Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

サイボウズの働き方改革

74 views

Published on

サイボウズ株式会社で実践中の働き方改革について、制度・ツール・風土の切り口でご紹介。

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

サイボウズの働き方改革

  1. 1. サイボウズの働き⽅改⾰ サイボウズ株式会社 ⼈事部 ⻘野 誠
  2. 2. 会社概要 名 称 サイボウズ株式会社(東証⼀部上場 4776) 事 業 内 容 「グループウェア」 の開発・販売・運⽤ 創 業 1997年8⽉(愛媛県松⼭市にて3名で創業) 所 在 地 東京都千代⽥区⽇本橋2-7-11 東京⽇本橋タワー27F 拠 点 東京, ⼤阪, 松⼭, 名古屋, 福岡, 仙台,札幌 上海, 深圳, ホーチミン, サンフランシスコ、シドニー 資 本 ⾦ 614百万円 従 業 員 数 連結 640名(派遣社員含む) 平均年齢 34.2歳 ⼥性約4割弱
  3. 3. 企業理念 チームワークあふれる 「社会」を創る チームワークあふれる 「会社」を創る • 理想(ビジョン)への共感 • 多様性(個性)重視 • 公明正大 • 自立と議論の文化 • 優れたグループウェアの開発 • チームワーク強化メソッドの 提案 • グローバルに展開し、世界で 一番使われるメーカーになる この2つを両立させる
  4. 4. グループウエアとは チームワーク向上 グループウェア スケジュール 商談 メール プロジェクト 会議室予約 日報 ファイル 売上 メッセージ タスクなど顧客 社員 採用 契約 受発注 あらゆる情報を共有 効果・効率・満足・学習 を高める
  5. 5. 主⼒製品群 中小企業向けグループウェア 大企業向けグループウェア スマートフォン用の無料アプリ 業務アプリ構築クラウド メール共有システム SharePoint用グループウェア 無料グループウェア&チャット 社外から手軽に安心アクセス 50,000社 3,800社 5,000社 4,700社 160万人
  6. 6. 国内トップシェア・顧客満⾜度1位 http://www.norkresearch.co.jp/pdf/2015itapp_gw_rel.pdf ※⽇本全国・全業種500億円未満の中堅・中⼩企業 有効回答数1,300社
  7. 7. 顧客企業 岡山県庁 横須賀市役所 業種業態規模を問わず幅広い顧客層に
  8. 8. 売上推移 0 1,000 2,000 3,000 4,000 5,000 6,000 7,000 8,000 9,000 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 ※3期(99)は半年決算。15期(11)より連結での業績。16期(12)は11カ月決算。 クラウドへの 準備期間を経て 再成長へ ネット直販 間販 百万円
  9. 9. グローバル展開 アメリカ 中国 オーストラリア 東南アジア
  10. 10. ワークスタイル変⾰
  11. 11. 変⾰のキッカケ:離職率 28% 2005年:離職率は 28%に上昇 多くの⼈が より⻑く より成⻑して働ける
  12. 12. 主な出来事 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 働き⽅のコース (時間)選択可能に 在宅勤務可能に 働き⽅のコース (時間×場所)選択可能に ウルトラワークも 積極的M&A 事業整理 クラウド事業本格化 ⾵ ⼟ 改 ⾰ 東京オフィス移転 コーポレートロゴ刷新 育児休暇 最⻑6年 ⽅針の転換 理 想 の 再 設 定 ワ ク ス タ イ ル 制 度 改 ⾰ ⾵ ⼟ づ く り
  13. 13. 働き⽅改⾰3点セット
  14. 14. 制度:その1 時間の選択 ワークを重視するかライフを重視するか。 働く時間を選択できる。 1. ワーク重視型(PS2) 裁量労働(専⾨、企画型) 2. ワークライフバランス型(PS) 残業はできるがある程度に抑えたい 3. ライフ重視型(DS) 残業ナシ または 短時間勤務 育児、介護、副業、通学、・・理由は不問
  15. 15. 制度:その2 場所の選択 働く場所を選択できる。 1.雇⽤機会の創出 個別の事情により、オフィスで勤務できない⼈に 就業機会を提供する。障がい者雇⽤などにも。 2.業務効率の向上 オフィス以外の就業場所を提供することにより、 個⼈の業務効率を向上させる。 3.ライフ重視の⽀援 出社はできるが、家で働きたい⼈の⽀援をする。 *主にDS(ライフ重視の働き⽅)を選択している⼈を想定
  16. 16. 制度:時間×場所 〜ライフスタイルに合わせたワークスタイル〜 (A3) (A2) PS2 (A1) (B3) (B2) PS (B1) (C3) (C2) DS (C1) ⻑ 短 オフィス(会社の指定場所)⾃由 時間 場所 (定時未満) 90%80%以下 ウルトラワーク
