Ja 25 belief_in_fate

159 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
159
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Ja 25 belief_in_fate

  1. 1. イーマーンの諸基幹 イーマーンの諸基幹 定命への信仰 定命への信仰 への ﴾ ‫ﻹﻳﻤﺎ – ﻹﻳﻤﺎ ﺑﺎﻟﻘﺪ‬ ﴿ [ 日本語– Japanese – k‫] ﻳﺎﺑﺎ‬ムハンマド・イブラーヒーム・アッ=トゥワイジュリー 翻訳 : サイード佐藤 校閲 : ファーティマ佐藤 2007 - 1428
  2. 2. ‫ﻹﻳﻤﺎ – ﻹﻳﻤﺎ ﺑﺎﻟﻘﺪ ﴾‬ ‫﴿‬ ‫» ﺑﺎﻟﻠﻐﺔ ﺎﺑﺎﻧﻴﺔ «‬ ‫ﺤﻣﻤﺪ ﺑﻦ ﺑﺮ ﻫﻴﻢ ﺤﻛﻮﺠﻳﺮ‬ ‫ﺗﺮﻤﺟﺔ: ﺳﻌﻴﺪ ﺳﺎﺗﻮ‬ ‫ﻣﺮ ﺟﻌﺔ: ﻓﺎﻃﻤﺔ ﺳﺎﺗﻮ‬ ‫8241 - 7002‬ ‫2‬
  3. 3. 3) れ あ 福祝 と 安 平 の ら か ー ラ ッ アに 彼 ( 徒 使 の ー ラ ッ ア は私 「 た し ま い 言 は ) れ :あ悦満ご のーラッ アにら彼 (スー ア=ルア ・ンブ・ ルムア ・ンブ・ ーラッド ブア ② 。だのなとこいし易に実、てっとに )07:22 ンーアルク( 。だのなとこいし易に実、てっとに 。だのなとこいし易に実、てっとに 。だのなとこいし易に実、てっとにーラッアはとこなうよのそ。るあでのるいてれさ載記に中の)版碑たれら護(ズーーラッアはとこなうよのそ。るあでのるいてれさ載記に中の)版碑たれら護(ズーーラッアはとこなうよのそ。るあでのるいてれさ載記に中の)版碑たれら護(ズーーラッアはとこなうよのそ。るあでのるいてれさ載記に中の)版碑たれら護(ズーフフマ=ルア・フウラ=ッアて全はられそに実。かのいなら知をとこるあで知存ごフフマ=ルア・フウラ=ッアて全はられそに実。かのいなら知をとこるあで知存ごフフマ=ルア・フウラ=ッアて全はられそに実。かのいなら知をとこるあで知存ごフフマ=ルア・フウラ=ッアて全はられそに実。かのいなら知をとこるあで知存ごをて全のもるあに地天がーラッアはたなあをて全のもるあに地天がーラッアはたなあ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ①をて全のもるあに地天がーラッアはたなあをて全のもるあに地天がーラッアはたなあ 。すでのいなはとこるすりたし減増、りたし化変りたれさ更変はにしな令命ごのーラッアはられそ、りあでのるいてれらめ定めじからあを所場や間時、形や量のて全は彼。とこるじ信をとこるいてれらめ留き書に既に)版碑たれら護(ズーフフマ=ルア・フウラ = ッ ア を定 設 細 詳の 事 物 の て 全 どな 糧 、 況状 の 物 造 被 や 事物 が ーラ ッ ア の 高 至 - 2 。るあでめたる知をとこるいてれさ知熟を象事のて全 )21:56 ンーアルク( 。るあでめたる知をとこるいてれさ知熟を象事のて全 。るあでめたる知をとこるいてれさ知熟を象事のて全 。るあでめたる知をとこるいてれさ知熟を象事のて全がーラッアてしそ、りなに来出おをとこのて全がーラッア、が方たなあはれそ。る来てっがーラッアてしそ、りなに来出おをとこのて全がーラッア、が方たなあはれそ。る来てっがーラッアてしそ、りなに来出おをとこのて全がーラッア、が方たなあはれそ。る来てっがーラッアてしそ、りなに来出おをとこのて全がーラッア、が方たなあはれそ。る来てっ下を間のそは示啓。方おたれら創をのもの様同とれそもていおに地てしそ、と天の層 7 は下を間のそは示啓。方おたれら創をのもの様同とれそもていおに地てしそ、と天の層 7 は下を間のそは示啓。方おたれら創をのもの様同とれそもていおに地てしそ、と天の層 7 は下を間のそは示啓。方おたれら創をのもの様同とれそもていおに地てしそ、と天の層 7 はそこーラッアそこーラッアそこーラッア :たしまれら仰はーラッアの高至。すで様同、れあでのもるす連関に為行そこーラッアの物造被どな態状の物機無や物植動、態状や為行や葉言の間人はいるあ、れあでのもるす連関と為行のーラッアるな高崇どなめ決り取の死生、行運や造創の宙宇のこはれそ。とこるす 仰 信 を とこ う い とる あ で 知 存 ご を細 詳 と 体全 の 象 事 の て 全、 が ーラ ッ ア の 高 至 - 1 :すまれま含が事物のつ 4 はに仰信のへ命定 ● :すまれま含が事物のつ 4 はに仰信のへ命定 :すまれま含が事物のつ 4 はに仰信のへ命定 :すまれま含が事物のつ 4 はに仰信のへ命定 。すでとこるじ信てっもを信確をとこるあでとこるれさ行履ごのそつか、りなにめ定おに既のーラッアが事来出のて 。たっ創全、れあでとこい悪れあでとこい良、にうよたれら仰と)94:45 ンーアルク( 。たっ創 。たっ創 。たっ創をのものて全てっもを命定、は)とこのーラッア(られわに実をのものて全てっもを命定、は)とこのーラッア(られわに実 、がーラッアるな高崇をのものて全てっもを命定、は)とこのーラッア(られわに実をのものて全てっもを命定、は)とこのーラッア(られわに実 :はと仰信のへ命定 :はと仰信のへ命定 ● :はと仰信のへ命定 :はと仰信のへ命定 。んせまりあはとこる 得る知 もえさ で者 言預や 使天い し近に れか 、りあ で密秘 のーラ ッア るけお に造創 は命 定たま 。とこ うい とるい てれら め留き 書に )版碑 たれら 護(ズ ーフ フマ= ルア・ フウ ラ=ッ アに既 を事 物のら れこた ま。定 設な 密緻の 事物の られそ び及 。識知 のれか るす 関に現 出や生 発の どな事 物や事 来出な 々様 、界世 諸や造 創たれ らな にみ望 おがー ラッア。識知るす関に事物のて全のーラッア:すまし指を柄事なうよの下以:はと命定 ● はと命定 はと命定 はと命定 への 定命への信仰 ⑥定命への信仰
  4. 4. 4 。 ) 2653 (ムリスム・フーヒサ 1 。たれら創をのものろことう行 )69:73 ンーアルク( 。たれら創をのものろことう行 。たれら創をのものろことう行 。たれら創をのものろことう行の方たなあ、と方たなあはーラッアてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ③の方たなあ、と方たなあはーラッアてしその方たなあ、と方たなあはーラッアてしその方たなあ、と方たなあはーラッアてしそ 。たっ創をのものて全てっも )94:45 ンーアルク( 。たっ創をのものて全てっも 。たっ創をのものて全てっも 。たっ創をのものて全てっもを命定、は)とこのーラッア(られわに実を命定、は)とこのーラッア(られわに実 :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ②を命定、は)とこのーラッア(られわに実を命定、は)とこのーラッア(られわに実 。るいてれらね委は事物のて全そ )26:93 ンーアルク( 。るいてれらね委は事物のて全そ 。るいてれらね委は事物のて全そ 。るいてれらね委は事物のて全そこにれか、りあで主造創のて全はーラッアこにれか、りあで主造創のて全はーラッア :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ①こにれか、りあで主造創のて全はーラッアこにれか、りあで主造創のて全はーラッア 。んせまいも者造創るなかいはに他のれか。すまれさ造創に共とどなき動、性属、質本の そ 、 を 事物 の て 全は れ か 。 仰 信 うい と だ のる れ さ 造 創 を て全 が ーラ ッ ア の 高 至 - 4 )92-82:18 ンーア 。いなはとこるす思意をか何、り限いなれたもを思意ご)うそ(がーラッルク( 。いなはとこるす思意をか何、り限いなれたもを思意ご)うそ(がーラッ 。いなはとこるす思意をか何、り限いなれたもを思意ご)うそ(がーラッ 。いなはとこるす思意をか何、り限いなれたもを思意ご)うそ(がーラッア主の有万、は方たなあてしそ。るあでのものめたの者む望といたし正をら自)てア主の有万、は方たなあてしそ。るあでのものめたの者む望といたし正をら自)てア主の有万、は方たなあてしそ。るあでのものめたの者む望といたし正をら自)てア主の有万、は方たなあてしそ。るあでのものめたの者む望といたし正をら自)て 、 、っ よに 実真( で内 の方 たなあ )は 戒訓(っ よに 実真( で内 の方 たなあ )は 戒訓( : た し ま れ ら 仰 う こ は ー ラ ッ ア の 高 至 ④っ よに 実真( で内 の方 たなあ )は 戒訓(っ よに 実真( で内 の方 たなあ )は 戒訓( 、 、 。だのたっかなしうそはら彼、ばれいてれたもを思意 )211:6 ンーアルク( 。だのたっかなしうそはら彼、ばれいてれたもを思意 。だのたっかなしうそはら彼、ばれいてれたもを思意 。だのたっかなしうそはら彼、ばれいてれたもを思意ご)にうよのそ(が主のたなあしもてしそご)にうよのそ(が主のたなあしもてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ③ご)にうよのそ(が主のたなあしもてしそご)にうよのそ(が主のたなあしもてしそ 。