Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
PLAY
2015年7月1日 はじめての動画広告運用講座
第1部
はじめての動画広告運用
http://www.members.co.jp/
株式会社メンバーズ
2012年メンバーズ入社。
ソーシャルメディア研究機関「エン
ゲージメントラボ」を経て、大手企
業のソーシャルメディアマーケティン
グ支援を担当。
2014年には日本で始めての
Facebook動画自動再生広告プ
レミアムビデオ広告」を実施。
...
第1部
動画をソーシャルメディア上で
どう活用できるのか?
AGENDA
1.なぜ動画を活用すべきなのか?
2.制作した動画をどう活用できるのか?
①自社サイト、ソーシャルメディアでの投稿運用
②ソーシャルメディアでの広告運用
なぜ動画を活用する
必要があるのか?
生活の中で動画視聴の割合が
かなりの時間を占めている
50% 通勤・通学中に動画を視聴する人は50%
特に、学生は約60%が視聴
1/3
乗車時間の約1/3は動画
平均的な動画視聴時間の割合は、
通勤者男性・女性40歳以下、
通学者男女で35%...
なかでも、動画×ソーシャルメディアの
利用率が増大している。
80% どの年代でも視聴サービスはYouTubeや
ニコニコ動画など動画共有系が圧倒的な割合
60%
動画・SNS利用が盛ん
YouTube検索は、Google/
Yahoo!に次い...
動画視聴環境の
進化
動画視聴環境の進化
メディア接触時間、
ネットがテレビを上回る
ジャストシステム「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」(2015年2月度)
0 100 200 300 400 500 600
15歳~19歳
20歳~29歳
30歳~39歳...
動画視聴環境の進化
スマートフォン利用者の増加
モバイル機器利用者の
約62%がスマートフォンを活用
42.8%
総務省「平成 26 年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」
動画視聴環境の進化
ネットでは動画視聴が拡大。
スマフォでの動画視聴経験、83.5%
博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンター「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」第9回(2014年4月11日)
ネット 42.8%テレビ...
企業も動画に注目し活用し始めている
企業担当者の29.7% が
「動画のPR活用」に注目。
ソーシャルメディアへの注目度も高い。
PR TIMES 「企業広報アンケート調査」2014年6月26日~27日
企業は動画活用に注目
企業担当者が期待すること
・メッセージをわかりやすく伝える:72%
・アクセス数増加:42%
PR TIMES 「企業広報アンケート調査」2014年6月26日~27日
企業は動画活用に注目
作った動画をどう活用するのか?
サイト・ソーシャルメディアでの投稿運用
自社サイトへの埋め込み
自社YouTubeチャンネル
へのアップロード
source:Aston Martin
サイト・ソーシャルメディアでの投稿運用
自社Facebookページ
での投稿
自社Twitterページ
での投稿
source:Aston Martin
メンバーズ調べ:2014年8月以降の投稿タイプ別のオーガニックリーチ率の推移を調査
企業ページオーガニックリーチ率調査-2015年4月版
実際に動画は良くリーチする
しかし、これらのメディアには
それぞれ課題がある
オーガニック投稿では動画露出は、
ファン・フォロワーもしくはその友だちに限られる
そもそものPV数がなければ、
有料の集客施策を実施する必要がある
自社サイト
Facebook,Twitter
しかし、これらのメディアには
それぞれ課題がある
...
なので、ソーシャルメディア上に動画を
アップロード、投稿するだけでなく、
より露出させることが、
再生回数獲得・動画認知・理解促進
には重要!
広告運用
ソーシャルメディア上で
さらに動画を
露出させるための手法
代表的なソーシャルメディア3つにはそれぞれ、
動画配信用の広告メニューがあります
TrueView
インストリーム広告 Video Ad プロモビデオ
source:Google、Mercedes Benz Japan、Audi
広告での動画再生の定義
概算の再生単価
自動再生の有無
広告素材(動画・文言)
尺30秒以上で30秒、
尺30秒未満で最後まで再生
3秒以上再生
3秒以上再生
・・・
9~16円
15~50円
30~50円
※AutoPlay導入前
動画
動画...
中でも、気をつけるべきは、再生の定義。
施策の目標値設定のためには、妥当な値
で動画再生を比較する事が重要。
例えば・・
広告での動画再生の定義
尺30秒以上で30秒、
尺30秒未満で最後まで再生
3秒以上再生
3秒以上再生
広告での動画再生の...
Facebook、TwitterとYouTubeでは
再生の定義が異なるので
単純比較ではなく、近しい値で比較すべきです
第2部へ
動画を見るユーザーは増え、
多くの企業が動画をプロモーションに
活用し始めている
ただ動画を制作・投稿/出稿するのではなく、
これらのポイントを考慮して運用、改善する事が非常に
重要!
STOP
本資料に関するお問い合わせ
株式会社メンバーズ
http://www.members.co.jp/
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

