Successfully reported this slideshow.

知識が生まれる場の作り方

13

Share

1 of 44
1 of 44

More Related Content

More from Masahiko Shoji

Related Audiobooks

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

知識が生まれる場の作り方

  1. 1. 知識が生まれる場の作り方 庄司 昌彦 Masahiko Shoji 国際大学GLOCOM 主任研究員 Open Knowledge Foundation Japan 代表 shoji@glocom.ac.jp TW:@mshouji 2013/05/26 eventfes
  2. 2. 趣旨 • 大小さまざまなイベントがたくさん起こ る社会は良い社会 • イベントを起こしやすくする技術やサー ビスも素晴らしい • イベント・フェスティバルは素晴らしい 2013/05/26 eventfes
  3. 3. 庄司昌彦: – 国際大学GLOCOM 講師/主任研究員 (02-) – Open Knowledge Foundation Japan 代表(12-) – インターネットユーザー協会(MIAU) 理事(09-) – その他、内閣官房IT戦略本部電子行政TF 構成員(10-12)など 情報社会学電子行政 オープンガバメント 地域情報化 ソーシャルメディア社会イノベーション 地域の資源を総動員し、 地域で起こる課題を 自分たちで 解決していける社会 2013/05/26 eventfes
  4. 4. Open Knowledge Foundation Japan 政府保有データをはじめとする多様なデータの生成・公開・利用を支援。データの活用 を通じて人の行動やシステムの挙動が、より洗練され事実に基づいたものとなり、経 済、人々の生活、民主主義、学術研究などの質が向上した社会を実現する。 2013/05/26 eventfes
  5. 5. 知識が生まれる場の作り方 知識社会 の生態系 情報化 オープン 化 低価格化社会資本 と 小さな集 団 小集団活 動をどう 活性化さ せるか? 社会の 「発展」 イベント と場の作 り方 小集団 活動の デザイン 2013/05/26 eventfes
  6. 6. 社会の「発展」 • Grow – 植物が成長する(grass green)、増加、大きくなること • Envelope とDevelop – En(=中に) + veloper (=wrap up 包み込む) – De(=離れる) + veloper (=wrap up 包み込む) → 包み込まれていたものが引き出される、染み出すこと • 社会の能力(=可能性)を充分に引き出し、 環境の変化に適応していくような社会の「発展」を考 えたい – 「成長(=物量の増加)」はそのための手段 2013/05/26 eventfes
  7. 7. 知識社会の生態系 • どうすればより良く 人々の知識が生み出され、 必要に応じて引き出され、相互作用し、 活用され、発展していくのか? – 知識経済、知識社会、社会的知識生産、生涯 学習、社会教育… – 「鉄の三角形」からオープンな知識の生態系 へ 2013/05/26 eventfes
  8. 8. 社会資本 Social Capital • 社会資本(Social Capital) R.パットナ ム – 協調行動(=小集団活動)が次々と生まれて くることが地域社会がうまく回るためのカギ – 協調行動を活発にする社会的特徴 • 信頼、互酬性、市民参加のネットワーク 2013/05/26 eventfes
  9. 9. 小集団の増加、活性化、影響力増大 • 事例 – アラブの春、オキュパイ運動、東日本大震災 後の復旧活動・復興プロジェクト、社会的企 業、クラウドファンディング • 「持たない」企業 • Group Forming NetworkとしてのSNS • 複属・分人化する個人 2013/05/26 eventfes
  10. 10. 小集団活動の 増加、活性化、影響力増大 ビジネス可能性 オープン化 低価格化 情報社会と小集団の活動 2013/05/26 eventfes コンテンツ サービス プラットフォー ム インフラ ソーシャルメディア
  11. 11. 2013/05/26 eventfes
  12. 12. 2013/05/26 eventfes
  13. 13. 2013/05/26 eventfes
  14. 14. 2013/05/26 eventfes
  15. 15. By Peter TrimmingBy Beacon Radio By YourBDnews 2013/05/26 eventfes