るれわ行をとこる )72:41 ンーアルク( 。るれわ行をとこる 。るれわ行をとこる 。るれわ行をとこるれたもを思意ごがれか、はーラッアてしそれたもを思意ごがれか、はーラッアてしそれたもを思意ごがれか、はーラッアてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ②れたもを思意ごがれか、はーラッアてしそ 。るれさ造創をとこたっなにび選お、れ )86:82 ンーアルク( 。るれさ造創をとこたっなにび選お、れ 。るれさ造創をとこたっなにび選お、れ 。るれさ造創をとこたっなにび選お、れたもを思意ごがれか、は主のたなあてしそたもを思意ごがれか、は主のたなあてしそたもを思意ごがれか、は主のたなあてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ①たもを思意ごがれか、は主のたなあてしそ 。んせまし現実はのもたっかなでうそ、し現実はとこたれたもを思意ごにうよのそがーラッア、れあでとこるす関に為行の物造被どな態状や為行や葉言たま、れあでのもるす関に為行のーラッアどなめ決り取の死生、行運や造創の宙宇がれそ、りあでのもるよに思意ごのーラッアはとこのて全るす生発えゆれそ。とこるす仰信をとこ う い と いな 得 り こ起 か し で て っ 沿に み 望 おと 思 意 ご の ー ラッ ア 、は 事 物 の て 全 - 3 1 ) 承伝のムリスム(」 。たっあに上の水は座玉のれか)時のそ(て しそ“ たしまい言は)れあ安平と ” :福 祝 の らか ー ラ ッ ア に 彼 ( 者 言 預てし そ ” た れ ら な に き書 お を 細 詳 の て 全 る す 関 。に物造被、に前年 00005 るれら創を地天はーラッア“ たしまき聞をのう言うこが :
  5. 5. 5 2043 。のものーィズミルィテ=ッアは章文。 (ーィズミルィテ=ッア・ン )ナス・フーヒサ、) 2516 2669 ( ー ィズ ミ ル ィ テ = ッア ・ ン ナ ス 、 ( ド マ フア ・ ドナ ス ム 。 承 伝 な 正 真 ) 2 2 」 ) 承伝のーィズミルィテ=ッアとドマフア( ”。るあでのたっましてい乾うもは)クンイの(ジーペ)るれらめ留き書がれそ( れか置に既は筆)の命定( い 、 。ながとこるす害をたなあつ 1 何は外以とこたれらなにめ定おに既てし対にたなあがーラッア、もてっなに丸一とうよし害をたなあが者のて全たま。いながとこるす益をたなあつ 1 何は外以とこたれらなにめ定おに既てし対にたなあがーラッア、もてっなに丸一とうよし益をたなあが者のて全。だのる知てしそ。だのるめ求を助援にーラッアは時るめ求を助援てしそ。だのう乞にーラッアはきとう乞をか何。うろあです出見に前眼をれかばれすうそ。だのる守を)とこるれらじ禁じ命にたなあが(ーラッア 。うろだ るさ下て っ護を 前おがー ラッアば れすう そ。だの るす守堅 てめ留き書に心をれそ。うろやてえ教を葉言るあに前お。よ年少“:たしまい言うこに私は彼。たしまいにろ後の)れあ福祝と安平のらかーラッアに彼(徒使のーラッアは 私 日 るあ 「 た し ま い 言 は ) れあ 悦 満 ご の ー ラ ッ ア に ら彼 ( ス ー バ ッ ア ・ ン ブ イ ② : 。だのなとこい易容てっとに )22:75 ンーアルク( 。だのなとこい易容てっとに 。だのなとこい易容てっとに 。だのなとこい易容てっとにーラッアはとこなうよのそに実。るあでのいなはとこいないてれらめ定に中の)版ーラッアはとこなうよのそに実。るあでのいなはとこいないてれらめ定に中の)版ーラッアはとこなうよのそに実。るあでのいなはとこいないてれらめ定に中の)版ーラッアはとこなうよのそに実。るあでのいなはとこいないてれらめ定に中の)版碑たれら護(ズーフフマ=ルア・フウラ=ッアに前るれさ造創がれそ、も難災るな碑たれら護(ズーフフマ=ルア・フウラ=ッアに前るれさ造創がれそ、も難災るな碑たれら護(ズーフフマ=ルア・フウラ=ッアに前るれさ造創がれそ、も難災るな碑たれら護(ズーフフマ=ルア・フウラ=ッアに前るれさ造創がれそ、も難災るなかいるこ起に内の方たなあてしそ、で上地 :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ①かいるこ起に内の方たなあてしそ、で上地かいるこ起に内の方たなあてしそ、で上地かいるこ起に内の方たなあてしそ、で上地 。すでのるいでん潜が知英の方おるいてれさ暁通りなに知存ごをて全、はに事来出のて全の宙宇。んせまりなばれけなれ入け受に順従をられそ、し足満、し抱辛ていおにこそ、りあでとこるれさ行履ごつか、れらめ定がーラッアて全はとこのられこてしそ。んせまりあはとこるすりたけ受をい報のそ、りたれわ問を任責のそは人、てし関に事物るれ現りこ起くな係関はと思意の人られこ 。すでとこのどな‐すま得りなもと因原の昇上の階位のそはに時たま、練試はに時、罰懲はに時てっとにべもしはられこ‐とこるす生発にしな地余の択選、内のどな失喪の糧や命生や財、気病や故事たま、死生、醜美、低高の長身の人ばえ例 :態状や為行るけおに元次たえ超を志意の間人 -1 :態状や為行るけおに元次たえ超を志意の間人 -1 :態状や為行るけおに元次たえ超を志意の間人 -1 :態状や為行るけおに元次たえ超を志意の間人 -1 :すまりあ類種 2 はのもるす関に間人、内のとこるれさ行履ごつか、れらめ定がーラッア ● による 定命による弁解 定命による弁解
  6. 6. 6 。照参項の」質特諸のンーマーイとンーマーイ. 「 注者訳 : 8 4 。 ) 2246 ) 4826 (ムリスム・フーヒサ、 (ーリーハブ=ルア・フーヒサ 3 :合場る来出解弁てし出にい合き引を命定 :合場る来出解弁てし出にい合き引を命定 ● :合場る来出解弁てし出にい合き引を命定 :合場る来出解弁てし出にい合き引を命定 )92-72:18 ンーアルク( 。いなはとこるす思 。いなはとこるす思 。いなはとこるす思 。いなはとこるす思 意をか何、り限いなれたもを思意ご)うそ(がーラッア主の有万、は方たなあてし 意をか何、り限いなれたもを思意ご)うそ(がーラッア主の有万、は方たなあてし 意をか何、り限いなれたもを思意ご)うそ(がーラッア主の有万、は方たなあてし 意をか何、り限いなれたもを思意ご)うそ(がーラッア主の有万、は方たなあてし 、 、 そ。るあでのものめたの者む望といたし正をら自)てっよに実真( で内の方たなあ そ。るあでのものめたの者む望といたし正をら自)てっよに実真( で内の方たなあ そ。るあでのものめたの者む望といたし正をら自)てっよに実真( で内の方たなあ そ。るあでのものめたの者む望といたし正をら自)てっよに実真( で内の方たなあ 、 、 )はれそ( いならな他に戒訓の有万はれそ 。。 )はれそ( いならな他に戒訓の有万はれそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ④ )はれそ( いならな他に戒訓の有万はれそ )はれそ( いならな他に戒訓の有万はれそ 。。 。るあで 。るあで )44:03 ンーアルク( 。るあで 。るあで のるえらつし)を所場の(めたのら自)に国天(てっよにれそは者るすをい行い良 のるえらつし)を所場の(めたのら自)に国天(てっよにれそは者るすをい行い良 のるえらつし)を所場の(めたのら自)に国天(てっよにれそは者るすをい行い良 のるえらつし)を所場の(めたのら自)に国天(てっよにれそは者るすをい行い良、りあがい報るよに仰信不のそはに者仰信不、りあがい報るよに仰信不のそはに者仰信不 :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ③、りあがい報るよに仰信不のそはに者仰信不、りあがい報るよに仰信不のそはに者仰信不 。いなれさ施も正不るなかいてし対にちたべもしの )64:14 ンーアルク( 。いなれさ施も正不るなかいてし対にちたべもしの 。いなれさ施も正不るなかいてし対にちたべもしの 。いなれさ施も正不るなかいてし対にちたべもしの そ、は主のたなあてしそ。だのるい)てっ行(てし反にら自は者う行を行悪てしそ そ、は主のたなあてしそ。だのるい)てっ行(てし反にら自は者う行を行悪てしそ そ、は主のたなあてしそ。だのるい)てっ行(てし反にら自は者う行を行悪てしそ そ、は主のたなあてしそ。だのるい)てっ行(てし反にら自は者う行を行悪てしそ )) 、 い行(にめたの分自は者るすをい行い良 :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ② 、 い行(にめたの分自は者るすをい行い良 、 い行(にめたの分自は者るすをい行い良 、 い行(にめたの分自は者るすをい行い良 )) 」 だのるせさ定否を者 。。 )92:81 ンーアルク( 」 だのるせさ定否を者 」 だのるせさ定否を者 」 だのるせさ定否を者 。。 るなにし召し思うそ、せさ仰信を者るなにし召し思うそがーラッア。るあで理真の るなにし召し思うそ、せさ仰信を者るなにし召し思うそがーラッア。るあで理真の るなにし召し思うそ、せさ仰信を者るなにし召し思うそがーラッア。るあで理真の るなにし召し思うそ、せさ仰信を者るなにし召し思うそがーラッア。