Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
What to Upload to SlideShare
Loading in …3
×
1 of 21

株式会社メンバーズ社内報MEMBUZZ(メンバズ)2021年10月号(♯138)

0

Share

Download to read offline

株式会社メンバーズが毎月発行している社内報MEMBUZZ(メンバズ)を公開しています。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

株式会社メンバーズ社内報MEMBUZZ(メンバズ)2021年10月号(♯138)

  1. 1. 01 02 03 04 05 06 07 08 社長メッセージ 永年勤続表彰 Social Art 作品のご紹介 EMC甲子園 レクリエーション委員会 22新卒内定式 わたしのパーソナルヒストリー 自己紹介トピックス P 03 P 05 P 08 P 09 P 11 P 13 P 15 P 17 編集後記 -Editor’s Note- 今月の表紙 Photo: 今月の表紙はレクリエーショ ン委員会からです。詳細は、 P11をご覧ください。 P 2 【メンバズ】 2021年10月29日 No.138発行 MEMBUZZは毎月月末に 発行しています。
  2. 2. メンバーズでは、9月30日に「脱炭素DX」という書籍を 発売し、すべてのDXは脱炭素社会のためにおこなうべ きという主張を示しました。 人類最大の課題である気候変動問題解決のためには、 2030年まであと8年強で、排出するCO2を半減させる 必要がありますが、それは我々個人もそうですし、すべ ての企業が求められるものです。 私は今年CO2ゼロ住宅を新築し引っ越しをしました。 以前からクルマも電気ですから、これで私の生活で排 出されるCO2はほぼゼロになりました。 引っ越しの際に、まだ使える家具がたくさんありました。 ダイニングテーブルや学習机などもとても綺麗だったの で捨てるのはいかにももったいないし、脱炭素のため にも買い取り業者やメルカリやジモティーなどを駆使し ましたが、引き取り手がなくやむを得ずすべて粗大ごみ に出しました。私自身が家具を買い替えるのがそもそ もよくないのでしょうが、リサイクル市場がないこと、 もっと言うと家具メーカーがリサイクルを前提に家具を 脱炭素DX 2021年10月 剣持 忠 P 3 作っていないことに大いに疑問に思いました。 例えば、クルマ業界には認定中古車制度があります。 もともと新車メーカーにとって中古車というのは敵だっ たものを、新車メーカー自体が中古車を整備点検して それを保証する認定中古車という制度を作ったことで ユーザーは安心して比較的安価にクルマを買うことが できるし、高値で下取りしてもらえる安心感からより高 い新車がよく売れるようになったのです。 家具メーカーも、リサイクルする前提で家具を作るべき だと思いました。そうすれば、合成木材の安い家具を 作って、それを数年で使い捨ててもらうのではなく、本 物の木材を使った100年以上使えるような家具を作り、 それをきちんと整備し保証付きで中古マーケットで売っ たほうが売上があがるはずだと思うのです。家具ごとに 部材を変えるのではなく、ネジや木材などは共通規格 として100年整備して使い続けることを前提に作るとか。 家具だけでなく、すべてのものがこのような考え方、 サーキュラーエコノミーを前提とした考えで製造される べきだろうと考えるのです。
  3. 3. そしてこれらを支えるのがデジタルの力です。 例えば、家具専用のメルカリのようなリサイクルプラット フォームが企業ごとにあるべきなのだと思います。 家電業界にも疑問を持ちました。引っ越しを機に掃除 機のルンバを買いましたが、ルンバは新しい機能が自 動アップデートされます。電気自動車のテスラもソフト ウェアで機能がどんどんアップデートされるそうです。 家電業界はそもそも新しい機能を追加して高炭素なモ ノの買い替えを促して売上をあげるビジネスモデルで すが、モノの機能はソフトウェアでアップデートしてサブ スクなどの低炭素の付加価値サービスで売上をあげて いくというビジネスモデルにならないと脱炭素社会には なりません。 モノからサービスへ、それを支えるのもデジタルの力で す。 いま話をしたのはほんの一例ですが、脱炭素社会とい うのは節約をすることではなく、高炭素なモノ中心の価 値観、使い捨て中心の価値観を変えることであり、それ を支えるのがデジタルの力なのです。 P 4 代表取締役社長 剣持忠 メンバーズグループは、企業の情報発信としてのWeb サイトの制作運用に、すなわちマーケティング領域のデ ジタル化に携わってきましたが、今後はお客さま企業 のサービスそのもの、プロダクト領域のデジタル化に もっと深く携わり、その仕事を通してお客さま企業の脱 炭素化を促し、脱炭素製品の開発や脱炭素サービス の開発を支援していきたいと考えています。 皆さんもどのようにすれば自分の仕事を通してお客さ ま企業の脱炭素を支援できるか考え、行動してみてく ださい。その1mmの行動が世界を変えるのです。
  4. 4. P 5 永年勤続表彰、ありがとうございます。 決して、順風満帆の道のりだったとは思いませんがw、そのときそのと きに出会った皆さまに助けられ、何とかやって参りました。大変お世話 になりました。 これからもよろしくお願いします。 5年勤続表彰 EMCカンパニー BU6-2 プロデューサー 細川 英樹 5年勤続表彰 永年勤続表彰ありがとうございます。長いようで短く感じております。 これからも現状維持ではなく日々自己スキルの向上のために精進し て参ります。 メンバーズグッドコミュニケーションズカンパニー 第1G ディレクター 井坂 嘉諒 永年勤続表彰 受賞者コメント
  5. 5. P 6 永年勤続表彰ありがとうございます。本当にあっという間の5年間でし た。これからもスキル向上に励みつつ、常駐先でもさらにお役に立て るように頑張りたいと思います。 5年勤続表彰 メンバーズキャリアカンパニー デジタルクリエイターサービス本部 デジタルクリエイター2G 中島 千恵 勤続5年の表彰ありがとうございます。 未経験での入社でしたが、5年 の間にさまざまな常駐先で経験を積ませていただき、成長することが できました。 これからもスキル向上に励みながら、お客さまのお役に 立てるように頑張りたいと思います。 5年勤続表彰 メンバーズキャリアカンパニー デジタルクリエイターサービス本部 デジタルクリエイター2G 呉 鳳倫 表彰ありがとうございます。 元々、別会社所属でメンバーズの案件に関わっていましたが、どんど ん黒くなってきたので案件を手土産にメンキャリに入社しました。 新しい案件の配属も決まり、心機一転さらに頑張っていきます。 5年勤続表彰 メンバーズキャリアカンパニー デジタルクリエイターサービス本部 デジタルクリエイター2G 古内 大悟
  6. 6. P 7 永年勤続表彰ありがとうございます。本当にあっという間の5年間でし た。さまざまな方に助けていただき、教わりながら業務遂行ができまし た。今後も日々精進していきたいと思います。これからも引き続きどう ぞよろしくお願いいたします。 5年勤続表彰 メンバーズキャリアカンパニー デジタルクリエイターサービス本部 デジタルクリエイター2G 東長田 吉勝