はじめての動画広告運用

1,326 views

Published on

2015年7月1日
はじめての動画広告運用
http://www.members.co.jp/seminar/
https://members.smartseminar.jp/public/seminar/view/251

第1部 はじめての動画広告運用

動画広告の概要についてご説明します。
CMや店頭用に動画を制作したはいいが、Web上でどのように展開していいか分からない・・・。一方で、他社は色々なところで動画を使っている・・・。
そんな不安を解消すべく、日々利用が進んでいるWeb上の動画活用について投稿・広告の視点からソーシャルメディアを中心にご紹介いたします。

【講師】株式会社メンバーズ 小林洋祐 

  • Be the first to comment

はじめての動画広告運用

  1. 1. PLAY 2015年7月1日 はじめての動画広告運用講座 第1部 はじめての動画広告運用 http://www.members.co.jp/ 株式会社メンバーズ
  2. 2. 2012年メンバーズ入社。 ソーシャルメディア研究機関「エン ゲージメントラボ」を経て、大手企 業のソーシャルメディアマーケティン グ支援を担当。 2014年には日本で始めての Facebook動画自動再生広告プ レミアムビデオ広告」を実施。 小林 洋祐 -Yousuke Kobayashi-
  3. 3. 第1部 動画をソーシャルメディア上で どう活用できるのか? AGENDA 1.なぜ動画を活用すべきなのか? 2.制作した動画をどう活用できるのか? ①自社サイト、ソーシャルメディアでの投稿運用 ②ソーシャルメディアでの広告運用
  4. 4. なぜ動画を活用する 必要があるのか?
  5. 5. 生活の中で動画視聴の割合が かなりの時間を占めている 50% 通勤・通学中に動画を視聴する人は50% 特に、学生は約60%が視聴 1/3 乗車時間の約1/3は動画 平均的な動画視聴時間の割合は、 通勤者男性・女性40歳以下、 通学者男女で35%前後 電通総研「通勤・通学時における動画視聴」調査 2014年6月19日~21日
  6. 6. なかでも、動画×ソーシャルメディアの 利用率が増大している。 80% どの年代でも視聴サービスはYouTubeや ニコニコ動画など動画共有系が圧倒的な割合 60% 動画・SNS利用が盛ん YouTube検索は、Google/ Yahoo!に次いで、第三の検索エンジン ※博報堂DY調べ。2013年5月
  7. 7. 動画視聴環境の 進化
  8. 8. 動画視聴環境の進化 メディア接触時間、 ネットがテレビを上回る ジャストシステム「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」(2015年2月度) 0 100 200 300 400 500 600 15歳~19歳 20歳~29歳 30歳~39歳 40歳~49歳 50歳~59歳 60歳~69歳 全体 テレビ ラジオ 新聞 雑誌 PC スマホ ネット 42.8%テレビ32.9%
  9. 9. 動画視聴環境の進化 スマートフォン利用者の増加 モバイル機器利用者の 約62%がスマートフォンを活用 42.8% 総務省「平成 26 年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」
  10. 10. 動画視聴環境の進化 ネットでは動画視聴が拡大。 スマフォでの動画視聴経験、83.5% 博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンター「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」第9回(2014年4月11日) ネット 42.8%テレビ32.9% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 全体 15歳~19歳 20歳~29歳 30歳~39歳 40歳~49歳 50歳~59歳 60歳~69歳 視聴経験あり 視聴経験なし インターネットでの動画視聴経験の有無
