Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

札幌 SEOのホームページ

1,628 views

Published on

札幌 SEO なら武藤正隆の公式ホームページ
http://mutomasataka.com/

内容をスライドにて紹介させて頂きます。

Published in: Self Improvement
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

札幌 SEOのホームページ

  1. 1. 札幌 SEOの管理人 武藤正隆は 日々変化する検索エンジンと人の趣向と向きあっています。 SEO対策とLPOはとても似ているジャンルではありますが、双方を理解すると、より上位表示させることが可能なのです。 インターネットの時代に検索をする人が多くて本当に必要な情報を簡単に探せる様な仕組みが検索エンジンです。その検索エンジンは進化を続けています。日々の業務をしながらSEO対策やLPO対策をしていくには大変な労力だと思います。 全日本LPO協会や全日本SEO協会より、認定を受けているので、最新の情報で仕事を進めています。
  2. 2. 1.SEO対策・LPOの開始前に SEO対策をする上でまずは、上位表示したい検索ワードをお聞きした上で判断させて頂きます。 目的ワードを同業他社をくまなく検証して、どのようなSEO対策が効果的なのか? 今思っている検索ワードは集客出来ないキーワードの場合もあるのです。 お客様が想像も出来ない検索ワードもある場合があり、繁盛キーワードを見つけ出しSEO対策を行います。 次に現在のサイトの診断をします。SEO対策するにあたりSEO対策が可能かという点です。 現在のサイトを検証致します。 タイトル・キーワード・ディスクプリションなどSEO対策・LPOも兼ねてしっかりとサイト診断させて頂きます。 現在の検索順位を確認致します。もし、検索順位が上位表示しているのであれば、 何かしらのアクションがあるはずですので、 そのアクションがない場合は原因を診断させて頂きます。SEO対策は結果を重視致します。上位表示しているのにコンバージョンになれない場合は何かの問題があると考えます。 選んだ検索ワードが訪問者にとって有効なのかを判断致します。
  3. 3. 2.SEO対策とLPO SEO対策は単一キーワードから複合ワード(商品+地域名)まで提案させて頂きます。 ホームページタイトルや要約文(ディスクプリション)から始めます。SEO対策の内部施策です。 インターネットをやっている方で検索エンジンを使わない方はいないでしょう。そこに今まで来店されなかったお客様が眠っているのです。あなたの商品やサービスが検索上位にあればお客様はサイトに訪 問してきます。上位表示していればです。 複合ワードはリアル店舗をされている方には特に必要な検索ワードだと考えます。例えば、「はんこ 札幌」や「はんこ 札幌 早い」などがそうです。検索エンジンはこの様な言葉でも結果を出しますので この様な複合ワードは最近特に注目されているポイントでもあります。 ここまでが基本のSEO対策です。ここからはLPOです。 SEO対策が成功して、検索上位表示できたとします。ここからがLPOの出番です。狙った検索キーワードで集まった訪問者を長くホームページに滞在させる・回遊率を上げる為にホームページを見やすいよう にします。SEOはデジタル的な要素ですが、LPOはアナログ的です。 人がどのような行動で注目するのか? 申込ボタンを押したくなるのか? ストレス社会でもあります。折角の訪問者がストレスや迷うことなく、 申込や資料請求出来るようにページに誘導するのです。当然、検索ワードと誘導したいページが一致していなければお客様は、違うページに行くでしょう。離脱率を防いで回遊率を 上げる事が対策がLPOです。 SEO対策だけではなく、LPOも合せて成約率や申込率を上げる!!
  4. 4. 3.SEO対策・LPOの施策開始 打ち合わせ後、施策を開始致します。SEO対策で検索上位表示を狙い・LPOでコンバージョンを上げる。 2.でも説明しましたが、回遊率を上げることはリアル店舗でも行われているのです。 ドン・キホーテは欲しいと思っていなかった。商品まで購入してしまった。100円ショップも同じです。 店舗にいる時間が上がれば、何となく買ってしまうのです。 ホームページも同じで各ページに行ける様な施工をしていくことで、 くまなく見てもらえるようにすることで回遊率が上がり結果成約に結びつくのです。 直帰率は50%以下を目指そうというのも同じです。訪問者は7秒でそのサイトを判断します。 もし、自分の求めている情報と違うなと感じてしまったら次に行ってしまいます。 感じさせてしまうだけでも、直帰率は上がります。 直帰率を下げて、回遊率を上げることを基本にホームページを施策していきます。
