Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【メディア生活フォーラム2017】“たしからしさ”を求める人たち

2,076 views

Published on

【メディア生活フォーラム2017】公開資料

Published in: Business

【メディア生活フォーラム2017】“たしからしさ”を求める人たち

  1. 1. “たしからしさ”を求める人たち メディア生活フォーラム2017 情報カオスを生きる わたしの情報ストラテジー
  2. 2. 情報が多すぎて なにが「たしか」なのか わからない時代
  3. 3. 「世の中の情報量は多すぎる」 「メディア定点2017」で、一番伸びた意識項目は? 52.0% +9.9ポイント 2017 2016 42.1%
  4. 4. 「情報カオス」を生きる生活者 ニュースの真偽も モノ・サービス・コンテンツ選びも 情報が多すぎて、判断できない
  5. 5. ある50歳女性が「観るドラマを1本選ぶ」際に使った情報源 ● Yahoo! ニュース記事 ● Yahoo! ニュース記事のコメント ● 家族(娘たち)の口コミ(評価) ● 友人の口コミ(評価) ● TVの番宣(広告) ● 出演者のCM ● Twitterでの評判 ● Google検索で調べる (悪い面も) ● Yahoo!知恵袋~ 有名ドラマウォッチャーの評価 ● 出演者のブログ
  6. 6. “たしからしさ”を求める人たち × 絶対的な「たしか」なものを探す ○ 自分なりの「たしか」なものを頼りにする
  7. 7. わたしの「情報ストラテジー」 「情報カオス」の中での“たしからしさ”の求め方
  8. 8. 2. 生活者の情報ストラテジー 1. メディア接触の実態と情報への意識 3. 企業に求められるアクション
  9. 9. 1. メディア接触の 実態と情報への意識
  10. 10. メディア別の接触時間やイメージ評価、 メディアサービスの利用実態からメディア意識・態度まで、 生活者のメディア生活全般を定点観測した時系列定量調査 「メディア定点」 2006-2017 【調査設計】 調査地域:東京都・大阪府・愛知県・高知県 調査時期:2006年より毎年1月~2月 調査対象:15歳~69歳の男女 標本抽出方法:RDD(Random Digit Dialing) 調査方法:郵送調査法 サンプル数(2017年調査):2,496人 (東京631、大阪618、愛知618、高知629)
  11. 11. ① メディア定点に見る 「メディア接触の実態」
  12. 12. 2006年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2007年 2015年 2016年 2017年 171.8 44.0 32.3 19.6 56.6 11.0 163.7 161.4 163.5 172.8 161.4 161.4 151.5 156.9 152.9 153.0 147.3 39.3 35.2 31.1 28.7 33.0 31.9 35.2 30.5 28.9 30.1 24.5 28.2 28.5 26.0 27.8 23.3 24.0 27.1 23.4 19.9 20.4 19.8 17.8 17.1 17.6 16.0 18.6 16.6 16.0 13.6 13.0 13.8 11.9 61.8 59.4 67.6 77.4 81.7 77.1 72.8 69.1 68.1 61.0 59.3 14.1 17.7 18.1 25.2 32.0 40.4 50.6 74.0 80.3 90.7 90.2 18.2 20.6 24.9 25.0 100分 200分 300分 400分 メディア総接触時間の時系列推移(東京) ほぼ全メディアで接触時間減少し、メディア総接触時間は378.0分に マス 主力 モバイル シフト 335.2 324.9 319.3 323.9 347.9 350.0 351.4 353.1 385.6 383.7 393.8 378.0 デジタル シフト 0分 「メディア定点」 2006-2017
