Ja 21 descrption_of_the_paradise

216 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
216
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Ja 21 descrption_of_the_paradise

  1. 1. 天国の 天国の様子 - 天国の享楽 天国の ﴾‫﴿ ﺻﻔﺔ ﺠﻟﻨﺔ ﺻﻒ ﻧﻌﻴﻤﻬﺎ‬ [ 日本語– Japanese – k‫] ﻳﺎﺑﺎ‬ムハンマド・イブラーヒーム・アッ=トゥワイジュリー 翻訳 : サイード佐藤 校閲 : ファーティマ佐藤 2007 - 1428
  2. 2. ‫﴿ ﺻﻔﺔ ﺠﻟﻨﺔ ﺻﻒ ﻧﻌﻴﻤﻬﺎ﴾‬ ‫» ﺑﺎﻟﻠﻐﺔ ﺎﺑﺎﻧﻴﺔ «‬ ‫ﺤﻣﻤﺪ ﺑﻦ ﺑﺮ ﻫﻴﻢ ﺤﻛﻮﺠﻳﺮ‬ ‫ﺗﺮﻤﺟﺔ: ﺳﻌﻴﺪ ﺳﺎﺗﻮ‬ ‫ﻣﺮ ﺟﻌﺔ: ﻓﺎﻃﻤﺔ ﺳﺎﺗﻮ‬ ‫8241 - 7002‬ ‫2‬
  3. 3. 3 )8:13 ンーアルク( 。るあが園楽の楽安 。るあが園楽の楽安 。るあが園楽の楽安 。るあが園楽の楽安、はそこにちた者む励に行善し仰信、はそこにちた者む励に行善し仰信、はそこにちた者む励に行善し仰信、はそこにちた者む励に行善し仰信 :たしまれら仰はーラ ッアの 高至:園楽 の楽安- 5 )51:52 」?かのいよが方の園楽の遠永たれさ束約に)ちた者む慎を身らか柄 ンーアルク( 」?かのいよが方の園楽の遠永たれさ束約に)ちた者む慎を身らか柄 」?かのいよが方の園楽の遠永たれさ束約に)ちた者む慎を身らか柄 」?かのいよが方の園楽の遠永たれさ束約に)ちた者む慎を身らか柄 事なうよく招を罰懲とり怒おのーラッア(ンークタッムてしと先着終とい報のそはいるあ 事なうよく招を罰懲とり怒おのーラッア(ンークタッムてしと先着終とい報のそはいるあ 事なうよく招を罰懲とり怒おのーラッア(ンークタッムてしと先着終とい報のそはいるあ 事なうよく招を罰懲とり怒おのーラッア(ンークタッムてしと先着終とい報のそはいるあ、か)火業の獄地(れそ体一「 え言 、 、、か)火業の獄地(れそ体一「 え言 :たしまれら仰はーラッアの高至:園楽の遠永-4、か)火業の獄地(れそ体一「 え言、か)火業の獄地(れそ体一「 え言 、 、 。るあで園 )05‐94:83 ンーアルク( 。るあで園 。るあで園 。るあで園楽のンゥドア、たれた放け開が扉のもつくいのそ。るあが所り帰きよはに)ちた者む慎を楽のンゥドア、たれた放け開が扉のもつくいのそ。るあが所り帰きよはに)ちた者む慎を楽のンゥドア、たれた放け開が扉のもつくいのそ。るあが所り帰きよはに)ちた者む慎を楽のンゥドア、たれた放け開が扉のもつくいのそ。るあが所り帰きよはに)ちた者む慎を身らか柄事なうよく招を罰懲とり怒おのーラッア(ンークタッムてしそ。るあでれ誉きよ身らか柄事なうよく招を罰懲とり怒おのーラッア(ンークタッムてしそ。るあでれ誉きよ身らか柄事なうよく招を罰懲とり怒おのーラッア(ンークタッムてしそ。るあでれ誉きよ身らか柄事なうよく招を罰懲とり怒おのーラッア(ンークタッムてしそ。るあでれ誉きよのつ 1 はそこれこ ンゥドア ンゥドアのつ 1 はそこれこ :たしまれら仰はーラッアの高至:園楽の)ンデエ(ンゥドア-3のつ 1 はそこれこのつ 1 はそこれこ ンゥドア )701 。 う よ れ ら え 与て し と い ま 住 の そ が 園 楽の ス ウ ダ ル ィ フ 、 は に そ: 81 ン ー ア ル ク ( 。 う よ れ ら え 与て し と い ま 住 の そ が 園 楽の ス ウ ダ ル ィ フ 、 は に そ 。 う よ れ ら え 与て し と い ま 住 の そ が 園 楽の ス ウ ダ ル ィ フ 、 は に そ 。 う よ れ ら え 与て し と い ま 住 の そ が 園 楽の ス ウ ダ ル ィ フ 、 は に そこちた者む励に行善し仰信 :たしまれら仰はーラッアの高至:スウダルィフ園楽-2こちた者む励に行善し仰信こちた者む励に行善し仰信こちた者む励に行善し仰信 スウダルィフ スウダルィフ スウダルィフ 。るあで利勝いな上のこはそこれこ。だのるま留に遠永にこそは)31:4 ンーアルク( 。るあで利勝いな上のこはそこれこ。だのるま留に遠永にこそは 。るあで利勝いな上のこはそこれこ。だのるま留に遠永にこそは 。るあで利勝いな上のこはそこれこ。だのるま留に遠永にこそはら彼。うよれ入に園楽るれ流の川河を下のそを彼)がーラッア( は者う従に徒使のそと 、 、ら彼。うよれ入に園楽るれ流の川河を下のそを彼)がーラッア( は者う従に徒使のそとら彼。うよれ入に園楽るれ流の川河を下のそを彼)がーラッア( は者う従に徒使のそとら彼。うよれ入に園楽るれ流の川河を下のそを彼)がーラッア( は者う従に徒使のそと 、 、ーラッアてしそーラッアてしそ ) ナンャジ=ルア ナンャジ=ルア ナンャジ=ルアーラッアてしそ :たしまれら仰はーラッアの高至: 園楽、国天(ナンャジ=ルア-1ーラッアてしそ :すまりあがのもなうよの下以、はに称名た れら知くよのそてしそ。すでたまあ数は性属のそ、らがなりあでつ 1 は質本のそは国天 :称名諸たれら知くよの国天 :称名諸たれら知くよの国天 :称名諸たれら知くよの国天 :称名諸たれら知くよの国天 ● 。すまりなにとこるす拠依に承伝たえ伝の)れあ安平 と 福祝の らかー ラッ アに彼 (ドマ ンハム 者言 預ちわ なす方 たれ入 み踏 を足り 入にこ そ 、 り通る いてし 示が スーィ デハな 正真と ンー アルク てしそ 、典啓 の方 おのそ ーラッ ア る な高崇 たれら なに り創お をちた 人住の そび 及楽享 のそと れそ、 は話 のてい つに国 天 ● 。すで地 の ぎら安 たれさな備 準ごに めたの 女男の者仰 信、て いおに 世来が ーラッア: はと国天 はと国天 はと国天 はと国天 ● 天国の様子 天国の
  4. 4. 4 。すまいてっ言といし正は路経承伝はトー ) ) ウナルア=ルア。 3103(ンーバッヒ・ンブイ・フーヒサ、 4031(ムキーハ=ルア・クラゥドタスム。承伝な正真 2 ) 。 3247(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 1 」 )2承伝のンーバッヒ・ンブイとムキーハ=ルア(”・・・いながとこだ い 嗅は り 香 い よなう よ の こ“ だ の う 言は ら彼 て し そ。 る が 上 い舞 とへ 扉 の 天に も と と 使 : 天のそてれま包に絹の白純はれそ、とるれか抜き引が魂のそてしそ。るくてっやが使天の 悲 慈は に 下 の 彼、 とる れ 訪 が死 に 者 仰 信「 た し ま い言 は ) れ あ安 平と 福 祝 のら か ー ラ ッ : アに 彼 ( 徒 使の ー ラ ッア ば れ よ に ) れあ 悦 満 ごの ー ラ ッ ア に 彼( ラ イラ フ ・ ー ブ ア - 4 ( )1承伝のーリーハブ=ルア(」 だのる出き湧が川河の国天らかこそ、りあが座玉の方おき深悲慈も最はに上のそてしそ 。 。るあでのな国天るす属に位高りあに心中も最はそこれそ。だのう乞を スウダルィフ、は きとう乞にーラッアにえゆ。るあもどほ間の地天は間の階位各。だのたれさ備準ごをれそ に)ちた者るす闘奮り限の力で形な々様( ンードヒーャジムるけおに道のれかはーラッア。るあが階位の 001 はに国天“ たしまい言)は者言預( ?かうょしでいなはできべるえ伝 : ” をれ そに 々 人 、よ 徒 使の ー ラッ ア “ たし ま い 言) は ちた 友 教 ( 。 も て しと た いて っ ま 留 : ” に地土たれま生はいるあ、もてしとたし住移ていおに道のーラッアが彼え例。うろあがい 報く頂てれ入へ国天にーラッア、は者るすを)食断るゆわい、戒斎(ムウサのンーダマラ、しを)拝礼(ーラサ、じ信を徒使のそとーラッア“:たしまい言は)れあ安平と福祝のら 「 かー ラ ッ ア に彼 ( 者 言預 ば れ よ に ) れあ 悦 満 ごの ー ラ ッ ア に 彼( ラ イラ フ ・ ー ブ ア - 3 )51‐31:35 ンーアルク( 。 るあ が 園楽る げ ら安 を身 はに こ そ。で 下 の木 のラ ドィ ス のて果 最 。た 見を )ル ー リ 。 るあ が 園楽る げ ら安 を身 はに こ そ。で 下 の木 のラ ドィ ス のて果 最 。た 見を )ル ー リ 。 るあ が 園楽る げ ら安 を身 はに こ そ。