  7. 7. P 8 P 8 Social Art Japanとは2020年6月に始まったメンバーズギフテッドの新プロジェクトであり、在宅勤務をおこなう障 がいのあるアーティストを首都圏企業に紹介して、気候変動問題などの社会課題をテーマに作品を制作・発信す ることで、人々の行動を変えていくことを目標としています。2020年11月から現在までに10名のアーティストがメン バーズの社員として入社されました。自身の得意な創作活動で就労するアーティストと社会課題の解決に取り組 む企業を繋ぐ社会的注目度の高いプロジェクトです。今月は岩﨑詩織さんの『何者でもなくなった』をご紹介します。 何者でもなくなった 胎 児 の 性 別 は 妊 娠 七 か 月 で わ か る と い う 。 そ れ は 幸 運 で も あ り 、 非 運 で も あ る 。 ど ん な に 文 明 が 発 達 し て も こ の 二 択 か ら は 逃 れ る こ と は で き な い 。 悲 し み の よ う な 慈 し み の よ う な 両 性 的 な 画 面 に そ れ が 表 れ て い る 。 出 産 の 瞬 間 を と ら え た よ う な 、 さ か さ ま に 横 た わ る 人 物 は ま さ に 性 別 の 二 択 が 決 め ら れ た 瞬 間 に 微 笑 ん で い る 。 し か し な が ら 、 こ の 人 物 の 未 来 は 本 人 は も ち ろ ん 、 誰 に も わ か ら な い 。 ま た 、 さ か さ ま の 人 物 の 周 囲 の 人 物 た ち も こ の 性 の 二 択 に か つ て 選 択 を 強 い ら れ 、 成 人 に な っ た 現 在 ま で も 、 悩 み を 抱 え て い る キ ャ ラ ク タ ー で あ る 。 だ か ら こ そ 光 り 輝 く 色 彩 に よ り 、 こ の 人 物 を こ の 世 に 送 り 出 す 作 者 な り の メ ッ セ ー ジ を 感 じ る 。 こ の 作 品 に は 黒 を 一 切 使 用 し て い な い 。 ど ん な ジ ェ ン ダ ー も 愛 し 愛 さ れ 、 そ し て 曇 り な い 満 足 の い く 人 生 を 心 か ら 望 む 世 界 観 で あ る 。 群馬県で活動中。主に人物画を中心に描き、その中 にメッセージを加えて発信している。画材は主にカ ラーシャープペン、色鉛筆を使用。閉じた瞳の深層に 興味があり、画題に多く取り入れ、人物の内面を画 面全体に浮き立たせる効果を多く取り入れる作風が 特徴。 作品の構図にこだわりがあり、画面の空間の形を大 切に制作をしている。また、青色と黄色を好んで使用 している。 岩﨑詩織
  8. 8. P 9 金 澤 : ま ず 前 提 と し て 、 メ ン バ ー ズ で は 前 期 に 新 し く 職 種 制 度 が 策 定 さ れ ま し た が 、 E M C カ ン パ ニ ー で は E M C 2 . 0 職 種 と し て 8 つ の 職 種 を 定 義 し ま し た 。 E M C 甲 子 園 と は 、 こ の 職 種 に 認 定 さ れ る た め の 登 竜 門 の よ う な 立 ち 位 置 に な っ て い ま す 。 職 種 に 認 定 さ れ る た め に は あ る 程 度 の 実 績 や 経 験 を 積 む 必 要 が あ り ま す 。 E M C 甲 子 園 は 、 志 は あ る が 実 績 を 積 む チ ャ ン ス が 少 な か っ た り 、 年 次 が 浅 く 経 験 が 足 り な か っ た り す る 若 手 を 対 象 に 、 ポ テ ン シ ャ ル や 可 能 性 を 広 げ る 場 だ と 思 っ て い ま す 。 ま た 、 E M C と い う サ ー ビ ス を 提 供 す る う え で 重 要 に な っ て く る の が 職 種 間 の 協 業 で す 。 そ の 疑 似 体 験 と い う 意 味 で 学 ん で ほ し い と い う 目 的 も あ り ま す 。 E M C 甲 子 園 は 予 選 と 本 選 に 分 か れ て お り 、 本 選 は 下 期 の 開 催 に な り ま す 。 予 選 は 職 種 ご と に 分 か れ て お り 、 グ ロ ー ス デ ィ レ ク タ ー と サ ー ビ ス デ リ バ リ ー ア ー キ テ ク ト は 疑 似 コ ン ペ と い う 形 で 、 与 え ら れ た お 題 に 対 し 仮 想 ク ラ イ ア ン ト を 立 て 、 提 案 の プ レ ゼ ン を お こ な っ て も ら い ま し た 。 1 対 1 で プ レ ゼ ン し 、 評 価 の 高 い 人 が 本 選 に 出 場 と な っ て い ま す 。 ア ー ト デ ィ レ ク タ ー と テ ク ニ カ ル デ ィ レ 職種認定の登竜門~EMC甲子園~ P 9 E M C 甲 子 園 の 取 り 組 み に つ い て 教 え て く だ さ い 。 7 月 ~ 8 月 に か け て 予 選 が 開 催 さ れ 、 二 月 に 本 選 を 控 え る E M C 甲 子 園 に つ い て 、 企 画 に 携 わ っ て い る 金 澤 大 輔 さ ん と 島 村 拓 郎 さ ん に イ ン タ ビ ュ ー し ま し た 。 金 澤 : E M C 甲 子 園 と い う 取 り 組 み が 今 期 か ら 始 ま っ た と い う こ と も あ り 、 な ん の た め に 、 な ぜ 参 加 す る の か と い う こ と を 明 確 に し て 喚 起 し て い く と い う と こ ろ が 難 所 だ っ た と 感 じ て い ま す 。 ま た 、 さ ま ざ ま な 職 種 が あ る 中 で お 題 を 共 通 化 さ せ る こ と が 難 し か っ た の で 、 ク リ エ イ テ ィ ブ 甲 子 園 と そ れ 以 外 の 場 で 予 選 を 分 け て お こ な っ た の で す が 、 本 選 ま で を 見 越 し た う え で 職 種 間 の 協 業 考 え る の が 難 し い ポ イ ン ト で し た 。 島 村 : 本 選 で は 、 予 選 で 盛 り 込 ん で い な い 職 種 間 で 連 携 す る 要 素 を エ ッ セ ン ス と し て 、 ど の よ う に 入 れ る か が 工 夫 の し ど こ ろ だ と 思 っ て い ま す 。 E M C 甲 子 園 の 企 画 段 階 で 意 識 し た こ と は あ り ま し た か ? 予 選 の 様 子 や 、 実 際 に 開 催 し て み て 感 じ た こ と を 教 え て く だ さ い 。 金 澤 : 内 容 に つ い て 詳 し く 告 知 が で き て い な い 部 分 も あ り ま し た が 、 意 図 を 汲 ん で 自 分 自 身 で 考 え て き て く れ て い る な と 感 じ ま し た 。 ど の チ ー ム も 時 間 が な い 中 、 作 り こ ん で き て い て 、 想 像 よ り も ア ウ ト プ ッ ト の レ ベ ル は 高 か っ た で す 。 参 加 者 の 方 は モ ノ づ く り へ の モ チ ベ ー シ ョ ン が 高 く 意 欲 的 で 、 職 種 問 わ ず ス キ ル を 高 め た い と い う 人 た ち が 多 か っ た よ う に 感 じ ま し た 。 ク タ ー は 、 上 期 に ク リ エ イ テ ィ ブ 甲 子 園 が 開 催 さ れ ま し た が 、 そ の 場 が E M C 甲 子 園 の 予 選 に あ た り ま す 。
