Ja 27 book_of_knowledge

211 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
211
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Ja 27 book_of_knowledge

  1. 1. 知識の書 知識の 知識探求者の諸作法 知識探求者の ﴾ ‫ﻟﻌﺎﻟﻢ ﻤﻟﺘﻌﻠﻢ‬ ‫﴿ ﻓﻀﻞ ﻟﻌﻠﻢ‬ [ 日本語– Japanese – k‫] ﻳﺎﺑﺎ‬ムハンマド・イブラーヒーム・アッ=トゥワイジュリー 翻訳 : サイード佐藤 校閲 : ファーティマ佐藤 2007 - 1428
  2. 2. ‫ﻟﻌﺎﻟﻢ ﻤﻟﺘﻌﻠﻢ ﴾‬ ‫﴿ ﻓﻀﻞ ﻟﻌﻠﻢ‬ ‫» ﺑﺎﻟﻠﻐﺔ ﺎﺑﺎﻧﻴﺔ «‬ ‫ﺤﻣﻤﺪ ﺑﻦ ﺑﺮ ﻫﻴﻢ ﺤﻛﻮﺠﻳﺮ‬ ‫ﺗﺮﻤﺟﺔ: ﺳﻌﻴﺪ ﺳﺎﺗﻮ‬ ‫ﻣﺮ ﺟﻌﺔ: ﻓﺎﻃﻤﺔ ﺳﺎﺗﻮ‬ ‫8241 - 7002‬ ‫2‬
  3. 3. 3 。 9962(ムリスム・フーヒサ ) 2 。 1612(ーィズミルィテ=ッア・ンナス・フーヒサ、 5862(ーィズミルィテ=ッア・ンナス。承伝な正真 ) ) 1従 にれ そ 、 は に者 うな ざ い とへ き 導 い し正「 た し まい 言 は ) れあ 福祝 と 安 平の ら か ー ラ :ッアに彼(徒使のーラッア、ばれよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(ライラフ・ーブア :徳のとこうなざいとへき導いし正 :徳のとこうなざいとへき導いし正 ● :徳のとこうなざいとへき導いし正 :徳のとこうなざいとへき導いし正 2 」。 ) 承伝のムリスム(” うろあでるれくてしくし易を道のへ国天に彼がーラッア、は者く行 道て め 求 を 識知て し そ ・・ ・ “ た しま い言 は ) れあ 福 祝 と 安平 のら か ー ラッ ア に 彼 ( :徒 使 の ー ラ ッ ア 「 た し ま い 言 は ) れあ 悦 満 ご の ー ラ ッ ア に 彼 ( ラ イ ラ フ ・ ー ブ ア - 3 : 」 いさ 」 いさ 。。 )411:02 ンーアルク( 」 いさ 」 いさ 。。下しや増おを識知の私、よ主「 え言てしそ 、 、下しや増おを識知の私、よ主「 え言てしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至-2下しや増おを識知の私、よ主「 え言てしそ下しや増おを識知の私、よ主「 え言てしそ 、 、 )91:74 ンーアルク(。るあでのな知存ごも先き行)るけおに世来(の方たなあ、も動一挙一)るけおに世現(。るあでのな知存ごも先き行)るけおに世来(の方たなあ、も動一挙一)るけおに世現(。るあでのな知存ごも先き行)るけおに世来(の方たなあ、も動一挙一)るけおに世現(。るあでのな知存ごも先き行)るけおに世来(の方たなあ、も動一挙一)るけおに世現(の 方 た な あ はー ラ ッ ア 。 だ の う 乞 を 罪の ち た 者 仰 信 の 女 男 と たな あ 、 り 知 を と こ い な がの 方 た な あ はー ラ ッ ア 。 だ の う 乞 を 罪の ち た 者 仰 信 の 女 男 と たな あ 、 り 知 を と こ い な がの 方 た な あ はー ラ ッ ア 。 だ の う 乞 を 罪の ち た 者 仰 信 の 女 男 と たな あ 、 り 知 を と こ い な がの 方 た な あ はー ラ ッ ア 。 だ の う 乞 を 罪の ち た 者 仰 信 の 女 男 と たな あ 、 り 知 を と こ い な がのもきべす拝崇に真に他のーラッアてしそのもきべす拝崇に真に他のーラッアてしそのもきべす拝崇に真に他のーラッアてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至-1のもきべす拝崇に真に他のーラッアてしそ :とこつ立先にい行や葉言がれそび及、徳の者るす求追を識知 :とこつ立先にい行や葉言がれそび及、徳の者るす求追を識知 ● :とこつ立先にい行や葉言がれそび及、徳の者るす求追を識知 :とこつ立先にい行や葉言がれそび及、徳の者るす求追を識知 1 ) 承伝のーィズミルィテ=ッア(」 。 るす 福 祝 を者 る え 教を と こい よ に 々人 、 で まる 至 に魚 ) む 棲に 中 の 水( や 蟻る い に 中 ” の 穴) の 地 ( は在 存の て 全 るあ に 地 天 諸、 ちた 使 天 のそ と ー ラ ッアに 実 “ たし ま い 言 は : ) れあ 安 平 と 福祝 のら か ー ラッ ア に 彼 (徒 使の ー ラ ッア て し そ ” るあ で の もな う よ の 性 。越優の私るす対に者るあに階位の低最で内の方たなあ、は性越優の者学るす対に男な心熱 に )為 行 拝 崇 (ダー バ イ で虔 敬 “ た しま い言 は ) れあ 安 平 と 福祝 のら か ー ラッ ア に 彼 ( :徒使のーラッアとるす。たしまれさ及言が者学の人 1、と男の人 1 な心熱に)為行拝崇( ダ ーバ イ で 虔 敬、 でと も の )れ あ 福 祝 と安 平の ら か ーラ ッ ア に 彼(徒 使 の ーラ ッ ア 「 た : しまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ーリヒーバ=ルア・マーマウ・ーブア-2 。るれらおてれさ暁通 。るれらおてれさ暁通 )11:85 ンーアルク( 。るれらおてれさ暁通 。るれらおてれさ暁通くよに実をとこう行が方たなあはーラッア。るれらげ上を階位の者たれらえ与を識知とちくよに実をとこう行が方たなあはーラッア。るれらげ上を階位の者たれらえ与を識知とちくよに実をとこう行が方たなあはーラッア。るれらげ上を階位の者たれらえ与を識知とちくよに実をとこう行が方たなあはーラッア。るれらげ上を階位の者たれらえ与を識知とちた者るす仰信で内の方たなあ、はーラッアた者るす仰信で内の方たなあ、はーラッア :たしまれら仰うこはーラッアの高至-1た者るす仰信で内の方たなあ、はーラッアた者るす仰信で内の方たなあ、はーラッア 徳の識知 :徳の識知 ● 徳の識知 徳の識知 12-知識の書 12-知識の
  4. 4. 4 。のものドーウーダ。ーブアは章文。 5312(ーィズミルィテ=ッア・ンナス・フーヒサ、 9462(ーィズミルィテ=ッア・ンナ ) ) ) )ス、 6013(ドーウーダ・ービア・ンナス・フーヒサ、 8563(ドーウーダ・ービア・ンナス。承伝な好良つか正真 6 ) 。 1643(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 5 ) ) 。のものムリスムは章文。 9761(ムリスム・フーヒサ、 76(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 4 ) 。 4762(ムリスム・フーヒサ 3 6 ) 承伝のーィズミルィテ=ッアとドーウーダ・ーブア(” うろ 」。あでるれらせさめ嵌をわつくの炎に彼がーラッアに日の判審、は者たし蔽隠をれそにのたれ らね 訊 て い つに識 知 の から 何 “ た しま い言 は ) れあ 福 祝 と 安平 のら か ー ラッ ア に 彼 ( :徒 使 の ー ラ ッ ア 「 た し ま い 言 は ) れあ 悦 満 ご の ー ラ ッ ア に 彼 ( ラ イ ラ フ ・ ー ブ ア - 2 : 。るあで方おい深悲慈、るれ入け受 )061-951:2 ンーアルク( 。るあで方おい深悲慈、るれ入け受 。るあで方おい深悲慈、るれ入け受 。るあで方おい深悲慈、るれ入け受を悟悔くよはれわ。うろあでるれ入け受を悟悔のら彼がれわはてし関にら彼、りあで別はを悟悔くよはれわ。うろあでるれ入け受を悟悔のら彼がれわはてし関にら彼、りあで別はを悟悔くよはれわ。うろあでるれ入け受を悟悔のら彼がれわはてし関にら彼、りあで別はを悟悔くよはれわ。うろあでるれ入け受を悟悔のら彼がれわはてし関にら彼、りあで別はちた者るすにから明)をのもたいてし蔽隠( め改)をい行( し悟悔しかし。うろあでる 、 、 、 、ちた者るすにから明)をのもたいてし蔽隠( め改)をい行( し悟悔しかし。うろあでるちた者るすにから明)をのもたいてし蔽隠( め改)をい行( し悟悔しかし。うろあでるちた者るすにから明)をのもたいてし蔽隠( め改)をい行( し悟悔しかし。うろあでる 、 、 、 、れさ放見らかのものて全)どな物生の他のそ、々人や使天( れらけざ遠らか悲慈ごのー 、 、れさ放見らかのものて全)どな物生の他のそ、々人や使天( れらけざ遠らか悲慈ごのーれさ放見らかのものて全)どな物生の他のそ、々人や使天( れらけざ遠らか悲慈ごのーれさ放見らかのものて全)どな物生の他のそ、々人や使天( れらけざ遠らか悲慈ごのー 、 、ラッア、はちた者るす蔽隠に後たしにから明に々人ていおに典啓、をき導いし正と証明たラッア、はちた者るす蔽隠に後たしにから明に々人ていおに典啓、をき導いし正と証明たラッア、はちた者るす蔽隠に後たしにから明に々人ていおに典啓、をき導いし正と証明たラッア、はちた者るす蔽隠に後たしにから明に々人ていおに典啓、をき導いし正と証明たし下が)とこのーラッア(られわに実 :すまいてれら仰うこはーラッアるな高至-1し下が)とこのーラッア(られわに実し下が)とこのーラッア(られわに実し下が)とこのーラッア(られわに実 :罰懲るす対に者るす蔽隠を識知 :罰懲るす対に者るす蔽隠を識知 ● :罰懲るす対に者るす蔽隠を識知 :罰懲るす対に者るす蔽隠を識知 5 ) 承伝のーリーハブ=ルア(。