で 下 の木 のラ ドィ ス のて果 最 。た 見を )ル ー リ 。 るあ が 園楽る げ ら安 を身 はに こ そ。で 下 の木 のラ ドィ ス のて果 最 。た 見を )ル ー リ ブジ(彼度再は)とこのドマンハム(彼てしそ ブジ(彼度再は)とこのドマンハム(彼てしそ :たしまれら仰はーラッアの高至-2 ブジ(彼度再は)とこのドマンハム(彼てしそ ブジ(彼度再は)とこのドマンハム(彼てしそ )22:15 。るあが)獄地はいるあ国天(のものろことるいてれさ束約が方たな ンーアルク( 。るあが)獄地はいるあ国天(のものろことるいてれさ束約が方たな 。るあが)獄地はいるあ国天(のものろことるいてれさ束約が方たな 。るあが)獄地はいるあ国天(のものろことるいてれさ束約が方たな あ、と)因要諸の(糧の方たなあはに天てしそ あ、と)因要諸の(糧の方たなあはに天てしそ :たしまれら仰はーラッアの高至-1 あ、と)因要諸の(糧の方たなあはに天てしそ あ、と)因要諸の(糧の方たなあはに天てしそ :所場の国天 :所場の国天 :所場の国天 :所場の国天 ● )721 :6 ンーアルク( 。るあでのな者護庇のら彼にえゆのものろことたいてっ行)で世 。るあでのな者護庇のら彼にえゆのものろことたいてっ行)で世 。るあでのな者護庇のら彼にえゆのものろことたいてっ行)で世 。るあでのな者護庇のら彼にえゆのものろことたいてっ行)で世 現(がら彼、はそこ)ーラッア(れかてしそ。るあが地のぎら安、に許御の主のそはそこ 現(がら彼、はそこ)ーラッア(れかてしそ。るあが地のぎら安、に許御の主のそはそこ 現(がら彼、はそこ)ーラッア(れかてしそ。るあが地のぎら安、に許御の主のそはそこ 現(がら彼、はそこ)ーラッア(れかてしそ。るあが地のぎら安、に許御の主のそはそこ にら彼 にら彼 にら彼 ムーラサ=ッア・ルーダ にら彼 :たしまれら仰はーラッアの高至: ムーラサ=ッア・ルーダ(地のぎら安-7 )ムーラサ=ッア・ルーダ ムーラサ=ッア・ルーダ )91:23 ンーアルク( 。るあが園楽るせさ難避め休を身てしといま住のそ、し対に事たいてっ行がら彼、はに 。るあが園楽るせさ難避め休を身てしといま住のそ、し対に事たいてっ行がら彼、はに 。るあが園楽るせさ難避め休を身てしといま住のそ、し対に事たいてっ行がら彼、はに 。るあが園楽るせさ難避め休を身てしといま住のそ、し対に事たいてっ行がら彼、はに ちた者む励に行善し仰信方一 ちた者む励に行善し仰信方一 :たしまれら仰はーラッアの高至:園楽るめ休を身-6 ちた者む励に行善し仰信方一 ちた者む励に行善し仰信方一
  5. 5. 5 。のものムリスムは章文。 491(ムリスム・フーヒサ、 2174(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 6 。すで市都 1 の方地アリシはーラスブたま。すまれわ言と町るす在所に方地ンーレハバはルャジハ:注者訳 5 。 7692(ムリスム・フーヒサ ) 4 。のものムリスムは章文。 7201(ムリスム・フーヒサ、 7981(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 3ム ウ サ は に こ そ。 る あ が 門 の つ 8 は に 国 天 「 た し ま い 言 は )れ あ 安 平 と 福 祝 の ら か ー :ラッ ア に 彼 (者 言 預 とる よ に ) れ あ 悦満 ご の ーラ ッ ア に 彼 ( ドア サ ・ン ブ ・ ル ハ サ - 2 。すでのる入に中 )37:93 ンーアルク( 。すでのる入に中 。すでのる入に中 。すでのる入に中の国天に遠永。たしまい行くよ)ていおに世現(は方たなあ。すで安平)らか悪のて全日の国天に遠永。たしまい行くよ)ていおに世現(は方たなあ。すで安平)らか悪のて全日の国天に遠永。たしまい行くよ)ていおに世現(は方たなあ。すで安平)らか悪のて全日の国天に遠永。たしまい行くよ)ていおに世現(は方たなあ。すで安平)らか悪のて全日のこ(は方たなあ「 う言うこにら彼はちた番門のそ、れか開は々門のそとるす着到にこ : :のこ(は方たなあ「 う言うこにら彼はちた番門のそ、れか開は々門のそとるす着到にこのこ(は方たなあ「 う言うこにら彼はちた番門のそ、れか開は々門のそとるす着到にこのこ(は方たなあ「 う言うこにら彼はちた番門のそ、れか開は々門のそとるす着到にこ : :そてしそ。るれかゆてれ連とへ国天てっなと団一、はちた者たいでん慎を身てし対に)いそてしそ。るれかゆてれ連とへ国天てっなと団一、はちた者たいでん慎を身てし対に)いそてしそ。るれかゆてれ連とへ国天てっなと団一、はちた者たいでん慎を身てし対に)いそてしそ。るれかゆてれ連とへ国天てっなと団一、はちた者たいでん慎を身てし対に)い行なうよく招を罰懲とり怒おの(主のそてしそ :たしまれら仰はーラッアの高至-1行なうよく招を罰懲とり怒おの(主のそてしそ行なうよく招を罰懲とり怒おの(主のそてしそ行なうよく招を罰懲とり怒おの(主のそてしそ :数の門の国天 :数の門の国天 :数の門の国天 :数の門の国天 ● 」。 )6承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(” るあでのるあもどほ5ーラスブらかカッマはいるあ、ルャジハらかカッマ、は離距のでま門の別らか門のつ 1 の国天。てっ誓に方おるいてれらね委に手御のそが魂のドマンハム“‐すまりあうこはにろ後の承伝のこてしそ‐・・・たしまれら来てっ持が肉の片一に)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(徒使のーラッア : 日るあ「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ライラフ・ーブア-2 4 」 ) 承伝のムリスム(。たしまき聞はちた私と。るくてっやが日るれさく尽め埋りしっぎで 波人るせ寄し押がれそ、がすまし当相に)程行のも(年 04 は隔間の間の門諸の国天「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ンーワザガ・ンブ・バゥトウ-1 : :さ広の門諸の国天 :さ広の門諸の国天 :さ広の門諸の国天 :さ広の門諸の国天 ● )3承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(。む望をとこるあでうそがたなあてしそ。ああ「 たしまい言)は者言預( ?かす 」 : 」まいは者るれらけかび呼らかて全門のられそ、がすまりあはで分十ばれれば呼らか門のつ1 かれど内のそ。方おい難え換もてしてっもを親両の私はたなあ、よ徒使のーラッア「 た :し まい 言 は ) れあ 悦満 ご の ーラ ッ ア に 彼( ルク バ ・ ーブ ア で こ そ」 る れ ば 呼ら か 門 の カ 。ダサ、ばれあで徒の)し施(カダサたま。るれば呼らか門 ンーヤイラ=ッアばれあで徒の)食断るゆわい、戒斎(ムウサ、らか門のドーハジばれあで徒の)とこるす力努闘奮(ドー ハジ た ま 。 るれ らけ か び 呼ら か 門 の )拝 礼( ー ラ サ、 は 徒 の )拝礼 ( ー ラサ た ま ” だ 。とこいよはれこ、よべもしのーラッア“ るれらけかび呼うこらか門諸の国天、は者た :し施らか産財の類種 2 ていおに道のーラッア「 たしまい言は)れあ安平と福祝のらかー :ラッアに彼(徒使のーラッアとるよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(ライラフ・ーブア :称名の扉各の国天 :称名の扉各の国天 :称名の扉各の国天 :称名の扉各の国天 ●
