Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
What to Upload to SlideShare
Loading in …3
×
1 of 27

株式会社メンバーズ社内報MEMBUZZ(メンバズ)2021年9月号(♯137)

0

Share

Download to read offline

株式会社メンバーズが毎月発行している社内報MEMBUZZ(メンバズ)を公開しています。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

株式会社メンバーズ社内報MEMBUZZ(メンバズ)2021年9月号(♯137)

  1. 1. 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 社長メッセージ 永年勤続表彰 Social Art 作品のご紹介 持株会 DevOps Leadカンパニーのご紹介 PGT事業営業室・推進室 メディカルマーケティングカンパニー サステナブルWebデザインラボ ファミリーデー開催報告 自己紹介トピックス P 03 P 05 P 08 P 09 P 11 P 13 P 15 P 19 P 21 P 22 編集後記 -Editor’s Note- 今月の表紙 Photo: 今月の表紙はPGT事業営 業室・推進室のご紹介から です。詳細は、P13をご覧く ださい。 P 2 【メンバズ】 2021年9月30日 No.137発行 MEMBUZZは毎月月末に 発行しています。
  2. 2. メンバーズという会社をどのような存在として世の中に 残すのか。創業者である私の最大の仕事です。 100年以上、独立した企業として続く組織体にしたい。 仕事を通して社会をより良くする志を持った人たちの集 まりでありたい。 規模や業績などの定量的なものではなく、どのような人 たちの集まりなのか、どのような組織風土なのか。 いつも考えているのはデンマーク国のような組織体で す。デンマークという国は、毎年幸福度ランキングで上 位に入る人口500万人程度の小さな国です。 デンマークでは国民の政治参加度が高いことも特徴の 一つです。国民が、自分が、どのように社会に役立つ か、ソーシャルバリューを考えています。 デンマークは税率がとても高いですが、教育や医療、 介護が無償で提供されます。結果的に、教育レベルが 高く国民の年収が高いです。病気や老後といった将来 への不安がないので貯金をほとんどしないため消費が 活発で、結果的に資源国でもないのに一人当たりGDP もとても高い国です。デンマークでは、国会議員の年収 丸い組織体 2021年9月 剣持 忠 P 3 は国民平均と同じであり、国会議員は特権や人格では なく単なる役割という認識が浸透しています。国会議員 の年齢が若く男女平等も進んでいて、だから国の政策 が先進的であり、脱炭素やデジタル化もどんどん進ん でいます。 デンマーク国内では、職種ごとに賃金がほとんど一定 です。転職してもスキルが上がらなければ賃金は上が りません。そのため社会人になってからの再教育がと ても盛んで、スキルを高めて賃金を高めることが当たり 前になっています。転職も盛んですが、国外退避は稀 です。 メンバーズをデンマークにある会社のようにしたいので はなく、デンマーク国のような組織体にしたいと考えて います。 メンバーズの中に社内カンパニーをたくさん作り、その カンパニーに多くのデジタルクリエイターが所属してい て、カンパニー共通の職制があり、カンパニー間の転 職も活発だがメンバーズからの離職は少ない。
  3. 3. カンパニーごとにさまざまな特徴があり、個性ある人た ちが活躍できる場があり、多様性のある多くのカンパ ニーで構成される組織体。カンパニーに共通するのは グループのミッションとコアバリュー。ミッションに共感す るコアバリュー体現者が集まり、仕事を通して社会をよ り良く変えていく組織体。経営メンバーや管理職は特権 や人格ではなく役割という考えが浸透し、経営メンバー も若く、経営方針の視点が利益ではなく社会全体をどう 良くするか、ソーシャル・ダイバーシティ・デジタルを積 極的に推進する。 社員ひとりひとりは主体的に自らのスキルを高めるた めにメンバーズグループ内のカンパニーを異動し、一 人当たり社売を増やし賃金を上げていく。 働くことが苦痛ではなく、自分の成長を楽しむ機会、自 分が社会に役立っていると実感する機会と感じられる 組織体。年月を経ても長く働き続けられる場所。 自分のためだけに働くのではなく、皆と一緒に成果を出 す。だから、皆のために果たさなければいけない役割も 多いがそれを負担に感じない。 ひとりひとりのスキルも高いが、さらに仲間として成果 を出すから一人当たり社売も高く給与も高い。 指示命令で動く上意下達のピラミッド型の組織ではなく、 社員ひとりひとりがマインド・スキルともに自立したプロ フェッショナルであり、社員ひとりひとりが主体的に動く P 4 代表取締役社長 剣持忠 丸い組織体。 社員は全員がメンバーズの株主になっていて、自分た ちの資産形成のためにも、社員自身が経営視点・オー ナーシップマインドを持ってメンバーズの発展を考え行 動し、それを通して社員としての幸せも実現していく。 勝つ・負けるという構図を作るのではなく、皆で力を合 わせてより大きな成果を出し、それを皆で分かち合うと いう考え方に合う人たちの集団。 こんな1万名の丸い組織体をつくることができたら“会 社”という概念に大きな変革を起こせるのではないかと 考えています。皆と力を合わせて実現していきたいで す。
  4. 4. P 5 永年勤続表彰ありがとうございます。なんだかんだで15年。今までも そしてこれからも、成長・挑戦への機会をくださっている上司や、関 わってきたメンバーには本当に感謝しかありません。まだまだこれか らも貪欲に成長・挑戦を続けていきます。 15年勤続表彰 スキルイノベーション室 マネージャー 綾部 葵 10年勤続表彰 永年勤続表彰、ありがとうございます。 月日が経つのは早いもので、もう10年も在籍しているのだなとしみじ み感じます。これもひとえに関わってくださった全ての皆さまのおかげ です。 本当にありがとうございます。 そしてこれからもよろしくお願いいたします。 財務経理グループ 渡辺 美紀 永年勤続表彰 受賞者コメント
  5. 5. P 6 入社当初200名もいない状態からまさかこんなに変化のある10年にな るとは。いろいろありましが先輩たちや仲間のおかげで楽しくあっとい う間に駆け抜けた10年でした。ありがとうございます!個人的には同 日入社の森松さんと一緒に10年目を迎えられたことがうれしいです! これからも新しいことにチャレンジして進化できるよう精進していきま す! 10年勤続表彰 BU4 ビジネスユニット長 西田 洋子 永年勤続表彰ありがとうございます。あっという間の5年間でした。目 まぐるしい環境の変化や役割の変化とともに、いろいろと学ぶことの 多い5年間でした。新卒や若手の貪欲さに感化されながら、歳を気に せず挑戦・吸収し続けていこうと思います。 5年勤続表彰 BU4-11 ユニットリーダー 岩城 励 永年勤続表彰ありがとうございます。掲載用の写真を探していたら、 故 後藤秀樹さんと写っていた写真があり、後藤さんの人柄もわかる 大好きな写真だったので、つい嬉しくなり使用させていただきました。 (少々ピンぼけしててハゼさんもいますが笑) あ、次の15年勤続表彰も受けられるよう今後も精進していきたいと思 います。 ※メリさん(西田さん)僕も嬉しいです!コロナ落ち着いたら当時のメン バーとぜひ飲み会しましょう。 10年勤続表彰 BU2-14 ユニットリーダー 森松 守
  6. 6. P 7 永年勤続表彰ありがとうございます。いつの間にか5年も今の常駐先 で働いていました。今後も常駐先の方のお役に立てるよう日々新しい スキルを身につけていこうと思います。 5年勤続表彰 デジタルクリエイターサービス本部 デジタルクリエイター2G 藤原 有児 永年勤続表彰ありがとうございます。入社してから結婚、出産とライフ ステージの変化もあり、周りの方々にはその都度助けられまくってな んとか5年勤務することができました…!この会社はいい人ばっかり だなあと常に感じています。次の5年は与える側になれたらいいなと思 いますので今後ともよろしくお願いいたします。 5年勤続表彰 デジタルクリエイターサービス本部 デジタルクリエイター2G 村田 恵里奈
  7. 7. P 8 P 8 Social Art Japanとは2020年6月に始まったメンバーズギフテッドの新プロジェクトであり、在宅勤務を行う障がい のあるアーティストを首都圏企業に紹介して、気候変動問題などの社会課題をテーマに作品を制作・発信すること で、人々の行動を変えていくことを目標としています。2020年11月から現在までに11名のアーティストがメンバー ズの社員として入社されました。自身の得意な創作活動で就労するアーティストと社会課題の解決に取り組む企 業を繋ぐ社会的注目度の高いプロジェクトです。今月は和田久美子さんの『自分は何処へ向かうのか』をご紹介し ます。 自分は何処へ向かうのか こ の 作 品 は 、 誰 し も 起 こ り う る で あ ろ う 心 や 性 の 葛 藤 を 感 じ る ま ま に 表 現 し ま し た 。 被 写 体 の 人 間 は 、 男 性 に 生 ま れ て き た の か も し れ な い が 女 性 と し て 生 き て い か な け れ ば な ら な い 、 も し く は そ の 逆 も あ る と い う 、 現 在 社 会 問 題 に な っ て い る ジ ェ ン ダ ー の 誰 に も 言 え な い 思 い な ど を ハ ー ト を 対 象 に 表 現 し 曲 線 も 織 り 交 ぜ て 工 夫 し て み ま し た 。 今 は ま だ 公 に す る の が 難 し い 世 の 中 で も い つ か は オ ー プ ン に で き る こ と へ の 希 望 な ど か ら 背 景 に は 明 る い 色 を 使 い ま し た 。 髪 や 肌 の 色 を 実 物 と か け 離 す こ と と 、 あ え て 顔 の パ ー ツ を 描 か な い こ と で さ ま ざ ま な 想 像 力 が 広 が る と 感 じ て い ま す 。 技 法 は 自 ら の 得 意 分 野 と す る 抽 象 画 的 な 要 素 を 加 え る こ と と 独 自 の 世 界 を ア ク リ ル 絵 の 具 と 水 彩 絵 の 具 を 混 合 し て F 6 キ ャ ン バ ス に 筆 を 主 と し て 描 い て い ま す が 、 所 々 で 指 先 や 爪 な ど も 使 い 表 現 し ま し た 。 心 の テ ー マ を 表 現 す る と い う の は と て も 自 分 ら し く あ る と 感 じ て い る の で 、 今 後 も チ ャ レ ン ジ し て い き た い で す 。 抽象画を描いています。20年以上前から複数のメン タルの病気を抱えることになり、何もできない状態が 続きましたが、その中で自分のやりたいことを模索し て、7年前に『色』で自己表現してみたいことに気づき、 独学で絵を描き始めました。主に水彩絵の具やアク リル絵の具を使って、手で直接キャンパスに描くこと を得意としています。公募展出品、国内外グループ 展出品、作品の書籍掲載などの活動をしています。 和田久美子
