Ja 24 pictures_of_the_conditions_of_the_people_of_fire

144 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
144
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Ja 24 pictures_of_the_conditions_of_the_people_of_fire

  1. 1. 地獄の 地獄の民の様子から 様子から ﴾ ﴿ [ 日本語– Japanese – k‫] ﻳﺎﺑﺎ‬ムハンマド・イブラーヒーム・アッ=トゥワイジュリー 翻訳 : サイード佐藤 校閲 : ファーティマ佐藤 2007 - 1428
  2. 2. ‫﴾‬ ‫﴿‬ ‫» ﺑﺎﻟﻠﻐﺔ ﺎﺑﺎﻧﻴﺔ «‬ ‫ﺤﻣﻤﺪ ﺑﻦ ﺑﺮ ﻫﻴﻢ ﺤﻛﻮﺠﻳﺮ‬ ‫ﺗﺮﻤﺟﺔ: ﺳﻌﻴﺪ ﺳﺎﺗﻮ‬ ‫ﻣﺮ ﺟﻌﺔ: ﻓﺎﻃﻤﺔ ﺳﺎﺗﻮ‬ ‫8241 - 7002‬ ‫2‬
  3. 3. 3 )07-86:91 ンーアルク( 。だのるいてし知熟をかきべく行にこそが誰はれわに実 す出みまつらか団集の々各 。だのるいてし知熟をかきべく行にこそが誰はれわに実。す出みまつらか団集の々各 。だのるいてし知熟をかきべく行にこそが誰はれわに実。す出みまつらか団集の々各 。だのるいてし知熟をかきべく行にこそが誰はれわに実。す出みまつらか団集の々各 。をちた者たっだ的抗反も最てし対に方おき深悲慈、はられわらかれそ。うよ来てれ連とへをちた者たっだ的抗反も最てし対に方おき深悲慈、はられわらかれそ。うよ来てれ連とへをちた者たっだ的抗反も最てし対に方おき深悲慈、はられわらかれそ。うよ来てれ連とへをちた者たっだ的抗反も最てし対に方おき深悲慈、はられわらかれそ。うよ来てれ連とへ火業の獄地、ままたせか跪をら彼らかれそ。うよし集召やず必をちた魔悪とら彼は)とこ火業の獄地、ままたせか跪をら彼らかれそ。うよし集召やず必をちた魔悪とら彼は)とこ火業の獄地、ままたせか跪をら彼らかれそ。うよし集召やず必をちた魔悪とら彼は)とこ火業の獄地、ままたせか跪をら彼らかれそ。うよし集召やず必をちた魔悪とら彼は)とこのーラッア(られわ。てけかに主の方たなあ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ●のーラッア(られわ。てけかに主の方たなあのーラッア(られわ。てけかに主の方たなあのーラッア(られわ。てけかに主の方たなあ 。るれわ行をとこるなにみ望おの )701-601:11 ンーアルク( 。るれわ行をとこるなにみ望おの 。るれわ行をとこるなにみ望おの 。るれわ行をとこるなにみ望おのれか、は主のたなあに実。るま留にこそに遠永もにどほ地天、外以者いならなにみ望おうれか、は主のたなあに実。るま留にこそに遠永もにどほ地天、外以者いならなにみ望おうれか、は主のたなあに実。るま留にこそに遠永もにどほ地天、外以者いならなにみ望おうれか、は主のたなあに実。るま留にこそに遠永もにどほ地天、外以者いならなにみ望おうそがーラッアはら彼。るいてっが上が声る切きせ息と声き呻なき大はでこそ。るあに中のそがーラッアはら彼。るいてっが上が声る切きせ息と声き呻なき大はでこそ。るあに中のそがーラッアはら彼。るいてっが上が声る切きせ息と声き呻なき大はでこそ。るあに中のそがーラッアはら彼。るいてっが上が声る切きせ息と声き呻なき大はでこそ。るあに中の火業の獄地、はのういとちた者な幸不てしそ火業の獄地、はのういとちた者な幸不てしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ●火業の獄地、はのういとちた者な幸不てしそ火業の獄地、はのういとちた者な幸不てしそ 。るあでのるい報 )63:53 ンーアルク( 。るあでのるい報 。るあでのるい報 。るあでのるい報)てっもで罰(に者仰信不のて全は)とこのーラッア(られわにうよのこ。だのいなもとこ)てっもで罰(に者仰信不のて全は)とこのーラッア(られわにうよのこ。だのいなもとこ)てっもで罰(に者仰信不のて全は)とこのーラッア(られわにうよのこ。だのいなもとこ)てっもで罰(に者仰信不のて全は)とこのーラッア(られわにうよのこ。だのいなもとこ るれさ減軽を罰懲はら彼たま。いな来出もとこるすを楽てっよに死、れさ殺でこそはら彼 るれさ減軽を罰懲はら彼たま。いな来出もとこるすを楽てっよに死、れさ殺でこそはら彼 るれさ減軽を罰懲はら彼たま。いな来出もとこるすを楽てっよに死、れさ殺でこそはら彼 るれさ減軽を罰懲はら彼たま。いな来出もとこるすを楽てっよに死、れさ殺でこそはら彼 、りあが火業の獄地はにちた者仰信不てしそ 、りあが火業の獄地はにちた者仰信不てしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ● 、りあが火業の獄地はにちた者仰信不てしそ 、りあが火業の獄地はにちた者仰信不てしそ )66-46:33 ンー 」!にのたっかよばれいてっ従に徒使とーラッア、ああ「 う言うこ、れさ返り : :アルク( 」!にのたっかよばれいてっ従に徒使とーラッア、ああ「 う言うこ、れさ返り 」!にのたっかよばれいてっ従に徒使とーラッア、ああ「 う言うこ、れさ返り 」!にのたっかよばれいてっ従に徒使とーラッア、ああ「 う言うこ、れさ返り : :くっひで中の炎の獄地は顔のら彼日のそ。いながとこす出見も者護援も者護守るなかいてくっひで中の炎の獄地は顔のら彼日のそ。いながとこす出見も者護援も者護守るなかいてくっひで中の炎の獄地は顔のら彼日のそ。いながとこす出見も者護援も者護守るなかいてくっひで中の炎の獄地は顔のら彼日のそ。いながとこす出見も者護援も者護守るなかいていおにこそ、りま留に遠永にこそはら彼。るれさ意用を火烈の獄地にら彼、れらけざ遠らいおにこそ、りま留に遠永にこそはら彼。