  6. 6. 6 。 432(ムリスム・フーヒサ ) 11 。浄洗の位部各の体たし図意を化浄清の身心、るけおに式形の定一るあたれらめ定ていおにムーラスイ:注者訳 01 。のものーリーハブ=ルアは章文。 9701(ムリスム・フーヒサ、 7723(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 9 。 5652(ムリスム・フーヒサ ) 8 。のものーリーハブ=ルアは章文。 2511(ムリスム・フーヒサ、 7523(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 7るけ : 開 を れ そ 、と る来 に 前 の門 の 国 天 に日の 判 審 は私 「 た し まい 言は ) れ あ安 平 と 福 祝のらかーラッアに彼(徒使のーラッア、とるよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(ス ナア :者る入に国天に初最 :者る入に国天に初最 :者る入に国天に初最 :者る入に国天に初最 ● )11承伝のムリ 」。スム( ” だ のる 来 出 がと こ る入 ら か 門む 望 の 内の そ は彼 て し そ。 る れ た放 け 開が 門 の つ )8 の国天、もでに誰はに者う言と」 すまし言証と、るあで徒使りあでべもしのそはドマンハム、くなは在存きべす拝崇に真に他のーラッアは私(フルースラ・ワ・フドブア・ンダ 、マ ンハ ム ・ ナ ンア ・ワ 、 ー ラッ ラ ッ イ ・ハ ーラ イ ・ ーラ ッ ア ・ ドハュ シ ア 「 い 行 く な んべ 01 : んまを ーゥドウ“ たしまい言は)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(徒使のーラッア「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ブー : タッハ=ルア・ンブ・ルマウ-3 (。 )9承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(」 だのるれらめ止り縛はちた)魔悪(ンータイャシてしそ。るれらじ閉は々門の獄地、れか開は々門の国天、とるす来 : 到が月ンーダマラ「 たしまい言は)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼 ( 徒 使 のー ラ ッ ア、 ば れ よ に ) れあ 悦 満 ごの ー ラ ッ ア に 彼( ラ イラ フ ・ ー ブ ア - 2 )8承 」。伝の ムリ ス ム ( ” だ のる す 留保 ず ま とひ を ) のる れ さ赦 が 罪 の( ら 彼 、で ま つも り と を :間の人 2 のこが者の別か誰“ るれら仰うこはーラッア、りあで別は胞同の人 2 う合み怨に互相しかし。るれさ赦は罪のべもしのて全いなめ崇てべ並もをのも何にーラッアてしそ、れか : 開に 日 曜 木と 日 曜月 は 門諸 の 国 天 「 た し まい 言 は) れ あ 安平 と 福 祝の ら かー ラ ッ アに彼 ( 徒 使 のー ラ ッ ア、 と る よ に ) れあ 悦 満 ごの ー ラ ッ ア に 彼( ラ イラ フ ・ ー ブ ア - 1 :時く開が門諸のそ、ていおに世現 :時く開が門諸のそ、ていおに世現 :時く開が門諸のそ、ていおに世現 :時く開が門諸のそ、ていおに世現 ● )05‐94:83 ンーアルク( 。るあで園楽のンゥドア、たれた放け開が扉のもつくいのそ。るあ 。るあで園楽のンゥドア、たれた放け開が扉のもつくいのそ。るあ 。るあで園楽のンゥドア、たれた放け開が扉のもつくいのそ。るあ 。るあで園楽のンゥドア、たれた放け開が扉のもつくいのそ。るあが所り帰きよはに)ちた者む慎を身らか柄事なうよく招を罰懲とり怒おのーラッア(ンーが所り帰きよはに)ちた者む慎を身らか柄事なうよく招を罰懲とり怒おのーラッア(ンーが所り帰きよはに)ちた者む慎を身らか柄事なうよく招を罰懲とり怒おのーラッア(ンーが所り帰きよはに)ちた者む慎を身らか柄事なうよく招を罰懲とり怒おのーラッア(ンークタッムてしそ。るあでれ誉きよのつ 1 はそこれこクタッムてしそ。るあでれ誉きよのつ 1 はそこれこクタッムてしそ。るあでれ誉きよのつ 1 はそこれこ :たしまれら仰はーラッアの高至クタッムてしそ。るあでれ誉きよのつ 1 はそこれこ :るいてれか開てし対に人住のそは門諸の国天 :るいてれか開てし対に人住のそは門諸の国天 :るいてれか開てし対に人住のそは門諸の国天 :るいてれか開てし対に人住のそは門諸の国天 ● 」 )7承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(。るあが門るれば呼と” ンーヤイラ=ッア“いなのとこる入かしちた者たっあで徒の)食断るゆわい、戒斎(
  7. 7. 7 。 9792(ムリスム・フーヒサ ) 71 。ちたムリスムの期初たし住移へナーィデマらかカッマ:注者訳 61 。のものムリスムは章文。 9125(ムリスム・フーヒサ、 3456(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 51 。のものーリーハブ=ルアは章文。 4382(ムリスム・フーヒサ、 7233(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 41 。のものムリスムは章文。 558(ムリスム・フーヒサ、 678(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 31 。 791(ムリスム・フーヒサ ) 21ッアに彼(者言預、ばれよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(ルバ ャジ・ンブ・ズーアム :齢年の民住の国天 :齢年の民住の国天 :齢年の民住の国天 :齢年の民住の国天 ● 」。 )71承伝のムリスム(” う 61ろあでる入へ国天てけ駆先年 04 にちたち持金、日の判審はちた者きし貧の ンールジーハ :ム“ た し ま き聞 をの う 言 うこ が ) れ あ安 平と 福 祝 のら か ー ラ ッア に彼 ( 徒 使の ー ラ ッ アは私「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアにら彼(ルムア・ンブ・ーラッドブア-3 : )51承伝のムリスムとーリーハ 」ブ=ルア(。るいてしを形の月の夜の月満は顔のら彼。いなはとこる入が者の初最でまる 、入 )に 国 天 ( が者の 後 最 ) り あ で の る入 に国 天 に 勢一 皆 ( は ら彼 。る 入 に 国天 ら が な きつび にい 、が者の人 000007 はいるあ 00007 や 結 互 : ず必らか民の私「 たしまい言は)れあ安平 と 福 祝 のら か ー ラッ ア に 彼 ( 徒 使の ー ラ ッア 、 ば れ よ に ドア サ ・ン ブ ・ ル ハ サ - 2 41 」。 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(” るあでのな姿のムダーア、祖父のら彼るえびそにさ高のも尺腕 06 に天、皆はら彼たま。るあでちた女乙たしりきっはの眼黒と眼白はちた者偶配のそ、で木香は炉香のら彼たま。るあで香麝は汗のら彼、で金は櫛のら彼。いなもとこすら垂を鼻もとこく吐を唾、ばれけなしも尿排はら彼。るあで姿の星惑く煌いゆばまも最に天、はちた者る入に次のそてしそ。るあで姿なうよの月の夜の :月 満、 は 団 一 る入に 国 天 に初 最 “ た しま い言 は ) れあ 安 平 と 福祝 のら か ー ラッ ア に 彼 (徒 使 の ー ラ ッ ア 「 た し ま い 言 は ) れあ 悦 満 ご の ー ラ ッ ア に 彼 ( ラ イ ラ フ ・ ー ブ ア - 1 : :団一る入に国天に初最 :団一る入に国天に初最 :団一る入に国天に初最 :団一る入に国天に初最 ● 31 」 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(。だのな民る入に国天に初最はちた私てしそ。るあでのつ立に頭先はに日の判審、がるあでちた者るめ務をりがんし)で内の : 民の 典 啓 ( は)ム リ ス ム( ち た 私 “ た しま い 言 は) れ あ 安 平と 福祝 の ら かー ラ ッ ア に彼( 徒 使 の ーラ ッ ア「 た し ま い 言 は) れ あ 悦満 ご の ー ラ ッ アに 彼 ( ライ ラ フ ・ ー ブ ア : :民る入に国天に初最 :民る入に国天に初最 :民る入に国天に初最 :民る入に国天に初最 ● 」。 )21承伝のムリスム(” たしまい :て れら け 付 言 とに うよ ぬ け 開を 門 も に 誰、 はで ま る ゃし っ ら い がたな あ “ う言 は 彼 と るす” だド マ ン ハム “ う言 は 私” ? か すで 。 : : 誰 はた な あ“ う 言 は番 門 と るす 。 るじ 命 う よ