だのるす達伝を)葉言たえ伝の(私、ら 」かいよもで句一)のンーアルク(:たしまい言は)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼( 「者言預、ばれよに)れあ悦満ごのーラッアにら彼(ルムア・ンブ・ーラッドブア-3 4 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(。る 」あ で ら か い なれ し も か る す 達 伝 に 者 たれ 優 の 力 解 理 り よ 彼 を れそ 、 は 者 た せ わ 合 居 に 場の こも の う い と。 よえ 伝 に 者在 不 ) を のも たい 聞 ら か私 今 ( は 者るい に こ こ・ ・ ・ 「 す :まいてえ伝とたっ言にうよのこが彼、で中の承伝るす関に礼巡の後最の)れあ福祝と安平のら か ー ラ ッア に 彼 (者 言 預 、 は ) れあ 悦 満 ごの ー ラ ッ ア に 彼( ラ イラ フ ・ ー ブ ア - 2 。るあで達伝のへ々人のめたるす慮 )25:41 ンーアルク( 。るあで達伝のへ々人のめたるす慮 。るあで達伝のへ々人のめたるす慮 。るあで達伝のへ々人のめたるす慮熟がちた者るあ識知、り知を事るあで在存の一唯きべるれさ拝崇に真がそこ)ーラッア(熟がちた者るあ識知、り知を事るあで在存の一唯きべるれさ拝崇に真がそこ)ーラッア(熟がちた者るあ識知、り知を事るあで在存の一唯きべるれさ拝崇に真がそこ)ーラッア(熟がちた者るあ識知、り知を事るあで在存の一唯きべるれさ拝崇に真がそこ)ーラッア(れか、れさ告警てっもでれそがら彼はれこれか、れさ告警てっもでれそがら彼はれこ :たしまれら仰うこはーラッアの高至-1れか、れさ告警てっもでれそがら彼はれこれか、れさ告警てっもでれそがら彼はれこ :務義のとこるす達伝を識知 :務義のとこるす達伝を識知 ● :務義のとこるす達伝を識知 :務義のとこるす達伝を識知 3 ) 承伝のムリスム(。いなはとこるれさき引し差もとりたし少はらか罪の)ちた者たっ従にき導(ら 」彼てっよにれそてしそ。るれらえ与もに彼が罪じ同と罪る得が者たっ従にれそ、はに者うなざいとへ妄迷てしそ。いなはとこるれさき引し差もとりたし少はらか奨報の)ちた者たっ従にき導(ら彼てっよにれそてしそ。るれらえ与もに彼が奨報じ同と奨報る得が者たっ
  5. 5. 5 。のものーリーハブ=ルアは章文。 2822(ムリスム・フーヒサ、 97(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 9 。者な心熱育教つか虔敬、でか豊が識学るす関に教宗のーラッア:注者訳 8 。のものムリスムは章文。 3(ムリスム・フーヒサ、 011(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 7アに彼(者言預「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ドーウスマ・ーブア-3 : 9 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(。るあでのなえ喩のち 」た者たっかなれ入け受もをき導のーラッアのろことたれさわ遣が私ばれけなもとこる得を識知ていおにれそてしそ、と者たえ教つかり知、し益を人てっもでのものろことたれさわ遣を私がーラッア、と者ため深を解理ていおに教宗のーラッアはられこてしそ。いなもとこるせら茂を物植ばれけなもとこるえ蓄を水、で坦平つか毛不は地土の別たま。るあものもるす益を人ていおにどな漑灌や水用や料飲がーラッアてっもでれそ、め止きせ)にずせ収吸を水(もてっあで地の毛不、ばれあものもな沃肥るせら茂山沢を物植、し収吸をれそはに中の地大でれそ。るあでのもなうよの雨慈な富豊たっ降に地大もかたあ、は事たれさわ 遣を 私 て っ もを 識知 と き 導い し 正 が ーラッ ア 「 たし ま い 言 は) れあ 安 平 と福 祝 の ら か :ー ラッ ア に 彼 (者 言預 、 ば れよ に ) れ あ悦 満ご の ー ラッ ア に 彼 (ーサ ー ム ・ー ブ ア - 2 8 」 だのるなと ーニーバッラ=ッアにえゆ)場立の 。。 )97:3 ンーアルク( 」 だのるなと ーニーバッラ=ッアにえゆ)場立の 」 だのるなと ーニーバッラ=ッアにえゆ)場立の 」 だのるなと ーニーバッラ=ッアにえゆ)場立の 。。 : :そ(るいてめ求を識知つか、で秀に識学ていつに典啓が方たなあは方たなあ「 だのう言そ(るいてめ求を識知つか、で秀に識学ていつに典啓が方たなあは方たなあ「 だのう言そ(るいてめ求を識知つか、で秀に識学ていつに典啓が方たなあは方たなあ「 だのう言そ(るいてめ求を識知つか、で秀に識学ていつに典啓が方たなあは方たなあ「 だのう言 : :うこ)はのもういと者言預の来本(しかし :たしまれら仰うこはーラッアの高至-1うこ)はのもういと者言預の来本(しかしうこ)はのもういと者言預の来本(しかしうこ)はのもういと者言預の来本(しかし :徳の者るえ教をれそつか、び学を識知 ● :徳の者るえ教をれそつか、び学を識知 :徳の者るえ教をれそつか、び学を識知 :徳の者るえ教をれそつか、び学を識知 7 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(” よせさえ構を居に火業の獄地、は 」。者 くつ を 嘘 に 的図意 て し 対に 私 “ た しま い言 は ) れあ 福 祝 と 安平 のら か ー ラッ ア に 彼 ( :徒 使 の ー ラ ッ ア「 た し ま い 言 は ) れ あ悦満 ご の ー ラ ッ ア に 彼 (ラ イ ラ フ ・ ー ブ ア - 3 : 。るあでのるいてけ受ち待が罰懲な烈痛)はで世来( )711-611:61 ンーアルク( 。るあでのるいてけ受ち待が罰懲な烈痛)はで世来( 。るあでのるいてけ受ち待が罰懲な烈痛)はで世来( 。るあでのるいてけ受ち待が罰懲な烈痛)はで世来( 。 。、 が る あ が 楽 享なか 僅 ) る け お に 世 現 はに ら 彼 ( い な し 功 成 はちた 者 く つ を 嘘 て し 対 に、 が る あ が 楽 享なか 僅 ) る け お に 世 現 はに ら 彼 ( い な し 功 成 はちた 者 く つ を 嘘 て し 対 に、 が る あ が 楽 享なか 僅 ) る け お に 世 現 はに ら 彼 ( い な し 功 成 はちた 者 く つ を 嘘 て し 対 に、 が る あ が 楽 享なか 僅 ) る け お に 世 現 はに ら 彼 ( い な し 功 成 はちた 者 く つ を 嘘 て し 対 に 。 。ーラッアに実。うろあでるなにとこくつを嘘てし対にーラッアは方たなあばれすうそ。いーラッアに実。うろあでるなにとこくつを嘘てし対にーラッアは方たなあばれすうそ。い ーラッアに実。うろあでるなにとこくつを嘘てし対にーラッアは方たなあばれすうそ。い ーラッアに実。うろあでるなにとこくつを嘘てし対にーラッアは方たなあばれすうそ。い ならなはていつを嘘とどな」 るあで法合非はれこてしそ。るあで法合はれこ「 くなも拠 。 。ならなはていつを嘘とどな」 るあで法合非はれこてしそ。るあで法合はれこ「 くなも拠ならなはていつを嘘とどな」 るあで法合非はれこてしそ。るあで法合はれこ「 くなも拠 ならなはていつを嘘とどな」 るあで法合非はれこてしそ。るあで法合はれこ「 くなも拠 。 。 ) ) ) )根の何(にえゆ葉言る語が方たなあてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至-2根の何(にえゆ葉言る語が方たなあてしそ 根の何(にえゆ葉言る語が方たなあてしそ 根の何(にえゆ葉言る語が方たなあてしそ 。だのいなれらなはにき導 )441:6 ンーアルク( 。だのいなれらなはにき導 。だのいなれらなはにき導 。だのいなれらなはにき導おを者く働を正不)てし対に理真(はーラッアに実?かうろあが者い深罪どほ輩なうよくおを者く働を正不)てし対に理真(はーラッアに実?かうろあが者い深罪どほ輩なうよくおを者く働を正不)てし対に理真(はーラッアに実?かうろあが者い深罪どほ輩なうよくおを者く働を正不)てし対に理真(はーラッアに実?かうろあが者い深罪どほ輩なうよくつを嘘)てしとどなるあで法合非をのもたれさと法合がれか(てし対にーラッア、にめたつを嘘)てしとどなるあで法合非をのもたれさと法合がれか(てし対にーラッア、にめたつを嘘)てしとどなるあで法合非をのもたれさと法合がれか(てし対にーラッア、にめたつを嘘)てしとどなるあで法合非をのもたれさと法合がれか(てし対にーラッア、にめたがるせわ迷を々人いなの識知てしそ・・・がるせわ迷を々人いなの識知てしそ・・・ :たしまれら仰うこはーラッアの高至-1がるせわ迷を々人いなの識知てしそ・・・がるせわ迷を々人いなの識知てしそ・・・ :罰懲のへ者るめ求を識知てしくなでめたのーラッア :罰懲のへ者るめ求を識知てしくなでめたのーラッア ● :罰懲のへ者るめ求を識知てしくなでめたのーラッア :罰懲のへ者るめ求を識知てしくなでめたのーラッア