るあで理真の らか主の方たなあはそこれこ「 え言てしそ 、、 らか主の方たなあはそこれこ「 え言てしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ① らか主の方たなあはそこれこ「 え言てしそ らか主の方たなあはそこれこ「 え言てしそ 、、 。すでらかい なし在存てしとつ 1 何はのもるれ免を思意ごと識知のれか、ていおに国王のーラッアもの ういと。すでのるあにとものみ望おと思意ごのーラッアはれそ、もとうよしを択選るなか いが間人てしそ。すまえ言とだのむ進を道む望てっよに択選の身自分自は間人、らかすで のたれらけ授を力能択選と性理に間人はれか上のそ。たしまれらえ与を告警に為行逆反の へれかと仰信不、れらめ勧を従服るす対にれかとンーマーイたま、したしまれさに白明を 偽虚と実真、し下を典啓の々諸、しわ遣をちた徒使はーラッアものういと。すまりま決が 罰懲や奨報てっよにんかい為行のそてしそ、れわ問を任責のそは間人はてし関にられこ :のもの囲範る来出が間人 :のもの囲範る来出が間人 :のもの囲範る来出が間人 :のもの囲範る来出が間人てっよにどな択選、力能や性理たれらけ授に間人がーラッア、どな行悪や行善、逆反や従てっよにどな択選、力能や性理たれらけ授に間人がーラッア、どな行悪や行善、逆反や従てっよにどな択選、力能や性理たれらけ授に間人がーラッア、どな行悪や行善、逆反や従てっよにどな択選、力能や性理たれらけ授に間人がーラッア、どな行悪や行善、逆反や従 4服、仰信不や ンーマーイ、内の為行の間人るれさ行履ごつか、れらめ定がーラッア-2服、仰信不や ンーマーイ、内の為行の間人るれさ行履ごつか、れらめ定がーラッア-2服、仰信不や ンーマーイ、内の為行の間人るれさ行履ごつか、れらめ定がーラッア-2服、仰信不や ンーマーイ、内の為行の間人るれさ行履ごつか、れらめ定がーラッア-2 3 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア( ”」 だのる 」 。 せさ転変を夜昼はれわ。るあに中手がわは事物のて全。だのな時がそこれわ。るね 損 を 気 のれ わ 、 て っ 言 く 悪 を 時 は) 類 人 り ま つ ( ら 子 の ムダ ー ア 「 た れ ら 仰 は ー : ラッアるな厳荘つか大偉“:たしまい言は)れあ福祝と安平のらかーラッアに彼( 徒 使 の ーラ ッ ア 「 た し ま い 言 は) れ あ 悦 満 ご の ー ラ ッ アに 彼 ( ラ イ ラ フ ・ ー ブ ア ③ :
  7. 7. 7 。とこの照参を章の」クルシ. 「はくし詳:注者訳5 7 。照参項の」質特諸のンーマーイとンーマーイ. 「 注者訳 : 8 6 。たしまれさぼ滅にめたたっかなわ従に彼、がたし まれ さわ遣 にら 彼がフ リーサ 者言 預。す まれ わ言と たいで ん住 に居住 たっ 穿を山 岩、で 族部 たえ栄 に島 半 ブラ アはド ーム サ方一 。たし まし 亡滅て っよ に雨風 暴たれ ら送 らかー ラッ ア、め たたっ かな わ従に 彼に き とたれ さわ遣 にともの ら彼が ドーフ 者言預 、がたし まいて え栄で 大強に 的体肉は 民のド ーア: 注者 訳 5 がーラッア(も何、したっかなさ犯どなクルシも祖父のちた私もちた私、ばらなし召し思 がーラッア(も何、したっかなさ犯どなクルシも祖父のちた私もちた私、ばらなし召し思 がーラッア(も何、したっかなさ犯どなクルシも祖父のちた私もちた私、ばらなし召し思 がーラッア(も何、したっかなさ犯どなクルシも祖父のちた私もちた私、ばらなし召し思 7 うそがーラッア「 うろあでう言は徒の クルシ : : うそがーラッア「 うろあでう言は徒の クルシ うそがーラッア「 うろあでう言は徒の クルシ :たしまれら仰はーラッアの高至-1 うそがーラッア「 うろあでう言は徒の クルシ : : 。すでのるあが因原諸 の そもに る入に 獄地 、りあ が因原 諸のそ もに る入に 国天に えゆ。 すで のいな 来出達 到 は に象事 たっい と幸 不や福 幸たれ らめ定 れら め留き 書にめ たの彼 がー ラッア 、ばれ け な でてし 介を因 原諸 のられ そう行 てっよ に力 能択選 たっか 授らか ーラ ッアは 間人し か し 。すま い行を 為行 てっも で力能 択選た っか 授らか ーラッ アりは や、 と志意 粋純た っ か 授らか ーラッ アは 間人て しそ。 すで従 服不 や仰信 不は因 原諸の とこ い悪、 りあで 為 6 行 従 服 と ン ーマ ー イ は因 原 諸 の とこ い良 り ま つ。 す ま い てい 付び 結 に 密緊 と 因 原 諸 の そ、れ あでと こい 悪れあ でとこ い良が れそ 、はと こたれ らめ定 にべ もしが ーラッ ア ● 。すでのなり誤なき大、はえ考うい とどないなしらす別区の者く働を行悪と者行善、し張主とどないならなばれけなし除免を 罰懲や非のそもてしとたし侵を法え例、し化当正てけつこかに命定を徒の従服不にえゆ 。うょ しでたっかなもとこるれらじ命を行執の刑にちた者たえ越を範規法たま。うょしでたっか 5 なれさはりたし罰をちた者たしときつ嘘をちた徒使にうよの民の ドームサ、ドーアや民の )アノ(フーヌはーラッア、らなのたいてれさ許がとこるすと訳い言で形なうよのそを命 定しも。たしまれらじ禁をとこるなに為無てけつこかに命定、れらじ命を行実の事物たま、りあでのたれらじ禁を従服不のへれか、れらじ命を従服のへれかはーラッアものういと 。んせまれさ許はとこるすに訳い言を命定てい おに 従 服 不 るす 対 に ーラ ッ ア 、 ど な とこ る わ 携に 事 諸 た れ ら じ禁 や 棄放 の 為 行 務 義 - 2 )751-551:2 ンーアルク( 。るあでのな者たれか導くし正はそこら彼てしそ、りあ 。るあでのな者たれか導くし正はそこら彼てしそ、りあ 。るあでのな者たれか導くし正はそこら彼てしそ、りあ 。るあでのな者たれか導くし正はそこら彼てしそ、りあ 。 が悲慈ごと福祝のらか主はにら彼。ちた者う言と」 すまりあに遇境く行り還とへ許御の が悲慈ごと福祝のらか主はにら彼。ちた者う言と」 すまりあに遇境く行り還とへ許御の が悲慈ごと福祝のらか主はにら彼。ちた者う言と」 すまりあに遇境く行り還とへ許御の が悲慈ごと福祝のらか主はにら彼。ちた者う言と」 すまりあに遇境く行り還とへ許御の 。。 。 彼てしそ、し属そこにーラッアに実はちた私「に時たっかかり降が難災)はら彼( よえ 彼てしそ、し属そこにーラッアに実はちた私「に時たっかかり降が難災)はら彼( よえ 彼てしそ、し属そこにーラッアに実はちた私「に時たっかかり降が難災)はら彼( よえ 彼てしそ、し属そこにーラッアに実はちた私「に時たっかかり降が難災)はら彼( よえ 。 。 。 。 伝をせら知き良にちた者るす耐忍てしそ :たしまれら仰はーラッアるな高崇。んせまり 伝をせら知き良にちた者るす耐忍てしそ 伝をせら知き良にちた者るす耐忍てしそ 伝をせら知き良にちた者るす耐忍てしそ なばれけなば喜し足満、にとこるれら得が奨報でとこるす抱辛ていおに難災のそは彼てし そ」 たれわ行をとこたっ叶に思意ごのれか、れらめ定をれそはーラッア「 すでのう言う 。 : こてし出にい合き引を命定のーラッア、は時たしりたっ遭に練試るよに難災、りたっ失を 命、りたっかかに病にしなはで択選のら自が人にえゆ。すま来出がとこるす解弁てし出に い合 き 引 を 命定 は 人 、は て し 関 に ど な難 災 い なは で の た い 招 ら自 、 にう よ た し 述 前 - 1
  8. 8. 8 ) 2647 ) 。のものムリスムは章文。 (ムリスム・フーヒサ、 (ーリーハブ=ルア・フーヒサ4945 11 。とこの照参を章の」幹基のムーラスイ「はくし詳。葉 言の 」 し なは のもき べす 拝崇 に真 に他 のー ラッア (ー ラッ ラッ イ・ ハー ライ ・ーラ 「り まつ :注 者 訳 ) 10 。とこういとるあで様同たまも逆のそ、りあでの るなく 易容が とこう行 をい行 い善る あで因 要諸のめ たる入 に国天 、ばれ あで徒の 国天り まつ: 注者 訳 9 5 103 。とこの照参 : ンーアルク。すまれわい とす指 を類畜 家の種る あたい てしと のもる な聖がち た人ブ ラアに 代時明 無の前以 ムーラ スイ: 注者 訳 8 免 らかこ そたま もい 行のそ と間人 、りあ での たれさ 造創を て全は ーラ ッア。 んせま い は てし定 否をと こう いとた し造創 がーラ ッア をられ そ、は とこう 行を 悪と善 がべも し ● 。すでどなとこく除 り取てっもで命定ういと行善を命定ういと行悪たま、とこるす逐駆てっもで命定ういと悟 悔を命定ういと罪、とこるす去除てっもで療治るよに薬医を気病ばえ例。合場るいてし存 現が 命 定 の 他な う よ るす 化 効 無 り や い追 を れ そ、 も て い は て し生 発 に既 が 命 定 る あ - 2 。すでとこのどなとこぐ 防を身らか暑寒、とこるす退撃を敵てっよにい戦ばえ例。