  8. 8. 8 ) ) 。のものーリーハブ=ルアは章文。 4382(ムリスム・フーヒサ、 4523(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 02 。のものーィズミルィテ=ッア・ンナスは章文。 4602(ーィズミルィ ) ) ) テ=ッア・ンナス・フーヒサ、 5452(ーィズミルィテ=ッア・ンナス、 0297(ドマフア・ドナスム。承伝な好良 91 。粉い黒、るれらけ付にり周毛睫にめたのどな防予の病眼:注者訳 81 。すでのる入に中 )37:93 ンーアルク( 。すでのる入に中 。すでのる入に中 。すでのる入に中 の国天に遠永。たしまい行くよ)ていおに世現(は方たなあ。すで安平)らか悪のて全日 の国天に遠永。たしまい行くよ)ていおに世現(は方たなあ。すで安平)らか悪のて全日 の国天に遠永。たしまい行くよ)ていおに世現(は方たなあ。すで安平)らか悪のて全日 の国天に遠永。たしまい行くよ)ていおに世現(は方たなあ。すで安平)らか悪のて全日 のこ(は方たなあ「 う言うこにら彼はちた番門のそ、れか開は々門のそとるす着到にこ : : のこ(は方たなあ「 う言うこにら彼はちた番門のそ、れか開は々門のそとるす着到にこ のこ(は方たなあ「 う言うこにら彼はちた番門のそ、れか開は々門のそとるす着到にこ のこ(は方たなあ「 う言うこにら彼はちた番門のそ、れか開は々門のそとるす着到にこ : : そてしそ。るれかゆてれ連とへ国天てっなと団一、はちた者たいでん慎を身てし対に)い そてしそ。るれかゆてれ連とへ国天てっなと団一、はちた者たいでん慎を身てし対に)い そてしそ。るれかゆてれ連とへ国天てっなと団一、はちた者たいでん慎を身てし対に)い そてしそ。るれかゆてれ連とへ国天てっなと団一、はちた者たいでん慎を身てし対に)い 行なうよく招を罰懲とり怒おの(主のそてしそ :たしまれら仰はーラッアの高至-1 行なうよく招を罰懲とり怒おの(主のそてしそ 行なうよく招を罰懲とり怒おの(主のそてしそ 行なうよく招を罰懲とり怒おの(主のそてしそ :景光る来てっやの民住の国天 :景光る来てっやの民住の国天 :景光る来てっやの民住の国天 :景光る来てっやの民住の国天 ● )02承伝のム 」 リスムとーリーハブ=ルア(。いなし在存がどな妬嫉やい合みし憎はに間のら彼、りあで つ 1 は心のら彼。るあでうよの星惑く煌く輝くし美も最で天、はちた者く続にれそてしそ。るあ で : 姿 の 月 の夜 の 月 満は 団 一る 入 に 国天 に 初最 「 たし ま い 言は ) れ あ安 平 と福 祝 の ら かー ラ ッ ア に彼 ( 者 言預 ば れ よ に ) れあ 悦 満 ごの ー ラ ッ ア に 彼( ラ イラ フ ・ ー ブ ア - 6 。るま留に遠永にこそ、りあにともの悲慈ごのー )701:3 ンーアルク( 。るま留に遠永にこそ、りあにともの悲慈ごのー 。るま留に遠永にこそ、りあにともの悲慈ごのー 。るま留に遠永にこそ、りあにともの悲慈ごのー ラッア、はちた者く輝く白が顔のそ方一てしそ ラッア、はちた者く輝く白が顔のそ方一てしそ :たしまれら仰はーラッアの高至-5 ラッア、はちた者く輝く白が顔のそ方一てしそ ラッア、はちた者く輝く白が顔のそ方一てしそ )93‐83:08 ンーアルク( 。てし楽 。てし楽 。てし楽 。てし楽 悦し喜歓。るせらしばとほを光は々顔、日のそ 悦し喜歓。るせらしばとほを光は々顔、日のそ 悦し喜歓。るせらしばとほを光は々顔、日のそ 悦し喜歓。るせらしばとほを光は々顔、日のそ :たしまれら仰 はーラッア の高至- 4 )01‐8:88 ンーアルク( 。でき高の国天、てし悦満に)い報の( 。でき高の国天、てし悦満に)い報の( 。でき高の国天、てし悦満に)い報の( 。でき高の国天、てし悦満に)い報の( のも た し 力 努) で 世現 ( い し 美 は 々顔日 の そ 。 。 のも た し 力 努) で 世現 ( い し 美 は 々顔日 の そ のも た し 力 努) で 世現 ( い し 美 は 々顔日 の そ のも た し 力 努) で 世現 ( い し 美 は 々顔日 の そ 。 。 :た しまれ ら仰はー ラッ アの高 至- 3 )32‐22:57 ンーア ルク( 。てめ眺を主のそ。く輝は々顔日のそ 。てめ眺を主のそ。く輝は々顔日のそ 。てめ眺を主のそ。く輝は々顔日のそ 。てめ眺を主のそ。く輝は々顔日のそ :たしまれら仰はーラッアの高至-2 。うろあでとこす出見をき輝の寧安に顔のら彼は )42‐22:38 ンーアルク( 。うろあでとこす出見をき輝の寧安に顔のら彼は 。うろあでとこす出見をき輝の寧安に顔のら彼は 。うろあでとこす出見をき輝の寧安に顔のら彼は 。 。 たなあ。る見め眺)を景光たれ溢に恵恩のそ(らか台寝)はら彼( るあに中の寧安)の たなあ。る見め眺)を景光たれ溢に恵恩のそ(らか台寝)はら彼( るあに中の寧安)の たなあ。る見め眺)を景光たれ溢に恵恩のそ(らか台寝)はら彼( るあに中の寧安)の たなあ。る見め眺)を景光たれ溢に恵恩のそ(らか台寝)はら彼( るあに中の寧安)の 。 。 、 、 国天( はちた者たっ従)にーラッア(くよに実 国天( はちた者たっ従)にーラッア(くよに実 :たしまれら仰はーラッアの高至-1 国天( はちた者たっ従)にーラッア(くよに実 国天( はちた者たっ従)にーラッア(くよに実 、 、 :写描の顔の民住の国天 :写描の顔の民住の国天 :写描の顔の民住の国天 :写描の顔の民住の国天 ● 91 ) 承伝のーィズミ 」 ルィテ=ッアとドマフア(。る入に国天で態状の才 33 はいるあ、才 03 たけつに眼を ル 81 : フ コ、 く な も 鬚顎 も毛 体 は ちた 民 住 の 国天「 た し まい 言 は ) れあ 安平 と 福 祝の ら か ー ラ
  9. 9. 9 。のものャジーマ・ンブイは章文。 9543(ャジーマ・ンブイ・ンナス・フーヒサ、 6824(ャジーマ・ンブイ・ン ) ) ) )ナ ス 、 4891 ( ー ィズ ミ ルィ テ =ッ ア ・ン ナ ス ・ フーヒ サ 、 7342 ( ー ィズ ミ ル ィ テ= ッ ア・ ン ナス 。 承 伝 な 正 真 22 ) ) 。のものーリーハブ=ルアは章文。 022(ムリスム・フーヒサ、 1456(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 12な々様いならか分のけわに上のそとるす。たし着到でまに木のラドィスるあにて果最、し :発 出を こ そ ら かれそ ・ ・ ・「 た し ま い言 うこ 、 て いお に 承 伝 るす 関に 天 昇 は) れ あ 安 平と福 祝 の ら かー ラ ッ アに 彼 ( 者 言 預 ばれ よ に )れ あ 悦 満 ご の ーラ ッ アに 彼 ( ス ナア-1 : 子様のどな物建るあにこそと地の国天 子様のどな物建るあにこそと地の国天 子様のどな物建るあにこそと地の国天 子様のどな物建るあにこそと地の国天 ● 22 ) 承伝のャジーマ・ンブ 」)イとーィズミルィテ=ッア(。 るれま含にこそも者のけだ数(るれらげ上いくす回 3 で手両のそが主がわるな厳荘で大偉はにらさ、し行同が人 00007 に更はに人 0001 各の内のら彼。たれさ束約おをとこる入に国天にしなも罰懲も算清が者の人 00007 らか民の私、は :主 が我 る な 高 崇“ た し ま き聞 を の う 言う こが ) れ あ安 平 と 福 祝の らか ー ラ ッア に 彼 ( 徒使のーラッアは私「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(マーマウ・ーブア-2 : 」」 )12承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(”。るあでちた者たいてし)とこるね委をて全(ルクッワタにみの主のら彼、ずせりたえ考と凶吉 :を事物るあ、ずせもけ除魔、ずせ療治でてごき焼はら彼「 たっ言)はルーリブジ( ?故」 : 。何「 たっ言は私」 だのなちた者いなも罰懲も算清は人 00007 の頭先)るいてえ見今( :てしそ。るあで民のたなあがら彼「 たっ言はルーリブジ。たっあが団集なき大はにこ 。 :そ、とるみて見でれそ」 よ見を方の線平地しかし。やい「 たっ言はルーリブジしかし 。たい訊と」?か民の私はら彼「に)ルエリブガ(ルーリブジ、でのたし見発を団集大、とるめ眺)をく遠(とふが私。たしに目も者言預いないの者従追てしと人一誰はにらさ、者いないてし率引かし人 5、や者いないの者従追かし人 01 たま。たしに目を者言預るくてれ連き引を団集、や者言預る来てっやに共と民のそは私。