  8. 8. P 9 平 戸 : 給 与 の 一 部 を メ ン バ ー ズ の 株 式 と し て 自 動 で 積 み 立 て る 制 度 で す 。 自 分 で 設 定 し た 拠 出 金 と 会 社 の 補 助 で あ る 奨 励 金 の 合 計 金 額 分 の 株 を 自 動 で 買 い 付 け る 仕 組 み で 、 個 人 資 産 と し て 株 式 を 積 み 立 て る こ と が で き ま す 。 全員参加型経営の実現と個人の資産形成に 全社入会率5割突破!社内制度「持株会」とは? P 9 持 株 会 と は ど の よ う な 制 度 で し ょ う か ? メ ン バ ー ズ の 福 利 厚 生 の 一 つ で あ る 「 従 業 員 持 株 会 」 。 9 月 時 点 で グ ル ー プ 全 社 の 入 会 率 が 5 割 を 突 破 す る な ど 、 い ま 社 員 か ら の 注 目 が 集 ま っ て い ま す 。 持 株 会 と は ど の よ う な 制 度 な の か 、 入 会 の メ リ ッ ト 、 初 め て 株 を 所 有 す る 人 に お す す め の 情 報 収 集 術 な ど を 株 式 担 当 の 平 戸 夏 生 さ ん 、 井 上 志 音 さ ん に 伺 い ま し た ! 平 戸 : メ ン バ ー ズ は 社 員 ( メ ン バ ー ) を 経 営 の 主 体 と し て 位 置 付 け る 「 全 員 参 加 型 経 営 」 の 実 現 を 目 指 し て い ま す 。 労 働 を 提 供 す る 従 業 員 の 視 点 に 加 え て 、 株 を 所 有 す る オ ー ナ ー の 視 点 か ら メ ン バ ー ズ に 対 す る 評 価 を 理 解 し 、 「 ど う し て い け ば 会 社 の 成 長 に つ な が る の か 」 を 考 え る 一 つ の 手 段 と し て 持 株 会 を 導 入 し て い ま す 。 平 戸 : 上 場 企 業 の 多 く が 持 株 会 制 度 を 取 り 入 れ て い ま す が 、 メ ン バ ー ズ で は 、 拠 出 金 に 対 す る 奨 励 金 の 割 合 が 上 場 企 業 の 上 位 10 % に 入 る 高 い 水 準 と な っ て い ま す 。 新 卒 入 社 の 方 は 実 感 が わ き に く い か も し れ ま せ ん が 、 中 途 入 社 の 方 か ら 「 本 当 ? す ご い ね 」 と よ く 驚 か れ る 奨 励 金 の 割 合 で す 。 身 近 に 感 じ や す い メ リ ッ ト と し て は 毎 月 の 積 立 額 を 自 分 で 決 め ら れ る こ と で す 。 拠 出 の 下 限 は 1 , 0 0 0 円 な の で 、 最 初 は 少 額 か ら 始 め て お い て 、 昇 給 の タ イ ミ ン グ な ど で 増 額 す る 人 も 多 い で す ね 。 ま た 、 開 始 時 は 事 前 の 口 座 準 備 等 は 不 要 で す 。 申 し 込 み は 5 分 で 完 結 す る の で 、 入 会 の ハ ー ド ル は 低 い と 思 い ま す 。 持 株 会 に 入 る こ と の メ リ ッ ト は 何 で し ょ う か ? ま た 、 自 社 株 を 持 つ こ と で 日 々 の 仕 事 に お け る 頑 張 り や 会 社 の 成 長 が 自 分 の 資 産 に わ か り や す く 還 元 さ れ る の で 、 モ チ ベ ー シ ョ ン ア ッ プ に も つ な が り ま す 。 な ぜ 持 株 会 制 度 を 取 り 入 れ て い る の で し ょ う か ? 買 付 資 金 は 給 与 か ら 天 引 き さ れ る の で 、 毎 月 自 分 で 買 い 付 け の 注 文 を 出 す 手 間 が い ら な い 点 も 特 徴 で す 。
  9. 9. P 10 P 10 平 戸 : 私 も 担 当 と し て 関 わ る ま で は そ う 思 っ て い ま し た 。 リ リ ー ス や 決 算 発 表 が 出 た タ イ ミ ン グ で は 売 買 が 活 発 に な り ま す し 、 短 期 的 な 株 価 の 上 下 を 狙 う 「 投 機 の 視 線 」 で メ ン バ ー ズ の 株 価 を 見 て い る 人 も い ま す 。 た だ 、 社 員 の 皆 さ ん は 「 株 価 は 会 社 に 対 す る 評 価 で あ る 」 と と ら え て 、 左 図 の よ う に 長 期 的 な 「 投 資 の 視 線 」 で 見 て も ら い た い と 思 い ま す 。 株 を 持 つ と 「 買 っ た 後 、 株 価 が 上 が っ た り 下 が っ た り す る の が 怖 い 」 と 不 安 に 思 う 方 も い る か と 思 い ま す 。 平 戸 : 株 式 や 投 資 に 興 味 が あ る け れ ど 、 実 際 の 売 買 は ち ょ っ と 勇 気 が な い …… と い う 方 に ぴ っ た り だ と 思 い ま す 。 市 場 で の 買 い 付 け は 原 則 1 0 0 株 単 位 な の で 、 購 入 す る に は ま と ま っ た 金 額 が 必 要 に な り 、 ハ ー ド ル が 高 い と 感 じ が ち で す 。 で も 持 株 会 で あ れ ば 、 月 1 , 0 0 0 円 か ら 始 め ら れ る の で 、 心 理 的 な ハ ー ド ル も リ ス ク も 抑 え ら れ ま す 。 そ の た め 、 気 軽 に 始 め ら れ る 資 産 形 成 の 第 一 歩 と し て お す す め し て い ま す 。 実 は こ こ 1 年 ほ ど で 持 株 会 の 加 入 率 が 上 が っ て お り 、 冒 頭 の 紹 介 の 通 り 全 社 の 約 5 割 、 21 新 卒 で は な ん と 約 7 割 が 持 株 会 会 員 で す 。 若 手 の 皆 さ ん は も ち ろ ん 、 社 歴 の 長 い ベ テ ラ ン の 皆 さ ん も 、 い つ で も 気 軽 に 入 っ て ほ し い の で 、 お 待 ち し て い ま す 。 持 株 会 は 、 ど ん な 方 に お す す め で す か ? 平 戸 : 資 産 形 成 や お 金 を 貯 め る こ と は 、 そ れ 自 体 が 目 的 で は あ り ま せ ん 。 と き に 株 式 な ど の 仕 組 み を 活 用 し つ つ 長 期 的 な 資 産 形 成 を 続 け る こ と で 、 日 常 や 人 生 に お け る 選 択 肢 が 増 え 、 幅 広 い 決 断 が で き る よ う に な り ま す 。 皆 さ ん 自 身 の ピ ン チ を 救 う こ と や 、 周 り の 誰 か の 決 断 を 後 押 し す る こ と に も つ な が り ま す 。 メ ン バ ー ズ に は 、 何 の た め に 働 く の か 、 自 分 の 仕 事 が 社 会 を ど う 動 か し て い く の か に 関 心 の あ る 社 員 が 多 い と 思 い ま す 。 今 後 も 説 明 会 な ど を 通 し て 、 「 仕 事 ・ 会 社 ・ 社 会 の つ な が り 」 「 お 金 へ の 向 き 合 い 方 」 な ど さ ま ざ ま な こ と を お 伝 え し て い き ま す の で 、 若 手 の 方 も ベ テ ラ ン の 方 も 、 皆 さ ん で 一 緒 に 学 ん で い き ま し ょ う ! 最 後 に 、 社 員 へ の メ ッ セ ー ジ を お 願 い し ま す 。 平 戸 : ま ず は 、 社 内 向 け 決 算 説 明 会 と 同 じ タ イ ミ ン グ で 実 施 し て い る 持 株 会 説 明 会 へ 参 加 し て み て は い か が で し ょ う か 。 他 に も 、 拠 点 マ ネ ー ジ ャ ー と の 合 同 企 画 で 拠 点 の 若 手 向 け に カ ジ ュ ア ル 座 談 会 の 実 施 や 、 外 部 金 融 機 関 の 方 が 登 壇 す る 資 産 形 成 説 明 会 も 開 催 し て い ま す 。 も っ と 知 り た い と 思 っ た ら 、 書 籍 や W e b サ イ ト も 活 用 し て み て く だ さ い 。 最 近 で は Y o u T u b e で も 情 報 収 集 が で き ま す よ 。 株 を 持 つ の は 初 め て で 不 安 と い う 方 へ お す す め の 情 報 取 集 術 を 教 え て く だ さ い 。 1 ●シバタナオキの決算実況 https://www.youtube.com/channel/UCDSq68VpxcnElKjAvQ6j0bQ 2 ●両学長 リベラルアーツ大学 https://www.youtube.com/channel/UC67Wr_9pA4I0glIxDt_Cpyw 3 ●FPよしおさんチャンネル 〜あなたのよしおさんFP相談室〜 https://www.youtube.com/channel/UC2OvafV0uGJL6g3XMtYx8ZQ 株についてもっと知りたい&勉強したい人向け! 井上さんおすすめのYouTubeチャンネルはこちら 社内向け27Y1Q決算説明会のアーカイブ動画を配信中! 社員の皆さんは社内掲示板からぜひご覧ください。
  10. 10. 廣 石 : 前 職 が S I e r で 、 そ こ で ア メ リ カ の プ ロ ダ ク ト を 日 本 向 け に ロ ー カ ラ イ ズ し て 展 開 す る プ ロ ジ ェ ク ト を 主 に 担 当 し て い た の で す が 、 そ の 時 に 初 め て D e v O p s ( ※ ) と い う も の を 知 り ま し た 。 当 時 の プ ロ ジ ェ ク ト で は 、 ア メ リ カ の 企 業 が ポ ー ラ ン ド の 企 業 に 開 発 を 依 頼 し て い た も の を 日 本 側 で 引 き 継 ぐ 、 と い う も の だ っ た の で す が 、 海 外 か ら の 引 継 ぎ は さ ま ざ ま な ハ ー ド ル を 越 え な け れ ば な ら ず 、 結 局 ア メ リ カ と ポ ー ラ ン ド の 両 方 の 開 発 チ ー ム と 2 、 3 年 く ら い 共 同 開 発 を お こ な う よ う な 形 に な り 、 そ の 期 間 で 海 外 の 開 発 の 現 状 や 日 本 と の 違 い な ど 多 く の こ と を 学 び ま し た 。 そ の 中 で 、 海 外 で は D e v O p s の 取 り 組 み が 多 様 な 形 で お こ な わ れ て い る の に 対 し 、 日 本 で は ほ と ん ど 取 り 組 ま れ て い な い 現 状 も 知 り ま し た 。 ま た 、 開 発 現 場 で エ ン ジ ニ ア が 疲 弊 し て 辞 め て し ま っ た り 、 そ ん な 状 況 に 危 機 意 識 を 持 ち つ つ も 改 善 で き な か っ た り と い う こ と に ず っ と 課 題 意 識 を 持 っ て い ま し た 。 そ う い っ た 経 緯 も あ っ て 、 日 本 で も っ と D e v O p s を 広 め て い き た い と 思 い 、 2 0 2 1 年 の 3 月 に 社 長 公 募 に 応 募 し て D e v O p s L e a d カ ン パ ニ ー を 立 ち 上 げ ま し た 。 P 11 DevOps Leadカンパニー 廣石 雄大 Text / Edit:小原 祥路 、佐伯 姫夏 File12 D e v O p s L e a d カ ン パ ニ ー 設 立 の 経 緯 に つ い て 教 え て く だ さ い 。 メンバーズのグループ会社紹介! メンバーズのカンパニーを紹介する人気企画。 第12弾はDevOps Leadカンパニー社長・廣石雄大さんを取材しま した。 D e v O p s L e a d カ ン パ ニ ー の 事 業 内 容 と 特 徴 を 教 え て く だ さ い 。 廣 石 : 事 業 内 容 は コ ン サ ル テ ィ ン グ と 技 術 支 援 が 混 ざ っ た よ う な イ メ ー ジ で す 。 単 に 自 動 化 ツ ー ル の 導 入 や 技 術 支 援 を す る の で は な く 、 プ ロ ダ ク ト 開 発 全 体 を 見 渡 し て 、 ボ ト ル ネ ッ ク を 洗 い 出 し 、 そ れ に 対 し て 適 切 に 技 術 で 解 決 し て い く と い う こ と を や っ て い き ま す 。 具 体 的 に は バ リ ュ ー ス ト リ ー ム マ ッ ピ ン グ な ど を 使 っ て プ ロ ダ ク ト の ア イ デ ア が 出 て か ら リ リ ー ス さ れ る ま で の 業 務 の 流 れ を 可 視 化 す る こ と で 、 部 門 間 の 連 携 の 無 駄 を 洗 い 出 し て 改 善 し た り 、 テ ス ト か ら リ リ ー ス ま で を 自 動 化 し た り と い う こ と を 行 っ て い ま す 。 D e v O p s に は 正 解 の や り 方 と い う も の が 存 在 し な い の で 、 常 に お 客 さ ま の プ ロ ダ ク ト 開 発 を ど う や っ た ら 最 適 な 形 に で き る の か を 考 え 、 ト ラ イ & エ ラ ー し な が ら 実 現 に 向 け て 取 り 組 ん で い く も の に な り ま す 。 ま た 、 ボ ト ル ネ ッ ク と な っ て い る も の も 緊 急 度 と 重 要 度 で 大 き く 分 か れ ま す が 、 D e v O p s は 課 題 の 緊 急 度 を 上 げ な い た め に 重 要 度 の 高 い 課 題 を 解 決 し て い く も の に な り ま す 。 昨 今 で は 重 要 度 の 高 い タ ス ク を 効 率 良 く 消 化 す る こ と が シ ス テ ム を 迅 速 か つ 安 定 的 に リ リ ー ス す る に は 必 要 だ と 認 識 さ れ 始 め て い ま す 。 そ の よ う な 背 景 も あ り 、 多 く の お 客 さ ま か ら D e v O p s の 提 案 を し て ほ し い と お 声 を い た だ い て い ま す 。 ( ※ ) D e v O p s ( デ ブ オ プ ス ) は 、 ソ フ ト ウ ェ ア 開 発 手 法 の 一 つ 。 開 発 ( D e v e l o p m e n t ) と 運 用 ( O p e r a t i o n s ) を 組 み 合 わ せ た か ば ん 語 ( 混 成 語 ) で あ り 、 開 発 担 当 者 と 運 用 担 当 者 が 連 携 し て 協 力 す る ( さ ら に 両 担 当 者 の 境 目 も あ い ま い に す る ) 開 発 手 法 を さ す 。 ソ フ ト ウ ェ ア を 迅 速 に ビ ル ド お よ び テ ス ト す る 文 化 と 環 境 に よ り 、 確 実 な リ リ ー ス を 、 以 前 よ り も 迅 速 に 高 い 頻 度 で 可 能 と す る 組 織 体 制 の 構 築 を 目 指 し て い る 。