合場なうよいないはてれさ成達 だま が 因 原 諸の 命 定 るす 立 対 に れ そ 、も て い はて れ さ 成 達 に 既が 因 原諸 の 命 定 る あ - 1 :すまえりあが」し消打の命定るよに命定「はていおに柄事るげ挙に下以 :すまえりあが」し消打の命定るよに命定「はていおに柄事るげ挙に下以 ● :すまえりあが」し消打の命定るよに命定「はていおに柄事るげ挙に下以 :すまえりあが」し消打の命定るよに命定「はていおに柄事るげ挙に下以 11 ) 承伝のムリスムとーリーハブ= 」 。うろやてい導とへさ難困)のてったあにるすをい行 ルア()01-5:29 ンーアルク( 。うろやてい導とへさ難困)のてったあにるすをい行 。うろやてい導とへさ難困)のてったあにるすをい行 。うろやてい導とへさ難困)のてったあにるすをい行 いよ(がられわ、は者るすと嘘を言証のダーハャシ、し求追を富)や望欲の世現りよ楽享 いよ(がられわ、は者るすと嘘を言証のダーハャシ、し求追を富)や望欲の世現りよ楽享 いよ(がられわ、は者るすと嘘を言証のダーハャシ、し求追を富)や望欲の世現りよ楽享 いよ(がられわ、は者るすと嘘を言証のダーハャシ、し求追を富)や望欲の世現りよ楽享 、、 の世来( し嗇吝方一。うろやてい導とへい行いよが)とこのーラッア(られわ、は者る の世来( し嗇吝方一。うろやてい導とへい行いよが)とこのーラッア(られわ、は者る の世来( し嗇吝方一。うろやてい導とへい行いよが)とこのーラッア(られわ、は者る の世来( し嗇吝方一。うろやてい導とへい行いよが)とこのーラッア(られわ、は者る 、、 01 じ信らか心を 言証のダーハャシ、え控を身)らか事物たれらじ禁のーラッア( し施)て じ信らか心を 言証のダーハャシ、え控を身)らか事物たれらじ禁のーラッア( し施)て じ信らか心を 言証のダーハャシ、え控を身)らか事物たれらじ禁のーラッア( し施)て じ信らか心を 言証のダーハャシ、え控を身)らか事物たれらじ禁のーラッア( し施)て 、 、 、 、 9 いおにとこいよ( いおにとこいよ( : た しま み 読 ) を句 章 の次 の ンー ア ル ク (て し そ ” 。 らか う ろ だ る いおにとこいよ( いおにとこいよ( れくてしに易容とへのもたれさ造創にめたの彼はて全。だのう行)をい行い善てし力努(、やい“:たしまい言)は徒使のーラッア(”?うょしでのるすをい行)い善てし力努(ぜ なはで、よ徒使のーラッア“:たしまい言)はちた友教(”。るいてれらめ決めじからあ を 所場 居 の で 獄地 と国 天 、 て全 は 魂 の 方たな あ “ 「 た し ま い 言は )れ あ 安 平と 福 祝 の ら : かー ラ ッ ア に彼 ( 徒 使の ー ラ ッ ア 、 ばれ よ に )れ あ 悦 満 ご の ーラ ッ アに 彼 ( ー リ ア - 3 )231:3 ンーアルク( 。うろだるれまし慈とっき 。うろだるれまし慈とっき 。うろだるれまし慈とっき 。うろだるれまし慈とっき は方たなあ。え従に徒使のそとーラッアてしそ は方たなあ。え従に徒使のそとーラッアてしそ :たしまれら仰はーラッアの高至-2 は方たなあ。え従に徒使のそとーラッアてしそ は方たなあ。え従に徒使のそとーラッアてしそ )841:6 ンーアル 」 るあでのるいてしをい違い思は方たなあ。だのいなぎ過にるいてし測憶くなも 。 。 ク( 」 るあでのるいてしをい違い思は方たなあ。だのいなぎ過にるいてし測憶くなも 」 るあでのるいてしをい違い思は方たなあ。だのいなぎ過にるいてし測憶くなも 」 るあでのるいてしをい違い思は方たなあ。だのいなぎ過にるいてし測憶くなも 。 。 、 、 証確は方たなあ。よみてせ見をれそ、らなのういとるあが識知に方たなあ「 れやてっ言 証確は方たなあ。よみてせ見をれそ、らなのういとるあが識知に方たなあ「 れやてっ言 証確は方たなあ。よみてせ見をれそ、らなのういとるあが識知に方たなあ「 れやてっ言 証確は方たなあ。よみてせ見をれそ、らなのういとるあが識知に方たなあ「 れやてっ言 、 、 。るあでのたっわ味を罰懲の)とこのーラッア(られわてしそ、け続きつを嘘に様同もち 。るあでのたっわ味を罰懲の)とこのーラッア(られわてしそ、け続きつを嘘に様同もち 。るあでのたっわ味を罰懲の)とこのーラッア(られわてしそ、け続きつを嘘に様同もち 。るあでのたっわ味を罰懲の)とこのーラッア(られわてしそ、け続きつを嘘に様同もち 8 。 。 た者の前以ら彼」 うろあでたっかなしはりたじ禁)くなも拠根をのもいないてれらじ禁 た者の前以ら彼」 うろあでたっかなしはりたじ禁)くなも拠根をのもいないてれらじ禁 た者の前以ら彼」 うろあでたっかなしはりたじ禁)くなも拠根をのもいないてれらじ禁 た者の前以ら彼」 うろあでたっかなしはりたじ禁)くなも拠根をのもいないてれらじ禁 。 。
  9. 9. 9ーラッアに彼(徒使のそとーラッア、はちた私ろことの際実。んせまりあもでけわるいてれらじ命をとこるす足満ていおにて全のものろことるれさ行履ごれらめ定がーラッア、はちた私たま。んせまりあはでとこるす足満に事物のて全るす在存し生発、りあでとこるす足満ていおにとこす成をのものろことるなにび悦おれらで愛のれか、はのもういと道うか向とへーラッアてしそ。すまれくてい導とへ果結いしま好、がすでのもな嫌は薬い苦。すまりあが薬い苦、てしと例いよののもるれわ厭はで面一るあたま、れさ愛はで面一のそ 。すでのいなしもし愛、ばれけなしもれ入け受てじん甘は体自者為行のそや為行きべるれさ難非、がすまし足満に造創のーラッアはちた私にえゆ。すでのな物介仲く導に的接間とへのもるれらで愛のれかをべもしのそがーラッア、にうよるれさ表代に造創の)魔悪(ンータイャシはられそに実。んせまりあはとこるれらで愛を体自られそがれか、がすで身自ごーラッアはのたれさ造創をられそてしそ。んせまれらなもにび悦お、ばれけなしもれさ愛をとこのられこはーラッア。すまいてれらじ命がとこう厭、り怒ていつにられころしむ、ずらおてれらじ命をとこるれ入け受てじん甘はていつにられこ:どな為行逆反、従服不と仰信不-3 どな為行逆反、従服不と仰信不-3 どな為行逆反、従服不と仰信不-3 どな為行逆反、従服不と仰信不-3 。すでとこるいてれさ奨推がとこるすうそはいるあ、かるいてれらじ命に的務義もれこ:とこるれ入け受てじん甘を難災-2 とこるれ入け受てじん甘を難災-2 とこるれ入け受てじん甘を難災-2 とこるれ入け受てじん甘を難災-2 。すでとこるいてれらじ命はれこ:とこるれ入け受でん喜を為行従服-1 とこるれ入け受でん喜を為行従服-1 とこるれ入け受でん喜を為行従服-1 とこるれ入け受でん喜を為行従服-1 :すまれさ類分にーリゴテカのつ 3 はとこるれ入け受てじん甘を命定 ● :すまれさ類分にーリゴテカのつ 3 はとこるれ入け受てじん甘を命定 :すまれさ類分にーリゴテカのつ 3 はとこるれ入け受てじん甘を命定 :すまれさ類分にーリゴテカのつ 3 はとこるれ入け受てじん甘を命定 。すでのるいてしと要必を命定きべるれ入け受てじん甘てしそ、令止禁と令命ごの ーラッ アきべ すと 範規が ら彼、 も時る なか いはべ もしの て全て しそ 。すで のいな もで のも何 の外以 とこ のられ こは由 理のそ 、が すまじ 命をの もるじ 命が )れあ 安平と 福祝 のらか ーラッ アに 彼(徒 使のそ とーラ ッア はら彼 たま、 くなも で物 何の外 以由理 のら れそは 悪嫌と 情愛 のら彼 。すで 者う厭 く強 も最を とこる れわ厭 が) れあ安 平と福 祝の らかー ラッア に彼 (徒使 のそと ーラッ ア、 し愛く よも最 をとこ るれ さ愛が )れあ 安平 と福祝 のらか ーラ ッアに 彼(徒 使のそ とー ラッア 、はの ういと 者の 良最な 全完も 最 ● 。すでのるいで ん潜が 知英た れら めばり 散にこ そてし と的 目をと こるす 理管を 造創 と国王 のれか るな 高崇が れか、 はに て全た れさ造 創のー ラッ ア。す でのい なはと こる れ免ら か思意 ごの ーラッ アたれ さ造 創をて 全がら れそ、 もて っあで とこな うよる いて れらじ 禁、れ わ嫌 がれか しかし 。す まいて れらじ 禁、り なに い嫌お を事物 なうよ のそ はーラ ッア、 に逆 のそ。 んせま りあ もとこ るれら なにじ 命ご をられ そたま 、くな もと こるれ ば悦ば れけ なしも れさ愛 をら れそは ーラッ ア、が んせ まりあ い違間 はとこ るあ でのも るよに 思意 ごのー ラッア は象 事うい とどな 敗腐、 従服 不や仰 信不。 すでの いな ら限は とるい てし 味意を 悦満ご のれ かに常 、が思 意ごの ーラ ッアる な厳荘 つか大 偉し かし。 んせま れ