  13. 13. モバイルシフトは継続。全メディア接触のモバイルシェアは初の3割越え メディア別 接触時間の構成比時系列推移(東京) 0% 20% 40% 60% 80% 51.3 50.4 50.5 50.5 49.6 46.1 45.9 42.9 40.7 39.9 38.9 39.0 13.1 12.1 11.0 9.6 8.2 9.4 9.1 10.0 7.9 7.5 7.6 6.5 9.6 8.7 8.9 8.0 8.0 6.6 6.8 7.7 6.1 5.2 5.2 5.2 5.9 5.5 5.4 5.4 4.6 5.3 4.7 4.5 3.5 3.4 3.5 3.1 16.9 19.0 18.6 20.9 22.3 23.3 21.9 20.6 17.9 17.7 15.5 15.7 3.3 4.3 5.5 5.6 7.3 9.2 11.5 14.3 19.2 20.9 23.0 23.9 4.7 5.4 6.3 6.6 100% 30.5% 2006年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2007年 2015年 2016年 2017年 「メディア定点」 2006-2017
  14. 14. 各メディアとも、「非利用者」は増えていない メディア別 非利用者比率の推移(東京) テレビを見ない ラジオを聴かない 新聞を読まない 雑誌を読まない 0.8% 44.2% 25.0% 29.9% パソコンを使わない 携帯(スマホ)使わない タブレットを使わない 19.1% 10.6% 59.1% 「メディア定点」 2016-2017 2016年 0.8% 43.7% 24.0% 28.8% 17.4% 8.1% 57.7% → → → → → → → 2017年 (±0.0) (-0.5) (-1.0) (-1.1) (-1.7) (-2.5) (-1.4) 増減
  15. 15. 全メディアでライト接触層増加、多くのメディアでヘビー接触層減少 テレビ ラジオ 新聞 雑誌 パソコン 携帯・スマホ タブレット 45.1% 42.6% 25.4% 2016年 34.6% 5.0% 0.4% 0.0% 8.6% 16.8% 3.5% 2016年 13.6% 40.6% 68.2% 66.0% ライト接触層 (1日あたり1時間未満) ヘビー接触層 (1日あたり3時間以上) 「メディア定点」 2016-2017 メディア別 ライト接触層/ヘビー接触層の推移(東京) 2017年 33.8% 2.9% 0.0% 0.0% (-0.8) (-2.1) (-0.4) (0.0) 9.8% 15.9% 3.0% (+1.2) (-0.9) (-0.5) → → → → → → → 増減2017年 15.3% 44.6% 69.9% 69.1% → → → → (+1.7) (+4.0) (+1.7) (+3.1) 52.5% 43.6% 27.7% (+7.4) (+1.0) (+2.3) → → → 増減
  16. 16. スマホ所有率が再び上昇。東京では8割近い水準に 「メディア定点」 2010-2017 「スマートフォン」所有率の時系列推移(東京) 9.8 20% 0% 40% 60% 80% 100% 20172016201520142013201220112010 77.5 69.2 70.7 16.5 31.0 45.0 59.1
  17. 17. 男女とも、40~60代の中高年齢層の所有率が上昇 「スマートフォン」年代別所有率の時系列推移(東京) 「メディア定点」 2010-2017 20% 0% 40% 60% 80% 100% 10% 30% 50% 70% 90% 20% 0% 40% 60% 80% 100% 10% 30% 50% 70% 90% 20代 10代 30代 40代 50代 60代 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 20代 10代 30代 40代 50代 60代 【男性】 【女性】
  18. 18. ① メディア定点に見る「メディア接触の実態」 各メディアのライト接触層増加により メディア総接触時間が減少
  19. 19. ② メディア定点に見る 「メディアイメージの変化」
  20. 20. 「分かりやすく伝えてくれる」 61.2% ▶ 69.3% ▶ 75.4% 「楽しい情報が多い」 42.0% ▶ 50.5% ▶ 53.1% 2015 2016 2017 「感動や興奮を覚える 情報が多い」 32.5% ▶ 50.4% ▶ 54.1% 「おもしろい」 37.9% ▶ 49.3% ▶ 57.1% ▶ ▶80.0 70.0 60.0 50.0 40.0 30.0 20.0 10.0 0.0 メディアイメージ推移 【テレビ】 昨年上昇した特徴的なイメージは、引き続き上昇
