membersエンゲージメントをさらに⾼高める!  オウンドメディア          x ソーシャルメディア    の実践⽅方法     株式会社メンバーズ   Webプロデューサー  狩野真宏                      1
⾃自⼰己紹介<2006.4〜~>• 中〜~⼤大規模サイトリニューアルPM/Dir• 運⽤用コンサル<2009.9〜~>                                    狩野真宏• ⾃自社サービス開発            ...
今⽇日お話すること       Marketing3.0             x        Social  Login             x   Community  /  Campaign  顧客との中⻑⾧長期的リレーションの構...
マーケティング3.0             4
急速に企業はソーシャルメディア上に参加。                       5
まずファンを増やす            6
エンゲージメントを増やす               7
オウンドメディアをソーシャル化                  8
⾃自社サイトにプラグインを埋め込む。   ユーザに拡散してもらう                     9
体験をソーシャルメディアに拡散するオウンドメディア   ソーシャルメディア   ファンが拡散してくれる                       10
ファンは拡散してくれる              11
ファンは拡散してくれる・・・?                  12
巻き込み⽅方次第で拡散してくれる中⾝身も異異なる       何をシェアするか  プラグイン        ログイン コンテンツ情報       参加体験    潜在顧客へのささり⽅方が違う                           13
ソーシャルログインは強⼒力力な    ブランド体験強化機能オウンドメディア          ソーシャルメディア           参加           ログイン                              14
ソーシャルログインするメリットは?                    15
参加のハードルが下がる           ⾯面倒な会員登録作業が不不要に       友達もいることがわかれば参加の動機付けにもメールアドレスメールアドレス (確認)パスワード入力 パスワード (確認) 生年月日  性別           ...
拡散性が⾼高まる複数のSNSに同時にシェアできる・集客につながる      Instagram  投稿画⾯面                           17
サイト内コミュニケーションの質が⾼高まる     友⼈人・知⼈人の動きがわかる・巻き込める別のSNSで使⽤用しているIDでもあるため、荒れにくくなる           盛り上がりの可視化 アクティビティフィード          招待    ...
ソーシャルログイン効果    新規来訪率率率   +23%     滞在時間     +52%1⼈人あたりのPV数    +179%                      ※Gigya実績値                         ...
ファンを巻き込めているか               20
「ファン」に対するのこれからの指標            新しい指標 従来の指標   =エンゲージメントスコア購⼊入     知⼈人数会員データ   投稿数/シェア数来店回数    リアクション数         おすすめ経由の購...
ファンが特定できたらオウンドメディア上に巻き込み・可視化する                    可視化       <コラボレーション>       巻き込みきれていない        ステークホルダー                   ...
具体的にどのように巻き込んでいくか・可視化していくか                    23
企業が提供している代表的な参加体験    ①キャンペーン    ②コミュニティ                    24
①  キャンペーン  ×  ソーシャル                      25
ソーシャルキャンペーンに必要な    ユーザメリット参加メリット    巻き込みメリット                     26
キャンペーンをプラットフォーム的に   使うとより効果が⼤大きくなる         参加メリット    ブランド体験とキャンペーン効果を  最⼤大化させるために必要なユーザメリット継続メリット            巻き込みメリット     ...
キャンペーン効果・ブランドロイヤリティの最⼤大化へ     継続的キャンペーンによって⽣生まれるエンゲージメントの価値              プラットフォーム化のメリット ①次回キャンペーンへの          ②キャンペーンの     ...
②  コミュニティ  ×  ソーシャル                      29
事例例)MyMuji             30
コミュニティのアクティブユーザを増やせば   サイトへの来訪や認知拡⼤大にもつながる。キャンペーン/コミュニティ アクティビティフィード 友達      この商品は           ECサイト                同期   すごく...
