個人のタスク管理からチケット駆動開発の特徴を考える

3,493 views

Published on

第4回RxTstusy発表資料「個人のタスク管理からチケット駆動開発の特徴を考える」

Published in: Technology
0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,493
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
971
Actions
Shares
0
Downloads
16
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

個人のタスク管理からチケット駆動開発の特徴を考える

  1. 1. さ 個人のタスク管理からチケット駆動開発の特徴を考える 株式会社SRA 阪井誠(@sakaba37)
  2. 2. さ 自己紹介• あきぴーさんとチケット駆動開発 (TiDD)の本などを書いてます 阪井 誠 (さかば)
  3. 3. さ タスクマネジメント(1/2)• チケット駆動開発を表す言葉 – タイトルにチケット駆動開発と書けなかった • XX駆動開発が多すぎる – プロジェクトのタスクを管理・自動化 • BTSのチケットはタスクカード:タスクを管理する • チケットと構成管理ツールなどの連携 • ワークフローによる管理 – 自律的組織やコミュニケーションを重視 • 「管理」はトップダウンをイメージする
  4. 4. さ タスクマネジメント(2/2)• ソフトウェア工学ではあまり使ない言葉• 関連用語には以下のようなものがある – WBSにタスク分割する – 工数見積もり – 予実管理(個々のタスク) – 進捗管理(プロジェクト全体) Þこれ以外にもチームの視点でどのように 能力を最大限に発揮させるかが重要 Þそれがチケット駆動開発
  5. 5. さ 発表内容 アナログ デジタル ① ② 松下幸之助氏の 個人 メール 仕事術 ③ チケット駆動開発チーム アジャイル開発 (TiDD)
  6. 6. さ 個人タスクの管理• まずは、基本的なタスク管理である個人のタ スク管理を著書の内容から説明します。 – 松下幸之助氏の話 – メールによるタスク管理
  7. 7. さ 発表内容 アナログ デジタル ① ② 松下幸之助氏の 個人 メール 仕事術 ③ チケット駆動開発チーム アジャイル開発 (TiDD)
  8. 8. さ個人タスクの管理方法(アナログ)• 松下幸之助氏の仕事術(伝聞) Q:多忙な松下幸之助氏はどうやって仕事をこなし ているのですか? A:1日の仕事を書きだしてから仕事を始めることで、 収まりそうにない仕事(タスク)を実践 – 可視化によって全貌と進捗を把握できる – ゴールを明示することで、計画的に達成できる – チケット駆動開発と共通する特長 • 「Redmineよるタスクマネジメント実践技法」の方法その1
  9. 9. さ個人のタスク管理モデル(アナログ)• 1日分の作業を抜き出して管理する
  10. 10. さ 発表内容 アナログ デジタル ① ② 松下幸之助氏の 個人 メール 仕事術 ③ チケット駆動開発チーム アジャイル開発 (TiDD)
  11. 11. さ 個人タスクの管理方法(デジタル)• 個人のタスク管理はメールを使え! – Redmineを個人のタスク管理に使ったが、楽しくなくて すぐにやめた話 – メールに作業を書くことで、作業の漏れを防止できる (未来の自分への作業指示) – 未読、優先順位、フォルダ分けなどの属性を管理に 用いることができる – 日常的に確認している(過去も確認できる) – チケット駆動開発と共通する特長。 • 「Redmineよるタスクマネジメント実践技法」の方法その2
  12. 12. さ個人のタスク管理モデル(デジタル)• タスクの分類、状態管理、常時確認、履歴
  13. 13. さ 発表内容 アナログ デジタル ① ② 松下幸之助氏の 個人 メール 仕事術 ③ チケット駆動開発チーム アジャイル開発 (TiDD)
  14. 14. さ チームのタスク管理チームを動かす仕組みが必要• ゴールの共有 – 同じ方向に向かう、やる気を出す• 作業の明確化 – やらないといけないことがレビューされる• 状況の共有 – 残作業がわかり、助け合える• ルール – 進め方の明確化・作業の効率化
  15. 15. さアジャイル開発とチケット駆動開発• どちらもチームのタスク管理がある – 計画ゲーム・マイルストーンの設定 • 見積もりと計画・・・・ゴールの共有 – タスクカード・チケット • タスクごとの管理・・・作業の明確化 – タスクボード・レポートとステータス管理 • タスク全体の管理・・・状況の共有 • Doneの定義、ワークフロー・・・ルール