  21. 21. 「生活者の声に 耳を傾けてくれる感じ」 26.5% ▶ 30.0% ▶ 28.9% 2015 2016 2017 「好感が持てる」 19.2% ▶ 26.1% ▶ 28.3% ▶ ▶ 40.0 30.0 20.0 10.0 0.0 50.0 メディアイメージ推移 【ラジオ】 昨年上昇したイメージは引き続き上昇、もしくは維持
  22. 22. 「情報が信頼できる」 49.5% ▶ 58.8% ▶ 65.8% 「好感が持てる」 12.5% ▶ 26.3% ▶ 31.2% 2015 2016 2017 「明確な個性・特徴を持つ」 23.7% ▶ 31.1% ▶ 32.6% 「ポリシーや メッセージを感じる」 33.5% ▶ 48.3% ▶ 51.7% ▶ ▶ 0.0 80.0 70.0 60.0 50.0 40.0 30.0 20.0 10.0 メディアイメージ推移 【新聞】 昨年上昇したイメージは引き続き上昇
  23. 23. 「明確な個性・特徴を持つ」 32.7% ▶ 37.3% ▶ 42.5% 2015 2016 2017 「斬新な情報が多い」 24.8% ▶ 32.7% ▶ 31.4% 「センスがいい・カッコいい」 24.5% ▶ 30.8% ▶ 33.2% ▶ ▶ 40.0 30.0 20.0 10.0 0.0 50.0 メディアイメージ推移 【雑誌】 昨年上昇したイメージは引き続き上昇、もしくは維持
  24. 24. ② メディア定点に見る「メディアイメージの変化」 各メディアのイメージは、より鮮明化し、 それぞれのメディアが特徴とする価値が向上
  25. 25. ③ メディア定点に見る 「情報への意識」
  26. 26. 1.なんでもすぐにネットで検索することによって、考える力が落ちる 2.インターネットの情報は、うのみにはできない 3.ネットの情報だけでは、ニュースの表面的な部分しかわからない 4.マスコミが伝えないことをインターネットは明らかにしてくれる 5.気になるニュースは複数の情報源で確かめる 6.自分が得ている情報は偏っているのではないかと不安に思う 7.世の中の情報量は多すぎる 8.世の中の情報のスピードは速すぎる 9.世の中の情報の発信元は、テレビ、ラジオなどのマスメディアだ 10.世の中の情報の発信元は、SNSなどのネットメディアだと思う 11.情報は内容の確かさよりも伝える速さだと思う 12.情報は伝える速さよりも内容の確かさだと思う 13.プロの記者が書いたニュースは信頼できる 14.新聞やテレビの報道は、ジャーナリズムを支える土台だと思う 15.購入履歴など自分のデータを提供することに抵抗はない 16.世の中で評判の作品(映画、音楽など)には触れておきたいと思う 「メディア定点」では、メディアや情報に対する意識・態度 31項目を調査 17.自分のアンテナに引っかかった作品には触れておきたいと思う 18.音楽はライブで楽しむのが一番だと思う 19.良い作品については、映画館で見たいと思う 20.書店には、月に何回かは行きたいと思う 21.情報やコンテンツは無料で手に入るものだけで十分だ 22.情報やコンテンツにかけているお金を見直したい 23.自分に届く情報は自分向けにカスタマイズされていた方がいい 24.好きな情報やコンテンツは、いろいろな機器で見たい 25.好きな情報やコンテンツは、いろいろな場所で見たい 26.好きな情報やコンテンツは、好きな時に見たい 27.インターネットの違法動画を見る人は減っていくと思う 28.ヒト型ロボットを家の中で利用することに抵抗を感じる 29.人との関わり合いをもてる人工知能が実用化したらよい 30.車が自動運転になることは便利だ 31.家電・音声端末など、機械と音声でやりとりすることは増えていく Q.メディアに関する意識や態度についてお聞きします。(はい/いいえ)
  27. 27. ◎ 「世の中の情報のスピードは速すぎる」 35.5% 生活者の過半数が 、「情報量は多すぎる」 と感じている 2016年 ◎ 「世の中の情報量は多すぎる」 42.1% 2016年 36.0% (+0.5) 2017年 増減 52.0% (+9.9) 2017年 増減