るれさ意用を火烈の獄地にら彼、れらけざ遠らいおにこそ、りま留に遠永にこそはら彼。るれさ意用を火烈の獄地にら彼、れらけざ遠らいおにこそ、りま留に遠永にこそはら彼。るれさ意用を火烈の獄地にら彼、れらけざ遠らか悲慈ごのそをちた者仰信不はーラッアに実か悲慈ごのそをちた者仰信不はーラッアに実 :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ●か悲慈ごのそをちた者仰信不はーラッアに実か悲慈ごのそをちた者仰信不はーラッアに実 。るあでのたいてい働 )67-47:34 ンーアルク( 。るあでのたいてい働 。るあでのたいてい働 。るあでのたいてい働を正不)にら自(がそこら彼、くなはでけわたい働を正不にら彼が)とこのーラッア(らを正不)にら自(がそこら彼、くなはでけわたい働を正不にら彼が)とこのーラッア(らを正不)にら自(がそこら彼、くなはでけわたい働を正不にら彼が)とこのーラッア(らを正不)にら自(がそこら彼、くなはでけわたい働を正不にら彼が)とこのーラッア(られわしかし。るいてし望絶で中のそ、くなもとこるれさ減軽)を罰懲のそ(はら彼。るあれわしかし。るいてし望絶で中のそ、くなもとこるれさ減軽)を罰懲のそ(はら彼。るあれわしかし。るいてし望絶で中のそ、くなもとこるれさ減軽)を罰懲のそ(はら彼。るあれわしかし。るいてし望絶で中のそ、くなもとこるれさ減軽)を罰懲のそ(はら彼。るあに中の罰懲の獄地に遠永はちた者い深罪に実に中の罰懲の獄地に遠永はちた者い深罪に実 :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ●に中の罰懲の獄地に遠永はちた者い深罪に実に中の罰懲の獄地に遠永はちた者い深罪に実 。るあで方おな正公、力 )65:4 ンーアルク( 。るあで方おな正公、力 。るあで方おな正公、力 。るあで方おな正公、力強で大偉はーラッアに実。るあでめたがんわわ味を罰懲がら彼はれそ。るす換交とのもい強で大偉はーラッアに実。るあでめたがんわわ味を罰懲がら彼はれそ。るす換交とのもい強で大偉はーラッアに実。るあでめたがんわわ味を罰懲がら彼はれそ。るす換交とのもい強で大偉はーラッアに実。るあでめたがんわわ味を罰懲がら彼はれそ。るす換交とのもいし新をれそはられわ、度るれだたけ焼が膚皮のら彼。うろやてれ入に獄地、はちた者いなし新をれそはられわ、度るれだたけ焼が膚皮のら彼。うろやてれ入に獄地、はちた者いなし新をれそはられわ、度るれだたけ焼が膚皮のら彼。うろやてれ入に獄地、はちた者いなし新をれそはられわ、度るれだたけ焼が膚皮のら彼。うろやてれ入に獄地、はちた者いなじ信をしるしみの)とこのーラッア(られわじ信をしるしみの)とこのーラッア(られわ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ●じ信をしるしみの)とこのーラッア(られわじ信をしるしみの)とこのーラッア(られわ 地獄の民の様子から 地獄の 様子から
  4. 4. 4 。のものーリーハブ=ルアは章文。 9892(ムリスム・フーヒサ、 7623(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 1 」」 )1承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(”。だの た い て っ 行を れ そ は で 分 自 ら が な きお て じ 禁 を 悪 に 方 た な あた ま 、 ず わ 行 を れ そ は ら自がたいはてめ勧を善に方たなあは私「 う言)は男(とるす」?かいなはでのたいてじ禁 :を悪、め勧を善にちた私はたなあ?だのたしうど、よ某何「 う言、て来てっま集が民の獄 :地にり周の彼とるす。るなにとこるす回周にうよる回をり周の臼きひがバロでるま、し出び飛で中の炎は腑臓の彼てしそ。るれま込り放に中の火業の獄地、れらこてれ連が男の人1 日の判審“ たしまき聞をのう言うこが)れあ福祝と安平のらかーラッアに彼(徒使のー :ラッアは私「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアにら彼(ドイザ・ンブ・マーサウ ● : 。 だのるいてれが塞が )) )9-4:401 ンーアルク( 。 だのるいてれが塞が 。 だのるいてれが塞が 。 だのるいてれが塞が )) 。 。門(てっよに々針の鉄たび伸。るいてっが塞てめ込じ閉をら彼)は獄地( るあで炎のーラッ門(てっよに々針の鉄たび伸。るいてっが塞てめ込じ閉をら彼)は獄地( るあで炎のーラッ門(てっよに々針の鉄たび伸。るいてっが塞てめ込じ閉をら彼)は獄地( るあで炎のーラッ門(てっよに々針の鉄たび伸。るいてっが塞てめ込じ閉をら彼)は獄地( るあで炎のーラッ 。 。アるが上え燃?か何はと炎すく尽き焼をて全てしそ。うよれられ入げ投に中の炎すく尽きアるが上え燃?か何はと炎すく尽き焼をて全てしそ。うよれられ入げ投に中の炎すく尽きアるが上え燃?か何はと炎すく尽き焼をて全てしそ。うよれられ入げ投に中の炎すく尽きアるが上え燃?か何はと炎すく尽き焼をて全てしそ。うよれられ入げ投に中の炎すく尽き焼をて全はら彼。いなはでうそてし決、やい焼をて全はら彼。いなはでうそてし決、やい :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ●焼をて全はら彼。いなはでうそてし決、やい焼をて全はら彼。いなはでうそてし決、やい 」 だの 」 だの 。。 )84-74:45 ンーアルク( 」 だの 」 だの 。。 : :うわ味を熱灼の火大「 るれわ言うこ、れさと落りずき引に様逆っ真に火業の獄地はら彼日うわ味を熱灼の火大「 るれわ言うこ、れさと落りずき引に様逆っ真に火業の獄地はら彼日うわ味を熱灼の火大「 るれわ言うこ、れさと落りずき引に様逆っ真に火業の獄地はら彼日うわ味を熱灼の火大「 るれわ言うこ、れさと落りずき引に様逆っ真に火業の獄地はら彼日 : :のそ。