Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ヒトと社会を理解するための計算社会科学(社会情報システム学シンポジウム 基調講演資料)

1,101 views

Published on

第23回 社会情報システム学シンポジウム 基調講演資料
http://www.ni.is.uec.ac.jp/ISS/

Published in: Science
  • Hello! Get Your Professional Job-Winning Resume Here - Check our website! https://vk.cc/818RFv
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

ヒトと社会を理解するための計算社会科学(社会情報システム学シンポジウム 基調講演資料)

  1. 1. 1
  2. 2. 2
  3. 3. タイトル TITLE 3
  4. 4. タイトル TITLE 4
  5. 5. タイトル TITLE 5
  6. 6. 6    
  7. 7. 7
  8. 8. 8
  9. 9. 9
  10. 10. 10
  11. 11. 11
  12. 12. 12 •  • 
  13. 13. 13
  14. 14. タイトル TITLE 14
  15. 15. 15
  16. 16. 16 •  •  R. A. Hill, R. I. M. Dunbar, "Social network size in humans", Human Nature, Vol. 14, No. 1, pp. 53-72, 2003. 他にもE-mail, Facebook などで検証。同じ傾向 •  ダンバーのIC2S2の講演動画 https://www.youtube.com/watch?v=pjsYPocCqyQ クリスマスカードのネットワーク (オフラインネットワーク)
  17. 17. 17
  18. 18. 18 •  •  Barabási, Albert-László; Albert, Réka. (1999). "Emergence of scaling in random networks". Science. 286 (5439): 509–512.
  19. 19. 19
  20. 20. 20 •  •  普遍的な現象としての 社会的分断の理解へ
  21. 21. 21 •  •  • 
  22. 22. 22      
  23. 23. 23      
  24. 24. 24 Masanori Takano, Kazuya Wada, and Ichiro Fukuda, "Lightweight Interactions for Reciprocal Cooperation in a Social Network Game", SocInfo, 2016 Masanori Takano, Kazuya Wada, and Ichiro Fukuda, "Environmentally Driven Migration in a Social Network Game", Scientific Reports, 5, 12481; doi: 10.1038/srep12481 (2015). Masanori Takano, Kazuya Wada, and Ichiro Fukuda, "Reciprocal Altruism-based Cooperation in a Social Network Game", New Generation Computing, Vol. 34, No. 3, pp. 257-271, 2016.
  25. 25. 25
  26. 26. 26 お互いに協力 お互いに高い利得
  27. 27. •  •  •  – 
  28. 28. 30 • 血縁選択 (Kin Selec*on) • 直接互恵性 (Direct Reciprocity) • 間接互恵性 (Indirect Reciprocity) • 空間互恵性 (Spa*al Selec*on) • マルチレベル選択 (Mul*level Selec*on) ref: David G Rand and Mar*n A Nowak, “Human coopera*on”, Trends in cogni*ve sciences, Vol. 17, No. 8, pp. 413-25, August 2013.
  29. 29. 31 • 血縁選択 (Kin Selec*on) • 直接互恵性 (Direct Reciprocity) • 間接互恵性 (Indirect Reciprocity) • 空間互恵性 (Spa*al Selec*on) • マルチレベル選択 (Mul*level Selec*on) ref: David G Rand and Mar*n A Nowak, “Human coopera*on”, Trends in cogni*ve sciences, Vol. 17, No. 8, pp. 413-25, August 2013.
  30. 30. 32    
  31. 31. 33 ́ et. al. [2012],   Wang et. al. [2012], Peysakhovich and Rand [2013]
  32. 32. 34
  33. 33. 35
  34. 34. 36 URL: hTp://vcard.ameba.jp 期間: 2013/3/25∼2013/4/8 イベント: たすけて!マイヒーロー – お花見編 – (レイドタイプのイベント) 対象: 期間中、一度でもイベントに参加(攻撃)した & 5人以上のアクティブメンバーが所属するギルドに所属する プレイヤー
  35. 35. 37 •  •  •  •  •  • 
  36. 36. 38 •  Cooperate Defect Cooperate -, - 1, 3 Defect 3, 1 0, 0 Cooperator get 1 point. Defector get 3 point.
  37. 37. 39   • 
  38. 38. 40 攻撃する 攻撃しない 攻撃する - 1, 3 攻撃しない 3, 1 0, 0 2人でボスを倒している場合を考えると… 他の誰かが攻撃してくれることを待つ リーダーゲームに似たジレンマを持つ この状況で攻撃する行動を協調的行動として、プレイヤーの 協調行動 に ついて調査する 利得は有利さ(1円あたりに獲得したイベントポイント)と考える レイドボスのHPが残り少しの場合 攻撃 HP 遭遇したユーザや 救援を依頼された ギルドメンバー 「攻撃力 > 残りHP」なので、 「攻撃力 > ダメージ」。そのため攻撃力より少 ないイベントポイントを獲得。
  39. 39. 41 •  • 
  40. 40. 42 •  目的変数 説明変数 新参者の 既存メンバーの
  41. 41. 43 目的変数 説明変数 新参者の 既存メンバーの •  > 0
  42. 42. 44 目的変数 既存メンバーの •  •  説明変数 新参者の > 0 > 0
  43. 43. 45 目的変数 説明変数 新参者の 既存メンバーの •  •  > 0 > 0
  44. 44. 46 目的変数 説明変数 新参者の 既存メンバーの •  • 
  45. 45. 47 目的変数 説明変数 新参者の 既存メンバーの
  46. 46. 48 •  •  目的変数 説明変数 新参者の 既存メンバーの > 0 > 0
  47. 47. 49 •  •  •  •  •  • 
  48. 48. 50 •  •  •  • 
  49. 49. 51 •  •  •  •  •  • 
  50. 50. 52 Masanori Takano and Ichiro Fukuda, "The critical effect of social grooming costs on structures of social relationships", under review.  arxiv: https://arxiv.org/abs/1605.07305 高野雅典, 一ノ瀬元喜, "社会関係の強さに基づく社会的グルーミング戦略の適応性", 第13回ネットワーク生態学シンポジウム, 3, 2016.
  51. 51. 53
  52. 52. タイトル TITLE•  •  •  54
  53. 53. タイトル TITLE•  •  55
  54. 54. タイトル TITLE•  •  56
  55. 55. •  •  •  •  •  57
  56. 56. 58
  57. 57. 59
  58. 58. •  •  60
  59. 59. 61 •  •  •  Null
  60. 60. 62
  61. 61. 63 ー 75%ile ー 50%ile ー 25%ile
  62. 62. •  •  64Individuals Social Grooming
  63. 63. 65
  64. 64. 66 0 50 100 150 200 0 20 40 60 d v
  65. 65. •  •  •  •  67
  66. 66. •  •  •  •  68 •  • 
  67. 67. 69
  68. 68. 70 •  • 
  69. 69. 71
  70. 70. 72 •  • 
  71. 71. 73        

×