  9. 9. P 10 P 10 島 村 : ま ず 、 こ の よ う な 企 画 に 参 加 し よ う と い う 意 欲 が あ る こ と 自 体 が 素 晴 ら し い こ と だ と 思 っ て い ま す 。 参 加 者 の 間 で は 案 件 の 種 類 や 社 会 人 歴 、 業 務 な ど に よ る 経 験 の 差 は あ り ま し た が 、 本 選 に 残 っ た 人 中 心 に 良 い ア ウ ト プ ッ ト が さ れ て い ま し た 。 ま た 実 施 す る 中 で 、 ス キ ル ア ッ プ を 目 指 す 若 手 の 共 通 す る 課 題 と い う の も 見 え て き て 、 そ う い っ た 気 づ き は 今 後 の 施 策 に 活 か す こ と が で き る と 感 じ ま し た 。 オ ン ラ イ ン で の 開 催 と い う こ と も あ り ク ロ ー ズ ド な 環 境 で は あ り ま し た が 、 参 加 者 本 人 た ち の キ ャ ラ ク タ ー を 感 じ ら れ る よ う な 予 選 だ っ た な と 感 じ ま し た 。 金 澤 : 参 加 者 以 外 か ら の 反 響 と し て は 島 村 さ ん の お っ し ゃ る 通 り ク ロ ー ズ ド な 環 境 で の 予 選 だ っ た た め ま だ あ ま り な く 、 こ れ か ら か な と い う 印 象 で す 。 パ フ ォ ー マ ン ス を 発 揮 し た 人 を M V P と し て 選 出 し て 、 そ の 後 の キ ャ リ ア ア ッ プ の た め の 武 者 修 行 の 旅 へ の 特 権 を お 渡 し し よ う と 考 え て い ま す 。 具 体 的 に は 、 サ ー ビ ス ユ ニ ッ ト や C M G の い る 案 件 下 で の ア サ イ ン を 予 定 し て い ま す 。 も ち ろ ん ア サ イ ン す る だ け で は な く 、 実 務 経 験 を 積 め る よ う に 私 た ち で 後 方 支 援 を 行 い 、 目 指 す 職 種 の 認 定 ま で サ ポ ー ト し ま す 。 本 選 は ど の よ う に お こ な う 予 定 で す か ? 島 村 : 具 体 的 な 内 容 に つ い て は ま だ お 話 し で き ま せ ん が 、 プ レ ゼ ン で は な く 運 用 を し て も ら お う と 思 っ て い ま す 。 こ れ ま で お こ な わ れ て き た P - 1 グ ラ ン プ リ な ど は 主 に 「 ナ レ ッ ジ 」 を 見 て 評 価 し て き ま し た が 、 E M C 甲 子 園 本 選 で は 運 用 を お こ な う に あ た っ て の チ ー ム ワ ー ク や 運 用 の プ ロ セ ス も み て 評 価 を し て い き た い と 思 っ て い ま す 。 金 澤 : 甲 子 園 な の で 最 終 的 に は 優 勝 チ ー ム を 決 め な け れ ば い け な い の で す が 、 優 勝 チ ー ム と は 別 に 、 大 会 を 通 し て 高 い 本 選 に 向 け て 、 皆 さ ん に 伝 え た い こ と は あ り ま す か 。 島 村 : 本 選 で は 進 捗 を 可 視 化 し て 各 チ ー ム が 改 善 に 向 け て ど の よ う に 進 ん で い く の か が 追 え る よ う に し て い き た い と 考 え て い ま す 。 な か な か 他 の チ ー ム の 運 用 体 制 を 見 る 機 会 は な い か と 思 い ま す の で 、 自 分 の チ ー ム 以 外 の 運 用 案 件 に つ い て あ ま り 知 ら な い 、 と い う 人 ほ ど 本 選 の 様 子 を ぜ ひ 見 て い た だ き た い で す 。 金 澤 : E M C 甲 子 園 は 参 加 者 に と っ て は キ ャ リ ア ア ッ プ の チ ャ ン ス と な り ま す し 、 参 加 し て い な い 方 に と っ て も 若 手 の 成 長 は そ れ ぞ れ の 部 門 へ の 貢 献 に 繋 が っ て い き ま す 。 も し 同 じ 部 門 の 方 が 出 場 し て い た ら 温 か い 言 葉 を か け て あ げ て く だ さ い 。 E M C 甲 子 園 も ゆ く ゆ く は 毎 年 の 恒 例 行 事 に し て い き た い と 思 っ て い ま す 。 キ ャ リ ア 、 ス キ ル ア ッ プ の チ ャ ン ス と し て 実 戦 経 験 を 積 み た い 若 手 は ど ん ど ん 参 加 し て ほ し い し 、 も し 参 加 を 悩 ん で い る 若 手 が い た ら マ ネ ジ メ ン ト 層 の 方 で 後 押 し し て あ げ て ほ し い で す 。
  10. 10. P 11 メンバーズグループ全体の健康でフラットな関係性構築を推進 レクリエーション委員会にインタビュー! P 11 イ ベ ン ト を ど の よ う に 決 め て い る の で し ょ う か ? 「 社 員 同 士 の つ な が り を つ く る 」 を コ ン セ プ ト に し て パ ワ ー ア ッ プ し た レ ク リ エ ー シ ョ ン 委 員 会 ( 以 下 レ ク 委 員 会 ) 。 今 回 は 委 員 長 の 浅 木 さ ん に 、 現 在 の 活 動 内 容 と 今 後 の 展 望 に つ い て 伺 い ま し た ! レ ク 委 員 会 の 基 本 的 な 活 動 を 教 え て く だ さ い 。 浅 木 : 社 員 み ん な が 繋 が れ る イ ベ ン ト の 企 画 を し て い ま す 。 対 象 は メ ン バ ー ズ 全 社 員 、 中 途 で 入 っ て き た 社 員 の 皆 さ ま に な っ て い ま す 。 そ れ ぞ れ の 対 象 に 合 わ せ て 各 月 で 企 画 し て い ま す 。 浅 木 : 月 単 位 で メ ン バ ー を そ れ ぞ れ 決 め て い て 、 そ の メ ン バ ー の 中 で 自 発 的 に や り た い こ と な ど を イ ベ ン ト と し て 考 え て も ら っ て い ま す 。 イ ベ ン ト が 終 わ っ た ら そ の 月 の イ ベ ン ト で 出 た 改 善 点 や 不 満 点 な ど を 次 の 月 担 当 の メ ン バ ー に 伝 え て 、 そ れ を 次 の イ ベ ン ト で 改 善 す る と い う こ と も や っ て い ま す 。 も は や 仕 事 感 覚 で P D C A を 回 し て い ま す ね 。 レ ク 委 員 会 は 現 在 何 名 の 方 で 活 動 さ れ て い る の で し ょ う か ? 浅 木 : 現 在 は 45 名 く ら い で 活 動 し て い て 、 E M C カ ン パ ニ ー だ け で な く 、 い ろ ん な カ ン パ ニ ー か ら も 参 加 い た だ い て い ま す 。 カ ン パ ニ ー 社 長 も 3 名 勧 誘 し て カ ン パ ニ ー 内 の 繋 が り や 広 が り も 意 識 し ま し た ! 浅 木 さ ん が レ ク 委 員 会 に 所 属 を 決 め た き っ か け や 背 景 は 何 で し ょ う か ? 私 は 26 Y か ら 在 籍 し て い て 、 き っ か け は 組 織 貢 献 点 で し た ( 笑 ) た だ 他 の 部 署 の 仕 事 を し た こ と の な い 人 達 と 関 わ れ る の が 楽 し い と 思 っ た り 、 個 人 的 に ホ ー ム パ ー テ ィ ー や コ ミ ュ ニ テ ィ を 作 る の が 好 き な の で 、 会 社 の サ ー ク ル に 所 属 し て 組 織 貢 献 点 も も ら え れ ば ラ ッ キ ー だ な と 思 っ て 入 り ま し た 。 委 員 長 に な っ た の は 今 年 か ら で 、 立 候 補 で 決 ま り ま し た 。 ( レ ク 委 員 長 の 浅 木 さ ん ) ■ 過 去 の イ ベ ン ト ・ M E M B E R S 夏 祭 り 2 0 2 1 ・ M E M B I R T H D A Y ・ G o o d b y e p a r t y ・ 社 員 総 会 懇 親 会 ■ 開 催 予 定 の イ ベ ン ト ・ 10 月 28 日 ( 木 ) M E M B E R S 大 運 動 会 2 0 2 1 ・ 11 月 下 旬 : 中 途 社 員 向 け イ ベ ン ト 最 新 情 報 は ラ ク モ を チ ェ ッ ク !
