EPUB3以降とReadium

2,549 views

Published on

Published in: Business
  • Be the first to comment

EPUB3以降とReadium

  1. 1. IDPF EPUB WG/EGLS リードISO/IEC JTC1/SC34/AHG4(EPUB) 共同委員長 JEPA 技術主任  村田 真
  2. 2. 辞書  編集用ではない  辞書を編集する環境はすでにいろいろ存在するので、それ には立ち入らない  配布用  HTML5 ベース  辞書引きの機能のために十分な情報を備えられるか?  辞書引きのユーザインタフェースは閲覧システムに作り込 むか、 Javascript で辞書に埋め込むか?  疑問点  アプリとしての辞書、端末にバンドルされた辞書との関係  端末に表示されている文字・語を辞書引きすることに特化 するか?2012/3/15 第七回  JEPA EPUB セミナー 2
  3. 3. 索引  編集用ではない  本文にどう索引情報を埋め込み、そこから索引を自動生成 するかには立ち入らない  索引語の並べ替えはスコープ外  配布用  HTML5 ベース  双方向(索引から探すのも、本文から索引を探すのも)  索引を利用するユーザインタフェースは閲覧システムに作 り込むか、 Javascript で埋め込むか?  疑問点  どう索引を作るかに立ち入らないと、索引作成者側は困ら ないか?2012/3/15 第七回  JEPA EPUB セミナー 3
  4. 4. 固定レイアウト  HTML + CSS  SVG  JPEG, PNG, ….  Rendition Map2012/3/15 第七回  JEPA EPUB セミナー 4
  5. 5. 固定レイアウトメタデータ EPUB 出版物 publication document <meta name=”rendition:target-dimensions”>768,1024</meta> <meta name=”rendition:target-dimensions”>512,768</meta> <meta name=”rendition:paginated”>all</meta> <meta name=”rendition:spread”>auto</meta> Publication doc の選択機構は先送 り2012/3/15 第七回  JEPA EPUB セミナー 5
  6. 6. AAL(リフローだけど高度なレイアウト)  ページテンプレート  ページテンプレート案  Adobe 案 の調整?  IDPF のノートになる予定  リフローする、画面サ  MS 案 イズもフォントも違う  Opera 案 という前提で、高度な  iBook Author レイアウトを作ろうと  CSS Regions する出版社があるか?  CSS Exclusions2012/3/15 第七回  JEPA EPUB セミナー 6
  7. 7. ISO, IEC, JTC1 での標準化  予想  Technical Specification として、概ね変えずに発行する 。  5 年後に国際規格化を再度検討する。  どの SC の配下でおこなうかは未定。  韓国が fast-track で提案する可能性あり。2012/3/15 第七回  JEPA EPUB セミナー 7
  8. 8. Readium: EPUB3 のオープンソース実装  主催者 : IDPF  賛同者 / 参加者 : ACCESS, Adobe, Barnes & Noble, Copia, Google, Kobo/ 楽天 , O’Reilly, Samsung, ソ ニー、イースト、ボイジャー等2012/3/15 第七回  JEPA EPUB セミナー 8
  9. 9. 位置づけと期待される効果  基準となる EPUB3 実装で  読書端末提供者にとって あり描画エンジンである のメリット  簡単に出来る  WebKit と整合させる  電子書籍提供者にとって のメリット  基準となる動作が確定す  オープンソース る(それに合わせればよ い)  読者にとってのメリット  読書環境が安く手に入り 、互換性も保障される2012/3/15 第七回  JEPA EPUB セミナー 9
  10. 10. 他の目標 商用の閲覧システムは目指さない EPUB 用独自プロジェクトとし WebKit の一部とは しない 仕様への適合性 他の実装との互換性 安定性 性能 セキュリティ ポータビリティ 使いやすさ 改造の容易さ IDPF のコントロールではなく、コミッタとレビューワによる 公平な統制2012/3/15 第七回  JEPA EPUB セミナー 10
  11. 11. Readium の現状と将来  現在  Chrome ブラウザへの機能追加プロトタイプ(というかハ リボテ)が公開されている  Javascript ファイル 27  CSS スタイルシート 8  HTML 文書 5  PNG 画像 28  その他 9  将来  プラットフォームに依存しないように書かれたライブラリ であり、 WebKit 自体への変更も含む2012/3/15 第七回  JEPA EPUB セミナー 11
  12. 12. 具体的な目標  EPUB3 への完全な適合性  EPUB3 の実装必須でない機能もすべて実装する  EPUB に追加されていく仕様群をすばやく実装する  性能向上  アクセシビリティの支援  国際化  Android のサポート  iOS のサポート  日本語組版  ユーザインタフェースの改善  Chrome 拡張に固有の機能  アノテーションとブックマークのサポート  Additional developer-mode features  Content/app configuration2012/3/15 第七回  JEPA EPUB セミナー 12
  13. 13. 参考資料  IDPF の公式サイト  http://idpf.org  IDPF の開発中情報  http://code.google.com/p/epub-revision/w/list2012/3/15 第七回  JEPA EPUB セミナー 13

×