るあに中の火業と妄迷はちた者い深罪 :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ●のそ。るあに中の火業と妄迷はちた者い深罪のそ。るあに中の火業と妄迷はちた者い深罪のそ。るあに中の火業と妄迷はちた者い深罪 」。るあでのるあに中の妄迷な ” ” )9-6:76 ンーアルク( 」。るあでのるあに中の妄迷な 」。るあでのるあに中の妄迷な 」。るあでのるあに中の妄迷な ” ” : :き大は方たなあ。いないてし下も示啓の何)に方たなあ(はーラッア“ だのたいてっ言うき大は方たなあ。いないてし下も示啓の何)に方たなあ(はーラッア“ だのたいてっ言う き大は方たなあ。いないてし下も示啓の何)に方たなあ(はーラッア“ だのたいてっ言う き大は方たなあ。いないてし下も示啓の何)に方たなあ(はーラッア“ だのたいてっ言う : : : :こ、しと嘘をれそはちた私、がた来は者告警にとものちた私にか確「 う言)は民の獄地(こ、しと嘘をれそはちた私、がた来は者告警にとものちた私にか確「 う言)は民の獄地( こ、しと嘘をれそはちた私、がた来は者告警にとものちた私にか確「 う言)は民の獄地( こ、しと嘘をれそはちた私、がた来は者告警にとものちた私にか確「 う言)は民の獄地( : :」?かのう言とたっかな来は者告警に方たなあ「 う言は人番、びたるれま込り放が団集に : :」?かのう言とたっかな来は者告警に方たなあ「 う言は人番、びたるれま込り放が団集に」?かのう言とたっかな来は者告警に方たなあ「 う言は人番、びたるれま込り放が団集に」?かのう言とたっかな来は者告警に方たなあ「 う言は人番、びたるれま込り放が団集に : : こそ。るあでりかばがんらなにり散り散てっ立りきい)えゆり怒のちた者仰信不(はれそこそ。るあでりかばがんらなにり散り散てっ立りきい)えゆり怒のちた者仰信不(はれそこそ。るあでりかばがんらなにり散り散てっ立りきい)えゆり怒のちた者仰信不(はれそ こそ。るあでりかばがんらなにり散り散てっ立りきい)えゆり怒のちた者仰信不(はれそ。るいてっぎたえ燃)は炎(てしそ、き聞を音轟くざんつを耳なうよの声き鳴のバロはら。るいてっぎたえ燃)は炎(てしそ、き聞を音轟くざんつを耳なうよの声き鳴のバロはら 。るいてっぎたえ燃)は炎(てしそ、き聞を音轟くざんつを耳なうよの声き鳴のバロはら 。るいてっぎたえ燃)は炎(てしそ、き聞を音轟くざんつを耳なうよの声き鳴のバロはら彼とるれま込り放に中のそ。かとこいしわま忌と何の所き行のそ。るあが罰懲の火業の獄彼とるれま込り放に中のそ。かとこいしわま忌と何の所き行のそ。るあが罰懲の火業の獄 彼とるれま込り放に中のそ。かとこいしわま忌と何の所き行のそ。るあが罰懲の火業の獄 彼とるれま込り放に中のそ。かとこいしわま忌と何の所き行のそ。るあが罰懲の火業の獄 地、はにちた者仰信不るす対に主のそてしそ 地、はにちた者仰信不るす対に主のそてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ● 地、はにちた者仰信不るす対に主のそてしそ 地、はにちた者仰信不るす対に主のそてしそ )62-12:87 。るあでのない報たし応相)にとこたいてっ行がら彼はそこれこ( は他の 。 。ンーアルク( 。るあでのない報たし応相)にとこたいてっ行がら彼はそこれこ( は他の 。るあでのない報たし応相)にとこたいてっ行がら彼はそこれこ( は他の 。るあでのない報たし応相)にとこたいてっ行がら彼はそこれこ( は他の 。 。 。 。膿る出らか体、と湯熱)るれらえ与にりわ代のそ( いなれら得も物み飲も涼はでこそ。る膿る出らか体、と湯熱)るれらえ与にりわ代のそ( いなれら得も物み飲も涼はでこそ。る膿る出らか体、と湯熱)るれらえ与にりわ代のそ( いなれら得も物み飲も涼はでこそ。る膿る出らか体、と湯熱)るれらえ与にりわ代のそ( いなれら得も物み飲も涼はでこそ。る 。 。 。 。ま留く永末にこそはら彼。所り帰のちた者たいてし逆反)に理真はれそ( るいてえ構ち待ま留く永末にこそはら彼。所り帰のちた者たいてし逆反)に理真はれそ( るいてえ構ち待ま留く永末にこそはら彼。所り帰のちた者たいてし逆反)に理真はれそ( るいてえ構ち待ま留く永末にこそはら彼。所り帰のちた者たいてし逆反)に理真はれそ( るいてえ構ち待 。 。し視監)をちた者仰信不(は火業の獄地に実 :たしまれら仰うこはーラッアの高至 ●し視監)をちた者仰信不(は火業の獄地に実し視監)をちた者仰信不(は火業の獄地に実し視監)をちた者仰信不(は火業の獄地に実
  5. 5. 5 。のものムキーハ=ルアは章文。照参)9761(ハーヒサ=ッア ) )・トラィスルィス=ッア。 1978(ムキーハ=ルア・クラゥドタスム、 4234(ャジーマ・ンブイ・ンナス。承伝な好良 2 」 )2承伝のャジーマ・ンブイとムキーハ=ルア(。るあでのす流を血、にりわ代の涙はら彼てしそ。るなにとこく泣どほるれらべか浮を船に涙のそ、は民の獄地「 すまいてえ伝とたっ語にうよの次が)れあ安平と福祝のらかーラッアに :彼(徒使のーラッア、は)れあ悦満ごのーラッアに彼(スイカ・ンブ・ーラッドブア-7 。いな来出もとこす出げ逃 )761:2 ンーアルク( 。いな来出もとこす出げ逃 。いな来出もとこす出げ逃 。いな来出もとこす出げ逃らか火業の獄地はら彼てしそ。く嘆みや悔)てしに前眼をれそ(はら彼、れらなにせ見おらか火業の獄地はら彼てしそ。く嘆みや悔)てしに前眼をれそ(はら彼、れらなにせ見おらか火業の獄地はら彼てしそ。く嘆みや悔)てしに前眼をれそ(はら彼、れらなにせ見おらか火業の獄地はら彼てしそ。く嘆みや悔)てしに前眼をれそ(はら彼、れらなにせ見おにら彼をい行のら彼、はーラッアにうよのこ :たしまれら仰うこはーラッアの高至-6にら彼をい行のら彼、はーラッアにうよのこにら彼をい行のら彼、はーラッアにうよのこにら彼をい行のら彼、はーラッアにうよのこ )72:52 ンーアルク( 」 たっかよばれいでん選を道)の実真(に共と徒使、ああ「 う言うこ、み噛を手のら自は 。。 : : 」 たっかよばれいでん選を道)の実真(に共と徒使、ああ「 う言うこ、み噛を手のら自は 」 たっかよばれいでん選を道)の実真(に共と徒使、ああ「 う言うこ、み噛を手のら自は 」 たっかよばれいでん選を道)の実真(に共と徒使、ああ「 う言うこ、み噛を手のら自は 。。 : : 、 、ちた者正不)るす対に理真( 日のそてしそちた者正不)るす対に理真( 日のそてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至-5ちた者正不)るす対に理真( 日のそてしそちた者正不)るす対に理真( 日のそてしそ 、 、 」 だのるなにとこるす願 。。 )41-31:52 ンーアルク( 」 だのるなにとこるす願 」 だのるなにとこるす願 」 だのるなにとこるす願 。。嘆も度何をれそ。いなはでのるす願嘆を滅破のりき度一日今は方たなあ「 :う言はちた使 ) )嘆も度何をれそ。いなはでのるす願嘆を滅破のりき度一日今は方たなあ「 :う言はちた使嘆も度何をれそ。いなはでのるす願嘆を滅破のりき度一日今は方たなあ「 :う言はちた使嘆も度何をれそ。いなはでのるす願嘆を滅破のりき度一日今は方たなあ「 :う言はちた使 ) ) 。 。天でこそ( るす願嘆うようましてし滅破とこのそっいでこそはら彼、れられ入げ投てしに天でこそ( るす願嘆うようましてし滅破とこのそっいでこそはら彼、れられ入げ投てしに天でこそ( るす願嘆うようましてし滅破とこのそっいでこそはら彼、れられ入げ投てしに天でこそ( るす願嘆うようましてし滅破とこのそっいでこそはら彼、れられ入げ投てしに 。 。めらがじんが、に所場な屈窮の中のそてしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至-4めらがじんが、に所場な屈窮の中のそてしそめらがじんが、に所場な屈窮の中のそてしそめらがじんが、に所場な屈窮の中のそてしそ )001:12 ンーアルク( 。いなら入に耳)どな声き呻のい互(はら彼)にえゆ怖恐の 。いなら入に耳)どな声き呻のい互(はら彼)にえゆ怖恐の 。いなら入に耳)どな声き呻のい互(はら彼)にえゆ怖恐の 。いなら入に耳)どな声き呻のい互(はら彼)にえゆ怖恐のり余(てしそ。るげ上を声き呻でこそはら彼 :たしまれら仰うこはーラッアの高至-3り余(てしそ。るげ上を声き呻でこそはら彼り余(てしそ。るげ上を声き呻でこそはら彼り余(てしそ。るげ上を声き呻でこそはら彼 」 だのいなも者助援るなかいはに 」 だのいなも者助援るなかいはに 。 。 )73:53 ンーアルク( 」 だのいなも者助援るなかいはに 」 だのいなも者助援るなかいはに 。 。ちた者正不)るす対に理真( いいがうわ味)を罰懲( だのたし来到が者告警はに下の方 。 。 。 。ちた者正不)るす対に理真( いいがうわ味)を罰懲( だのたし来到が者告警はに下の方ちた者正不)るす対に理真( いいがうわ味)を罰懲( だのたし来到が者告警はに下の方ちた者正不)るす対に理真( いいがうわ味)を罰懲( だのたし来到が者告警はに下の方 。 。 。 。たなあてしそ。かいなはでたっやてえ与に方たなあ、を月年のけだる足にるす慮熟が者るたなあてしそ。かいなはでたっやてえ与に方たなあ、を月年のけだる足にるす慮熟が者るたなあてしそ。かいなはでたっやてえ与に方たなあ、を月年のけだる足にるす慮熟が者るたなあてしそ。かいなはでたっやてえ与に方たなあ、を月年のけだる足にるす慮熟が者る ) ) 」 」す慮熟は)とこのーラッア(られわ「 :る仰はーラッア(。らかすましをい行いし正、うす慮熟は)とこのーラッア(られわ「 :る仰はーラッア(。らかすましをい行いし正、うす慮熟は)とこのーラッア(られわ「 :る仰はーラッア(。らかすましをい行いし正、うす慮熟は)とこのーラッア(られわ「 :る仰はーラッア(。らかすましをい行いし正、う ) ) 」 」違はと行悪たいてっ行がちた私の前以とっき。いさ下てし出らかここ、よ主がられわ「 う違はと行悪たいてっ行がちた私の前以とっき。いさ下てし出らかここ、よ主がられわ「 う違はと行悪たいてっ行がちた私の前以とっき。いさ下てし出らかここ、よ主がられわ「 う違はと行悪たいてっ行がちた私の前以とっき。いさ下てし出らかここ、よ主がられわ「 う : : : :言、び叫)で中の罰懲の獄地(はら彼てしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至-2言、び叫)で中の罰懲の獄地(はら彼てしそ言、び叫)で中の罰懲の獄地(はら彼てしそ言、び叫)で中の罰懲の獄地(はら彼てしそ 。だのいいばれせか泣山沢)に後(て )28-18:9 ンーアルク( 。だのいいばれせか泣山沢)に後(て 。だのいいばれせか泣山沢)に後(て 。だのいいばれせか泣山沢)に後(て 。 。っもでのものろことたいてっ行がら彼、きおてせわ笑し少をら彼えゆれそ」 をのもいよばっもでのものろことたいてっ行がら彼、きおてせわ笑し少をら彼えゆれそ」 をのもいよばっもでのものろことたいてっ行がら彼、きおてせわ笑し少をら彼えゆれそ」 をのもいよばっもでのものろことたいてっ行がら彼、きおてせわ笑し少をら彼えゆれそ」 をのもいよば 。 。 ) ) 」 」れえ考くよ。るあでさ暑いし厳とっもは火業の獄地「、だのるやてっ言(。いなはとこるれえ考くよ。るあでさ暑いし厳とっもは火業の獄地「、だのるやてっ言(。いなはとこるれえ考くよ。るあでさ暑いし厳とっもは火業の獄地「、だのるやてっ言(。いなはとこるれえ考くよ。るあでさ暑いし厳とっもは火業の獄地「、だのるやてっ言(。いなはとこる ) ) 」 」す陣出、中の暑酷「 う言)はちた者信偽( : :す陣出、中の暑酷「 う言)はちた者信偽( :たしまれら仰うこはーラッアの高至-1す陣出、中の暑酷「 う言)はちた者信偽(す陣出、中の暑酷「 う言)はちた者信偽( : : :叫絶と泣号の民の獄地 :叫絶と泣号の民の獄地 :叫絶と泣号の民の獄地 :叫絶と泣号の民の獄地 ●