  11. 11. 今 期 の レ ク 委 員 会 は 「 社 員 ど う し の 繋 が り を 作 る を コ ン セ プ ト に パ ワ ー ア ッ プ 」 と い う テ ー マ が あ り ま す が 、 ど の よ う な 変 化 が あ っ て こ の テ ー マ を 作 っ た ん で し ょ う か 。 P 12 P 12 26 Y の 改 善 点 と そ れ を 踏 ま え て 挑 戦 し た い こ と は あ り ま す か ? イ ベ ン ト 屋 さ ん で し た が 、 今 年 は 継 続 的 に 接 点 を 作 る た め に 毎 月 イ ベ ン ト を 計 画 し て い ま す 。 あ と 、 挑 戦 ポ イ ン ト と し て は リ モ ー ト で ど れ だ け 面 白 く す る か と い う と こ ろ で す 。 リ モ ー ト の 強 み っ て 、 距 離 や 空 間 の 制 限 が な い の で 、 今 ま で リ ア ル に 会 え な か っ た 人 に 会 え た り 、 で き な か っ た こ と が で る よ う に な る と こ ろ に あ る の で 、 リ モ ー ト で や る ゲ ー ム や リ ア ル よ り も 楽 し く て 温 か い 企 画 を に 力 を 入 れ て い き た い と 思 い ま す 。 浅 木 : レ ク 委 員 の 目 標 と し て は 社 員 同 士 の 繋 が り を 強 化 し て い く こ と 。 化 学 分 子 ( 社 員 ) が ど ん ど ん と 繋 が っ て 、 構 造 体 ( 会 社 ) の 強 度 と 柔 軟 性 が 高 ま っ て い く イ メ ー ジ を 持 っ て 運 用 し て い ま す 。 あ と は 、 仕 事 っ て 正 直 辛 い こ と も あ る じ ゃ な い で す か 。 で も 会 社 に 仲 良 い 知 り 合 い や 友 人 が で き る だ け で 、 会 社 が 少 し で も 楽 し い 場 に な っ て ほ し い ん で す 。 人 生 の 三 分 の 一 は 仕 事 で す か ら 。 レ ク 委 員 会 の イ ベ ン ト が き っ か け で 仕 事 や 遊 び の 話 が 気 楽 に で き る 友 人 を 見 つ け 、 社 員 2 , 0 0 0 人 も い る け ど み ん な 「 繋 が っ て い る 」 と い う 空 気 感 を 作 り た い な と 思 い ま す 。 浅 木 : 去 年 の レ ク 委 員 会 は コ ロ ナ の 影 響 で 活 動 が あ ま り な く 、 リ モ ー ト ワ ー ク も あ り 社 員 同 士 の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 減 っ た と 感 じ ま し た 。 新 卒 は 最 初 か ら リ モ ー ト 勤 務 で チ ー ム 内 で の 繋 が り し か 築 け て い な い 。 中 途 の 方 も リ モ ー ト で の 業 務 参 加 で 、 同 期 や 相 談 す る 相 手 も 少 な く 、 離 職 率 も 上 が っ て し ま っ た と い う 話 が あ り ま し た 。 2 , 0 0 0 人 の 会 社 で 孤 立 感 を 感 じ る と い う 矛 盾 を 解 消 し た か っ た し 、 こ の も っ た い な い 状 況 を 解 決 し た ら 、 大 き な パ ワ ー を 生 み 出 せ る 集 団 に な る と 感 じ ま し た 。 そ こ で 、 自 由 に 参 加 で き る イ ベ ン ト を た く さ ん 企 画 し て 、 ひ と り で も 会 社 に 仲 の 良 い 人 を 作 れ れ ば 会 社 が 楽 し く な っ て 孤 立 感 が な く な る の で は な い か と 思 い こ の テ ー マ を 掲 げ ま し た 。 今 年 は 中 途 の 方 を タ ー ゲ ッ ト に し て 「 リ モ ー ト 同 期 」 を 作 る こ と に チ ャ レ ン ジ し て い ま す 。 最 後 に メ ン バ ー ズ 社 員 へ メ ッ セ ー ジ を お 願 い し ま す 。 浅 木 : レ ク 委 員 会 メ ン バ ー の 新 し い ア イ デ ア と 都 度 の 改 善 で 、 毎 月 レ ク イ ベ ン ト は 進 化 し て い る の で 、 ぜ ひ 、 怖 い も の 見 た さ で 参 加 し て み て く だ さ い ! レ ク 委 員 長 と し て の 意 気 込 み と 、 今 後 の レ ク 委 員 の 目 標 を 教 え て く だ さ い 。 浅 木 : 「 夏 祭 り 」 を テ ー マ に 、 参 加 者 に リ モ ー ト で 楽 し ん で も ら え る 部 屋 を 7 つ 用 意 し ま し た 。 1 つ は 音 楽 好 き の 方 が フ ェ ス の 動 画 を 見 て 盛 り 上 が っ た り 、 1 つ は G o o g l e M a p を み ん な で 見 て 旅 行 に 行 っ た 気 に な っ た り ( 笑 ) 怖 い 話 を み ん な で 聞 く 肝 試 し 部 屋 も 作 り ま し た 。 事 前 に テ ー マ に 合 っ た 背 景 を 配 布 し て 、 イ ベ ン ト の 一 体 感 を 出 し た り 色 ん な 部 屋 を ロ ー テ ー シ ョ ン し て も ら っ た り 、 想 像 よ り も 皆 さ ん 盛 り 上 が っ て く れ ま し た 。 偶 数 月 は 全 社 員 対 象 の 交 流 イ ベ ン ト を 開 催 し て い る と い う こ と で す が 、 8 月 に 開 催 し た 夏 祭 り イ ベ ン ト は ど う で し た か 。 ★ M E M B E R S 夏 祭 り 2 0 2 1 ト ー ク ル ー ム リ ス ト ・ R O C K I N M E M B E R S F E S T I V A L ( 好 き な フ ェ ス T や バ ン ド T 着 て 、 ひ た ち な か よ り ア ツ い 会 場 に ) ・ ヒ ヤ ッ と ! 肝 試 し 部 屋 ( 集 え 、 語 り 部 。 部 屋 を 暗 く し て 、 冷 や 汗 か き ま し ょ う ) ・ 熱 闘 ! 甲 子 園 部 屋 ( 開 催 中 の 甲 子 園 に つ い て 、 熱 戦 や 心 に 刻 ま れ た 名 シ ー ン 、 優 勝 予 想 を し て 盛 り 上 が ろ う ! ) ・ 納 涼 ! た ま や ! 花 火 部 屋 ( 隅 夏 の 夜 を 彩 る 素 敵 な 花 火 を 、 画 面 共 有 し な が ら 癒 さ れ よ う ) ・ ス ト リ ー ト ビ ュ ー 旅 行 部 屋 ( 地 元 自 慢 大 会 、 各 拠 点 ・ オ フ ィ ス 回 り の お す す め ス ポ ッ ト 、 死 ぬ ま で に 行 き た い 場 所 … ) ・ M e m b e r s B e e r G a r d e n ( ビ ー ル を 片 手 に 語 り つ く そ う ) 10 月 は 「 大 運 動 会 」 と い う イ ベ ン ト を 開 催 予 定 で す 。 チ ー ム 団 体 戦 で 3 つ の ゲ ー ム で 得 点 を 競 っ て も ら う 、 と い う イ ベ ン ト に な っ て ま す ! 運 動 会 な の で 選 手 宣 誓 も や り ま す よ ( 笑 ) 浅 木 : 今 ま で の レ ク 委 員 は 期 間 限 定 の