  11. 11. P 12 仕 事 に 限 ら ず 、 新 し い こ と に チ ャ レ ン ジ し て い っ て 、 か け が え の な い 存 在 に な っ て ほ し い で す 。 ま た 、 カ ン パ ニ ー 説 明 会 を 定 期 的 に 開 催 す る 予 定 な の で 、 公 募 に 応 募 す る 前 に 話 を 聞 い て み た い と い う 方 は ぜ ひ そ ち ら に 参 加 い た だ け た ら と 思 い ま す 。 あ と は 、 「 D e v O p s 」 を エ ン ジ ニ ア 以 外 の 人 た ち に も 知 っ て ほ し い で す 。 D e v O p s は 技 術 的 な 面 も あ り ま す が 、 ど う や っ た ら 組 織 を 円 滑 に 効 率 良 く 運 用 で き る か 、 と い っ た 文 化 的 ・ 哲 学 的 な 面 も あ る の で 、 い ろ い ろ な 場 面 で 役 立 て る こ と が で き る と 思 い ま す 。 今 後 の 目 標 を 教 え て く だ さ い 。 ま ず は 、 社 内 の 体 制 や 環 境 を 整 え て い く こ と か ら や ら な け れ ば な ら な い と 思 っ て い ま す 。 ク ラ イ ア ン ト に 高 い ス キ ル で 技 術 支 援 を お こ な う た め に 、 金 曜 日 の 午 後 は 各 自 ス キ ル ア ッ プ の た め に 使 う 時 間 に 充 て る 取 り 組 み を し て い ま す 。 会 社 と し て エ ン ジ ニ ア が ち ゃ ん と 成 長 で き る 環 境 や 評 価 制 度 を 整 え て い き た い な と 考 え て い ま す 。 そ し て 、 少 し ず つ 規 模 を 拡 大 し な が ら 信 頼 と 実 績 を 積 み 重 ね て い き 、 そ の 過 程 で D e v O p s と い う も の が 日 本 で 当 た り 前 に な る く ら い 普 及 さ せ て い き た い で す 。 最 終 的 に は 自 分 た ち の カ ン パ ニ ー が 必 要 な い く ら い D e v O p s が 広 ま れ ば い い な と 思 っ て い ま す 。 新 し い も の に 興 味 が あ る 方 に と っ て は 非 常 に 面 白 い の で は な い か な と 思 い ま す 。 あ と は 、 結 果 が 数 値 と し て 出 し や す い の で 、 達 成 感 を 得 ら れ や す い と い う 面 も あ り ま す 。 ク ラ イ ア ン ト の 業 務 を 効 率 化 す る こ と に よ っ て 、 感 謝 の 声 を も ら え る の で や り が い の 感 じ ら れ る 仕 事 で す 。 メ ン バ ー ズ 社 員 へ メ ッ セ ー ジ を お 願 い し ま す ! い き た い と い う 方 で あ れ ば 大 歓 迎 で す 。 ま た 、 い ろ い ろ な 人 や 部 門 と 連 携 し て い く 必 要 が あ る の で 協 調 性 が あ る な ど 人 間 力 の 部 分 も 重 要 か も し れ ま せ ん 。 D e v O p s L e a d カ ン パ ニ ー で は ど の よ う な 経 験 が 得 ら れ ま す か ? DevOps Leadカンパニー 設立のプレスリリースはコチラ https://www.members.co.jp/company/news/2021 /0715.html D e v O p s L e a d カ ン パ ニ ー で は 、 ど の よ う な 方 に 加 わ っ て ほ し い と 考 え て い ま す か ? 廣 石 : 開 発 チ ー ム の 中 で 一 緒 に 何 を 作 ろ う と し て い る の か 、 ど う い っ た も の を 提 供 し よ う と し て い る の か を 理 解 し 、 プ ロ ダ ク ト が よ り 良 く な る た め に 自 分 の 専 門 性 を ど う 活 か す か 、 ま た ど ん な 専 門 性 が 必 要 な の か 、 と い っ た こ と を 常 に 考 え 、 チ ー ム に 良 い 影 響 を 与 え ら れ る よ う な 方 に 加 わ っ て ほ し い で す ね 。 現 時 点 で ス キ ル が 伴 っ て い な く て も 、 こ う い っ た 考 え に 共 感 し て エ ン ジ ニ ア と し て 頑 張 っ て 廣 石 : エ ン ジ ニ ア と し て 、 希 少 価 値 が 高 い 経 験 が で き る と 思 い ま す 。 海 外 で も D e v O p s 周 り が で き る エ ン ジ ニ ア は 希 少 価 値 が 高 く 、 収 入 が 高 い こ と で 有 名 で す 。 今 後 日 本 で も D e v O p s 需 要 は 伸 び て く る と 思 う の で 、 D e v O p s L e a d カ ン パ ニ ー で 働 く 経 験 は 大 き な 強 み に な る と 思 い ま す 。 ま た 、 扱 う 技 術 も 幅 広 く モ ダ ン な も の を 扱 う の で
  12. 12. P 13 2021年4月設立!お客さまと一緒にお客さまの事業成長にコミットし続ける メンバーズ PGT事業営業室・推進室の魅力に迫る! P 13 P G T 営 業 室 と P G T 推 進 室 の 違 い に つ い て 教 え て く だ さ い 。 高 口 : は い 。 各 カ ン パ ニ ー の 専 門 性 の 高 い 人 材 を う ま く 集 め て プ ロ デ ュ ー ス す る 、 と い う 体 制 は 他 社 に は な い メ ン バ ー ズ の 強 み と 考 え て い る の で 、 う ま く そ の 強 み を 活 用 し な が ら 飛 躍 し て い き た い と 思 い ま す 。 新 設 か ら 5 ヵ 月 経 っ た P G T 事 業 営 業 室 ( 以 下 P G T 営 業 室 ) 室 長 の 舟 山 さ ん と P G T 事 業 推 進 室 ( ( 以 下 P G T 推 進 室 ) 室 長 の 高 口 さ ん に 、 現 在 の 活 動 内 容 と 今 後 の 展 望 に つ い て 伺 い ま し た ! P G T を ス タ ー ト さ せ た き っ か け は 何 だ っ た の で し ょ う か 。 ま ず 、 P G T は P r o d u c t G r o w t h T e a m の 略 で 、 今 年 の 4 月 に 設 立 さ れ ま し た 。 も と も と は デ ジ タ ル 人 材 事 業 と い う 名 前 で 、 お 客 さ ま 側 に 1 人 単 位 で の 人 材 派 遣 を お こ な っ て い ま し た 。 し か し 、 サ ー ビ ス や 人 材 不 足 な ど お 客 さ ま の デ ジ タ ル 人 材 に 対 す る 要 望 が 変 わ っ て い き 、 1 人 単 位 で は な く チ ー ム と し て 携 わ っ て ほ し い と い う 声 が 増 加 し ま し た 。 そ う し た 背 景 か ら サ ー ビ ス を 見 直 し 、 P G T が ス タ ー ト し ま し た 。 舟 山 : P G T 営 業 室 は 、 カ ン パ ニ ー を 横 断 し て 営 業 連 携 す る 役 割 を 担 っ て い ま す 。 各 カ ン パ ニ ー の 売 上 自 体 は カ ン パ ニ ー ご と で 見 て い ま す が 、 お 客 さ ま か ら の デ ー タ 人 材 の 要 望 や 、 ソ ー シ ャ ル メ デ ィ ア の 案 件 の 相 談 な ど が あ っ た 際 に カ ン パ ニ ー を 横 断 し て 随 時 連 携 し な が ら 提 案 で き る よ う な 横 ぐ し の 営 業 機 能 に な っ て い ま す 。 ま た 、 営 業 室 の 中 に マ ー ケ テ ィ ン グ グ ル ル ー プ も 設 置 し て い ま す 。 P G T は ク リ エ イ タ ー の 数 だ け リ ー ド が 必 要 な た め 、 仮 に 6 0 0 人 ク リ エ イ タ ー が い た ら 6 0 0 社 の お 客 さ ま 企 業 が 必 要 に な る と い う 考 え 方 に な り ま す 。 そ の た め マ ー ケ テ ィ ン グ 活 動 が 重 要 で 、 そ こ に 今 年 の 4 月 か ら よ う や く 着 手 し 始 め た と こ ろ で す 。 例 え ば 、 サ ー ビ ス サ イ ト を 制 作 し た り コ ー ル セ ン タ ー を 立 ち 上 げ た り 。 コ ー ル セ ン タ ー に ア ウ ト バ ウ ン ド し て も ら う な ど の 取 り 組 み を 営 業 室 の マ ー ケ テ ィ ン グ グ ル ー プ が 担 っ て い る と い っ た 感 じ で す ね 。 高 口 : P G T 推 進 室 は 、 ど の よ う な 人 材 が 必 要 で ど の よ う に サ ー ビ ス を 変 え て い く か 、 と い っ た 事 業 方 針 を 考 え 、 協 力 し な が ら 実 行 す る と こ ろ を 担 当 し て い ま す 。 今 で は カ ン パ ニ ー を 横 断 し て 連 携 し な が ら 、 お 客 さ ま に 個 々 の 強 み を 売 り 出 し て い る の で す ね 。 営 業 を し て い く 中 で お 客 さ ま か ら 求 め ら れ る こ と が 多 い ス キ ル は あ り ま す か ? 舟 山 : デ ー タ や U X ス キ ル は キ ャ ッ チ ー な 部 分 な の で 求 め ら れ て い ま す 。 特 に デ ー タ 周 り は 今 ま で 以 上 に 、 お 客 さ ま 側 が 重 要 視 し て い る と 肌 で 感 じ ま す 。 た だ I T 系 の ス キ ル は 自 分 の 努 力 次 第 で 伸 ば せ る 領 域 な の で 、 お 客 さ ま 側 の I T 知 識 も 今 ま で 以 上 に 高 く な っ て い る の も