  10. 10. 10 8 。照参項の」質特諸のンーマーイとンーマーイ. 「 注者訳 : 12の方たなあ、と方たなあはーラッアてしその方たなあ、と方たなあはーラッアてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至-1の方たなあ、と方たなあはーラッアてしその方たなあ、と方たなあはーラッアてしそ 。すでのいなはのもるれ免らか識知のれか、もでのものさ重のどほ匹 1蟻小、れあで天れあで上地。すまいてれさ囲包てっもで知のそをのものて全、りあでのもな全完ぶ及に細仔は識知のーラッアるす関に為行のべもし。すでのる知をとこたいてれらめ定き書、れさ造創、れらなに知存ごをれそがーラッアてめ初はちた私、時たっ行を行悪はいるあ、行善がべもしにえゆ。すまいてれらめ留き書に既に前るこ起がれそ、りなに知存ごをれそてしそ。たしまれさ造創をい行のそ、とべもしはーラッアるな厳荘つか大偉 :るあで物造被は為行のべもし :るあで物造被は為行のべもし :るあで物造被は為行のべもし ● :るあで物造被は為行のべもし 。たれら創をのものろことう行 )69:73 ンーアルク( 。たれら創をのものろことう行 。たれら創をのものろことう行 。たれら創をのものろことう行の方たなあ、と方たなあはーラッアてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ③の方たなあ、と方たなあはーラッアてしその方たなあ、と方たなあはーラッアてしその方たなあ、と方たなあはーラッアてしそ 。るれらなにび悦おに方たなあをれそ、ばらなるす )7:93 ンーアルク( 。るれらなにび悦おに方たなあをれそ、ばらなるす 。るれらなにび悦おに方たなあをれそ、ばらなるす 。るれらなにび悦おに方たなあをれそ、ばらなるす謝感が方たなあしもてしそ。いなれらなはにび悦おを仰信不にちたべもし)の者仰謝感が方たなあしもてしそ。いなれらなはにび悦おを仰信不にちたべもし)の者仰謝感が方たなあしもてしそ。いなれらなはにび悦おを仰信不にちたべもし)の者仰謝感が方たなあしもてしそ。いなれらなはにび悦おを仰信不にちたべもし)の者仰信( はれかてしそ。るあでのいないてれさもと要必もそもそどなとこの方たなあ 、 、信( はれかてしそ。るあでのいないてれさもと要必もそもそどなとこの方たなあ信( はれかてしそ。るあでのいないてれさもと要必もそもそどなとこの方たなあ信( はれかてしそ。るあでのいないてれさもと要必もそもそどなとこの方たなあ 、 、はーラッア、とうろ陥に仰信不が方たなあはーラッア、とうろ陥に仰信不が方たなあ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ②はーラッア、とうろ陥に仰信不が方たなあはーラッア、とうろ陥に仰信不が方たなあ 。るあで方おるれら )86:82 ンーアルク( 。るあで方おるれら 。るあで方おるれら 。るあで方おるれらお)で縁無(く高か遥らかのもるす配てべ並)にれか(がら彼はれか。れあえ讃にお)で縁無(く高か遥らかのもるす配てべ並)にれか(がら彼はれか。れあえ讃にお)で縁無(く高か遥らかのもるす配てべ並)にれか(がら彼はれか。れあえ讃にお)で縁無(く高か遥らかのもるす配てべ並)にれか(がら彼はれか。れあえ讃にーラッアるな高崇。だのいなは択選にら彼。るれさ造創をとこたっなにび選お、れーラッアるな高崇。だのいなは択選にら彼。るれさ造創をとこたっなにび選お、れーラッアるな高崇。だのいなは択選にら彼。るれさ造創をとこたっなにび選お、れーラッアるな高崇。だのいなは択選にら彼。るれさ造創をとこたっなにび選お、れたもを思意ごがれか、は主のたなあてしそたもを思意ごがれか、は主のたなあてしそたもを思意ごがれか、は主のたなあてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ①たもを思意ごがれか、は主のたなあてしそ 。すまりあがのも‐んせまりなもにじ命ごをられそ、ずれさもび悦おばれけなしもれらで愛をとこなうよのこもーラッアに様同‐いなはできべるれ入け受てじん甘にうよの為行逆反や仰信不たま、とのもきべす足満にうよの為行従 21 面側るれらせ帰に彼てしそ、し連関にべもし-2服や ンーマーイはていおに面側のこ:面側るれらせ帰に彼てしそ、し連関にべもし-2 面側るれらせ帰に彼てしそ、し連関にべもし-2 面側るれらせ帰に彼てしそ、し連関にべもし-2 。すでらかるあでのもたれ溢知英つか生公、りあで善て全は行履ごるす対に命定のーラッア。すまれ入け受てし足満はべもし、ていおに面側のこ:面側るれらせ帰にれかてしそ、し連関にーラッア-1 面側るれらせ帰にれかてしそ、し連関にーラッア-1 面側るれらせ帰にれかてしそ、し連関にーラッア-1 面側るれらせ帰にれかてしそ、し連関にーラッア-1 :すまりあが面側のつ 2 は :すまりあが面側のつ 2 は :すまりあが面側のつ 2 は :すまりあが面側のつ 2 はに行履ごるす対に‐れあでとこい悪れあでとこい良てし見一がれそ‐命定のーラッアに行履ごるす対に‐れあでとこい悪れあでとこい良てし見一がれそ‐命定のーラッア ●に行履ごるす対に‐れあでとこい悪れあでとこい良てし見一がれそ‐命定のーラッアに行履ごるす対に‐れあでとこい悪れあでとこい良てし見一がれそ‐命定のーラッア 。すでのるいてれらじ命をとこるす足満、ていおにろことたれらじ命うよるす足満にちた私が)れあ安平と福祝のらか
  11. 11. 11 。のものムリスムは章文。 ) 2643 3208 ) (ムリスム・フーヒサ、 (ーリーハブ=ルア・フーヒサ 14 。とこの)版碑たれら護(ズーフフマ=ルア・フウラ=ッア 13 。るあが)奨報の(倍 01 のそ、はに者たっ行を行善のつ 1 のーラッアるな高崇はて 。るあが)奨報の(倍 01 のそ、はに者たっ行を行善のつ 1 。るあが)奨報の(倍 01 のそ、はに者たっ行を行善のつ 1 。るあが)奨報の(倍 01 のそ、はに者たっ行を行善のつ 1 し対に者行善方一。すまれさ処てっもでさ正公、り通葉言おういと)04:24 ンーアルク( 。るあでのな行悪のつ 1 じ同とれそ、はい報るす対に行悪のつ 1 てしそ のーラッアる 。るあでのな行悪のつ 1 じ同とれそ、はい報るす対に行悪のつ 1 てしそ 。るあでのな行悪のつ 1 じ同とれそ、はい報るす対に行悪のつ 1 てしそ 。るあでのな行悪のつ 1 じ同とれそ、はい報るす対に行悪のつ 1 てしそ な高崇、はてし対に者う行を行悪にえゆ。すでのなからちどのかるれさ処てっもで善慈は いるあ、かるれさ処てっもをさ正公にべもしはれか。んせまりあがとこるれさ施を正不て しと人 1 誰はれか、りおてしと調基を善慈とさ正公は為行のーラッアるな厳荘つか大偉 :善慈とさ正公 ● :善慈とさ正公 :善慈とさ正公 :善慈とさ正公 41 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア( ”。だのる入とへ国 」 天、い行をい行の民の国天てっよにれそ、り勝が書)たれさ記を命天(でこそしかし。る け続い行をい行の民の獄地でま所ういと歩一後でま獄地、は者るあの内の方たなあたま 。だのる入とへ獄地、い行をい行の民の獄地てっよにれそ、り勝が 書)たれさ記を命天(でこそしかし。るけ続い行をい行の民の国天でま所ういと歩一後で ま国天、は者るあの内の方たなあ。てけかに方おいなののもきべす拝崇に真に他のれか 。るれらじ命をとこるめ留き書をかるなと者な幸不 はいるあ、かるなと者な福幸が彼び及、い行のそてしそ、命寿と糧の彼りまつ:葉言のつ 4 てし対にれそてしそ。む込き吹を魂にこそ、れさわ遣が使天の人 1 らかれそ。るなと塊 肉の個 1 間期じ同でこそたまらかれそ、りなと血凝の個 1 間期じ同でこそらかれそ、りま 留間日 04 に内胎の母は素要成構の方たなあに実“:たしまい言うこにちた私、は)れあ 福祝と安平のらかーラッアに彼(徒使のーラッアるあで方おるれさ頼信つか、りあで者直 正「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ドーウスマ・ンブ・ーラッドブア-4 : )16:01 ンーア 。るあでのいなはのもるれられ隠らか主のたなあていおに地天、もてっあでのも ルク( 。るあでのいなはのもるれられ隠らか主のたなあていおに地天、もてっあでのも 。るあでのいなはのもるれられ隠らか主のたなあていおに地天、もてっあでのも 。るあでのいなはのもるれられ隠らか主のたなあていおに地天、もてっあでのも なき大はいるあ、いさ小りよれそはいるあ、もてっあでのものさ重のどほ蟻小てしそ。だ なき大はいるあ、いさ小りよれそはいるあ、もてっあでのものさ重のどほ蟻小てしそ。だ なき大はいるあ、いさ小りよれそはいるあ、もてっあでのものさ重のどほ蟻小てしそ。だ なき大はいるあ、いさ小りよれそはいるあ、もてっあでのものさ重のどほ蟻小てしそ。だ のいなもとこう行てし頭没を為行のから何が方たなあたま、くなもとこむ読をンーアルク のいなもとこう行てし頭没を為行のから何が方たなあたま、くなもとこむ読をンーアルク のいなもとこう行てし頭没を為行のから何が方たなあたま、くなもとこむ読をンーアルク のいなもとこう行てし頭没を為行のから何が方たなあたま、くなもとこむ読をンーアルク、ばれけなもとこう行し図意をか何が)ドマンハム(たなあ、はにしなとこるなと人証の方、ばれけなもとこう行し図意をか何が)ドマンハム(たなあ、はにしなとこるなと人証の方、ばれけなもとこう行し図意をか何が)ドマンハム(たなあ、はにしなとこるなと人証の方、ばれけなもとこう行し図意をか何が)ドマンハム(たなあ、はにしなとこるなと人証の方 たなあが)とこのーラッア(られわてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至-3 たなあが)とこのーラッア(られわてしそ たなあが)とこのーラッア(られわてしそ たなあが)とこのーラッア(られわてしそ )95 31 : 6 ン ー アル ク ( 。 るあ での る いて れさ 録記 に中 の 書 な 白明 て全 、も のも るい て い 。 