  12. 12. P 13 木 口 : 昨 年 に 引 き 続 き 、 Z o o m で 内 定 式 を 開 催 し 、 4 4 4 名 名 の 内 定 者 の 方 に 参 加 い た だ き ま し た 。 今 回 の 内 定 式 で 私 が も っ と も 意 識 し た と こ ろ は 「 同 期 同 士 の 繋 が り 」 を 作 る と い う こ と で し た 。 内 定 式 は お 祝 い の 場 で あ り 、 い ろ ん な 方 の 話 を 聞 く こ と が メ イ ン と な る の で 、 自 分 か ら 話 し た り 、 ど ん な 内 定 者 の 方 が い る の か 実 際 わ か ら な い と い う と こ ろ が 、 リ モ ー ト と 対 面 の 違 い だ な と 思 っ て い ま し た 。 実 際 に 対 面 す る と 「 こ ん な 人 が い る ん だ 」 と い っ た 雰 囲 気 が わ か る と 思 う の で す が 、 リ モ ー ト と い う 環 境 で は 内 定 者 同 士 で の 交 流 の 機 会 が 重 要 に な っ て く る と 思 い 、 一 方 的 に 運 営 側 が 話 す の で は な く 、 「 同 期 と 繋 が ろ う セ ッ シ ョ ン 」 と い う も の を 今 回 お こ な い ま し た 。 ま た 、 「 お 堅 い 内 定 式 」 と い う イ メ ー ジ を 払 拭 す る た め 、 二 点 工 夫 を し ま し た 。 一 つ 目 は 、 事 前 に テ ー マ を 設 定 し て お い た ほ う が 、 内 定 者 の 皆 さ ん も 楽 し め る と 考 え 、 「 オ ン ボ ー デ ィ ン グ 」 を 内 定 式 の テ ー マ と し て 立 て た こ と 、 二 つ 目 は 、 受 け 入 れ チ ー ム 6 名 分 の 乗 船 チ ケ ッ ト と い う も の を 作 り 、 チ ー ム メ ン バ ー の 一 人 一 人 が メ ッ セ ー ジ を 変 え て 、 内 定 者 の 方 に お 送 り す る と い う こ と で す 。 セ ッ シ ョ ン の 振 り 分 け も Z o o m の 仕 様 上 、 4 0 0 名 以 上 だ と ブ レ イ ク ア ウ P 13 今 年 の 内 定 式 の 様 子 を 教 え て く だ さ い 。 10 月 1 日 に お こ な わ れ た 22 年 新 卒 内 定 式 。 そ の と き の 様 子 を タ レ ン ト ・ エ ン パ ワ ー メ ン ト 室 の 木 口 友 香 梨 さ ん に お 聞 き し ま し た 。 木 口 : 22 年 度 新 卒 は 4 8 0 名 以 上 を 受 け 入 れ る こ と に な っ て い る の で す が 、 今 年 は ワ ク チ ン 接 種 や そ れ に 伴 う 副 作 用 を 懸 念 し て 、 事 前 に ア ン ケ ー ト を 行 い 、 当 日 に 副 作 用 の 恐 れ が あ る と 回 答 し た 内 定 者 の 方 に は 「 ミ ニ 内 定 式 」 と い う も の を 案 内 し ま し た 。 ま た 、 内 定 式 の 堅 い 印 象 が 少 し で も 楽 し い 印 象 に な る よ う に 、 先 ほ ど お 話 し た 乗 船 チ ケ ッ ト と い う コ ン セ プ ト を 設 け て 作 成 す る な ど の 企 画 は 、 新 し く 工 夫 し た 点 だ と 考 え て い ま す 。 ト ル ー ム を 作 る こ と が で き な い た め 、 乗 船 券 に 「 A ゲ ー ト 」 「 B ゲ ー ト 」 と い う 2 0 0 名 前 後 の ブ レ イ ク ア ウ ト ル ー ム を 作 り 、 7 ~ 8 名 で の チ ー ム に 分 か れ て も ら い セ ッ シ ョ ン を 実 施 し ま し た 。 今 年 新 た に 取 り 入 れ た こ と や 、 挑 戦 を 教 え て く だ さ い 。 内定式の招待状となる乗船チケット。 内定式を「M-Zero-Party」と称し、受入チーム社員より 内定者へ向けてのコメントなどが記載されている。 2年連続となるオンラインでの「内定式」 その様子を取材してきました! 全国各地の内定者 総勢約450名 22新卒内定式開催!
  13. 13. P 14 P 14 来 年 以 降 、 新 た に 内 定 式 で 取 り 入 れ た い こ と や 懸 念 な ど が あ れ ば 教 え て く だ さ い 。 設 け る の は 難 し く な る の で は な い か 、 と い う 懸 念 は あ り ま す が 、 や は り 同 期 同 士 が 繋 が る 場 は 来 年 以 降 も 作 っ て い き た い と 思 い ま す 。 オ ン ラ イ ン と い う 環 境 で 、 な か な か 人 と 人 の 繋 が り や 関 わ り が 見 え づ ら く な っ て し ま い が ち で す が 、 こ の コ ロ ナ 時 代 だ か ら こ そ 、 一 人 で は な く 、 同 期 や 周 り が 側 に い て 、 困 っ た 時 に は 助 け 合 え る と い っ た よ う な 、 縦 の 繋 が り だ け で な く 、 オ ン ラ イ ン ・ オ フ ラ イ ン で の 横 の 繋 が り に つ い て も 、 持 っ て ほ し い と 思 い ま す 。 い る 方 が 多 く て 、 プ ロ デ ュ ー サ ー 職 未 経 験 の 方 で も W e b の 知 識 や コ ー デ ィ ン グ の 経 験 が あ る な ど 、 エ ン ジ ニ ア 思 考 の 方 が い た り 、 一 方 で エ ン ジ ニ ア の 方 が デ ザ イ ン に 興 味 を 持 っ て い た り す る の で 、 「 入 社 後 、 何 か ス キ ル ア ッ プ の た め の 講 座 な ど あ り ま す か ? 」 と よ く 聞 か れ ま す 。 学 ぶ 姿 勢 や 意 欲 、 チ ャ レ ン ジ 精 神 を 持 っ て い る 上 に 、 「 ク リ エ イ テ ィ ブ 力 」 と い う 面 で も と て も 期 待 値 が 高 い と 感 じ ま し た 。 あ と は 、 や は り C S V に 興 味 が あ る と い う 方 が 多 い で す ね 。 環 境 問 題 に 対 し て の 22 年 新 卒 の み な さ ん は ど の よ う な 特 徴 を お 持 ち の 方 々 で す か ? 木 口 : 本 当 に 多 種 多 様 で す ! や は り ク リ エ イ タ ー 思 考 を 強 く 持 っ て 挑 戦 と し て は 、 今 年 は 「 同 期 同 士 が 繋 が る 」 と い う 面 を 特 に 意 識 し て い た の で 、 内 定 者 自 身 の 自 己 紹 介 は も ち ろ ん で す が 、 内 定 者 同 士 で な ん で も 聞 き 合 え る 関 係 を 作 っ て も ら う 、 と い う 部 分 だ っ た か と 思 い ま す 。 例 え ば 、 書 類 の 書 き 方 に し て も 私 達 受 入 チ ー ム か ら 説 明 を 受 け る の で は な く 、 同 じ 内 定 者 同 士 で 教 え 合 い 、 情 報 を 伝 達 し て も ら っ た り 、 自 由 に S N S な ど を 交 換 し て も ら う こ と で 、 顔 見 知 り の 関 係 で は な く 繋 が り を 作 っ て も ら え る よ う に セ ッ シ ョ ン の 場 を 設 け ま し た 。 