たれさ示提が)子様の( :民な々様)ので世来(に前の目の私“ たしまい言は)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(者言預「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアにら彼(スーバッア・ンブイ-1 : :ちた人る来出のとこる入に国天くなとこるけ受も罰懲も算清 :ちた人る来出のとこる入に国天くなとこるけ受も罰懲も算清 :ちた人る来出のとこる入に国天くなとこるけ受も罰懲も算清 :ちた人る来出のとこる入に国天くなとこるけ受も罰懲も算清 ● )301:12 ンーアル 。 。 。。ク( 」 すでのな日たいてれさ束約が方たなあ、はそこ日のこ「 だのう言うこ、え迎を 」 すでのな日たいてれさ束約が方たなあ、はそこ日のこ「 だのう言うこ、え迎を 」 すでのな日たいてれさ束約が方たなあ、はそこ日のこ「 だのう言うこ、え迎を 」 すでのな日たいてれさ束約が方たなあ、はそこ日のこ「 だのう言うこ、え迎を 。 。 。。ら彼)で前の門の国天(はちた使天。いながとこるせまし悲を)徒の国天(ら彼は)々数ら彼)で前の門の国天(はちた使天。いながとこるせまし悲を)徒の国天(ら彼は)々数ら彼)で前の門の国天(はちた使天。いながとこるせまし悲を)徒の国天(ら彼は)々数ら彼)で前の門の国天(はちた使天。いながとこるせまし悲を)徒の国天(ら彼は)々数の事来出いしろ恐の日の判審(怖恐の大最 :たしま れら仰はーラッ アの高至- 3の事来出いしろ恐の日の判審(怖恐の大最の事来出いしろ恐の日の判審(怖恐の大最の事来出いしろ恐の日の判審(怖恐の大最 )42 」 か と こ いし ら晴 素と 何 、の い ま 住た し着 終が 方 たな あ 。 れ 。 。‐ 32 :31 ンーア ルク( 」 かとこいしら晴素と何、のいま住たし着終が方たなあ。れ 」 か と こ いし ら晴 素と 何 、の い ま 住た し着 終が 方 たな あ 。 れ 」 か と こ いし ら晴 素と 何 、の い ま 住た し着 終が 方 たな あ 。 れ 。 。あ安平に方たなあ、にえゆのもたきでん忍え耐が方たなあ「 う言、て来てっやに下のらあ安平に方たなあ、にえゆのもたきでん忍え耐が方たなあ「 う言、て来てっやに下のらあ安平に方たなあ、にえゆのもたきでん忍え耐が方たなあ「 う言、て来てっやに下のらあ安平に方たなあ、にえゆのもたきでん忍え耐が方たなあ「 う言、て来てっやに下のら : : : :彼るあに門のて全)の国天(はちた使天てしそ彼るあに門のて全)の国天(はちた使天てしそ :たしまれら仰はーラッアの高至-2彼るあに門のて全)の国天(はちた使天てしそ彼るあに門のて全)の国天(はちた使天てしそ
  10. 10. 10 ) 。 3382(ムリスム・フーヒサ 72 ) ) 。のものムリスムは章文。 8382(ムリスム・フーヒサ、 9784(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 62 ) 。 8292(ムリスム・フーヒサ 52 。のものーィズミルィテ=ッアは章文。 7172(ーミリーダ=ッア・ン ) ) )ナ ス 、 0502 ( ー ィズ ミ ルィ テ =ッ ア ・ン ナ ス ・ フーヒ サ 、 6252 ( ー ィズ ミ ル ィ テ= ッ ア・ ン ナス 。 承 伝 な 正 真 42 ) ) 。のものーリーハブ=ルアは章文。 361(ムリスム・フーヒサ、 2433(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 32 」。 )72承伝のムリスム(” たっなにか :や華くし美、後たれ離とちた私も方たなあてしそ“ す返うこもら彼とるす” たっなにか 。 :や 華く し 美 、 後た れ離 と ち た私 は 方 た なあ。 て け かに ー ラ ッ ア “ う言 う こ はち た 人 家 た見をら彼、がる戻に下の人家つつえたたをさかや華やさし美るな更はら彼。るなにかや華くし美りよはら彼、とるれ触に服衣や顔のら彼がれそ、がく吹が風北はでこそ。るあが場 :市 るれ 訪 が 々 人、日 曜 金 毎は に 国 天 「 た しま い 言 は) れ あ 安 平と 福祝 の ら かー ラ ッ ア に彼(徒使のーラッア、とるよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(クリーマ・ンブ・ス ナア :場市の国天 :場市の国天 :場市の国天 :場市の国天 ● )62承伝の 」ムリスムとーリーハブ=ルア(。だのいなはとこる見にい互お、がだのく歩てっ巡をこそ、りおが者偶配のく多はに彼たま。るあもルイマ 06 はさ長のそ、りあで珠真のつ 1 たっなに : 空 中 は 幕 天の者 仰 信 るけ お に 国 天 「 たし ま い 言は ) れ あ 安平 と福 祝 の らか ー ラ ッ アに彼 ( 者 言 預ば れ よ に) れ あ 悦 満 ご のー ラ ッ アに 彼 ( ス イ カ ・ン ブ ・ー ラ ッ ド ブ ア - 2 )27:55 ンーアルク( 。ち た女 乙いし美 るい てっま 留に 中の 幕 天 。ち た女 乙いし美 るい てっま 留に 中の 幕 天 。ち た女 乙いし美 るい てっま 留に 中の 幕 天 。ち た女 乙いし美 るい てっま 留に 中の 幕 天 :たしまれら仰はーラッアの高至-1 : 幕天の民住の国天 幕天の民住の国天 幕天の民住の国天 幕天の民住の国天 ● 52 」 「 ) 承伝のムリスム(。るあで香麝な粋純、くか細めきで白純)はれそ(:たしまい言は)者言預。たしまね尋ていつに砂の国天に者言預は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ドーヤイサ・ンブイ、ばれよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(ドーイサ・ーブア-3 42 ) 承伝のーミリーダ=ッアとーィズミルィテ=ッア(” いなもとこく行り去が 」。さ若、ばれけなも事るびろこほが服衣のら彼たま。いなもとこぬ死、き生に遠永たま。いなら被も害の何、りあに楽安は者たっ入にこそ。だのなンラフサは砂、で珠真やービルは :石 小) の 国 天 (た ま。 る あ で香 麝 い し 芳は 喰漆 、 り なら か 銀 金 はガン レ の そ“ た し ま い言は )者 言 預 ( ? か すで の もな う よ のど は と ” 、 : 物建 の 国天 ・ ・ ・ よ 徒 使の ー ラッ ア “ たしまい言はちた私「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ライラフ・ーブア-2 : 32 」 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(。たっあで香麝は砂のそ、りあが々数のムードの 珠真はにこそてしそ。たれられ入に国天は私らかれそ、りが上き浮が色
  11. 11. 11 。 6161(ーィズミルィ ) ) )テ=ッア・ンナス・フーヒサ、 4891(ーィズミルィテ=ッア・ンナス、 8331(ドマフア・ドナスム。承伝な好良 92 ) ) 。のものムリスムは章文。 1382(ムリスム・フーヒサ、 5623(ーリーハブ=ルア・フーヒサ 82 92 ) 承伝のーィズミルィテ=ッアとドマフア(” だのも 」。の者るす)拝礼(ーラサに中寝就が々人、み励に)食断るゆわい、戒斎(ムウサ、し施を :葉言 いよ “ た しま い 言は ) 者言 預 ( ”? か す で者 の 誰は れ そ 、よ 徒 使の ー ラッ ア “ た : 。し ま い 言 、 りが 上 ち 立 が 男 の ン ィ ウ ドベ の人 1 と る す ” る あが 々 々 屋 部 る え 見 を が 側内らか 「 側外てしそ、が側外らか側内のそはに国天“:たしまい言は)れあ安平と福祝のらか ーラ ッ ア に 彼( 徒使 の ー ラッ ア 、 ば れよ に) れ あ 悦満 ご の ー ラッア に 彼 (ー リ ア - 3 )02:93 ンーアルク( 。いなはとこるれさ棄破を束 。いなはとこるれさ棄破を束 。いなはとこるれさ棄破を束 。いなはとこるれさ棄破を束 。 。約おのそはーラッア。のもたれさ束約おのーラッア)そこれこ( だのるあが々々屋部に約おのそはーラッア。のもたれさ束約おのーラッア)そこれこ( だのるあが々々屋部に約おのそはーラッア。のもたれさ束約おのーラッア)そこれこ( だのるあが々々屋部に約おのそはーラッア。のもたれさ束約おのーラッア)そこれこ( だのるあが々々屋部に 。 。更はに上のそ。うよえ与を々々屋部るれ流が川河を下のそ、はにちた者む慎を身らか)為更はに上のそ。