Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

はじめてのSSAS開発

3,874 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

はじめてのSSAS開発

  1. 1. 澤田賢也 Blog http://smbserver.spaces.live.com 2010/3/19 1
  2. 2. 開発環境 と 利用環境 SSASの開発 基本的な開発手順 時間ディメンジョン まとめ 2010/3/19 2
  3. 3. 2010/3/19 3
  4. 4. Small Business Server 2008 Windows Server 2008 (SQL Server) (SQL Server SSAS 9.0/10.0/10.5) データ キューブ ※SQL Server データベース エンジンはなくでもいい Windows 7 (SQL Server Business Intelligence Development Studio) 2010/3/19 4
  5. 5. Small Business Server 2008 Windows Server 2008 (SQL Server) (SQL Server SSAS 9.0/10.0/10.5) (データの更新) (キューブの処理) 今回は、データベースにログ データの参照・分析 が自動追加されるので不要 Windows 7 (EXCEL ピボットテーブル) 2010/3/19 5
  6. 6.  SBSのMonitoringデータベースの情報 2010/3/19 6
  7. 7. 2010/3/19 7
  8. 8.  多次元軸の分析  操作が簡単  非正規データ  しかし、  大量のデータ  時間軸  シートの分割  データの加工 2010/3/19 8
  9. 9. 3次元分析 データベースから データの取込 (キューブ処理) ソース ピボットテーブル でデータ分析 時間 タイプ ディメンジョン(分析軸) メジャー(集計対象) 2010/3/19 9
  10. 10. 1. 新しいプロジェクトの作成 2. データソースの選択 3. データソースビューの作成 4. キューブの作成 5. 属性の追加 6. キューブの処理 7. キューブブラウザでの確認 1. リレーションの変更 2. ・・・・  時間ディメンジョンの追加 2010/3/19 10
  11. 11. 2010/3/19 11
  12. 12.  新しいプロジェクト で、以下のプロジェクトを選択  [プロジェクトの種類] ビジネス インテリジェンス プロジェクト  [テンプレート] Analysis Servicesプロジェクト 2010/3/19 12
  13. 13.  ソリューション エクスプローラ  [データ ソース]を右クリック  [新しいデータ ソース]からウィザード起動 2010/3/19 13
  14. 14. 2010/3/19 14
  15. 15. プロバイダー 10.5(CTP) 10.0 9.0 .NETプロバイダー SqlClient Data Provider ○ ○ ○ OracleClient Data Provider ○ ○ ○ Microsoft SQL Server Compact Data Provider ○ ○ Microsoft SQL Server Compact Edition Client Data Provider ○ ○ ネイティブ OLE DB Microsoft Jet 4.0 OLE DB Provider ○ ○ ○ Microsoft OLE DB Provider for Analysis Services 10.0 ○ ○ Microsoft OLE DB Provider for Analysis Services 9.0 ○ Microsoft OLE DB Provider for Data Mining Services ○ ○ ○ Microsoft OLE DB Provider for DTS Packages ○ ○ Microsoft OLE DB Provider for Indexing Services ○ ○ ○ Microsoft OLE DB Provider for OLAP Services 8.0 ○ ○ ○ Microsoft OLE DB Provider for Oracle ○ ○ ○ Microsoft OLE DB Provider for SQL Server ○ ○ ○ Microsoft OLE DB Simple Provider ○ ○ ○ MSDataShape ○ ○ ○ OLE DB Provider for Microsoft Directory Services ○ ○ ○ SQL Native Client ○ ○ SQL Server Native Client 10.0 ○ ○ SQL Server Replication OLE DB Provider for DTS ○ ○ SQLXMLOLEDB ○ SQLXMLOLEDB 4.0 ○ 2010/3/19 15
  16. 16.  ソリューション エクスプローラ  [データ ソース ビュー]を右クリック  [新しいデータ ソース ビュー]からウィザード起動 2010/3/19 16
  17. 17. 関連テーブルを自動判断して追加。 リレーションも反映される 2010/3/19 17
  18. 18. 2010/3/19 18
  19. 19.  ソリューション エクスプローラ  [キューブ]を右クリック  [新しいキューブ]からウィザード起動 2010/3/19 19
  20. 20. 2010/3/19 20
  21. 21. 2010/3/19 21
  22. 22. 2010/3/19 22
  23. 23. ファクトテーブル メジャー ディメンジョンテーブル 2010/3/19 23
  24. 24.  ソリューション エクスプローラ  [Event type.dim]をダブルクリック  データソースビューから属性へドラッグ&ドロップ 2010/3/19 24
  25. 25.  ソリューション エクスプローラ  [SBS Monitoring.cube]を右クリック  [処理]を選択 2010/3/19 25
  26. 26. SSASに変更を加えたら、 必ず、キューブの処理を実行する 2010/3/19 26
  27. 27.  ソリューション エクスプローラ  [SBSMonitoring.ds]を右クリック  [デザイナーの表示]の「権限借用情報」を確認 2010/3/19 27
  28. 28.  [キューブ]は作成できた  [キューブの処理]の確認も問題ない 2010/3/19 28
  29. 29.  各種フィールドへ配置 2010/3/19 29
  30. 30.  修正 ー [Description]がおかしい 2010/3/19 30
  31. 31.  [SBS Monitoring.div]を表示  [リレーション]をダブルクリック 2010/3/19 31
  32. 32.  修正 完了 データのつくりによって、ディメンジョンの階層を使用してもよい 2010/3/19 32
  33. 33. 2010/3/19 33
  34. 34.  ソリューション エクスプローラ  [ディメンジョン]を右クリック  [新しいディメンジョン]からウィザード起動 2010/3/19 34
  35. 35. SQL Server データベース が必要 2010/3/19 35
  36. 36. SQL Server データベース が必要 2010/3/19 36
  37. 37. 2010/3/19 37
  38. 38.  [SBS Monitoring.div]を表示  [リレーション]をドラッグ&ドロップで追加 「名前つき計算」を追加してる 2010/3/19 38
  39. 39.  [EventLog]テーブルを選択  右クリックメニューから「データの探索」を選択 2010/3/19 39
  40. 40. 2010/3/19 40
  41. 41.  [SBS Monitoring.cube]を表示  [ディメンジョンの使用方法]を表示 2010/3/19 41
  42. 42. 2010/3/19 42
  43. 43.  時間軸フィルターの追加 2010/3/19 43
  44. 44. 2010/3/19 44
  45. 45.  はじめてSSAS開発を行うときは、 SQL Server 2008(10.0)・2008 R2(10.5) から 始めることをお勧めします。  SQL Server 2005(9.0)・2008(10.0)・2008 R2(10.5) では、分析できるデータが異なります。  データソースは、正規化を検討してください。  SSASでは、ディメンジョン(分析軸)を どのように表現するかを決めていきます。  これ以外にデータの更新とキューブの処理の 検討が必要です。 2010/3/19 45

×