  5. 5. 1.SEOを理解する ご依頼を始める前に、サイトの特徴を理解してSEOに合う施策をする必要があります。 一昔まえのSEOは機体的に施策で完了出来たのですが、Googleアルゴリズムは日々進化 しているために、そのサイトを実際に確認して何が必要かを判断致します。 SEOの本質をしっかりと捉えていないとできないのです。 検索エンジンの仕組みはクローラーという世界のサイトの情報を集めてデータベースを作り上げていきます。 この事をインデックスといいます。よく検索サイトの横に「キャッシュ」というのはインデックスされている証拠でもあります。 SEOの第一段階はインデックスされることから始まります。すでにインデックスされている場合はその表示順位を上げる事がSEOです。 その結果で順位を決定するのが、Google独自のアルゴリズムです。 このアルゴリズムは日々変化しており、これを理解して内部要素や外部要素を強化します。内部要素はタグやメタタグ、全体の構造・サブページのキーワードなどの使い方外部要素はリンク・被リンクなどを評価の対象としているようです。 Googleのアルゴリズムは200以上の項目から判断されて、その結果を表示します。
  6. 6. 2.SEOの目的は? 上位表示が目的でもありますが、ユーザーに教える為でもあります。 私の場合「札幌 はんこ」で検索された場合、札幌市内ではんこを探している方ですね 順位が高ければ当社に来店される可能性が非常に高くなるという訳です。 そして、重要なポイントはユーザーと表示結果が一致した場合です。 SEOとしても、LPOでもあります。<a href="http://mutomasataka.com/lpo/">LPO</a>について ユーザーの探したいと思っている情報とマッチさせる事がSEOの目的でもあります。 しかし、SEOだけがいいサイトかというとそうではありません。 最近のSEOはしっかりとしたユーザビリティが必要でもあります。 テクニックによって作られたサイトは将来的には表示すらされなくなる可能性が高い ユーザーがいるから検索される事を忘れてはなりません。最近は顕著にその傾向にあり 検索エンジンでは充実したサイトがしっかりと上位表示されています。 ユーザーが多く訪問してくるサイトはいいサイトと評価もします。 SEOの目的は検索エンジンに対して、正確な情報を提供する事でもあります。
  7. 7. 3.SEO対策の方法 内部対策のタイトル・ディスクプリション・複合キーワードなど検証してきたことをホームページに落とし込んで行きます。 その後、外部対策に入ります。外部対策にはバックリンクの供給を行います。 相互リンクやブログからのリンク・検索サイトからのリンク・ソーシャルメディアからのリンクなどです。 バックリンクは一度に送ることはなく、計画的に徐々に増やしていきます。バックリンクはとても効果が高いと言われています。 今後もその傾向は変わらないでしょう。Googleは自然なリンクを加点します。どのようなリンクかと言えば、いいコンテンツを書くことによって相互リンクを送ってもらうということです。 SEOの王道はコンテンツが何より大切だということです。 コンテンツにも書き方などもあり、その書き方もご指導いたします。 ブログも大切なバックリンクの供給元になりますので同時にブログの公開もオススメしております。 将来的にはご自身でも出来るようにと思っております。
  8. 8. LPOとは、Landing Page Optimization(ランディングページオプティマイゼーション) 検索エンジンや目的ページへのクリックを率を上げ、成約ページに誘導することが ランディングページ最適化です。1.LPOを理解する サイトに訪問しても、サイト内が迷路のようなサイトでは訪問者は迷ってしまいます。 LPOの基本は目的ページにランディングさせるように迷わないよう誘導・指示するのです。 サイトで重要な事ですが、まず訪問してもらうことそして、なるべく長い時間滞在してもらうのです。 滞在時間がながければ目的ページに行く可能性が高くなるのです。 集客に成功し、アクセスが集まっても次にどのページに進めばいいのかわからない? 申込ページがどこにあるのかわからない?  入力が面倒で途中でやめてしまう。 離脱者をどのように出さないで資料請求や商品購入へ誘導する。 これがLPOです。
  9. 9. LPOとは、Landing Page Optimization(ランディングページオプティマイゼーション) 検索エンジンや目的ページへのクリックを率を上げ、成約ページに誘導することが ランディングページ最適化です。 2.LPOの目的 SEOの次がLPOなのです。最近Yahoo!にも反映されております。パーソナライズド検索です。ユーザーの検索結果を学習して、ユーザーに合せて検索結果を表示させるのです。いつも「はんこ 札幌」と検索していると上位表示させてしまうのです。 勘違いしないで下さい。上位表示している訳ではありません。私に合せて表示を変えているのです。では、SEO対策は意味がなる? そうではありませんが、以前はGoogleが行うことで全体の20%程度の影響ではないかということでしたが、Yahoo!