  28. 28. ◎ 「インターネットの情報は、うのみにはできない」 71.7% 特定の情報源だけでは、確信できない生活者 2016年 ◎ 「気になるニュースは複数の情報源で確かめる」 59.1% 2016年 79.0% (+7.3) 2017年 増減 64.4% (+5.3) 2017年 増減
  29. 29. ◎ 「情報やコンテンツは無料で手に入るものだけで十分だ」 46.0% 必要な情報なら、お金を出す生活者 2016年 39.2% (-6.8) 2017年 増減
  30. 30. ③ メディア定点に見る「情報への意識」 情報量への過剰感を持ちながら、 自分にとって「たしか」な情報を求めている
  31. 31. 1.メディア接触の実態と情報への意識 情報カオス 秩序なき混沌の中で、 自分にとって「たしか」な情報 =“たしからしさ” を求め始めた生活者
  32. 32. わたしの「情報ストラテジー」 「情報カオス」の中での“たしからしさ”の求め方
  33. 33. ● 首都圏250人(15~69歳)の 「この1年のメディアや情報行動の変化」についてのボイス(2017年5月) ● (上記よりセレクトした19~50歳の)男女10人への 「たしからしさの求め方」デプスインタビュー (2017年6月) ● 全国4,851人(15~69歳)の 「最も頼りにしている情報源とその理由」についてのボイス(2017年3月) 情報カオスを生きる人々に共通する「情報ストラテジー」を発見
  34. 34. 2. 生活者の 情報ストラテジー
  35. 35. 「生活者の情報ストラテジー」 3つのポイント (1) “たしからしさ”でノイズはカット (2) (3)
  36. 36. “たしからしさ”でノイズはカット S.Iさん(43歳) S.Iさん(34歳) M.Tさん(45歳) <インタビュー映像>
  37. 37. <インタビュー映像>
  38. 38. <インタビュー映像>
  39. 39. “たしからしさ”でノイズはカット S.Iさん(43歳) S.Iさん(34歳) M.Tさん(45歳) <インタビュー映像>
  40. 40. 「生活者の情報ストラテジー」 3つのポイント (1) “たしからしさ”でノイズはカット ● 怪しい情報はノイズと認識される ● たくさんあっても選べなければカット
  41. 41. 「生活者の情報ストラテジー」 3つのポイント (1) “たしからしさ”でノイズはカット (2) 4つの“たしからしさ”情報源 ①公からの発表 ④専門家の知識 ③当事者の見解 ②みんなの意見
  42. 42. ① 公からの発表 4つの“たしからしさ”情報源 公おおやけ
  43. 43. (アニメは) 情報が早くて確実な公式サイト (女性28歳 愛媛県) (PCの購入検討は) 企業のFacebookとHP (男性33歳 長崎県) (化粧品は)やっぱり、 商品の 公式ホームページ (女性40歳 東京都) Q. 最も頼りにしている情報源は? ➡ A. 公(おおやけ)からの発表 全国4,851人(15~69歳)の 「最も頼りにしている情報源とその理由」についてのボイス(2017年3月) 世界情勢については 新聞が一番 (男性45歳 埼玉県) 海外旅行の安全は 外務省のHPで確認 (男性19歳 東京都) 社会常識的な情報整理は NHKのニュース (男性67歳 大阪府)
  44. 44. ① 公からの発表 4つの“たしからしさ”情報源 最新で正式に何と言われているか? 社会の共通認識は何か? 公おおやけ
  45. 45. 皆 ② みんなの意見 4つの“たしからしさ”情報源
  46. 46. <インタビュー映像>
  47. 47. <インタビュー映像>
  48. 48. 全国4,851人(15~69歳)の 「最も頼りにしている情報源とその理由」についてのボイス(2017年3月) 「たしからしさの求め方」デプスインタビュー (2017年6月) Q. 最も頼りにしている情報源は? ➡ A. みんなの意見 (ペットの健康について) 不特定多数の平均がわかる 口コミサイト (女性44歳 滋賀県) 本当の流行は インスタハッシュタグで知る (女性29歳 神奈川県) 子連れ旅行は 口コミ情報が頼り (男性37歳 東京都) (旅行は) インスタでみんながアップ しているところに行きたい! (女性34歳 東京都) (登山道具の情報は) 多くの人の意見で偏りが少ないので サイトでレビューを読む (男性34歳 福岡県)
  49. 49. 皆 ② みんなの意見 4つの“たしからしさ”情報源 世間は何と言っているか?
