Successfully reported this slideshow.

20151205japanr

11

Share

Upcoming SlideShare
闇と向き合う
闇と向き合う
Loading in …3
×
1 of 14
1 of 14

20151205japanr

11

Share

Download to read offline

Description

20151205 のJapanR5 でのLT です。

Transcript

  1. 1. R で数理モデルシミュレーション ~ワクチン接種と感染症伝播~ 20151205 リクルートGINZA8 YF@Med_KU
  2. 2. はじめにお断り 製薬会社の 回し者では あ り ま せ ん 今日の内容は 今までになく 真 面 目 で す
  3. 3. 感染症の数理モデル:SIR model Susceptible Infected Recovered p time
  4. 4. 感染症の数理モデル:ワクチン Susceptible Infected Recovered )1( vp  time Vaccination
  5. 5. もしも世界が I*J 人の村だったら J I 単純に I*J の行列を想定する Vaccinated Infected Susceptible
  6. 6. R 的実装 j i 1i 1i 1j 1j ],[ ji]1,[ ji ]1,[ ji ],1[ ji ]1,1[  ji ]1,1[  ji ],1[ ji ]1,1[  ji ]1,1[  ji )1( vp  p の感染者は周囲8方向に sample関数で感染させる],[ ji ntt 
  7. 7. R 的ベクトル実装 j i 1i 1i 1j 1j ])1([ ijI ])2([ ijI  ][ iIj  ]1)1([  ijI]1)2([  ijI ]1[ iIj ]1)1([  ijI]1)2([  ijI ]1[ iIj 行列へのアクセスは でも可能 (行列はもともとベクトル) ])1([ ijI  ntt 
  8. 8. Simulation 100*100 の行列, 感染期間 3 感染効率 0.7, ワクチン効率 0.9 接種率 0.95 接種率 0.75 0tt 
  9. 9. Simulation 100*100 の行列, 感染期間 3 感染効率 0.7, ワクチン効率 0.9 接種率 0.95 接種率 0.75 ntt 
  10. 10. Simulation 100*100 の行列, 感染期間 3 感染効率 0.7, ワクチン効率 0.9 接種率 0.95 接種率 0.75 endtt 
  11. 11. Simulation 接種率0.95接種率0.75
  12. 12. 接種率の感染予防効果 接種率0.95接種率0.75 ワクチン接種 しなかった人も 感染してない ワクチン接種 した人も 感染している
  13. 13. 経過中に 接種率0.95接種率0.75 外来は確実に パ ン ク す る
  14. 14. まとめ R で数理モデルシミュレーションができる ワクチンはたくさん接種してくれると 接種しなかった人も予防できる ワクチンはたくさん接種しないと 接種した人も感染する Let’s try ! 人の移動,潜伏期間,再発,医療経済…

Description

20151205 のJapanR5 でのLT です。

Transcript

  1. 1. R で数理モデルシミュレーション ~ワクチン接種と感染症伝播~ 20151205 リクルートGINZA8 YF@Med_KU
  2. 2. はじめにお断り 製薬会社の 回し者では あ り ま せ ん 今日の内容は 今までになく 真 面 目 で す
  3. 3. 感染症の数理モデル:SIR model Susceptible Infected Recovered p time
  4. 4. 感染症の数理モデル:ワクチン Susceptible Infected Recovered )1( vp  time Vaccination
  5. 5. もしも世界が I*J 人の村だったら J I 単純に I*J の行列を想定する Vaccinated Infected Susceptible
  6. 6. R 的実装 j i 1i 1i 1j 1j ],[ ji]1,[ ji ]1,[ ji ],1[ ji ]1,1[  ji ]1,1[  ji ],1[ ji ]1,1[  ji ]1,1[  ji )1( vp  p の感染者は周囲8方向に sample関数で感染させる],[ ji ntt 
  7. 7. R 的ベクトル実装 j i 1i 1i 1j 1j ])1([ ijI ])2([ ijI  ][ iIj  ]1)1([  ijI]1)2([  ijI ]1[ iIj ]1)1([  ijI]1)2([  ijI ]1[ iIj 行列へのアクセスは でも可能 (行列はもともとベクトル) ])1([ ijI  ntt 
  8. 8. Simulation 100*100 の行列, 感染期間 3 感染効率 0.7, ワクチン効率 0.9 接種率 0.95 接種率 0.75 0tt 
  9. 9. Simulation 100*100 の行列, 感染期間 3 感染効率 0.7, ワクチン効率 0.9 接種率 0.95 接種率 0.75 ntt 
  10. 10. Simulation 100*100 の行列, 感染期間 3 感染効率 0.7, ワクチン効率 0.9 接種率 0.95 接種率 0.75 endtt 
  11. 11. Simulation 接種率0.95接種率0.75
  12. 12. 接種率の感染予防効果 接種率0.95接種率0.75 ワクチン接種 しなかった人も 感染してない ワクチン接種 した人も 感染している
  13. 13. 経過中に 接種率0.95接種率0.75 外来は確実に パ ン ク す る
  14. 14. まとめ R で数理モデルシミュレーションができる ワクチンはたくさん接種してくれると 接種しなかった人も予防できる ワクチンはたくさん接種しないと 接種した人も感染する Let’s try ! 人の移動,潜伏期間,再発,医療経済…

More Related Content

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

×