るあ での る いて れさ 録記 に中 の 書 な 白明 て全 、も のも るい て い 。 るあ での る いて れさ 録記 に中 の 書 な 白明 て全 、も のも るい て い 。 るあ での る いて れさ 録記 に中 の 書 な 白明 て全 、も のも るい て い 乾ものもるいてっ湿、も子種の粒 1 む潜に闇暗の中地たま。いなはとこるち落にそよを知 乾ものもるいてっ湿、も子種の粒 1 む潜に闇暗の中地たま。いなはとこるち落にそよを知 乾ものもるいてっ湿、も子種の粒 1 む潜に闇暗の中地たま。いなはとこるち落にそよを知 乾ものもるいてっ湿、も子種の粒 1 む潜に闇暗の中地たま。いなはとこるち落にそよを知 のれかえさで葉の枚 1、りあで知存ごものもるあに海ものもるあに陸はれか。るれさ有を のれかえさで葉の枚 1、りあで知存ごものもるあに海ものもるあに陸はれか。るれさ有を のれかえさで葉の枚 1、りあで知存ごものもるあに海ものもるあに陸はれか。るれさ有を のれかえさで葉の枚 1、りあで知存ごものもるあに海ものもるあに陸はれか。るれさ有を 鍵の界視可不る知ぞみのれかはれかてしそ 鍵の界視可不る知ぞみのれかはれかてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至-2 鍵の界視可不る知ぞみのれかはれかてしそ 鍵の界視可不る知ぞみのれかはれかてしそ 。たれら創をのものろことう行 )69:73 ンーアルク( 。たれら創をのものろことう行 。たれら創をのものろことう行 。たれら創をのものろことう行
  12. 12. 12 でるなと者るす謝感)を恵恩のたなあ(やず必はちた私、らなのるさ下てっ救をち でるなと者るす謝感)を恵恩のたなあ(やず必はちた私、らなのるさ下てっ救をち でるなと者るす謝感)を恵恩のたなあ(やず必はちた私、らなのるさ下てっ救をち でるなと者るす謝感)を恵恩のたなあ(やず必はちた私、らなのるさ下てっ救をち ) ) 。 。 た私しも「 :う言うこてしそ( るがすり祈にみのーラッアてっ思とかりわ終の巻 た私しも「 :う言うこてしそ( るがすり祈にみのーラッアてっ思とかりわ終の巻 た私しも「 :う言うこてしそ( るがすり祈にみのーラッアてっ思とかりわ終の巻 た私しも「 :う言うこてしそ( るがすり祈にみのーラッアてっ思とかりわ終の巻 ) ) 。 。 。 。 一はら彼、とう襲が波大をら彼らか向方るゆらあ、て来が風猛にこそ)方一( ぶ喜 一はら彼、とう襲が波大をら彼らか向方るゆらあ、て来が風猛にこそ)方一( ぶ喜 一はら彼、とう襲が波大をら彼らか向方るゆらあ、て来が風猛にこそ)方一( ぶ喜 一はら彼、とう襲が波大をら彼らか向方るゆらあ、て来が風猛にこそ)方一( ぶ喜 。 。 はら彼、ばべ運てせ乗をら彼てっよに風順がられそ、がる乗に船は方たなあ。方お はら彼、ばべ運てせ乗をら彼てっよに風順がられそ、がる乗に船は方たなあ。方お はら彼、ばべ運てせ乗をら彼てっよに風順がられそ、がる乗に船は方たなあ。方お はら彼、ばべ運てせ乗をら彼てっよに風順がられそ、がる乗に船は方たなあ。方お るれらせさ動移に陸に海を方たなあはれか るれらせさ動移に陸に海を方たなあはれか るれらせさ動移に陸に海を方たなあはれか :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ② るれらせさ動移に陸に海を方たなあはれか 」 るあでのいなぎ過 。。 )881:7 ンーアルク( 」 るあでのいなぎ過 」 るあでのいなぎ過 」 るあでのいなぎ過 。。 に者音福、者告警の人 1 のへ民るす仰信は私。うろだた来出がとこるす避回は難災 に者音福、者告警の人 1 のへ民るす仰信は私。うろだた来出がとこるす避回は難災 に者音福、者告警の人 1 のへ民るす仰信は私。うろだた来出がとこるす避回は難災 に者音福、者告警の人 1 のへ民るす仰信は私。うろだた来出がとこるす避回は難災、め集をりかばとこいよ、らたいてし知関を域領の知可不が私しも。いないはてせわ、め集をりかばとこいよ、らたいてし知関を域領の知可不が私しも。いないはてせわ、め集をりかばとこいよ、らたいてし知関を域領の知可不が私しも。いないはてせわ、め集をりかばとこいよ、らたいてし知関を域領の知可不が私しも。いないはてせわ 合ち持も)威権るす(益も)威権るす(害)をか何(にら自、外以とこう叶に思意 合ち持も)威権るす(益も)威権るす(害)をか何(にら自、外以とこう叶に思意 合ち持も)威権るす(益も)威権るす(害)をか何(にら自、外以とこう叶に思意 合ち持も)威権るす(益も)威権るす(害)をか何(にら自、外以とこう叶に思意 ごのーラッアは私「)よドマンハム(え言 、 、 ごのーラッアは私「)よドマンハム(え言 :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ① ごのーラッアは私「)よドマンハム(え言 ごのーラッアは私「)よドマンハム(え言 、 、 。すで令命たれら け向に物造被のて全らかーラッアたまもれこ:令命るす関にどな死生、静動や益害-3 令命るす関にどな死生、静動や益害-3 令命るす関にどな死生、静動や益害-3 令命るす関にどな死生、静動や益害-3 。るくて出)らかこそ(は方たな )52:03 ンーアルク( 。るくて出)らかこそ(は方たな 。るくて出)らかこそ(は方たな 。るくて出)らかこそ(は方たな あ、とるれさび呼一を方たなあらか)中の(地大がれからかれそ。るあがとこるい あ、とるれさび呼一を方たなあらか)中の(地大がれからかれそ。るあがとこるい あ、とるれさび呼一を方たなあらか)中の(地大がれからかれそ。るあがとこるい あ、とるれさび呼一を方たなあらか)中の(地大がれからかれそ。るあがとこるい てし立成)てし定安にのいなもえ支(が地天てっよに令命ごのれか、につ 1 の内の てし立成)てし定安にのいなもえ支(が地天てっよに令命ごのれか、につ 1 の内の てし立成)てし定安にのいなもえ支(が地天てっよに令命ごのれか、につ 1 の内の てし立成)てし定安にのいなもえ支(が地天てっよに令命ごのれか、につ 1 の内の しるしみの)とこのーラッア(れかてしそ しるしみの)とこのーラッア(れかてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ② しるしみの)とこのーラッア(れかてしそ しるしみの)とこのーラッア(れかてしそ )14:53 ンーアルク( 。るあでのな方おい深し赦で容寛に実はれか。い 。るあでのな方おい深し赦で容寛に実はれか。い 。るあでのな方おい深し赦で容寛に実はれか。い 。るあでのな方おい深し赦で容寛に実はれか。い な来出はとこるえ支をれそも誰、らたっましてれ崩がられそしもてしそ。るいてれ な来出はとこるえ支をれそも誰、らたっましてれ崩がられそしもてしそ。るいてれ な来出はとこるえ支をれそも誰、らたっましてれ崩がられそしもてしそ。るいてれ な来出はとこるえ支をれそも誰、らたっましてれ崩がられそしもてしそ。るいてれ らえ支、うよぬれ崩が地天はーラッアに実 らえ支、うよぬれ崩が地天はーラッアに実 :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ① らえ支、うよぬれ崩が地天はーラッアに実 らえ支、うよぬれ崩が地天はーラッアに実 。す 令命の続存-2 でのもたれらけ向に物造創のて全、てし関に続存らかーラッアはれこ:令命の続存-2 令命の続存-2 令命の続存-2 。るいてれら 。るいてれら )26:93 ンーアルク( 。るいてれら 。るいてれら ね委は事物のて全そこにれか、りあで主造創のて全はーラッア ね委は事物のて全そこにれか、りあで主造創のて全はーラッア :たしまれら仰はーラッ ね委は事物のて全そこにれか、りあで主造創のて全はーラッア ね委は事物のて全そこにれか、りあで主造創のて全はーラッア 令命の造創-1 アるな高崇。すでのもたれらけ向に物造創のて全らかーラッアはれこ:令命の造創-1 令命の造創-1 令命の造創-1 :すまりあ類種 3 はに令命的遍普 :すまりあ類種 3 はに令命的遍普 :すまりあ類種 3 はに令命的遍普 :すまりあ類種 3 はに令命的遍普 。すで令命 的遍普と令命的教宗りまつ:すまし属が令命の類種 2、はにーラッアるな厳荘つか大偉 :令命的遍普と令命的教宗 :令命的遍普と令命的教宗 ● :令命的遍普と令命的教宗 :令命的遍普と令命的教宗 。すでのるれわ報てっもで恵恩るな大寛と善慈、り通葉言おういと)061:6 ンーアルク(