「 同 期 と 繋 が ろ う セ ッ シ ョ ン 」 で は 受 入 チ ー ム が グ ル ー プ に 入 っ て し ま う と 、 会 話 が 止 ま っ て し ま う の で 、 私 達 は セ ッ シ ョ ン に は 入 ら な ら な か っ た の で す が 、 参 加 者 を 対 象 に 行 っ た 満 足 度 の ア ン ケ ー ト で は 「 同 期 と 繋 が ろ う セ ッ シ ョ ン 」 が 一 番 面 白 か っ た と 好 評 だ っ た の で 、 こ の よ う な 企 画 を 行 っ て 良 か っ た と 感 じ ま し た 。 22卒内定式運営委員メンバーの皆さん 代表の剣持さんより内定者へ向けてメッセージ 木 口 : 来 年 以 降 は 22 年 新 卒 以 上 に 採 用 の 人 数 も 増 え 、 今 後 1 , 0 0 0 人 近 く の 採 用 と な る と 、 今 年 お こ な っ た 「 同 期 と 繋 が ろ う セ ッ シ ョ ン 」 の よ う な 場 を オ ン ラ イ ン で 意 識 で あ っ た り 、 留 学 を 経 験 し て 感 じ た 他 国 の 現 状 と 、 日 本 に 足 り て い な い 部 分 と い っ た と こ ろ か ら 、 C S V に 興 味 を 持 た れ た と い う 方 も い ま し た 。 他 に も 、 ご 自 身 の 実 家 や バ ッ ク ボ ー ン な ど 、 育 っ た 環 境 か ら 足 り て い な い と こ ろ を 自 身 で 見 つ け 出 し 問 題 解 決 し て み た い と い っ た 方 も い ま し た 。 ま た 、 プ ラ ス チ ッ ク 問 題 や 震 災 を 受 け て ど う 復 興 ・ 防 止 さ せ る か と い っ た 、 メ ン バ ー ズ 外 で は な か な か 「 問 題 解 決 で き な い だ ろ う 」 言 わ れ が ち な 課 題 に 対 し て も 、 変 え て い か な く て は い け な い と い う 責 任 感 や 意 識 を 持 っ た 方 が 多 く い る 印 象 を 持 っ て い ま す 。 コ ロ ナ 禍 の 影 響 に よ り 、 オ ン ラ イ ン で の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 増 え て い る 昨 今 で す が 、 画 面 の 向 こ う に い る 「 人 と 人 」 を 繋 ぐ と い う 面 で 一 番 工 夫 が な さ れ た 内 定 式 か と 感 じ ま し た 。 22 卒 の 皆 さ ん の 今 後 に 期 待 で す ね !
  14. 14. 新 卒 社 員 を 中 心 に 急 拡 大 す る メ ン バ ー ズ グ ル ー プ に お い て 、 代 表 の 剣 持 さ ん を は じ め と す る 役 員 陣 が 過 去 に ど の よ う な 経 歴 を 辿 っ て き た か 、 知 ら な い 人 も 多 い は ず 。 「 わ た し の パ ー ソ ナ ル ヒ ス ト リ ー 」 の 連 載 を 通 し て 、 役 員 陣 の 履 歴 書 風 の 自 伝 を 掲 載 し 、 普 段 は 聞 け な い よ う な 意 外 な エ ピ ソ ー ド も お 話 し し て い た だ き ま す 。 第 5 回 目 は 塚 本 洋 さ ん で す 。 わ た し の パ ー ソ ナ ル ヒ ス ト リ ー 「 何 事 に も 勝 ち た い 」 良 き ラ イ バ ル の 兄 弟 と 競 い 合 う 塚 本 : 3 つ ず つ 歳 の 離 れ た 兄 と 弟 が い ま す 。 男 3 人 兄 弟 と い う こ と も あ り 、 小 さ い 頃 は よ く 兄 弟 げ ん か を し て 、 家 の 中 は 終 始 に ぎ や か な 家 庭 で し た 。 本 当 に 小 さ な こ と か ら 何 で も 競 い 合 っ て ま し た ね 。 兄 弟 は 良 き ラ イ バ ル で あ り 、 周 り か ら も 比 べ ら れ る こ と も 多 く 、 負 け ら れ な い 存 在 だ っ た の で 、 何 事 に も 勝 ち た い と い う 今 の 性 格 に も 影 響 し て い る と 思 い ま す 。 幼 年 期 、 青 年 期 、 社 会 人 、 そ れ ぞ れ 思 い 出 深 い 出 来 事 を 教 え て く だ さ い 。 P 15 生 年 月 日 : 1 9 7 5 年 11 月 3 日 出 身 地 : 大 阪 府 八 尾 市 住 ま い : 東 京 都 中 央 区 在 住 05 塚 本 洋 株 式 会 社 メ ン バ ー ズ 常 務 執 行 役 員 Hiroshi Tsukamoto 白ハットが私です。兄と弟は野球帽をかぶっ ています。(関西出身ですが、父がV9時代の 巨人世代なので巨人の帽子です笑) 祖父母も一緒に暮らしていたため、 大家族でにぎやかに育ちました。 塚 本 : 高 校 で は 、 ハ ン ド ボ ー ル 部 に 入 部 し 、 キ ャ プ テ ン を 務 め ま し た 。 ハ ン ド ボ ー ル 初 心 者 ば か り の チ ー ム で 、 い わ ゆ る 弱 小 チ ー ム で し た が 、 ど う し た ら 私 立 高 校 の 強 豪 チ ー ム に 勝 て る の か と 戦 術 を ひ た す ら 考 え て い ま し た 。 地 元 の 公 立 高 校 で ス ポ ー ツ に 力 を 入 れ て い る 高 校 で は な く 、 コ ー チ も い な い 、 顧 問 の 先 生 も あ ま り 来 な い と い う 状 況 で 、 生 徒 主 導 で 練 習 内 容 を 決 め て い き ま し た 。 そ の た め 、 全 員 で 話 し 合 い 、 練 習 方 針 を 決 め 実 行 し て い く チ ー ム 力 は 高 か っ た と 思 い ま す 。 メ ン バ ー は そ れ ぞ れ 個 性 的 で 、 話 し 合 い も 簡 単 な も の で は あ り ま せ ん で し た が 、 最 終 的 に は 強 豪 を 負 か し ジ ャ イ ア ン ト キ リ ン グ も 達 成 し ま し た 。 さ ら に 近 畿 大 会 ま で 出 場 し た り 、 自 分 自 身 も 奈 良 県 の 優 秀 選 手 に 選 ば れ 、 チ ー ム み ん な で 戦 術 を 練 っ た 甲 斐 が あ っ た な と 思 い ま す 。 「 み ん な で 考 え て 戦 っ て い く 」 こ の ス タ イ ル は 今 に つ な が っ て い ま す ね 。 大学時代のハンドボール部 弱 小 チ ー ム だ か ら こ そ の 戦 術 と は