  6. 6. 6 。かうょしでとこいしら晴素と何の者助援と者 護守の真。すまりあで者護守の真そこたなあ。にうよすまれわ救らか獄地がちた私てしそ。にうよすまれらえ与が国天にちた私、つつい乞を護加ごのらか罰懲とり怒おのーラッア 。るれわ行をとこるなにみ望おのれか、は主のたなあ )701-601:11 ンーアルク( 。るれわ行をとこるなにみ望おのれか、は主のたなあ 。るれわ行をとこるなにみ望おのれか、は主のたなあ 。るれわ行をとこるなにみ望おのれか、は主のたなあに実。るま留にこそに遠永もにどほ地天、外以者いならなにみ望おうそがーラッアはら彼に実。るま留にこそに遠永もにどほ地天、外以者いならなにみ望おうそがーラッアはら彼に実。るま留にこそに遠永もにどほ地天、外以者いならなにみ望おうそがーラッアはら彼に実。るま留にこそに遠永もにどほ地天、外以者いならなにみ望おうそがーラッアはら彼。るいてっが上が声る切きせ息と声き呻なき大はでこそ。るあに中の火業の獄地、はのう。るいてっが上が声る切きせ息と声き呻なき大はでこそ。るあに中の火業の獄地、はのう。るいてっが上が声る切きせ息と声き呻なき大はでこそ。るあに中の火業の獄地、はのう。るいてっが上が声る切きせ息と声き呻なき大はでこそ。るあに中の火業の獄地、はのういとちた者な幸不てしそいとちた者な幸不てしそ :たしまれら仰うこはーラッアるな高崇。すまめ始び叫、き呻いとちた者な幸不てしそいとちた者な幸不てしそ、とるす望絶もらかとこき良るなかい、い失をみ望るす出脱らかこそは民の獄地てしそ-5 」 いなはでのるけか 」 いなはでのるけか 。。 )801-601:32 ンーアルク( 」 いなはでのるけか 」 いなはでのるけか 。。し話にれわうも、りま留にこそ。よえ控「 :る仰はーラッア(。すで者正不)るす対に理 ) ) 」 」し話にれわうも、りま留にこそ。よえ控「 :る仰はーラッア(。すで者正不)るす対に理し話にれわうも、りま留にこそ。よえ控「 :る仰はーラッア(。すで者正不)るす対に理し話にれわうも、りま留にこそ。よえ控「 :る仰はーラッア(。すで者正不)るす対に理 ) ) 」 」真(はちた私にか確は時のそ、らた)しで様同と前以おなもでれそ(来出がとこる戻)に真(はちた私にか確は時のそ、らた)しで様同と前以おなもでれそ(来出がとこる戻)に真(はちた私にか確は時のそ、らた)しで様同と前以おなもでれそ(来出がとこる戻)に真(はちた私にか確は時のそ、らた)しで様同と前以おなもでれそ(来出がとこる戻)に世現(しも。いさ下てし出)らかここ(をちた私、よ主がられわ。たしで民たっ去い迷は世現(しも。いさ下てし出)らかここ(をちた私、よ主がられわ。たしで民たっ去い迷は世現(しも。いさ下てし出)らかここ(をちた私、よ主がられわ。たしで民たっ去い迷は世現(しも。いさ下てし出)らかここ(をちた私、よ主がられわ。たしで民たっ去い迷はちた私。すでのたっましてけ負に幸不のら自)のどな能本や望欲ていおに世現(はちた私ちた私。すでのたっましてけ負に幸不のら自)のどな能本や望欲ていおに世現(はちた私ちた私。すでのたっましてけ負に幸不のら自)のどな能本や望欲ていおに世現(はちた私ちた私。すでのたっましてけ負に幸不のら自)のどな能本や望欲ていおに世現(はちた私、よ主がられわ「 う言)はちた人番の獄地( : :、よ主がられわ「 う言)はちた人番の獄地( :たしまれら仰うこはーラッアの高至-4、よ主がられわ「 う言)はちた人番の獄地(、よ主がられわ「 う言)はちた人番の獄地( : : 」 らかるあでのいなさ成も益の何は声び呼のちた者仰信不 。。 )05-94:04 ンーアルク( 」 らかるあでのいなさ成も益の何は声び呼のちた者仰信不 」 らかるあでのいなさ成も益の何は声び呼のちた者仰信不 」 らかるあでのいなさ成も益の何は声び呼のちた者仰信不 。。 : : 」 」 : :。よけ続び呼はでれそ「 う言)はちた人番の獄地(。にか確、ええ「 う言)は民の獄地(。よけ続び呼はでれそ「 う言)はちた人番の獄地(。にか確、ええ「 う言)は民の獄地( 。よけ続び呼はでれそ「 う言)はちた人番の獄地(。にか確、ええ「 う言)は民の獄地( 。よけ続び呼はでれそ「 う言)はちた人番の獄地(。にか確、ええ「 う言)は民の獄地( : : 」 」 : :」?かたっかなはでのた来てっやにともの方たなあてえ携を証明、はちた徒使)ていおに世」?かたっかなはでのた来てっやにともの方たなあてえ携を証明、はちた徒使)ていおに世」?かたっかなはでのた来てっやにともの方たなあてえ携を証明、はちた徒使)ていおに世」?かたっかなはでのた来てっやにともの方たなあてえ携を証明、はちた徒使)ていおに世 「 「 」 」 現(:う言)はちた人番の獄地(。れくてせさ減軽を罰懲の日のこ、でん呼を主の方たな 現(:う言)はちた人番の獄地(。れくてせさ減軽を罰懲の日のこ、でん呼を主の方たな 現(:う言)はちた人番の獄地(。れくてせさ減軽を罰懲の日のこ、でん呼を主の方たな 現(:う言)はちた人番の獄地(。れくてせさ減軽を罰懲の日のこ、でん呼を主の方たな 「 「 」 」 あ「 う言にちた人番の獄地は民の獄地てしそ : : あ「 う言にちた人番の獄地は民の獄地てしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至-2 あ「 う言にちた人番の獄地は民の獄地てしそ あ「 う言にちた人番の獄地は民の獄地てしそ : : )05:7 ンーアルク( 」 だのたれらじ禁にちた者仰信不をられそ、はーラッアに実「 う言)は民の国天(。れ 。 。 : : 」 」 」 だのたれらじ禁にちた者仰信不をられそ、はーラッアに実「 う言)は民の国天(。れ 」 だのたれらじ禁にちた者仰信不をられそ、はーラッアに実「 う言)は民の国天(。れ 」 だのたれらじ禁にちた者仰信不をられそ、はーラッアに実「 う言)は民の国天(。