うよえ与を々々屋部るれ流が川河を下のそ、はにちた者む慎を身らか)為更はに上のそ。うよえ与を々々屋部るれ流が川河を下のそ、はにちた者む慎を身らか)為更はに上のそ。うよえ与を々々屋部るれ流が川河を下のそ、はにちた者む慎を身らか)為行なうよく招を罰懲とり怒おの(主のそしかし行なうよく招を罰懲とり怒おの(主のそしかし :たしまれら仰はーラッアの高至-2行なうよく招を罰懲とり怒おの(主のそしかし行なうよく招を罰懲とり怒おの(主のそしかし )85:92 ンーアルク( 。かとこいしら晴素と何のい報のちた者行勤。るま留に遠永に 。かとこいしら晴素と何のい報のちた者行勤。るま留に遠永に 。かとこいしら晴素と何のい報のちた者行勤。るま留に遠永に 。かとこいしら晴素と何のい報のちた者行勤。るま留に遠永にこそはら彼。うよえ与をいま住に々々屋部の園楽るれ流の川河を下のそが)とこのーラッこそはら彼。うよえ与をいま住に々々屋部の園楽るれ流の川河を下のそが)とこのーラッこそはら彼。うよえ与をいま住に々々屋部の園楽るれ流の川河を下のそが)とこのーラッこそはら彼。うよえ与をいま住に々々屋部の園楽るれ流の川河を下のそが)とこのーラッア(られわ、はちた者む励に行善し仰信てしそア(られわ、はちた者む励に行善し仰信てしそ :たしまれら仰はーラッアの高至-1ア(られわ、はちた者む励に行善し仰信てしそア(られわ、はちた者む励に行善し仰信てしそ :々々屋部の民の国天 :々々屋部の民の国天 :々々屋部の民の国天 :々々屋部の民の国天 ● )82承伝のムリスムとーリーハブ=ルア( 。」 る い て し ろ下見 を 者 の 階 の 下 の そ が者む 住 に 階 の 上 の そ 、 にうよ る な 異 れ ぞ れ そ が 置位の星惑く煌く行え消に線平地の西東どうょちはら彼。るいてっな異れぞれそていおに階位 のそ は : 民 の 国天「 た し まい 言 は ) れあ 安平 と 福 祝の ら か ー ラッ アに 彼 ( 徒使 の ー ラ ッア、 ば れ よ に) れ あ 悦満 ご の ー ラ ッ アに 彼 ( ーリ ゥ ド フ = ル ア・ ド ーイ サ ・ ー ブ ア - 2 )02:67 ンーアルク( 。うよしに目を国王な大巨と楽安ぬれわ 。うよしに目を国王な大巨と楽安ぬれわ 。うよしに目を国王な大巨と楽安ぬれわ 。うよしに目を国王な大巨と楽安ぬれわ言もえはたなあ、ばれやを目)に国天(てしそ言もえはたなあ、ばれやを目)に国天(てしそ言もえはたなあ、ばれやを目)に国天(てしそ言もえはたなあ、ばれやを目)に国天(てしそ :たしまれら仰はーラッアの高至-1 :差の階位の々人るけおに殿宮の国天 :差の階位の々人るけおに殿宮の国天 :差の階位の々人るけおに殿宮の国天 :差の階位の々人るけおに殿宮の国天 ● 。だのな利勝いな上のこはそこ )27:9 ンーアルク( 。だのな利勝いな上のこはそこ 。だのな利勝いな上のこはそこ 。だのな利勝いな上のこはそこれこに実。るあでのもの大最)で内のて全られこ(はそこ悦満ごのーラッアてしそ。いまれこに実。るあでのもの大最)で内のて全られこ(はそこ悦満ごのーラッアてしそ。いまれこに実。るあでのもの大最)で内のて全られこ(はそこ悦満ごのーラッアてしそ。いまれこに実。るあでのもの大最)で内のて全られこ(はそこ悦満ごのーラッアてしそ。いま住きよ、るあに中の園楽のンゥドアてしそ。るま留に遠永にこそはら彼。たれら創を国天住きよ、るあに中の園楽のンゥドアてしそ。るま留に遠永にこそはら彼。たれら創を国天住きよ、るあに中の園楽のンゥドアてしそ。るま留に遠永にこそはら彼。たれら創を国天住きよ、るあに中の園楽のンゥドアてしそ。るま留に遠永にこそはら彼。たれら創を国天るれ流の川河を下のそ、に者仰信の女男はーラッア :たしまれら仰はーラッアの高至るれ流の川河を下のそ、に者仰信の女男はーラッアるれ流の川河を下のそ、に者仰信の女男はーラッアるれ流の川河を下のそ、に者仰信の女男はーラッア 。たしまりなにり創おを 殿宮の国天いし麗もに目たま、し望渇が心はーラッアな厳荘つか大偉 :殿宮の国天 :殿宮の国天 :殿宮の国天 :殿宮の国天 ●
  12. 12. 12 )02:25 ンーアルク( 。るせわとめをちた女乙いし麗に彼は)とこのーラッア(られわてしそ 。るせわとめをちた女乙いし麗に彼は)とこのーラッア(られわてしそ 。るせわとめをちた女乙いし麗に彼は)とこのーラッア(られわてしそ 。るせわとめをちた女乙いし麗に彼は)とこのーラッア(られわてしそ。るいてっかかり寄に上の台寝だん並)はら彼(。るいてっかかり寄に上の台寝だん並)はら彼( :たしまれら仰はーラッアの高至-2。るいてっかかり寄に上の台寝だん並)はら彼(。るいてっかかり寄に上の台寝だん並)はら彼( )74:51 ンーアル 、 、ク( 。たしと弟兄う合いか向にい互に上の台寝)ていおに国天( き除り取をみし憎ら 。たしと弟兄う合いか向にい互に上の台寝)ていおに国天( き除り取をみし憎ら 。たしと弟兄う合いか向にい互に上の台寝)ていおに国天( き除り取をみし憎ら 。たしと弟兄う合いか向にい互に上の台寝)ていおに国天( き除り取をみし憎ら 、 、か心のら彼は)とこのーラッア(られわてしそ :たしまれら仰はーラッアの高至-1か心のら彼は)とこのーラッア(られわてしそか心のら彼は)とこのーラッア(られわてしそか心のら彼は)とこのーラッア(られわてしそ :台寝の民の国天 :台寝の民の国天 :台寝の民の国天 :台寝の民の国天 ● )65-55:63 ンーアルク( 。る 。る 。る 。るいてっかかり寄にーァフソ中の陰日、はちた者偶配のそとら彼。るいてっ浸に楽悦にいてっかかり寄にーァフソ中の陰日、はちた者偶配のそとら彼。るいてっ浸に楽悦にいてっかかり寄にーァフソ中の陰日、はちた者偶配のそとら彼。るいてっ浸に楽悦にいてっかかり寄にーァフソ中の陰日、はちた者偶配のそとら彼。るいてっ浸に楽悦に楽享)のく多ぬせく尽え数(は民の国天日のそ :たしまれら仰はーラッアの高至-3楽享)のく多ぬせく尽え数(は民の国天日のそ楽享)のく多ぬせく尽え数(は民の国天日のそ楽享)のく多ぬせく尽え数(は民の国天日のそ )31:67 ンーアルク( 。いなも寒酷も暑酷はでこそ。るい 。いなも寒酷も暑酷はでこそ。るい 。いなも寒酷も暑酷はでこそ。るい 。いなも寒酷も暑酷はでこそ。るいてっかかり寄にーァフソ)で中の園楽はら彼(てっかかり寄にーァフソ)で中の園楽はら彼(てっかかり寄にーァフソ)で中の園楽はら彼(てっかかり寄にーァフソ)で中の園楽はら彼( :たしまれ ら仰はーラッ アの高至-2 )32-22:38 ンーアル 。 。ク( 。る見め眺)を景光たれ溢に恵恩のそ(らか台寝)はら彼( るあに中の寧安)の 。る見め眺)を景光たれ溢に恵恩のそ(らか台寝)はら彼( るあに中の寧安)の 。る見め眺)を景光たれ溢に恵恩のそ(らか台寝)はら彼( るあに中の寧安)の 。る見め眺)を景光たれ溢に恵恩のそ(らか台寝)はら彼( るあに中の寧安)の 。 。国天( はちた者たっ従)にーラッア(くよに実 、、国天( はちた者たっ従)にーラッア(くよに実国天( はちた者たっ従)にーラッア(くよに実 :たしまれら仰はーラッアの高至-1国天( はちた者たっ従)にーラッア(くよに実 、、 。すまし をー フ のき ン 指 ァ ソ 付 ョシックはいるあ、台寝たれわ覆てっよに幕はれそ :ーァフソの国天 :ーァフソの国天 :ーァフソの国天 :ーァフソの国天 ● )67:55 ンーアルク( 。るいてせま 。るいてせま 。るいてせま 。るいてせま休を身に上の物敷の上極、と室寝の色緑はら彼休を身に上の物敷の上極、と室寝の色緑はら彼休を身に上の物敷の上極、と室寝の色緑はら彼休を身に上の物敷の上極、と室寝の色緑はら彼 :たしまれら仰 はーラッア の高至- 2 )61-51:88 ンーアルク( 。物 。物 。物 。物敷 た れ ら げ 広た ま 。 枕た れ か 置 で ん 並てし そ敷 た れ ら げ 広た ま 。 枕た れ か 置 で ん 並てし そ敷 た れ ら げ 広た ま 。 枕た れ か 置 で ん 並てし そ敷 た れ ら げ 広た ま 。 枕た れ か 置 で ん 並てし そ : たし まれ ら仰は ーラ ッア の高至 - 1 :枕と物敷の民の国天 :枕と物敷の民の国天 :枕と物敷の民の国天 :枕と物敷の民の国天 ● )45:55 ンーアルク( 。るいでん 。るいでん 。るいでん 。るいでん休りたっゆ、で上の物敷の絹が地裏のそ)はら彼(休りたっゆ、で上の物敷の絹が地裏のそ)はら彼(休りたっゆ、で上の物敷の絹が地裏のそ)はら彼(休りたっゆ、で上の物敷の絹が地裏のそ)はら彼( :たしまれら仰はーラッアの高至 :ねとしの民の国天 :ねとしの民の国天 :ねとしの民の国天 :ねとしの民の国天 ●
