Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

プレゼン用 きれいでわかりやすいパワーポイントを作る方法

82,361 views

Published on

ペーパーでのプレゼンテーションを想定した
パワーポイントを作る方法をまとめました。
ご参考までにご覧ください。

Published in: Business
  • Be the first to comment

プレゼン用 きれいでわかりやすいパワーポイントを作る方法

  1. 1. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. プレゼン用 きれいで分かりやすいPPTを 作る方法
  2. 2. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. Agenda 1 前提 2 ストーリー制作 3 ビジュアル制作 2
  3. 3. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. 1-1.プレゼンテーションとは プレゼン PPT 言動 ストーリー ビジュアル 1 2 3 ■プレゼンテーションにおいて、①~③の質がポイント ■本資料では、PPTの作り方を①、②に分けて説明する ★今回はこちらの作り方を説明 3
  4. 4. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. 1-2.PPTとは プレゼンテーション全体を通して、 相手にこちらの意図を 正しく理解させ、相手の心を動かし、 行動に移させるためのツール ▼悪い例 ・正しく理解できない、分かりにくい ・一方的な要求で、行動に移そうと思えない ・次の行動ステップが見えない ・PPT自体の作りが雑 4
  5. 5. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. 1-3.PPTの種類 ①PPTをスクリーンに映してプレゼンテーションする場合 ・1枚当たりの情報量は少なく、端的に ・喋りで情報を伝える、PPTは喋りの補足的位置づけ ※補足とは:イメージを沸かせる、印象付ける ・アニメーションなどの動的な作り方で、 伝えたいことを強調 ・文字サイズを大きく ②PPTを印刷し、ペーパーでプレゼンテーションする場合 ・1枚当たりの情報量を多くし、 喋らなくても、読めばすべてが伝わる資料に ★今回はこちらの作り方を説明 5
  6. 6. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. Agenda 1 前提 2 ストーリー制作 3 ビジュアル制作 6
  7. 7. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. 2-1.適切なストーリー設計 ①設計のための準備 ②要素の組み立て ゴールの明確化 ターゲットの理解 PPTに必要な要素の 洗い出し 要素をストーリー立てて 組み立て ストーリーに沿って PPT制作へ ■ストーリー設計のためには、下記が必要 ①ストーリーを設計するため準備/②要素の組みたて ■準備ならずして、人の心を動かすプレゼンは作れぬ! 7
  8. 8. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. 2-2.適切なストーリー設計~準備~ ■ストーリー設計のためには、下記の準備が必要 ①コンセプト設定 ②ターゲットの理解 ③要件定義 プレゼンテーションを通して達成したいゴール、目的を明確化する。 プレゼンテーションにおけるターゲットは下記2つ。 ターゲット①、②の理解を深める。 ターゲット①:PPTを受け取る人(例:取引先企業様) ⇨相手のニーズ、状況、制約条件など ターゲット②:企画自体のカスタマー(例:サービスユーザー様) ⇨ユーザーニーズ、ユーザー特性、デモグラ ②を踏まえて、①の「ゴール、目的」を達成するために、 必要な要素の洗い出す。 8
  9. 9. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. 2-1.適切なストーリー設計 ①設計のための準備 ②要素の組み立て ゴールの明確化 ターゲットの理解 PPTに必要な要素の 洗い出し 要素をストーリー立てて 組み立て ストーリーに沿って PPT制作へ ■ストーリー設計のためには、下記が必要 ①ストーリーを設計するため準備/②要素の組みたて ■準備ならずして、人の心を動かすプレゼンは作れぬ! 9
  10. 10. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. 2-4.適切なストーリー設計~組立て~ ①序論 ②本論 ③結論 PPTの目的の提示 これから述べることは何か、ざっくりとした結論の大枠が分かる 準備した「要件」をロジックに基づいてストーリー展開 ★ロジック形成の方法はP11へ 相手の心を動かす工夫がされたストーリー展開 ★心の揺さぶり方はP12へ 再度、ポイントをまとめ、結論を述べる ■基本的な提案書構成は 序論⇨本論⇨結論 の流れ ■本論にて「要件」をストーリー順に並び替え、全体を設計 10
  11. 11. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. 2-5.適切なストーリー設計~ロジック構成~ ■本編のロジック構成には、各種手法があるため 目的に合わせてもっとも適している構成を選択する(組み合わせ可) ▼ブレイクダウン マクロからミクロな情報へ展開 例)全体像⇨…⇨詳細情報 ▼三段論法 AはBである BはCである よってAはCである ▼タイムライン 時系列に沿って展開 例)業務フロー、スケジュール ▼因果関係 結果⇔原因の関係でまとめる ▼問題解決(PDCA)型 現状分析⇨問題提示⇨解決策提示 ⇨実施⇨結果分析⇨今後の課題 ▼帰納法 解に紐づく事実を積み重ねる AはCである BもCである だからCは正しい 11