  6. 6. 6 。のものーリーハブ=ルアは章文。 7301(ムリスム・フーヒサ、 6113(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 31 。のものーリーハブ=ルアは章文。 3762(ムリスム・フーヒサ、 001(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 21 。のものムリスムは章文。 1762(ムリスム・フーヒサ、 18(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 11 。のものーリーハブ=ルアは章文。 618(ムリスム・フーヒサ、 37(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 01 し そ、 び 学 を ンー アル ク 、 は者 の 善 最 で内の 方 た なあ 「 た し まい 言は ) れ あ安 平 と 福 祝 : のら か ー ラ ッア に 彼 (者 言 預 、 ば れ よに ) れ あ悦 満 ご の ー ラ ッア に 彼( ン ー マ ス ウ - 2 31 ) 承伝のムリスム とー リー ハ ブ =ル ア( ” だ のる い て し利 勝 は ら彼 、 でま る 来 てっ や が 令命 ご のー ラ ッ ア 」。。うろあでるけ続し利勝にちた者るす対にら彼、は)体同共ムーラスイ(マンウのこてしそ。るあで役配分のそは私、りあで方おるれらなにえ与おをて全がそこーラッア。るれらめ深 を 解理 教 宗 の 彼、 時る な に み望 お を の もきよ に か 誰は ー ラ ッ ア “ たし ま い 言は ) れ あ 安 : 平 と福 祝 の ら かー ラッ ア に 彼( 徒 使 の ーラッ ア 「 たし ま き 聞 をの う言 に う よの 次 が ) れ : あ 悦満ごのーラッアに彼(ヤィウーアムはンーマフラッドブア・ンブ・ドイマフ-1 :徳のとこるめ深を解理ていおに教宗 :徳のとこるめ深を解理ていおに教宗 ● :徳のとこるめ深を解理ていおに教宗 :徳のとこるめ深を解理ていおに教宗 21 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(” だのるせわ迷もをちた者の他てし 」。 そ、い迷ら自、え答てしくなも識知ばれれさ問質は)ちた者な知無(ら彼。るなにとこぶ 選てしと者導主をちた者な知無は々人、りなくないてしと人 1 は者学てしそ。るあでのる れらえさ押し差を識知、てっよにとこるえさ押し差をちた者学しかし。いなはでけわるれ ら えさ 押 し 差 てし にう よ う 奪を 識 知 ら かべ もし 、 は ーラ ッ ア に 実“ た し ま き聞 を の う 言 : う こが ) れ あ 福祝 と安 平 の らか ー ラ ッ アに 彼( 徒 使 のー ラ ッ ア は私「 た し まい 言 は ) れ : あ悦満ごのーラッアにら彼(スーア=ルア・ンブ・ルムア・ンブ・ーラッドブア-2 11 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア( 」。うろ ” あでる残が性女、し減激が数の性男、にでまるなに人 05 女てし対に人 1 男てしそ。るあ でとこるれら見が酒飲、し行横が)淫姦(ーナィズ、し延蔓が知無、れさ収押が識知)の ム ーラ ス イ ( はつ 1 の 兆 予の 日 の 判 審“ う ろ だ いな は と こ く聞 を話 の そ らか ち た 者 た 、 : い聞をれそ、後の私は方たなあ?かうよしを話たい聞らか)れあ安平と福祝のらかーラッ アに彼(徒使のーラッアが私「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(スナア-1 : :形のそとえさ押し差の識知 :形のそとえさ押し差の識知 ● :形のそとえさ押し差の識知 :形のそとえさ押し差の識知 01 ) 承伝 のム リ ス ムと ー リー ハ ブ= ル ア ( ” る あ で者 た え教 を れ そつ か 、 い行 て っも で れ そ 」。 、りなにけ授おを知英がーラッア)は人 1 うも(てしそ。者たした果い使ていおに道いし 正をれそ、え抑を嗇吝のら自、がたれらなにえ与おを財がーラッア)は人 1( いないは者 : きべす望羨に外以者の人 2)るべ述に次(:たしまい言は)れあ福祝と安平のらかーラッ “
  7. 7. 7 ) 。 0072(ムリスム・フーヒサ 91 。照参」ドーブアマ=ルア・ヌウ ア「 釈 解ド ー ウ ーダ・ ー ビア ・ ンナ ス 。す ま い てれわ 言 とる あ でと こ のち た 者 言預や ち た使 天 な貴 高 : 注 者 訳 81 。照参)2652(ハーヒサ=ッア・トラィスルィス=ッア。 7872(ーィズミルィ ) ) )テ=ッア・ンナス・フーヒサ、 0153(ーィズミルィテ=ッア・ンナス、 15521(ドマフア・ドナスム。承伝な好良 71 ) ) 。 1931(ムリスム・フーヒサ、 6911(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 61 。すまいてし指をとこのクスモ者言預のナーィデマ、は承伝のこにみなち。とこの照参を章の」辺水のちた者言預‐仰信のへ日の後最「はくし詳:注者訳 51 ) 。 7205(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 41 91 ) 承伝のムリスム( 81」 う ろ あ でる れ さわ か つて め 褒 を ら彼 で 中 の ち た者 る あ に 許御 の れか は ーラ ッ ア 、 れ 。訪が寂静はにとものら彼てしそ。うろだう覆をら彼が悲慈、み囲をり周のら彼がちた使天 、 ばれ す ) 念 唱( ルク ィ ズ をー ラ ッ ア るな 厳荘 つ か 大偉 て っ 座 りま集 が 々 人「 す ま い て :し言証とたっ言にうよの次が)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(者言預、は)れあ悦満ご の ー ラ ッア に ら 彼( ー リ ゥ ド フ =ル ア ・ ドー イ サ ・ ー ブ アと ラ イラ フ ・ ー ブ ア - 3 71 ) 承伝のーィズミルィテ=ッアとドマフア(” るあで場)のりま集(の)念唱(ルクィズ“ たしまい言)は徒使の 」。 :ーラッア( ?かすで何はと園楽の国天“ たしまい言)はちた友教(。だのむ食にい大を ” : ”草のそ、らたっ入に園楽の国天“:たしまい言は)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼( 「徒 使の ー ラ ッ ア、 ばれ よ に )れ あ 悦 満 ごの ーラ ッ ア に彼 ( ク リ ーマ ・ ン ブ・ ス ナア - 2 61 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(。だのるいて 」 51し 置位 に上 の 辺水 の私 は) 壇教 説( ルバン ミの 私て しそ 。る あが園 楽る あで 部一 の国 天、 はに 間 の と )壇 教説 ( ル バン ミ の 私 と家の 私 「 たし ま い 言 は) れあ 安 平 と福 祝 の ら か :ー ラッ ア に 彼 (者 言預 、 ば れよ に ) れ あ悦 満ご の ー ラッ ア に 彼 (ライ ラ フ ・ー ブ ア - 1 。すまれさ新更度都のそてし越超を所場と時はつ 1 うも、がすでのもたし着定はつ 1 内のそ。すまりあが園楽のつ 2 るあで部一の園楽の国天はに世現 :徳の場の)念唱(ルクィズ :徳の場の)念唱(ルクィズ ● :徳の場の)念唱(ルクィズ :徳の場の)念唱(ルクィズ 41 ) 承伝のーリーハブ=ルア(。るあで者るえ教をれそて 」
  8. 8. 8 :とこぶ選 :とこぶ選 :とこぶ選 :とこぶ選 を節時な当適ていおに授伝の戒訓と識知、うよいなしりたっ行てれ離りたき飽が々人 ● を節時な当適ていおに授伝の戒訓と識知、うよいなしりたっ行てれ離りたき飽が々人 を節時な当適ていおに授伝の戒訓と識知、うよいなしりたっ行てれ離りたき飽が々人 を節時な当適ていおに授伝の戒訓と識知、うよいなしりたっ行てれ離りたき飽が々人 。れかざ遠らかちた者な知無 )991:7 ンーアルク( 。れかざ遠らかちた者な知無 。れかざ遠らかちた者な知無 。れかざ遠らかちた者な知無 、じ命を善、ち持を心のし許 、じ命を善、ち持を心のし許 :たしまれら仰うこに者言預のそはーラッアの高至-2 、じ命を善、ち持を心のし許 、じ命を善、ち持を心のし許 。るいてえ備を格 )4:86 ンーアルク( 。るいてえ備を格 。るいてえ備を格 。るいてえ備を格 人いな上のこはたなあてしそ 人いな上のこはたなあてしそ :たしまれら仰うこに者言預のそはーラッアの高至-1 人いな上のこはたなあてしそ 人いな上のこはたなあてしそ :格人い高 :格人い高 ● :格人い高 :格人い高 )512:62 ンーアルク( 。れあく深み慎にちた者信う従にたなあてしそ 。れあく深み慎にちた者信う従にたなあてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 。れあく深み慎にちた者信う従にたなあてしそ 。れあく深み慎にちた者信う従にたなあてしそ :さ深み慎と遜謙 :さ深み慎と遜謙 ● :さ深み慎と遜謙 :さ深み慎と遜謙 法作諸の師教-1 法作諸の師教-1 法作諸の師教-1 法作諸の師教-1。す でのな 略概のて し関にら れそは のもす示 に下以て しそ。 