  13. 13. 13 。 081(ムリスム・フーヒサ、 4447(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 03 飲な浄清にら彼、は主てしそ。るれらて立り飾てっもでトッレスレブの銀たま、れさら織 飲な浄清にら彼、は主てしそ。るれらて立り飾てっもでトッレスレブの銀たま、れさら織 飲な浄清にら彼、は主てしそ。るれらて立り飾てっもでトッレスレブの銀たま、れさら織 飲な浄清にら彼、は主てしそ。るれらて立り飾てっもでトッレスレブの銀たま、れさら織 羽が衣の絹な厚重と絹い薄の色緑はに上のら彼 :たしまれら仰はーラッアの高至-3 羽が衣の絹な厚重と絹い薄の色緑はに上のら彼 羽が衣の絹な厚重と絹い薄の色緑はに上のら彼 羽が衣の絹な厚重と絹い薄の色緑はに上のら彼 )13:81 ンーアルク( ?かうろあで所りま集、と奨報いしら晴素と何 ?かうろあで所りま集、と奨報いしら晴素と何 ?かうろあで所りま集、と奨報いしら晴素と何 ?かうろあで所りま集、と奨報いしら晴素と何 。るいてっかかり寄に上のーァフソ、いとまを衣の地絹な厚重と絹の手薄の色緑たま、れ 。るいてっかかり寄に上のーァフソ、いとまを衣の地絹な厚重と絹の手薄の色緑たま、れ 。るいてっかかり寄に上のーァフソ、いとまを衣の地絹な厚重と絹の手薄の色緑たま、れ 。るいてっかかり寄に上のーァフソ、いとまを衣の地絹な厚重と絹の手薄の色緑たま、れ ら飾でトッレスレブの金黄はら彼ていおにこそ ら飾でトッレスレブの金黄はら彼ていおにこそ :たしまれら仰はーラッアの高至-2 ら飾でトッレスレブの金黄はら彼ていおにこそ ら飾でトッレスレブの金黄はら彼ていおにこそ )32:22 ンーアルク( 。るあで絹は服衣のら彼るけおにこそ、れら飾で珠真 。るあで絹は服衣のら彼るけおにこそ、れら飾で珠真 。るあで絹は服衣のら彼るけおにこそ、れら飾で珠真 。るあで絹は服衣のら彼るけおにこそ、れら飾で珠真 とトッレスレブの金黄をら彼ていおにこそてしそ。るれられ入に国天るれ流が川河を下の とトッレスレブの金黄をら彼ていおにこそてしそ。るれられ入に国天るれ流が川河を下の とトッレスレブの金黄をら彼ていおにこそてしそ。るれられ入に国天るれ流が川河を下の とトッレスレブの金黄をら彼ていおにこそてしそ。るれられ入に国天るれ流が川河を下の そ、をちた者む励に行善し仰信はーラッアに実 そ、をちた者む励に行善し仰信はーラッアに実 :たしまれら仰はーラッアの高至-1 そ、をちた者む励に行善し仰信はーラッアに実 そ、をちた者む励に行善し仰信はーラッアに実 :品飾装と服衣の民の国天 :品飾装と服衣の民の国天 :品飾装と服衣の民の国天 :品飾装と服衣の民の国天 ● )03承伝のムリスムとーリーハブ=ル 」 ア(。だのいなかし衣るな厳荘の枚 1 たれさ召に顔御のそ、はのもる遮を主のら彼と々人 てい お に 園 楽 のン ゥ ド アて し そ 。 国 天 の金 黄 の つ 2 の ろ こ と るあ で 金 黄が の も の て 全 る あにこそと類器食るあにこそてしそ。国天の銀のつ 2 のろことるあで銀がのものて全るあ に こそ と 類 : 器 食るあ に こ そ「 た し ま い言 は) れ あ 安平 と 福 祝 のら かー ラ ッ アに 彼 ( 徒 使 の ーラ ッ ア 、 ばれ よに ) れ あ悦 満 ご の ーラ ッア に 彼 (ス イ カ ・ ンブ・ ー ラ ッド ブ ア - 4 。るれ 。るれ )61‐51:67 ンーアルク( 。るれ 。るれ くでい注)けだいたみ飲てっもでれそはちた年少の仕給( で製銀は瓶てしそ。るくてれ 、 、 くでい注)けだいたみ飲てっもでれそはちた年少の仕給( で製銀は瓶てしそ。るくてれ くでい注)けだいたみ飲てっもでれそはちた年少の仕給( で製銀は瓶てしそ。るくてれ くでい注)けだいたみ飲てっもでれそはちた年少の仕給( で製銀は瓶てしそ。るくてれ 、 、 ば運が杯と類器食の銀)にとものら彼(てしそ ば運が杯と類器食の銀)にとものら彼(てしそ :たしまれら仰はーラッアの高至-3 ば運が杯と類器食の銀)にとものら彼(てしそ ば運が杯と類器食の銀)にとものら彼(てしそ 。だのるま留 )17:34 ンーアルク( 。だのるま留 。だのるま留 。だのるま留 に久永にこそは方たなあてしそ。るあがのもるせば喜を眼、み望)の民の国天(はにこそ に久永にこそは方たなあてしそ。るあがのもるせば喜を眼、み望)の民の国天(はにこそ に久永にこそは方たなあてしそ。るあがのもるせば喜を眼、み望)の民の国天(はにこそ に久永にこそは方たなあてしそ。るあがのもるせば喜を眼、み望)の民の国天(はにこそ 。るくてれば運が杯と皿の金)にとものら彼( 。るくてれば運が杯と皿の金)にとものら彼( :たしまれら仰はーラッアの高至-2 。るくてれば運が杯と皿の金)にとものら彼( 。るくてれば運が杯と皿の金)にとものら彼( )81‐71:65 ンーアルク( 、、 。てえ携を盃)のらか川るれ流が酒美( し差水と杯。る 。てえ携を盃)のらか川るれ流が酒美( し差水と杯。る 。てえ携を盃)のらか川るれ流が酒美( し差水と杯。る 。てえ携を盃)のらか川るれ流が酒美( し差水と杯。る 、、 廻がちた年少の遠永をともの)民の国天(ら彼 :たしまれら仰はーラッアの高至-1 廻がちた年少の遠永をともの)民の国天(ら彼 廻がちた年少の遠永をともの)民の国天(ら彼 廻がちた年少の遠永をともの)民の国天(ら彼 :類器食の民の国天 :類器食の民の国天 :類器食の民の国天 :類器食の民の国天 ● )31:88 ンーア ルク( 。るあが台寝たれらえ設く高はにこそ 。るあが台寝たれらえ設く高はにこそ 。るあが台寝たれらえ設く高はにこそ 。るあが台寝たれらえ設く高はにこそ :たしまれら仰はーラッアの高至-4 。るいてっかかり寄で形たっ合き向にい互 )61‐51:65 ンーアルク( 。るいてっかかり寄で形たっ合き向にい互 。るいてっかかり寄で形たっ合き向にい互 。るいてっかかり寄で形たっ合き向にい互、に上の台寝たれま込り織)がどな石宝はら彼(、に上の台寝たれま込り織)がどな石宝はら彼( :たしまれら仰はーラッアの高至-3、に上の台寝たれま込り織)がどな石宝はら彼(、に上の台寝たれま込り織)がどな石宝はら彼(
  14. 14. 14 。とこのちたムリスムの期初たし住移へナーィデマらかカッマ:注者訳 43 。照参」項の)橋け架の獄地(トーラィス‐⑤仰信のへ日の後最「はていつに細詳:注者訳 33 。 9233(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) 23 。 6256(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) 13 : 。彼の後直のそ“ たしまい言)は徒教ヤダユのそ( ” るあで端の臓肝の魚“ たしまい言 : :は)者言預( ”?はのもるれらえ与に時る入に国天“ たしまい言)は徒教ヤダユのそ( 。 43 :” だ ちた 者 いし 貧 の ンー ルジ ーハ ム “ たし まい 言は )者 言 預( ” ?か すで 誰は の る 33れさ許をとこる渡を )橋け架の獄地(トーラィスに初最番一“ たしまい言は徒教ヤダユ :のそとるす・・・‐すまりあが所箇なうよの次はに承伝のこてしそ‐・・・たしま来てっやが 僧学の徒教ヤダユの人 1、とるいてっ立でともの)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(徒使のーラッアが私「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ンーバウサ-2 : 23 」 : ) 承伝のーリーハブ=ルア(。るあで端の臓肝の魚「 たしまえ答)は者言預(し 対にれそ。たしまね訊ていつにのもるすに口に初最が民の国天、に)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(者言預は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ムーラサ・ンブ・ー ラ ッ ド ブア 、 と るよ に ) れ あ 悦 満ご の ー ラッ ア に 彼 ( ク リー マ ・ン ブ ・ ス ナア-1 :のもるすに口に初最が民の国天 :のもるすに口に初最が民の国天 :のもるすに口に初最が民の国天 :のもるすに口に初最が民の国天 ● )42:25 ンーアルク( 。