  16. 16. 歴史の中の小集団 • 鎌倉~室町以降の(惣)村と都市 – 寄合から惣掟(インフラ管理等)、農業生産性向上、年中 行事、芸能(田楽、茶の湯、連歌等)が発達 – 18世紀後半には、1500の村で常設舞台による歌舞伎 – 19世紀半ば、村は全国に64,000ヶ所存在 • 寺子屋・私塾から郷学(17c~19c) – 教育、娯楽、生活と社会運営に必要な知識インフラ – 地域の豪農を中心に、村の文明開化を目指して教師を招聘 – 民権への芽生え→地域で集団討議や共同学習を重ねる – 1880年代、十‐数百人の結社・学習集団は全国に2000以上 2013/05/26 eventfes
  17. 17. 現代の場はどう作るのか? 2013/05/26 eventfes
  18. 18. 地域ソーシャルメディア 2013/05/26 eventfes
  19. 19. ハマっち!SNS(横浜市) 「人々が主体的に地域で起こすさまざまなアクション」 のことを「イベント」と呼び、イベントを生み出し支援 するための基盤を「イベント創造プラットホーム」と呼 んで、その機能や活用方法などを検討してきた。 ハマッち!は「横浜のイベントをエコにする」「ハマっ 子イベント大賞」などとともに「イベント創造プラット ホーム」の取り組みのひとつとして2007年10月にスター ト(一般公開)したものだ。そのためハマッち!では、 地域で自発的に活動する市民活動団体やサークルなどに 使ってもらうことに力を入れており、他の地域SNSより もコミュニティ機能の利用が活発である。 2013/05/26 eventfes
  20. 20. 先進事例の傾向 1. オフライン活動の活性化 7割以上の地域SNSでは、ユーザーが自発的にオフ会を開催。 回数が「数え切れない」「10回以上」「多数」という地域SNSも3割以上存 在 スポーツサークル活動、清掃ボランティア、音楽イベント、食べ歩き、 アート作品展示、トークイベント、演劇、ナポリタン対決、花見、忘年 会 大声コンテスト、文化祭 2013/05/26 eventfes
  21. 21. リアルな拠点 SNSカフェ「めいさん」 (鹿児島) 居酒屋 会津しこん(会津若 松) 2013/05/26 eventfes
  22. 22. 提供:「お茶っ人」(宇治市) 2013/05/26 eventfes
  23. 23. 2013/05/26 eventfes 提供:「SICON」(会津地域)
  24. 24. 地域での「行動」を促すパリ・ Peuplade 1. ランデブーの約束機能 – バーチャルからリアルへの入 口としてユーザーを後押し 2. ユーザ間の距離表示機 能 – 距離を見て、会おうと思う ようになる – GoogleMapsで位置を登録 3. 「隣人祭り」との連携 http://www.peuplade.fr2013/05/26 eventfes
  25. 25. 2013/05/26 eventfes
  26. 26. フューチャーセンター/ フューチャーセッション 2013/05/26 eventfes
  27. 27. 背景と概要 • 北欧で誕生。「未来の価値を生み出す場」。 • 「複雑な問題」の解決に取り組む場として、欧州で広が る • 多様な専門家が集まり、しがらみを超えて対話と協業を 行い、創造的に問題を解決する • 日本では、社会的課題を乗り越え新たな価値を生み出す 場、未来に向けた市民参加のまちづくりの場として広 がっている 参考:野村恭彦「フューチャーセンターとは」、野村恭彦『フューチャーセンターをつくろう』(プレジ デント社 2012) 2013/05/26 eventfes
  28. 28. フューチャーセンターを構成する要素 空間 立場の違う、多様な人たちがいつでも課題を持ち込み オープンに対話できる創造的な空間 (固定的な空間を保有しなくても構わない) ファシリテー ター (創造を促す 人) フューチャーセンターでのセッション(対話の場)に は、必ずファシリテーターが入り、対話を促進する 方法論 様々な対話の手法や問題解決の方法論を、目的に応じ て活用する おもてなし 通常の会合とは異なり、おもてなしの心で、人として の関係づくりを促す 参考:野村恭彦「フューチャーセンターとは」、野村恭彦『フューチャーセンターをつくろう』(プレジ デント社 2012) 2013/05/26 eventfes
  29. 29. フューチャーセンター活動の原則 • フューチャーセンターは「思い」を持った問い で始まり、集まった多様な参加者に対して、良 質な対話により、相互理解をもたらす。そして 皆で行動していく 1. 思いを持った人の大切な問いからすべてが始まる。 2. 多様な人たちの知恵が一つの場に集まる 3. 集まった人たちの関係を大切にする 4. 身体で学び、実践し、試作する 5. あらゆる情報やアイディアを空間内に可視化する 6. 良い場が行動を促す。それを信じる。 参考:野村恭彦「フューチャーセンターとは」、野村恭彦『フューチャーセンターをつくろう』(プレジ デント社 2012) 2013/05/26 eventfes
