2012.12.3 メンバーズ オウンドメディアValueUpセミナー  Coca-Cola Journey に学ぶ最新の自社サイトValueUp 手法            (一部抜粋版)  株式会社メンバーズ 戦略プランニング室 室長   ...
• 2011年4月設立の100%子会社。• ソーシャルメディアとテクノロジーで 世界を変える。• 自社サービス、共同事業、受託での サービス開発・運営。
最初に少しだけ、時代背景のおさらいを
スマホがガラケーだけでなく  PCも超えて全デバイスの中心に        ガラケー超え                                                      PC超えMM総研 スマートフォン市場規模の推移・...
ソーシャルメディアの爆発的普及国内5,000万人が利用、3,000万人が情報発信インプレスR&D インターネット個人利用動向調査2012
消費者の購買意識の変化• 世界的な金融恐慌や、地球規模で発生 する環境問題、資源不足などが消費者 の購買意識に変化をもたしている。• さらに、日本では東日本震災、原発事 故が意識の変化を加速させた。
商品やサービスの選択基準について、震災前に      比べて重視 / 軽視するようになったこと 重視                                         軽視「自分」よりも「社会」「友達」優先にシフト        ...
つまり、何が起こっているのか?•   閲覧デバイスはスマートフォン中心。•   消費者はソーシャルメディア内に長時間滞在し、    新聞、雑誌、テレビ、企業サイトの影響力が低下。•   企業発信情報より、友達の情報を信じる。•   「売れている...
【緊急レポート】コカ・コーラ社 コーポレートWebサイトがリニューアル!
Coca-Cola Journey    a rich, socially enabled digital platform2012年11月にコーポレートWebサイトを全面リニューアル
もちろんレスポンシブですよ
※コカ・コーラー社プレスリリースよりUniversally        Social Causes                                   Company newsImportant
Universally                Social Causes  Important世界的に重要な話題?       社会的大義?       なにこれ?
レシピやおもしろ動画から、インタビュー、社会的な記事まで、コンテンツは多種多様。すべてが良質なデジタルマガジン風に提供。
5by20国連やNPOと協業し、コカ・コーラー社のバリューチェーンの中で、2020年までに世界で500万人の女性起業家を創出するプロジェクト。         マンゴー農家を経営する女性を         支援。品種改良を支援し、良質     ...
ソーシャル連携はオーソドックスな作りシェア   ソーシャル   ブランドページはソーシャボタン   ID連携で   ルアカウント活動の表示と      コメント    ブランドサイト誘導のみ
社会軸コト軸      これまでの      企業Webモノ軸    サイト         リッチ化&モバイル化         &ソーシャル化
まとめ•   モノ軸から社会軸へのシフト。•   コンテンツをリッチメディアも利用し、    活き活きとしたストーリーとして語り    読者の「共感」を誘う。•   ソーシャル連携、モバイル対応でメッセージが伝    わりやすくソーシャルで伝播...
もう少しコカ・コーラの 事例を続けます。
Arctic Homeコカ・コーラがWWFと協力してホッキョクグマを  絶滅から救うことを目指すプロジェクト
Coca-Cola and Polar Bears, since 1920                                        限定デザイン缶 コカ・コーラがプロジェクトを推進することに自然なストーリーがあり、消費者も...
Facebookキャンペーンも実施      マーケティング効果も狙うFacebook友達の写真を狙って雪玉を投げて遊び、その結果をFacebookに投稿。ポイント競争の仕組みもあり、米セブンイレブンでキャンペーンコード付きのコーラ購入や、店舗...
寄付を最終目的にしていてMy Coke Rewardsのポイントで募金できる!
My Coke Rewardsってなんだ?
要はポイントプログラムポイントが貯まる仕組みは極めてシンプル
貯めたポイントを母校に寄付するというポイント出口を用意している!学校がWishlistを  作っておける
大塚製薬 Soylution          社会        食糧問題・環境         問題の解決 企業                消費者大豆製品で             大豆が手軽に売上向上              摂取で...
SOYLAB  生活者とともに、大豆で世界をよくする活動を推進していくためのプラットフォームの立ち上げを支援
Value Upを実現する 開発・運用体制
より難易度があがる       自社サイト開発&運営•   「情報を整理して掲載」から「ユーザー体験のデザイン」    や「ソーシャルデザイン」へ。•   静的なページから動的な体験へ。•   マルチデバイス対応。レスポンシブはもちろんのこと、...
ソニックガーデン代表 倉貫 義人氏のブログより   http://kuranuki.sonicgarden.jp/2011/09/post-46.html
コネクトスター流1. プロトタイプ開発&テスト2. 週1度の継続的リリース3. エンドツーエンド人材4. 対話によるタスク管理
ウェブ開発・運営のアプローチ 企画∼プログラム∼サーバーまで、       アジャイル開発に特化したエンドツーエンドな人材でチーム結成      変化につよいPMツールを導入                        コミュニケーションを最...
Studymateで得たノウハウを活かしメンバーズでもアジャイルチームを結成。 11人の開発チームを組織します。 貴社ウェブサイトの開発・運用をアジャイルなチームが成功に導きます。
本資料に関するお問い合わせはこちらまで           株式会社メンバーズ   〒104-6037 東京都中央区晴海1丁目8番10号晴海アイランド トリトンスクエアオフィスタワーX 37階    TEL 03-5144-0650  FAX ...
【アジャイル開発】アジャイル×スマホで創る高エンゲージメントなサービスとは?(2012/12/03メンバーズセミナー:ソーシャル×モバイルファーストのWeb戦略とマネジメント)
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