  11. 11. 企業も動画に注目し活用し始めている
  12. 12. 企業担当者の29.7% が 「動画のPR活用」に注目。 ソーシャルメディアへの注目度も高い。 PR TIMES 「企業広報アンケート調査」2014年6月26日~27日 企業は動画活用に注目
  13. 13. 企業担当者が期待すること ・メッセージをわかりやすく伝える:72% ・アクセス数増加:42% PR TIMES 「企業広報アンケート調査」2014年6月26日~27日 企業は動画活用に注目
  14. 14. 作った動画をどう活用するのか?
  15. 15. サイト・ソーシャルメディアでの投稿運用 自社サイトへの埋め込み 自社YouTubeチャンネル へのアップロード source:Aston Martin
  16. 16. サイト・ソーシャルメディアでの投稿運用 自社Facebookページ での投稿 自社Twitterページ での投稿 source:Aston Martin
  17. 17. メンバーズ調べ:2014年8月以降の投稿タイプ別のオーガニックリーチ率の推移を調査 企業ページオーガニックリーチ率調査-2015年4月版 実際に動画は良くリーチする
  18. 18. しかし、これらのメディアには それぞれ課題がある
  19. 19. オーガニック投稿では動画露出は、 ファン・フォロワーもしくはその友だちに限られる そもそものPV数がなければ、 有料の集客施策を実施する必要がある 自社サイト Facebook,Twitter しかし、これらのメディアには それぞれ課題がある 動画置き場にはいいが、コンテンツ露出が少ない YouTube
  20. 20. なので、ソーシャルメディア上に動画を アップロード、投稿するだけでなく、 より露出させることが、 再生回数獲得・動画認知・理解促進 には重要!
  21. 21. 広告運用 ソーシャルメディア上で さらに動画を 露出させるための手法
  22. 22. 代表的なソーシャルメディア3つにはそれぞれ、 動画配信用の広告メニューがあります TrueView インストリーム広告 Video Ad プロモビデオ source:Google、Mercedes Benz Japan、Audi
  23. 23. 広告での動画再生の定義 概算の再生単価 自動再生の有無 広告素材(動画・文言) 尺30秒以上で30秒、 尺30秒未満で最後まで再生 3秒以上再生 3秒以上再生 ・・・ 9~16円 15~50円 30~50円 ※AutoPlay導入前 動画 動画・文言 動画・文言 各動画広告の比較 〇 ・・・ ・・・ 〇 〇
  24. 24. 中でも、気をつけるべきは、再生の定義。 施策の目標値設定のためには、妥当な値 で動画再生を比較する事が重要。 例えば・・ 広告での動画再生の定義 尺30秒以上で30秒、 尺30秒未満で最後まで再生 3秒以上再生 3秒以上再生 広告での動画再生の定義 尺30秒以上で30秒、 尺30秒未満で最後まで再生 30秒以上再生数で比較 30秒以上再生数で比較
  25. 25. Facebook、TwitterとYouTubeでは 再生の定義が異なるので 単純比較ではなく、近しい値で比較すべきです
  26. 26. 第2部へ
  27. 27. 動画を見るユーザーは増え、 多くの企業が動画をプロモーションに 活用し始めている ただ動画を制作・投稿/出稿するのではなく、 これらのポイントを考慮して運用、改善する事が非常に 重要! STOP
  28. 28. 本資料に関するお問い合わせ 株式会社メンバーズ http://www.members.co.jp/

×