  17. 17. 制度:ウルトラワーク リモートワークする理由 • 台⾵が来るから • 満員電⾞疲れるから • ⼦育てしたいから • ⾵邪ひいてるから • 集中したいから • Amazonから荷物が届くから • 新型iPhoneを買いに⾏くから 時間や場所の選択を柔軟に変更
  18. 18. 制度:育児休暇の⻑期化 • 育児休暇は、最⼤6年間取得可能 (⼩学校に上がるまでのイメージ) • 男性・⼥性を問わない。 • 妊娠したことがわかったら いつでも産休をスタートできる。 出産で辞める社員はゼロに 4年8カ月の取得後に復帰が最長
  19. 19. ⼦ずれ出勤も可能
  20. 20. 制度:複業解禁 • やってはいけない複業 ⇒会社の資産*を 毀損する複業 *モノ、カネ、情報、時間(業務時間中の副業)、ブランド等 • 事前確認が必要なこと ⇒会社の情報、ブランド、役職名、製品名等を使うときは、 業務か、資産を毀損しないかを確認のため申請は必要 • 注意事項 ・⾃⼰責任で。 ・本来業務に影響があれば評価に影響。 ・他の会社に雇⽤される場合は必ず連絡。 複業OK!
  21. 21. 副業と複業 副業 複業 位置付け サブ 主に対して副 パラレル/マルチ すべて並列 主目的 副収入を得るため。 自分らしい個性的な キャリアを積むため。 対象 収入を得られる業務 が対象。 家事・育児、介護、 ボランティア活動な ど、すべての価値創 造活動が対象。
  22. 22. 複業する社員
  23. 23. 制度:育⾃分休暇 出戻りOK! • サイボウズを退職後、6年間は復帰可能。 • 社外で新たなノウハウを得た社員を引き戻し、組織の 強さを⾼める⽬的。 今までに7名がサイボウズに復帰 (1月に辞めて12月に復帰した人も)
  24. 24. 育⾃分休暇中にボツワナでボランティア
  25. 25. ツール:チームにアクセスする⽅法 リアルオフィスに 出社する バーチャルオフィスに アクセスする *どこからでもバーチャルオフィスにアクセスできる *リアルに出社することで得られる効果もある
  26. 26. 東京オフィスコンセプト Fast & Easy + Entertain High Performance Communicational Changeable Eco Expand Various Concentration Trust&Secure Show case Sense5 + 1 Big Hub for Teamwork 多様化、分散化を⾒据えたうえで、 情報やヒトを集結させ、リアルコミュニケーションが活発に⾏われることにより、 サイボウズチームの⼀体感を⾼め、エコシステムを含めてハイパフォーマンスを ⽣み出し続けるチームワークの中⼼拠点。 アクセス性、町の⽂化、信頼性 ⇒東京⽇本橋タワーへ移転
  27. 27. リアルオフィスの再設計 941::blog “なんかもう「住みたい」という感想しかなかっ た。” http://blog.kushii.net/archives/1988577.html
  28. 28. バーチャルでもスムーズに 遠隔拠点の⽴ち上げ 完全在宅勤務の開始
  29. 29. ⾵⼟ ▌⾃⽴と議論 • 多様性を重視すれば、答えは⼀つ とは限らない。 • 社員同⼠が建設的に議論して問題 を解決するための⼿段が必要。 • 「問題解決の⼿法」を繰り返し社 内研修 • 「説明責任(気になることは質問 しなければならない) • 「質問責任(担当者は説明しなけ ればならない)」の考え⽅を周知 徹底 ▌公明正⼤ • 嘘のない⾵⼟を作る。 • 「公の場で明るみに出ても、正し いと⼤きな声で⾔えること」 • 多様な⼈材が同じチームで働くた めに、サイボウズにおいて基本と なる⾏動規範と定義。 • プライバシー情報とインサイダー 情報を除いて隠し事をしない。 • 嘘をつく⼈、情報を隠す⼈がいる と、多様性のある組織は無駄にや やこしくなる。
  30. 30. ⾵⼟:コミュニケーションの促進 ・⾃由に作れる部活動(年1万円/⼈) ・部⾨役職不問のお誕⽣⽇会(3,000円/⼈) ・部内イベント⽀援(年1万円/⼈) ・全社イベント (喜びの)叫び(全社懇親会) 創業記念パーティー、リリースパーティー等 ・仕事Bar(仕事について語る場。1,500円/⼈) ・イベン10(単発のイベント補助。⼀回半額/⼈) ・⼈事部感動課(感動を表現する専⾨職種) ・サイボウズ・オブ・ザ・イヤー表彰 ・産休中社員、パパママコミュニケーション 部内×部外、仕事×仕事以外、リアル×バーチャルを含めた コミュニケーションの活性、⾒える化。
  31. 31. 成果 5位 1位
  32. 32. 離職率と売り上げ 0% 5% 10% 15% 20% 25% 30% 0 1,000 2,000 3,000 4,000 5,000 6,000 7,000 8,000 9,000 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 売上高 離職率
  33. 33. ⼈事制度の⽅針 100⼈いれば 100通りの働き⽅があってよい 「 」従業員⼀⼈ひとりの個性が違うことを前提に、 それぞれが望む働き⽅や報酬が実現されればよいという考え⽅。 • 選択肢があること(制度・ツール・⾵⼟) • 主体的に選択できること(⾃⽴)

×