【アジャイル開発】アジャイル×スマホで創る高エンゲージメントなサービスとは?(2012/12/03メンバーズセミナー:ソーシャル×モバイルファーストのWeb戦略とマネジメント)

2,700 views

Published on

【アジャイル開発】アジャイル×スマホで創る高エンゲージメントなサービスとは?(2012/12/03メンバーズセミナー:ソーシャル×モバイルファーストのWeb戦略とマネジメント)

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,700
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,586
Actions
Shares
0
Downloads
24
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

【アジャイル開発】アジャイル×スマホで創る高エンゲージメントなサービスとは?(2012/12/03メンバーズセミナー:ソーシャル×モバイルファーストのWeb戦略とマネジメント)

  1. 1. 2012.12.3 メンバーズ オウンドメディアValueUpセミナー Coca-Cola Journey に学ぶ最新の自社サイトValueUp 手法 (一部抜粋版) 株式会社メンバーズ 戦略プランニング室 室長 兼 株式会社コネクトスター 取締役 塚本 洋
  2. 2. • 2011年4月設立の100%子会社。• ソーシャルメディアとテクノロジーで 世界を変える。• 自社サービス、共同事業、受託での サービス開発・運営。
  3. 3. 最初に少しだけ、時代背景のおさらいを
  4. 4. スマホがガラケーだけでなく PCも超えて全デバイスの中心に ガラケー超え PC超えMM総研 スマートフォン市場規模の推移・予測(2012年3月) Gartner(August 2012) http://blogs.itmedia.co.jp/kichi/2012/08/2q12androidpc-42c4.html
  5. 5. ソーシャルメディアの爆発的普及国内5,000万人が利用、3,000万人が情報発信インプレスR&D インターネット個人利用動向調査2012
  6. 6. 消費者の購買意識の変化• 世界的な金融恐慌や、地球規模で発生 する環境問題、資源不足などが消費者 の購買意識に変化をもたしている。• さらに、日本では東日本震災、原発事 故が意識の変化を加速させた。
  7. 7. 商品やサービスの選択基準について、震災前に 比べて重視 / 軽視するようになったこと 重視 軽視「自分」よりも「社会」「友達」優先にシフト NTTアド 「東日本大震災による生活意識の変化に関する調査」 2011.6
  8. 8. つまり、何が起こっているのか?• 閲覧デバイスはスマートフォン中心。• 消費者はソーシャルメディア内に長時間滞在し、 新聞、雑誌、テレビ、企業サイトの影響力が低下。• 企業発信情報より、友達の情報を信じる。• 「売れているもの」よりも「安心なもの」が欲しい。• 「購入する喜び」よりも、「本当の幸せ」「家族、 友達、世界の幸せ」を大事に。
  9. 9. 【緊急レポート】コカ・コーラ社 コーポレートWebサイトがリニューアル!
  10. 10. Coca-Cola Journey a rich, socially enabled digital platform2012年11月にコーポレートWebサイトを全面リニューアル
  11. 11. もちろんレスポンシブですよ
  12. 12. ※コカ・コーラー社プレスリリースよりUniversally Social Causes Company newsImportant
  13. 13. Universally Social Causes Important世界的に重要な話題? 社会的大義? なにこれ?
  14. 14. レシピやおもしろ動画から、インタビュー、社会的な記事まで、コンテンツは多種多様。すべてが良質なデジタルマガジン風に提供。
  15. 15. 5by20国連やNPOと協業し、コカ・コーラー社のバリューチェーンの中で、2020年までに世界で500万人の女性起業家を創出するプロジェクト。 マンゴー農家を経営する女性を 支援。品種改良を支援し、良質 なマンゴーをコカ・コーラが買 い取る、というストーリーが動 画で紹介されている。