  12. 12. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. 2-6.適切なストーリー設計~心を動かす工夫~ ■心を動かすには、下記の明記が必要 「Why-なぜやるのか」「How-どうやってやるのか」 WHY なぜ、この企画が必要か? HOW どうやって企画を実行するのか? 現状分析とニーズ把握の上、企画の必要性を訴える 下記のような気持ちを抱かせるのがポイント ①危機感 「このままだとやばい…やらなきゃ…!」 ②期待感 「この企画をやるといいことありそう…!」 いずれも数値的根拠に基づいて、説得力のある訴えがマスト 実現までのイメージが明確にできるように、下記を記載 ・実行手段 ・コスト(ヒト・モノ・カネ) ・想定スケジュール ・役割分担 12
  13. 13. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. 2-7.適切なストーリー設計~組立て~ ■ロジック手法を選んだのちの、ストーリーの組み立てには、 要件を付箋や紙に書きだし、並び替えて決定するという方法がおすすめ 要件① 要件② 要件③ 要件④ 1.要件を漏れなく書き出す 2.ストーリー順に並び替え 要件② 要件④ 要件③ 要件① ★いきなりPPTを作り始めると、途中で作り直しが発生するなど、 圧倒的に時間がかかるのでやめた方がいい 13
  14. 14. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. Agenda 1 前提 2 ストーリー制作 3 ビジュアル制作 14
  15. 15. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. 3-1.美しいPPTの必要3条件 ①基本的なビジュアルルールに則っている ②適切な構図がとられている PPT1枚1枚が、誰でも正しく簡単に理解できる構図に なっている ③適切な図解が使用されている 図解がぱっと見で、正しく理解できる形になっている ■「情報を的確に伝える」ために「シンプルであること」が望ましい いらない情報、いらないビジュアルは削除する ■「シンプル」にするための要素が下記3点 15
  16. 16. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. 3-2.基本的なビジュアルルール 例 ●全ページで下記を統一する ・フォント ・文字サイズ ※基本使用サイズと強調時のサイズ2種類設定し、固定 ・文字の配置位置 ●使用色は3色まで 色の数が多いと、何に注目すればよいかが分からなくなる 強調箇所が一瞬にして分かるよう、色もシンプルに ※世界観を演出する場合や複数要素を含むグラフ等は除く ※「太字」「下線」も同様、不用意に使用しない ●図形、文字を含むすべての要素の縦横列幅を揃える 16
  17. 17. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. 3-3.適切な構図 タイトル トピック ボディ ・トピックを読んだだけで 1枚の中に書かれている 内容、および結論が分かる ・端的で分かりやすい文章 ・トピックは箇条書き1~2個 ・トピックの「補強」「詳細 説明」的な位置づけ ■基本的な構図は、「タイトル」「トピック」「ボディ」から構成 PPT全体を通して同じ構図にすることで、どこに、何が書いてあるのか が分かり、目が散らない ※ボディがトピックの役割をする際など、役割が重なる際は、重複して書く必要なし 17
  18. 18. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.18 3-3.適切な図解 ■伝えたい内容に合わせて、適切な図形を選択(下記、代表例) ■図形は不要な線、情報を削除し、シンプルにして使用する 0% 20% 40% 60% 80% 100% 分類 1 分類 2 分類 3 系列 3 系列 2 系列 1 第 1 四半期 第 2 四半期 第 3 四半期 第 4 四半期 0 2 4 6 分類 1 分類 2 分類 3 系列 3 系列 2 系列 1 0 1 2 3 4 5 分類 1 分類 2 分類 3 系列 1 系列 2 系列 3 縦棒 円 横棒 折れ線 要素の割合 時系列にそった増減推移 分類別増減/全体↔内訳提示 ※横軸が時間の場合、主に使用 ※「売上」などボリューム感を出したいときは棒グラフにする、など用途は様々 分類別増減/全体↔内訳提示 ※縦軸が単語の場合、主に使用
  19. 19. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. 3-3.適切な図解 ■伝えたい内容に合わせて、適切な図形を選択 ■図形は不要な線、情報を削除し、シンプルにして使用する 0 1 2 3 4 5 分類 1 分類 2 分類 3 系列 1 系列 2 系列 3 0 1 2 3 4 5 分類 1 分類 2 分類 3 系列 1 系列 2 系列 3 「数値」を見せたいとき グラフの線は必要 <例> 「差分」や「増減」を見せたいとき グラフの線は不要 19
  20. 20. Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved.Copyright Drecom Co., Ltd. All Rights Reserved. FIN.

×