すまりあ ものもる す関に 者 ぶ 学をれ そ、ば れあ ものも るす関 に体自 識知 はに中 のそ。 すまり あが 法作諸 もに識 知 ● )91:74 ンーアル ク( 。るあでのな知存ごも先き行)るけおに世来(の方たなあ、も動一挙一)るけおに 。るあでのな知存ごも先き行)るけおに世来(の方たなあ、も動一挙一)るけおに 。るあでのな知存ごも先き行)るけおに世来(の方たなあ、も動一挙一)るけおに 。るあでのな知存ごも先き行)るけおに世来(の方たなあ、も動一挙一)るけおに 世現(の方たなあはーラッア。だのう乞を罪のちた者仰信の女男とたなあ、り知をとこい 世現(の方たなあはーラッア。だのう乞を罪のちた者仰信の女男とたなあ、り知をとこい 世現(の方たなあはーラッア。だのう乞を罪のちた者仰信の女男とたなあ、り知をとこい 世現(の方たなあはーラッア。だのう乞を罪のちた者仰信の女男とたなあ、り知をとこい ながのもきべす拝崇に真に他のーラッアてしそ ながのもきべす拝崇に真に他のーラッアてしそ ながのもきべす拝崇に真に他のーラッアてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ながのもきべす拝崇に真に他のーラッアてしそ 。すでのな識知るす関に定規法のそ、教 宗 のそ、 為行の そ、 性属の そ、名 美のそ とー ラッア のろこ とたし 供提 が徒使 諸とち た 者 言預、 がのも な粋 純、く 高誉栄 、く高 が階 位も最 で中の そ。す まり あがー リゴテ カ な 々様も に識知 、が すまれ わ言と 、者継 後の ちた者 言預は 者学て しそ 。すで とこる 則 に 法手の )れあ 安平 と福祝 のらか ーラッ アに 彼(徒 使のー ラッア ②、 と)さ 摯真( ス ーラフイ るす対にーラッアの高至①りまつ:すまりあが件条のつ 2、のめたるれられ 入 け受が れそは に) 為行拝 崇(ダ ーバイ てし そ。す で)為 行拝崇 (ダ ーバイ はと識 知 ● 知識探求者の諸作法 知識探求者の
  9. 9. 9 。者るあに態状な別特の時う行を礼巡:注者訳 62 。のものーリーハブ=ルアは章文。 664(ムリスム・フーヒサ、 09(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 52 。 59(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) 42 。のものーリーハブ=ルアは章文。 142(ムリスム・フーヒサ、 06(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 32 。すまいてし味意を意注のとにうよう洗とんちきを位部の体きべす浄洗、め含も足りまつ:注者訳 22 。浄洗の位部各の体たし図意を化浄清の身心、るけおに式形の定一るあたれらめ定ていおにムーラスイ:注者訳 12 。のものーリーハブ=ルアは章文。 1282(ムリスム・フーヒサ、 86(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 02 62 まてし と服 衣を 何 は ムリ フム“ :た しま ね訊 に)れ あ福 祝と 安平 のら かーラ ッア に彼 ( 「 徒 使のーラッアが男るあ、ばれよに)れあ悦満ごのーラッアにら彼(ルマウ・ンブイ :とこるえ答をとこの上以たれさ問質はに時 :とこるえ答をとこの上以たれさ問質はに時 ● :とこるえ答をとこの上以たれさ問質はに時 :とこるえ答をとこの上以たれさ問質はに時 52 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(” らかだのるいもちた者る 」。 あの事用や者弱や人病はに中のら彼。だのるせま済く軽、らなのるい率で拝礼を々人。る い てせ さ を い 思な 嫌に ) ち た者 拝 礼 ( は方 たな あ 、 よ) ち た 者 るい率 を 拝 礼( 々 人 “ た : しまい言は彼。たしでんせまりあが事た見をのたし表をり怒いし激ていおに戒訓が者言預、どほ 日の そ は 私て し そ” す で劫 億 が のる す 加 参に 拝 礼) 団 集 (は 私 、 での る せか 引 長 も 。 てとを)れそに際るい率を(拝礼は某何、よ徒使のーラッア“ たしまいいが男るあ「 た : : し まい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ーリーサンア=ルア・ドーウスマ・ーブア :と :と :と :と こるす現表をり怒ていおに授教や戒訓、時たしりたしに耳りたしに眼を事物きべむ忌 こるす現表をり怒ていおに授教や戒訓、時たしりたしに耳りたしに眼を事物きべむ忌 ● こるす現表をり怒ていおに授教や戒訓、時たしりたしに耳りたしに眼を事物きべむ忌 こるす現表をり怒ていおに授教や戒訓、時たしりたしに耳りたしに眼を事物きべむ忌 42 ) 承伝のーリーハブ=ルア( たしでのもたし拶挨回 3 にら彼、はに時たれ訪をともの々人 。 てしそ。たしでのもたし返り繰回 3 うよる来出解理が々人、はに時す話か何は)れあ安平 と 福祝 の ら か ーラ ッア に 彼 (者 言 預 と るよ に) れ あ 悦満 ご の ー ラッア に 彼 (ス ナ ア - 2 32 22 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(” れあい災、に踵るれさ晒に火業 」。 の獄地“ たしまい言うこ回 3 か回 2 で声なき大)は者言預( とるすとうよせま済てで撫 : 、 12 く 軽) にず わ洗と んち き( を足 がち た私て しそ 。た しま し を ーゥド ウは ちた 私、 て来 が 間時の)拝礼(ーラサ、時たいつい追にちた私が彼てしそ。たしまりあがとこたいでん歩 を方後のちた私が)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(者言預、ていおに路旅るあのち た私「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアにら彼(ルムア・ンブ・ーラッドブア-1 : :とこす返り繰と回 3 回 2 うよる来出解理が々人、げ上を声な分十)ていおに授教( ● :とこす返り繰と回 3 回 2 うよる来出解理が々人、げ上を声な分十)ていおに授教( :とこす返り繰と回 3 回 2 うよる来出解理が々人、げ上を声な分十)ていおに授教( :とこす返り繰と回 3 回 2 うよる来出解理が々人、げ上を声な分十)ていおに授教( 02 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(。たしまいでん選らか中の々日を時)な当 」 適(るえ与を戒訓にちた私、てっ嫌をのるす屈退がちた私は)れあ安平と福祝のらかーラ ッア に 彼 ( 者言 預 「 た し ま い 言 は )れ あ 悦 満ご の ー ラ ッ ア に彼 ( ド ーウ ス マ ・ ン ブ イ :
  10. 10. 10 。のものーリーハブ=ルアは章文。 23(ムリスム・フーヒサ、 821(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 92 。のものーリーハブ=ルアは章文。 1182(ムリスム・フーヒサ、 16(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 82 。のものムリスムは章文。 7711(ムリスム・フーヒサ、 2451(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 72 リ ヒー ャ ジ が 民の たな あ し も、 よ ャ シ イーア 「 た しま い 言 う こに 女彼 は ) れあ 安 平 と 福 : 祝のらかーラッアに彼(者言預、ばれよに)れあ悦満ごのーラッアに女彼(ャシイーア :とこく :とこく :とこく :とこく おてっ放ずまとひを正矯の事悪るあ、ばれあがれ恐るき起がとこい悪もりよれそしも おてっ放ずまとひを正矯の事悪るあ、ばれあがれ恐るき起がとこい悪もりよれそしも ● おてっ放ずまとひを正矯の事悪るあ、ばれあがれ恐るき起がとこい悪もりよれそしも おてっ放ずまとひを正矯の事悪るあ、ばれあがれ恐るき起がとこい悪もりよれそしも 92 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(。たしまえ伝に々人ていつにとこのそ 」 、れ恐をのるあく深罪がら自はズーアム、後死の)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼( 者言預てしそ” ならかうましてけ怠てっ切り頼にれそ)はら彼、いなはでのるすうそ( 。 “ : たし ま い 言 )は者 言 預 ( ? か う ょ しで いよ も て せば 喜 て え 伝に 々人 を と この こ 、 よ 徒 ” 使のー ラ ッ ア “ た し まい 言 )は ズ ー アム ( 。 うろ あ でる れ ら じ禁 を 獄 地に 彼 がー ラ ッ ア : ”、は者 るす 言 証 と」 る あで 徒 使の ー ラ ッア の そ はド マ ンハ ム 、 くな は の もき べ す拝 崇 に 真 ) に他のーラッア(ーラッルースラッドマンハム、ーラッラッイ・ハーライ・ーラ「に直正 らか心 も で 誰 “ た し まい 言 )は 者 言 預( 。 