As isから始めようチケット駆動開発の3事例

1,537 views

Published on

DevLove関西 LT未発表資料。

Published in: Software
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,537
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
671
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

As isから始めようチケット駆動開発の3事例

  1. 1. As isから始めよう - チケット駆動開発の3事例 - 株式会社SRA 阪井 誠
  2. 2. チケット駆動開発 現場から始まったシンプルな情報共有が特徴 • ITS(Issue Tracking System)チケットを用いて、障害、 課題、Q&Aのほか、タスクを管理する • チケットを構成管理と関連付ける – 修正に至る経緯を関連付けることができる – 複数の更新を束ねることができる • チケットを中心として、情報をリアルタイムに共有し、 プロジェクトを運営する 2
  3. 3. チケット駆動開発は As is から? それとも To be から? 3
  4. 4. 3つの改善事例 4 As is To be 文化の徹底 目的 作業漏れ防止 トレーサビリティ 計画、保守性向上 チケットの利用法 備忘録・情報共有 進捗・状況管理 タイムボックス管理 ITSの経験 障害管理のみ チケット駆動開発 チケット駆動開発
  5. 5. 5 As is To be 文化の徹底 目的 作業漏れ防止 トレーサビリティ 計画、保守性向上 チケットの利用法 備忘録・情報共有 進捗・状況管理 タイムボックス管理 チケットの経験 障害管理のみ チケット駆動開発 チケット駆動開発 モチベーション 向上 低下 変わらず 管理面の効果 中 大 中 コミュニケーション向上 大 中 中 強制 なし あり なし 負担感 小 大 なし 結果 作業量が明確でモ チベーション向上 効果あり。要件チ ケットの負担大 管理が容易。必要な 記録を自主的に実施 感想 危機感と目的意識 から効果的だった 面倒。Redmineなど 負担軽減が必要 報告の簡素化され 作業効率化 要望から実施 負担が少なく好評 管理的で負担が大 きく感じられた 自主性に任せた 効果も高かった
  6. 6. 6 問題点を見極め るとうまくいく 管理的になり易い 準備が重要 文化の醸成に よる改善
  7. 7. 実は単純ではない プロセス改善はモデル重視と問題解決重視の間を 行き来しながら改善の経験値が上がるといわれる • モデル重視はTo beアプローチに相当する – 形骸化の壁と認証の壁がある • 問題解決重視はAs is アプローチに相当する – 制度化の壁がある *乘松聡「問題解決重視とモデル重視 ~組織に合ったプロセス改善モードを探す」 ,ソフトウェアプロセス改善カンファレンス2004. http://www.jaspic.org/event/2004/SepgJapan/proceedings/4A2.pdf 7
  8. 8. まとめ チケット駆動開発の3つの事例を示した • チケット駆動開発は現場の改善手法 • 問題点を見極めてAs isから始めよう – As is アプローチは制度化の壁に注意 • 綿密な準備をしよう – To beアプローチは形骸化に注意 • 改善する文化を育てよう 8
  9. 9. 完 9 As isから始めよう - チケット駆動開発の3事例 -

×