Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

信用スコアとは 概要、問題点、情報社会学的観点

2,777 views

Published on

2019年6月15日開催、第3回情報法制シンポジウムでの発表資料です。後半は投影しませんでしたがパネルの中で発言した内容です。

Published in: Business

信用スコアとは 概要、問題点、情報社会学的観点

  1. 1. 信用スコアとは 概要、問題点、情報社会学的観点 庄司 昌彦 masahiko.shoji@cc.musashi.ac.jp 武蔵大学社会学部教授 / 国際大学GLOCOM主幹研究員 Open Knowledge Japan代表理事 / MyData Japan理事 / MIAU理事 1 シラキジくん©武蔵大学
  2. 2. 概要:背景、仕組み、事例 2
  3. 3. (背景・仕組み)芝麻信用について • 提供企業 – アリババグループのアントフィナン シャル社(杭州市) – 主要事業 1)支付宝(アリペイ) 2)余額宝:資金運用 3)浙江網商銀行(ネット銀行) :小企業向けローン 4)芝麻信用 5)保険 6)金融クラウド:他社に提供 • 参考:網商銀行「301モード」融資 – 3分で申請資料が完成し、人の関与が 0で、1秒で結果が出る – 取引記録、経営状況、申請理由の3 点をAIが分析し審査 – 主に短期貸付。農民が農機や種を買 うために借りるのが典型 3
  4. 4. (背景・仕組み)芝麻信用 • 芝麻信用 – アリペイ付帯機能として2015年開始 – スコアで個人の信用力を企業等に示せる – これまで信用力を示せなかった個人のためにある • スコア – 350~950点の範囲で算出(550~699点が多い) – スコアを信用するかは利用者に委ね責任を負わない • 5つの要素(右図) – 1)身元情報(学歴、職業等) 2)支払能力(金融資産、不動産等) 3)クレジット履歴(料金支払履歴等) 4)人間関係(友人の数や質等) 5)消費行為の傾向(購買履歴等) – 例:安定的に家賃を払っていることは重要だが、 アリペイで多額の利用をしているかは関係ない 4 ※罰金の滞納や裁判の履歴情報等の政府データを利用している という日本語文献の情報はあるが、現地インタビューでは政府 との関係は強く否定された
  5. 5. (背景・仕組み)芝麻信用 消費者のメリット • デポジット不要化 – 高スコアでデポジットが不要に – シェアリングエコノミー • 自転車、車、雨傘、本の貸出 – ホテル、病院、賃貸物件 • その他メリット(例) – 金利優遇 • アント社の金融商品 – ビザ取得 • シンガポールやルクセンブルク のビザが取得しやすくなる 5 • AirBnBはAPIで芝麻信用とシステム連携 • アカウントの信頼性向上が目的 • スコアをホスト/ゲストに示せる https://www.airbnb.jp/help/article/1222/what-is-zhima-verified- and-how-does-it-work
  6. 6. (事例)他の信用スコアサービス • 騰訊信用(Tencent Credit) • 騰訊遊戯信用 – テンセントのゲーム版信用スコア – アカウント情報、ログイン状況、 ゲーム上の資産、安全への貢献、ペ ナルティの状況から算出 • 小白信用 – 中国ECサイト2番手の京東が提供 – モールでのブラウジング、商品購入、 支払い、情報登録等に基づき算出 • J-Score – みずほ銀行+ソフトバンク – AIスコア・レンディング – AIスコア・リワード • Yahoo!スコア – 4分野のスコアと総合スコア – Yahoo! JAPAN IDを作成すると生成 (オプトアウト) – パートナー企業へ提供 (オプトイン) • ランサーズ、HELLO CYCLING TableCheck、クラウドワークス 6 https://www.yahoo- help.jp/app/answers/detail/p/533/a_id/155977/~/yahoo%21%E3%82%B9%E3%82%B3%E3 %82%A2%E3%81%A8%E3%81%AF https://www.jscore.co.jp/lending/about/
  7. 7. 問題点・情報社会学的観点 7
  8. 8. 問題点・情報社会学的観点 • 個人の利点 – 信用力の弱い個人(若者、外国人、 低所得者、フリーランス等)を多 角的に評価しエンパワーできる – 高スコアの人ほどメリットを享受 – 詳細データを提供しないで済む (一時的で抽象的な指標) • 企業の利点 – シェアリングなど人が介在する新 興サービスの社会基盤に – 優良顧客の選別・優遇に使える (航空会社の「ステータス」に応 じた優遇に類似) – 企業は総合点と5つの観点で判断。 必要以上の情報を入手が不要 8 • 社会への効果 ̶ 信用の社会基盤 ̶ マナー向上など社会を方向付ける可能性(社会統制の可能性も) ̶ 多様な情報源や評価軸で算出するスコアが並立すれば、多様な人材の活躍 機会を作るかもしれない
  9. 9. 問題点・情報社会学的観点 • 信用スコアを信用できるか – 算出基準はブラックボックス – 社会基盤になれば、SEO的最適化 とのいたちごっこは不可避か – 高スコア化を目指しアリババグ ループ依存度を高める可能性 – 情報源や連携サービスなど可能 な限り最大限の透明性や説明責 任が求められるのではないか – そもそもユーザーの方を向いて いるのか。法人を評価すべきで はないか • 政府との関係 – 政府の「社会信用システム」と は(現在は)別物。将来は不明 – 混同した(意図的に混同させ た)議論が少なくない点に注意 – ただし監視の官民統合に要注意 (例:香港で交通カード使用を 避けるデモ参加者) (例:操作関係事項照会) – 完全匿名でも生きていける余地 を残しておく必要があるのでは 9

×