  13. 13. 13 。照参項の」質特諸のンーマーイとンーマーイ. 「 注者訳 : 8 16 。とこの在存的霊精:注者 訳 15 :すまりあがのもなうよるげ挙に下 以はてしと例のられこ。すまりあが果結のそはに因原的遍普のて全。すで則法宙宇、るいてし立成らか果結や因要の々諸う合し用作にい互はれこ:令命的遍普つか的主 ② 。す 。るあでのるあにうよ 。るあでのるあにうよまし現実ず必、り通るいてれら仰と)28:63 ンーアルク( 。るあでのるあにうよ 。るあでのるあにうよのそに実、でけだたれら仰と”。れあ)にうよのこ(“に時たれらなにみ望おをれのそに実、でけだたれら仰と”。れあ)にうよのこ(“に時たれらなにみ望おをれのそに実、でけだたれら仰と”。れあ)にうよのこ(“に時たれらなにみ望おをれのそに実、でけだたれら仰と”。れあ)にうよのこ(“に時たれらなにみ望おをれそ、はのもういと定決ごの)ーラッア(れか がーラッアるな高崇:令命接直的主 ①そ、はのもういと定決ごの)ーラッア(れかそ、はのもういと定決ごの)ーラッア(れかそ、はのもういと定決ごの)ーラッア(れか :すまりあ類種 2 たまもにれこ。す はと令命的遍普 でのもの類るあで能可不がとこるす反にれそが間人、し現実ず必:はと令命的遍普-2 はと令命的遍普 はと令命的遍普 ・・・た )32:71 ンーアルク( ・・・た ・・・た ・・・たれらなにじ命ごをとこるす行孝に親両のそ、くなとこるめ崇ものも何の外以れかがたれらなにじ命ごをとこるす行孝に親両のそ、くなとこるめ崇ものも何の外以れかがたれらなにじ命ごをとこるす行孝に親両のそ、くなとこるめ崇ものも何の外以れかがたれらなにじ命ごをとこるす行孝に親両のそ、くなとこるめ崇ものも何の外以れかがたなあ、は主のたなあてしそなあ、は主のたなあてしそ :すでうそが令命ごのーラッアなうよの次ばえ例。すでのもなあ、は主のたなあてしそなあ、は主のたなあてしそ はと令命 的教宗-1の類いなら限はとう従にれそがべもし、でのもるいてれさ発に既:はと令命的教宗-1 はと令命 的教宗-1 はと令命 的教宗-1 :すまりあ類種 2 はに令命ごのーラッアるな厳荘つか大偉 :すまりあ類種 2 はに令命ごのーラッアるな厳荘つか大偉 ● :すまりあ類種 2 はに令命ごのーラッアるな厳荘つか大偉 :すまりあ類種 2 はに令命ごのーラッアるな厳荘つか大偉 。すでのるさ下てれ入に国天をちた私はていおに世来てしそ、りさ下てえ与を福祝の地天 はていおに世現にちた私はれか、りよにとこるえ応に令命的教宗のーラッア。すでのなち た者るす襲踏をき導のら彼てしそ、りあでちた者言預はとら彼りまつ。すで者る知くよも 最を主のそ、はのういと者るす功成も最ていおにこそてしそ。すまりま高は念の楽悦るけ おにこそてしそ、慕思と求希のべもしるすとうお従に令命的教宗のーラッア、どほい強ば れけ強が信確るす対に令命的遍普のーラッアてしそ。すまれま含がどな徳道、方い合き付、 め決り取の々諸の間の間人と間人、法会社(トーラマーアム、 め決り取の々諸の間のと ) ) 61 間人とーラッア、為行拝崇諸(トーダーバイ、 ンーマーイ、はに中の令命のこてしそ 。すまいてれさ発りよーラッアてけ向に 。すまいてれさ発りよーラッアてけ向に 。すまいてれさ発りよーラッアてけ向に 。すまいてれさ発りよーラッアてけ向に 51みの団集 2 の ンジと類人、はのもういと令命的教宗のてしと方おきべるれさ拝崇方一みの団集 2 の ンジと類人、はのもういと令命的教宗のてしと方おきべるれさ拝崇方一みの団集 2 の ンジと類人、はのもういと令命的教宗のてしと方おきべるれさ拝崇方一みの団集 2 の ンジと類人、はのもういと令命的教宗のてしと方おきべるれさ拝崇方一 )86:04 ンーアルク( 。る 。る 。る 。るあ で のる な に う よ の そ 、 で け だる 仰 と 」 れ あ に う よ の こ「 だ た 、 は に 時 る れ さ 定あ で のる な に う よ の そ 、 で け だる 仰 と 」 れ あ に う よ の こ「 だ た 、 は に 時 る れ さ 定あ で のる な に う よ の そ 、 で け だる 仰 と 」 れ あ に う よ の こ「 だ た 、 は に 時 る れ さ 定あ で のる な に う よ の そ 、 で け だる 仰 と 」 れ あ に う よ の こ「 だ た 、 は に 時 る れ さ 定決ごをか何でれそ。方おる司を死生はれか決ごをか何でれそ。方おる司を死生はれか :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ③決ごをか何でれそ。方おる司を死生はれか決ごをか何でれそ。方おる司を死生はれか 」 にうょし 。。 )22:01 ンーアルク( 」 にうょし 」 にうょし 」 にうょし 。。
  14. 14. 14 5 。とこの照参を章の」クルシ. 「はくし詳:注者訳 19 。照参項の」質特諸のンーマーイとンーマーイ. 「 注者訳 8 : 18 。すでのたっなと魔悪む企 とうよ しに れ連道 の獄地 、み 込い誘 とへ 道の妄 迷てせ わ惑 らかえ 教い し正の ーラッ アを ンジと 間人 でま日 の判審 は彼 でれそ 。たし でん せまい 従て っなに 慢高、 際た れらじ 命に うよる す)礼 伏( ダジサ で前 の) ム ダ ア( ム ダー アに ちた 使 天の て 全が ー ラッ ア、 のの も たっ あ で使 天 は来 元は スー リ ブイ : 注 者 訳 17 91 。すまし生発らか間人はられそ。のもるあで為行逆反や クルシが由理のそ-1 :すまりあがーリゴテカのつ 2 もに悪方一 すまりあがーリゴテカのつ 2 もに悪方一 すまりあがーリゴテカのつ 2 もに悪方一 すまりあがーリゴテカのつ 2 もに悪方一 。のもるあで恵恩的主の ど な 力 威や 利 勝 、康 健 や 財 の ろ こと る れ らけ 授 に 間 人 が ーラ ッ ア、 が 由 理 の そ - 2 。のもるあで為行従服のへ)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(徒使 81のそとーラッアるな厳荘つか大偉りまつ、い行いよくし正と ンーマーイが由理のそ-1 :すまりあがーリゴテカのつ 2 はに善 すまりあがーリゴテカのつ 2 はに善 すまりあがーリゴテカのつ 2 はに善 すまりあがーリゴテカのつ 2 はに善 :ーリゴテカの悪と善 :ーリゴテカの悪と善 ● :ーリゴテカの悪と善 :ーリゴテカの悪と善 」 れなとのもな害無つか涼冷てっとに 。 。 )96:12 ンーアルク( 」 れなとのもな害無つか涼冷てっとに 」 れなとのもな害無つか涼冷てっとに 」 れなとのもな害無つか涼冷てっとに 。 。 : :ムーヒーラブイ、よ炎「 たっ言は)とこのーラッア(られわムーヒーラブイ、よ炎「 たっ言は)とこのーラッア(られわ :すまいてれら仰うこはムーヒーラブイ、よ炎「 たっ言は)とこのーラッア(られわムーヒーラブイ、よ炎「 たっ言は)とこのーラッア(られわ : :ーラッア。うょしで例いよのそ、はのたし失消が果効の炎のそに時たけかれさ処に刑火が)ムハラブア(ムーヒーラブイ。すでのるいてめ秘を力るせさ化変もでに形なうよのどもでついを果結の々諸のそ、りたし化効無を果効の々諸るよに則法的遍普、りあで難避のへーラッアたれら創を則法的遍普のて全は)願祈(ーアゥド。んせまりあはとこるれま阻かしでてっよに)願祈(ーアゥド、は行履ごの命定のーラッア。たしまりなにえ与おを)とこ う 乞 を し 赦の 罪 ( ル ー ァ フ グ ィ テ スイ や ) 願 祈 ( ー ア ゥ ド 、に め た る れ わ 救 を ち た 私らか事のられこはーラッア。すまえりあもとこるす用利を事のられこ、くべすと因原く導 71と へ滅 破を ちた者 るあ は党 徒の そ や スーリ ブイ 、り あで 則法 的遍普 るゆ わい はら れこ 。るあでのるせさ亡滅に塵微端っ木をら彼は )61:71 ンーアルク( 。るあでのるせさ亡滅に塵微端っ木をら彼は 。るあでのるせさ亡滅に塵微端っ木をら彼は 。るあでのるせさ亡滅に塵微端っ木をら彼はられわ、れさ定確が罰懲にら彼でれそ。る耽に蕩放ずわ従はら彼、がるじ命)をられわ、れさ定確が罰懲にら彼でれそ。る耽に蕩放ずわ従はら彼、がるじ命)をられわ、れさ定確が罰懲にら彼でれそ。る耽に蕩放ずわ従はら彼、がるじ命)をられわ、れさ定確が罰懲にら彼でれそ。る耽に蕩放ずわ従はら彼、がるじ命)を行善や従服のへられわ(にちた者富たれま恵のそ、はに時るす欲とうそぼ滅を町行善や従服のへられわ(にちた者富たれま恵のそ、はに時るす欲とうそぼ滅を町行善や従服のへられわ(にちた者富たれま恵のそ、はに時るす欲とうそぼ滅を町行善や従服のへられわ(にちた者富たれま恵のそ、はに時るす欲とうそぼ滅を町るあが)とこのーラッア(られわてしそるあが)とこのーラッア(られわてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ②るあが)とこのーラッア(られわてしそるあが)とこのーラッア(られわてしそ 。るあでらかいなは 。るあでらかいなは )35:8 ンーアルク( 。るあでらかいなは 。るあでらかいなはとこるれらえ変を恵恩るいてえ与にら彼もーラッア、り限いなせさ化変)とへ方とこるれらえ変を恵恩るいてえ与にら彼もーラッア、り限いなせさ化変)とへ方とこるれらえ変を恵恩るいてえ与にら彼もーラッア、り限いなせさ化変)とへ方とこるれらえ変を恵恩るいてえ与にら彼もーラッア、り限いなせさ化変)とへ方い悪を態状の(ら自が方たなあ、はれそい悪を態状の(ら自が方たなあ、はれそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ①い悪を態状の(ら自が方たなあ、はれそい悪を態状の(ら自が方たなあ、はれそ