コンテンツとコミュニティの5C  啓蒙   不不安解消                         Connect                                     つながるモチベーションの維持・           ...
コミュニティはよりオープンにすることで、       エコシステムを作れるリアル体験          これからのコミュニティ              従来のコミュニティ来店・購⼊入          企業/テーマイベント参加商品・サービス ...
テクニックとしてのゲーミフィケーション   =わかりやすいインセンティブアクションに対するバッジ                    ポイントやランク付け               競争                           ...
最⼤大の効果は          35
継続的に参加し続けていくとロイヤリティが向上していく                36
キャンペーン/コミュニティで      追うべきKPI1⽇日の投稿数          アクティブユーザ数・率率率全体登録者数          中間KPI   ファン数                  サイト更更新回数           ...
継続的に、中⻑⾧長期的に。テクニックだけでなく   運⽤用も重要                38
新たな5つの運⽤用課題    ①デバイス       ②API保守                     ⑤開発・改善③効果測定   ④サイトへの流流⼊入                         スピード               ...
新たな運⽤用課題①:デバイス     SNSの主役はスマートデバイス。シェアが増えれば流流⼊入も⾃自然とスマートデバイス経由に。                                40
新たな運⽤用課題②:効果測定        Twitter(bit.lyなど)        Facebookインサイト        +  α ソーシャルへの波及効果を計測                            41
新たな運⽤用課題③:API保守各SNS側のAPI仕様変更更がきっかけで  アプリのバグになる可能性も。                       42
新たな運⽤用課題④:頻繁な更更新作業キャンペーン/コミュニティ 友達      この商品は           ECサイト                同期   すごく欲しい!           商品紹介ページ  企業アカウント  ブログ更...
新たな運⽤用課題⑤:開発・改善スピード           改修ポリシー           (ポリシーのピボット含)  ユーザ      コミュニケーション                          ゲームバランスインターフェース  ...
このような構築・運⽤用課題を解決すべく、ソーシャルインテグレーションパック    PeopleVoice(仮)      リリース準備中                        45
課題①スマートデバイス対応       レスポンシブデザインPCスマホ      CSS切切り替えのワンソースマルチユース                             46
課題②API保守Gigyaが各SNSのAPIを⼀一括して保守        APIによる機能提供        シェア        リアクション       シェアバー       アクティビティ       コメント         チャッ...
課題③効果測定Gigyaが各SNS別のシェア数やいいね等の      測定⽤用管理理画⾯面を提供。                         48
課題④:コンテンツ更更新       部署横断型のコンテンツ更更新キャンペーン/コミュニティ アクティビティフィード 友達      この商品は                ECサイト                   同期   すごく欲し...
課題⑤開発・改善スピード  アジャイル開発で最⼩小・最速の改善を                      時間は有限。画⾯面設計書  <  プロトタイプ                     優先順位を付ける                ...
ソーシャルメディアインテグレーションパック       構築         運⽤用    既存のキャンペーン/   レスポンシブ      コミュニティ                   Gigya      ソーシャル      ログイン...
戦略略策定からご⽀支援します。  戦略略          構築         運⽤用コミュニケーション            既存のキャンペーン/   レスポンシブ    戦略略              コミュニティ 活⽤用SNS選定  ...
サポート体制プロジェクト     コミュニティマネージャ     プロデューサー         エンゲージメント   アナリスト/           プランナー     ライター          エンジニア     プログラマー     ...
事例例・・・  先進的国内事例例として  ただいま続々構築中!                   54
ご清聴ありがとうございました                 55
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