  13. 13. P 14 P 14 実 感 し て い ま す 。 そ れ に よ っ て 、 求 め ら れ る ス キ ル も 今 ま で 以 上 に 深 く な っ て い る の は 間 違 い な い で す 。 た と え ば 、 単 純 に デ ザ イ ナ ー で す 、 と い う 人 材 だ と 、 お 客 さ ま か ら 、 そ れ 以 外 に 何 が で き る の か と い う こ と を 聞 か れ ま す 。 で す か ら 、 デ ィ レ ク タ ー で あ れ ば デ ー タ 周 り は で き な い と だ め だ し 、 コ ー デ ィ ン グ も で き る デ ザ イ ナ ー な ど が 求 め ら れ て い ま す 。 あ と は 、 リ モ ー ト に な っ た こ と が 加 速 さ せ て い る の か も し れ ま せ ん が 、 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 能 力 は と て も 大 事 だ と 思 っ て い ま す 。 最 終 的 に は 「 こ の 人 と 一 緒 に 働 い た ら プ ラ ス に な る 」 「 こ の 人 と 一 緒 に 働 い て み た い 」 と お 客 さ ま か ら 思 っ て も ら え る こ と が 重 要 だ と 思 い ま す 。 リ モ ー ト で は 、 ち ょ っ と し た コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の バ グ が 大 き な ミ ス に つ な が る こ と も あ る の で 、 当 た り 前 の こ と か も し れ な い で す が 、 わ か ら な い こ と を そ の ま ま に せ ず に ち ゃ ん と 聞 い て 課 題 解 決 で き る よ う な 、 自 ら ア ク シ ョ ン を 起 こ せ る 人 材 が 求 め ら れ て い ま す 。 今 直 面 し て い る 課 題 は あ り ま す か ? ク リ エ イ タ ー の ス キ ル は 今 日 明 日 で す ぐ に 変 わ る も の で は な い の で 、 も っ と ク リ エ イ タ ー が ス キ ル ア ッ プ で き る 体 制 を 我 々 が 整 え る 必 要 が あ り ま す 。 そ う い っ た サ ポ ー ト を ま だ 全 力 で や り 切 れ て い な い と 同 時 に 、 ク リ エ イ タ ー 自 身 も ス キ ル 向 上 に 向 け て 頑 張 ら な け れ ば い け な い の で 、 お 互 い 歩 み 寄 れ る よ う に 改 善 し て い き た い で す ね 。 舟 山 : 営 業 面 、 提 案 面 で の 課 題 と し て は 、 P G T 全 体 が 1 人 単 位 で 人 材 を 提 供 す る こ と に 長 年 徹 し て い た の で 、 チ ー ム と し て 、 お 客 さ ま の 成 果 を 出 す た め に 最 適 な 提 案 を す る と い っ た 点 で は 、 ま だ ま だ 課 題 を 感 じ て い ま す 。 た だ 、 カ ン パ ニ ー 間 で 営 業 や 提 案 活 動 を 連 動 し て お こ な っ て い る の で 、 中 長 期 的 に 今 の 取 り 組 み が う ま く い け ば 、 P G T 事 業 そ の も の が よ り 成 長 し て い く と 思 い ま す 。 そ し て 結 果 的 に メ ン バ ー ズ の 発 展 に も つ な が る と 思 う の で 、 そ こ に 今 挑 戦 し て い る よ う な 感 じ で す ね 。 デ ー タ を 扱 え る デ ザ イ ナ ー の よ う に 、 ク リ エ イ タ ー が キ ャ リ ア チ ェ ン ジ し て い く 取 り 組 み が う ま く い け ば 、 そ の 仕 組 み を E M C に も 取 り 入 れ て 、 「 メ ン バ ー ズ 全 体 が 個 々 と し て も チ ー ム と し て も 最 強 の 集 団 」 に な れ る ん じ ゃ な い か と 思 っ て い ま す 。 今 後 目 指 す サ ー ビ ス の 目 標 や 理 想 像 は あ り ま す か ? や ろ う と 思 っ て い る こ と を 積 み 重 ね る こ と が と て も 重 要 だ と 考 え て い ま す 。 部 分 的 な 強 化 と い う よ り は お 客 さ ま の 事 業 成 長 に コ ミ ッ ト す る た め に す べ て や ら な け れ ば い け な い と 思 い ま す 。 い い 意 味 で ア グ レ ッ シ ブ に 行 動 し 続 け 、 ク リ エ イ タ ー 一 人 ひ と り の ス キ ル や 、 ク リ エ イ タ ー 全 員 が 楽 し く 働 け る よ う な 環 境 ・ 風 土 、 ミ ッ シ ョ ン ・ ビ ジ ョ ン の 強 化 が 重 要 に な っ て く る と 考 え ま す 。 そ れ を 実 現 し て い く の が V I S I O N 2 0 3 0 達 成 へ の 一 番 の 近 道 に も な る の で は と 思 い ま す ね 。 ま た 、 P G T に お け る 永 遠 の テ ー マ と し て 「 リ ー ド を い か に 潤 沢 に 持 っ て 来 ら れ る か 」 と い う こ と が 最 大 の 課 題 だ と 考 え ま す 。 例 え ば 、 ク リ エ イ タ ー が 6 0 0 人 い た と し て 、 1 人 あ た り 5 社 提 案 で き る 取 引 先 が 必 要 だ と す る と 、 3 , 0 0 0 リ ー ド 必 要 と い う 計 算 に な り ま す 。 そ こ か ら 実 際 に ス キ ル シ ー ト が 通 る 通 ら な い と い っ た 事 情 も あ る の で 、 資 産 的 に は 約 1 2 , 0 0 0 リ ー ド 必 要 に な り ま す ( 笑 ) か な り チ ャ レ ン ジ ン グ な 目 標 で は あ り ま す が 、 そ こ が 解 決 で き れ ば 営 業 は も ち ろ ん 、 ク リ エ イ タ ー 自 身 が 仕 事 を 選 べ る と い っ た こ と も 実 現 で き る と 思 っ て い ま す 。 リ ー ド が 潤 沢 に な っ て ク リ エ イ タ ー が や り た い 業 務 に チ ャ レ ン ジ で き た り 、 社 内 で い ろ ん な 案 件 を 楽 し み な が ら や れ る 世 界 を 作 れ た ら 理 想 で す 。 そ う す る こ と で ク リ エ イ タ ー も 幸 せ に な る し 、 お 客 さ ま 側 に も ス キ ル も 意 欲 も 高 い ク リ エ イ タ ー を 提 供 で き る 、 そ し て 、 ス キ ル が 上 が れ ば 稼 働 率 が 上 が り 、 単 価 も 高 く な れ ば メ ン バ ー ズ 全 体 が 成 長 す る よ う に な る 。 ク リ エ イ タ ー 、 メ ン バ ー ズ 、 社 会 、 そ し て お 客 さ ま の 四 方 良 し の 関 係 を 築 い て い き た い で す 。 高 口 : 今 話 し た 目 標 を 達 成 し よ う と な る と 人 員 も 必 要 で す し 、 優 秀 な 人 材 が 集 ま っ て く れ る と も っ と ス ピ ー ド 感 を も っ て や る こ と が で き ま す 。 自 分 の 強 み が 伸 ば し 切 れ て い な い 、 領 域 に 特 化 し た 強 み を 強 化 し な が ら 組 織 ・ お 客 さ ま の 事 業 成 長 に さ ら に コ ミ ッ ト し た い 、 と い う 方 は ぜ ひ P G T へ の ジ ョ イ ン を お 待 ち し て い ま す ! 今 回 紹 介 し た P G T の サ ー ビ ス サ イ ト は こ ち ら ! https://pgt.members.co.jp/ 高 口 : 課 題 し か な い で す ね ( 笑 ) 下 期 を 見 据 え て 頑 張 っ て い る と い う 感 じ で す ( 笑 ) た だ 、 一 番 の 課 題 は 「 ク リ エ イ タ ー の ス キ ル が 伸 ば し 切 れ て い な い と こ ろ 」 で す 。 舟 山 : V I S I O N 2 0 3 0 と い う 大 き な 目 標 が あ る の で 、 そ れ に 向 け て 4 半 期 、 半 期 、 年 間 の そ れ ぞ れ に お い て 着 実 に
  14. 14. P 15 嶋 田 : 製 薬 会 社 様 の ウ ェ ビ ナ ー の 運 用 支 援 を お こ な っ て い ま す 。 製 薬 業 界 で は 、 自 社 の 薬 の 取 り 扱 い 病 院 を 増 や す た め 、 M R が 医 師 を 訪 問 し て 営 業 す る の が 一 般 的 な 営 業 手 法 で し た 。 と こ ろ が コ ロ ナ の た め 、 病 院 へ 訪 問 し て 営 業 す る こ と が 難 し く な り ま し た 。 そ こ で 、 新 た な 営 業 手 法 と し て ウ ェ ビ ナ ー を 開 催 し 新 規 の リ ー ド の 獲 得 と 薬 の 説 明 を 実 施 し て い て 、 こ の ウ ェ ビ ナ ー の 運 用 を 支 援 し て い ま す 。 ウ ェ ビ ナ ー の 運 用 支 援 と い う の は 既 存 の E M C で は ほ と ん ど 例 が な い と 思 い ま す 。 具 体 的 な 流 れ を 説 明 す る と 、 ま ず お 客 さ ま が 「 い つ ・ 誰 に ・ ど う い う 領 域 の ウ ェ ビ ナ ー を す る の か 」 を 企 画 し ま す 。 我 々 の 仕 事 は 企 画 さ れ た ウ ェ ビ ナ ー の 周 知 か ら 開 催 前 の リ マ イ ン ド ま で で す 。 W e b サ イ ト の 更 新 、 予 約 し た 方 へ リ マ イ ン ド メ ー ル の 内 容 を 作 成 し 、 メ ー ル の 送 付 な ど を 対 応 し て い ま す 。 当 日 の 配 信 は 別 の ベ ン ダ ー さ ん が お こ な い 、 そ の 後 視 聴 者 数 や ア ン ケ ー ト 結 果 を 集 計 し 、 お 客 さ ま へ の 報 告 を し て い ま す 。 メンバーズメディカルマーケティングカンパニー P 15 受 賞 案 件 の 内 容 を 教 え て く だ さ い 。 2 0 2 1 年 7 月 度 の 月 次 表 彰 で E M C 獲 得 賞 を 受 賞 し た メ デ ィ カ ル マ ー ケ テ ィ ン グ カ ン パ ニ ー の 長 野 清 哉 さ ん 、 大 畑 千 穂 さ ん 、 嶋 田 功 さ ん 、 永 井 洸 介 さ ん に お 話 を 伺 い ま し た 。 カンパニー初のEMC獲得案件をインタビュー! 永 井 : 前 の ベ ン ダ ー さ ん か ら ウ ェ ビ ナ ー 運 営 を 引 き 継 い だ の で す が 、 そ の 引 き 継 ぎ が 大 変 で し た 。 今 年 の 1 月 か ら 引 き 継 ぎ を 行 い 、 運 用 が 軌 道 に 乗 っ た の は 5 月 く ら い で し た 。 マ ニ ュ ア ル だ け だ と 把 握 し き れ な か っ た り 、 あ ま り 資 料 が な か っ た り し て 、 こ ち ら で 手 探 り で 作 業 を し な け れ ば な ら な い 状 態 で し た 。 当 初 の 予 定 か ら 引 き 継 ぎ 期 間 を 延 ば し 、 作 業 を 録 画 す る な ど の 工 夫 を し て 、 詳 細 な マ ニ ュ ア ル を 作 成 し 、 改 善 を 図 り ま し た 。 長 野 : は じ め は ミ ス が 多 く 、 運 用 が 安 定 す る ま で に 管 理 手 法 を 3 回 ほ ど 変 え て 、 よ う や く 今 の 運 用 の 形 に 落 ち 着 き ま し た 。 5 月 く ら い ま で は お 客 さ ん に 怒 ら れ る こ と も 多 か っ た で す ね …… 。 一 つ の セ ミ ナ ー を 開 催 す る の に 、 意 外 と や る べ き 業 務 が 多 い ん で す 。 ス テ ー ク ホ ル ダ ー が 多 い の も 難 し い ポ イ ン ト で す 。 例 え ば 、 別 の 製 薬 会 社 さ ま と 合 同 で ウ ェ ビ ナ ー を 開 催 す る こ と が あ る の で す が 、 そ の 際 に 別 の 製 薬 会 社 さ ま か ら 直 接 依 頼 が 来 る こ と が あ り ま す 。 そ う す る と 依 頼 フ ォ ー マ ッ ト に 則 っ て い な か っ た り 、 内 容 の ク オ リ テ ィ が ば ら ば ら だ っ た り と い う こ と が あ り ま し た 。 今 は こ ち ら か ら リ マ イ ン ド を し た り 、 内 容 の 修 正 提 案 を で き る よ う に な る ま で 運 用 が 安 定 し て い て 、 メ ン バ ー ズ が 安 定 運 用 の 基 礎 を 担 っ て い る と い え る の で は な い か と 思 い ま す 。 受 注 か ら 運 用 が 安 定 す る ま で に 苦 労 し た 点 は あ り ま す か ?
