Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【オウンドメディア】オウンドメディア×ソーシャルメディア効果をUpする方法~オウンドメディアでエンゲージメントを創るには~

2,605 views

Published on

第4回メンバーズオウンドメディアセミナー
オウンドメディアでエンゲージメントを創る、ソーシャルメディア活用戦略

【第3部】オウンドメディア×ソーシャルメディア効果をUPする方法
~オウンドメディアでエンゲージメントを創るには~

オウンドメディアとソーシャルメディアの連携は、企業のWebマーケティングは大きく変えるほどの力を持ち合わせています。当講演では、ソーシャルログインを行うことで獲得できるソーシャルデータをマーケティングの側面からみる影響力と、ソーシャルデータの測定・活用方法をご紹介します。

【講師】株式会社メンバーズ セールス&マーケティングディビジョン ディビジョン長 神尾 武志

  • Be the first to comment

【オウンドメディア】オウンドメディア×ソーシャルメディア効果をUpする方法~オウンドメディアでエンゲージメントを創るには~

  1. 1. members オウンドメディア×ソーシャルメディア 効果をUPする方法 ~オウンドメディアでエンゲージメント を創るには~ 2013.10.18 株式会社メンバーズ http://www.members.co.jp/
  2. 2. Qustion ソーシャル連携したらシェアされますか?
  3. 3. あれ?使われない。。。
  4. 4. オウンドメディア×ソーシャルメディア の構造の理解が大事 オウンドメディア ソーシャルメディア シェア ・・・ リファーラル
  5. 5. シェアされるサイト 4つのポイント 1.シェアしたくなるコトを考える 2.SNSの特徴と相性を考える 3.シェアされてからの事を考える 4.機能の特徴を理解する
  6. 6. 1.シェアしたくなるモノ・コトを考える サービス紹介ページ
  7. 7. 1.シェアしたくなるモノ・コトを考える コラム(ブログ)
  8. 8. ヒトはオウンドメディアの先のSNSを 考えてシェアしているという「文脈」 オウンドメディア ソーシャルメディア ・・・
  9. 9. 1.シェアしたくなるモノ・コトを考える 例: 役立ちたい 「へぇ~」 「なるほど」 「これは便利」 「おトク」etc 感情を表現(共有)したい 「好き!」 「食べたい!」 「かっこいい!」 「笑える!」 etc 私と○○にとってよいコト・モノである コト・モノが△△なワタシを見せてくれる
  10. 10. 1.シェアしたくなるモノ・コトを考える 毎日300の人が コメント
  11. 11. 1.シェアしたくなるモノ・コトを考える カタログから ストーリーを伝える マガジンへ
  12. 12. 1.シェアしたくなるモノ・コトを考える 構造を意識して シェアされる文脈を捉える
  13. 13. シェアされるサイト 4つのポイント 1.シェアしたくなるコトを考える 2.SNSの特徴と相性を考える 3.シェアされてからの事を考える 4.機能の特徴を理解する
  14. 14. 2. SNSの特徴と相性を考える ?
  15. 15. 2. SNSの特徴と相性を考える どのSNSでシェアされているか 出展:GIGYA blog
  16. 16. 2. SNSの特徴と相性を考える 出展:GIGYA blog
  17. 17. 2. SNSの特徴と相性を考える 主要なSNS 4~5つで90%以上 特徴を考え、相性を考えて、 使うべし
  18. 18. シェアされるサイト 4つのポイント 1.シェアしたくなるコトを考える 2.SNSの特徴と相性を考える 3.シェアされてからの事を考える 4.機能の特徴を理解する
  19. 19. 3.シェアされてからの事を考える ライバルは 友達
  20. 20. 3.シェアされてからの事を考える <良くない例> 写真と 短いタイトルのみ。 どこの企業の どんなコンテンツか 分からない。。。 <良い例> タイトルがしっかり内 容を伝え、更に本文の 冒頭をディスクリプ ションで表記。 読ませる・興味を持た せるための要素をちゃ んと設定 ランチメニュー 写真
  21. 21. 3.シェアされてからの事を考える スマートフォンではもっと差がつく 写真 ランチメニュー
  22. 22. 3.シェアされてからの事を考える OGPをちゃんと設定することが必須 OGP (Open Graph Protocol)とは Facebookが考えた、ウェブページを SNS内の情報として組み込むプロトコル シェアされたコンテンツがSNSのフィード上に 流れる際、その表示をコントロールすることが できます。
  23. 23. シェアされるサイト 4つのポイント 1.シェアしたくなるコトを考える 2.SNSの特徴と相性を考える 3.シェアされてからの事を考える 4.機能の特徴を理解する
  24. 24. 4.機能の特徴を理解する シェアバー ページ(コンテンツ)自体の存在の共有 リアクションボタン 某社さま事例 ページ(コンテンツ)に対するエモーショナル な表現 直感的であるほど反応高い
  25. 25. 4.機能の特徴を理解する コメント 同じコト、時間を共有し ているヒトへの集まる場 の提供 ・ニュース ・コラム ・ブログ などに適している
  26. 26. 4.機能の特徴を理解する アクティビティフィード みんなの行動・興味を知 り、新しいきづきで、 コンテンツ閲覧を誘因す る。
  27. 27. 4.機能の特徴を理解する アクション数 シェアバー リアクション コメント リファラ 効果 ◎ 0.5~2倍 シェア№1 ○△ 6~15倍 リファーラル№1 2~5倍 エンゲージメン ト№1 △ ※GIGYA導入企業 数社サンプル抽出した平均値
  28. 28. ソーシャル化効果UP まとめ 1.シェアしたくなるコトを考える 2.SNSの特徴と相性を考える 3.シェアされてからの事を考える 4.機能の特徴を理解する 情報プラットフォームから コミュニケーションプラットフォームへ
  29. 29. ソーシャル化 KPI・効果検証 設計例 GOAL:ソーシャルメディアの力を使って、 人伝手に認知を広げること ペイドメディア 集客 ソーシャルメディア オウンドメディア ・・・
  30. 30. ソーシャル化効果UP まとめ KPI 1.SNSへのシェア数=どのくらい共有? 2.SNSからの戻り数=どのくらい反響? 3.サイトPV(訪問)数に占める2の比率 =どのくらい貢献? 4.SNS別の利用数=相性が良いのは? 5.ページ(コンテンツ)別の1、2、3 =コンテンツとの相性は? 6.ソーシャル化されていないページとの比較 =ソーシャル化効果は? 他、OS(デバイス)別、地域別、滞在時間など
  31. 31. ソーシャル化効果UP まとめ ソーシャルデータとサイトデータを掛け合わせで サイト解析データ (GA、Adobe Analytics等) ソーシャル効果データ × Check! ●Facebookドメインインサイトも必須で 入れましょう(FBでのリーチが分かる)
  32. 32. オウンドメディアに エンゲージメントを MEMBERS, The Internet Business Partner! ソーシャルメディア時代をリードし顧客と共にビジネスを創造 するネットビジネスパートナー
  33. 33. 本資料に関するお問い合わせはこちら http://www.members.co.jp m_smd@members.co.jp

×