い さ下 し わか つ せ 仰も で 何 。よ 徒 使の ー ラ ッ : ” ア、いは“ たしまい言回 3)うこはズーアム(。よルバャジ・ンブ・ズーアム“ たしま : ” : い言)は者言預(。たしまいてしり乗相に畜家の用物り乗はズーアムと)れあ安平と福祝 「 のらかーラッアに彼(徒使のーラッア、ばれよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(スナア :とこくおでいなし及言はに識知の種るあはに々人の種る :とこくおでいなし及言はに識知の種るあはに々人の種る :とこくおでいなし及言はに識知の種るあはに々人の種る :とこくおでいなし及言はに識知の種るあはに々人の種る あ、らなのるあがれ恐るれさ解誤たま。とこいなわ言を事いしら際間てけ向に人般一 あ、らなのるあがれ恐るれさ解誤たま。とこいなわ言を事いしら際間てけ向に人般一 ● あ、らなのるあがれ恐るれさ解誤たま。とこいなわ言を事いしら際間てけ向に人般一 あ、らなのるあがれ恐るれさ解誤たま。とこいなわ言を事いしら際間てけ向に人般一 82 ) 承伝 のムリスムとーリーハブ=ルア(” るあで木のシヤメツナはれそ“ たしまい言)は者言 」。 : 預( 。 い さ 下 てえ 教 か のな 何 がれ そ 、 よ徒 使 のー ラ ッア “ た しま い 言 )は ち た友 教 ( ら ” : かれそ。たしでんせま来出がとこす出い言をれそにえゆ心恥羞、がたしまい思とるあで木 のシヤメツナがれそは)ルマウ・ンブイ(私。たしまいか向に々木の漠砂、はえ考の々人 とる す ” れ くて し話 か 何 がれ そ 。 る あで うよ の ム リス ム は れ そて しそ 。 る あが 木 の 本 1 。、いな のと こ る ち落 の 葉は に 中の 々 木 “ た し ま い言 は )れ あ 福 祝と 安 平 のら か ーラ ッ ア に : 彼( 徒 使 の ーラ ッ ア「 た し ま い 言 は) れ あ 悦満 ご の ー ラ ッ アに ら 彼 (ル マ ウ ・ ン ブ イ : :とこるす問質が師教、にめたす試を識知のそ :とこるす問質が師教、にめたす試を識知のそ ● :とこるす問質が師教、にめたす試を識知のそ :とこるす問質が師教、にめたす試を識知のそ 72 ) 承伝のムリス ムと ーリ ー ハ ブ= ルア ( ” いな ら な はて っ と まも 服 衣た い つ の) 水 香 りま つ (草 香 や ン 」。 ラフサてしそ。だのる取り切でま下しぶるくをれそ、き履を下靴は)者いなの靴(者なう よのそ。いならなはてい履も下靴、は外以者いなの靴たま。いなはでのうとまもブーロの き 付ド ー フ も ンボ ズも ン バ ータ も ツ ャ シ“ た し ま い言 は 徒 使 のー ラッ ア ” ?か す ま い と :
  11. 11. 11 。のものムリスムは章文。 7352(ムリスム・フーヒサ、 611(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 33 。 511(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) 23 。のものーリーハブ=ルアは章文。 3362(ムリスム・フーヒサ、 101(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 13 。のものーリーハブ=ルアは章文。 3331(ムリスム・フーヒサ、 6851(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 03 ラッア、よズーアム“ たしまい言は彼てしそ。たしまいてし乗同にバロの頭 1 たれらけ : 付名と” 色灰(ルイァフウ“ に共と)れあ福祝と安平のらかーラッアに彼(徒使のーラ ) 、 ッアは私「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ルバャジ・ンブ・ズーアム-3 : 33 ) 承伝のムリス ムとーリーハブ=ルア(” だのいないはてえら長き生はに後年 001、も誰のちた者るあに 」。 上 地在 現 ? か た見 を夜 の 日 のこ は 方 た なあ“ た し まい 言 て っ が上 ち立 、 と るわ 終 が れ そ : てしそ。たしまい率を)拝礼の夜(ーャシイ、に世晩のそは)れあ安平と福祝のらかーラ ッアに彼(者言預「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアにら彼(ルマウ・ンブイ-2 : 23 ) 承伝のーリーハブ=ルア(” らかだ 」。 のいなれしもか裸っ素はで世来、も性女るいてっとまを衣な等上で世現。だのすこ起をち た妻の私。かとこるれか開)く近(が)扉(の庫宝)ういと恵恩(の々数ういと何てしそ。かとこいしろ恐と何の練試)うろあでるこ起く近(たれさ示啓)に私(夜今。れあえ讃に ー ラッ ア る な 高崇“ た し まい 言 う こ 、と す出 き 起 晩る あ は ) れあ 福祝 と 安 平の ら か ー ラ : ッアに彼(者言預「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに女彼(マラサ・ムンウ-1 : :とこるえ教、え与を戒訓に々人もで中行旅もで中在滞、ずわ問を夜昼 ● :とこるえ教、え与を戒訓に々人もで中行旅もで中在滞、ずわ問を夜昼 :とこるえ教、え与を戒訓に々人もで中行旅もで中在滞、ずわ問を夜昼 :とこるえ教、え与を戒訓に々人もで中行旅もで中在滞、ずわ問を夜昼 13 )承 伝のムリスムとーリーハブ=ルア(” るあで、もで人 2“ たしまい言)は者言預( ?か 」。 : ” す で う ど ら た っ だ 人 2 ) が の た れ た 立 先 ( : た し ま い 言 が 性 女る あ と る す ” う ろ だ る “ 。 れくてっなとい覆る遮を獄地にめたの女彼がら彼、は性女たれた立先に供子の人 3“ たし : まい言にうよのこで中のそ、がたしまじ命、え与を戒訓にちた女彼は彼。たしまち持を会 機う会とちた女彼、しを束約日るあは)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(者言預でれ そ” がすでのいし欲てて当にめたのちた私もでけだ日 1、でのなりかばてれら取にちた性 。 男を た な あ “ た しま い 言 に) れ あ 福 祝と 安平 の ら かー ラ ッ ア に彼 (者 言 預 がち た 性 女 「 : : たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ーリゥドフ=ルア・ドーイサ・ーブア :とこるす授教に別女男 :とこるす授教に別女男 ● :とこるす授教に別女男 :とこるす授教に別女男 03 )承 伝のムリスムとーリーハブ=ルア(。うろあでとこたし張拡をれそでまに上の盤基の)ろ 」 こと た し 設 建 をれ そ が (ム ー ヒ ー ラ ブ イ、 け 付 を門 の つ 2 に 西東 、 け つっ く に 面 地 て し そ、し戻とへこそをのもたれさ出らかこそ、じ命うよす壊旦一を殿神バアカは私、ばれけ なでちた者のりかばた出け抜)とへムーラスイ(らか)代時明無の前以ムーラスイ(ヤー
  12. 12. 12 。のものーィズミルィテ=ッアは章文。 0372(ーィズミルィ ) ) ) テ=ッア・ンナス・フーヒサ、 3343(ーィズミルィテ=ッア・ンナス、 02401(ドマフア・ドナスム。承伝な正真 63 。照参)8621(ゥミーャジ=ルア・フ ) ) ーヒサ。 3872(ーィズミルィテ=ッア・ンナス・フーヒサ、 2053(ーィズミルィテ=ッア・ンナス。承伝な好良 53 ) ) 。のものムリスムは章文。 03(ムリスム・フーヒサ、 6582(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 43 : たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ブータッハ=ルア・ンブ・ルマウ-1 :方り座の徒学 :方り座の徒学 ● :方り座の徒学 :方り座の徒学 法作諸の徒学-2 法作諸の徒学-2 法作諸の徒学-2 法作諸の徒学-2 63 ) 承伝のーィズミルィテ=ッアとドマフア(” うろあでる 」。 得 をし 赦 お の てし 対に と こ )い 深 罪 ( たっ こ起 て い おに り ま 集 のそ、 は 者 たっ 言 と 」 す 。 まし悟悔にたなあ、い乞をし赦おのたなあ、し言証といなはのもきべす拝崇に真に他のた な あ。 す ま え 讃に 共と 美 賛 をた な あ な 高崇、 よ ー ラッ ア 「 に 前つ 立を こ そ 、で 者 た し 加 : 参 にり ま 集 い 多の言 戯 い なら 下 “ た しま い言 は ) れあ 福 祝 と 安平 のら か ー ラッ ア に 彼 ( : 徒 使 の ー ラ ッ ア「 た し ま い 言 は ) れ あ悦満 ご の ー ラ ッ ア に 彼 (ラ イ ラ フ ・ ー ブ ア - 2 : 53 ) 承伝 のー ィズ ミ ル ィテ =ッ ア ( ” い さ 下 でい な し と者 治 統の ち た 私、 を 者 いな ら わた い を ち 」。 た私てしそ。いさ下でいなしと的目の識学、や事心関の大最のちた私を世現。いさ下でい なせら被を厄災ていおに教宗のちた私てしそ。