  15. 15. 15 。悲慈ごの方おい深悲慈も最。しなりとの)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(ドマンハム者言預。とこるれさ赦が行悪の彼てっよに練試るけおに地の集召、日の判審。とこるれさ赦が行悪の彼てっよにれそ、け受を練試るよに響音大ていおに界境の獄地と国天、後死。とこるれさ赦が行悪たっ行の彼てっもでれそ、れらけかに練試てっもで難災のから何を彼がーラッアていおに世現。とこるす与贈に彼を奨報のい行のら彼のろことるす益を彼てっもでれそがーラッア、にめたの彼が胞同はいるあ。とこるす)とこう乞をし赦の罪(ルーァフグィテスイにめたの彼、し)願祈(ーアゥドにめたの彼が胞同の者仰信。とこう行を行善なうよるすにし消帳を行悪。とこるれさ赦、い乞をし赦の罪にーラッア。とこるれられ入け受てっよにーラッアがれそ、し悟悔 :すま来出がとこるす避回で法方の下以を罰懲るこ起てしと結帰のそ、際たっましてし犯を行悪が者仰信 :のもるけ退を罰懲るすと因原を行悪 :のもるけ退を罰懲るすと因原を行悪 ● :のもるけ退を罰懲るすと因原を行悪 :のもるけ退を罰懲るすと因原を行悪 。るあでうよの 。るあでうよの )87:4 ンーアルク( 。るあでうよの 。るあでうよのかいながとこるす慮思く全、うろだとこういうどは民のられこ」 るあでのものらかー 。 。かいながとこるす慮思く全、うろだとこういうどは民のられこ」 るあでのものらかーかいながとこるす慮思く全、うろだとこういうどは民のられこ」 るあでのものらかーかいながとこるす慮思く全、うろだとこういうどは民のられこ」 るあでのものらかー 。 。ラッアはて全)られこ(、だのう言」 だいせのたなあはれこ「 う言うこ、とう遭に 「 「 。。 : :ラッアはて全)られこ(、だのう言」 だいせのたなあはれこ「 う言うこ、とう遭にラッアはて全)られこ(、だのう言」 だいせのたなあはれこ「 う言うこ、とう遭にラッアはて全)られこ(、だのう言」 だいせのたなあはれこ「 う言うこ、とう遭に 「 「 。。 : : 。。 : :目い悪てしそ」 だのものらかーラッアはれこ「 う言うこ、ばえ遭に目いよがら彼て目い悪てしそ」 だのものらかーラッアはれこ「 う言うこ、ばえ遭に目いよがら彼て目い悪てしそ」 だのものらかーラッアはれこ「 う言うこ、ばえ遭に目いよがら彼て目い悪てしそ」 だのものらかーラッアはれこ「 う言うこ、ばえ遭に目いよがら彼て 。。 : :しそしそしそ :すまいてれら仰はーラッアるな高崇。すでらかるれさ試てっもで練試や報悪しそ、 にえゆ 訓教と 得獲 の階位 い高を べもし のそ はーラ ッアる な厳荘 つか 大偉も のうい と。 すでの ものら かー ラッア て全、 は悪の で味 意うい と練試 や報悪 なう よのど な北敗 や失 損の物 穫収や 命生 や財、 善ので 味意う いと 恵恩の どな力 威、利 勝や 康健、 孫子や 財 ● )97:4 ンーアルク( 。るれらあで人証な分十はそこーラッア。たしわ遣てしと徒使、に々人 。るれらあで人証な分十はそこーラッア。たしわ遣てしと徒使、に々人 。るれらあで人証な分十はそこーラッア。たしわ遣てしと徒使、に々人 。るれらあで人証な分十はそこーラッア。たしわ遣てしと徒使、に々人をたなあは)とこのーラッア(られわてしそ。るあでのなのもだい稼ら自は悪た得がをたなあは)とこのーラッア(られわてしそ。るあでのなのもだい稼ら自は悪た得がをたなあは)とこのーラッア(られわてしそ。るあでのなのもだい稼ら自は悪た得がをたなあは)とこのーラッア(られわてしそ。るあでのなのもだい稼ら自は悪た得がたなあ、がるあでのものらかーラッアは善た得がたなあたなあ、がるあでのものらかーラッアは善た得がたなあ :すまいてれら仰うこはーたなあ、がるあでのものらかーラッアは善た得がたなあたなあ、がるあでのものらかーラッアは善た得がたなあラ ッアる な高崇 。す でらか るいて れさで ま告 警てい つに報 応のそ 、れ らじ禁 をれそ に逆 、ずせ もれら じ命 ばれけ ないも てれら め定 をれそ はーラ ッアも のう いと。 んせま りあ はとこ るれさ 帰に ーラッ ア、り あでの るれ さ帰に 身自べ もしる あで 者為行 のそは 悪の こ、ら なのう 行を れそて し択選 み望ら 自、 み好を 逆反も りよ従 服が べもし 。すで 味意 の逆反 るす対 に) れあ安 平と福 祝のら かー ラッア に彼( 徒使の そと ーラッ アはと 悪 ● 。すで のな方 おるれ さ助 援てい おに行 遂のそ 、れ らじ命 、れら え与、 れら め定を れそに べも しのそ がそこ ーラ ッア。 すまれ さ帰に みの ーラッ ア、り あで味 意の 為行従 服はと 善 ● 。のもるあで練試やい報のらか主のどな北敗、失消の財や病が由理のそ-2
  16. 16. 16 。出前:注者訳 20るれらね訊に物造被がそこれか、くなはでのるれらね訊)に日の判審(をとこるれさ成のれかはれか。すでのな造創のれかはと造創、りあで国王のれかはと国王にえゆ。すまいてれさ有所を令命ごのろことるれらせわ迷はいるあ、れか導を者るなにみ望お、れか裁にまます召の気お、い行をとこたれらなにみ望お、え加に造創はーラッアるな厳荘つか大偉 :妄迷とき導いし正 :妄迷とき導いし正 ● :妄迷とき導いし正 :妄迷とき導いし正 。すでのるれさ現実ていおに国天はみ極のそてしそ。うょしでるさ下てせさ復回を善とさし美のそはーラッア、ばれす悟悔にーラッアがべもしのそてしそ。すまいましてし除駆を善やさし美のそはれ穢るよにち過や悪罪、がたしまれさ造創にともの質資的天先いよくし美を間人はーラッア。すで害有てっとに心の人、にうよのさ害有の毒るす対に体身どうょち、は悪罪。すまれらなにし赦おを罪のく多はーラッア、ずらわ関もにれそ。んせまりあもでのも何の 外以悪罪、は因原の況状いなくしま好のべもしてしそ。すでのたれさ意用ごを痛苦と響影 諸いしわま忌るなと因原の悔後と痛悲のどほいならなはに物べ比はと楽快の時う行をれそ 、し関に行悪と従服不はーラッアるな高崇たまてしそ。たしまれさ意用ごを響影諸い良く しら晴素のどほいならなはに物べ比はとれそるけおに従服不、し関に行善と従服るす対に )れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(徒使のれかとれかはーラッアるな厳荘つか大偉 :響影諸るよに従服不と従服 :響影諸るよに従服不と従服 ● :響影諸るよに従服不と従服 :響影諸るよに従服不と従服 。すまりなにとこるす出排てけ向にのもの外以れそとら自を害と悪の山沢のどほいなれ切え数はに外以ーラッアの高至、らなのうら逆に主のそしかし。すでのる来出がとこるす供提にのもの外以れそとら自を益とのもきよの山沢のどほいなれ切え数はに外以ーラッアの高至、でとこるす従服に主のそも間人にうよのこ 。たしまし出排ていおに上地を敗腐と悪の山沢のどほいなれ切え数はに外以ー 02ラ ッア の高 至にえ ゆた っな に慢 高、 み拒を 命の そ、 いら 逆に 主のそ は ス ーリ ブイ 方一 。すでのたじ生らから彼がのもきよの山沢のどほいなれ切え数はに外以ーラッアの高至、でとこたし従服にーラッアな厳荘つか大偉はちた者言預てしそ。すでのるす出産を益の山沢のどほいなれ切え数はに外以ーラッアの高至えゆれそ、りおてし従服にーラッアも海も陸も物植動も月も陽太。すまりなと因原の徳悪と悪害は従服不のへられかたま、み生を徳高と益利は従服のへ)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(徒使のそとーラッア :従服不と従服 :従服不と従服 ● :従服不と従服 :従服不と従服 。すまれらあで方おい深悲慈も最、く深し赦も最はそこーラッア
  17. 17. 17 の者仰信はれそてしそ。だのいながとこいなえりあで事きよ、は事のて全るかかり降に彼。るあでのもきべく驚はと者仰信“:たしまい言は)れあ福祝と安平のらかーラッアに彼( 徒 使 の ー ラ ッ ア「 た し ま い 言 は ) れ あ悦満 ご の ー ラ ッ ア に 彼 (ラ イ ラ フ ・ ー ブ ア - 2 : 。いなれらで愛を者な慢 。いなれらで愛を者な慢 )32-22:75 ンーアルク( 。いなれらで愛を者な慢 。いなれらで愛を者な慢 高と屋れ惚自のて全はーラッア。るあでめたるすにうよいなら入に悦ていおにのもたれら 高と屋れ惚自のて全はーラッア。るあでめたるすにうよいなら入に悦ていおにのもたれら 高と屋れ惚自のて全はーラッア。るあでめたるすにうよいなら入に悦ていおにのもたれら 高と屋れ惚自のて全はーラッア。るあでめたるすにうよいなら入に悦ていおにのもたれら 、 、 え与に方たなあ)がーラッア( ずせ悔後にとこたっ去ぎ過が方たなあはれそ。だのなと え与に方たなあ)がーラッア( ずせ悔後にとこたっ去ぎ過が方たなあはれそ。だのなと え与に方たなあ)がーラッア( ずせ悔後にとこたっ去ぎ過が方たなあはれそ。だのなと え与に方たなあ)がーラッア( ずせ悔後にとこたっ去ぎ過が方たなあはれそ。だのなと 、 、 こい易容てっとにーラッアはとこなうよのそに実。るあでのいなはとこいないてれらめ定 こい易容てっとにーラッアはとこなうよのそに実。るあでのいなはとこいないてれらめ定 こい易容てっとにーラッアはとこなうよのそに実。るあでのいなはとこいないてれらめ定 こい易容てっとにーラッアはとこなうよのそに実。るあでのいなはとこいないてれらめ定 に中の)版碑たれら護(ズーフフマ=ル【

×