Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
初backlogで、試行錯誤。最終的にこうなった!
イジゲン株式会社
家長真大
自己紹介
家長 真大
インフラエンジニア
略歴
H28年4月:イジゲン株式会社に入社(大分)
H28年7月:東京事業所転勤(渋谷)
今に至る
Backlog歴:半年
Backlog歴:半年
そんな僕が、初プロジェクト
でbacklogを使い、得た経験を
発表します。
1 課題の作り方
2 課題管理 バグ対応
3 wiki
4 保守
5 特定のチケットを検知したい場合の対処法
目次
プロジェクト概要
内容:サーバ移行(クラウド対応)
弊社:インフラ担当
A社:クライアント
B社:制作会社 アプリケーション担当
3社間のコミュニケーションツールにBacklogを使用
課題の作り方
プロジェクトスタート時
僕「とりあえず課題(チケット)めちゃくちゃあるし、作る
か。。。」
100個近い課題を大量発行www
結果。。。。
課題の作り方
チケットが、ごちゃごちゃにw
課題の作り方
https://www.backlog.jp/help/usersguide/gantt-chart/userguide274/
親子でチケットを作成しない
とチケットが見づらいw
課題の作り方
1.まず、想定される課題をたくさん発行する
2.カテゴリーを考える
3.カテゴリーを親課題にして、作成した子課題を分配
子課題作成=>親課題を作成(ジャンル分け)
課題管理 バグ対応
大量のバグ対応
バグごとに子課題を立てると子課題があ
ふれてしまう問題。。。
1チケット内にチェックボックスで複数
のバグを記入
対応終了後にチェックつけてもらう。
課題管理 バグ対応
プロジェクト中に困ったこと その1
A社、B社に報告チケット
返事がない。。。。なさすぎる。。
何が問題なのかって??
プロジェクト中に困ったこと その1
僕のモチベーションの低下!
地味に嬉しいスター機能!!
もらえると、テンション上が
ります!
解決策
プロジェクト中に困ったこと その2
チケット作成・報告
誰に送ればいいの??
これ結構重要でした。。
当時の僕は気づいていなかった。。。。
起きた問題
メンションの付け方
「この人に読んでもらえばいいのかなぁ。。」
結果
伝えなければ行けない人に対して、期限の報告
ができておらず、大変な目に。。。。
解決策
面倒な通知選択がとっても楽になります
※管理者しかグループが作成できません
保守の時のBacklog
プロジェクト終了後も、サーバ保守も担当
サーバ保守の課題
・コミュニケーションコストが割り込みで入る可能性??
・お金払っているけど何やってくれてますか?問題
実は色々作業を行っているんだけど、伝わっていない。。
こういうときこそBacklogが便利!
・月初めに保守として行う内容を、チケット管理
・マイルストーンで保守分として対応する箇所を分別
・予想工数を見積り+工数管理
保守の時のBacklog
wikiの使いかた1
サーバ保守のプロジェクトの納品物
・サーバ (サイトが公開できている状態を前提とする)
・サーバ・インフラ設計書
・DB設計書
・デプロイ手順書
・議事録
全てのドキュメントは
wikiにて管理するべき!
例)
A社:「この情報どこにある??」
僕:「wikiをご確認ください。」
一言で完結できる。
wikiの使いかた1
wikiの使いかた2
テンプレートを事前に作成して
おいて、貼り付けるだけ
Backlogのメール通知のカテゴライズ
ある程度自分でフィルターかけたいけど、、、
=>結局メールの通知は全部来るように設定
特定の課題を検知したい場合の対処法
Backlogの課題通知どうしよう問題
gmail, zapier, を用いてslack通知
特定の課題を検知したい場合の対処法
Gmail ラベル作成
Zapier トリガーの選択
Zapier トリガーの選択
Zapier トリガーの選択
Zapier Action側の通知設定
Zapier Action側の通知設定
Zapier Action側の通知設定
まとめ
1. スター機能でモチベーションUP!
2. プロジェクトで必要になるドキュメントは wikiにすべて
まとめるべき!
3. Gmail~zapier~slack通知やってみてください!
ご清聴ありがとうございました。
初backlogで、試行錯誤。最終的にこうなった!
初backlogで、試行錯誤。最終的にこうなった!
You’ve finished this document.
Download and read it offline.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

Share

初backlogで、試行錯誤。最終的にこうなった!

Download to read offline

今年の4月に新卒として入社。3ヶ月後に案件を任され、あたふたしていた僕を支えてくれたBacklog。初めてのプロジェクト管理で、どのようにBacklogを使ったのか。使っていく中で、どういう風に改善していったのかを話せたらと思います。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

初backlogで、試行錯誤。最終的にこうなった!