【オウンドメディア】オウンドメディア×ソーシャルメディアの実践方法(20120803fruitsbearセミナー:メンバーズ資料)http://www.members.co.jp/

1,185 views

Published on

【オウンドメディア】オウンドメディア×ソーシャルメディアの実践方法(20120803fruitsbearセミナー:メンバーズ資料)http://www.members.co.jp/

Published in: Business
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,185
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
13
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

【オウンドメディア】オウンドメディア×ソーシャルメディアの実践方法(20120803fruitsbearセミナー:メンバーズ資料)http://www.members.co.jp/

  1. 1. membersエンゲージメントをさらに⾼高める! オウンドメディア x ソーシャルメディア の実践⽅方法 株式会社メンバーズ Webプロデューサー  狩野真宏 1
  2. 2. ⾃自⼰己紹介<2006.4〜~>• 中〜~⼤大規模サイトリニューアルPM/Dir• 運⽤用コンサル<2009.9〜~> 狩野真宏• ⾃自社サービス開発 (かのうまさひろ)• 2010年年9⽉月よりtoC向けサービス開発へ<2011.4〜~>  :(株)コネクトスター• MangafulDaysプロデューサー<2012.4〜~>• ソーシャルメディア活⽤用⽀支援 http://mangafuldays.jp 2
  3. 3. 今⽇日お話すること Marketing3.0 x Social  Login x Community  /  Campaign 顧客との中⻑⾧長期的リレーションの構築オウンドメディアのサイトパフォーマンス最⼤大化 3
  4. 4. マーケティング3.0 4
  5. 5. 急速に企業はソーシャルメディア上に参加。 5
  6. 6. まずファンを増やす 6
  7. 7. エンゲージメントを増やす 7
  8. 8. オウンドメディアをソーシャル化 8
  9. 9. ⾃自社サイトにプラグインを埋め込む。 ユーザに拡散してもらう 9
  10. 10. 体験をソーシャルメディアに拡散するオウンドメディア ソーシャルメディア ファンが拡散してくれる 10
  11. 11. ファンは拡散してくれる 11
  12. 12. ファンは拡散してくれる・・・? 12
  13. 13. 巻き込み⽅方次第で拡散してくれる中⾝身も異異なる 何をシェアするか プラグイン ログイン コンテンツ情報 参加体験 潜在顧客へのささり⽅方が違う 13
  14. 14. ソーシャルログインは強⼒力力な ブランド体験強化機能オウンドメディア ソーシャルメディア 参加 ログイン 14
  15. 15. ソーシャルログインするメリットは? 15
  16. 16. 参加のハードルが下がる ⾯面倒な会員登録作業が不不要に 友達もいることがわかれば参加の動機付けにもメールアドレスメールアドレス (確認)パスワード入力 パスワード (確認) 生年月日 性別 16
  17. 17. 拡散性が⾼高まる複数のSNSに同時にシェアできる・集客につながる Instagram  投稿画⾯面 17
  18. 18. サイト内コミュニケーションの質が⾼高まる 友⼈人・知⼈人の動きがわかる・巻き込める別のSNSで使⽤用しているIDでもあるため、荒れにくくなる 盛り上がりの可視化 アクティビティフィード 招待 18
  19. 19. ソーシャルログイン効果 新規来訪率率率 +23% 滞在時間 +52%1⼈人あたりのPV数 +179% ※Gigya実績値 19
  20. 20. ファンを巻き込めているか 20
  21. 21. 「ファン」に対するのこれからの指標 新しい指標 従来の指標 =エンゲージメントスコア購⼊入 知⼈人数会員データ 投稿数/シェア数来店回数 リアクション数 おすすめ経由の購⼊入/招待 周囲への影響⼒力力の⾼高い⼈人貴社 貴社 21
  22. 22. ファンが特定できたらオウンドメディア上に巻き込み・可視化する 可視化 <コラボレーション> 巻き込みきれていない ステークホルダー ⾃自社サイト 巻き込む パフォーマンス ファン 最⼤大化不不参加 参加 ソーシャルグラフ 可視化する 未ファン ファン Twitterや Facebookに参加 潜在 22
  23. 23. 具体的にどのように巻き込んでいくか・可視化していくか 23
  24. 24. 企業が提供している代表的な参加体験 ①キャンペーン ②コミュニティ 24
  25. 25. ①  キャンペーン  ×  ソーシャル 25
  26. 26. ソーシャルキャンペーンに必要な ユーザメリット参加メリット 巻き込みメリット 26
  27. 27. キャンペーンをプラットフォーム的に 使うとより効果が⼤大きくなる 参加メリット ブランド体験とキャンペーン効果を 最⼤大化させるために必要なユーザメリット継続メリット 巻き込みメリット 27
  28. 28. キャンペーン効果・ブランドロイヤリティの最⼤大化へ 継続的キャンペーンによって⽣生まれるエンゲージメントの価値 プラットフォーム化のメリット ①次回キャンペーンへの ②キャンペーンの ③継続的なユーザとの 資産へ 効率率率的運⽤用 接点の場づくり企業やブランドへの に を提供 接触ユーザ数 ためット ペーン キャン る を作ザメリ Influence 接点ユー 的なじた ペーン キャン 継続に応 ファン化 Engage 数 参加 ペーン キャン 継続 ペーン キャン ファン化 ペーン キャン ファン化 Connect ファン化 アクティブ化 ファン化 時間軸 28
