Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

社会関係の強さに基づく社会的グルーミング戦略の適応性

2,369 views

Published on

第13回ネットワーク生態学シンポジウム アピールタイム用スライド

Published in: Science
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

社会関係の強さに基づく社会的グルーミング戦略の適応性

  1. 1. 社会関係の強さに基づく 社会的グルーミング戦略の適応性 2016 August 22 – 第13回ネットワーク⽣態学シンポジウム CyberAgent, Inc. All Rights Reserved ◯⾼野雅典 株式会社サイバーエージェント 技術本部 秋葉原ラボ ⼀ノ瀬元喜 静岡⼤学 学術院⼯学領域 数理システム⼯学系列
  2. 2. 社会ネットワーク 100 10,000 1,000,000 1 10 100 d Frequency 次数だけでなく エッジの太さ(親密さ)はべき則に従う Yule-Simon過程によって⽣成 なぜヒトはこのような偏った社会関係を構築するのか? この社会関係を築く戦略に進化的適応性はあるのか? 0.00 0.25 0.50 0.75 1.00 0 10 20 30 d p ref, M. Takano and I. Fukuda, "The Critical Effect of Social Grooming Costs on Structures of Social Relationships", under review (arXiv: 1605.07305).
  3. 3. 仮説とモデル: 協⼒してもらうための親密さ競争 協調者 協⼒を得るための 親密さランキング 上位2個体 資源に限りがあるので 2個体にしか協⼒できない 親密な相⼿を優先 協⼒してもらうためには 親密さで他個体との競争に 勝たなければならない モデル: 社会関係に基づく協調と     社会関係構築の戦略の進化
  4. 4. 進化シミュレーション結果: 環境による戦略の分岐 総資源量(Rc×M) 協調者の 所持資源(Rc) ① ④ ② ③ ラ ン ダ ム 進化の分岐概念図 社会環境(総資源と協調者の所持資源)が 戦略と社会構造の進化を分岐 •  社会関係の強さに⽐例して投資する 戦略に進化 ≒ Yule-Simon過程 •  ベキ則に従う社会関係が発⽣ このクラス②は社会関係の構造が ベキ則・Yule-Simon過程の観点から 実際のデータに近い。
  5. 5. ⾼野 雅典 5 ●Amebaのデータ分析関連もろもろ その前はシステムエンジニア(前職SIer)、フロントエンドエンジニア(CA) 学⽣時代の専⾨は 複雑系・⼈⼯⽣命。博⼠(情報科学) ●Twitter: @mtknnktm ●秋葉原ラボ: https://www.cyberagent.co.jp/techinfo/labo/research_list/ ●著書/活動 論⽂: M. Takano, K. Wada, and I. Fukuda,    "Lightweight Interactions for Reciprocal Cooperation in a Social Network Game",    The 8th International Conference on Social Informatics (SocInfo), 2016 (Accepted!). 論⽂: M. Takano, K. Wada, and I. Fukuda,    "Reciprocal Altruism-based Cooperation in a Social Network Game",    New Generation Computing, 3, 2016. 論⽂: M. Takano, K. Wada, and I. Fukuda,    "Environmentally Driven Migration in a Social Network Game",    Scientific Reports, 5, 12481; doi: 10.1038/srep12481 (2015). 翻訳: "RとRubyによるデータ解析⼊⾨", オライリー・ジャパン

×