  15. 15. P 16 P 16 嶋 田 : メ ル マ ガ に つ い て は 、 メ ー ル の 開 封 率 ・ ク リ ッ ク 率 等 を 計 測 し 、 結 果 を も と に お 客 さ ま と 相 談 し て 内 容 な ど の 改 善 に 活 用 し て い ま す 。 「 薬 が ど こ ま で 売 れ た の か 」 と い う の は 業 界 的 に も 計 測 は 難 し い の で 、 「 情 報 提 供 の 件 数 = ウ ェ ビ ナ ー 参 加 者 を 増 や す こ と 」 を 定 量 的 な 目 標 と し て い ま す 。 ま た 、 ウ ェ ビ ナ ー で は ア ン ケ ー ト を と っ て お り 、 処 方 意 向 な ど の 質 問 も あ る た め 、 あ る 程 度 定 性 的 な 評 価 も で き て い ま す 。 長 野 : 始 ま っ た ば か り の 案 件 と い う こ と も あ り K P I が き っ ち り 決 ま っ て い る わ け で は な い で す が 、 お 客 さ ま の 意 向 と し て 「 サ イ ト 経 由 で 集 客 を 増 や し た い 」 「 メ ー ル 開 封 率 を ア ッ プ さ せ た い 」 と い う ご 要 望 を い た だ い て い る た め 、 そ れ を 目 標 に テ キ ス ト メ ー ル か ら H T M L メ ー ル に 変 更 す る な ど 、 改 善 施 策 を 実 施 し て い ま す 。 運 用 開 始 後 の お 客 さ ま の 評 価 は ど の よ う な も の で し ょ う か 。 長 野 : 運 用 か ら 3 か 月 の 時 点 で 、 お 客 さ ま の マ ネ ー ジ ャ ー さ ん か ら 「 非 常 に 安 定 し た 運 用 を し て い た だ い て い て 、 費 用 も 下 が っ て い る の で 満 足 し て い る 」 と の コ メ ン ト を い た だ き ま し た 。 前 の ベ ン ダ ー さ ん は 8 人 く ら い で 運 用 を し て い た ら し い の で す が 、 今 は 3 人 で 運 用 し て い ま す 。 ま た 、 現 場 の 方 か ら も 「 今 が 最 高 の 状 態 で す 」 と い う お 言 葉 を い た だ い て い ま す 。 大 畑 : 主 に 二 つ あ り ま す 。 一 つ は 、 依 頼 フ ォ ー マ ッ ト を 変 更 し た こ と で す 。 そ れ は そ れ で 最 初 は 混 乱 し た の で す が 、 ひ と つ ひ と つ の 依 頼 に 対 し て 丁 寧 に コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン を 取 り 、 運 用 フ ォ ー マ ッ ト の 使 い 方 を 関 係 者 に 浸 透 さ せ て い き ま し た 。 運 用 フ ォ ー マ ッ ト は 最 初 に お 客 さ ま が 作 っ て く だ さ っ た の で す が 、 「 こ の よ う に 改 善 し た ら お 互 い 今 よ り 楽 な の で は な い か 」 な ど こ ち ら か ら 改 善 提 案 も し ま し た 。 長 野 : も う 一 つ は 、 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の フ ロ ー の 変 更 を し た こ と で す 。 以 前 は メ ン バ ー ズ か ら 別 の 製 薬 会 社 さ ま の 窓 口 担 当 者 、 そ こ か ら ま た M R さ ん と い う よ う に 、 窓 口 担 当 者 さ ま を 挟 ん で や り 取 り を し て い ま し た が 、 メ ン バ ー ズ が 直 接 M R の 方 と や り と り す る よ う に な り ま し た 。 こ の 案 件 で は お 客 さ ま 、 他 製 薬 会 社 さ ま も 含 め 毎 週 定 例 会 を お こ な っ て い ま す 。 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン フ ロ ー の 変 更 も 、 定 例 会 の 際 に 改 善 案 が 出 て 変 更 す る こ と に な り ま し た 。 頻 繁 に お 客 さ ま と 話 す 機 会 が あ り 、 問 題 点 が あ れ ば 改 善 し て い け る の が 、 こ の 案 件 の い い と こ ろ か な と 思 い ま す 。 大 畑 : 私 は 以 前 は E M C カ ン パ ニ ー で W e b 運 用 を や っ て お り 、 ウ ェ ビ ナ ー の 運 用 に 最 初 は 戸 惑 い ま し た 。 W e b 運 用 だ と 毎 日 た く さ ん の 依 頼 が 来 て 、 そ れ を サ イ ト に ア ッ プ し て い く 仕 事 で し た が 、 ウ ェ ビ ナ ー 運 用 は 、 ス ケ ジ ュ ー ル 管 理 や M R さ ん に リ マ イ ン ド を す る な ど 、 ウ ェ ビ ナ ー を 円 滑 に 運 用 す る た め の 管 理 と い う 側 面 が 強 い と 思 い ま す 。 嶋 田 : 私 も 以 前 は E M C カ ン パ ニ ー で 制 作 を メ イ ン で や っ て お り 、 依 頼 さ れ た 制 作 物 を い か に 正 確 に 早 く 作 る か を 考 え て 仕 事 を し て い ま し た 。 こ の 案 件 に 参 画 し 、 制 作 の 時 以 上 に 自 分 の メ ー ル 一 本 、 判 断 一 つ が ど こ に ど の よ う に 影 響 す る の か を 考 え る よ う に な り ま し た 。 正 確 に サ イ ト を 更 新 し 、 メ ー ル を 送 信 す る の は も ち ろ ん で す が 、 そ れ に プ ラ ス し て ど ん な 提 案 が で き る の か を 常 々 考 え て い か な い と い け な い と 思 っ て い ま す 。 私 の 考 え で す が 、 ウ ェ ビ ナ ー 運 用 っ て 、 作 業 だ け を 見 る と 単 に 「 サ イ ト の 更 新 」 「 メ ー ル 送 付 」 な ど を す る 仕 事 で す 。 で も 、 本 質 的 に は そ の 施 策 の 結 果 「 お 客 さ ま の 薬 が 世 の 中 に 正 し く 周 知 さ れ て い く 」 た め の も の で は な い か と 思 い ま す 。 そ の た め に は ウ ェ ビ ナ ー に 来 て も ら う べ き 人 に 来 て も ら う 必 要 が あ り ま す 。 決 ま っ た こ と だ け を す る で は な く 、 い か に 対 象 の お 医 者 さ ま の 興 味 を 引 く こ と が で き る の か と い う こ と を 考 え て い ま す 。 今 後 の 展 望 や 目 標 を 教 え て く だ さ い 。 長 野 : 今 メ ン バ ー ズ が お 手 伝 い し て い る の は デ ジ タ ル マ ー ケ テ ィ ン グ の ご く 一 部 分 だ と 考 え て い ま す 。 お 客 さ ま も デ ジ タ ル 化 を 進 め た い と い う 中 で 、 メ ー ル コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の 活 性 化 、 サ イ ト の 活 用 な ど 、 も っ と 上 流 か ら お 手 伝 い で き る よ う に な り た い と 考 え て い ま す 。 も う 一 つ は 、 や は り C S V の 促 進 で す 。 対 お 医 者 さ ま は 難 し い で す が 、 対 コ ン シ ュ ー マ ー 向 け の 施 策 を 考 え て い ま す 。 お 客 さ ま の 薬 の 中 に 性 感 染 症 の 薬 が あ り ま す 。 H I V の 感 染 を 防 ぐ た め に は 検 査 率 を 上 げ な け れ ば い け な い の で 、 そ の 啓 蒙 を し て い く こ と が C S V 施 策 に な る と 考 え て い ま す 。 メ デ ィ カ ル マ ー ケ テ ィ ン グ 自 体 も 、 医 療 費 を 適 正 に し て い く こ と を 目 的 と し て い ま す 。 そ の た め に は 病 気 に な る 前 に 検 査 を す る こ と 、 多 く の 人 の ヘ ル ス リ テ ラ シ ー を 上 げ て い く こ と が 大 切 で す 。 ま た 、 お 医 者 さ ま の リ テ ラ シ ー 向 上 も お こ な う 必 要 が あ り ま す 。 既 存 の M R と い う 、 人 が 営 業 す る 手 法 だ と 、 ど う し て も 情 報 が 大 学 病 院 な ど 大 き い 病 院 に 集 ま り が ち で 、 私 た ち が 普 段 行 く よ う な 小 さ い ク リ ニ ッ ク の お 医 者 さ ま は 新 し い 薬 な ど の 情 報 を 得 ら れ に く い ん で す よ ね 。 で も オ ン ラ イ ン で ウ ェ ビ ナ ー を 参 加 す れ ば 誰 で も 同 じ 情 報 を 得 る こ と が で き ま す 。 デ ジ タ ル 化 を 進 め る こ と で 社 会 貢 献 が で き る の で は な い か と 考 え て い ま す 。 E M C カ ン パ ニ ー に 多 い 、 い わ ゆ る W e b 運 用 と ウ ェ ビ ナ ー 運 用 に は ど の よ う な 違 い が あ り ま す か 。 効 果 測 定 は ど の よ う に 行 っ て い ま す か 。 依 頼 内 容 の 平 準 化 た め に ど の よ う な こ と を し た の で し ょ う か 。