いさ下てせさ利勝に敵をちた私、え与をい 報おにちた者るす圧抑をちた私たま。いさ下てせさ続継く永末をれそてしそ。いさ下てせ さ能堪を力と覚視と覚聴のそにちた私、間るさ下てけ続しか生をちた私がたなあたま。を 信 確) の へ 教 宗のた な あ ( る さ 下 て げら 和を 難 災 ので 世 現 て っも でれ そ が たな あ て し そ 、。を従服のへたなあ、るれくてせさ達到とへ国天のへたなあを私てしそ。いさ下え与おにち た 私を 念 の 怖 畏の へた な あ 、む 阻 を 間 のと 従服 不 の へた な あ と ちた私 、 よ ーラ ッ ア “ た : しでんせまりあに多滅はとこつ立を場のりま集、はでまるす願祈てっもで葉言の)願祈( ー ア ゥ ド ) なう よ の 次 ( に め た の ち た友 教 、 は ) れ あ 安 平 と 福祝 の ら か ー ラ ッ ア に 彼 ( 徒 使 の ー ラ ッ ア 「 た し ま い 言 は ) れあ 悦 満 ご の ー ラ ッ ア に ら 彼 ( ル マ ウ ・ ン ブ イ - 1 : : 念唱(ルクィズと)願祈(ーアゥドう言にりくくめ締の場のりま集 )) : 念唱(ルクィズと)願祈(ーアゥドう言にりくくめ締の場のりま集 : 念唱(ルクィズと)願祈(ーアゥドう言にりくくめ締の場のりま集 ● : 念唱(ルクィズと)願祈(ーアゥドう言にりくくめ締の場のりま集 )) 43 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(” ならかうましてけ 」。 怠て っ切 り 頼 にれ そ ) はら 彼 、い な は での る すう そ ( :た し ま い言 ) は者 言 預( ” ? か “ うょしでいよもてせば喜てえ伝に々人をとこのこ、よ徒使のーラッア“ たしまい言は : 私” る あ で とこ うい と 、 いな れ ら せ 罰を べも し が れか 、 ば れ けな さ配 に 共 とれ か も を の 。 も何、はと利権るす対にーラッアるな厳荘つか大偉のべもしてしそ。るあでとこいなさ配 に共とれかもをのも何ていおにこそ、め崇をれかがべもし、はと利権るす対にべもしのそ のーラッア“ たしまい言)は者言預(。すで知存ごが徒使のそとーラッア“ たしまい言 : ” : は私”?かるいてっ知を利権るす対にーラッアのべもし、と利権るす対にべもしのそのー
  13. 13. 13 ) ) 。のものーリーハブ=ルアは章文。 6712(ムリスム・フーヒサ、 66(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 04 ) 。 39(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 93 。たしでのもたし明表を度態な的想理の彼のてしとムリスムういと、いなが要必るすは問質な計余、し足満でけだのもるれらえ伝が徒使のそとーラッア、は葉言の)れあび悦おのーラッア に 彼( ルマ ウ。 すまり あが 及言 のと たっ 下が 示啓 うい と 。 いな はで のる す問 質を とこな うよ るな く悪 の合 都て っと に 方 た な あ 、 ば れな に か ら 明 が れ そ し も 、 よ ち た 者 る す 仰 信 の ン ー ア ル ク 、 て し 関 に 件 の こ は で 承 伝 の 別 : 注 者 訳 83 。のものムリスムは章文。 8(ムリスム・フーヒサ、 05(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 73 :とこる座てっなに輪でどな場の習学、念唱や戒訓 ● :とこる座てっなに輪でどな場の習学、念唱や戒訓 :とこる座てっなに輪でどな場の習学、念唱や戒訓 :とこる座てっなに輪でどな場の習学、念唱や戒訓 04 ) 承伝のムリ スムとーリーハブ=ルア(。だのたれら去ち立き背らか彼もーラッア、めたたっ去ち立て 」 い背、ばえ言とは人 1 うも方一。たれらがしかず恥らか彼もーラッア、めたたっがしかず 恥は人 1 うも。たれ入え迎を彼はーラッア、いか向とへ許御のーラッアは人 1 の内のら彼 。かうそ話ていつに男の人 3)の件(:たしまい言、とるわ終)し話(は)れあ安平と福 「 祝のらかーラッアに彼(徒使のーラッア。たしまいましてっ去ち立、ばえいとは男の目人 3 方一。たしまり座にろ後のら彼は人 1 うも、り座にこそてけつ見を所場るいてい空に中 の輪の々人は人 1、りま止ち立でともの)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(徒使のー ラッアは人 2 てしそ。たしまいましてっ行は人 1、がたしまき赴とへともの)れあ安平と 福祝のらかーラッアに彼(徒使のーラッアは人 2 の内のそ。たしま来てっやがちた男の人 3 、時 る い て っ座 に共 と 々 人で ク ス モ が) れあ 安 平 と福 祝 の ら かー ラッ ア に 彼( 徒 使 の ー ラッア、ばれよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(ーィスイラ=ッア・ドキーワ・イバウ :所場きべる座で場なう :所場きべる座で場なう :所場きべる座で場なう :所場きべる座で場なう よのそび及、とこるす加参に的極積にどな場の念唱や戒訓るけおにクスモや席の問学 ● よのそび及、とこるす加参に的極積にどな場の念唱や戒訓るけおにクスモや席の問学 よのそび及、とこるす加参に的極積にどな場の念唱や戒訓るけおにクスモや席の問学 よのそび及、とこるす加参に的極積にどな場の念唱や戒訓るけおにクスモや席の問学 93 ) 承伝のーリーハブ=ルア(。た 」 83 しまし黙沈)は者言預(とるす” たしまし足満にとこるあで者言預が)れあ安平と福祝 。 のらかーラッアに彼(ドマンハムてしそ、にとこるあで教宗がムーラスイたま、にとこる あで 主が ー ラ ッア は ちた 私 “ た し ま い言 、 き 跪は ル マウ と る す” い よが る す問 質 “ た : 。 : しまい言)てし腹立は者言預( とるすにめ攻問質)てっもで問質いなくしま好(を彼 、 が者のく多らかれそ” だァフーザフは父のたなあ“ たしまい言は)れあ安平と福祝のら 。 : かーラッアに彼(者言預とるす”?かすで誰は父の私“:たしまし問質うこに彼がァフー 「 ザフ・ンブ・ーラッドブア、時たし出外が)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(徒使の ーラ ッ ア 時 るあ 、 ば れよ に ) れ あ 悦 満ご の ー ラッ ア に 彼 ( ク リー マ ・ン ブ ・ ス ナ ア - 2 73 ) 承伝のムリスムとー リ ーハ ブ = ル ア( ・ ・ た しま き 置 に 上の 腿両 の そ を手 両 の 彼 、り 座て し に うよ る せ わ 合 ・ きつに膝両を膝両の彼、とる来てっやでまともの)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼( 者言預は彼。たしでんせまいは者る知を彼てしと人 1 誰のちた私、がたしでんせまりあは 跡形の旅はに彼。たしまれ現にとものちた私が男の人 1 の髪の黒漆、いとまを服衣の白純 、時るあに共と)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(徒使のーラッア日るあがちた私「
  14. 14. 14 ) ) 。のものーリーハブ=ルアは章文。 56(ムリスム・フーヒサ、 121(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 44) )。 59(ブーヒルタ=ッア・ワ・ブーギルタ=ッア・フーヒサ、 124(ムキーハ=ルア・クラゥドタスム。承伝な正真 34 。のものーィズミルィテ=ッアは章文。照参)6912(ハーヒサ=ッア・トラィス ルィス=ッア。 5651(ーィズミルィテ=ッア・ンナス・フーヒサ、 9191(ーィズミルィテ=ッア・ンナス、 272(ド ) ) ) ) ラフム=ルア・ブダア=ルア・フーヒサ、 363(ドラフム=ルア・ブダア=ルアのーリーハブ=ルア。承伝な正真 24 。照参)2652(ハーヒサ=ッア・トラィスルィス=ッア。 7872(ーィズミルィ ) ) ) テ=ッア・ンナス・フーヒサ、 0153(ーィズミルィテ=ッア・ンナス、 15521(ドマフア・ドナスム。承伝な好良 14 :とこく聞でまるか分に者るいてっ知をれそ、らたい聞をとこいなら知 :とこく聞でまるか分に者るいてっ知をれそ、らたい聞をとこいなら知 ● :とこく聞でまるか分に者るいてっ知をれそ、らたい聞をとこいなら知 :とこく聞でまるか分に者るいてっ知をれそ、らたい聞をとこいなら知 44 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(” いならなはてっ戻 」。 い舞に者仰信不う合ち討を首のい互、後)死(の私“ たしまい言)てけ続(てしそ” だ : 。 の く 聴 く よ をと こ う 言 の 々 人 “ : た しまい 言 う こ に 彼 で 中 の 教説の れ 別 は ) れ あ 安 平 と 「 福祝のらかーラッアに彼(者言預、ばれよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(ルーリャジ :とこるす聴傾を話の者たえ備を識知 :とこるす聴傾を話の者たえ備を識知 ● :とこるす聴傾を話の者たえ備を識知 :とこるす聴傾を話の者たえ備を識知 34 ) 承伝のム キーハ=ルア(。