  30. 30. フューチャーセッション • フューチャーセンターで行われるセッション(対話の 場) – 1回のセッションは3時間から1日かけて行われる – ファシリテーターは(1)外部のゲストを含め多様な参加 者を集める、(2)対話によって参加者同士の深い関係を 築く、 (3)参加者の主体的な行動を引き出すこと、の三点を意 識 • 有識者会議とことなり、一部の専門家ではなく、広範な関係者 が参加 • タウンミーティングと異なり、参加者同士が対話し関係を構築 することで協力と行動を引き出す。その結果、一見対立する意 見を持った人同士が協力し合う事ができる参考:野村恭彦「フューチャーセンターとは」、野村恭彦『フューチャーセンターをつくろう』(プレジ デント社 2012) 2013/05/26 eventfes
  31. 31. フューチャーセッションが起こす変化 • 組織や地域に「継続的に変化を起こす力」を与える • 地域に関わる様々な人が、業種や世代の壁を超えて集まり、相互理 解し、特定のテーマについて深く対話することで、自発的協業を生 み出す • お客様、地域住民、社会企業家などを外部から招くことで、既存の 考え方の枠組みとは異なる新たな視点を得る • 外部ゲストに企業変革をしたいと考えている人を招けば、地域外の 企業とも、一緒に問題解決ができるようになる • 企業、行政、NPOの壁を越えて皆が一緒に動けば、地域に大きな変 化をもたらすことができる 参考:野村恭彦「フューチャーセンターとは」、野村恭彦『フューチャーセンターをつくろう』(プレジ デント社 2012) 2013/05/26 eventfes
  32. 32. マインド・ラボ(デンマーク政府) 2013/05/26 eventfes
  33. 33. ダイアログハウス (オランダ ABNアムロ銀行) 2013/05/26 eventfes
  34. 34. アイディアソン・ハッカソン 2013/05/26 eventfes
  35. 35. ハッカソン(Hackathon) ハッカソンとは • アプリケーション/サービ ス開発のアイディアを出し 合いながら短期間でサービ スを実際に開発し発表しあ うイベント • HackをMarathonのようにや り切ることから2つの語を合 成 • アイデアソン(Ideathon) – チームを作りアプリケー ション/サービスのアイデ アを出し合いハッカソンの 準備をするミーティング Hack For Japan • 東日本大震災後に救援活 動や復興に役立つアプリ やサービスを開発するイ ベントを各地で実施 2013/05/26 eventfes
  36. 36. 税金はどこで誰にいくら使われたか? 2013/05/26 eventfes
  37. 37. Berlin London Amsterdam Vienna Paris Washington D.C. (World Bank) Kathmandu Quezon Internationa l Open Data Day 2013 • カナダの有志が提 唱 • 世界102都市が参加 • 米 19都市 • 含:White House, World Bank • 伊 13都市 • 日、加、独 8都市 2013/05/26 eventfes
  38. 38. • 概要 – 各地で市民が集まり、オープンデータを活用してアプリケーションを開発したり、 データを発掘して公開したり、データをわかりやすく可視化したり、分析してその結 果を公表したりするイベントを開催 • 日本における意義 – 地域におけるオープンデータ活用機運の醸成 – 各地の開発者コミュニティ形成と地域に密着したニーズの発掘 – サービス基盤整備の加速 – 世界への情報発信 Fukuoka 8都市、約400人が 参加 • 主催(国内取りまとめ・開催支 援): – Open Knowledge Foundation Japan • 後援: – 日本経済団体連合会 – オープンデータ流通推進コンソーシアム – 独立行政法人情報処理推進機構 • 協賛: – 株式会社国際社会経済研究所 – 日本電気株式会社 – 特定非営利活動法人ASP・SaaS・ク ラウド コンソーシアム(ASPIC) – クラウド・ジャパン・イニシアティ ブ(CJI) – 株式会社IDCフロンティア • 協力: 2013/05/26 eventfes
  39. 39. 青森 会津若松 2013/05/26 eventfes
  40. 40. 東京千葉 2013/05/26 eventfes
  41. 41. 横浜 名古屋/東海 2013/05/26 eventfes
  42. 42. 鯖江 福岡 2013/05/26 eventfes
  43. 43. 知識が生み出され、引き出され、相互作用し、 活用され、発展していくサイクル 提供 • 伝播・拡散 課題発見分析 • 対話と協働 • リテラシー向上 開発 • 解決策・新価値創 出 育成 • 企業、市民活動 生成 オープンな 知識の循環 2013/05/26 eventfes
  44. 44. 趣旨 • 大小さまざまなイベントがたくさん起こ る社会は良い社会 • イベントを起こしやすくする技術やサー ビスも素晴らしい • イベント・フェスティバルは素晴らしい 2013/05/26 eventfes

×