  1. 1. 初backlogで、試行錯誤。最終的にこうなった! イジゲン株式会社 家長真大
  2. 2. 自己紹介 家長 真大 インフラエンジニア 略歴 H28年4月:イジゲン株式会社に入社(大分) H28年7月:東京事業所転勤(渋谷) 今に至る Backlog歴:半年
  3. 3. Backlog歴:半年 そんな僕が、初プロジェクト でbacklogを使い、得た経験を 発表します。
  4. 4. 1 課題の作り方 2 課題管理 バグ対応 3 wiki 4 保守 5 特定のチケットを検知したい場合の対処法 目次
  5. 5. プロジェクト概要 内容:サーバ移行(クラウド対応) 弊社:インフラ担当 A社:クライアント B社:制作会社 アプリケーション担当 3社間のコミュニケーションツールにBacklogを使用
  6. 6. 課題の作り方 プロジェクトスタート時 僕「とりあえず課題(チケット)めちゃくちゃあるし、作る か。。。」 100個近い課題を大量発行www 結果。。。。
  7. 7. 課題の作り方 チケットが、ごちゃごちゃにw
  8. 8. 課題の作り方 https://www.backlog.jp/help/usersguide/gantt-chart/userguide274/ 親子でチケットを作成しない とチケットが見づらいw
  9. 9. 課題の作り方 1.まず、想定される課題をたくさん発行する 2.カテゴリーを考える 3.カテゴリーを親課題にして、作成した子課題を分配 子課題作成=>親課題を作成(ジャンル分け)
  10. 10. 課題管理 バグ対応 大量のバグ対応 バグごとに子課題を立てると子課題があ ふれてしまう問題。。。
  11. 11. 1チケット内にチェックボックスで複数 のバグを記入 対応終了後にチェックつけてもらう。 課題管理 バグ対応
  12. 12. プロジェクト中に困ったこと その1 A社、B社に報告チケット 返事がない。。。。なさすぎる。。 何が問題なのかって??
  13. 13. プロジェクト中に困ったこと その1 僕のモチベーションの低下!
  14. 14. 地味に嬉しいスター機能!! もらえると、テンション上が ります! 解決策
  15. 15. プロジェクト中に困ったこと その2 チケット作成・報告 誰に送ればいいの?? これ結構重要でした。。 当時の僕は気づいていなかった。。。。
  16. 16. 起きた問題 メンションの付け方 「この人に読んでもらえばいいのかなぁ。。」 結果 伝えなければ行けない人に対して、期限の報告 ができておらず、大変な目に。。。。
  17. 17. 解決策 面倒な通知選択がとっても楽になります ※管理者しかグループが作成できません
  18. 18. 保守の時のBacklog プロジェクト終了後も、サーバ保守も担当 サーバ保守の課題 ・コミュニケーションコストが割り込みで入る可能性?? ・お金払っているけど何やってくれてますか?問題 実は色々作業を行っているんだけど、伝わっていない。。
  19. 19. こういうときこそBacklogが便利! ・月初めに保守として行う内容を、チケット管理 ・マイルストーンで保守分として対応する箇所を分別 ・予想工数を見積り+工数管理 保守の時のBacklog
  20. 20. wikiの使いかた1 サーバ保守のプロジェクトの納品物 ・サーバ (サイトが公開できている状態を前提とする) ・サーバ・インフラ設計書 ・DB設計書 ・デプロイ手順書 ・議事録
  21. 21. 全てのドキュメントは wikiにて管理するべき! 例) A社:「この情報どこにある??」 僕:「wikiをご確認ください。」 一言で完結できる。 wikiの使いかた1
  22. 22. wikiの使いかた2 テンプレートを事前に作成して おいて、貼り付けるだけ
  23. 23. Backlogのメール通知のカテゴライズ ある程度自分でフィルターかけたいけど、、、 =>結局メールの通知は全部来るように設定 特定の課題を検知したい場合の対処法 Backlogの課題通知どうしよう問題
  24. 24. gmail, zapier, を用いてslack通知 特定の課題を検知したい場合の対処法
  25. 25. Gmail ラベル作成
  26. 26. Zapier トリガーの選択
  27. 27. Zapier トリガーの選択
  28. 28. Zapier トリガーの選択
  29. 29. Zapier Action側の通知設定
  30. 30. Zapier Action側の通知設定
  31. 31. Zapier Action側の通知設定
  32. 32. まとめ 1. スター機能でモチベーションUP! 2. プロジェクトで必要になるドキュメントは wikiにすべて まとめるべき! 3. Gmail~zapier~slack通知やってみてください!
  33. 33. ご清聴ありがとうございました。
  • pedraponte

    May. 21, 2018

今年の4月に新卒として入社。3ヶ月後に案件を任され、あたふたしていた僕を支えてくれたBacklog。初めてのプロジェクト管理で、どのようにBacklogを使ったのか。使っていく中で、どういう風に改善していったのかを話せたらと思います。

Views

Total views

4,733

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

1,600

Actions

Downloads

5

Shares

0

Comments

0

Likes

1

×