いなはで者の内のちた私、は者く欠を礼てし対に者学、ずらが愛可を者 」 少 年、 ず わ 敬 を者配 年 「 たし ま い 言 は) れあ 安 平 と福 祝 の ら かー ラッ ア に 彼( 徒 使 の ー : ラッ ア 、 ば れよ に ) れあ 悦 満 ご の ー ラッ ア に 彼( ト ミ ー サ = ッア ・ ンブ ・ ダ ー バ ウ - 3 24 ) 承伝のーィズミルィテ=ッアとーリーハブ=ルア(” いなはで者の 」。 内 のち た 私 は 者い なわ 敬 を 者の 配 年 、 ずらが 愛 可 を者 の 少 年 “ た しま い 言 は) れ あ 安 平 : と福祝のらかーラッアに彼(者言預でれそ。たしでんせまけ空を席にめたの彼はにぐすは 々人、がたしま来てっやにめたう会に)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(者言預が男 の配年るあ「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(クリーマ・ンブ・スナア-2 : 。うろあでうましてし帰 。うろあでうましてし帰 )2:94 ンーアルク( 。うろあでうましてし帰 。うろあでうましてし帰 に無はい行の方たなあ、に間ぬら知が方たなあばれすうそ。いならなはてっ言をのもに彼 に無はい行の方たなあ、に間ぬら知が方たなあばれすうそ。いならなはてっ言をのもに彼 に無はい行の方たなあ、に間ぬら知が方たなあばれすうそ。いならなはてっ言をのもに彼 に無はい行の方たなあ、に間ぬら知が方たなあばれすうそ。いならなはてっ言をのもに彼、で形なまさらかあなうよるすにい互が方たなあてしそ。いならなはてげ上く高もりよ声の、で形なまさらかあなうよるすにい互が方たなあてしそ。いならなはてげ上く高もりよ声の、で形なまさらかあなうよるすにい互が方たなあてしそ。いならなはてげ上く高もりよ声の、で形なまさらかあなうよるすにい互が方たなあてしそ。いならなはてげ上く高もりよ声の 者言預を声の方たなあ、よちた者るす仰信 :たしまれら仰うこはーラッアの高至-1 者言預を声の方たなあ、よちた者るす仰信 者言預を声の方たなあ、よちた者るす仰信 者言預を声の方たなあ、よちた者るす仰信 :とこう敬を者長年や者学 :とこう敬を者長年や者学 :とこう敬を者長年や者学 ● :とこう敬を者長年や者学 14 ) 承伝のーィズミルィ テ=ッアとドマフア(” るあで場)のりま集(の)念唱(ルクィズ“ たしまい言)は徒 」。 : 使のーラッア( ?かすで何はと園楽の国天“ たしまい言)はちた友教(。だのむ食にい ” : ” 大を草のそ、らたっ入に園楽の国天“:たしまい言は)れあ安平と福祝のらかーラッアに 「 彼(徒使のーラッア、ばれよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(クリーマ・ンブ・スナア
  15. 15. 15 ) 。 021(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 84 。 照参」ーリーバ=ルア・フゥトァフ「 )釈解ーリーハブ=ルア・フーヒサ著ルャジハ・ンブイ(うょしでいなはとこるあでのもいないてれら知く全が承伝のそ、らかんせまりあはずはう行を」蔽隠の識知「るあで忌禁なき大るけおにムーラスイは)れあび悦おのーラッアに彼(ライラフ・ーブア友教、よせにれずい。すで明不は相真、がすまりあが説たっいと、かいなはで承伝るす関に世来や日の判審るいてし写描を怖恐な々様な的撃衝にり余はいるあ、承伝の味意なうようましてしに首ち打を彼ばけ聞をれそが :ら彼、でのもの類るす判批を悪の党徒の圧抑と正不、はと承伝」るれら切ち断が道食のこばれす外口しも「 注者訳 74 ) ) 。のものーリーハブ=ルアは章文。 197(ムリスム・フーヒサ、 3305(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 64 ) ) 。のものーリーハブ=ルアは章文。 6782(ムリスム・フーヒサ、 301(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 54ムはーラッアとるす」 やい「 たっ言はーサーム」?かるいてっ知を者るあ識学りよたな 。 :あ「 たっ言)にーサーム(は彼。た来てっやが男の人 1、とるいとちた者の民のルエラス :イが ー サ ー ム “ たし ま き 聞を の う 言 うこ が) れ あ 福祝 と 安 平 のら かー ラ ッ アに 彼 ( 徒 使 :の ーラ ッ ア は 私「 た し ま い言 は ) れ あ悦 満ご の ー ラッ ア に ら 彼( スー バ ッ ア・ ン ブ イ : :とこるあくしま慎ていおに況状 :とこるあくしま慎ていおに況状 :とこるあくしま慎ていおに況状 :とこるあくしま慎ていおに況状るゆらあ、め求を加増るな更の識知、え耐に難困るけおにこそ、ち立旅にめたの究学るゆらあ、め求を加増るな更の識知、え耐に難困るけおにこそ、ち立旅にめたの究学 ●るゆらあ、め求を加増るな更の識知、え耐に難困るけおにこそ、ち立旅にめたの究学るゆらあ、め求を加増るな更の識知、え耐に難困るけおにこそ、ち立旅にめたの究学 。るあでのるあが戒訓のへちた者るめ努に解理て )73:05 ンーアルク( 。るあでのるあが戒訓のへちた者るめ努に解理て 。るあでのるあが戒訓のへちた者るめ努に解理て 。るあでのるあが戒訓のへちた者るめ努に解理てし中集、き聴くよ、え備を性理はに中のそに実し中集、き聴くよ、え備を性理はに中のそに実 :たしまれら仰うこはーラッアの高至し中集、き聴くよ、え備を性理はに中のそに実し中集、き聴くよ、え備を性理はに中のそに実 :とこるす聴謹し中集 :とこるす聴謹し中集 ● :とこるす聴謹し中集 :とこるす聴謹し中集 84 74 ) 承伝のーリーハブ=ルア(。 るあでのものろことるれら切ち断が道食のこ 」ばれす外口しもはつ 1 うも、りあでのもたえ伝に既はつ 1 のそ。たし護守をられそ、ぎ継け受を)とこの承伝りまつ(物れ入のつ 2 らか)れあ福祝と安平のらかーラッアに彼(徒使のーラッアは私「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ライラフ・ーブア-2 : 64 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(。らかだのなのもうまして 」っ去げ逃く早素もりよダクラたれがなつに綱り縛はれそ。てけかに方おるいてれらね委に手 御の そ が 魂 の私 。れ あ に 共と ン ー ア ルクに 常 「 たし ま い 言 は) れあ 安 平 と福 祝 の ら か :ーラ ッ ア に 彼( 者 言 預、 ば れ よ に ) れあ 悦 満 ごの ー ラ ッ ア に 彼( ー サー ム ・ ー ブ ア - 1 :とこるす力努うよいなれ忘を識知だん学の他のそやンーアルク :とこるす力努うよいなれ忘を識知だん学の他のそやンーアルク ● :とこるす力努うよいなれ忘を識知だん学の他のそやンーアルク :とこるす力努うよいなれ忘を識知だん学の他のそやンーアルク 54 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア( すまいてえ伝をとこ 。たえ 答 と 」 だの るす 滅 破 、は 者 る れ さ論 議て い お に算 清 。 る あで 示提 は れ そ「 が ) れ あ 。安平と福祝のらかーラッアに彼(者言預、い問と」?かんせまりあはでたれら仰と 。う 。う 。う 。うろ だ るれ さ くし 易を 算 清の そ 、は 者 る取 け受 に 手右 を 簿帳 の そで れそろ だ るれ さ くし 易を 算 清の そ 、は 者 る取 け受 に 手右 を 簿帳 の そで れそ は ー ラ ッ ア の 高ろ だ るれ さ くし 易を 算 清の そ 、は 者 る取 け受 に 手右 を 簿帳 の そで れそろ だ るれ さ くし 易を 算 清の そ 、は 者 る取 け受 に 手右 を 簿帳 の そで れそ至「がャシイーア、し関にとこたっ言と」 るけ受を罰皆は者るけ受を算清)日の判審( 。 「が)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(者言預てしそ、とこたけ続し求追でまるか分がれそ、らたい聞をとこいなら知の女彼か何が)れあ悦満ごのーラッアに女彼(ャシイーア妻の)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(者言預、はカイラム・ービア・ンブイ