  29. 29. ②  コミュニティ  ×  ソーシャル 29
  30. 30. 事例例)MyMuji 30
  31. 31. コミュニティのアクティブユーザを増やせば サイトへの来訪や認知拡⼤大にもつながる。キャンペーン/コミュニティ アクティビティフィード 友達 この商品は ECサイト 同期 すごく欲しい! 商品紹介ページ 企業アカウント ブログ更新しました ブログコンテンツ コラム更新しました コラム コミュニケーションはサイトコンテンツになる 別コンテンツへの導線にもなる。 31
  32. 32. コンテンツとコミュニティの5C 啓蒙 不不安解消 Connect つながるモチベーションの維持・ ユーザの体験を ステージアップさせる Conversation Co-‐‑‒Creation 会話する 最⼤大化させる 共創する コンテンツ 5つのC (情報提供) (機会提供) 適切切な Collaboration Competition 協業する 競争する タイミング キラーコンテンツ=サイト内体験そのもの ⾃自⼰己表現/達成欲求(スキルアップ)/貢献 アクティブユーザ数・率率率の最⼤大化へ (継続的利利⽤用) 32
  33. 33. コミュニティはよりオープンにすることで、 エコシステムを作れるリアル体験 これからのコミュニティ 従来のコミュニティ来店・購⼊入 企業/テーマイベント参加商品・サービス 利利⽤用 別企業・団体 33
  34. 34. テクニックとしてのゲーミフィケーション =わかりやすいインセンティブアクションに対するバッジ ポイントやランク付け 競争 34
  35. 35. 最⼤大の効果は 35
  36. 36. 継続的に参加し続けていくとロイヤリティが向上していく 36
  37. 37. キャンペーン/コミュニティで 追うべきKPI1⽇日の投稿数 アクティブユーザ数・率率率全体登録者数 中間KPI ファン数 サイト更更新回数 SNSへのシェア数 37
  38. 38. 継続的に、中⻑⾧長期的に。テクニックだけでなく 運⽤用も重要 38
  39. 39. 新たな5つの運⽤用課題 ①デバイス ②API保守 ⑤開発・改善③効果測定 ④サイトへの流流⼊入 スピード 39
  40. 40. 新たな運⽤用課題①:デバイス SNSの主役はスマートデバイス。シェアが増えれば流流⼊入も⾃自然とスマートデバイス経由に。 40
  41. 41. 新たな運⽤用課題②:効果測定 Twitter(bit.lyなど) Facebookインサイト +  α ソーシャルへの波及効果を計測 41
  42. 42. 新たな運⽤用課題③:API保守各SNS側のAPI仕様変更更がきっかけで アプリのバグになる可能性も。 42
  43. 43. 新たな運⽤用課題④:頻繁な更更新作業キャンペーン/コミュニティ 友達 この商品は ECサイト 同期 すごく欲しい! 商品紹介ページ 企業アカウント ブログ更新しました ブログコンテンツ コラム更新しました コラム +シェア機能 +新規キャンペーン 43
  44. 44. 新たな運⽤用課題⑤:開発・改善スピード 改修ポリシー (ポリシーのピボット含) ユーザ コミュニケーション ゲームバランスインターフェース 機能 ⼩小さな積み重ねが アクティブユーザ数・率率率に影響を及ぼす 44
  45. 45. このような構築・運⽤用課題を解決すべく、ソーシャルインテグレーションパック PeopleVoice(仮) リリース準備中 45
  46. 46. 課題①スマートデバイス対応 レスポンシブデザインPCスマホ CSS切切り替えのワンソースマルチユース 46
  47. 47. 課題②API保守Gigyaが各SNSのAPIを⼀一括して保守 APIによる機能提供 シェア リアクション シェアバー アクティビティ コメント チャット レーティング ソーシャルログイン ゲーミフィケーション など海外500社に導⼊入、10億UUにリーチ 47
  48. 48. 課題③効果測定Gigyaが各SNS別のシェア数やいいね等の 測定⽤用管理理画⾯面を提供。 48
  49. 49. 課題④:コンテンツ更更新 部署横断型のコンテンツ更更新キャンペーン/コミュニティ アクティビティフィード 友達 この商品は ECサイト 同期 すごく欲しい! 商品紹介ページ 企業アカウント ブログ更新しました ブログコンテンツ コラム更新しました コラム +新規キャンペーン +シェア機能 49
  50. 50. 課題⑤開発・改善スピード アジャイル開発で最⼩小・最速の改善を 時間は有限。画⾯面設計書  <  プロトタイプ 優先順位を付ける 50
  51. 51. ソーシャルメディアインテグレーションパック 構築 運⽤用 既存のキャンペーン/ レスポンシブ コミュニティ Gigya ソーシャル ログイン wordpress その他機能開発 アジャイル 51
  52. 52. 戦略略策定からご⽀支援します。 戦略略 構築 運⽤用コミュニケーション 既存のキャンペーン/ レスポンシブ 戦略略 コミュニティ 活⽤用SNS選定 Gigya ソーシャル KPI設定 ログイン wordpress キャンペーン/ その他機能 アジャイルコミュニティのポリシー/ルール/ 体制作り 52
  53. 53. サポート体制プロジェクト コミュニティマネージャ プロデューサー エンゲージメント アナリスト/ プランナー ライター エンジニア プログラマー 53
  54. 54. 事例例・・・  先進的国内事例例として ただいま続々構築中! 54
  55. 55. ご清聴ありがとうございました 55

×