NGUIとUnity2Dをつかってみた

13,965 views

Published on

Unity2DとNGUIを使ってみたのでそれをまとめてみました。そこまで詳しいことはかいてませんがUnity初心者の方の参考になればと思います。

0 Comments
10 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
13,965
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
332
Actions
Shares
0
Downloads
121
Comments
0
Likes
10
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

NGUIとUnity2Dをつかってみた

  1. 1. NGUIとUnity 2Dを使ってみたので ちょっとまとめました 田中 優之 13年12月8日日曜日
  2. 2. はじめに 意外にまとまった資料(日本語ねw)が 少ないな∼と感じたのでまとめました。 ただ、Unity2Dについてはほんとちょっ とですwすいませんw 13年12月8日日曜日
  3. 3. アジェンダ • 環境 • NGUI? • Unity2D? • Projectのセッティング(Unity2D、NGUI) • NGUIでボタンを追加する • Unity2Dでスプライトを使ってみる 13年12月8日日曜日
  4. 4. 環境について • Mac:OSX 10.9 • Unity:4.3 • Xcode:5.0.2 • NGUI:3.0.6 f7 ※iPhone向けのプロジェクトです 13年12月8日日曜日
  5. 5. NGUI? • UnityでGUIを作成するのは結構たいへ ん。。そんなときに助かるのがNGUI。 • モバイル向けアプリを開発するときには 必須かも。 • 同様のアセットとしてEZ GUIがあってこ っちも有名。でも高い。。 • NGUIも高価。。$95だったかな。 13年12月8日日曜日
  6. 6. Unity2D? • Unity4.3になって追加された機能。目玉 の追加機能ですね。 • もちろん2D用の各種コンポーネントもい ろいろ追加されました • スプライトを扱うのも簡単。 • アニメーションもできちゃう 13年12月8日日曜日
  7. 7. 実際にどう使うの? NGUIとUnity2Dをどんな感じで実際使っ ていくのかお話していきます。 13年12月8日日曜日
  8. 8. PJのセッティング(Unity2D、NGUI) NGUIをインポート。defaultを2DにしてPJ作成。 13年12月8日日曜日
  9. 9. PJのセッティング(Unity2D、NGUI) PJができたらまずは2Dボタンをポチッと。 13年12月8日日曜日
  10. 10. PJのセッティング(Unity2D、NGUI) そうすっとこんな感じになります 13年12月8日日曜日
  11. 11. PJのセッティング(Unity2D、NGUI) 今回はiOS向けなのでBuild SettingsからSwitch Platform。 13年12月8日日曜日
  12. 12. PJのセッティング(Unity2D、NGUI) これで準備はおわり。 NGUIはPJ作成時にImportしてるのでProject内にあるよ。 13年12月8日日曜日
  13. 13. NGUIでボタンを追加する まずはボタンをはっつけるパネルを用意。 13年12月8日日曜日
  14. 14. NGUIでボタンを追加する パネルはこんな感じにヒエラルキーにできる 13年12月8日日曜日
  15. 15. NGUIでボタンを追加する んでそこにボタンを追加 13年12月8日日曜日
  16. 16. NGUIでボタンを追加する このままだとちょっとサイズがおかしい。。 13年12月8日日曜日
  17. 17. NGUIでボタンを追加する UIRootのScaling Styleを設定変更 13年12月8日日曜日
  18. 18. NGUIでボタンを追加する これでボタンできあがり。 ついでに押したら別のシーンに遷移するようにします。 13年12月8日日曜日
  19. 19. NGUIでボタンを追加する(画面遷移) 追加したボタンにコンポーネントを追加 13年12月8日日曜日
  20. 20. NGUIでボタンを追加する(画面遷移) コンポーネントが追加されました 13年12月8日日曜日
  21. 21. NGUIでボタンを追加する(画面遷移) ボタンが押されたときによばれる function Nameを設定。 13年12月8日日曜日
  22. 22. NGUIでボタンを追加する(画面遷移) UIButtonMessageに呼び出す関数を実装。 test2dは事前につくった空っぽのシーン。 13年12月8日日曜日
  23. 23. NGUIでボタンを追加する(画面遷移) Build Settingsでシーンを登録しときます。これで実装はおわり。 ボタンを押したら別のシーンへ移ります。 13年12月8日日曜日
  24. 24. NGUIでボタンを追加する(画面遷移) Build Settingsでシーンを登録しときます。これで実装はおわり。 ボタンを押したら別のシーンへ移ります。 13年12月8日日曜日
  25. 25. Unity2Dでスプライトを使ってみる 今回は事前にインポートしておいたスライムの 画像を使用。 インスペクターからスプライトとし、apply。 すると、Projectが上記のようにかわります。 13年12月8日日曜日
  26. 26. Unity2Dでスプライトを使ってみる せっかくなのでスプライトにしたスライムに 2D用の物理コンポーネントを追加してみます。 13年12月8日日曜日
  27. 27. Unity2Dでスプライトを使ってみる これで再生するとスライムがおちていきます。 3Dで作成するよりいろいろ楽です。 13年12月8日日曜日
  28. 28. おわり まだ僕自身もUnity初心者ですが 、NGUI とUnity2Dについては知っておいて損がな いツールだと感じています。 これからUnityがんばるぞ∼という方の参 考になれば幸いです。 13年12月8日日曜日

×