  50. 50. ③ 当事者の見解 4つの“たしからしさ”情報源 当
  51. 51. (アイドルグループについて) メンバーのラジオが一番。 本人の口から聞けるから (女性17歳 神奈川県) 実際食べている人のブログは 美味しくないことも書いていて 間違いない (女性47歳 東京都) Q. 最も頼りにしている情報源は? ➡ A. 当事者の見解 育児については、ママ友の実体験 (女性33歳 神奈川県) 全国4,851人(15~69歳)の 「最も頼りにしている情報源とその理由」についてのボイス(2017年3月) 「たしからしさの求め方」デプスインタビュー (2017年6月) (観るドラマについて) (出演者)本人からの方が 気持ちは深く入る (女性50歳 東京都) (資産運用について) 実際、株・投資信託をしている人の話 (男性33歳 東京都)
  52. 52. <インタビュー映像>
  53. 53. <インタビュー映像>
  54. 54. ③ 当事者の見解 4つの“たしからしさ”情報源 本人の本音は? 当
  55. 55. ④ 専門家の知識 4つの“たしからしさ”情報源専
  56. 56. (健康について) 医師の的確なアドバイス (女性67歳 静岡県) (建築について) 体系的に まとめられている書籍 (男性38歳 愛知県) (PC新商品について) 専門ニュースサイト (男性33歳 高知県) 事故にあった時は、 10分無料の弁護士 に相談 (男性28歳 東京都) 池上彰の解説番組 解説がわかりやすい (男性62歳 埼玉県) (世界の政治経済について) プロの写真家の知識 は信じられる (男性19歳 東京都) Q. 最も頼りにしている情報源は? ➡ A. 専門家の知識 全国4,851人(15~69歳)の 「最も頼りにしている情報源とその理由」についてのボイス(2017年3月) 「たしからしさの求め方」デプスインタビュー (2017年6月) ゴルフの上達方法 については専門誌 (男性54歳 神奈川県)
  57. 57. (健康について) 医師の的確なアドバイス (女性67歳 静岡県) (建築について) 体系的に まとめられている書籍 (男性38歳 愛知県) (PC新商品について) 専門ニュースサイト (男性33歳 高知県) 事故にあった時は、 10分無料の弁護士 に相談 (男性28歳 東京都) 池上彰の解説番組 解説がわかりやすい (男性62歳 埼玉県) (世界の政治経済について) プロの写真家の知識 は信じられる (男性19歳 東京都) Q. 最も頼りにしている情報源は? ➡ A. 専門家の知識 全国4,851人(15~69歳)の 「最も頼りにしている情報源とその理由」についてのボイス(2017年3月) 「たしからしさの求め方」デプスインタビュー (2017年6月) ゴルフの上達方法 については専門誌 (男性54歳 神奈川県) <インタビュー映像>
  58. 58. (健康について) 医師の的確なアドバイス (女性67歳 静岡県) (建築について) 体系的に まとめられている書籍 (男性38歳 愛知県) (PC新商品について) 専門ニュースサイト (男性33歳 高知県) 事故にあった時は、 10分無料の弁護士 に相談 (男性28歳 東京都) 池上彰の解説番組 解説がわかりやすい (男性62歳 埼玉県) (世界の政治経済について) プロの写真家の知識 は信じられる (男性19歳 東京都) Q. 最も頼りにしている情報源は? ➡ A. 専門家の知識 全国4,851人(15~69歳)の 「最も頼りにしている情報源とその理由」についてのボイス(2017年3月) 「たしからしさの求め方」デプスインタビュー (2017年6月) ゴルフの上達方法 については専門誌 (男性54歳 神奈川県) <インタビュー映像>
  59. 59. ④ 専門家の知識 4つの“たしからしさ”情報源 プロの判断は? 専
  60. 60. 「生活者の情報ストラテジー」 3つのポイント (1) “たしからしさ”でノイズはカット (2) 4つの“たしからしさ”情報源 ①公からの発表 ④専門家の知識 ③当事者の見解 ②みんなの意見
  61. 61. 「生活者の情報ストラテジー」 3つのポイント (1) “たしからしさ”でノイズはカット (2) 4つの“たしからしさ”情報源 (3) 自分なりの“たしからしさ”MIX
  62. 62. 『ドラマ選びの“たしからしさ”の求め方』 <インタビュー映像>
  63. 63. Yahoo! ニュース 記事 および コメント 家族 友人 の口コミ 出演者 の CM TV の 番宣 Twitter で世間 の反応 Google 検索で 悪い面も 調べる Yahoo! 知恵袋 (ドラマ マニアの 評価) A.Hさん「ドラマ選び」の“たしからしさ”MIX 賛 否 身 内 表 裏 世 間 0 100 公 皆 専皆 皆 皆公 公
  64. 64. 「生活者の情報ストラテジー」 3つのポイント (3) 自分なりの“たしからしさ”MIX ● メディアやビークルの枠を超えて巡回 ● 表裏、賛否など自分なりに幅広く (1) “たしからしさ”でノイズはカット (2) 4つの“たしからしさ”情報源