  16. 16. P 17 國 村 : 端 的 に い え ば イ ン タ ー ネ ッ ト の 利 用 や 、 W e b の コ ン テ ン ツ を 通 じ て 生 じ て し ま う C O 2 排 出 量 を 、 可 能 な 限 り 削 減 す る た め の デ ザ イ ン の 手 法 で す 。 イ ン タ ー ネ ッ ト を 通 じ て ど れ く ら い の C O 2 が 排 出 さ れ て い る の か と い っ た と こ ろ は 今 ま で あ ま り 注 目 さ れ て き ま せ ん で し た が 、 世 界 全 体 で ド イ ツ 一 国 の C O 2 排 出 量 に 比 類 す る く ら い の 量 を W e b 業 界 が 排 出 し て し ま っ て い る と い う 現 状 が 、 今 注 目 さ れ 始 め て い ま す 。 他 の 業 界 と 比 較 し て も 、 C O 2 排 出 量 を 減 ら す 努 力 を 強 く 求 め ら れ て い る 航 空 業 界 と 同 じ く ら い の 量 を W e b 業 界 が 排 出 し て し ま っ て い る こ と に な り ま す 。 こ の よ う な 中 で 、 C O 2 排 出 量 を ど う し た ら 減 ら し て い け る の か 、 コ ン テ ン ツ を 作 る 側 が 考 え て い く 必 要 が あ る ん じ ゃ な い か と い う こ と が 問 わ れ て い て 、 実 際 に そ れ を 達 成 す る た め の 手 法 が 「 サ ス テ ナ ブ ル W e b デ ザ イ ン 」 だ と 考 え て い ま す 。 内 容 と し て は そ も そ も の 軽 量 化 と い う と こ ろ も あ る ん で す が 、 具 体 的 に コ ン テ ン ツ の 中 身 や 設 計 そ の も の 、 デ ザ イ ン や 実 際 P 17 「 サ ス テ ナ ブ ル W e b デ ザ イ ン 」 と は 何 か 教 え て く だ さ い 。 先 日 か ら 活 動 を 開 始 し た 「 サ ス テ ナ ブ ル W e b デ ザ イ ン ラ ボ 」 の 佐 藤 静 さ ん 、 國 村 友 貴 子 さ ん 、 山 崎 こ こ ろ さ ん の 3 人 に 、 「 そ も そ も サ ス テ ナ ブ ル W e b デ ザ イ ン っ て な ん だ ろ う ? 」 と い う 素 朴 な 疑 問 か ら 、 ラ ボ の 活 動 を 中 心 と し た 社 内 の 取 り 組 み ま で 、 お 話 を 伺 い ま し た ! 佐 藤 : そ う で す ね 。 今 ま で や っ て き た 軽 量 化 や S E O 対 策 の よ う な 方 向 に も な り が ち な ん で す け ど 、 根 本 的 に が ら っ と デ ザ イ ン を 変 え る と か 、 画 像 を 全 く 使 用 し な い と か 、 い か に 見 栄 え と 軽 量 化 を 両 立 さ せ る か と い う 、 新 し い デ ザ イ ン の 考 え 方 な の か な と 思 っ て い ま す 。 ラ ボ で は 、 ス タ ー ト 時 に 、 職 種 ご と に 知 り た い こ と を 洗 い 出 し ま し た が 、 見 て い る 観 点 は 職 種 ご と に そ れ ぞ れ 違 っ て い ま し た 。 デ ザ イ ナ ー だ っ た ら ペ ー ジ 全 体 の デ ザ イ ン や ペ ー ジ 設 計 、 デ ィ レ ク タ ー は U X 、 例 え ば ユ ー ザ ー が W e b ペ ー ジ を 遷 移 し な い ほ う が 通 信 量 が 減 る 、 そ れ を ど う や っ て 情 報 設 計 す る か 、 な ど が 必 要 に な っ て き ま す 。 コ ー デ ィ ン グ で も ペ ー ジ 内 の 動 き は 軽 い ほ う が い い よ ね と か 、 で き る だ け レ ン ダ リ ン グ 少 な い ほ う が い い の で は 、 動 画 は よ く な い ん じ ゃ な い か 、 と か そ う い う 実 装 面 で の 軽 量 化 や 、 通 信 量 削 減 と い っ た 話 も で き ま す 。 以 前 の 活 動 で 話 に 挙 が っ た の が 「 色 」 で す 。 ダ ー ク モ ー ド と 白 だ と ど っ ち の ほ う が 消 費 電 力 が 少 な い の か 、 通 信 量 が 少 な い の か ? と い う 観 点 も あ り ま し た 。 全 て 繋 が っ て い て 、 に ユ ー ザ ー が ど う い う 道 筋 で ア ク セ ス す る の か な ど 、 全 体 を 見 直 す こ と で C O 2 排 出 量 を 減 ら し な が ら 、 ユ ー ザ ー に と っ て 心 地 よ い 、 快 適 な サ ー ビ ス を 提 供 す る と い う の が 、 サ ス テ ナ ブ ル W e b デ ザ イ ン の 目 指 す と こ ろ か な と 考 え て い ま す 。 デ ザ イ ナ ー だ け で は な く 、 全 体 で 関 わ っ て い く と い う も の な ん で す ね 。 国内事例もまだまだ。メンバーズがやらなくては!という新たなアプローチ サステナブルWebデザインラボ
  17. 17. P 18 P 18 必 要 な 観 点 で あ り 、 そ れ ぞ れ の 職 種 ・ 担 当 領 域 が サ ス テ ナ ブ ル W e b デ ザ イ ン に 関 係 す る の か な と 思 い ま す 。 佐 藤 : サ ス テ ナ ブ ル W e b デ ザ イ ン は 、 も と も と エ ン ゲ ー ジ メ ン ト フ ァ ー ス ト ( 以 下 : E F ) の 中 で 研 究 を し て い て 、 提 案 資 料 み た い な も の も 作 っ て く れ て い た ん で す 。 そ ん な 中 、 私 た ち が 所 属 す る E M C 推 進 室 ( 以 下 : E 推 ) で も 「 脱 炭 素 D X っ て 何 だ ろ う 」 と い う の を 考 え な い と い け な く て 。 そ こ で 改 め て E F の 皆 さ ん か ら 、 サ ス テ ナ ブ ル W e b デ ザ イ ン に つ い て の お 話 を 聞 き 、 確 か に こ れ は や っ た ほ う が 良 い の で は な い か と な り ま し た 。 た だ 、 本 格 的 に や る と な っ た と き に 、 E 推 の 中 に は デ ザ イ ナ ー や エ ン ジ ニ ア が い る わ け で は な く 、 ま た 日 本 国 内 の サ ス テ ナ ブ ル W e b デ ザ イ ン へ の 知 見 と い う の も ま だ ま だ 足 り な い 現 状 か ら 、 現 場 の ク リ エ イ タ ー の 方 た ち も 巻 き 込 ん で 一 緒 に 研 究 し て い く こ と で 、 社 内 の ナ レ ッ ジ に も な る し 、 メ ン バ ー ズ の サ ー ビ ス に も 活 か し て い け る ん じ ゃ な い か と 思 っ た の が ラ ボ の 設 立 に 至 っ た 経 緯 で す 。 ラ ボ 設 立 の き っ か け 、 経 緯 に つ い て 教 え て く だ さ い 。 ラ ボ か ら 社 内 外 へ 向 け て 、 今 後 具 体 的 に 目 指 し て い る も の は あ り ま す か ? 國 村 : メ ン バ ー ズ 自 身 が 「 気 候 変 動 を 止 め よ う 」 と 掲 げ な が ら も 、 自 分 た ち が 作 り 出 し て い る も の が 多 く の C O 2 を 排 出 し て い る と い う 状 態 が 継 続 し て い る の も 矛 盾 が あ る か な と 思 う の で 、 ま ず は ラ ボ を 通 じ て 、 メ ン バ ー ズ の 自 社 サ イ ト を ど う や っ た ら C O 2 排 出 量 が 少 な い も の に で き る の か 、 と い う と こ ろ を 研 究 し て い き 、 そ こ で 培 っ た ノ ウ ハ ウ を 次 の ス テ ッ プ と し て お 客 さ ま に 提 案 で き れ ば と 思 っ て い ま す 。 特 に 最 近 徐 々 に 増 え て い る 気 候 変 動 に 対 し て の 企 業 の 宣 言 や 取 り 組 み を 表 明 す る ペ ー ジ の 場 合 、 コ ン テ ン ツ 自 体 が C O 2 を 排 出 し な い も の で あ る ほ う が 、 グ リ ー ン ウ ォ ッ シ ン グ の 対 象 と し て 見 ら れ な い と い う メ リ ッ ト も あ る の で 、 そ う い っ た 面 を 広 く 伝 え る こ と が で き れ ば と 思 い ま す し 、 ラ ボ で 培 っ た ナ レ ッ ジ を 通 じ て 実 現 で き る の か な と 思 っ て い ま す 。 佐 藤 : ラ ボ の 中 で も 「 ど う す れ ば 簡 単 に サ イ ト 全 体 を 軽 量 化 で き る か ? 軽 量 化 で き れ ば 運 用 の 現 場 で も 取 り 入 れ ら れ る と 思 う 」 と 話 し て い た エ ン ジ ニ ア の メ ン バ ー も い ま し た 。 そ う い っ た 手 法 が 見 つ け ら れ る と 実 際 の 運 用 に も 導 入 で き る の か な と 思 っ て い ま す し 、 将 来 的 に 、 現 在 お 取 り 引 き さ せ て い た だ い て い る お 客 さ ま に も ご 支 援 の 一 環 と し て 採 用 い た だ け た ら ベ ス ト で す ね 。 お 客 さ ま へ の 年 末 挨 拶 に も サ ス テ ナ ブ ル W e b デ ザ イ ン を 取 り 入 れ る そ う で す ね 。 山 崎 : も と も と は V I S I O N 2 0 3 0 で メ ン バ ー ズ が 気 候 変 動 問 題 に 取 り 組 み 始 め た こ と を き っ か け に 、 メ ン バ ー ズ 自 身 の 活 動 も C O 2 削 減 に 貢 献 し て い こ う と い う こ と で 、 昨 年 か ら 紙 の 年 賀 状 を 廃 止 し て デ ジ タ ル 年 末 挨 拶 に 移 行 し ま し た 。 年 末 挨 拶 は ラ ボ と は 別 軸 で 進 め て い る も の で す が 、 E 推 が 主 幹 な の で 、 、 E F か ら サ ス テ ナ ブ ル W e b デ ザ イ ン が 波 及 し て E 推 内 で も 認 知 が 広 ま っ た こ と で 、 ま さ に デ ジ タ ル 年 末 挨 拶 で こ そ 取 り 入 れ る べ き じ ゃ な い か と 考 え 、 今 年 は サ ス テ ナ ブ ル W e b デ ザ イ ン で 制 作 し て い こ う と 計 画 を 進 め て い ま す 。 年 末 挨 拶 は 自 社 サ イ ト を 変 え る こ と と 同 じ く 、 メ ン バ ー ズ の ブ ラ ン デ ィ ン グ に 大 き く つ な が り ま す 。 「 脱 炭 素 D X 」 を 掲 げ る メ ン バ ー ズ だ か ら こ そ 、 そ う い っ た 成 果 ・ 事 例 を ど ん ど ん 増 や し て 自 社 の 中 か ら サ ス テ ナ ブ ル 化 し て い こ う と い う 側 面 も 大 き い で す 。 サ ス テ ナ ブ ル W e b デ ザ イ ン に つ い て の 手 法 は ま だ 社 内 で も 確 立 さ れ て は い ま せ ん が 、 社 内 外 に 対 す る 大 き な ア ウ ト プ ッ ト と し て 、 今 後 発 信 し て い け れ ば と 考 え て い ま す 。 の 領 域 で あ り 、 ミ ッ シ ョ ン に ダ イ レ ク ト に 貢 献 で き る ア プ ロ ー チ な の で 、 取 り 組 む 意 義 は 非 常 に あ り ま す し 、 ま だ 脱 炭 素 D X の 案 件 事 例 が な い 中 で 脱 炭 素 D X の ブ ラ ン デ ィ ン グ を 本 気 で お こ な っ て い く に あ た っ て 、 ラ ボ で の 具 体 的 な 手 法 の 発 見 、 普 及 へ の 期 待 は 大 き い と 思 っ て い ま す 。 ラ ボ の 参 加 者 と し て も 、 他 の チ ー ム の ク リ エ イ タ ー と 議 論 が で き る 貴 重 な 場 が 得 ら れ る の も 、 大 き な メ リ ッ ト だ と 思 い ま す 。 メ ン バ ー ズ サ イ ト の コ ラ ム で も 、 ラ ボ で わ か っ た T i p s な ど を 継 続 し て 発 信 し て い く の で 、 ぜ ひ 見 て 情 報 を 取 り 入 れ 、 活 用 し て ほ し い で す 。 正 式 な メ ン バ ー 募 集 は 半 期 ご と ( 次 回 は 27 Y 1 H ) に お こ な う 予 定 で す が 、 ご 興 味 あ れ ば い つ で も 運 営 メ ン バ ー ま で お 声 が け く だ さ い ! ラ ボ の 魅 力 と 注 目 し て ほ し い ポ イ ン ト を 聞 か せ て く だ さ い 。 佐 藤 : メ ン バ ー ズ の 本 業 で あ る W e b 制 作 ラボで活用されている書籍は こちらから Tom Greenwood 『SUSTAINABLE WEB DESIGN』 https://abookapart.com/products/sustainable-web-design