れ 。 。 : : 」 」くでん恵か何らか内の糧たっさ下てえ与に方たなあがーラッアはいるあ、を水にちた私「くでん恵か何らか内の糧たっさ下てえ与に方たなあがーラッアはいるあ、を水にちた私「くでん恵か何らか内の糧たっさ下てえ与に方たなあがーラッアはいるあ、を水にちた私「くでん恵か何らか内の糧たっさ下てえ与に方たなあがーラッアはいるあ、を水にちた私「:う言、でん呼を民の国天は民の獄地てしそ:う言、でん呼を民の国天は民の獄地てしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至-1:う言、でん呼を民の国天は民の獄地てしそ:う言、でん呼を民の国天は民の獄地てしそ 。すでのぶ叫き呻、い失をみ望はら彼てしうこ。すでのなけだるせ さ幅増を念の悔後とみし悲のら彼は答返のそ、がすでのな主のら彼、クリーマ人番の獄地 、ちた人番の獄地や民の国天がのるけかび呼に際のそ すまめ求を助援 げ上を声び呼てめ 。 、 求をか誰るれくてけ助をら彼てしそ。すまけ受を罰懲いし厳、とる入に獄地が民の獄地 :けかび呼の民の獄地 :けかび呼の民の獄地 :けかび呼の民の獄地 :けかび呼の民の獄地 ●
  7. 7. 7 ) ) 。のものムリスムは章文。 391(ムリスム・フーヒサ、 44(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 7 。のものーィズミルィテ=ッアは章文。照参)1542(ハーヒサ=ッア・トラィスルィス=ッア。 4902(ーィズミルィ ) ) )テ=ッア・ンナス・フーヒサ、 7952(ーィズミルィテ=ッア・ンナス、 86251(ドマフア・ドナスム。承伝な正真 6 : 。とこの照参章の」ドーヒウタ「 注者訳 5 。 3053(ャジーマ・ンブイ・ンナス・フーヒサ、 1434(ャジーマ・ンブイ・ンナス。承伝な正真 ) ) 4 。とこの園楽るいてれわ言と所場の高最もで中の国天、るあに中ん真の国天:注者訳 3 。てめ眺を主のそ。く輝は々顔日のそ )32‐22:57 ンーアルク( 。てめ眺を主のそ。く輝は々顔日のそ :たし 。てめ眺を主のそ。く輝は々顔日のそ 。てめ眺を主のそ。く輝は々顔日のそまれら仰うこはーラッアるな高崇。すで悦満ごるす対にら彼のーラッア、とび喜るよにとこるえみまとーラッアるな厳 つか 荘 大偉、は楽享な大偉も最るす受享が者仰信で国天-1 :民の獄地るけ受を罰いし厳も最 :民の獄地るけ受を罰いし厳も最 :民の獄地るけ受を罰いし厳も最 :民の獄地るけ受を罰いし厳も最 ● 」 )7承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(。うよれわ救らか獄地、が者たいてし有を善もでさ重のどほ匹一蟻小に中の心のそ、い言と”しなはのもきべす拝崇に真に他のーラッア“ に次てしそ。うよれわ救らか獄地、が者たいてし有を善 、もでさ重のどほ粒 1 麦小に中の心のそ、い言と”しなはのもきべす拝崇に真に他のーラッア“ に次てしそ。うよれわ救らか獄地、は者たいてし有を善もでさ重のどほ本一髪に中の 、心のそ、い言と”しなはのもきべす拝崇に真に他のーラッア“:たしまい言は)れあ安平 「と福祝のらかーラッアに彼(者言預、ばれよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(スナア-2 」。 )6承伝のーィズミルィテ=ッアとドマフア(” だのる入に国天はら彼らかれそ。るくて出え生、にうよるくて出き湧が泡に上の土な沃肥るくでん運が川でるまはら彼、とるけかを水にら彼が民の国天てしそ。るれら来てれ連とへ国天。れさ出らかこそてしそ るれらけかが悲慈ごてがや がるれさ罰で獄地でまるなにうよの 。 、炭は)ちた者い深罪内の(徒のドーヒウタ“ たしまい言は)れあ福祝と安平のらかーラッ :アに彼(徒使のーラッア「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ルビーャジ-1 : :とこるれわ救らか獄地がちた者い深罪、内の徒の ドーヒウタ :とこるれわ救らか獄地がちた者い深罪、内の徒の ドーヒウタ :とこるれわ救らか獄地がちた者い深罪、内の徒の ドーヒウタ :とこるれわ救らか獄地がちた者い深罪、内の徒の ドーヒウタ 5 ● 4 」) 。るま留に遠永にこそは ) 承伝のャジーマ・ンブイ(” 11-01:32 ンーアルク( 。るま留に遠永にこそは 。るま留に遠永にこそは 。るま留に遠永にこそは 3ら彼。るあでのなちた者ぐ継き引を スウダルィフ。ちた者ぐ継き引はそこら彼 :るあでら彼。るあでのなちた者ぐ継き引を スウダルィフ。ちた者ぐ継き引はそこら彼ら彼。るあでのなちた者ぐ継き引を スウダルィフ。ちた者ぐ継き引はそこら彼ら彼。るあでのなちた者ぐ継き引を スウダルィフ。ちた者ぐ継き引はそこら彼葉言御のこのーラッアの高至はれそ。だのるなにとこるけ受り譲を所場の国天の彼は民の国天、とる入に獄地が者死でれそ。るあで所場の獄地と所場の国天、りまつはれそ。るいてっ持を所場のつ 2、もで誰は方たなあ“ たしまい言は)れあ福祝と安平のらかーラッア :に彼(徒使のーラッア「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ライラフ・ーブア : :階位の民の獄地、とのもるけ受り譲が民の国天 :階位の民の獄地、とのもるけ受り譲が民の国天 :階位の民の獄地、とのもるけ受り譲が民の国天 :階位の民の獄地、とのもるけ受り譲が民の国天 ●