もパー ソナライズド検索を始めたことで時代の流れが変わっているように思います。検索ユーザーの方法も日々進化しております。単ワードで検索する人が少ないのです。一番多いワード数は2個が多いようですが、文章を入れるユーザーも います。6キーワードを入れるユーザーも10%いるようです。 LPOは訪問者に合せてページ作りをしていきますので今後の主流になると思っています。作り込みの話ですが、訪問者の悩みや願望を叶えるという角度から考えます。そのサイトをカテゴリに分けて考えます。お客様には価格重視・機能重視など あるのでそのお客様に合せてページ作りをします。 写真を効果的に使い、キャッチコピーで訴求していきます。価格重視なら「格安はんこを札幌で当日発送いたします。送料無料!!」価格重視であれば押したくなると思いませんか? そして、その理由を下記に書いた り、申込ページの上段にするとすぐに申込したくなるはずです。
  10. 10. LPOとは、Landing Page Optimization(ランディングページオプティマイゼーション) 検索エンジンや目的ページへのクリックを率を上げ、成約ページに誘導することが ランディングページ最適化です。 3.LPOの対策方法ホームページはトップページに多くの人が集まってくると思います。このトップページが窓口になっているのでこれを改善することもLPO対策の一つでも あり、多くの入口(ページ・コンテンツ)を作っていくことも対策の一部でもあります。 本当に見て欲しいページに誘導や指示ができるサイトがLPO対策が出来ているとも言えます。文字だけやアンカーテキストだけでは次のページにいく人は少ないでしょう。写真や時には動画を使い、興味を引くことがLPO対策です。そして、最終的 には申込や資料請求まで誘導できることで売上がアップが可能になります。 ホームページを作っただけでは、自己満足で終わってしまう人も多いのが現実です。その前にどうやって訪問者を集めて行かなくてはならないかという点ですね。検索エンジン対策もLPO対策のひとつでもあります。検索エンジン経由の訪 問者はキーワードが適切であれば買う気がある見込客である。しかし、少しでも訪問者が違うと感じるとすぐに違うサイトに行ってしまうのです。 あなたのサイトにはどの位の割合で検索エンジンから訪問されますか?調べたことはありますか? Googleでは無料で使えるアクセス解析があります。 是非、使って下さい。結果が出るには1ヶ月掛かりますので早めの設置を薦めます。 検索エンジンに興味を持って見るようになると今までは見えなかった物が見えてきます。あなたは調べごとを何ページまで見ますか? 大体は1ページ目ですよね。情報がなければ2ページ目ですか?多分違う検索ワード探すといういうのが一般的ではないでしょうか? なので残念ながら2ページ目であればまず見られていないという現実なのです。 そして、1ページ目の3位までが50%という高い確率なのです。どうやって1ページ目に上げていくのかということにもなるでしょう。これには複合キーワードでページを量産していく方法です。キーワードを見つけて それに対して記事やページを増やしていくと地味な作業が始まります。 SEOが先かLPOが先かの話ではなく、両方をクロスさせてサイト作る対策が必要です。
  11. 11. 内容:キーワード選定サービス タイトル・ディスクプリション・キーワードの選定します。 本当に必要なキーワードをどのように配置して、検索エンジンに認知してもらえるか? 多くのウェブサイトは直接的なキーワードを配置しています。あなたの会社名で検索する方はどんな人ですか? 大企業であれば会社名で検索するでしょう。それはその会社が何を売っている会社か知ってるから検索するのです。 ウェブサイトはよく24時間働く、営業マンでもあると言われますが、検索されなければウェブサイトが存在しないと同じです。 SEO相談では売り込むポイントをしっかりとウェブサイトにテキストで表現しなければなりません。 検索する方は困っている方や情報が欲しい方がほとんどです。あなたの会社はどんな商品やサービスを提供していますか?まずはトップページが検索エンジンに評価されなければ上位表示もしません。そして、思わずクリックしたくなるようなキャッチコピーが必要です。 ここがディスクプリションです。内容をしっかり伝える人に読んでもらえ押したくなる文章です。 トップページの見直しと同時に私の方でウェブサイトに合った記事を書きます。 どのような記事タイトルや内容をライティング致しますので今後のご参考にして頂ければと思います。 SEO相談ではどのような事でもお聞き下さい。私の知っていることならどんな事でもお話し致します。
  12. 12. 武藤正隆 全日本 LPO協会 理事  公認コンサルタント 全日本 SEO協会 公認ソーシャルメディアコンサルタント 有限会社 マイインク 代表取締役 はんこ屋さん21を三店舗経営 ホームページのSEO・ホームページ作成

×