Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

プロジェクトを成功に導く チケット駆動開発のビジョン

2,995 views

Published on

Agile Japan 2012のパネルディスカッションでn発表資料

  • Be the first to comment

プロジェクトを成功に導く チケット駆動開発のビジョン

  1. 1. さ プロジェクトを成功に導く チケット駆動開発のビジョン 株式会社SRA 阪井誠(@sakaba37)
  2. 2. さ 自己紹介• あきぴーさんとチケット駆動開発 (TiDD)の本を書いてます 4/21@江坂RxTstudy開催 阪井 誠 (さかば)
  3. 3. さ チケット駆動開発(TiDD)tracブームの中、まちゅさんが提唱• 細かな作業(タスク)の管理にチケットを使う• 情報をチケットで一元管理• チケットの更新通知、検索、議論など、コミュ ニケーション向上• コミットの際にはチケットと関連付けてトレー サビリティ向上=>TiDDで成功したプロジェクトには 共通のビジョンがある
  4. 4. さ ビジョン• 「ビジョン」とは、技術やその応用によらない 普遍的なもの(NHK ITホワイトボックス 第12回 MIT メディアラボ副所長 石井裕教授) ? ビジョン TiDD 応用 trac 技術
  5. 5. さ 開発者の能力発揮が目的• 情報の一元管理・電子化による能力向上• コミュニケーション向上による相互協力• トレーサビリティ、ワークフローによるミスの 減少(やり易くするための制約)Þ 作業への集中、作業のリズム、 良いソフトウェアの開発というゴールの共有 ビジョン:  「現場が楽になるカイゼン」
  6. 6. さ 「現場が楽になる改善」でない例プロジェクトを失敗に導くパターン• ツールの導入• 情報の電子化• やり難くするだけの制約• 管理の徹底• 手抜き(改善でない)Þ大切なのは現状の問題認識とその改善
  7. 7. さ議論のネタ:「現場が楽になる改善」につながる名言• 「ファシリテーションとは、チームの能力を最大 限に発揮すること」   (前川 直也氏)• 「考えてしなさい」(プロセス標準について)                (故坂本 啓司氏)• 「ある種の制約は自由を増す」                (まつもと ゆきひろ氏)• 「なぜレベル5(最適化)を目指さないのです か?」          (あるアセッサーの伝聞) そして、忘れてはいけないのは
  8. 8. さ 紺屋の白袴• 私たちの仕事はIT技術によって お客様に楽をしていただくお仕事です。• 紺屋なのに自分の袴を染められない のは恥ずかしい!もっと、仕事を楽しみ     能力を発揮しましょう!

×