  8. 8. 8にままたっ保を壁障に間の国天とら自、ばれけながとこるす入突にこそてえ控を‐どなとこるじ応てっもで善に悪、し施や心のし許、抱辛や力努るけおに)為行拝崇(ダーバイ‐とこう厭が魂方一。すまりなにとこるいてい築を壁防に間の獄地とら自、ばれけなか付近にこそてえ控を‐どな話噂の人、興遊や楽快な法合非‐望欲む望の魂りまつ:注者訳 01 ) ) 。のものーリーハブ=ルアは章文。 0582(ムリスム・フーヒサ、 8456(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 9 。すまれらけ受見がりだくういと」るれら来てれ連で形の羊の 、らだま 黒白が死「 はに承伝るす関に釈 解の章ムヤルマの)れあび悦おの ーラッアに彼(ドーイサ・ーブア :注者訳 8 ) 11 」 01 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(。 るいてれさ囲包てっよにとこう嫌の魂は国天、れさ : 囲包てっよにとこむ好の魂は獄地「 たしまい言は)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(徒使のーラッア、とるよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(ライラフ・ーブア :のもむ阻を獄地と国天 :のもむ阻を獄地と国天 :のもむ阻を獄地と国天 :のもむ阻を獄地と国天 ● 」。 )9承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(” る 。あ での す 増 に 更も みし 悲 の 民の 獄 地 、 し増 に更 は び 喜の 民 の 国 天てし う こ 」 ぞ い な は 死 。 、 :、よ民の獄地 ぞいなは死 よ民の国天「 るえこ聞が声の者ぶ呼 とるれら屠がれそてしそ 、。るれか に) なうよ 8 置 形 む阻を(間の獄地と国天、 れら来てれ連が」死「 とるれか行てれ連 、に獄地が民の獄地、に国天が民の国天“ たしまい言は)れあ福祝と安平のらかーラッアに :彼(徒使のーラッア「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアにら彼(ルマウ・ンブイ-3 : 。るあ 。るあ )73-63:5 ンーアルク( 。るあ 。るあでのるあが罰懲の遠永はにら彼てしそ。いな来出はとこる出らかこそ、がだのいたし出けでのるあが罰懲の遠永はにら彼てしそ。いな来出はとこる出らかこそ、がだのいたし出けでのるあが罰懲の遠永はにら彼てしそ。いな来出はとこる出らかこそ、がだのいたし出けでのるあが罰懲の遠永はにら彼てしそ。いな来出はとこる出らかこそ、がだのいたし出け 。 。抜らか獄地)はら彼( だのるあが罰懲な烈痛はにら彼てしそ。いなえらもてれ入け受をれ抜らか獄地)はら彼( だのるあが罰懲な烈痛はにら彼てしそ。いなえらもてれ入け受をれ抜らか獄地)はら彼( だのるあが罰懲な烈痛はにら彼てしそ。いなえらもてれ入け受をれ抜らか獄地)はら彼( だのるあが罰懲な烈痛はにら彼てしそ。いなえらもてれ入け受をれ 。 。そ、もてしとたっあつ 1 うもがのもの様同とれそとて全るあに上地のめたうらもてじ免をそ、もてしとたっあつ 1 うもがのもの様同とれそとて全るあに上地のめたうらもてじ免をそ、もてしとたっあつ 1 うもがのもの様同とれそとて全るあに上地のめたうらもてじ免をそ、もてしとたっあつ 1 うもがのもの様同とれそとて全るあに上地のめたうらもてじ免を罰懲の日の判審にら彼しも、はちた者仰信不 :たしまれら仰うこはーラッアの高至-2罰懲の日の判審にら彼しも、はちた者仰信不罰懲の日の判審にら彼しも、はちた者仰信不罰懲の日の判審にら彼しも、はちた者仰信不 )801-601:11 ンーアルク( 。だのな物り贈いなのとこるえ絶途)のら 。だのな物り贈いなのとこるえ絶途)のら 。だのな物り贈いなのとこるえ絶途)のら 。だのな物り贈いなのとこるえ絶途)のらかーラッア( るま留にこそに遠永もどほ地天、外以者いならなにみ望おうそがーラッアは 。 。かーラッア( るま留にこそに遠永もどほ地天、外以者いならなにみ望おうそがーラッアはかーラッア( るま留にこそに遠永もどほ地天、外以者いならなにみ望おうそがーラッアはかーラッア( るま留にこそに遠永もどほ地天、外以者いならなにみ望おうそがーラッアは 。 。ら彼。るあに中の国天、ばえいとはちた者な福幸方一。るれわ行をとこるなにみ望おのれら彼。るあに中の国天、ばえいとはちた者な福幸方一。るれわ行をとこるなにみ望おのれら彼。るあに中の国天、ばえいとはちた者な福幸方一。るれわ行をとこるなにみ望おのれら彼。るあに中の国天、ばえいとはちた者な福幸方一。るれわ行をとこるなにみ望おのれか、は主のたなあに実。るま留にこそに遠永もにどほ地天、外以者いならなにみ望おうそか、は主のたなあに実。るま留にこそに遠永もにどほ地天、外以者いならなにみ望おうそか、は主のたなあに実。るま留にこそに遠永もにどほ地天、外以者いならなにみ望おうそか、は主のたなあに実。るま留にこそに遠永もにどほ地天、外以者いならなにみ望おうそがーラッアはら彼。るいてっが上が声る切きせ息と声き呻なき大はでこそ。るあに中の火がーラッアはら彼。るいてっが上が声る切きせ息と声き呻なき大はでこそ。るあに中の火がーラッアはら彼。るいてっが上が声る切きせ息と声き呻なき大はでこそ。るあに中の火がーラッアはら彼。るいてっが上が声る切きせ息と声き呻なき大はでこそ。るあに中の火業の獄地、はのういとちた者な幸不てしそ業の獄地、はのういとちた者な幸不てしそ :たしまれら仰うこはーラッアの高至-1業の獄地、はのういとちた者な幸不てしそ業の獄地、はのういとちた者な幸不てしそ :とこるま留に久永にいま住の々各は民の獄地と国天 :とこるま留に久永にいま住の々各は民の獄地と国天 :とこるま留に久永にいま住の々各は民の獄地と国天 :とこるま留に久永にいま住の々各は民の獄地と国天 ● 。だの 。だの )61-51:38 ンーアルク( 。だの 。だのる入とへ中の火烈らかれそ。るいてれま阻らか)とこるえみまと(主のそ、日のそはら彼る入とへ中の火烈らかれそ。るいてれま阻らか)とこるえみまと(主のそ、日のそはら彼る入とへ中の火烈らかれそ。るいてれま阻らか)とこるえみまと(主のそ、日のそはら彼る入とへ中の火烈らかれそ。るいてれま阻らか)とこるえみまと(主のそ、日のそはら彼、やい、やい、やい :たしまれら仰うこはーラッアるな高崇。すでとこるいてれま阻らかとこるえみ、やいまとーラッアるな厳 つか 荘 大偉がら彼、は罰いし厳も最るけ受が民のそで獄地てしそ-2