る 。る 。る 。るあ で う よ の 珠真 た れ ら め 秘 ) い な い てれ ら け つ の 手 だ ま ( で るま は ら 彼 。 う 交 き 行 が ちあ で う よ の 珠真 た れ ら め 秘 ) い な い てれ ら け つ の 手 だ ま ( で るま は ら 彼 。 う 交 き 行 が ちあ で う よ の 珠真 た れ ら め 秘 ) い な い てれ ら け つ の 手 だ ま ( で るま は ら 彼 。 う 交 き 行 が ちあ で う よ の 珠真 た れ ら め 秘 ) い な い てれ ら け つ の 手 だ ま ( で るま は ら 彼 。 う 交 き 行 が ちた年少の仕給のめたのら彼、を間のら彼てしそ :たしまれら仰はーラッアの高至-3た年少の仕給のめたのら彼、を間のら彼てしそた年少の仕給のめたのら彼、を間のら彼てしそた年少の仕給のめたのら彼、を間のら彼てしそ )91:67 ンーアルク( 。うろあでう思とか珠真たれらめばり散、ばれ見をら彼が方たなあ 。うろあでう思とか珠真たれらめばり散、ばれ見をら彼が方たなあ 。うろあでう思とか珠真たれらめばり散、ばれ見をら彼が方たなあ 。うろあでう思とか珠真たれらめばり散、ばれ見をら彼が方たなあ。う交き行はちた年少の遠永を間のら彼てしそ :たしまれら仰はーラッアの高至-2。う交き行はちた年少の遠永を間のら彼てしそ。う交き行はちた年少の遠永を間のら彼てしそ。う交き行はちた年少の遠永を間のら彼てしそ )81-71:65 ンーアルク( 、、 。てえ携を盃)のらか川るれ流が酒美( し差水と杯。る 。てえ携を盃)のらか川るれ流が酒美( し差水と杯。る 。てえ携を盃)のらか川るれ流が酒美( し差水と杯。る 。てえ携を盃)のらか川るれ流が酒美( し差水と杯。る 、、廻がちた年少の遠永をともの)民の国天(ら彼 :たしまれら仰はーラッアの高至-1廻がちた年少の遠永をともの)民の国天(ら彼廻がちた年少の遠永をともの)民の国天(ら彼廻がちた年少の遠永をともの)民の国天(ら彼 :仕給の民の国天 :仕給の民の国天 :仕給の民の国天 :仕給の民の国天 ● )13 」承 伝 の ー リ ーハ ブ = ル ア( 。 る あ で ムーヒ ー ラ ブ イ 者 き し 親 のーラ ッ ア 、 は 物 造 被 の 初最 るれ ら せ : 着 を衣 日の 判 審 てし そ ・ ・ ・「 た し ま い言 は ) れ あ安 平と 福 祝 のら か ー ラ ッアに彼(徒使のーラッア、ばれよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(スーバッア・ンブイ :者るれらせ着を服衣にめ初ていおに国天 :者るれらせ着を服衣にめ初ていおに国天 :者るれらせ着を服衣にめ初ていおに国天 :者るれらせ着を服衣にめ初ていおに国天 ● )12:67 ンーアルク( 。るれらえ与を物み 。るれらえ与を物み 。るれらえ与を物み 。るれらえ与を物み
  15. 15. 15 。のものムリスムは章文。 2972(ムリスム・フーヒサ、 0256(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 73 。すまれわ言と語イラブヘ:注者訳 63 。 513(ムリスム・フーヒサ ) 53 ”:たしまい言)はちた友教(。いながとこるすりたしら垂を鼻りたしを便排りたい吐を唾、がむ : 飲、 べ 食 でこ そ は民 の 国天 “ た しま き 聞 をの う 言う こ が )れ あ 安 平と 福 祝の ら か ー ラッアに彼(者言預は私「 たしまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ル : ビーャジ-6 )73承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(”。」」 だのるす食がちた者の人 00007 らか端の肝のられそ。るあでとこの魚大と牛雄「 た : : 」 63しま い言 は 男」 ?だ 何は れそ 「 た しま い言 )は ちた 友教 ( 。だ 魚大 と ” ムー ラー バ “ :は せ合 け 付 の ら彼「 た し まい 言 ) て け続 (は 彼 」 ?か う ろ や てえ 教を の も る) べ 食 て ( :せ合け付)に共とれそ(がら彼「 たしまい言、て来てっやが男の徒教ヤダユの人 1 とるす・・・‐すまりあが所箇なうよの次に中の承伝のこてしそ‐・・・るれらえ与りねひてっもで手御のそてしと事食に民るいてれさ束約を国天、にうよるぎちりねひをンパで路旅が方たなあどうょち、は)とこのーラッア(方おな大強るれさ制をて全。す化とンパの片 : 一は地大、日の判審“ たしまい言は)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(者言預「 た :しまい言は)れあ悦満ごのーラッアに彼(ーリゥドフ=ルア・ドーイサ・ーブア-5 )42:96 ンーアルク( 。いよがるすい食み飲くよ地心、にえ 。いよがるすい食み飲くよ地心、にえ 。いよがるすい食み飲くよ地心、にえ 。いよがるすい食み飲くよ地心、にえゆとこ)きよ(だん励ていおに世現が方たなあゆとこ)きよ(だん励ていおに世現が方たなあゆとこ)きよ(だん励ていおに世現が方たなあゆとこ)きよ(だん励ていおに世現が方たなあ :たしまれら仰はーラッアの高至-4 )12-02:65 ンーアルク( )) 。 る来てえ携も(を肉鶏のままのみ望のら彼、と実 。 る来てえ携も(を肉鶏のままのみ望のら彼、と実 。 る来てえ携も(を肉鶏のままのみ望のら彼、と実 。 る来てえ携も(を肉鶏のままのみ望のら彼、と実 ))果のみ好おのら彼)はちた年少の仕給(てしそ果のみ好おのら彼)はちた年少の仕給(てしそ :たしまれら仰はーラッアの高至-3果のみ好おのら彼)はちた年少の仕給(てしそ果のみ好おのら彼)はちた年少の仕給(てしそ )53:31ン ーア ルク ( 。 い なが と こ る 去 え消も 蔭 、 くな は と こ る き尽が 物 べ 食は て い お に こ 。 い なが と こ る 去 え消も 蔭 、 くな は と こ る き尽が 物 べ 食は て い お に こ 。 い なが と こ る 去 え消も 蔭 、 くな は と こ る き尽が 物 べ 食は て い お に こ 。 い なが と こ る 去 え消も 蔭 、 くな は と こ る き尽が 物 べ 食は て い お に こそ、りおてれ流を下のそが川河、はと国天たれさ束約が)ちた者む慎を身らか柄事なうよそ、りおてれ流を下のそが川河、はと国天たれさ束約が)ちた者む慎を身らか柄事なうよそ、りおてれ流を下のそが川河、はと国天たれさ束約が)ちた者む慎を身らか柄事なうよそ、りおてれ流を下のそが川河、はと国天たれさ束約が)ちた者む慎を身らか柄事なうよく招を罰懲とり怒おのーラッア(ンークタッム :たしまれら仰はーラッアの高至-2く招を罰懲とり怒おのーラッア(ンークタッムく招を罰懲とり怒おのーラッア(ンークタッムく招を罰懲とり怒おのーラッア(ンークタッム )17‐07:34 ンーアルク( 。だのるま留に久永にこそは方たなあてしそ。るあがのもるせば 。だのるま留に久永にこそは方たなあてしそ。るあがのもるせば 。だのるま留に久永にこそは方たなあてしそ。るあがのもるせば 。だのるま留に久永にこそは方たなあてしそ。るあがのもるせば喜を眼、み望)の民の国天(はにこそ。るくてれば運が杯と皿の金)にとものら彼( だ喜を眼、み望)の民の国天(はにこそ。るくてれば運が杯と皿の金)にとものら彼( だ喜を眼、み望)の民の国天(はにこそ。るくてれば運が杯と皿の金)にとものら彼( だ喜を眼、み望)の民の国天(はにこそ。るくてれば運が杯と皿の金)にとものら彼( だ。 。 。 。のる入に国天つつし悦喜に共と侶伴の方たなあのる入に国天つつし悦喜に共と侶伴の方たなあ :たしまれら仰はーラッアの高至-1のる入に国天つつし悦喜に共と侶伴の方たなあのる入に国天つつし悦喜に共と侶伴の方たなあ :物べ食の民の国天 :物べ食の民の国天 :物べ食の民の国天 :物べ食の民の国天 ● 」。 )53承伝のムリスム(”)だ :のむ飲(らか泉るれば呼とルービサルサ“ たしまい言は)者言預( ”?かすでのむ飲を : 。何に共 と れ そ “ た し まい 言 )は 徒 教 ヤダ ユ のそ ( ” る れ ら 屠に め た の彼 、 が牛 雄 の 国 天たいで : んは)を草(で々端の国天“ たしまい言は)者言預( ”?かすで何は事食のら

×