  15. 15. 塚 本 : 今 後 は メ ン バ ー ズ エ ッ ジ と し て V I S I O N 2 0 3 0 に コ ミ ッ ト す る だ け で な く 、 規 模 も 1 , 0 0 0 人 規 模 の 会 社 に し て い き た い と 思 い ま す 。 ま た 、 ア ジ ャ イ ル 開 発 で 日 本 一 を 目 指 し 、 エ ン ジ ニ ア 集 団 と し て 、 社 会 を 変 え て い く こ と で 、 ゆ く ゆ く は エ ン ジ ニ ア が 日 本 で 一 番 幸 せ に 働 け る 会 社 に つ な げ た い と 思 い ま す 。 メ ン バ ー ズ エ ッ ジ だ け で な く メ ン バ ー ズ 全 体 と し て 、 ク リ エ イ タ ー が 活 躍 す る 場 を 増 や し て い き 、 ク リ エ イ タ ー 自 身 が 直 接 お 客 さ ま に 提 案 し て い く よ う な ク リ エ イ タ ー フ ァ ー ス ト の 時 代 に す る こ と が 理 想 で す 。 わたしのパーソナルヒストリー P 16 塚本 洋 Hiroshi Tsukamoto FAVORITE 登山記録をつけているYAMAP。 北アルプス表銀座縦走を横断した り、金時山の山頂ですき焼きを楽 しんでたりしています。 塚 本 : 社 会 人 に な っ て か ら の 最 初 の 趣 味 は 「 自 転 車 」 で す 。 当 時 は 会 社 の 同 僚 と 自 転 車 レ ー ス に 参 加 し て い ま し た 。 山 の ふ も と か ら ス タ ー ト し て 、 山 頂 が ゴ ー ル の コ ー ス で は 、 ゴ ー ル ま で の 道 の り が と て も 長 い の で 、 つ ら く き つ い 時 間 が 続 き ま す 。 そ ん な 時 間 が 長 け れ ば 長 い ほ ど 、 ゴ ー ル し た と き の 達 成 感 は 本 当 に 気 持 ち が い い な と 思 い ま す 。 自 転 車 の ほ か に も 、 少 し 前 か ら 登 山 を 始 め ま し た 。 2 泊 3 日 で 登 山 を す る こ と も あ り 、 そ の と き は テ ン ト を 背 負 っ て い き 、 標 高 3 , 0 0 0 メ ー ト ル 地 点 で 泊 ま り 、 軽 量 化 を 重 視 し て 持 参 し た 食 料 を い た だ き ま す 。 趣 味 が 自 転 車 と 登 山 と い う こ と か ら わ か る 通 り 、 つ ら く て き つ い 道 の り の 先 に 、 達 成 感 の あ る も の が 好 き な ん だ と 思 い ま す 。 自 転 車 と 登 山 は 、 つ ら く て も き つ く て も そ れ を 超 え る 達 成 感 が 得 ら れ る 趣 味 塚 本 : メ ン バ ー ズ に 入 社 す る 前 は 、 W e b 業 界 と は 違 う 業 界 に い ま し た 。 働 い て い る う ち に 、 プ ラ ン ナ ー や コ ン サ ル タ ン ト な ど に 憧 れ 、 W e b の ス ペ シ ャ リ ス ト 、 今 で い う と デ ジ タ ル ク リ エ イ タ ー に な り た い と 思 い 、 転 職 活 動 を 始 め ま し た 。 自 分 自 身 が コ ー ド の 知 識 は な か っ た の で 、 エ ン ジ ニ ア と し て コ ー デ ィ ン グ を す る と い う よ り 、 W e b 戦 略 を 練 っ た り 、 デ ジ タ ル マ ー ケ テ ィ ン グ を お こ な っ た り す る プ ロ デ ュ ー サ ー が い い な と 思 っ て い ま し た 。 そ こ で 、 1 0 0 人 以 下 の ベ ン チ ャ ー 企 業 で W e b の プ ロ フ ェ ッ シ ョ ナ ル を 目 指 せ る 転 職 先 を 探 し 、 出 会 っ た の が メ ン バ ー ズ で す 。 入 社 し て か ら は 、 お 客 さ ま の サ イ ト リ ニ ュ ー ア ル だ け で な く 、 メ ン バ ー ズ 再 生 プ ロ ジ ェ ク ト に 参 加 し 、 赤 字 脱 却 に 向 け 企 業 再 生 プ ラ ン を 練 っ た り 、 初 代 の 中 期 計 画 を 作 成 し た り も し ま し た 。 求 め て い た の は 、 最 先 端 の 知 識 と 成 長 で き る 環 境 ア ジ ャ イ ル 開 発 で 日 本 一 に 。 エ ン ジ ニ ア が 日 本 で 一 番 幸 せ に 働 け る 会 社 に そ こ で 掲 げ た 「 ソ ー シ ャ ル メ デ ィ ア で 一 番 に な る 」 と い う 目 標 は 、 そ の 後 達 成 と い う 結 果 を 得 ら れ た と 思 い ま す 。 とにかくアウトドアが好きなので、 関東近郊の山を中心に活動して います。 写真は八ヶ岳連峰の天狗岳登頂 時のもの。 登山 社会人になって最初の趣味。 前の会社の同僚と自転車レース に参加したり旅行に行ったりしま した。 自転車 作戦を練って、黙々と我慢してや り続けて結果が出る釣りも好きで、 よく行きます。 釣り
  16. 16. 次回はこの人が登場! 文系大学を卒業後マーケティングに興味を持ち、入社して2 年目になります。営業スキルやWebマーケティングの知識・ 経験でまだまだな部分もありますが引き続き頑張ります。 西岡 大地(ニシオカ ダイチ 職種:ディレクター) 現在の仕事 金融のお客さまの支援をしておりま す。クライアントさまのKPI達成へ向 けてWebサイトを中心に分析・解析 から課題抽出しやUX改善など行っ ております。 出身 長野県 趣味・特技 最近ワンちゃんをお迎えし、 朝晩の散歩が楽しみです。 次の人を指名! 松本 大樹さん、よろしくお願いします! 松本 大樹 BU4-1 西岡 大地よりご指名! 田邊 琴音よりご指名! P 17 連載コンテンツの自己紹介ピックアップのコーナーです! 既存の社員の方々の自己紹介をリレー形 式で行っていますので、ご指名された人はご協力よろしくお願いします! 2015年にメンバーズに入社し現在はメンキャリにてアプリ開 発のお手伝いをさせていただいてます。アプリのデザインは 未知の世界なので知識を常に補充して頑張りたいです。 田邊 琴音(タナベ コトネ 職種:デザイナー) 現在の仕事 社内システムやアプリを制作してい るお客さま企業にデザイナーとして 常駐しています。主に新規システム やアプリのメインデザインやイラスト・ ロゴなどを担当しています。 出身 山口県 趣味・特技 ゲームが好きです。最近バイ クの免許取りました。 次の人を指名! えりかぱいせんよろしくお願いします! BU6-2 永久 恵里加
  17. 17. P 18 EDITOR’S NOTE No.01 02. 松浦 留希奈 今月から編集部員になりました、BU1-5の 赤尾明美です!よろしくお願いします。 一人暮らしを始めたばかりで暖房器具がま だないため、ここ数日は震えながら仕事し ています。暖を取りに出社しようかと思う くらいです。風邪をひく前になんとかした いですね!みなさんも体調には気を付けて ください。 今月からMEMBUZZ編集部に参加します。 BU1-5所属の松浦留希奈です。これからよ ろしくお願いします! 最近自炊をさぼりがちだったので、自分を 奮い立たせるために可愛いフライパンとよ く切れる包丁を買いました。調理器具にこ だわりだしたら、今度は食器を買い替えた くなってきてしまい…。近いうちに合羽橋 に行ってみたいと考えています。おいしく て温かいご飯を食べて、肌寒くなってきた 季節を乗り越えたいです。 01. 赤尾 明美 今年もあと二か月となり、統計検定の勉強 を焦って始めていました。頭脳的には理系 らしいのですが、文系大学に進んだので数 学に久しぶりに触れました。わからない状 態から悩んで解答を導けた時の快感が懐か しく、思いのほか楽しみながら勉強してい ます(笑)高校時代は嫌々向き合っていた 数学も、たまに勉強するくらいなら少し好 きになれそうです。 NEW!! NEW!! 03. 小笠原 直美 04. 佐藤 碧紀 頻繁にマイブームが変わるのですが、最近 のマイブームは自炊です。自分の食べたい ものを自分のタイミングで作ることができ るのが楽しいです。この前はフレンチトー ストを作りました。じゃがアリゴで有名な リュウジさんのYouTubeを参考に作りまし た。めちゃくちゃ美味しくて自分天才かも しれないと思いました。簡単なのでぜひ 作ってみてください!
