Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

社内でアジャイルと出会った新卒2年目がインフラ部隊でタスク可視化をやってみた話

1,727 views

Published on

DevLOVE「隣り合わせのアジャイルとテストと青春」
https://devlove.doorkeeper.jp/events/53997

インフラ部隊という開発色の薄い部署で、アジャイル開発手法をお手本にタスク可視化に挑戦してみた話です。

アジャイル開発手法と出会い実践する場を得た社内教育について受講者の立場から振り返るとともに、インフラ部隊でアジャイルを目指すことの向き不向きをお伝えしました。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

社内でアジャイルと出会った新卒2年目がインフラ部隊でタスク可視化をやってみた話

  1. 1. 2016年11月30日 1 ヤフー株式会社 システム統括本部 上田 雅幸 社内でアジャイルと出会った新卒2年目が インフラ部隊でタスク可視化をやってみた話
  2. 2. 2 自己紹介 2015年 4月 新卒入社 10月 配属 システム統括本部 サイトオペレーション本部 インフラ技術4部 ストレージ 2016年 5月 タスク可視化開始 上田 雅幸
  3. 3. お話すること 3 • インフラってなに? • 社内教育による自身の変化 • インフラ部隊でのタスク可視化
  4. 4. インフラってなに? ※自己紹介がてら少しだけ
  5. 5. 「インフラ」のキーワード 5 アジャイル インフラ • データセンター • ネットワーク • サーバー • ストレージ インフラ • サーバーレス • AWS • コンテナ • DevOps
  6. 6. 今日の「インフラ」 6 アジャイル インフラ • データセンター • ネットワーク • サーバー • ストレージ インフラ • サーバーレス • AWS • コンテナ • DevOps
  7. 7. ストレージ・アプライアンス 7
  8. 8. 自分の仕事内容 40% 25% 20% 10% 5% 運用・保守 開発 構築 検証 タスク可視化 8 ・・・ 依頼/障害対応・MTG(社 内外) ・・・ ツール開発(Shell, PHP, Python, CoffeeScript) ・・・ 見積り・ラッキング・配線・設 定 ・・・ 新製品のHW/SW検証 ← 今回のお話
  9. 9. 【整理】インフラってなに? • 雑に言えば物理 • 仕事の種類たくさん ※自分:タスク可視化は仕事のほんの一部 9
  10. 10. 休憩 (あと残り15分くらい)
  11. 11. お話すること 11 • インフラってなに? • 社内教育による自身の変化 • インフラ部隊でのタスク可視化
  12. 12. 社内教育による 自身の変化 ※なぜ無知な新人から今の私ができあがったか
  13. 13. 大切!だけども、充分ではない 13 アジャイル? やり方に正解はないから、 とにかくやってみればいいよ。 ※誇張してます 「 」
  14. 14. 縁があった社内教育 1. 新卒開発研修 2. スクラムマスター研修 3. ファシリテーション研修 14
  15. 15. 1. 新卒開発研修 対象:2015新卒 内容:5~6人で社内サービスをつくる 手法:ウォーターフォール → スクラム • チームに対する意識up • 立ち止まる勇気を知る • 心の中がカオス状態 15 OJTトレーナー スクラムマスター 心の状態
  16. 16. 2. スクラムマスター研修 16 対象:2016年新卒の開発研修 内容:スクラムマスターをやる 手法:スクラム • 次の一手が見える • 概念化が進む • 不足を知る 心の状態 先輩スクラムマスター スクラムエバンジェリスト
  17. 17. 3. ファシリテーション研修 17 内容:ファシリテーションの役割と基礎 アイスブレイクの手法 • 不足を補完 • 準備のコツ • セレモニーへの適用 心の状態 受講生 講師
  18. 18. 【整理】社内教育による自身の変化 アジャイルに希望を持って 自ら行動を起こせるようになったのは、 1. 実践の場で挑戦 2. 多面的なサポート機会 3. 不足を補う行動 18
  19. 19. (余談)不足を補ってくれたもの • 書籍 • 勉強会19 アジャイルサムライ −達人開発者への道− Jonathan Rasmusson 著 西村 直人・角谷 信太郎 監訳 近藤 修平・角掛 拓未 翻訳 スクラム実践入門 成果を生み出すアジャイル な開発プロセス 貝瀬 岳志・原田 勝信・ 和島 史典・栗林 健太郎・ 柴田 博志・家永 英治 著 世界で一番やさしい 会議の教科書 榊巻 亮 著 アジャイルレトロスペクティ ブズ 強いチームを育てる「ふりかえ り」の手引き Esther Derby・ Diana Larsen 著 角 征典 翻訳
  20. 20. 休憩 (あと残り8分くらい)
  21. 21. お話すること 21 • インフラってなに? • 社内教育による自身の変化 • インフラ部隊でのタスク可視化
  22. 22. インフラ部隊での タスク可視化 ※実際にやってみた話とわかったこと
  23. 23. 手法 カンバン きっかけ:他社事例(非開発チーム) 23 カンバン仕事術 チームではじめる見える化と改善 Marcus Hammarberg、Joakim Sunden 著 原田 騎郎、安井 力、吉羽 龍太郎、角 征典、高木 正弘 訳
  24. 24. カンバンでやってみる • ワークフロー … フォーマットの統一 • 流れの管理 … 優先度 • 朝会(15分・週2回) … 次の行程にいくためには? • 振り返り(15分・週1回) … やり方の改善 24
  25. 25. 構築の管理ボード 25 • 内容 • 依頼番号 • 管理番号 • 担当者 • 納期 • 特記ラベル 付箋
  26. 26. チームの変化 • 業務効率の良い変化 • リスクの早期発見 • ボトルネックが明確に • 優先タスクが明確に • メンバーが何をやっているか分かるよう になった26
  27. 27. インフラ部隊でアジャイルの向き不向き 27 向 き 不 向 き • ワークフローがつくりやすい • 複数種類の業務を並行でやってい る • 共通言語(プログラム)がない • メンバー全員が揃わない ・・・深夜メンテ・出張 • Stop and Goができない ・・・障害対応 • 変化なしによるモチベーション低下 ・・・他者マ
  28. 28. 【整理】インフラ部隊でのタスク可視化 • 手法:カンバンをベース • 効果:コミュニケーションの恩恵大 • ポイント:開発チームとの違い 28
  29. 29. まとめ
  30. 30. アジャイル実践の旗振り役になるには、 経験の場とサポートが不可欠。 その上で知識が必要。 アジャイルの良い点を見出し取り入れると、 インフラチームによい変化が生まれる。 画像:アフロ

×