  16. 16. さアジャイル開発とチケット駆動開発• どちらもチームのタスク管理がある – 計画ゲーム・マイルストーンの設定 • 見積もりと計画・・・・ゴールの共有 – タスクカード・チケット • タスクごとの管理・・・作業の明確化 – タスクボード・レポートとステータス管理 • タスク全体の管理・・・状況の共有 • Doneの定義、ワークフロー・・・ルール
  17. 17. さアジャイル開発でのゴールの共有 イテレーション• 計画ゲーム のタスク 自然と目に入る バックログ
  18. 18. さ TiDDでのゴールの共有 複数マイルストーン のタスクを日々確認• マイルストーン (履歴が残る) の設定 ロードマップ レポート (担当チケット等) マイルストーン (バージョン)未設定のタスク
  19. 19. さアジャイル開発とチケット駆動開発• どちらもチームのタスク管理がある – 計画ゲーム・マイルストーンの設定 • 見積もりと計画・・・・ゴールの共有 – タスクカード・チケット • タスクごとの管理・・・作業の明確化 – タスクボード・レポートとステータス管理 • タスク全体の管理・・・状況の共有 • Doneの定義、ワークフロー・・・ルール
  20. 20. さ 作業の明確化(タスクカード) シンプルな情報を共有 ステータスは位置で管理 ストーリーの番号 タスクの概要 見積もり時間 (完了日、実績時間)*懸田 剛,連載 作業の終了条件を意識してタスクを切り出す,Itpro,日経BP, http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060502/236855/?ST=selfup.
  21. 21. さ 作業の明確化(チケット) 多様な情報を共有 様々な視点で確認 トレーサビリティ 作業内容 優先順位 担当者 開始・終了 コメント 構成管理との関連付け :
  22. 22. さアジャイル開発とチケット駆動開発• どちらもチームのタスク管理がある – 計画ゲーム・マイルストーンの設定 • 見積もりと計画・・・・ゴールの共有 – タスクカード・チケット • タスクごとの管理・・・作業の明確化 – タスクボード・レポートとステータス管理 • タスク全体の管理・・・状況の共有 • Doneの定義、ワークフロー・・・ルール
  23. 23. さ 状況の共有・Doneの定義• タスク全体の管理 – タスクボード・バーンダウンチャート タスクボード タ バーンダウンチャート ス ToDo     Doing     Done ク タスクカード タスクカード タスクカード 数 タスクカード タスクカード タスクカード タスクボードルール:Doneの定義
  24. 24. レポート(例:Redmineのチケット一覧) さ タスクボードの代わりのほか  担当者毎の進捗を確認できる SQiP2009発表資料より ©小川明彦, 阪井誠
  25. 25. さ ルール(ワークフロー) ユーザ権限と チケット種類の単位で ステータスの現在・移行先を 指定する現 ステータスの移行先在のステータス SQiP2009発表資料より ©小川明彦, 阪井誠
  26. 26. アジャイル開発と比べたさ   チケット駆動開発の特徴• 電子化による処理能力の向上 – 属性値を用いた抽出により、情報量の多いチケットをあ る程度の数量までは管理できる – 必ずしも均一である必要はなく、リスクベースの細かな チケットも大丈夫 – 複数のイテレーション計画をロードマップで共有できる – チケットは保守にも利用可能(トレーサビリティ)• 2重のリズム – チームのリズムだけでなく、個人のチケット一覧により 日々の個人のリズム(集中できる単位)がある• 規律 – タスクボード、Doneの定義だけでなく、ワークフロー、 No Ticket, No Commit(構成管理との連携)などがある
  27. 27. さ まとめ アナログ デジタル 直感的 分類・検索個人 1日分の作業 過去(履歴)・未来 イテレーションの作業 過去-未来の作業・課題 一体感 トレーサビリティチーム チームのリズム チーム+個人のリズム コミュニケーション・協調 情報共有+規律
  28. 28. さ タスク管理成功のポイント• 特長を生かす – ふさわしいタスク管理を実践する• 欠点を補う – 日記にToDoで履歴をのこす – 朝会などアナログコミュニケーションを重視• 組み合わせる – チケットを印刷してタスクカードに – デジカメで電子化 問題点の見極めと工夫が 成功の秘訣
  29. 29. さ おわり

×