  18. 18. P 19 P 19 ウ ェ ル ビ ー イ ン グ 委 員 会 主 催 の 、 親 子 で 参 加 す る 「 フ ァ ミ リ ー デ ー 」 を 8 月 28 日 に 開 催 し ま し た 。 コ ロ ナ 禍 の た め 、 今 回 も オ ン ラ イ ン で の 開 催 と な り ま し た 。 そ の 時 の 様 子 を ご 紹 介 し ま す 。 い よ い よ 当 日 ! 当 日 、 朝 か ら ス タ ッ フ で リ ハ ー サ ル を 実 施 し ま し た 。 音 楽 を 流 す 方 法 や 、 ど こ で ス ラ イ ド を 切 り 替 え る か な ど 細 か い と こ ろ を 確 認 し 、 つ い に 本 番 で す ! 今 回 は 交 流 に 重 き を 置 い て い た た め 、 ま ず は 参 加 者 の 自 己 紹 介 か ら 始 め 、 お 子 さ ん も 元 気 に お 名 前 、 年 齢 、 楽 し み に し て い る こ と を 言 っ て く れ ま し た ! み ん な 、 大 半 の 子 は 企 画 に あ っ た 「 ド ー ナ ツ づ く り 」 を あ げ て く れ ま し た 。 中 に は 「 S D G s ク イ ズ 大 会 」 と い う 回 答 も ! 画 面 を 通 じ て も 、 活 発 な 様 子 が 伝 わ っ て き ま し た 。 次 は 恒 例 企 画 「 教 え て メ ン バ ー ズ 」 。 今 年 は 回 答 者 に 高 野 明 彦 さ ん と 藤 井 多 鶴 子 さ ん に 登 壇 し て い た だ き ま し た 。 「 メ ン バ ー ズ の 名 前 の 由 来 は ? 」 「 休 日 に は 何 を し て い る の ? 」 と あ ら か じ め い た だ い て い た 質 問 か ら 、 「 好 き な 食 べ 物 は ? 」 「 将 来 の 夢 は な ん で し た か ? 」 と そ の 場 で も 追 加 の 質 問 が た く さ ん 出 て い ま し た 。 ま た 、 オ ン ラ イ ン の た め 参 加 者 の 交 流 も 課 題 で し た 。 参 加 者 同 士 の 横 の 交 流 を 意 識 し て 作 ら な い と 、 参 加 者 同 士 で の や り と り が 生 ま れ な い こ と が こ れ ま で の 経 験 か ら 分 か っ て い た た め 、 交 流 が 生 ま れ る 企 画 が 必 須 で し た 。 次 に ス タ ジ オ で す 。 前 回 は 晴 海 の ス タ ジ オ を 拠 点 と し て 運 営 し た の で す が 、 今 回 は 参 加 者 数 を み て 、 す べ て リ モ ー ト で の 開 催 に し ま し た 。 運 営 メ ン バ ー の 、 コ ロ ナ 禍 で の オ フ ィ ス 出 社 や 休 日 出 社 を 避 け ら れ ま し た 。 ファミリーデー開催報告 第 3 回 目 を 迎 え た フ ァ ミ リ ー デ ー 19 年 に 初 の フ ァ ミ リ ー デ ー を 開 催 し て か ら 今 年 で 3 回 目 の 開 催 に な り ま し た 。 初 回 は リ ア ル で の 開 催 、 昨 年 の 2 回 目 は オ ン ラ イ ン で の ク リ ス マ ス 会 を 開 催 。 そ し て 3 回 目 と な る 今 年 は 、 リ ア ル と オ ン ラ イ ン の ハ イ ブ リ ッ ド 型 を 検 討 し て い た の で す が 、 コ ロ ナ の 終 息 が 見 え ず 、 オ ン ラ イ ン で の 実 施 と な り ま し た 。 今 年 は 参 加 者 が 少 し で も 参 加 し や す い よ う に と 検 討 を 重 ね た 結 果 、 業 務 を 気 に せ ず 気 楽 に 参 加 し て も ら え る よ う 調 整 し 、 初 の 土 曜 日 開 催 に 。 結 果 、 過 去 最 多 の 16 家 族 、 37 名 の 方 に ご 参 加 い た だ け ま し た ! 教えて!メンバーズに 登壇してくれた 藤井さんと高野さん。 とても丁寧に質問に 回答してくれました! みんなで一緒に つくった知育菓子 参加家族には 「アマビエ」を 送付! オ ン ラ イ ン 向 け の 企 画 の 検 討 オ ン ラ イ ン で の 開 催 が 決 ま り 、 企 画 も オ ン ラ イ ン 向 け の も の を 検 討 し 始 め ま し た 。 手 探 り だ っ た 昨 年 と 違 い 、 昨 年 実 施 し た 企 画 の 良 し 悪 し を 共 有 す る と こ ろ か ら ス タ ー ト 。 昨 年 実 施 し た も の で や は り 難 し か っ た の が ツ ー ル や ア プ リ の 利 用 で す 。 オ ン ラ イ ン の た め 、 参 加 者 に 自 分 た ち で ア プ リ や ツ ー ル を 操 作 し て も ら う 企 画 は 、 う ま く 操 作 で き な か っ た と き に 内 容 の 確 認 が で き な い た め 、 今 回 は な る べ く 企 画 で は 使 わ な い 方 針 に し ま し た 。 ウェルビーイング推進委員会 ファミリーデーチーム
  19. 19. P 20 P 20 次 は 「 S D G s ク イ ズ 大 会 」 で す 。 メ ン バ ー ズ ら し い コ ン テ ン ツ と し て 初 め て 企 画 し ま し た 。 参 加 者 の 年 齢 層 に あ わ せ て 3 つ の ク イ ズ を 用 意 。 み ん な 楽 し そ う に 回 答 し て く れ て い ま し た 。 S D G s に 関 心 を 持 っ て く れ た お 子 さ ん も い ら っ し ゃ っ た よ う で す ! そ し て い よ い よ 皆 さ ん 待 望 の 「 知 育 菓 子 作 り 」 。 あ ら か じ め ご 自 宅 に 同 じ ド ー ナ ツ セ ッ ト を 郵 送 さ せ て い た だ い て お り 、 み ん な で ワ イ ワ イ 楽 し く 作 成 し ま し た 。 生 地 を こ ね て 、 デ コ レ ー シ ョ ン 用 の ソ ー ス を つ く っ て 飾 る の で す が 、 中 に は 待 て な く て 「 生 地 だ け 食 べ ち ゃ っ た 」 と い う 声 も ち ら ほ ら 。 で も 、 最 終 的 に 皆 さ ん 、 上 手 に ド ー ナ ツ を つ く っ て く れ ま し た 。 懸 案 だ っ た 土 曜 開 催 に つ い て は 、 「 業 務 調 整 や お 迎 え が な く て 参 加 し や す か っ た 」 「 気 軽 に 子 供 の 機 嫌 に あ わ せ て 出 入 り で き た 」 と い う 前 向 き な 回 答 を 多 く い た だ き ま し た 。 参 加 し て い た だ い た 皆 さ ま 、 本 当 に あ り が と う ご ざ い ま し た ! い た だ い た 回 答 は ま た 次 回 の フ ァ ミ リ ー デ ー の 運 営 に 参 考 に さ せ て い た だ き ま す 。 ウェルビーイング推進委員会 ファミリーデーチーム ファミリーデー開催報告 事 後 ア ン ケ ー ト の 結 果 終 了 後 、 参 加 さ れ た 社 員 の 皆 さ ん に ア ン ケ ー ト に 回 答 い た だ き ま し た 。 90 % 以 上 の 参 加 者 が 、 ま た 次 回 も 参 加 し た い と 回 答 し て く だ さ い ま し た 。 開 催 形 式 は コ ロ ナ 禍 の た め オ ン ラ イ ン に な っ た の で す が 、 オ ン ラ イ ン ・ オ フ ラ イ ン の 掛 け 合 わ せ 開 催 の 希 望 も 多 か っ た で す 。 「 知 育 菓 子 作 り が 楽 し か っ た 」 と い う 感 想 や 、 中 に は 「 リ モ ー ト 会 議 に い つ も 参 加 し た が っ て い た の で い い 機 会 に な り ま し た 」 「 S D G s ク イ ズ 大 会 を 意 外 と 考 え て 回 答 し て い て 子 供 の 新 し い 一 面 を 発 見 し ま し た 」 と い っ た 声 も い た だ き ま し た 。 S D G s は ま だ 難 し い か な ? と 思 う 年 齢 の お 子 さ ま で も 、 関 心 を も つ い い 機 会 に つ な が っ た よ う で 、 運 営 一 同 、 嬉 し く 思 っ て い ま す ! フ ァ ミ リ ー デ ー 運 営 メ ン バ ー 市 村 広 奈 上 野 春 菜 江 口 美 香 工 藤 裕 子 小 林 あ か ね 新 倉 文 実 根 本 美 結 平 嶌 有 梨 亜 田 村 直 子 八 木 淳 枝 永 森 真 祐 子 早 川 智 子 ス ペ シ ャ ル サ ン ク ス 高 野 明 彦 教 え て メ ン バ ー ズ ) 藤 井 多 鶴 子 ( 教 え て メ ン バ ー ズ ) 深 谷 華 子 ( ビ ジ ュ ア ル デ ザ イ ン ) 森 遥 香 ( ビ ジ ュ ア ル デ ザ イ ン )
  20. 20. 次回はこの人が登場! 高専専攻科卒業後メンバーズに入社。今年で三年目になり ました。デザイナーとしてはまだまだ未熟ですが、精一杯頑 張りますのでよろしくお願いします! 中川 麻美(ナカガワ アサミ 職種:デザイナー) 現在の仕事 アパレル系ECサイトの更新、運用業 務、バナーやLPなどのデザイン製作 を行っています。デザイン以外の業 務もこなせるよう、コーディングも勉 強中です。 出身 広島県 趣味・特技 イラスト制作 次の人を指名! 田邊 琴音さん、よろしくお願いします! メンバーズキャリアカンパニー-デジタルクリエイ ターサービス本部-デジタルクリエイター2G 田邊 琴音 BU1-3 西岡 大地 中川 麻美よりご指名! 加藤 潤よりご指名! P 21 連載コンテンツの自己紹介ピックアップのコーナーです! 既存の社員の方々の自己紹介をリレー形 式で行っていますので、ご指名された人はご協力よろしくお願いします! ディレクションからデザインまで幅広く対応しているので、さ らに質を高めていきたいです。できることを増やし、どの作 業でも対応できる「なんでも屋」を目指して頑張ります。 加藤 潤(カトウ ジュン 職種:ディレクター) 現在の仕事 複数の企業を担当していますが、主 にスポーツメーカーのSNS運用を担 当しています。投稿対応のほか、企 画からプランニング、レポーティング 等幅広い業務に対応しています。 出身 奈良県 趣味・特技 田舎めぐり、バスケ 次の人を指名! 西岡 大地さん、よろしくお願いします!