  16. 16. 16 。 311(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) 25 。 111(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) 15 。 99(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) 05 。のものーリーハブ=ルアは章文。 0832(ムリスム・フーヒサ、 47(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 94 25 ) 承伝のーリーハブ=ルア(。だのたっかないてめ留き書は私 」 、がたいてめ留き書)を承伝(は彼。だ別はけだルムア・ンブ・ーラッドブアしかし。い なは者るえ伝く多りよ私を承伝のらか彼、で中のちた友教の)れあ福祝と安平のらかーラ ッアに彼(者言預「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ライラフ・ーブア-2 : 15 ) 承伝のーリーハブ=ルア(” ん 」。 せまりあは事るれさ処に刑死にえゆ者仰信不)ていおに刑復報(がムリスムてしそ。すで )定規法のていつに(虜捕と債血“ たしまい言)は彼( ?かすでのるあてい書が何はに : ” 書のられこ“ たしまい言は私” すでけだ書のられこ、とのものろことたし解理)ていつ : 。 にれそ(がムリスム、とンーアルク。えいい“ たしまい言)は彼( ?かすまりあは本に : ” と もの 方 た な あ“ た し ま い言 に ー リ アは私 「 た しま い 言 は ァフイ ハ ュ ジ・ ー ブ ア - 1 : : :とこるめたたしに書を識知 :とこるめたたしに書を識知 :とこるめたたしに書を識知 ● :とこるめたたしに書を識知 05 ) 承伝のーリーハブ=ルア(” る 」。 あ で者 た し 白 告に 摯真 ら か 魂は い る あ 、心と 」 い なは の も き べす 拝崇 に 真 に他 の ー ラ ッ ) ア (ー ラ ッ ラ ッイ・ ハ ー ライ ・ ー ラ 「 は のる 見 を 目き 良 も 最 てい おに し な りと の 私 に 日 、 の判審。だのたっかないてっ思はとるね訊に私がか誰ていつにとこのこ、に先りよたなあ は私。るいてっ知は意熱るす対に)承伝の者言預(スーィデハのたなあ、よライラフ・ー ブア “ た し まい 言は ) れ あ福 祝 と 安 平の らか ー ラ ッア に 彼 ( 徒使 のー ラ ッ ア” ? か う ょ : しで誰はのる見を目き良も最ていおにしなりとのたなあに日の判審、よ徒使のーラッア“ : たし ま い 言 がか誰 「 た しま い 言 は )れ あ悦 満 ご のー ラ ッ ア に彼 (ラ イ ラ フ・ ー ブ ア : :とこるめ求に欲貪を識知 :とこるめ求に欲貪を識知 ● :とこるめ求に欲貪を識知 :とこるめ求に欲貪を識知 94 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(” すで部 1 の事来出たれら 」。 語で中の典啓のそ、がーラッアるな厳荘つか大偉がれこ。たしまけつ見をルィデハは人 2、とく行てっ戻てっ辿を跡足た来てしそ」 のもるいでん望のちた私そこれそ「 たっ言)は 。 : ーサ ー ム ( 。んせ ま り あ も で 者 何 の 外以) 魔 悪 ( ン ー タ イ ャ シ、は の た せ さ れ 忘 を の す 」 出い思をれそに私。すでのたっまして来てれ忘を魚)時のそ(は私?うょしでたっあが時 だ ん休 で ) 所 の(岩 、 ら ほ「 た っ 言 にー サー ム は 者若 と る す 。た っ追 を 跡 の魚 に 海 ) て : れ連を者若のい使間小(はーサームてしそ」 うろだるえ会出と彼はたなあばれすうそ 。。だのる戻)を道( 時たっ失見を魚がたなあ「 たっ仰)にーサームはーラッア(てしそ 、 : 。たれさと印目のそを魚の匹 1 はーラッアてしそ、ね尋を法方 う会に彼はーサーム」 るいがルィデハべもしがられわ。やい「 たれさ示啓うこにーサー 。 :
  17. 17. 17 。 9712(ムリスム・フーヒサ ) 65 。のものムリスムは章文。 7712(ムリスム・フーヒサ、 0726(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 55 。 089(ドーウーダ・ーブア・ンナス・フーヒサ、 8011(ドーウーダ・ービア・ンナス。承伝な好良 ) ) 45 。浄洗の位部各の体たし図意を化浄清の身心、るけおに式形の定一るあたれらめ定ていおにムーラスイ:注者訳 35りま集(はちた者るあ、とるれ訪をともの)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(者言預がちた私「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ラムサ・ンブ・ルビーャジ-4 : 65 」 ) 承伝のムリスム(。るあが権先優りよていおに所場のそ、は者たきてっ戻へこそた ま、 り が 上 ち立ら か 所 場る い て っ 座 「 たし ま い 言は ) れ あ 福祝 と安 平 の らか ー ラ ッ ア :に彼 ( 徒 使 のー ラ ッ ア、 ば れ よ に ) れあ 悦 満 ごの ー ラ ッ ア に 彼( ラ イラ フ ・ ー ブ ア - 3 55 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(。だのるや 」て っ作 を 所 場 き空 )の け だ るれ 座 が 者 のそ( げ 広 を所 場 し か し。 いな け い はて せ た 立 を 、の るい て っ 座 がか 誰、 に め たる 座 に こ そが分 自 「 たし ま い 言 は) れあ 安 平 と福 祝 の ら か :ーラ ッ ア に 彼( 者 言 預、 ば れ よ に ) れあ 悦 満 ごの ー ラ ッ ア に ら彼 ( ルマ ウ ・ ン ブ イ - 2 。るれらおてれさ暁通くよに実をとこう行が )11:85 ンーアルク( 。るれらおてれさ暁通くよに実をとこう行が 。るれらおてれさ暁通くよに実をとこう行が 。るれらおてれさ暁通くよに実をとこう行が方たなあはーラッア。るれらげ上を階位の者たれらえ与を識知とちた者るす仰信で内の方方たなあはーラッア。るれらげ上を階位の者たれらえ与を識知とちた者るす仰信で内の方方たなあはーラッア。るれらげ上を階位の者たれらえ与を識知とちた者るす仰信で内の方方たなあはーラッア。るれらげ上を階位の者たれらえ与を識知とちた者るす仰信で内の方たなあ、はーラッア。だのるが上ち立、らたれわ言と」 いさなりが上ち立「 にめたのど 。 。 ))たなあ、はーラッア。だのるが上ち立、らたれわ言と」 いさなりが上ち立「 にめたのどたなあ、はーラッア。だのるが上ち立、らたれわ言と」 いさなりが上ち立「 にめたのどたなあ、はーラッア。だのるが上ち立、らたれわ言と」 いさなりが上ち立「 にめたのど 。 。 ))なドーハジはいるあ、拝礼(てしそ。うろあでるさ下てけ空を所場)の国天(にめたの方なドーハジはいるあ、拝礼(てしそ。うろあでるさ下てけ空を所場)の国天(にめたの方なドーハジはいるあ、拝礼(てしそ。うろあでるさ下てけ空を所場)の国天(にめたの方なドーハジはいるあ、拝礼(てしそ。うろあでるさ下てけ空を所場)の国天(にめたの方たなあがーラッア)ばれすうそ( だのるやてけ空を所場、らたれわ言と」 いさ下てけ空 。 。 。 。たなあがーラッア)ばれすうそ( だのるやてけ空を所場、らたれわ言と」 いさ下てけ空たなあがーラッア)ばれすうそ( だのるやてけ空を所場、らたれわ言と」 いさ下てけ空たなあがーラッア)ばれすうそ( だのるやてけ空を所場、らたれわ言と」 いさ下てけ空 。 。 。 。を所場「で場のりま集、よちた者るす仰信 :たしまれら仰うこはーラッアの高至-1を所場「で場のりま集、よちた者るす仰信を所場「で場のりま集、よちた者るす仰信を所場「で場のりま集、よちた者るす仰信 :法作諸るけおにりま集)うなかに法ムーラスイ( :法作諸るけおにりま集)うなかに法ムーラスイ( ● :法作諸るけおにりま集)うなかに法ムーラスイ( :法作諸るけおにりま集)うなかに法ムーラスイ( 45 ) 承伝のドーウーダ・ーブア(。らか 」だのうましてっなに目え控でまていおに階位るけおにこそ、てしといいばれすえされ入はに国天はにいまし、け続りかざ遠)らか行善くなも由理(はのもういと間人。だのくづ近に ムー マ イ 、 し加参 に 場 の教 説 「 た しま い言 は ) れあ 安 平 と 福祝 のら か ー ラッ ア に 彼 ( :徒使のーラッア、ばれよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(ブゥドンュジ・ンブ・ラムサ :とこるあにく近の彼、時るす教説がムーマイ :とこるあにく近の彼、時るす教説がムーマイ ● :とこるあにく近の彼、時るす教説がムーマイ :とこるあにく近の彼、時るす教説がムーマイ 35」。だのるすを ーゥドウ、し浄洗を器性男“ たっ言)とたっ言うこが者言預(は彼とる ” :す。たっ貰てい訊に彼をとこのそ、み頼にドワスア=ルア・ンブ・ドーダクミ=ルアは私でれそ。たれわらめたにえゆたっあで妻の私が娘の彼、はのるね訊をとこのそに)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(者言預、がたっあで質性うましてしら漏を液滑潤)る出てけ 駆先 に 射 発 の液精 ( く よは 私 「 た しま い言 は ) れあ 悦 満 ご のー ラッ ア に 彼( ー リ ア : :とこう貰てい訊でん頼に者の他か誰、をとこなうよるれわらめたがのるす問質ら自 :とこう貰てい訊でん頼に者の他か誰、をとこなうよるれわらめたがのるす問質ら自 ● :とこう貰てい訊でん頼に者の他か誰、をとこなうよるれわらめたがのるす問質ら自 :とこう貰てい訊でん頼に者の他か誰、をとこなうよるれわらめたがのるす問質ら自

×