  9. 9. 9 ) ) 。のものーリーハブ=ルアは章文。 6101(ムリスム・フーヒサ、 3656(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 41 ) ) 。のものムリスムは章文。 6482(ムリスム・フーヒサ、 0584(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 31 ) 。 8846(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 21 ) ) 。のものーリーハブ=ルアは章文。 3282(ムリスム・フーヒサ、 7846(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 11 。 りよ釈解ムリスム・フーヒサの師ーィウワナ=ンア(すまりな ) 41 」) ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(。 だのす施(もてっあでけだつ 1 葉言い良、は者いな来出もえされそてしそ。だのる守を身らか)因要諸るなにとこる入に(獄地 :、もてっあで)し施の(分半シヤメツナえ例「 たしまい言てしそ。たしまい乞を護加ごのーラッアるす対にれそてけ背を顔、とるす及言に獄地たまらかれそ。たしまい乞を護加ごのーラッアるす 対にれそてけ背を顔、とるす及言に獄地は)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(者言預、ばれよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(ムィテーハ・ンブ・イ ウ-2 ダ 。うろだるれまし慈と )231-131:3 ンーアルク( 。うろだるれまし慈と 。うろだるれまし慈と 。うろだるれまし慈とっきは方たなあ。え従に徒使のそとーラッアてしそ。だのる守を身らか)因要諸るなにとっきは方たなあ。え従に徒使のそとーラッアてしそ。だのる守を身らか)因要諸るなにとっきは方たなあ。え従に徒使のそとーラッアてしそ。だのる守を身らか)因要諸るなにとっきは方たなあ。え従に徒使のそとーラッアてしそ。だのる守を身らか)因要諸るなにとこる入に(獄地たれら創にめたの者仰信不てしそこる入に(獄地たれら創にめたの者仰信不てしそ :たしまれら仰はーラッアの高至-1こる入に(獄地たれら創にめたの者仰信不てしそこる入に(獄地たれら創にめたの者仰信不てしそ :とこるめ求を国天、り守を身らか獄地 :とこるめ求を国天、り守を身らか獄地 :とこるめ求を国天、り守を身らか獄地 :とこるめ求を国天、り守を身らか獄地 ● 」。 )31承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(” う だるなと 満)で民 ろ 杯のそ( もれずいは方たなあてしそ。だのるす罰を者 望らか内のちたべもしの私、てっも 、 むをたなあは私。るあで罰懲の私はたなあ“ たっ仰うこはに獄地)はーラッア(たま” だ : 。のむし慈を者む望らか内のちたべもしの私、てっもをたなあは私。るあで悲慈の私はたな : 。あ“ たっ仰に国天はーラッアでこそ” うましてっなくな来かしちた者な能無、ちた者の層 : 。下や者弱はにろことの私はでれそ“ たっ言は国天とるす” たい頂が私はちた者圧抑とちた者な : : 大尊“ たっ言は獄地。たし争論が国天と獄地「 たしまい言は)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(者言預、ばれよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(ライラフ・ーブア :停調のーラッアと争論の獄地と国天 :停調のーラッアと争論の獄地と国天 :停調のーラッアと争論の獄地と国天 :停調のーラッアと争論の獄地と国天 ● ) 21 」。 承伝のーリーハブ=ルア(” るあでのな様同たまも獄地てしそ。い近に方たなあ、もりよもひ : 靴の方たなあは国天“ たしまい言は)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(者言預「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ドーウスマ・ンブ・ーラッドブア : :さ近の獄地と国天 :さ近の獄地と国天 :さ近の獄地と国天 :さ近の獄地と国天 ●
  10. 10. 10 。のものーリーハブ=ルアは章文。 5381(ムリスム・フーヒサ、 0827(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 51 。すまい乞を護加ごのらかい行と葉言るけ付近をちた私とへこそと獄地、にたなあてしそ。すまい乞をい行と葉言るれくてけ付近をちた私とへこそと国天、にたなあはちた私、よーラッア ● )51 」。承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(” だのるなにとこだん拒)を国天(は者たし反に私 : ”、がる入に国天は者たっ従に私“ たしまい言)は徒使のーラッア( ?かうょしでむ拒)を : ”国天(が誰、よ徒使のーラッア“ たしまい言)はちた友教(。はてい除を者だん拒をれそしだた。る入に国天 「 皆は者の体同共の私“:たしまい言は)れあ福祝と安平のらかーラッアに彼(徒使のーラッア、ばれよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(ライラフ・ーブア-3

×