  16. 16. ソーシャル連携はオーソドックスな作りシェア ソーシャル ブランドページはソーシャボタン ID連携で ルアカウント活動の表示と コメント ブランドサイト誘導のみ
  17. 17. 社会軸コト軸 これまでの 企業Webモノ軸 サイト リッチ化&モバイル化 &ソーシャル化
  18. 18. まとめ• モノ軸から社会軸へのシフト。• コンテンツをリッチメディアも利用し、 活き活きとしたストーリーとして語り 読者の「共感」を誘う。• ソーシャル連携、モバイル対応でメッセージが伝 わりやすくソーシャルで伝播しやすい仕組み。• CSRではなく、企業に利益をもたらす事業活動の 一環として取り組む。
  19. 19. もう少しコカ・コーラの 事例を続けます。
  20. 20. Arctic Homeコカ・コーラがWWFと協力してホッキョクグマを 絶滅から救うことを目指すプロジェクト
  21. 21. Coca-Cola and Polar Bears, since 1920 限定デザイン缶 コカ・コーラがプロジェクトを推進することに自然なストーリーがあり、消費者も受け入れやすい
  22. 22. Facebookキャンペーンも実施 マーケティング効果も狙うFacebook友達の写真を狙って雪玉を投げて遊び、その結果をFacebookに投稿。ポイント競争の仕組みもあり、米セブンイレブンでキャンペーンコード付きのコーラ購入や、店舗チェックインでもポイントが貯まる。 米セブンイレブンの売上が20%増 元記事:http://societa.infobahn.co.jp/2012/02/9353/
  23. 23. 寄付を最終目的にしていてMy Coke Rewardsのポイントで募金できる!
  24. 24. My Coke Rewardsってなんだ?
  25. 25. 要はポイントプログラムポイントが貯まる仕組みは極めてシンプル
  26. 26. 貯めたポイントを母校に寄付するというポイント出口を用意している!学校がWishlistを 作っておける
  27. 27. 大塚製薬 Soylution 社会 食糧問題・環境 問題の解決 企業 消費者大豆製品で 大豆が手軽に売上向上 摂取できる 社会・企業・消費者3者のWinを実現するプログラムを遂行している。
  28. 28. SOYLAB 生活者とともに、大豆で世界をよくする活動を推進していくためのプラットフォームの立ち上げを支援
  29. 29. Value Upを実現する 開発・運用体制
  30. 30. より難易度があがる 自社サイト開発&運営• 「情報を整理して掲載」から「ユーザー体験のデザイン」 や「ソーシャルデザイン」へ。• 静的なページから動的な体験へ。• マルチデバイス対応。レスポンシブはもちろんのこと、 これからの主戦場はアプリへ。• これらを、ユーザーの反応を見ながら(以前よりリアル タイムで入るようになった)、スピード感もって運営 していかなければならい。
  31. 31. ソニックガーデン代表 倉貫 義人氏のブログより http://kuranuki.sonicgarden.jp/2011/09/post-46.html
  32. 32. コネクトスター流1. プロトタイプ開発&テスト2. 週1度の継続的リリース3. エンドツーエンド人材4. 対話によるタスク管理
  33. 33. ウェブ開発・運営のアプローチ 企画∼プログラム∼サーバーまで、 アジャイル開発に特化したエンドツーエンドな人材でチーム結成 変化につよいPMツールを導入 コミュニケーションを最重視 スピードと柔軟性を重視し、 低コストで素早いサービス立ち上げを Ruby on Railsを 実現するHerokuやAWSなどの 開発フレームワークに採用 クラウドサービスをフル活用
  34. 34. Studymateで得たノウハウを活かしメンバーズでもアジャイルチームを結成。 11人の開発チームを組織します。 貴社ウェブサイトの開発・運用をアジャイルなチームが成功に導きます。
  35. 35. 本資料に関するお問い合わせはこちらまで 株式会社メンバーズ 〒104-6037 東京都中央区晴海1丁目8番10号晴海アイランド トリトンスクエアオフィスタワーX 37階 TEL 03-5144-0650  FAX 03-5144-0624  http://www.members.co.jp/  mbs_sales@members.co.jp または tsukamoto.hiroshi@gmail.com

×