  18. 18. P 19 EDITOR’S NOTE No.02 06. 井上 奈緒 今年は長袖服の出番が遅いなあと思ってい たら急に冷え込んで例年より早くダウンを 着込んでいる状態です。いつもはやや我慢 をしながらも防寒着をちょっとずつ増やし て一番寒い時期を乗り越えられるよう調整 しているのですが、今年は耐えきれないか もしれません。 一気に涼しくなったことにより、食欲も例 年以上に増していて正月太りに今から怯え ています。皆様もお気をつけて! 07. 田崎 豊夏 毎回編集後記のネタに悩み、「社外の人も 見られる媒体に文章を記載できる」良い機 会だと思い自分の最近イチオシの人/もの/コ トを紹介することにしました。ズバリ今月 のイチオシはDiorのコンシーラーです。目元の クマ用に買ったのですが、少ない量でも伸びが 良く数滴で顔全体もカバーできそうな優れ物。 デパコスBAさんの口車に載せられて全く関 係のない目元用スキンケアも買ってしまっ たのは内緒ですが。。緊急事態宣言も開け たのでまたお化粧をする楽しみが増えまし た♪気になった人は是非! 東京生まれ東京育ち24年目にして、先日ふ と「東京タワーが見たい」と思いつき、そ の思いのまま東京タワーに一番近いホテル をすぐに予約。窓枠からはみ出るほどのダ イナミックな景色に感動。 鉄骨なのにどこか温かさだったり懐かしさ を感じるのはなんでだろう、と思いながら ヘッドフォンで聞く『今夜はブギー・バッ ク』。 何時間も窓際にいた、充実したホテルステ イでした。 05. 田村 后礼 08. 前田 光輝 数日前から急に寒くなりましたね。 自分は季節の変わり目に弱く、今回は特に寒 さが急に来たのでここ最近毎日鼻水とくしゃみ がとまりません。 数週間前までは寝苦しかった日があった気 がするのですが今では布団にくるまるよう になりました。去年ってこの時期こんなに 寒かったでしたっけ。。?最近の冬はあま り気温が下がり切らないなって思うことが多 かったのですが今年はとても寒くなりそうです。 皆さん健康には気を付けましょう。
  19. 19. P 20 EDITOR’S NOTE No.03 少し前の話になりますが今年もキング・オ ブ・コントが開催されましたね。 自分が普段ラジオを聞いていてとても好き な蛙亭やザ・マミィの大活躍と、一番推し ている空気階段の優勝ということで最高の 結果でした。家で一人で見ていたのですが 声を出して笑ってしまうほど面白かったで す。 この3組のラジオどれも面白いので、皆さ んぜひ聞いてみてください~。 09. 鈴木 温人 (バンドネタその2)最近、AppleMusicのプレイ リストには「バンドでやろうぜ曲」をどんどん追 加しています。どうしても古いモノばかりで最 近の楽曲がなく、しょうがないなと諦めて移動 中はイヤホンで楽しんでいます。そんな時、先 日の雨の土曜日の移動中にサニーディサービ ス/雨の土曜日が流れ出し感慨にふけてたら、 なぜか(雰囲気にてるよね?)ネバヤンを連想。 今後は2010年以降の楽曲もプレイリストに追 加していこうと思った次第でした。 11. 森松 守 10. 吉田谷 美稀 9月に健康診断を受けたこともあり、10月 に入ってから寝る前にストレッチを始めま した。寝っ転がりながらできる簡単スト レッチであまり疲れずに続けられているの ですが、寝室が家族と同室な関係上、家族 が寝てる横でストレッチをやっており、家 族からしたら暗闇の中で布がこすれる音と 何かがもぞもぞ動いている気配をなんとな く感じる、みたいな軽いホラーな感じに なっているのかもしれません。なんとなく 肩身が狭いです。 12. 川端 和音 緊急事態宣言があけて、久しぶりに出社し ました。 去年の入社時からテレワークであまり出社 できていないので 未だに使ったことのない会議室の名前と位 置が一致せず、社内なのに少し迷子になっ てしまいました、、、(笑) これから少しずつ覚えていこうと思いま す!
  20. 20. P 21 EDITOR’S NOTE No.04 最近急に寒くなりましたね。 冬物衣類を春頃にクリーニングに預けたの ですが、受け取り可能日が12月中旬~に なっており、前倒しで受け取れないか電話 で問い合わせたのですができないとのこと でした。さすがに冬物がないと凍え死んで しまうので、新しいのを買い足そうと思い ます…。 13. 上野 晴菜 14. 松岡 藍 祖父母の家に泊まった翌日の、とても体が 軽かった経験を忘れられず、引っ越しを機 に、マットレスから昔ながらの職人手作り の和布団に切り替えました。ちょっといい お値段のマットレスでも取れなかった疲れ が、和布団のおかげで驚くほど飛んでいき、 毎日寝るのが楽しみです。 しかしまだ枕に改善の余地ありと見ていま す。妥協なき最高の睡眠を得るために、次 はオーダーメイド枕を手に入れたいと思い ます。 脱炭素化・DXを取り入れた未来のビジネスの在り方を共に考えるメディア 公式note「Members+ ‐私たちの未来とビジネスを考える‐」 から毎月1記事ずつご紹介します 今月の記事 Webサイトも脱炭素化が必要!? 「サステナブルWebデザイン」とは 一見エコに思えるインターネットの利用も大量のCO2が排出されて いることをご存知ですか?インターネット利用によるCO2排出量は 全体の約2%、航空業界による排出量と同じ割合です。 Webサイトそのもののデータ使用量を減らすことで、CO2排 出削減に貢献できます。実は、メンバーズの自社サイトでもサステナ ブルWebデザインを取り入れ始めています! 今回の記事では、 ・サステナブルWebデザインが必要な理由 ・実現のためのポイント・海外事例 などをまとめました。 フォロー・スキボタン お願いします! https://note.members.co.jp/ EMC推進室

×