  21. 21. P 22 EDITOR’S NOTE No.01 02. 藤本 小夢 来月引っ越すことが決まり、新生活に向け て準備をしていた月でした。新しい環境に 身を置くことは好きですが、親元を離れる 度に忘れていた家族の存在の有難みを想起 させられます。短期ではありますが、学生 時代に留学していた際にホームシックにな りかけたので今回はならないように頑張り ます(笑)家具やレイアウトをこれから決 めていくのが楽しみです。 食欲の秋と言われますが、皆さんはどんな 食べ物がお好きですか? 私はシャインマスカットがとても好きです。 社会人になる前までは、あまり食べる機会 がなかったのですが、自分のご褒美として 買ったシャインマスカットがびっくりする ほど美味しかったです! 来年はもっとたくさん食べられるように仕 事も頑張っていこうと思います!笑 01. 小笠原 直美 04. 佐藤 碧紀 9月の連休を利用して実家に帰省しました。ど こかへ出かけるということも特にせずゆっくり 過ごしていました。実家は札幌なのですが、や はり寒かったです、、。母が乾燥昆布を料理に 使うといいと言って渡してくれました。リュック の中が昆布まみれになって掃除が大変でした が、これで実家の味を再現できるかもしれな いので自炊頑張ろうと思います。 03. 田崎 豊夏 最近、TikTokで知った「板橋ハウス」という男3 人でルームシェアをしている芸人さんの動画 にハマってます。独特な脱力感と、ツッコミの 間合いとか中毒性が高くて気づいたら夜中に なっていることもしばしば・・・個人的には、男3 人なのに、そのうちの1人を女と見立てて他2 人が気を使ってきたり、奪い合ったりっていう ネタが一番好きです(笑)気になった方いらした ら是非チェックしてみてください。
  22. 22. P 23 EDITOR’S NOTE No.02 06. 井上 奈緒 早いもので、上京して半年が経ちました。 ほとんどの時間を家の中で過ごしていたの で、家やインテリアに対して強く関心をも つようになりました。借りもしないマン ションの間取り図を見てみたり、YouTube でインテリアの配色講座をみてみたり。調 べてみればみるほど家って奥深いなあと感 じています。私の理想の家はジャングルみ たいに緑がいっぱい溢れる家です。現状は おしゃれとは程遠い、物に溢れた家なので まずは断捨離頑張ります。 4月から書き始めて5月末でしか続かなかっ た日記を今月から再開しました。日々の食 べたものやその日行ったこと、最近は読み 終わった本の記録なども書くようにしてい ます。どこまで続くかは分かりませんが、 書くことで思考がまとまったり読み返して 役に立つことも結構あるので習慣にできる よう頑張りたいです。 05. 佐伯 姫夏 08. 毛利 怜央 先週湯布院にプチ旅行行きました。 久しぶりの旅行だったのでいい気分転換に なってリフレッシュ出来ました。 旅館では部屋に1つ温泉がそれぞれついてい て3回くらい長湯して元は取れたかなと思いま す。 話は変わりますが新しく発売されたiPhone13 proを予約したので届くのが楽しみです。 自宅のネット回線問題に悩まされ続けて1 年半、先日回線工事をしていただいたこと によりようやく解決しました。 試しに回線速度を計測してみると、工事前 に比べ50倍以上速くなっていることが判明。 ここまで違うと逆に実感が湧かないですね。 何がともあれ、これで動画鑑賞もゲームも ストレスなくできるので、自粛期間中は大 いに楽しみたいと思います。 07. 中水 優輝
  23. 23. P 24 EDITOR’S NOTE No.03 10. 前田 光輝 22日に2度目の年女Birthdayを迎えました。 何歳になってもプレゼントはやっぱりルン ルンですが、カードやお手紙って改めてう れしいものですね!いまだに祖父母からも らったお手紙は宝物です。文字の癖や、言 葉の選び方で、人柄がすごく伝わるお手紙 文化。とっても素敵で、とっても大事。あ まりにも芸術的な2歳の甥っ子からのカー ドを、にやにやしながら見つめる9月後半 でした。 この間久しぶりに体重計に乗ってみると体 重が増えていることに気づきました。。。 やはり、運動不足が大きな原因でしょう。 このご時世家にいることも多くなかなか運 動する気にもなれません。何か家の中でで きる運動を始めるのがいいのかな~と思い つつもなかなか動けずじまい。 手遅れになる前に動きださねば! そう心に決めながら「やる気」が降り注い でくるのを待っています。 09. 田村 后礼 ひょんな事から十数年ぶりに元バンドメン バー(といってもGt/VoとBa/Choの自分の みの2人組)と共通の友人でスタジオに入 ることになり、3ピースでTeenageFanclub やRideなど当時夢中になって聞いていたバ ンドの楽曲をそれなりにカバーして楽しみ ました。ただ十数年前とは異なり今回はド ラムで初参加。少々不安がありましたがソ ロ練習よりもバンドで練習する方が100倍 楽しい!次回はBiSH(女子ボーカルw)で もカバーするかと大盛り上がり中です。 11. 森松 守 12. 菊池 理 暫く行けていなかった沖縄料理のお店に行っ てきました。久々に行くので、大好きな田いも の料理、ドゥルワカシーを絶対に食べようと意 気込んでいたところに、最初にお店から出して くれたがホカホカの里芋。ついでに追加で一 緒に行ったツレが追加で頼んだのが牛肉コ ロッケ。 そうか今日はイモの日だったか。 というわけで暫く行けていなかった沖縄料理の お店にイモを食べに行ってきましたというご報 告です。美味しかったです。
  24. 24. P 25 EDITOR’S NOTE No.04 14. 吉田谷 美稀 ついにフィルムカメラに手を出してしまい ました。 特に知識もあるわけではないので高円寺に ある、フィルムカメラ専門店に行き店主の 方におすすめされたもの一切迷うことなく 購入しました。 難しい技術などがなくてもそれっぽく撮れ てしまうし、現像するという一手間かかる ところが時代に逆行している感じがして好 きです。 最近ネイルをすることにはまっています。 自分でポリッシュを塗るのですが、同じマ ニキュアでもフレンチにしたりグラデー ション作ったりと結構遊べるし綺麗にでき ると仕事中に指が目に入るのでテンション が上がります。 今はコロナもあり対面式はちょっと抵抗が ありますが、いつかネイルサロンで本格的 なやつもやってみたいなあと思う今日この 頃です。 13. 鈴木 温人 先日、友人の結婚式にお呼ばれしてきまし た。本人たちは、開催するか悩んでいたの ですが、色んな制限がある中でゲストへの 気遣いが行き届いたとてもいい式でした。 便利だなと思ったのが、キャッシュレスご 祝儀。ゲスト側としては、ピン札やご祝儀 袋の準備がいらず、非接触で気持ちを送る ことができるいい仕組みだと感じました! 現金を使うシーンが本当に少なくなったな と改めて感じる今日この頃です。 15. 鈴木 萌果 最近の日曜日はTVでシューイチ→なりゆき街 道旅を観ることが多いです。日曜に相応しい、 程良いテンションの情報番組からの東京の街 ぶらロケ番組は頭を使わずにぼーっと観るこ とができます...(笑)なりゆき街道旅で先日最 寄り駅が紹介されていたのですが、放送後紹 介されていた某駄菓子屋さんに行ったらお客 さんが溢れかえっていて「TVの力ってやっぱり すごいんだなぁ」と改めて思いました。東京は まだまだ知らない街があるので色々探検して みたいです。 16. 上野 晴菜
  25. 25. P 26 EDITOR’S NOTE No.05 9月に入り、ようやくお天気も秋らしく なってきました。秋といえば、食欲の秋、 読書の秋、紅葉の秋など、みなさんは何を 思い浮かべるでしょうか。 個人的には読書が好きなので、断然読書の 秋なのですが、毎年9月は家族の誕生日が 続き、今年はどうしようかと悩んでいる時 間のほうが長い気がしてきました、、笑 ついでに自分の誕生日もあり、もしかした ら、「誕生日の秋」のほうが正解かもしれ ない、と思いました笑 17. 川端 和音 18. 白岩 春香 お疲れ様です。白岩です。今年の夏は、外 に出る機会が少なかったせいか、あまり猛 暑を感じることなく、気づけば涼しくなっ ていたなという印象です…今月は9つ下の 妹の誕生日があり、プレゼント何がいいか 聞いたところ、東京卍リベンジャーズ全巻 をねだられました。年々要求されるプレゼ ントの値段が上がっていきますが、かわい い妹のために姉さんは文句を言わずに実家 に送りました。LINEで「センキュー!」 という一言だけ送られてきました。
  26. 26. P 27 EDITOR’S NOTE No.05 脱炭素化・DXを取り入れた未来のビジネスの在り方を共に考えるメディア 公式note「Members+ ‐私たちの未来とビジネスを考える‐」 から毎月1記事ずつご紹介します 今年5月26日に成立した「地球温暖化対策推進法」。 2050年までの脱炭素社会、いわゆるカーボンニュートラルの実現が明記され、 国や自治体、国民の連携が求められることとなりました。 今回の改正法のポイント ①パリ協定・2050年カーボンニュートラル宣言などを踏まえた基本理念の新設 ②地域の再エネを活用した脱炭素化を促進する事業を推進するための計画・認定制度の創設 ③脱炭素経営の促進に向けた企業の排出量情報のデジタル化・オープンデータ化の推進 具体的にどのような内容が決まり、企業にはどのような取り組みが求められるのか、 ぜひ記事でご覧ください! https://note.members.co.jp/n/ncfde1f0a904f フォロー・スキボタン お願いします! https://note.members.co.jp/ EMC推進室 今月の記事 地球温暖化対策推進法が改正、わかりやすく解説! 企業にも◯◯な変化が こんにちはー!庄司です! 花火も見てない、プールにも行ってないの に気がついたら夏が終わってました。しか も今年もあと3ヶ月で終わるという衝撃の 事実です。せめて秋らしいことしたいのに 真夏並みの暑さで本当にいろいろ感覚がバ グってます。暑すぎて焼き芋食べたいのに 手を出せない。とか言ってたら秋終わって 冬になってそうなので暑さに負けず秋満喫 します。 とりあえず仙台に芋煮しに行きたい。 19. 庄司 摩桜 20. 松岡 藍 5年半住んだアパートから引っ越すことに しました。迫りくる最後の日に向け、いそ いそと準備を進めている最中で、これを書 いている今は大量の段ボールに囲まれてい ます。こんなに物があったのか。 いつまでに何をしなければいけないのか、 した方がいいのか、頭がパンクしそうに なったのでガントチャートを作ってみまし た。仕事か。 無事に新居での生活を始められることを切 に願います。最後は結局神頼みか。

×