニメ、ゲーム等のメディア芸術のこと。 「MANGAナショナルセンター構想」とは、平成26年11月に設立された超党派の MANGA議連(古屋圭司会長)が平成28年12月に提言した構想。 五輪東京大会に向けて、 ①世界最高のMANGAの保存拠点(アーカイブズ)を中核として、 ②併設された博物館やホール等の国際情報発信拠点ともなり、 ③国内各地の関連拠点との連携による地方創生、 ④関係機関と連携した人材育成を通じて産業基盤の強化を目的に、民間活力 での整備 を目指すもの。 赤池まさあき氏Blogより http://blogos.com/article/216806/ 20 6.日本で動き出しているアーカイブのプロジェクト 期待できるアーカイブズ施設案
  21. 21. MANGAナショナル・センター構想 21 赤池まさあき氏Blogより http://blogos.com/article/216806/ 6.日本で動き出しているアーカイブのプロジェクト
  22. 22. 収集と簡易的な整理・保管の段階(コレクト) 長期保管と利用にむけた作業の段階(アーカイブとコンサベーション) 活用の段階(キュレーション) 22 6.日本で動き出しているアーカイブのプロジェクト 物 ・ 情 報 側 デ ジ タ ル デ | タ 側 データの長期保管に関しては、 勉強会やネットで知識を得ていた為 、書籍を持っていなかった 自分が勉強の為に入手したものを使って分類してみた
  23. 23. 収集と簡易的な整理・保管の段階(コレクト) 長期保管と利用にむけた作業の段階(アーカイブとコンサベーション) 活用の段階(キュレーション) 23 6.日本で動き出しているアーカイブのプロジェクト 物 ・ 情 報 側 デ ジ タ ル デ | タ 側 データの長期保管に関しては、 勉強会やネットで知識を得ていた為 、書籍を持っていなかった 自分が勉強の為に入手したものを使って分類してみた 必要だから収集せよ!作成せよ!という話が多い どのように残すのか、理念と技術のは少ない デジタル化すれば共有できると語られる 真にアーカイブ(ズ)のことが語られることは少ない!?
  24. 24. 7.【アーカイブ】がもたらす混乱 「アーカイブ」について語る人の立場によって、 理念と技術、収集・保存・活用のどの視点の話かが曖昧になりわかりづらくなる 【例】 ←アーカイブズ学会 ←デジタルアーカイブ研究所 ←脚本アーカイブズ ←NCFノンフィルムアーカイブ ←情報保存研究会 ←NHKアーカイブス ←東日本大震災アーカイブ ←国立公文書館 デジタルアーカイブ ←デジタルアーカイブ学会 24
  25. 25. 8.まとめ 【保管物について】 I.Gのアーカイブは中間成果物の保管を重要 視している。多様なマテリアルに合わせた知識 が必要である。 【収集・利用について】 資料が発生する部署を把握し、的確に収集を 行う。その為には制作工程や利活用後の資料の 発生にも意識を持つ必要がある。 25
  26. 26. 8.まとめ 【アーカイブを語る時の注意点】 話者の立場によって「アーカイブの定義」が 変わることを意識して使用する必要がある。 【業界の今後について】 現在は各社独自の活動を進めているが、 長期的な保管には第三者的なアーカイブ機関が 必要である。 26

×