  65. 65. 2.生活者の情報ストラテジー (1) “たしからしさ”でノイズはカット (2) 4つの“たしからしさ”情報源 ①公からの発表 ④専門家の知識 ③当事者の見解 ②みんなの意見 (3) 自分なりの“たしからしさ”MIX
  66. 66. 3. 企業に求められる アクション
  67. 67. 4つの情報源から “たしからしさ”を求める際の 「生活者の2つの欲求」が見えてきた。 “たしからしさ”のつくり方
  68. 68. 客観 主観 公 ①公からの発表 皆 ②みんなの意見 専 ④専門家の知識 当 ③当事者の見解 本人の本音は? 世間は何と言っているか? 最新で正式に何と言われているか?プロの判断は? 詳細に 深く 知りたい 俯瞰で 広く 見たい 欲求1欲求2
  69. 69. 俯瞰で 広く 見たい 詳細に 深く 知りたい 群で 見せる 客観 主観 どんな人たちが使っているのか/ 見ているのか/聴いているのか そのメディア/ブランドの 世の中での捉えられ方を伝える 専 当 公 皆
  70. 70. 2日間で3万人以上来場 Copyright © 2017 C Channel Corporation, Inc. All rights reserved. 参考:若年層を動かすマーケティングアプローチ~動画は今、どう見られているのか ~アドバタイジングウィーク・アジア2017(博報堂DYグループセミナー)より http://www.hakuhodody-media.co.jp/column_topics/event/adweekasia2017/20170703_18396.html 女子の「知りたい」を1分で解決する 日本最大規模の女性向け動画ライフスタイルメディア
  71. 71. スマホネイティブだからこそ 「群」に触れて初めて生まれる 帰属意識(≒エンゲージメント) ⇒“たしからしさ”を感じるメディアへ Copyright © 2017 C Channel Corporation, Inc. All rights reserved.
  72. 72. CD (パッケージ) フェス (ライブ・イベント) 音楽ソフト市場:2,457億 (2016年 前年比96.6%) 音楽コンサート市場:3,405億 (2015年 前年比125.2%) (出典:ライブ・エンタテインメント白書2016)(出典:デジタルコンテンツ白書2016) パーソナルから「群」へ メディア分散化時代の 「帰属意識」(“たしからしさ”)の生まれ方
  73. 73. 「踊ってみた」など参加型動画のケースも、 どんな人たちがどんな風に楽しんでいるかを 「群で見せる」ことで “たしからしさ”を感じるコンテンツへ
  74. 74. “たしからしさ”を求める人たち 群で見せることで 「“たしからしさ”を感じるメディア/ブランド」へ 俯瞰で広く見たい そのメディア/ブランドの世の中での捉えられ方を伝える (どんな人たちが使っているのか/見ているのか/聴いているのか) 欲求1
  75. 75. 詳細に 深く 知りたい 常に さらす そのメディア/ブランドの 裏も表も提示する 客観的 主観的 公 皆 リアルタイムで/プロセスも/ 素材だけでも見せる ーすぐ調べられてしまうこと以上 の発見を感じさせるー 専 当 俯瞰で 広く 見たい
  76. 76. ● 先進ユーザーが集まる“アイデア の展示会”「サウス・バイ・サウス ウエスト」で日本企業数社がプロト タイプを提示。 ● 開発プロセスから“さらす”ことで、 ブランドの覚悟や矜持が伝わる =“たしからしさ”が生まれる。 https://www.sxsw.com/ 「プロトタイピング」で開発プロセスを“さらす”
  77. 77. ● 3,374人から3900万円超の制作資金を集めた映画「この世界の片隅に」。 「クラウドファンディング」で進捗状況を“常にさらす” ● クラウドファンディングは、コンテンツ開発の進捗状況が常時開示されると 同時に、出資者という「当事者」=広告塔を増やすことにも寄与。 ● 多くの人がネットで評判を調べる時代、公開初期に生まれるポジティブな 空気(「なんだか話題」「結構良さそう」)が“たしからしさ”の源泉に。
  78. 78. “たしからしさ”を求める人たち 常にさらすことで 「 “たしからしさ”を感じるメディア/ブランド」へ 詳細に深く知りたい そのメディア/ブランドの裏も表も提示する (リアルタイムで/プロセスも/素材だけでも見せる) ーすぐ調べられてしまうこと以上の発見を感じさせるー 欲求2
  79. 79. 当 専 常に さらす 群で 見せる皆 公 俯瞰で 広く 見たい 詳細に 深く 知りたい 3.企業に求められるアクション 生活者への「見える化」が “たしからしさ”を生む
  80. 80. おわりに ~あらためて“たしからしさ”とは~
  81. 81. “たしからしさ”
  82. 82. “たしか” “らしさ”と
  83. 83. “たしからしさ”起点で 新しいメディア価値を考える

×